melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

ヒップホップ

Childish Gambino - This Is America [2018 RCA]

2016年に発表したアルバム『Awaken, My Love!』が、アメリカ国内だけで50万枚を売り上げ、グラミー賞の最優秀アルバム部門にノミネートするなど、ミュージシャンとしても大きな成功を収めた、チャイルディッシュ・ガンビーノこと、ドナルド・グローヴァー。

その一方で、俳優としても、コメディ・ドラマ「アトランタ」で高い評価を受け、スター・ウォーズのスピンオフ作品や、実写版「ライオン・キング」に出演するなど、着実に実績を残していった。

この曲は、『Awaken, My Love!』以来となる新作。チャイルディッシュ・ガンビーノとしては最後のアルバムになると発表している、次回作に先駆けて公開された楽曲だが、同じ時期に「同作には収録されない」というコメントが出るなど、様々な情報が錯綜している。

今回のシングルは、これまでも彼の音楽を一緒に作ってきた、ルドヴィグ・ゴランソンとグローヴァーの共同制作、共同プロデュース作品。電子音の冷たく、刺々しい音色を使ったビートは、現在流行しているヒップホップやトラップのものだが、低音を抑え気味にして、パーカッションなどの音を強調することで、フェラ・クティや彼の息子、ショーン・クティが得意とするアフロ・ビートっぽく仕立てている点が面白い。曲の途中で、リズムを細かく変える演出を盛り込むことで、ヒップホップやエレクトロ・ミュージックの象徴である「中毒性のあるループ」と、アフリカ音楽やアメリカのブルースを含む、世界各地の土着の音楽が持つ「変幻自在のアレンジ」を同居させている点も見逃せない。

また、この上に乗るヴォーカルは、ラップやブルース、フォーク・ソングなど、様々な音楽の手法を用いて、「現代のアメリカ」を描写したもの。社会問題に切り込む作品自体は無数にあるが、この曲では、抽象的で比喩的な表現を採り入れることで、政治的な作品に芸術性と娯楽性を付け加えている。

この曲の魅力は、歌、トラック、振付、映像表現など、あらゆる手段を用いて「アメリカ社会」に切り込みつつ、きちんとエンターテイメント作品に落とし込んでいるところだろう。歌やトラック以外に目を向けると、本作のミュージック・ビデオでは、ミンストレル・ショウやアフロ・ビートの表現や、現代舞踏の手法を織り交ぜたパフォーマンスを披露する一方、映像そのものも、カメラワークから小物まで、細部にも気を配った作品になっている。おそらく、コメディから先鋭的な音楽まで、あらゆる表現の世界を経験してきた彼の感性によるものが大きいだろう。

コメディアン、俳優、ミュージシャンと、多彩な顔を持ちながら、全ての分野で高い成果を上げてきたドナルドの豊かな才能が凝縮された珠玉の一品。インターネットによって、映像作品を気軽に楽しめるようになった現代ならではの傑作だ。

Producer
Donald Glover Ludwig Göransson

Track List
1. This Is America



Lee Hi – Lee Hi Japan Debut Album [2018 YGEX]

ハードなラップとビートを武器に、アイドル・グループの新しいロール・モデルを提示した1TYMEや、”江南スタイル”で非英語曲のダウンロード・セールス記録を樹立したPSY、”Fantastic Baby”や”Bang Bang Bang”などのヒット曲を残し、アジアのヴォーカル・グループの存在を世界に知らしめたBIGBANGなど、多くの名アーティストを輩出してきた韓国のYGエンターテイメント。同社では数少ない女性ソロ・シンガーの一人が、ソウル近郊の富川(プチョン)市出身のシンガー・ソングライター、リー・ハイだ。

2012年に韓国のオーディション番組「K-Pop Star」の第1シーズンで優勝した彼女は、同年にYGエンターテイメントと契約。2013年にデビュー作『First Love』を発表すると、その透き通った歌声と繊細な表現が高い評価を受け、ビルボード誌の特集「21Under 21」(これから飛躍が期待される、21人の21歳未満のアーティスト)にジャスティン・ビーバーやアリアナ・グランデと一緒に取り上げられた。また、2016年には2枚目のアルバム『Seoulite』を発表。その一方で、事務所主催のツアーで、日本のステージも経験。BIGBANGや2Ne1、Epik Highといった看板アーティストや、WinnerやiKon(当時はTeam B名義)といった勢いのある若手が活躍するステージで存在感を発揮してきた。

本作は、そんな彼女の日本デビュー作。これまでに発表してきた2枚のアルバムの収録曲に加え、彼女が携わってきたコラボレーション曲や、客演作品、既発曲に日本語詞をつけた新録曲などを収めた2枚組のスタジオ・アルバム。本作の発表時点で21歳という若さながら、多くの録音を残してきた彼女のキャリアを総括したものになっている。

本作の1曲目は『Seoulite』からの先行シングル”Breathe”。2017年12月にこの世を去ったSHINeeのジョンヒョンがペンを執った、切ない雰囲気のスロー・ナンバーだ。低音を抑え、ストリングスを贅沢に使ったアレンジは、フランク・シナトラにも通じるものがある。ジョンヒョンの繊細な感性が生み出すメロディとリリックの魅力をきちんと引き出す、リーの丁寧な歌唱が光る佳曲だ。原曲の良さを残しつつ、日本語のポップスに生まれ変わらせた日本語版も必聴。個人的には、ジョンヒョンが歌ったオリジナル版が残っているのか、気になるところだ。

また、Winnerのミノを招いた”World Tour”は、メアリーJ.ブライジの90年代の作品を連想させるアップ・テンポのヒップホップ・ソウル。サンプリング時にレコードの回転数を速くして、音に癖をつける手法はカニエ・ウエストなどの作品でよく知られているものだ。可愛らしい歌声で力強いパフォーマンスを披露するリー・ハイと、芯の強く、太い声で、パンチの効いたラップを繰り出すミノのラップも格好良い。スター性と実力を兼ね備えた二人だから歌える、本格的なヒップホップ・ソウルだ。

それ以外の曲では、レーベルの企画シングルとしてリリースされた、楽童ミュージシャンのイ・スン・ヒュンとのコラボレーション曲”I'm Different”も見逃せない曲だ。図太いシンセサイザーの音色を使うことで、ジャズのビッグ・バンドのような華やかでグラマラスな伴奏と、リズム&ブルースの要素を取り込んだ軽快なビートは、アウトキャストのようなアメリカ南部出身のヒップホップ・ミュージシャンを思い起こさせる。攻撃的で切れ味鋭いラップを得意とするiKonのボビーが、この曲ではネリーを彷彿させる軽妙なラップを披露している点も面白い。R&B以外の音楽にも造詣が深い二人の持ち味を活かした個性的な作品だ。

そして、彼女が携わった曲の中では、Epik Highが2013年に発表したシングル”Happy Ending”の日本語版が飛びぬけている。オリジナル版では韓国のロック・バンド、ローラーコースターのチョ・ウン・スンが担当していたサビのパートを、この曲ではリー・ハイが担当。破滅的な別れを迎える男性の気持ちを描いたラップ・パートに対し、二人の関係が終わったことを暗示するように淡々と歌うサビの組み合わせが面白い。不慣れな日本語の歌唱をそのまま使うことで、壊れゆく二人の関係を表現した演出が新鮮だ。

彼女の魅力は、ヒップホップの影響が乏しいヴォーカル・スタイルでありながら、本格的なR&B作品に聴こえるところだ。透き通った歌声で淡々と歌うスタイルは、力強い歌声でトラックを飲み込むビヨンセやリアーナの表現技法とは対極のものだ。にもかかわらず、聴き手にはR&Bとして受け取れるのは、ポップスの世界で受け入れられるヒップホップ、R&Bを手掛けてきたEpik Highの面々やディーンといったクリエイターの存在が大きいだろう。

新しいサウンドを取り入れながら、各国のポピュラー音楽を取り入れて進化し続けるR&Bがアジアに根差したことを感じさせる良盤。歌謡曲のエッセンスを適度に取り入れたヴォーカルや作風は、肩の力を抜いてゆっくりと楽しむのに最適だ。


Producer
Teddy Park, Tablo, DJ Tukutz, Lee Hi, Kang Euk Jin, RE:ONE, Deanfluenza etc

Track List
Disc 1
1. Breathe
2. Fool For Love
3. Up All Night feat. Tablo (from Epik High)
4. Special feat. Jennie (from BlackPink)
5. Video feat. Bobby (from iKon)
6. Rose
7. Missing U
8. Fxxk Wit Us feat. Dok2
9. Hold My Hand
10. My Star
11. It’s Over
12. Official feat. Incredivle
13. World Tour feat. Mino (from Winner)
14. Turn It Up
15. I'm Different feat. Bobby (from iKon) , Hi Suhyun
16. 1,2,3,4
17. Breathe -Japanese Version-
Disc 2
1. Rose -Japanese Version-
2. Scarecrow
3. One-Sided Love
4. Dream
5. Because
6. Am I Strange
7. Blues
8. Passing By
9. It's Cold feat. Lee Hi / Epik High
10. Happen Ending feat. Lee Hi -Japanese Version- / Epik Highhappen Ending feat. Lee Hi -Japanese Version- / Epik High
11. Here Come The Regrets feat. Lee Hi / Epik High





Cardi B - Invasion Of Privacy [2018 Atlantic]

2017年のデビュー・シングル”Bodak Yellow”が、ローリン・ヒルの”Doo Wop (That Thing)”以来、実に20年ぶりとなる女性ラッパーの単独名義の楽曲による1位を獲得したことで、一躍時の人となった、カルディBことベルカリス・アルマンザー。

ニューヨーク市ブロンクスで、ドミニカ系の父とトリニダード系の母の間に生まれた彼女は、家庭内暴力から逃れるために10代後半の頃には家を出て、ストリップ・クラブで働いていたという。

そんな彼女はSNSに投稿した写真で注目を集め、2015年には 初の自作曲となるシャギーの”Boom Boom”のリメイク作品を発表。その後も継続的に作品をリリースする一方で、リアリティ番組の「Love & Hip Hop: New York」にレギュラー出演するなど、個性的なキャラクターで注目を集めてきた。また、2018年初頭には、ブルーノ・マーズの"Finesse"のリミックス版に客演し、全米R&Bシングル・チャートを制覇したことも話題になった。

本作は、彼女にとって初のスタジオ・アルバム。プロデュースはDJマスタードやフランク・デュークスといったヒット・メイカー担当し、チャンス・ザ・ラッパーやミーゴスといった人気ミュージシャンがゲストとして集結するなど、華々しいデビューを飾った彼女に相応しいものになっている。

アルバムの収録曲で、真っ先に目を惹いたのはミーゴスを招いた”Drip”だ。ミーゴスやグッチ・メインにビートを提供しているアトランタ出身のプロデューサー、カシアス・ジェイがトラックを担当した作品だ。ミーゴスにも多くのビートを提供してきた彼が用意したのは、彼らのアルバムを連想させる。電子音を多用したトラップ。この上で各人が個性的なラップを繰り広げる光景は、単なるフィーチャリング作品というより、対等な関係でコラボレーションした楽曲に近い。キャリアの浅い新人にもかかわらず、ゲストの得意なスタイルに取り組みつつ、自分の個性を打ち出している点が印象的だ。

これに対し、彼女のデビュー曲である”Bodak Yellow”はジェイムス・ホワイトがビートを手掛けた作品。”Drip”に比べると、耳に刺さるような高音を効果的に使った、軽やかなサウンドが印象的な作品。クリス・ブラウンからYGまで、多くのミュージシャンが取り入れているトラップだが、この曲では高い音を適度に強調することで、ポップな印象を与えているのが面白い。

また、ボイ・ワン・ダにフランク・デュークスという、カナダ出身のクリエイター2名を起用した”Be Careful”は、”Boom Boom”を彷彿させるソフトな音色のシンセサイザーを使ったトラックが印象的なミディアム・ナンバー。柔らかい音を取り入れたトラックに乗せて、歌とラップを混ぜ合わせたヴォーカルを披露する姿は、レゲエがベースになっているものの、どこかドレイクパーティーネクストドアを彷彿させる。彼女の多芸っぷりが遺憾なく発揮された良曲だ。

そして、本作の隠れた目玉といっても過言ではないのが、Jバルビンとバッド・バニーをフィーチャーした”I Like It”だ。この曲で採用されたのは、個性豊かなトラックが並ぶアメリカのヒップホップ界でも、滅多に使われることのないサルサのリズム。アメリカ国内ではアフリカ系よりも多いといわれている、中南米をルーツに持つ人々の間では人気のダンス・ミュージックを取り込んだビートは、シンセサイザーを多用したこともあり、個性的でありながら、他のジャンルの音楽と一緒に聴いても違和感がない。自身も中南米をルーツに持つカルディと、プエルトリコ出身のバッド、コロンビア出身のバルビンの3人が、英語とスペイン語を織り交ぜながら、激しさと色っぽさを兼ね備えたパフォーマンスを披露する姿が心に残る名演だ。

このアルバムの面白いところは、様々な音楽が楽しまれる現在のアメリカを反映した、個性豊かなビートと、それを自在に乗りこなすカルディのラップ技術だろう。アメリカ南部のトラップをそのまま踏襲したものから、それらを咀嚼してポップス作品に落とし込んだもの、レゲエを組み入れたものや、ラテン音楽を取り入れたものなど、本作に収められている楽曲のトラックは、色々なスタイルが流行するアメリカ音楽シーンを象徴するような、非常にバラエティ豊かなものだ。しかも、彼女はこれらのビートの上で、トラックごとに柔軟にスタイルを変えつつ、きちんと自分の作品だとわかるラップを繰り出している。このトレンドを貪欲に取り入れる姿勢と、様々なサウンドを自分の音楽に昇華する技術が、彼女の音楽の魅力だろう。

女性や人種というアイデンティティを活かしつつ、それに囚われない普遍性を兼ね備えた面白いアーティスト。様々な出自のアーティストが色々な音楽に取り組み、多くの人を魅了する2018年を象徴する佳作だ。

Producer
DJ Mustard, Andrew Watt, Frank Dukes, Murda Beatz, Vinylz etc

Track List
1. Get Up 10
2. Drip feat. Migos
3. Bickenhead
4. Bodak Yellow
5. Be Careful
6. Best Life feat. Chance the Rapper
7. I Like It feat. Bad Bunny & J. Balvin
8. Ring feat. Kehlani
9. Money Bag
10. Bartier Cardi
11. She Bad feat. YG
12. Thru Your Phone
13. I Do feat. SZA






記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ