ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

バンド

New Street Adventure - Stubborn Sons [2017 Acid Jazz]

2007年に、当時バーミンガム大学の学生だったニック・コルビンが中心となって結成した、3人組(現在は5人組)のロック・バンド、ニュー・ストリート・アドベンチャー。同年には、ドラムを加えた4人体制で、初の録音作品となるEP『 An Excuse to Talk』を発表。その後は、大小様々なステージを経験しながら、複数の作品をリリース。バーミンガムに拠点を置く実力派バンドとして、学生を中心に幅広い世代の人々の支持を集めた。

そして、2010年には活動拠点をロンドンに移し、メジャー・デビューを目指して活動を本格化する。まず、2011年には、サウス・ロンドン出身のソウル・シンガー、ノエル・マッコイをプロデューサーに招き、ホーンセクションを大胆に取り入れたソウル・ミュージック色の強いEP『Just the Kind of People』をリリース。60年代の黒人音楽を現代のロックと融合した個性的なサウンドで、新しい音楽に敏感な人々の間で話題となった。だが、この時期を境に、メンバーが頻繁に入れ替わるなど、平坦とは言えない道を歩み始める。

しかし、2012年に自主制作のEP『Say It Like You Mean It was』を発売すると状況は一転、同作からのシングル・カットされた”Hangin' on / hangin' up”がBBCのプレイリスト入り、彼らの知名度は急上昇。2014年にはブラン・ニュー・ヘビーズなど、多くの有名ミュージシャンを輩出してきた、ロンドンに拠点を置くアシッド・ジャズ・レコードと契約を結ぶ。そして、同年には初のフル・アルバム『No Hard Feelings 』を発表。世界各地の熱心なロック・ファン、ソウル・ファンを魅了した彼らは、この作品を切っ掛けに、日本を含む世界各地のロック・フェスなどに招待されるようになった。

本作は、彼らにとって2枚目のフル・アルバム。1作目を手掛けているザ・ミルクのミッチー・アイリングをプロデューサーに迎え、前作同様、ソウル・ミュージックのエッセンスをふんだんに盛り込んだ、ポップだけど味わい深いロックを聴かせている。

アルバムの1曲目を飾る”(What's So Good About) Happiness”は、本作に先駆けて2016年に7インチがリリースされたシングル曲。重いドラムと図太い音のベースが生み出すダイナミックなグルーヴの上で、乾いた音色のギターと、温かい音色のキーボードが鳴り響く、懐かしい雰囲気のアップ・ナンバー。硬い声質を活かした、グラマラスだけど、どこか逞しいニックのヴォーカルは、エルビス・コステロにちょっと似ている。

これに対し、ミディアム・テンポのバラードの”Why Should We Do Anything”は、小刻みに演奏されるベースや、キーボードを使ったメロウなフレーズが、70年代、80年代にアイズレー・ブラザーズが世に送り出した名曲”Footsteps in the Dark”や”Between The Sheets”を思い起こさせる作品。流麗なメロディを、あえて肩の力を入れて荒っぽく歌うことで、パワフルなロック・バラードのように聴かせている点が面白い。

一方、ソウル・ミュージックの要素を強く押し出したのは”Hard Living (No Easy Way Out)”だ。ピアノやドラムがリズミカルに音を刻む演奏をバックに、ニックがグラマラスな歌声で伸び伸びと歌ったアップ・ナンバー。モータウンのミュージシャン達やカーティス・メイフィールドといった、アメリカ北部のソウル・シンガー達から影響を受けた楽曲だが、太く温かい音色の伴奏とポップなメロディ、甘くふくよかな歌声を使った軽妙なメロディは、メイヤー・ホーソンにもちょっと似ている。

そして、本作の収録曲の中でも屈指のクオリティと言っても過言ではないのが、ミディアム・バラードの” If That's All You Got”だ。小刻みに演奏されるベース・ラインや、ロマンティックなキーボードのフレーズは”Why Should We Do Anything”と似ているが、ロマンティックなメロディを丁寧に歌うニックや、随所で曲を盛り上げる緻密なコーラスなど、ヴォーカル・パートがよりソウル・ミュージックっぽくなっている。

彼らの音楽は、ソウル・ミュージックへの造詣の深さと愛情を示しながら、現代の機材や流行を意識した、懐かしさと新鮮さが同居したものになっている。イギリスには、古くはビートルズやローリング・ストーンズ、近年ではエイミー・ワインハウスやアデルなど、ブラック・ミュージックの要素を取り入れた作風で成功を収めたミュージシャンが沢山いるが、彼らはその流れを汲みつつ、自分達の声質や楽器の響きを活かしたワイルドでポップな作品に仕上げることで、独自性を打ち出しているのだと思う。

精密だけど荒々しい、ダイナミックだけど繊細なパフォーマンスが魅力的な、ブルー・アイド・ソウルの佳作。メイヤー・ホーソンやイーライ・ペイパーボーイ・リードなどの、ソウル・ミュージックから影響を受けたミュージシャン達の音楽が好きな人にお勧めだ。

Producer
Mitch Ayling

Track List
1. (What's So Good About) Happiness
2. Smooth Talker
3. Rascal
4. One and the Same
5. Why Should We Do Anything
6. Hard Living (No Easy Way Out)
7. Something More Than This
8. If I Had You Back In My Life
9. If That's All You Got
10. Can't We Just Be Friends





Stubborn Sons
New Street Adventure
Pias America
2017-03-24

Gorillaz - Humanz [2017 Parlophone, Warner Music]

1998年にイギリスのロック・バンド、ブラーの中心人物であるデーモン・アルバーンと、「タンク・ランド」シリーズなどで知られる同国出身の漫画家、ジェイミー・ヒューイットによって「創造」(あくまでも彼らはクリエイターであって、メンバーではない)された、多国籍のメンバーによる『架空の』バンド、ゴリラズ。2000年にEP『Tomorrow Comes Today』でレコード・デビュー。翌年には”Clint Eastwood”や”19-2000”などのヒット曲を輩出した初のフル・アルバム『Gorillaz』を発表。各国でプラチナ・ディスクを獲得する人気グループとなった。

その後も、2010年までに3枚のアルバムと複数の企画盤を発表。それと並行してライブ・ツアーやロック・フェスへも精力的に参加。”Feel Good Inc.”がグラミー賞を獲得した年のステージでは、マドンナとのコラボレーションも披露するなど、常に斬新な仕掛けを見せ続け、「最も成功したヴァーチャル・バンド」としてギネス・ブックにも掲載された。本作は、そんな彼らにとって、7年ぶり通算5枚目となるオリジナル・アルバム。

前作『The Fall』は、楽曲の大半をツアー先のホテルでiPadを使って制作したという、企画盤に近い作品だったが、本作は再びスタジオ録音中心に戻っている。しかし、楽曲の骨格を作る際には、iPad用のガレージ・バンドを用いるなど、色々なツールを目的に応じて使い分けているようだ。

だが、久しぶりの新作を手に取って、びっくりしたのは豪華なゲスト・ミュージシャンだ。デ・ラ・ソウルのように過去の作品に参加しているミュージシャンの他、ヴィンス・ステイプルズやドラマのような気鋭のアーティスト、メイヴィス・ステイプルズやグレイス・ジョーンズのような大ベテランまで、色々なスタイルの人気ミュージシャンが、彼らのために集結している。

本作からの先行シングルは6曲あるが、その中で一番最初に発表されたのは、ジャマイカ出身のレゲエDJ(ヒップホップでいうラッパー)、ポップコーンをフィーチャーした”Saturnz Barz”だ 。地鳴りのような低音が鳴り響く地味なトラックの上で、リズミカルに言葉を繋ぐスタイルが、ゴリラズのポップな世界観とマッチしているミディアム・ナンバーだ。

これに対し、ロングビーチ出身のラッパー、ヴィンス・ステイプルズが参加した”Ascension”は、エレクトロ・ミュージック寄りの華やかな楽曲。聴衆を煽るような勢いのあるパフォーマンスは、軽やかに言葉を紡ぐポップコーンとは対極的なもので非常に面白い、音色を絞りつつ、バンドマン出身らしい感性で高揚感のある電子音を使いながら、バンドっぽい演奏に落とし込んだ佳曲だ。

一方、シングル化されなかった曲に目を向けると、デ・ラ・ソウルを招いた”Moments”と、 アンソニー・ハミルトンが参加した”Carnival”が気になるところだ。

前者は四つ打ちを中心に、色々なタイプのビートを次々と繰り出してくるトラックと、変則的なビートを上手に乗りこなし、アドリブまで見せる巧みなラップが素敵なミディアム・チューン。色々なビートを組み合わせるという発想も面白いが、ビート毎にフロウを変える3人のテクニックも凄まじい。ロックを中心に色々な音楽に取り組んできたデーモンらしい柔軟な曲作りと、あらゆるビートを自分達の色に染めてきたデ・ラ・ソウルの持ち味が発揮された佳曲だ。シンセサイザーを担当しているのがフランスの有名なシンセサイザー奏者、ジャン・ミッシェル・ジャール(日本では小室哲哉とのコラボレーション曲”Together Now”がワールド・カップのオフィシャル・ソングに採用されたことでも話題になった)というのも見逃せない。

そして、アンソニー・ハミルトンを起用した”Carnival”は、彼のヴォーカルを前面に押し出したミディアム・テンポのソウル・ナンバー。電子音を多用した先鋭的なトラックの上で、自身の作品と同じように、武骨だけど温かい、ふくよかな歌声を響かせている。過去の作品でもボビー・ウーマックが客演するなど、ソウル・ミュージックとの親和性の強さを見せてくれたゴリラズだが、本作でもその路線をしっかりと継続している。

だが、本作の目玉は、なんといっても”Let Me Out”だろう。ラップ・グループ、クリスプのメンバーで、カニエ・ウエストのレーベルからデビューしたヴァージニア出身のラッパー、プシャTと、2016年の『Livin' On A High Note』では、年を重ねても進化を続ける姿を見せてくれたシカゴ出身のシンガー、メイヴィス・ステイプルズの二人を起用した力作。プシャTの作風に近いシンセサイザーを多用したトラックに乗せて、ワイルドなラップを披露するプシャと、貫禄溢れる歌声を聴かせるメイヴィス、いつもどおり気そうに歌う2Dが絡み合うミディアム・ナンバー。過去の作品ではボビー・ウーマックが担当していた「本格派ソウル・シンガー」のポジションをしっかりと引継ぎ、威圧的にも聴こえるくらい荘厳な歌声を披露するメイヴィスの姿が印象的だ。

今回のアルバムも、過去の作品同様、個性豊かなゲストを招きつつ、キャラクターの世界観とゲストのスタイルを上手く一体化した、独創的な作品に仕上げている。あえて変化に触れるとすれば、過去の作品に比べてゲストに占めるラッパーの割合が増え、ヒップホップ色が強くなっている点だ。それも、彼らの録音ではあまり耳にしないタイプのトラックと組み合わせることで、ゲスト名義での作品とは一線を画した、ゴリラズ色の強いものに落とし込んでいると思う。

デーモンの柔軟な創造力と、実力に定評のあるゲスト達の意表を突いたパフォーマンスが生み出した、唯一無二の個性的なポップ・アルバム。1+1は2にも3にもなれることを証明した、コラボレーションの手本のような作品だ。個人的には、この面々でツアーを行ってほしいけど、それは難しいんだろうな・・・。

Producer
Gorillaz, Remi Kabaka, The Twilite Tone

Track List
1. Intro: I Switched My Robot Off
2. Ascension feat. Vince Staples
3. Strobelite feat. Peven Everett
4. Saturnz Barz feat. Popcaan
5. Momentz feat. De La Soul
6. Interlude: The Non-conformist Oath
7. Submission feat. Danny Brown & Kelela
8. Charger feat. Grace Jones
9. Interlude: Elevator Going Up
10. Andromeda feat. D.R.A.M.
11. Busted and Blue
12. Interlude: Talk Radio
13. Carnival feat. Anthony Hamilton
14. Let Me Out feat. Mavis Staples & Pusha T
15. Interlude: Penthouse
16. Sex Murder Party feat. Jamie Principle & Zebra Katz
17. She's My Collar feat. Kali Uchis
18. Interlude: The Elephant
19. Halleujah Money feat. Benjamin Clementine
20. We Got The Power feat. Jehnny Beth





ヒューマンズ
GORILLAZ
ワーナーミュージック・ジャパン
2017-05-24

WILL SESSIONS - DELUXE [2017 Sessions Sounds]

2008年にアルバム『Many Faces』でレコード・デビュー。ジェイムズ・ブラウンやファンカデリックなど、多くの先人のスタイルを吸収、混ぜ合わせた音楽性と、それを具体的な作品に落とし込む高い演奏技術で、熱心な音楽ファンを惹きつけたデトロイト発のファンク・バンド、ウィル・セッションズ。

2011年には、元スラム・ヴィレッジのエルザイが、ナズの代表作『Illmatic』をカヴァーしたアルバム『Elmatic』で、バック・トラックを担当。昔のレコードをサンプリングして作られたビートを、生演奏で忠実に再現したことで、一気に名を上げた。その後も、ヒップホップの有名曲のトラックをバンド演奏で再現した『Mix Takes』シリーズなど、複数の録音作品を発表。リリースの度に、その評価を高めていった。

この作品は、彼らにとって初のオリジナル曲によるアルバム。過去に7インチ・レコードで発売された曲の長尺版を含むもので、プリンスやジョージ・クリントンなど、多くのミュージシャンと仕事をしてきたデトロイト出身のキーボーディスト、アンプ・フィドラーや、ジェイムズ・ブラウンにそっくりな歌唱が注目を集め、ダップトーンズとのコラボレーション曲も残している、マイアミ出身のベテラン・シンガー、リッキーキャロウェイのほか、元ブラックバーズのフルート奏者アラン・バーンズや、『Elmatic』でも歌声を披露しているココ・バタフライなど、豪華な面々が終結している。

アルバムの1曲目、アンプ・フィドラーをフィーチャーした”In the Ride”は、ティム・シェラバーガーのブリブリと唸るベースと、ジェイムズ・ブラウンを支えた名手、フェルプス・キャットフィッシュ・コリンズを彷彿させる軽妙でセクシーなライアン・ジンパートのギターが光るアップ・ナンバー。絶妙なタイミングでリスナーを盛り上げるホーン・セクションや、複雑なリズムを最後まで正確にたたき続けるブライアン・アーノルドの存在も見逃せない。

続く ”Shake It Up, Shake It Down”はリッキー・キャロウェイがヴォーカルを担当した楽曲。曲の冒頭で流れる声を聴いた瞬間、ジェイムズ・ブラウンの録音をサンプリングしたのかと勘違いしたが、全てリッキーによるものらしい。奔放なようで計算されつくした歌唱など、ジェイムズ・ブラウンのスタイルにそっくりなリッキーのパフォーマンスも面白いが、ジェイムズの音楽を忠実に再現した精密だが荒々しい演奏も聴きどころ。彼が参加したもう一つの曲”Come On Home”は、ジェイムズの”Hot Pants”を意識したような、軽快なベースの演奏が光るミディアム・ナンバー。どちらの曲も、往年の名手を意識しつつ、彼らの音楽を自分達のセンスと演奏技術で再構築した魅力的な作品だ。

一方、ココ・バタフライを起用した”Run, Don't Walk Away”は、ギターやベースの粘っこい演奏と、マーサ・ハイやマーヴァ・ホイットニーを彷彿させる、グラマラスな歌声と、アグレッシブなパフォーマンスが格好良いミディアム・ナンバー。スロー・テンポでも、安定感抜群の泥臭いグルーヴを聴かせる演奏者にも注目してほしい。

だが、このアルバムの一番の聴きどころは、なんといっても彼らの高い演奏技術だろう。彼らのスキルを堪能できる単独名義の楽曲は”Off the Line”と”The Diesel”の2曲。中でも、2016年にシングル化された”The Diesel”は、『Elmatic』での演奏を思い起こさせる、ジェイムズ・ブラウン一派のスタイルを継承した、複雑だが精密なグルーヴと、リスナーの心を掻き立てる華やかなホーン・セクションが魅力の、インストゥメンタル作品。フルートやオルガンが次々と飛び出し、リスナーを飽きさせない構成も素晴らしい。

このアルバムは、『Elmatic』で彼らのことを知ったリスナーを意識しつつ、ジェイムズ・ブラウンやPファンク一派など、ファンクの歴史を築き上げてきた先達の手法を丁寧に継承した曲作りが目立つ。リッキー・キャロウェイやアンプ・フィドラーを起用したことも、当時の雰囲気を再現するのに一役買っているし、バンドと頻繁にコラボレーションしているココ・バタフライのパワフルなヴォーカルも、往年の女性ファンク・シンガーを彷彿させる。彼らの個性を取り込むことで、自分達の演奏に、往年のファンクの名手のダイナミックで奇抜な作風と、何度聴いても飽きることのない、普遍的な面白さを加えているように見える。

ドラムとベースを軸に組み立てた安定したグルーヴを核に、新旧のブラック・ミュージックのエッセンスを取り込んだバラエティ豊かな楽曲で、懐かしさと新鮮さを両立した魅力的なファンク作品。ヒップホップのサンプリング・ソースを通してファンクに興味を持った人にはぜひ聞いてほしい。ファンク・ミュージックの奥深さと、コンピュータとは一味違う、バンド演奏の面白さを体験できると思う。

Producer
Sam Beaubien

Track List
1. In the Ride feat. Amp Fiddler
2. Shake It Up, Shake It Down feat. Rickey Calloway
3. Run, Don't Walk Away feat. Coko
4. Off the Line
5. Jump Back feat. Rickey Calloway
6. Cherry Juice feat. Allan Barnes
7. Come On Home feat. Rickey Calloway
8. The Diesel






記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ