ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

バンド

Liz Aku - Ankhor [2017 Sonar Kollective]

ドイツのプロダクション・チーム、ジャザノバがベルリンに設立した音楽レーベル、ソナー・コレクティブ。同社が新たに送り出したのは、ベルギーのゲント出身のシンガー・ソングライター、リズ・アクだ。

彼女の武器は、強くしなやかな歌声と、高い技術を誇るバンド・メンバーによる繊細だが強靭なサウンド。そんな彼女は、シャーデーを彷彿させる神秘的な雰囲気と、ビラルやディアンジェロを連想させる、ジャズやヒップホップを取り込んだ作風で人気のシンガーだ。

本作は、彼女にとって初のフル・アルバム。マオリ族のサイケデリック・ロック・ミュージシャン、ビリーTKの息子で、自身も電子音楽の作品を数多く残している、ニュージーランド出身のプロデューサー、マラTKとの共同プロデュース作品だ。また、バンド・メンバーには、ピアノのデイヴィッド・ソーマエレや、ベースのジュアン・マンセンスなど、実力に定評のある面々を揃えている。

アルバムの1曲目”The Drum Major Instinct”は、マラTKをフィーチャーしたミディアム・ナンバー。セルジュ・ヘルトージュのしっとりとしたギターの演奏と、マラTKが生み出す電子音を組み合わせ、フォーク・ソングの素朴さとR&Bの洗練されたサウンドを両立している。リズの涼しげな歌声が、透き通った音色の伴奏を際立たせている。

また、”Secret Change”は、ジュアンのベースとジョルディ・ギーエンズのドラムが生み出す変則的なビートと、マラTKが生み出すエレクトロ・サウンドが一体化した、クレイグ・デイヴィッドのアルバムに入っていそうなガラージ色の強い曲。バンドによる演奏と、柔らかい音色のシンセサイザーを多用することで、癖のあるトラックを聴きやすくしている点も面白い。音数を減らしメロディをシンプルにすることで、ビートの衝突を避けながら、歌声をきちんと聴かせているヴォーカルのアレンジも魅力的だ。

そして、ズールー・ムーンを招いた”Ankhor”は、デイヴィッドの美しいピアノの演奏から始まるミディアム・ナンバー。古いレコードからサンプリングしたような、温かい音色を使ったビートと、ポロポロと鳴り響くピアノの伴奏が切ない雰囲気を醸し出している。ラップを交えつつ、気怠そうに歌うリズの歌唱は、エリカ・バドゥやアンジー・ストーンにもよく似ている。エリカ・バドゥやディアンジェロのような、ソウルとヒップホップを融合させた音楽をより洗練させたような印象を受ける曲だ。

それ以外にも、見逃せない曲が”Hunger”だ。電子音を多用したきらびやかな伴奏と、ヒップホップのビートを組み合わせたトラックが印象的な、ミディアム・ナンバー。サーラ・クリエイティブ・パートナーズやプラチナム・パイド・パイパーズを連想させる先鋭的なビートと、荒々しい歌唱の組み合わせは、ジョージ・アン・マルドロウの音楽を彷彿させる。本作の収録曲では異色だが、とても格好良い曲だ。

彼女の魅力は、透き通った歌声を活かしたしなやかなヴォーカルと、ジャズやソウル、ヒップホップや電子音楽を混ぜ合わせた先鋭的だけど聴きやすいサウンドだと思う。フォークソングと電子音楽を混ぜ合わせたり、生バンドにガラージの要素を取り入れたり、ヒップホップの手法を取り入れたりと、色々なスタイルに挑みながら、自身の持ち味である、流麗で洗練されたヴォーカルに個性を加えている。その手法は、エリカ・バドゥやインディア・アリーにも似ているが、エリカよりもシンプルで聴きやすく、アリーよりも個性的という、ありそうでなかったものだ。

ヒップホップや電子音楽の手法を取り入れて、感性の鋭い若者にアピールしつつ、緻密で洗練された演奏技術によって、大人の鑑賞にも耐えうる作品に纏め上げている。コンピューターと生演奏を対立項にするのではなく、両者を上手に使い分けることで新鮮で優雅な音楽に仕立てた、大人のための新しいR&B作品だと思う。

Producer
Liz Aku, Mara TK etc

Track List
1. The Drum Major Instinct feat. Mara TK
2. Slowly
3. Deceive The Mind
4. Seasons Change
5. Secrets Die
6. Flight & Fall
7. Just What I Need
8. Ashamed
9. Hiding Alone
10. Ankhor feat. Zulu Moon
11. Hunger
12. Breathing Underwater feat. Mara TK





Ankhor
Sonar Kollektiv
2017-05-05

Moonchild - Voyager [2017 Tru Thoughts]

複数の楽器を操り、作曲もできる、アンバー・ナヴラン(ヴォーカルも担当)、マックス・ブリック、アンドリス・マットソンによる、カリフォルニア州ロス・アンジェルス発3人組ソウル・バンド、ムーンチャイルド。

2014年に発表したシングル『TheTruth』と、同曲を収めた2枚目のアルバム『Please Rewind』が配信限定ながら大ヒットとなり、イギリスのTru ThoughtsからCD化。また、ステージでも、スティーヴィー・ワンダーやジル・スコット、ジ・インターネットと共演するなど、縦横無尽の活躍を見せてきた。

今回のアルバムは『Please Rewind』から3年ぶりとなる3作目。ディアンジェロなどを手掛けてきたジェレミー・モストにインスパイアされた本作は、ディアンジェロやエリカ・バドゥのような、生演奏にソウル・ミュージックとヒップホップの要素を組み合わせた、ネオ・ソウルと呼ばれるスタイルの作風が特徴的。収録曲では、彼の手法を踏襲しつつ、自分達の音楽性に合わせて、色々な形にアレンジした楽曲を聴かせている。

アルバムの実質的な1曲目で、本作からの先行シングルでもある”Cure”は、ゆったりとした雰囲気の印象的なスロー・ナンバー。甘いギターの音色と、柔らかいキーボードの伴奏が心地よい。曲調は違うが、エリカ・バドゥの”Certainly”を思い起こさせる、透き通った歌声も魅力的。大規模なロック・フェスよりも、小規模な音楽ホールが似合いそうだ。

これに対し、4曲目に収められている”Every Part (for Linda)”は、色々な音色のシンセサイザーを使た伴奏と、、パーカッションを効果的に使ったヒップホップっぽいビートが格好良いミディアム。本作の収録曲では、最もディアンジェロやエリカ・バドゥの作風に近いものだが、彼らに比べると、シンプルで洗練されているように思う。演奏と比べて、一歩引いたところから丁寧に歌うヴォーカルが、電子音を多用した楽曲の不思議な雰囲気を強調している。

また、個人的には最も面白かった曲が”Run Away”だ。サーラ・クリエイティブ・パートナーズやプラチナム・パイド・パイパーズを連想させる、各音を微妙にずらした、癖のあるビートと、シンセサイザーを多用した幻想的な雰囲気の伴奏が光るミディアム・ナンバー。このようなビートはジョージ・アン・マルドロウの作品に時々登場するが、彼らの曲はヴォーカルの声域をフルに使った、メリハリのあるメロディで、ヒップホップ色を薄めているのが特徴的だ。

そして、本作のハイライトと呼んでも過言ではないのが”Show The Way”だ。温かい音色のキーボードや、パーカッションを効果的に使った軽妙なトラックと、アンバーの爽やかな歌声が魅力的な曲は、どことなくアメール・ラリューを思い起こさせる、優雅で神秘的なミディアム・ナンバー。従来の作風を残しつつ、ヒップホップの要素を盛り込んでいる。

彼らの音楽の面白いところは、インディア・アリーやマックスウェルのように、スタイリッシュで洗練された音色を使いながら、エリカ・バドゥやディアンジェロのように、奇抜なアレンジやフレーズを随所に盛り込むセンスだろう。あくまでも優雅に、流麗な音を響かせる楽器が、随所で抽象的なフレーズや、奇想天外なメロディを鳴らすあたりは、なかなか面白い。また、アンバーの繊細な歌声が、様々なギミックが盛り込まれた楽曲を、優雅な流麗なソウル・ミュージックに纏め上げている点も大きいと思う。

ヒップホップやソウル・ミュージック、ジャズなどのエッセンスを取り入れながら、どのジャンルにも分類できない、独創的な音楽に仕立て上げている彼ら。これらの曲をライブではどのように演奏するのか、演奏風景を想像するのも楽しい。バンドによる録音の新しい可能性を感じさせる作品だ。

Producer
Moonchild, Andris Mattson, Max Bryk

Track List
1. Voyager (intro)
2. Cure
3. 6am
4. Every Part (for Linda)
5. Hideaway
6. The List
7. Doors Closing
8. Run Away
9. Think Back
10. Now And Then
11. Change Your Mind
12. Show The Way
13. Let You Go





Voyager
Moonchild
Tru Thoughts
2017-05-26

New Street Adventure - Stubborn Sons [2017 Acid Jazz]

2007年に、当時バーミンガム大学の学生だったニック・コルビンが中心となって結成した、3人組(現在は5人組)のロック・バンド、ニュー・ストリート・アドベンチャー。同年には、ドラムを加えた4人体制で、初の録音作品となるEP『 An Excuse to Talk』を発表。その後は、大小様々なステージを経験しながら、複数の作品をリリース。バーミンガムに拠点を置く実力派バンドとして、学生を中心に幅広い世代の人々の支持を集めた。

そして、2010年には活動拠点をロンドンに移し、メジャー・デビューを目指して活動を本格化する。まず、2011年には、サウス・ロンドン出身のソウル・シンガー、ノエル・マッコイをプロデューサーに招き、ホーンセクションを大胆に取り入れたソウル・ミュージック色の強いEP『Just the Kind of People』をリリース。60年代の黒人音楽を現代のロックと融合した個性的なサウンドで、新しい音楽に敏感な人々の間で話題となった。だが、この時期を境に、メンバーが頻繁に入れ替わるなど、平坦とは言えない道を歩み始める。

しかし、2012年に自主制作のEP『Say It Like You Mean It was』を発売すると状況は一転、同作からのシングル・カットされた”Hangin' on / hangin' up”がBBCのプレイリスト入り、彼らの知名度は急上昇。2014年にはブラン・ニュー・ヘビーズなど、多くの有名ミュージシャンを輩出してきた、ロンドンに拠点を置くアシッド・ジャズ・レコードと契約を結ぶ。そして、同年には初のフル・アルバム『No Hard Feelings 』を発表。世界各地の熱心なロック・ファン、ソウル・ファンを魅了した彼らは、この作品を切っ掛けに、日本を含む世界各地のロック・フェスなどに招待されるようになった。

本作は、彼らにとって2枚目のフル・アルバム。1作目を手掛けているザ・ミルクのミッチー・アイリングをプロデューサーに迎え、前作同様、ソウル・ミュージックのエッセンスをふんだんに盛り込んだ、ポップだけど味わい深いロックを聴かせている。

アルバムの1曲目を飾る”(What's So Good About) Happiness”は、本作に先駆けて2016年に7インチがリリースされたシングル曲。重いドラムと図太い音のベースが生み出すダイナミックなグルーヴの上で、乾いた音色のギターと、温かい音色のキーボードが鳴り響く、懐かしい雰囲気のアップ・ナンバー。硬い声質を活かした、グラマラスだけど、どこか逞しいニックのヴォーカルは、エルビス・コステロにちょっと似ている。

これに対し、ミディアム・テンポのバラードの”Why Should We Do Anything”は、小刻みに演奏されるベースや、キーボードを使ったメロウなフレーズが、70年代、80年代にアイズレー・ブラザーズが世に送り出した名曲”Footsteps in the Dark”や”Between The Sheets”を思い起こさせる作品。流麗なメロディを、あえて肩の力を入れて荒っぽく歌うことで、パワフルなロック・バラードのように聴かせている点が面白い。

一方、ソウル・ミュージックの要素を強く押し出したのは”Hard Living (No Easy Way Out)”だ。ピアノやドラムがリズミカルに音を刻む演奏をバックに、ニックがグラマラスな歌声で伸び伸びと歌ったアップ・ナンバー。モータウンのミュージシャン達やカーティス・メイフィールドといった、アメリカ北部のソウル・シンガー達から影響を受けた楽曲だが、太く温かい音色の伴奏とポップなメロディ、甘くふくよかな歌声を使った軽妙なメロディは、メイヤー・ホーソンにもちょっと似ている。

そして、本作の収録曲の中でも屈指のクオリティと言っても過言ではないのが、ミディアム・バラードの” If That's All You Got”だ。小刻みに演奏されるベース・ラインや、ロマンティックなキーボードのフレーズは”Why Should We Do Anything”と似ているが、ロマンティックなメロディを丁寧に歌うニックや、随所で曲を盛り上げる緻密なコーラスなど、ヴォーカル・パートがよりソウル・ミュージックっぽくなっている。

彼らの音楽は、ソウル・ミュージックへの造詣の深さと愛情を示しながら、現代の機材や流行を意識した、懐かしさと新鮮さが同居したものになっている。イギリスには、古くはビートルズやローリング・ストーンズ、近年ではエイミー・ワインハウスやアデルなど、ブラック・ミュージックの要素を取り入れた作風で成功を収めたミュージシャンが沢山いるが、彼らはその流れを汲みつつ、自分達の声質や楽器の響きを活かしたワイルドでポップな作品に仕上げることで、独自性を打ち出しているのだと思う。

精密だけど荒々しい、ダイナミックだけど繊細なパフォーマンスが魅力的な、ブルー・アイド・ソウルの佳作。メイヤー・ホーソンやイーライ・ペイパーボーイ・リードなどの、ソウル・ミュージックから影響を受けたミュージシャン達の音楽が好きな人にお勧めだ。

Producer
Mitch Ayling

Track List
1. (What's So Good About) Happiness
2. Smooth Talker
3. Rascal
4. One and the Same
5. Why Should We Do Anything
6. Hard Living (No Easy Way Out)
7. Something More Than This
8. If I Had You Back In My Life
9. If That's All You Got
10. Can't We Just Be Friends





Stubborn Sons
New Street Adventure
Pias America
2017-03-24

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ