ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

ヒップホップ

Karriem Riggins - Headnod Suite [2017 Stones Throw]

90年代にコモンやジェイ・ディラといった、多くの人気ヒップホップ・ミュージシャンの作品を手掛けたことで名を上げ、近年はエリカ・バドゥやカニエ・ウエストなどの作品にも起用されている、ミシガン州デトロイト出身のドラマー兼プロデューサー、カリーム・リギンス。

そんな彼は、演奏者としてもオスカー・ピーターソンやダイアナ・クラールの作品に参加するなど、多くの実績を残していることで知られている。2016年には、カナダ出身のクリエイター、ケイトラナダのアルバム『99.9%』に収録されている”Bus Ride”にフィーチャーされたことも記憶に新しい。

本作は、そんな彼にとって、2012年の『Alone Together』以来となる通算2枚目のオリジナル・アルバム。前作同様、ヒップホップの制作手法とドラムの演奏を組み合わせた、彼らしい作品になっている。

アルバムの実質的な1曲目である”Other Side of the Track”は、ジュニー・モリソンの”Spirit”をサンプリングしたミディアム・ナンバー。DJシャドウとカット・ケミストのツアーでプレイされたことも話題になった”A Whole Lot Of Love”(原曲はレッド・ツェッペリン、シャドウ達はデニス・コフィーのカヴァー・ヴァージョンをプレイ)を彷彿させる、荒々しいギターのサウンドが格好良い楽曲。”Spirit”からサンプリングされたキーボードの音色が、刺々しい雰囲気のトラックをマイルドにしている。

これに対し、同じ”Spirit”をサンプリングしながら、”Other Side of the Track”全く違う雰囲気を醸し出しているのが、デトロイト出身の詩人、ジェシカ・ケア・ムーアをフィーチャーした”Suite Poetry”だ。キーボードの音色をサンプリングした前者に対し、こちらはピアノの演奏を中心に引用。ニッキ・ジョヴァンニを連想させる透き通った声と、重厚で存在感のある言葉が印象的。同じレコードを使いながら、対極の作品を生み出せる彼のスキルとセンスが光る曲だ。

また、ロックやソウルをサンプリングした本作では異色の、電子音楽を使った曲が”Pay.gio”だ、ジョエル・ヴァンドローゲンブロエックが81年に発表した”Computer Groove”を引用したこの曲は、80年代の電子音楽で多用されていたアナログ・シンセサイザーの音色を効果的に使った近未来的な雰囲気の曲。電子音楽をジャズやソウルと同じように、ヒップホップの素材として分解、再構築する姿は、彼とも縁の深いジェイ・ディラの作風を思い起こさせる。

だが、本作の目玉はなんといっても”Bahia Dreamin’”だろう。彼がプロデュースしたエルザイの”Two 16's”のトラックを組み替えた曲で、原曲の雰囲気を生かしつつ、打楽器などの音を追加したインストゥメンタル作品になっている。中盤以降にジャズのピアノトリオの演奏を挟み込み、混ぜ合わせるセンスは、ヒップホップのプロデューサーとジャズ・ドラマーという、二つの顔を持っている彼の持ち味が発揮された楽曲だ。

今回のアルバムでも、彼のビート・メイカーとしての高いセンスと、豊富な演奏経験が反映された正確無比、かつ躍動感溢れるグルーヴが堪能できる。これだけ確固たる作風を持ちながら、収録された29曲一つ一つに個性を与えられるのは、ヒップホップやR&B、ジャズの世界で、いろいろなスタイルのアーティストと一緒に作品を生み出してきたからだろう。

長いキャリアを通して、多くの音楽を見聞きし、経験してきた彼にしかつくれない、魅力的なインストゥメンタル作品。歌やラップが入っていない音楽は苦手な人、ヒップホップや電子音楽のようなコンピュータを使った音楽が苦手な人にこそ、ぜひ聞いてほしい。トラックメイカーの奥深い世界の一端を垣間見れると思う。

Producer
Karriem Riggins

Track List
1. Suite Intro
2. Other Side of the Track
3. Yes Yes Y’all
4. Invasion
5. Trombone Love
6. Crystal Stairs
7. Sista Misses
8. Detroit Funk
9. Oddness
10. Tandoor Heat
11. Chop Chop
12. My Reflection
13. Dirty Drum Warm Up
14. Pay.gio
15. Suite Poetry feat. Jessica Care Moore
16. 4Es’J
17. Joy and Peace
18. Cheap Suite 1
19. Cheap Suite 2
20. Cheap Suite 3
21. Cheap Suite 4
22. Never Come Close
23. Re-doze
24. Bahia Dreamin’
25. Cheap Suite 5
26. Cia
27. Keep It On
28. Fluture
29. Suite Outro – Hodge, Poyser, Riggins





Headnod Suite
Karriem Riggins
Stones Throw
2017-02-24

Big Boi ‎– Boomiverse [2017 Epic]

ジョージア州サバンナ生まれのラッパー、ビッグ・ボーイこと、アントワン・アンドレ・パットンは、アトランタのハイスクールに通っていたころ、同じクラスだったアンドレ3000と知り合い、ヒップホップ・デュオを結成。オーガナイズド・ノイズがリミックスを担当したTLCの”What About Your Friends” に客演したことで、一気に名を上げる。その後、彼らは、正式にヒップホップ・グループ、アウトキャストを結成。TLCも所属するラ・フェイスと契約する。

93年にアルバム『Southernplayalisticadillacmuzik』でデビューすると、2006年までに6枚のアルバムと、3曲の全米ナンバー・ワン・ヒット”Ms. Jackson”、”Hey Ya!”、”The Way You Move”を含む多くのシングルを発表。中でも、二人のソロ作品をセットにした2003年の2枚組のアルバム『Speakerboxxx/The Love Below』は、全世界で2000万枚以上売り上げ、ヒップホップのアルバムとしては史上初となる(そして2017年時点では唯一の)グラミー賞の主要4部門を獲得した作品となった。

しかし、2006年の『IdleWild』以降は活動が停滞。二人はソロ活動に軸足を移し始める。

ビッグ・ボーイも、2010年に初のソロ作品『Sir Lucious Left Foot: The Son of Chico Dusty』をデフ・ジャムから発表。アルバム・チャートで3位を獲得する成功を収めると、その後も複数のアルバムやミックステープを発表。その一方で映画にも出演するなど、活躍の場を広げてきた。

このアルバムは、2015年にエレクトロ・ミュージックのユニット、ファントグラムとのコラボレーション・ユニット、ビッグ・グラムス名義で発表した『Big Grams』以来、自身名義としては2012年の『Vicious Lies and Dangerous Rumors』以来となるオリジナル・アルバム。ダンジョン・ファミリーの盟友、オーガナイズド・ノイズを中心に、スコット・ストーチやマニー・フレッシュ、DJダヒなど、新旧の名プロデューサーとコラボレーションしながら、彼の個性を強く反映したポップで斬新なヒップホップを聴かせてくれる。

本作の収録曲で、異彩を放っているのはオーガナイズド・ノイズがプロデュースした”Kill Jill”だろう。日本人プロデューサー、アウラ・クオリックのトランス・ナンバー”DATA 2.0”をサンプリングしたこの曲は、初音ミクのヴォーカルを声ネタに使った異色の楽曲。初音ミクの透き通った歌声と、淡々と歌う姿、精巧な人形のような不気味さを感じさせる。映画「キル・ビル」をもじったタイトルやMVなど、日本を意識した要素の多い作品だが、日本人の目には奇異に映ってしまうのはご愛敬。こんな奇抜な曲でも、いつも通りコミカルなラップを聴かせるビッグ・ボーイの熟練の技にも注目してほしい。

これに対し、マルーン5のアダム・レヴィーンとスリーピー・ブラウンをフィーチャーした”Mic Jack”は、若き日のマーヴィン・ゲイやスティーヴィー・ワンダーが活躍していた、60年代のモータウンのソウル・ミュージックを彷彿させるアップ・ナンバー。軽快なビートをバックに、親しみやすいメロディを軽やかに歌うアダムやブラウンの存在が光っている。アウトキャストの名義で発売した彼のソロ曲”The Way You Move”にも通じる、往年のソウル・ミュージックのポップなサウンドとキャッチーなメロディを、現代風にアレンジした良曲だ。

一方、彼と同じアトランタ出身のラッパー、グッチ・メインが参加し、ピンプCの声を引用した”In The South”では、リル・ウェインやT.I.のように、トラップ・ビートに乗せて、ワイルドなラップを披露している。ロックやソウル・ミュージックのエッセンスを取り入れた奇想天外な曲が目立つビッグ・ボーイだが、この曲のような流行のトラックもきっちりと乗りこなしている。マイアミ生まれ、アトランタ育ちのプロデューサーTM88が作るビートも格好良い。

また、新作『Cannabis』も好調なエリック・ベリンガーを起用した”Overthunk”も見逃せない曲だ。オーガナイズド・ノイズが提供したビートは、ジャーメイン・デュプリが作りそうなバウンズ・ビート。その上で、ゆっくりと粘り強く歌うエリックと、トゥイスタを連想させる早口のラップを披露するビッグ・ボーイの対照的なパフォーマンスが光る佳曲。アウトキャストの作品でも、見せてくれた高速ラップのスキルが健在なことを再確認させてくれる。クリエイターとしての実力だけでなく、ラッパーとしてのスキルの高さもずば抜けている彼ならではの作品だ。

今回のアルバムでも、過去の作品同様、我々の想像の斜め上を行く奇想天外なサウンドと、トラップやバウンズ・ビートといったアメリカ南部出身のラッパーが得意とするスタイルを両立した、バラエティ豊かな楽曲を揃えている。相方のアンドレ3000が、斬新なサウンドで周囲を驚かせていたことを考えると、ビッグ・ボーイの作品は少々保守的にも映るが、流行のビートでさえ斬新な音楽に仕立て上げるられるのが、彼の面白いところだと思う。

40歳を超え、プロとしてのキャリアも24年目を迎えながら、常に進化を続け、ポップスの一ジャンルとして楽しめる、新鮮なヒップホップを聴かせてくれている。ヒップホップやラップに苦手意識を持っている人にこそ聴いてほしい、そんなアルバムだ。

Producer
Big Boi, Organized Noize, Dr. Luke, DJ Dahi, DJ Khalil, Mannie Fresh, Scott Storch etc

Track List
1. Da Next Day
2. Kill Jill feat. Jeezy & Killer Mike
3. Mic Jack feat. Adam Levine
4. In The South feat. Gucci Mane & Pimp C
5. Order Of Operations
6. All Night
7. Get Wit It feat. Snoop Dogg
8. Overthunk
9. Chocolate
10. Made Man feat. Killer Mike & Kurupt
11. Freakanomics feat. Sleepy Brown
12. Follow Deez feat. Curren$y & Killer Mike


a
a

Boomiverse
Big Boi
Epic
2017-06-16

Sir The Baptist - Saint or Sinner [2017 Atlantic]

過去にはサム・クックやカーティス・メイフィールドなどの名シンガーを育て、近年はカニエ・ウエストやチャンス・ザ・ラッパーなどの人気ヒップホップ・アーティストを輩出している、イリノイ州最大の都市シカゴ。同地の出身で気鋭のラッパー兼プロデューサーとして注目を集めているのが、サー・ザ・バプティストこと、ウィリアム・ジェイムス・ストークスだ。

シカゴ近郊のブロンズビルで、バプテスト教会の牧師の父と宣教師の母の間に生まれた彼は、6歳のときにピアノを始め、10歳になるとドラムも叩くようになる。また、父親が運営する教会でゴスペルにも親しむなど、恵まれた環境でその才能を伸ばしてきた。そんな彼は、10代のころから映画やCM用の音楽などを制作するなど、その実力を発揮するようになる。

大学を卒業した後は、広告会社のマーケティング・ディレクターとして、音楽プロデューサーのロドニー・ジャーキンスと一緒にマクドナルドの案件を担当するなど、多くのプロジェクトに関わるようになる。しかし、26歳の時にミュージシャンに転身。2015年にチャーチPplをフィーチャーした自主制作のシングル”Raise Hell”を発表する。R&Bやヒップホップに、ゴスペルや説法の要素を盛り込んだ斬新なスタイルは音楽ファンの度肝の抜き、翌年のベット・アワードで「インパクト・トラック・オブ・ザ・イヤー(最もインパクトのあった曲)」にもノミネートした。

また、2016年には、アルバム未発売の新人ながら、多くの音楽フェスティバルやテレビ番組に出演。そこで知り合ったジェイZから高く評価され、彼が主催する音楽ストリーミングサイト「TIDAL」のイベントや、彼の妻であるビヨンセの公演のオープニング・アクトなどに起用されるなど、多くの人の目に留まる場へも進出するようになった。

本作は、そんな彼にとって初のフル・アルバム。彼の代表曲である”Rise Hell”を再録音したものや、2016年に発表したシングル”What We Got”を収録しているほか、ミシェル・ウィリアムズやキキ・ワイアット、キラー・マイクやレイJといった人気ミュージシャンがゲストに名を連ねる豪華なアルバムになっている。

さて、収録曲の中で一番最初に公開されたのが2曲目に入っている”Raise Hell”だ。アトランタ出身のラッパー、キラー・マイクが参加した新バージョンで、トラックもコーラスなどを追加し音のバランスを変えることで、ビートの躍動感やゴスペルのダイナミックさが強調されている。アウトキャストやオーガナイズド・ノイズの作品を彷彿させる、原曲のローファイなビートとロックの要素を盛り込んだアレンジのおかげで、キラー・マイクのラップが最初から入っていたように聞こえる点も面白い。

一方、カーク・フランクリンやクラーク・シスターズなどのゴスペル作品を手掛け、メアリーJ.ブライジやケリー・プライスなどのR&B作品にも携わってきた、シンガー・ソングライターでプロデューサーのドナルド・ロウレンスとコラボレーションした”Raise Hell”は、ギターの演奏やクワイア、コール・レスポンスなどを取り入れた、ゴスペル色の強い曲。曲の途中でビートを変え、歌とラップを違和感なく繋ぐアレンジ技術が光っている。

また、ミシェル・ウィリアムズをフィーチャーした”Southern Belle”は、ピアノの伴奏と、武骨な歌声が格好良いミディアム・ナンバー。ゆっくりとしたテンポのビートに乗って、ラップと歌をスムーズに繋ぐスタイルは、ドレイクとも少し似ているが、こちらの方がヴォーカルが太く、メロディもダイナミック。絶妙なタイミングで絡むミチェルのヴォーカルや、サビを盛り上げるクワイアも格好良い。歌詞がゴスペルのような内容のゴスペル・ラップという音楽はあるが、ゴスペルとヒップホップのが完全に融合した曲は珍しく、新鮮に聴こえる。

そして、本作では異色の、ディスコ音楽の要素を取り込んだ曲が、レイJトジョーダン・ミッチェルが参加した”Replay”だ。洗練されたビートと滑らかなヴォーカルはタキシードブルーノ・マーズの作品を思い起こさせる。曲の途中でビートを止めたり、ワザと粗っぽい声で歌ったりして、曲にメリハリをつけている点も面白い。ゴスペルの要素もきちんと盛り込みつつ、キャッチーでセクシーなディスコ音楽に纏め上げている。

今回のアルバムは、リル・ヨッティブライソン・ティラーのような、気鋭の若手と比べても見劣りしない斬新なトラックを土台に、ドレイクやパーティネクストドアのように歌とラップの両方を巧みに使い分けつつ、随所にゴスペルや説法の要素を盛り込んだ、クリスチャン・ミュージックが盛んなアメリカでも珍しい作品だ。こんな音楽を作れるのは、彼がマーケティングの仕事を通して、色々な要素を盛り込みつつ、要点を漏れなくリスナーに届ける編集技術を身に着けてきたのが大きいのではないかと思う。

音楽に関する豊富な経験と、ビジネスの場で磨かれた流行を読み解くセンス、両者を組み合わせて一つの作品に落とし込む実務能力の三つが揃ったことで完成した、新しいタイプのヒップホップ作品。カニエ・ウエストやチャンス・ザ・ラッパーのように、音楽界に新しい風を吹き込んでくれそうだ。

Producer
Sir the Baptist, Greg Peterca

Track List
1. Prayers on a Picket Sign
2. Raise Hell feat. Killer Mike & ChurchPpl
3. What We Got feat. Donald Lawrence & Co. and ChurchPpl
4. Southern Belle feat. Michelle Williams
5. Deliver Me feat. Brandy
6. God Is on Her Way
7. Dance With the Devil
8. Saint or Sinner
9. High With God feat. DC Young Fly
10. Marley's Son
11. Good Ole Church Girl feat. The Deacons
12. Replay feat. Ray J & Jordan Mitchell
13. Let It Move Yah
14. Second Line Ball
15. The Wall
16. Heaven feat. Donald Lawrence & Co, Keke Wyatt and ChurchPpl



a

Saint or Sinner [Explicit]
Atlantic/Tympa Chapel Records
2017-05-12

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ