ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

カナダ

Various Artist - The Fate Of The Furious: The Album [2017 Atlantic Records, Universal Music Group]

2001年に第1作が公開されると、本物の公道で繰り広げられるスリリングなレース・シーンと、自動車好きには堪らない、有名メーカーの人気車両を使ったダイナミックなカー・アクションが話題となり、あっという間に人気作品の仲間入りを果たした『Fast & Furious』(邦題『ワイルド・スピード』)。

派手なアクション・シーンと並んで、同シリーズの目玉になっているのが、劇中で使われている楽曲を収めたサウンドトラック。公道レースがテーマの作品ということもあり、ヒップホップやR&Bを中心に、ストリートを意識した人気のダンス・ミュージックや舞台になった都市にちなんだ楽曲を収録。2006年に公開された 『The Fast and the Furious: Tokyo Drift』では、舞台になった東京にちなんで、ドラゴン・アッシュやテリヤキ・ボーイズといった日本のアーティストの楽曲が取り上げられたことでも話題になった。

このアルバムは、2017年4月に公開された同シリーズの第8作『The Fate of the Furious / Fast & Furious 8』(邦題『ワイルド・スピード ICE BREAK』)のサウンドトラック。映画本編はアメリカ国内が舞台だが、サウンドトラックは西海岸出身のヒップホップ・アーティストからカナダ勢、ラテン・アメリカのアーティストまで、バラエティ豊かな面々を揃えている。

人気ミュージシャンが集結した企画盤だけあって、捨て曲は一つもないが、R&Bが好きな人に最初に聴いてほしい曲といわれたら 2017年にデビュー・アルバム『SweetSexySavage』を発表したケラーニとオークランド出身のラッパー、G-イージーのコラボレーション曲”Good Life”しかないだろう。トレイ・ソングスの”Touchin, Lovin”などを手掛けたフェザーストーンズが手掛けるこの曲は、レイド・バックしたメロディとケラーニのキュートな歌声が切ない雰囲気を醸し出すミディアム・ナンバー。G-イージーの華がある声と、シンセサイザーを多用した派手なトラックが、楽曲をポップで気軽に楽しめるものにしている点も見逃せない。

また、ヴォーカルもこなすルイジアナ州バトン・ルージュ出身のラッパー、ケヴィン・ゲイツが歌う”911”も面白い曲だ。LVやネイト・ドッグを彷彿させる。太く柔らかいバリトン・ヴォイスを駆使して、歌にラップに縦横無尽の活躍を見せる、切ない雰囲気のミディアム・ナンバー。フランク・デュークらが手掛ける、主役の声の魅力を巧みに引き出す味わい深いビートもこの曲の聴きどころ。

そして、同シリーズのサウンドトラックに収められている楽曲の中でも、五本の指に入る美しいメロディを堪能できるのが”Don't Get Much Better”だ。ジェレミー、タイ・ダラ・サイン、サーガ・ザ・ジェミニの三人がコラボレーションしたこの曲は、ジェイソン・デルーロの”Talk Dirty ”や”Wiggle”などを手掛けてきたリッキー・リードがプロデュースを担当。彼の作品らしいポップで切ないメロディの上で、甘酸っぱい歌声を響かせるジェレミーの存在感が光る佳曲。耳元で囁きかけるような、甘いラップを披露するタイ・ダラ・サインとサーガ・ザ・ジェミニのパフォーマンスが、楽曲にメリハリをつけている。

だが、本作の目玉は、英語とスペイン語の2ヴァージョンが収録された”Hey Ma”だろう。コロンビアのメデジン出身のレゲトン歌手Jバルヴィンとマイアミ出身のピットブル、キューバのハバナ出身で、フィフス・ハーモニーの元メンバーでもあるキャミリア・キャベーロと、出自も音楽性もバラバラの3人がコラボレーションしたこの曲は、レゲトンのビートをベースに、R&Bやポップス、ヒップホップの要素を織り込んだ切ない雰囲気のアップ・ナンバー。リッキー・マーティンを彷彿させる男の色気を見せつけるJバルヴィンと、R&Bグループ出身らしい妖艶なヴォーカルをを披露するキャミリアの個性が、互いの持ち味をうまく引き出している。

アルバムを通して聴いて抱いた印象は、隙のない作品だなということ。有名なアーティストやプロデューサーを起用し、流行のサウンドを取り入れながら、曲単位で聴いてもアルバム全体を通しても、第1弾のころから続く、一貫したスタイルのようなものが感じられる。おそらく、映画自体が「公道レース」という一つの軸を持っていて、サウンドトラックもそれを引き立てるストリート色と疾走感を重視しているからだと思う。

流行のダンス・ミュージックを1枚のアルバムに凝縮した、濃縮果汁のように密度の濃い作品だ。流行りものだと思って見逃していると、絶対に損をするよ。

Producer
Ricky Reed, 30 Roc, Frank Dukes, Murda Beatz etc

Track List
1. Gang Up - Young Thug, 2 Chainz, Wiz Khalifa & PnB Rock
2. Go Off - Lil Uzi Vert, Quavo & Travis Scott
3. Good Life – G-Eazy & Kehlani
4. Horses - PnB Rock, Kodak Black & A Boogie Wit Da Hoodie
5. Seize The Block - Migos
6. Murder (Remix) - YoungBoy Never Broke Again feat. 21 Savage
7. Speakerbox (F8 Remix) - Bassnectar feat. Lafa Taylor, Ohana Bam
8. Candy Paint - Post Malone
9. 911 - Kevin Gates
10. Mamacita - Lil Yachty feat. Rico Nasty
11. Don't Get Much Better - Jeremih, Ty Dolla $ign & Sage The Gemini
12. Hey Ma(Spanish Version) - Pitbull & J Balvin feat. Camila Cabello
13. La Habana - Pinto "Wahin" & DJ Ricky Lunafeat. El Taiger
14. Hey Ma - J Balvin & Pitbull feat. Camila Cabello






Fate of the Furious: The Album
Various Artists
Atlantic
2017-04-14


Tanika Charles - Soul Run [2017 Record Kicks‎]

アルバータ州エドモントン出身、当時のボーイフレンドとの別れを契機にオンタリオ州トロントへと移住。プロのミュージシャンとして新たな一歩をスタートした、シンガー・ソングライターのタニカ・チャールズ。当初は、ベドウイン・サウンドクラッシュやサンダーヘイストといった、地元を拠点に活躍するアーティストのバック・コーラスが主な活動の舞台だったが、後にミス・チャールズ(Ms. Chawlz)の名義で、自身のステージにも立つようになる。

その後、2010年にはデビュー作となるEP『What! What? What!?』を自主制作で発表。60年代以前のソウル・ミュージックやリズム&ブルースを取り入れた音楽性と、マーサ・リーヴスやグラディス・ナイトを彷彿させる力強いヴォーカルが、熱心なソウル・ミュージックの愛好家や、ヴィンテージ・ミュージックに熱い視線を送っている若い人々の間で注目を集めた。その後も、2015年に本作からの先行シングル『Soul Run / Endless Chain』を配信限定で発表。2016年には上の2曲を含むフル・アルバム『Soul Run』を自主制作で発表(CD盤やアナログ盤の存在は未確認)。カナダのグラミー賞とも呼ばれているジュノ・アワードで、R&B/ソウル・レコーディング・オブ・ザ・イヤーの最終候補作に選ばれている。

この新人離れした偉業に目を付けたのが、イタリアのミラノを拠点に置くインディー・レーベル、レコード・キックス。英国のベイカー・ブラザーズやニュー・マスターサウンズ、アメリカのサード・コースト・キングスといった、往年のファンクやソウル、リズム&ブルースから強い影響を受けたミュージシャン達の作品を数多く配給してきた企業。同社の配給の元、フィジカル・リリースという形で世界デビューを果たした。

さて、アルバムの中身に目を向けると、本作からの先行シングルでアルバムの実質的な1曲目でもある”Soul Run”は、畳みかけるようなドラムやベースが心を掻き立てるアップ・ナンバー。脇を固めるギターやコーラスの艶めかしい演奏や緻密なパフォーマンスが、演奏に一体感を与えている点も見逃せない。少し毛色が異なるが、ジーン・チャンドラーやマーサ・リーヴスのような、60年代にデトロイトやシカゴから多くのヒット曲を送り出したシンガー達に通じるところがあるキャッチーで高揚感のある楽曲だ。

これに対し、同曲に続く”Two Steps”は、ギターのカッティングや可愛らしいコーラス、アドリブを盛り込んだオルガンの伴奏などが、重厚なグルーヴにポップな雰囲気を吹き込んでいるアップナンバー。コブシを効かせたタニカの歌声が、シャロン・ジョーンズにちょっと似ている点は面白いが、全般的な印象は彼女をもっとポップにした感じだ。

そういう意味では、シャロン・ジョーンズのような音楽が好きな人には”Sweet Memories”の方が好みに合うかもしれない。ホーン・セクションを贅沢に使った伴奏とパーカッションを効果的に使ったリズム隊、色っぽい歌声と力強い歌唱を巧みに織り交ぜたタニカのヴォーカルは、シャロン・ジョーンズが終生貫いてきた、生演奏と豊かな歌唱力で勝負したスタイルの延長線上にあるような楽曲だ。

一方、それ以外の収録曲で見逃せないのは、軽妙なリズムを刻むベースが印象的なミディアム・ナンバー”Money”だ。バレット・ストロングなどが、同名のヒット曲を数多く発表しているが、こちらはオリジナル曲。軽快なベースの演奏にスポットを当てたポップなトラックと、高音を中心に伸び伸びと歌うヴォーカルの組み合わせが、フォンテラ・バスの”Rescue Me”を思い起こさせる陽気なソウル・ナンバー。この曲のようにポップなソウル・ナンバーが好きな人には”Endless Chain”と”Waiting”の2曲もオススメ。特に、シングル盤のB面にも収録されてる”Endless Chain”は、肩の力を抜いた伴奏やコーラスを

アルバム全体を通して感じた印象は、シャロン・ジョーンリー・フィールズの作品のように、60年代以降のソウルやファンクの要素をふんだんに取り入れている一方、ヴォーカルのスタイルはフォンテラ・バスやローラ・リーのような大衆性と華やかさ、可憐さを兼ね備えたポピュラー・ミュージック寄りのソウル・シンガーを意識しているように感じた。ポップ・スターに求められる華やかさを兼ね備えたソウル・シンガーといえば、ジャスミン・カラやジョス・ストーン、ジェニファー・ハドソンなどがいるが、彼女らに比べるとロックやヒップホップの影響が薄く、往年のソウル・ミュージックで用いられる手法を現代向けにアップデートすることで、独自性を打ち出している点で、大きく異なっていると思う。

ドレイクパーティネクストドアウィークエンドなど多くのライバルがひしめき合うカナダの黒人音楽シーンから飛び出してきた魅力的な新星。BADBADNOTGOODなどとコラボレーションしたら面白いことになりそうだけど、次はどんな一手を打ってくるのかな?

Producer
Michael Warrenn, Slakah the Beatchild, Christopher Sandes etc

Track List
1. Intro
2. Soul Run
3. Two Steps
4. Sweet Memories
5. More Than A Man
6. Money
7. Love Fool
8. Heavy
9. Endless Chain
10. Waiting
11. Darkness And The Dawn





Soul Run
Tanika Charles
Record Kicks
2017-05-05

 

Drake - More Life (A Playlist By October Firm) [2017 OVO Sound, Young Money Entertainment, Cash Money Records]

同じハイスクールに通う友人の父が経営するエージェントと契約したことをきっかけに、俳優として芸能活動をスタート。学園ドラマ『Degrassi: The Next Generation』などでレギュラーを務めたあと、ミュージシャンに転身して、複数のミックス・テープをリリース。ルーペ・フィアスコやトレイ・ソングスといった有名ミュージシャンも参加したこれらの作品が、音楽好きの間で注目を集めたことをきっかけに、ユニヴァーサル傘下のヤング・マネー、キャッシュ・マネーと契約を結んだ。カナダのトロント出身のシンガー・ソングライター、ドレイクことオーブリー・ドレイク・グラハム。

その後は、2017年までに4枚のフル・アルバムと複数のミックス・テープやコンピレーション・アルバムを発表。それらの作品は、彼に、全米チャートの1位やグラミー賞、ブリット・アワードを含む、多くの栄光をもたらした。本作は、そんな彼にとって、2016年の『Views』から僅か1年という短い期間を経て発表された22曲入りの新作がこのアルバム(プレスリリース等では「プレイリスト」と表記)。

今回の新作では、2016年10月にリリースされたシングル曲”Fake Love”が収録されている一方、同時期にリリースされた”Sneakin'”や”Two Birds, One Stone”、2017年に発表されたニッキー・ミナージュやリル・ウェインとのコラボレーション曲”No Frauds”等は収録されていない。だが、22曲81分超と、リリースの間隔を短くしつつ、リスナーの集中力も維持するために曲数を絞った作品が多い現代では珍しい、CD1枚の収録可能時間を超える大作に取り組んでいる。

アルバムに先駆けて発表されたのは”Fake Love”のほか、”Passionfruit”、”Free Smoke”の計3曲。まず、本作の収録曲で一番最初に公開された"Fake Love"だが、この曲は彼の作品に何度も参加しているニューヨーク出身のプロデューサー、ヴィニールズが手掛けた曲。エイコンやリアーナが使いそうな、南国風の煌びやかな音色のシンセサイザーを上物に使ったミディアム・ナンバー。遅いテンポのビートとラップ寄りの歌唱(歌うようなラップ?)は、ウォーの”Cisco Kid”にもちょっと似ている、爽やかな季節に似合いそうだ。

一方、ピアノの弾き語りから始まる”Free Smoke ”は、こちらも彼の曲を数多く手掛けているボイ・ワンダーがトラックを担当。遅いテンポのビートと重低音を基調にしたダークな雰囲気のトラックをバックに、刺々しい言葉を畳みかけるラップ・ナンバー。息継ぎも少なめに言葉を繋ぐ技術が光る曲だ。

そして、今回が初参加となるローグがプロデュースした”Passionfruit”は、少し遅いテンポの四つ打ちのビートを取り入れたハウス風のダンス・ナンバー。"Fake Love"でも使われたカリプソっぽい明るい音色やハンド・クラップを織り交ぜたトラックが心地よい楽曲。少し毛色は違うがアリーヤの"Rock The Boat"にも似た涼し気なメロディも聴きどころだ。

もちろん、本作が初披露の楽曲にも魅力的なものが揃っている。全部を紹介するわけにはいかないので、特に気になった曲に絞って紹介すると、ロンドン出身のラッパー、ギブスが参加した”No Long Talk”は緊迫感溢れるトラックの上で、青龍刀のように太く鋭い言葉を畳みかけるラップが格好良い楽曲。彼は、オーケストラっぽいフレーズを持ち込んだ"Kmt"でも、巧みなラップ技術を披露している。一方、今後の動向が気になるカニエ・ウエストがラップとプロデュースで参加した”Glow”は、ドレイクが歌に徹したロマンティックなスロー・ナンバー。歌とラップの両方を経験している二人らしい、息の合ったパフォーマンスとトラックが面白い。また、それ以外でも、アトランタ出身のラッパー、ヤング・サグをフィーチャーしたスロー・ナンバー”Ice Melts”も見逃せない曲だ。テンポを落としたトラップ・ビートを使い、歌うようにラップをする二人の姿が印象的だ。

このアルバムがリリースされる前、彼は自身の作品がグラミー賞の「ラップ部門だけ」にノミネートしていることを不満だと表明していたが、本作を聴けば、それも納得だと思う。彼の音楽には、メロディのついたラップや、多くの言葉を畳みかける歌など、歌orラップに分類するのが難しい曲も少なくない。良くも悪くも、歌とラップという分類を越えた曲が多いのだ。それは今回の作品も同じで、トラックの持ち味を引き出す、ジャンルにとらわれないパフォーマンスが多く収められている。

今回のアルバムは、「プレイリスト」と呼んでいるものの、その内容はCD等で販売されているフル・アルバムと何ら変わるものではないと思う。R&Bとラップという分類が過去のものになる時代、本作はその端緒となる優れた"プレイリスト"だと思う。

補足&訂正(3/27)
3月31日にフィジカル・リリースもされるようです。
あと、2017年時点のCDの収録可能時間は最大89分でした。
以上、補足、訂正いたします。

Producer
Drake, Oliver El-Khatib, 40 etc

Track List
1. Free Smoke
2. No Long Talk feat. Giggs
3. Passionfruit
4. Jorja Interlude
5. Get It Together feat. Black Coffee, Jorja Smith
6. Madiba Riddim
7. Blem
8. 4422 feat. Sampha
9. Gyalchester
10. Skepta Interlude
11. Portland feat. Quavo, Travis Scott
12. Sacrifices feat.2 Chainz, Young Thug
13. Nothings Into Somethings
14. Teenage Fever
15. KMT feat. Giggs
16. Lose You
17. Can't Have Everything
18. Glow feat Kanye West
19. Since Way Back feat. PARTYNEXTDOOR
https://www.youtube.com/watch?v=qr5PH2Idnkk 20. Fake Love
21. Ice Melts feat. Young Thug
22. Do Not Disturb





More Life
Drake
Republic
2017-03-31

 
記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ