melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

ニュージーランド

Noah Slee - Otherland [2017 Majestic Casual Records]

2010年代前半からオーストラリアで活動。その後、同地での活躍が評価され、ダニエル・カエサルなどの気鋭のアーティストを擁することでも知られている、ドイツのシュトゥットガルドに拠点を置くマジェスティック・カジュアルと契約。現在はドイツを中心に活動するニュージーランド生まれ、オーストラリア育ちのシンガー・ソングライター、ノア・スリー。

ドイツに移住後は、継続的に新曲を発表しながら、キャッツ&ドッグスやカルマダなどの作品にも客演。ソウルフルな歌声と繊細なメロディ、先鋭的なトラックで耳の肥えた音楽ファンのみならず、ミュージシャンの間でも注目される存在になった。

今回のアルバムは、彼にとって初のフル・アルバム。今年の5月に発表した『Freedom TV』も話題になったウェイン・スノウや、ノアと同じニュージーランド出身のジョーダン・ラケイやレイチェル・フレイザー、アメリカを代表するソウル・シンガーの一人として知られているジョージア・アン・マルドロウなど、彼の豊かなバックグラウンドと人間関係を反映した、豪華な面々が参加した作品になっている。

ウェイン・スノウとレイチェル・フレイザーが参加したアルバムの実質的な1曲目”Instrore”は、マックスウェルを彷彿させるきめの細かいファルセットと、ディアンジェロを連想させるシンプルで抽象的なトラックやラップのようにリズミカルに言葉を繋ぐヴォーカルが印象的なスロー・ナンバー。柔らかく軽やかな歌声のノアと、芯の強い声のウェイン、ふくよかな歌唱のレイチェルと、三者三葉のヴォーカルを披露している点が面白い。少し気になるのは、サビのファルセットが3人の声と明らかに異なる点だが、歌っているのは誰なのだろうか。

これに対し、ニュージーランド出身のラッパー、メロダウンズを招いた”Lips”はサンファの作品を思い起こさせる、荘厳な雰囲気のエレクトロ・サウンドが印象的なミディアム・ナンバー。ノアの繊細な歌唱と、ヴォーカルと一体化した淡々としたラップの組み合わせが格好良い。エレクトロとソウル、ヒップホップを巧みに融合した佳曲だ。

また、”Sunrise”は太い音のベースと温かい音色のビートが格好良いアップ・ナンバー。電子音と生演奏を組み合わせたスタイルは、スティーブ・レイシーの作品にも少し似ている。ディアンジェロやエリカ・バドゥの作風を踏襲しつつ、彼らとは違う新鮮な音楽に落とし込む技術とセンスが光っている。

そして、女性フォーク・シンガーのシロー・ダイナスティが客演した”DGAF”は、彼女の繊細なヴォーカルをアクセントに使ったアップ・ナンバー。ギターの演奏をR&Bのトラックと組み合わせた手法は、マックスウェルやインディア・アリーにも似ているが、この曲はもっとタイトなビートを取り入れた本格的なR&B作品になっている。緻密な表現力を持つ二人だからこそできる曲だろう。

彼の音楽は、ウェイン・スノウやサンファホセ・ジェイムスのようなR&Bと電子音楽を融合したものだが、彼らの音楽と比べると、緻密な演奏が目立つ一方、それぞれの曲は斬新なアイディアを前面に押し出した粗削りな作品が多いように見える。それは、彼の音楽が若々しい感性と、強力なエネルギーによって生み出されたものだからかもしれない。

ウェイン・スノウに続き、ドイツから世界に羽ばたいた気鋭のクリエイター。今後の活躍が楽しみな逸材だ。

Producer
Noah Slee etc

Track List
1. Kamata‘anga (Intro)
2. Instore feat.Wayne Snow & Rachel Fraser
3. Radar
4. Invite (Interlude)
5. Lips feat.MeloDownz
6. Told
7. Sunrise
8. Dawn (Interlude) feat.Georgia Anne Muldrow
9. Reality feat.Jordan Rakei
10. DGAF feat.Shiloh Dynasty
11. Wander (Interlude)
12. Stayed
13. Way Back
14. Kiez (Interlude)
15. 100
16. Silence
17. Ngata‘anga (Outro)





アザーランド
ノア・スリー
Pヴァイン・レコード
2017-08-18

Liz Aku - Ankhor [2017 Sonar Kollective]

ドイツのプロダクション・チーム、ジャザノバがベルリンに設立した音楽レーベル、ソナー・コレクティブ。同社が新たに送り出したのは、ベルギーのゲント出身のシンガー・ソングライター、リズ・アクだ。

彼女の武器は、強くしなやかな歌声と、高い技術を誇るバンド・メンバーによる繊細だが強靭なサウンド。そんな彼女は、シャーデーを彷彿させる神秘的な雰囲気と、ビラルやディアンジェロを連想させる、ジャズやヒップホップを取り込んだ作風で人気のシンガーだ。

本作は、彼女にとって初のフル・アルバム。マオリ族のサイケデリック・ロック・ミュージシャン、ビリーTKの息子で、自身も電子音楽の作品を数多く残している、ニュージーランド出身のプロデューサー、マラTKとの共同プロデュース作品だ。また、バンド・メンバーには、ピアノのデイヴィッド・ソーマエレや、ベースのジュアン・マンセンスなど、実力に定評のある面々を揃えている。

アルバムの1曲目”The Drum Major Instinct”は、マラTKをフィーチャーしたミディアム・ナンバー。セルジュ・ヘルトージュのしっとりとしたギターの演奏と、マラTKが生み出す電子音を組み合わせ、フォーク・ソングの素朴さとR&Bの洗練されたサウンドを両立している。リズの涼しげな歌声が、透き通った音色の伴奏を際立たせている。

また、”Secret Change”は、ジュアンのベースとジョルディ・ギーエンズのドラムが生み出す変則的なビートと、マラTKが生み出すエレクトロ・サウンドが一体化した、クレイグ・デイヴィッドのアルバムに入っていそうなガラージ色の強い曲。バンドによる演奏と、柔らかい音色のシンセサイザーを多用することで、癖のあるトラックを聴きやすくしている点も面白い。音数を減らしメロディをシンプルにすることで、ビートの衝突を避けながら、歌声をきちんと聴かせているヴォーカルのアレンジも魅力的だ。

そして、ズールー・ムーンを招いた”Ankhor”は、デイヴィッドの美しいピアノの演奏から始まるミディアム・ナンバー。古いレコードからサンプリングしたような、温かい音色を使ったビートと、ポロポロと鳴り響くピアノの伴奏が切ない雰囲気を醸し出している。ラップを交えつつ、気怠そうに歌うリズの歌唱は、エリカ・バドゥやアンジー・ストーンにもよく似ている。エリカ・バドゥやディアンジェロのような、ソウルとヒップホップを融合させた音楽をより洗練させたような印象を受ける曲だ。

それ以外にも、見逃せない曲が”Hunger”だ。電子音を多用したきらびやかな伴奏と、ヒップホップのビートを組み合わせたトラックが印象的な、ミディアム・ナンバー。サーラ・クリエイティブ・パートナーズやプラチナム・パイド・パイパーズを連想させる先鋭的なビートと、荒々しい歌唱の組み合わせは、ジョージ・アン・マルドロウの音楽を彷彿させる。本作の収録曲では異色だが、とても格好良い曲だ。

彼女の魅力は、透き通った歌声を活かしたしなやかなヴォーカルと、ジャズやソウル、ヒップホップや電子音楽を混ぜ合わせた先鋭的だけど聴きやすいサウンドだと思う。フォークソングと電子音楽を混ぜ合わせたり、生バンドにガラージの要素を取り入れたり、ヒップホップの手法を取り入れたりと、色々なスタイルに挑みながら、自身の持ち味である、流麗で洗練されたヴォーカルに個性を加えている。その手法は、エリカ・バドゥやインディア・アリーにも似ているが、エリカよりもシンプルで聴きやすく、アリーよりも個性的という、ありそうでなかったものだ。

ヒップホップや電子音楽の手法を取り入れて、感性の鋭い若者にアピールしつつ、緻密で洗練された演奏技術によって、大人の鑑賞にも耐えうる作品に纏め上げている。コンピューターと生演奏を対立項にするのではなく、両者を上手に使い分けることで新鮮で優雅な音楽に仕立てた、大人のための新しいR&B作品だと思う。

Producer
Liz Aku, Mara TK etc

Track List
1. The Drum Major Instinct feat. Mara TK
2. Slowly
3. Deceive The Mind
4. Seasons Change
5. Secrets Die
6. Flight & Fall
7. Just What I Need
8. Ashamed
9. Hiding Alone
10. Ankhor feat. Zulu Moon
11. Hunger
12. Breathing Underwater feat. Mara TK





Ankhor
Sonar Kollektiv
2017-05-05

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    読者登録
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ