melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

エレクトロ

Morris Mobley - Movin' On [2018 Arcana]

モーリス・モブレイはゲイリー・グリットネスの名義での活動で知られるアーティスト。

フランス北部の工業都市、ナンシー出身の彼は、電子音楽とファンク、ディスコ音楽を融合した独特の作風で注目を集め、ニューヨークを拠点に多くのクラブ・ミュージックのレコードをリリースしているアーケインから、複数の作品をリリースしてきた。

本作は、モーリス・モブレイ名義で制作した初のスタジオ・アルバム。シンセサイザーやリズム・マシーンを駆使して曲を作っていたこれまでの作品に対し、本作ではギターなどの楽器も使用。複数の楽器を組み合わせて、80年代のソウル・ミュージックの魅力を、現代を生きる彼の感性で再解釈している。

本作の1曲目はタイトル・トラックの”Movin’ On”。煌びやかなシンセサイザーを駆使したバックトラックの上で、大人の色気を感じさせる歌声を響かせるモーリスの姿が印象的なアップ・ナンバー。ジョージ・ベンソンを彷彿させる艶めかしいギターも心地よい。

続く”Stop Playin’ Games”は、マスターピースやハイ・ファッションの作品を連想させるディスコ・ブギー。電子楽器を駆使したスタイリッシュな伴奏は、当時の音楽以上に、80年代の煌びやかな雰囲気を再現している。グラマラスな歌声でダイナミックな歌唱を披露する姿は、他の曲では聞けないものになっている。本作の収録曲では最も当時の音楽に近い。

これに対し、ニューヨーク出身のピアニスト、ドン・ブラックマンが82年に発表した『Don Blackman』の収録曲”Since You Been Away So Long”のカヴァーは、原曲のゆったりとした雰囲気のメロディの魅力を丁寧に引き出した演奏が魅力。女性ヴォーカルがなくなり、電子ドラムの音が重くなるなど、モーリスの制作環境に合わせたアレンジを施しつつ、原曲の流麗なメロディをじっくりと演奏し、歌う姿が光っている。

また、スティーリー・ダンの”Glamour Profession”は、 80年のアルバム『Gaucho』の収録曲のカヴァー。ディスコ音楽が音楽業界を席巻していた時代に、シンガー・ソングライターがディスコ音楽の要素を取り入れた楽曲を、電子音楽畑のモーリスがリメイクしている。80年代後半から90年代初頭のエレクトロ・ミュージックを思い起こさせる、太い電子音を使った伴奏は、ゲイリー名義の作品に近い。しかし、ソウル・シンガーとは違う、モーリスのあっさりとした歌い方が、原曲のメロディの良さを引き出している。ディスコ音楽風のポップスだった原曲を、本格的なクラブ・ミュージックに再構築した意欲作。

このアルバムは、元々ハウス・ミュージックなどを制作していたクリエイターの手によるものということもあり、80年代前半の華やかなディスコ・ミュージックの雰囲気を残してはいるものの、パワフルなヴォーカルよりも、スタイリッシュなトラックにフォーカスを当てたものになっている。また、ヴォーカルやコーラスを彼一人で担当し、楽器も一人で担当するなど、大人数のバンドによる派手な演奏が魅力のソウル・ミュージックとは一線を画した、現代のテクノ・ミュージックなどに近いものになっている。この、別のジャンルの音楽の制作手法を用いることで、既存の音楽に新しい解釈を加えている点が本作の面白いところだろう。

ソウル・ミュージックを聴いて育ったエレクトロ・ミュージックのクリエイターによる、独自の視点が魅力のソウル作品。アメリカのタキシードや日本のT-グルーヴのように、80年代のディスコ・ミュージックの魅力を現代に伝えるアーティストだ。

Producer
Morris Mobley

Track List
1. Movin’ On
2. Stop Playin’ Games
3. Since You Been Away So Long
4. Midnight Stroll
5. Glamour Profession
6. Rolodexes
7. First Class Hangin’
8. Charge It To The Game



Movin’ On
Morris Mobley
MMM Records/BBQ
2018-07-29

Louis Cole - Time [2018 Brainfeeder]

フライング・ロータスやサンダーキャット、トキモンスタといった鋭い音楽センスと高い制作技術を武器に、音楽業界で独特の存在感を放っているロス・アンジェルスの音楽レーベル、ブレインフィーダー。同レーベルが新たに送り出したのが、ルイス・コールだ。

ロス・アンジェルスを拠点に活動する彼は、ドラムやキーボードなど、複数の楽器を使いこなし、ジャズや映画音楽、ゲーム音楽など、色々な音楽に造詣が深いという異色のクリエイター。2010年頃からジェネビーブ・アルタディとの音楽ユニット、ノーバディーで音楽好きの間で話題になっていた彼は、2017年にはサンダーキャットの『Drunk』に参加。その縁もあって、自身もブレインフィーダーと契約するに至った。

このアルバムは、自主制作で発表した既発曲に、新曲を加えた8年ぶり2枚目のアルバム。全曲を自身がプロデュースする一方、ゲストとしてジェネビーブ・アルタディが参加するなど、豪華なゲストが集結した作品になっている。

アルバムのオープニングを飾る”Weird Part of The Night”は、ニュー・ジャック・スウィングのビートを取り入れたダンス・ナンバー。80年代のコンピューター・ゲームを連想する、ピコピコという電子音とダイナミックなビートの組み合わせが面白い曲だ。先鋭的なサウンドがウリのブレインフィーダーでは珍しい、キャッチーな楽曲だが、随所に尖ったフレーズを盛り込んでいる点が心憎い。

続く”When You're Ugly”はジェネビーブ・アルタディが客演したミディアム・ナンバー。シンセサイザーを使った太いベースの音が印象的なスタイリッシュな伴奏は、オハイオ・プレイヤーズやファットバック・バンドにも似ている。おどろおどろしい雰囲気のルイス・コールのヴォーカルを、爽やかな歌声のジェネビーブが中和している点も面白い。

また、ジャズ・ピアニストのブラッド・メルドーと組んだ”Real Life”は、スレイヴやクリアーのような 80年代のディスコ音楽を思い起こさせるダンス・チューン。曲の随所に刺々しいフレーズを埋め込むことで、洗練されたメロディとアレンジのディスコ音楽と、前衛的な電子音楽を一つに融合している。先鋭的なディスコ・サウンドという難しい曲を上で、エレガントなピアノの演奏を披露するブラッド・メルドーの演奏技術にも注目。タキシードT-グルーヴのような音楽が好きな人ならきっとハマると思う。

そして、 サンダーキャットを招いた”Tunnels in The Air”は、ロックのビートを取り入れたミディアム・ナンバー。複数の電子楽器を組み合わせた、ゆったりとしたテンポの伴奏の上で、朗々と歌う姿は、ゴリラズの音楽に似ている。細かいフレーズの使い方で、新鮮な楽曲を演出する彼の個性が遺憾なく発揮されたアレンジも素晴らしい。

このアルバムの面白いところは、90年代のR&Bのポップなサウンドと、エレクトロ・ミュージックの斬新さを両立しているところだ。ビデオ・ゲームや映画の音楽のような、短いフレーズでその場の雰囲気を変える音楽や、モダン・ジャズのような奔放に見えて緻密に練り込まれた音楽の手法を盛り込む音で、キャッチーなR&Bのビートと、電子音楽の尖ったサウンドを同居させている。この、色々な音楽に慣れ親しんできた彼だから作れる、大胆で柔軟な発想が彼の音楽の聴きどころだろう。

R&B以外の音楽にも馴れ親しんだ彼だから作れた、2018年の感性で解釈された80年代、90年代のR&Bを楽しめる良作。昔のR&Bを愛聴している人にこそ聴いてほしい、懐かしさと新鮮さが同居した稀有なアーティストだ。

Producer
Louis Cole

Track List
1. Weird Part of The Night
2. When You're Ugly feat. Genevieve Artadi
3. Everytime
4. Phone
5. Real Life feat. Brad Mehldau
6. More Love Less Hate
7. Tunnels in The Air feat. Thundercat
8. Last Time You Went Away
9. Freaky Times
10. After The Load is Blown
11. A Little Bit More Time
12. Trying Not To Die feat. Dennis Hamm
13. Things 14. Night 15. They Find You (Bonus Track for Japan)






Jamie Isaac - (04:30) Idler [2018 Marathon Artists]

ジェイミー・アイザックは、ロンドン南部のクロイドン出身のシンガー・ソングライター兼プロデューサー。

アデルやジェシーJ、フロエトリーの二人を輩出した芸術学校、ブリット・スクール時代に、後にキング・クルーとしてブレイクするアーチー・イヴァン・マーシャルと出会った彼は、多くの音楽プロジェクトを経験。その一方で、映像制作や脚本作りにも強い関心を抱くなど、好奇心旺盛な青年だった。

そんな彼は、2013年のEP『I Will Be Cold Soon』を皮切りに、年間1枚のペースで新作を発表。ビル・エヴァンスからビーチ・ボーイズまで、様々な音楽から触発された個性的な作風で、好事家から注目を集めてきた。

本作は、彼にとって2枚目のフル・アルバム。前作に引き続き、ヴォーカル、ソングライティング、プロデュースを彼自身が担当する一方、演奏にはルディ・クレスウィックやジェイク・ロングといった新しい面々も参加。電子音楽やジャズ、ロックやソウル・ミュージックを取り込み、融合させた独特のスタイルを深化させている。

本作の幕開けを飾る”Wings”は、ビル・エヴァンスを彷彿させるロマンティックなピアノと、ダニー・ハザウェイやロバータ・フラックのような、70年代のソウル・ミュージックを彷彿させる洗練されたリズム・セクション。ボサノバを取り入れたアレンジとメロディが心に残る、お洒落なミディアム・ナンバー。ジェイミーの繊細なヴォーカルを強調しつつ、スタイリッシュに纏め上げた曲作りが素敵。

続く”Doing Better”は、ヒップホップのビートと電子音楽のエッセンスを混ぜ合わせた、スロー・テンポのR&B作品。ごつごつとしたビートはディアンジェロの、電子音楽を組み合わせた抽象的なトラックはサンダーキャットの音楽性に近しいが、スマートで滑らかなヴォーカルはマックスウェルに似ているという不思議な作品。方向性の全く異なる演奏スタイルを吸収し、独創的な音楽に還元したジェイミーのセンスが光っている。

これに対し、3曲目の”Maybe”は、ボサノバと電子音楽の要素を強調した、優雅で前衛的な作風が印象的な曲。ソウル・ミュージックの要素は皆無だが、リスナーの琴線を刺激する哀愁を帯びたメロディと繊細なヴォーカルのコンビネーションは魅力的。ロックに強いミュージシャンを招いたことで、曲中にロック・ミュージシャンらしいアドリブを盛り込んでいる点も心憎い。

そして、本作の収録曲でも特に異彩を放っているのが”(04:30) Idler / Sleep”、ビル・エヴァンスのような優雅なピアノが心地よい伴奏に、声楽家のような女性の歌声や、壮年の男性による「Sleep」という声を挟み込んだ奇抜なアレンジと、ファルセットを多用した切ない雰囲気のヴォーカルを組み合わせが新鮮な曲だ。斬新な曲でありながら、緊張せず、リラックスして楽しめるのは、彼の美しい歌声と、優しい音色の楽器のおかげだろうか。

彼の音楽の魅力は、ジャズや電子音楽といった、多くの人を魅了する一方で、繊細さや複雑な表現に敷居の高さを感じるジャンルの手法を、わかりやすくかみ砕き、誰もが楽しめるポピュラー音楽として再構築しているところだ。テディ・ウィルソンやデイブ・ブルーベックのようなジャズ、ブライアン・ウィルソンのような先鋭的なポップス、クラシック音楽にも造詣の深い彼は、高度な演奏技術だけでなく、一つのスタイルを複数の視点から分析して、自分の楽曲に合わせた表現に組み替えている。この、多角的なものの見方と構成能力が、彼の音楽に独自性質をもたらしているのだろう。

高度で複雑な音楽を闇鍋のように一つの作品に放り込みながら、破綻させることなく、誰もが楽しめる魅力的なポップスとして楽しめる作品に落とし込んだ面白いアルバム。電子音楽ともロックとも異なる個性的なスタイルは、あらゆる人にとって新鮮な音楽に映るだろう。

Producer
Jamie Isaac

Track List
1. Wings
2. Doing Better
3. Maybe
4. (04:30) Idler / Sleep
5. Interlude (Yellow Jacket)
6. Eyes Closed
7. Slurp
8. Counts for Something
9. Melt
10. Drifted / Rope
11. Delight




04:30 IDLER/DIGIPAK
JAMIE ISAAC
MARA
2018-06-01


記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ