melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

アメリカ

The Temptations - All The Time [2018 Universal]

1961年にシングル”Oh Mother of Mine”でレコード・デビューを果たして以来、”My Girl”や”Cloud Nine”、”Papa Was a Rollin' Stone”や”Treat Her Like a Lady”など、今も多くの人に愛される名曲を数多く残している、デトロイト発のヴォーカル・グループ、テンプテーションズ。

現在は、デビュー当時からバリトンを担当しているオーティス・ウィリアムスを中心に、若いメンバー(といっても全員40歳以上だが)と一緒に活動。日本を含む世界各地のステージに立ち続けるなど、今も現役の人気グループとして、音楽業界の一線で活躍している。

このアルバムは、2010年の『Still Here』以来、約8年ぶりの新作となるスタジオ・アルバム。ブルーノ・マーズサム・スミスといった、現代のR&Bシンガーのヒット曲のカヴァーと、彼らのオリジナル曲を収めた、バラエティ豊かな作品になっている。

本作の1曲目は、2014年にロンドン出身の白人のソウル・シンガー、サム・スミスが発表した”Stay With Me”。全英、全米のシングル・チャートを制覇した切ない雰囲気のスロー・ナンバーを、5人の温かい歌声で、優しい雰囲気のバラードに仕立て直している。原曲のミュージック・ビデオでも、曲中で聖歌隊が登場するなど、ゴスペルの影響を匂わせる演出があったが、今回のカヴァーはその要素を強調したものになっている。

続く”Earned It”は、イギリスの同名の官能小説を題材にした、2015年のアメリカの映画 「Fifty Shades Of Grey」のサウンドトラックに収められている、ウィークエンドの楽曲のカヴァー。ストリングスを効果的に使った威圧感のある伴奏や、往年のリズム&ブルースを彷彿させるスウィング、ゴスペルでは頻繁に用いられるコール&レスポンスなど、昔の黒人音楽のエッセンスと現代のポピュラー音楽の要素を組み合わせた楽曲は、当時の音楽を熟知した彼らによって、本格的なソウル・ミュージックに生まれ変わっている。伴奏をギターやベースを用いたシンプルなバンド・サウンドに変え、コール&レスポンスを強調したアレンジは、60年代初頭の彼らの音楽を彷彿させる、ポップでダイナミックなものだ。

また、マックスウェルが2009年にリリースした”Pretty Wings”のリメイクは、繊細さと大胆さを兼ね備えた彼の歌唱を忠実に再現した作品。メロディやアレンジは原曲のものを活かしつつ、声域の異なる5人のヴォーカルを巧みに使い分けることで、楽曲に起伏をつける演出が光っている。

そして、彼らのオリジナル曲である”Waitin’ On You”は、5人のしなやかなヴォーカルを活かした、流麗なメロディが心地よいスロー・ナンバー。変則的なリズムを刻むベースとドラムの伴奏と洗練されたメロディのおかげか、他のアーティストの作品のカヴァー以上に、現代のR&Bっぽく聴こえる。

このアルバムの面白いところは、高いヴォーカル・スキルを使って、既存の音楽を新鮮な音楽に聴かせているところだろう。そして、彼らの音楽が新鮮に映るのは、若いアカペラ・グループのように大胆な改変を行わず、あくまでも原曲の良さを生かしつつ、それに合ったヴォーカル・アレンジを施していることが大きい。この、アカペラの原点に立ち返りつつ、現代の楽曲を意識したアレンジが、ソロ・アーティストがヒット・チャートの大半を占める現代のポップス・シーンでは新鮮に映るのだろう。

アジア出身のヴォーカル・グループを中心に、個性豊かなメンバーのマイク・リレーを武器にしたグループが主流の時代に、美しい歌声と精密なヴォーカル技術を活かした巧妙なアレンジで勝負した意欲作。DAWソフトのような、高機能が機材がなかった時代、自分達の声を駆使して多彩な音楽を生み出してきたベテランの豊かな経験が遺憾なく発揮されている。

Producer
Otis Williams, Dave Darling

Track List
1. Stay With Me
2. Earned It
3. Pretty Wings
4. Thinking Out Loud
5. Waitin’ On You
6. Remember The Time
7. Be My Wife
8. Still Feel Like Your Man
9. When I Was Your Man
10. Move Them Britches



All the Time
Temptations
Ume
2018-05-04




Ne-Yo – Good Man [2018 Compound, Motown]

2006年に発売した初のスタジオ・アルバム『In My Own Words』 がアメリカ国内だけで140万枚 も売れ、多くの音楽賞を獲得したことで、ソングライターがアーティストの有力なキャリア・パスとして再評価されるきっかけになった、アーカンソー州カムデン出身のシンガー・ソングライター、ニーヨことシャイファー・シミア・スミス。

デビュー作が成功した後も、2017年までにリリースした5枚のアルバム全てをアメリカの総合アルバム・チャートの10位以内に送り込みながら、ソングライターやプロデューサーとして、リアーナラトーヤといったR&Bシンガーから、セリーヌ・ディオンのようなポップ・スターまで、多くのアーティストに楽曲を提供。2012年にモータウンへ移籍してからは、A&R(アーティストの発掘と育成を担当する部門)のヴァイス・プレシデント(トップを補佐する役員)に就任。BJザ・シカゴ・キッドラポーシャ・ラナエリル・ヨッティといった、高いセンスとスキルが魅力の名手を送り出してきた。

このアルバムは、彼にとって通算7枚目のスタジオ・アルバム。ソングライター、クリエイターであり、会社経営者としても多くの仕事を抱えながら録音された本作は、全ての曲で彼自身がソングライティングを担当。プロデューサーには、彼の代表曲”So Sick”を一緒に制作したスターゲイトのほか、OGパーカーやステレオタイプスといったヒット・メイカーが多数参加。しなやかで親しみやすいメロディと爽やかな歌声というニーヨの魅力を引き出した作品になっている。

アルバムの実質的な1曲目となる”1 MORE SHOT”は、エリック・ベネイアン・ヴォークなどを手掛けてきたカーティス”ソース”ウィルソンをフィーチャーし、メイジャーの名義でも活躍するブランドン・グリーンと気鋭のクリエイター、マントラ・ビーツを制作者に迎えたダンス・ナンバー。ジェイソン・デルーロの近作を彷彿させる、鮮やかな音色を多用したカリプソっぽいアレンジと、ニーヨの繊細なメロディが光る好作。ハウス・ミュージックのビートを取り入れつつ、上物を強調してラテン音楽っぽく仕立てるアレンジが面白い。

これに対し、スターゲイトがプロデュースを担当した”PUSH BACK”は、ニューヨーク出身のシンガー・ソングライター、ビービー・レクサとロンドン出身のラッパー、ステフロン・ドンをゲストに招いた作品だ。この曲は、スタイリッシュな作風が持ち味のスターゲイトのプロデュース曲では珍しい、レゲトンのビートを用いたダンス・ナンバー。ニーヨの流麗なヴォーカルと、ステフロンのラガマフィン、ポップス畑出身らしい、硬い声質のビービーのヴォーカルのコントラストが聴きどころ。

また、本作のリリース直前に発表された”APOLOGY”は、彼同様、ソングライターの実績が評価され、エンパイア配給のスタジオ・アルバムも発売しているコンプトン出身のシンガー・ソングライター、エリック・ベリンガーと共作したバラード。重いドラムの音を土台にしたヒップホップ色の強いトラックと、ラップのように多くの言葉を詰め込んだメロディという、エリックのカラーが強い曲。 爽やかな歌声としっとりとしたメロディが魅力のニーヨが、ラップのようなメロディに取り組む姿は新鮮だ。

それ以外の曲では、本作のタイトル・トラック”GOOD MAN”も見逃せない作品だ。DJキャンパーがプロデュースを担当、ソングライティングにラファエル・サディークが参加したこの曲は、ディアンジェロが2000年に発表した”Untitled (How Does It Feel)”をサンプリングしたバラード。随所に印象的なフレーズを織り込みつつ、楽曲全体の展開に目を配る構成が特徴的なニーヨの楽曲では珍しい、様々なメロディをモザイクのように組み合わせたスタイルの作品だ。ディアンジェロの楽曲を引用して、彼のスタイルを取り入れつつ、ニーヨの洒脱な歌唱法の組み合わせが新鮮なスロー・ナンバーだ。

このアルバムで彼が披露したのは、多くのソングライターやプロデューサーを招き、彼らの作風を取り入れることで、音楽の幅を広げているところだろう。エリック・ベリンガーやパーティー・ネクストドアといった、楽曲とキャラクターの両方が評価されて頭角を現したシンガー・ソングライターや、ステレオタイプスやDJキャンパーのような尖った作風がウリのヒット・メーカーを揃えつつ、自身も制作に関与することで、楽曲のバラエティと一貫性を確保している。このアルバムからは、「実績豊富なミュージシャンのニーヨ」を「音楽プロデューサーのニーヨ」の目で分析し、伸びしろを活かそうとしているように映る。

マネージメントという新しい仕事を通して、自分の可能性を広げた魅力的な作品。プレイヤーの能力ととマネージメントの技術は相対するものではなく、互いの可能性を引き出す車の両輪であることを教えてくれる優れたアルバムだ。

Producer
Ne-Yo, Darhyl Camper Jr, OG Parker, StarGate, The Stereotypes, DJ Camper etc

Track List
1. ""Caterpillars 1st"" (INTRO)
2. 1 MORE SHOT
3. LA NIGHTS
4. NIGHTS LIKE THESE feat. Romeo Santos
5. U DESERVE
6. SUMMERTIME
7. PUSH BACK feat. Bebe Rexha & Stefflon Don
8. BREATHE
9. ON UR MIND feat. PARTYNEXTDOOR
10. BACK CHAPTERS
11. HOTBOX feat. Eric Bellinger
12. OVER U
13. WITHOUT U
14. APOLOGY
15. OCEAN SURE feat. Candice Boyd & Sam Hook
16. ""The Struggle..."" (Interlude)
17. GOOD MAN





グッド・マン
NE-YO(ニーヨ)
ユニバーサル ミュージック
2018-06-08

Matador! Soul Sounds - Get Ready [2018 Color Red Records, P-Vine]

90年代後半、クラブ・イベントで演奏するためにニュー・マスターサウンドを結成し、以後20年、躍動感と高揚感が魅力の本格的なファンクを聴かせてきた、ウェールズ出身のギタリスト、エディ・ロバーツ。3人編成でありながら、大規模なバンドにも見劣りしない力強い演奏で、大小さまざまな会場を沸かせてきた、ニューヨーク発のファンク・バンド、ソウライブのドラマー、アラン・エヴァンス。出身地も演奏スタイルも違うが、ともにジャズやファンクへの深い愛情を感じさせる作風で、多くのファンを魅了してきた二人が手を組んだのが、このマタドール!ソウル・サウンド。

他のメンバーには、モニカやファーギーのような有名ミュージシャンの作品にも関わっているケヴィン・スコットや、クリスチャン・フランキやマーク・ストーンといった実力派のアーティストの録音にも参加しているクリス・スピーズ、オルゴンやニュー・マスター・サウンズの楽曲にも起用されているエイドリオン・ドゥ・レオンや、ロータスの作品にも名を連ねているキム・ドーソンなど、個性豊かな面々が顔を揃えている。

アルバムの1曲目は、本作に先駆けてリリースされたシングル曲”Get Ready”、DJプレミアやピート・ロックの作品を彷彿させる複雑なビートと、ジミー・スミスやシャーリー・スコットを思い起こさせるダイナミックでポップなオルガンの演奏が光る佳曲。ジャズとヒップホップを融合した作風は、ニュー・マスターサウンドともソウライブとも一味違う。

これに対し、両者が在籍するバンドの作風を積極的に取り入れたのが”The State Of Affairs”だ。ファンクを基調にしたビートはニュー・マスターサウンドの作風に近いし、グラント・グリーンを連想させる軽やかなギターの演奏は、ソウライブの楽曲っぽい。両者が相手の在籍するバンドのスタイルを演奏し、一つの楽曲に融合させた遊び心が印象的だ。

また、”Get Ready”のB面に収録されていた”Mr Handsome”は、チャールズ・ライト&ワッツ103rdストリート・バンドの”Express Yourself”やジェイムス・ブラウンの”Hot Pants”などを連想させる、軽快なビートと陽気なオルガンの演奏が心地よいアップ・ナンバー。ドラムの音数を増やした複雑なビートでありながら、聴き手に軽やかな印象を与えるのは、アランの高い演奏技術の賜物か?ヒップホップ世代にも馴染みのあるビートを取り入れつつ、リラックスして楽しめる軽妙な演奏に昇華するスキルは流石としか言いようがない。

そして、陽気な楽曲が多い本作では異色の、ロマンティックな雰囲気が魅力なのが”Computer Love”だ。ベティ・ライトやグウェン・マクレーのようなアメリカ南部のソウル・ミュージックにも通じる、洗練されたビートの上で、全盛期のジョージ・ベンソンが演奏しているかのような艶めかしい音色を響かせるギターが魅力の作品。シンセサイザー全盛期の時代だからこそ、彼らのような楽器の音を丁寧に聴かせる音楽が新鮮に聴こえる。

このアルバムの面白いところは、アメリカのミュージシャンが好んでカヴァーする黒人音楽と、イギリスのミュージシャンが積極的に演奏する黒人音楽を一つの演奏に同居させているところだろう。今も多くのファンを魅了する60年代のソウル・ミュージックやファンク、ジャズを土台にしながら、好みが異なる両国のミュージシャンの個性を上手に反映している点が特徴だ。しかも、単に両者の趣味趣向を足して2で割った音楽を作るのではなく、アレンジの幅を広げる手段にしている点にも着目すべきだろう。

経験と知識が豊富な二人だからこそ作れた、独創的なファンク作品。往年の黒人音楽の豊かな表現のい美味しいところを抽出し、一枚のアルバムに凝縮した聴きどころだらけの良盤だ。

Producer
Eddie Roberts, Alan Evans

Track List
1. Get Ready
2. Stingy Love
3. Too Late
4. The State Of Affairs
5. Anything For Your Love
6. Mr Handsome
7. El Dorado
8. Cee Cee
9. Soulmaro
10. Covfefe
11. Theme For A Private Investigator
12. Computer Love
13. Ludvig
14. Move Move Move




ゲット・レディ
マタドール! ソウル・サウンズ
Pヴァイン・レコード
2018-03-02

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ