melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

ドイツ

Gizelle Smith - Ruthless Day [2018 Jalapeno Records, Mocambo]

2014年に発表した、ドイツのファンク・バンド、マイティ・モカンボスとのコラボレーション・アルバム『This Is Gizelle Smith & The Mighty Mocambos』で、ヴォーカルを担当したことをきっかけに注目を集め、その後は、自身の名義でも複数のシングルをリリース。マーサ・リーヴスを彷彿させる、可愛らしさと力強さを両立した歌唱と、キュートなルックスで人気を博した、イギリスのマンチェスター出身のシンガー・ソングライター、ジゼル・スミス。

近年は積極的にライブをこなしているものの、新作のリリースがなかったので気になっていた彼女だが、このたび8年ぶりの新作を発表した。

このアルバムは、彼女自身の名義では初のスタジオ・アルバム。ハンブルクを拠点に活動し、マイティ・モカンボスの作品も手掛けている、デフ・ステッフことステファン・ワグナーがプロデュースを担当。曲作りにはジゼル自身も携わるなど、マイティ・モカンボスとのコラボレーション作品を意識した、ソウル色の強いアルバムになっている。

本作の1曲目は、2018年の頭にリリースされたシングル曲”Dust”。ブリブリとうなるダイナミックなベースと優雅なストリングスの伴奏が心地よいアップ・ナンバー。ダイナミックな演奏を聴かせるリズム・セクションと上品な上物の組み合わせが、彼女のキュートな歌声を引き立てている。 これに対し、2017年に発表された”Sweet Memories”は、流麗なコーラスと愛らしいヴォーカルの組み合わせが光る、甘酸っぱい雰囲気のミディアム・ナンバー。端正の取れたバック・コーラスを効果的に使った曲作りは、メイン・イングリディエントの"Let Me Prove My Love to You"をサンプリングした、アリシア・キーズの”You Don't Know My Name”にも少し似ている。しかし、サビに入ると、リズム・セクションが急に荒々しくなるなど、随所に遊び心を盛り込んでいるから油断できない。

また、ストーンズ・スロウからアルバムを発売したことも記憶に新しい、マイロン&Eのエリック・ボスをフィーチャーした”S.T.A.Y.”は、軽妙で爽やかなメロディが心に残るミディアム・ナンバー。鍵盤楽器とホーンを組み合わせた軽やかな伴奏の上で、繊細でキュートなジゼルと、芯が強いけど柔らかい歌声のエリックによる、対照的な個性を活かしたメリハリのあるパフォーマンスを披露している。両者の持ち味を巧みに引き出すアレンジ技術が聴きどころだ。

そして、本作の隠れた目玉が、日本盤限定のボーナス・トラックである”Dust”のリミックス版だ。マジンガーZの主題歌をリミックスするなど、日本のサブカルチャーにも造詣が深いことで知られるフランスのクリエイター、ディミトリ・フロム・パリが手を加えたこの曲は、彼が得意とする太く、柔らかい音色を使ったハウス・ナンバー。ダフト・パンクやマーク・ロンソンなど、多くの人気ミュージシャンが取り入れているディスコ・サウンドだが、同ジャンルに何十年も取り組んできた彼が作るトラックは一味違う。

今回のアルバムは、メアリー・ウェルズやブレンダ・ハロウェイの流れを汲む、キュートな声と力強いパフォーマンスが武器の、彼女の魅力を丁寧に引き出した、本格的なソウル・アルバムだ。ポップなメロディと軽やかなパフォーマンスは、60年代、70年代のモータウン・レコードが得意としていた音楽とよく似ている。しかし、彼女のスタイルは、ポップだけどどこから粗削りな、60年代のモータウン・サウンドというよりは、ジャクソン5やスモーキー・ロビンソンなどが活躍していた70年代のモータウン・サウンドに近い。おそらく、洗練されたサウンドが流行している現在の音楽シーンを意識したものだが、偶然にも父、ジョー・スミスが演奏でかかわっていた、70年代のフォー・トップスの音楽に歩み寄っているから面白い。

力強い歌声で勝負をするシンガーが多い時代に、可愛らしい声で勝負した潔いアルバム。歌手の数だけ異なる音楽がある、ヴォーカル作品の醍醐味を存分に堪能してほしい。

Produceer
Def Steff

Track List
1. Dust
2. Hero feat. Eric Boss
3. Scared of Something
4. Love Song
5. Sweet Memories
6. Around Again
7. S.T.A.Y. feat. Eric Boss
8. Ruthless Day
9. Hey Romeo
10. Twelve
11. Amen
12. Dust (Dimitri From Paris Remix) *Bonus Track





Ruthless Day
Gizelle Smith
Jalapeno
2018-03-30

Noah Slee - Otherland [2017 Majestic Casual Records]

2010年代前半からオーストラリアで活動。その後、同地での活躍が評価され、ダニエル・カエサルなどの気鋭のアーティストを擁することでも知られている、ドイツのシュトゥットガルドに拠点を置くマジェスティック・カジュアルと契約。現在はドイツを中心に活動するニュージーランド生まれ、オーストラリア育ちのシンガー・ソングライター、ノア・スリー。

ドイツに移住後は、継続的に新曲を発表しながら、キャッツ&ドッグスやカルマダなどの作品にも客演。ソウルフルな歌声と繊細なメロディ、先鋭的なトラックで耳の肥えた音楽ファンのみならず、ミュージシャンの間でも注目される存在になった。

今回のアルバムは、彼にとって初のフル・アルバム。今年の5月に発表した『Freedom TV』も話題になったウェイン・スノウや、ノアと同じニュージーランド出身のジョーダン・ラケイやレイチェル・フレイザー、アメリカを代表するソウル・シンガーの一人として知られているジョージア・アン・マルドロウなど、彼の豊かなバックグラウンドと人間関係を反映した、豪華な面々が参加した作品になっている。

ウェイン・スノウとレイチェル・フレイザーが参加したアルバムの実質的な1曲目”Instrore”は、マックスウェルを彷彿させるきめの細かいファルセットと、ディアンジェロを連想させるシンプルで抽象的なトラックやラップのようにリズミカルに言葉を繋ぐヴォーカルが印象的なスロー・ナンバー。柔らかく軽やかな歌声のノアと、芯の強い声のウェイン、ふくよかな歌唱のレイチェルと、三者三葉のヴォーカルを披露している点が面白い。少し気になるのは、サビのファルセットが3人の声と明らかに異なる点だが、歌っているのは誰なのだろうか。

これに対し、ニュージーランド出身のラッパー、メロダウンズを招いた”Lips”はサンファの作品を思い起こさせる、荘厳な雰囲気のエレクトロ・サウンドが印象的なミディアム・ナンバー。ノアの繊細な歌唱と、ヴォーカルと一体化した淡々としたラップの組み合わせが格好良い。エレクトロとソウル、ヒップホップを巧みに融合した佳曲だ。

また、”Sunrise”は太い音のベースと温かい音色のビートが格好良いアップ・ナンバー。電子音と生演奏を組み合わせたスタイルは、スティーブ・レイシーの作品にも少し似ている。ディアンジェロやエリカ・バドゥの作風を踏襲しつつ、彼らとは違う新鮮な音楽に落とし込む技術とセンスが光っている。

そして、女性フォーク・シンガーのシロー・ダイナスティが客演した”DGAF”は、彼女の繊細なヴォーカルをアクセントに使ったアップ・ナンバー。ギターの演奏をR&Bのトラックと組み合わせた手法は、マックスウェルやインディア・アリーにも似ているが、この曲はもっとタイトなビートを取り入れた本格的なR&B作品になっている。緻密な表現力を持つ二人だからこそできる曲だろう。

彼の音楽は、ウェイン・スノウやサンファホセ・ジェイムスのようなR&Bと電子音楽を融合したものだが、彼らの音楽と比べると、緻密な演奏が目立つ一方、それぞれの曲は斬新なアイディアを前面に押し出した粗削りな作品が多いように見える。それは、彼の音楽が若々しい感性と、強力なエネルギーによって生み出されたものだからかもしれない。

ウェイン・スノウに続き、ドイツから世界に羽ばたいた気鋭のクリエイター。今後の活躍が楽しみな逸材だ。

Producer
Noah Slee etc

Track List
1. Kamata‘anga (Intro)
2. Instore feat.Wayne Snow & Rachel Fraser
3. Radar
4. Invite (Interlude)
5. Lips feat.MeloDownz
6. Told
7. Sunrise
8. Dawn (Interlude) feat.Georgia Anne Muldrow
9. Reality feat.Jordan Rakei
10. DGAF feat.Shiloh Dynasty
11. Wander (Interlude)
12. Stayed
13. Way Back
14. Kiez (Interlude)
15. 100
16. Silence
17. Ngata‘anga (Outro)





アザーランド
ノア・スリー
Pヴァイン・レコード
2017-08-18

Wayne Snow ‎– Freedom TV [2017 Tartelet Records]

ナイジェリア出身、現在はベルリンを拠点に活動するシンガー・ソングライター、ウェイン・スノー。

ベルリン移住後は、マックス・グリーフやニュー・ギニアといった電子音楽、ヒップホップ畑のクリエイターの作品でマイクを握る一方、自身の名義でも、2014年にシングル『Red Runner』を、翌年には『Rosie』を発表。それ以外にも、ベルリンをはじめ、ニューヨークやロンドン、シドニーなど、世界各地のステージでパフォーマンスを披露。精力的に活動してきた。

本作は、彼にとって初めてのフル・アルバム。プロデューサーにはマックス・グリーフやニュー・ギニア、ニュー・グラフィックといった、これまでにコラボレーションをしたことのあるクリエイターが集結。彼自身もヴォーカルだけでなく、ソングライティングやプロデュースなどで腕を振るった力作になっている。

アルバムの1曲目”Cooler”は、彼が他のミュージシャンとは一線を画していることをリスナーに感じさせる、このアルバムの作風を象徴するような楽曲。フライング・ロータスやトキモンスタのようなエレクトロ・ミュージック畑のクリエイターが多用するような電子音を使った、マックス・グリーフ作のトラックと、マックスウェルのような繊細さと、ディアンジェロのように絶妙な力加減を兼ね備えたウェインのヴォーカルが光る、神秘的な雰囲気のミディアム・ナンバー。音と音の隙間を長めに取り、「響き」を聴かせるトラックは、電子音楽畑の人間の持ち味が発揮されていると思う。

これに対し、2014年にシングル化された”Red Runner”は、ギターっぽい音色の伴奏や、ハウス・ミュージックのビートを取り入れたアップ・ナンバー。フランキー・ナックルズやジョーイ・ネグロのようなハウス・ミュージックの要素を取り入れつつ、テンポを変化させたり、色々な音色を挟んだりすることで、起伏に富んだ楽曲に仕上げている。

これに対し、もう一つのシングル曲である”Fall”は、電子音楽とソウル・ミュージックを融合させたR&B寄りの作品。甘い音色を響かせるギターや、ビヨビヨという電子音、R&Bではあまり耳にしない、変則的なビートなど、多くの要素を詰め込みながら、音数は少なく、シンプルなトラックをバックに、幻想的な歌声を響かせる楽曲。楽曲の中盤で、ビートが四つ打ちに変化するなど、ヒップホップのクリエイターとは一味違う曲作りに、電子音楽のクリエイターの矜持を感じる。余談だが、この曲のほか、”Red Runner”を含む序盤の4曲など、10曲中6曲がマックス・グリーフのプロデュース。一人のクリエイターがこれほどのバラエティ豊かな楽曲を作ったあたりに、エレクトロ・ミュージックの表現の幅広さと奥深さを再認識させられる。

だが、本作の隠れた目玉は”Rosie”だと思う。昔のレコードからサンプリングしたような温かい音色のドラムに、アナログ・シンセシンセサイザーの音とデジタル機材を使い分けた癖のある伴奏を組み合わせたトラックと、抽象的なメロディやファルセットを多用したヴォーカルのコンビネーションが素晴らしい、ディアンジェロの”Brown Sugar”を彷彿させるミディアム・ナンバー。本作の中では最も電子音楽の影響が薄い曲だが、楽器の音の並べ方や、ヴォーカルの使い方は、他の曲と同じスタイル。彼らの表現の幅の広さにも驚かされるが、それ以上に、ディアンジェロの先見性を再認識させられる魅力的なミディアム・ナンバーだ。

今回のアルバムは、電子音楽のバラエティ豊かなビートを用いて、アメリカのR&B作品とは一味違う、独創的な作品に仕上がっている。もっとも、サンファの『Process』FKJの『French Kiwi Juice』ケイトラナダの『‎99.9%』を聴いたときにも感じたのだが、電子音楽のクリエイターが作るR&Bは、メロディ、歌声、トラックの三つのバランスをとるのが凄く難しいように映る。だが、このアルバムで、上述の三者同様、主役の歌声や楽曲のメロディを大切にしつつ、多彩な楽曲を「R&Bに聴こえる範囲で」作り上げた彼らの技術と、ウェインの作曲、歌唱能力には目を見張るものがある。

本作は、R&Bには生演奏やサンプリング音源、美しいメロディが欠かせないと思っていた人には異色に映るだろう、だが、抽象的なトラックや、様々な電子音を駆使したトラック、繊細なメロディやヴォーカルを用いても、きちんと「R&B」に聴こえるのがこの作品の面白いところ。カンやクラフトワークといった、音楽業界に革命を起こしたアーティスト達を輩出した、ドイツのポピュラー・ミュージック・シーンの奥深さを感じさせる魅力的な作品だ。

Producer
Max Graef, Neue Grafik, Nu Guinea, Wayne Snow

Track List
1. Cooler
2. Still In The Shell
3. Drunk
4. Red Runner
5. The Rhythm
6. Rosie
7. Fall
8. Nothing Wrong
9. Freedom RIP
10. Nothing But The Best
11. Rosie (Hubert Daviz Remix) [Japan Bonus Track]
12. Red Runner (Glenn Astro & IMYRMIND Remix) [Japan Bonus Track]





Freedom TV
Wayne Snow
SWEET SOUL RECORDS
2017-04-12


 
記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    読者登録
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ