ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

ファンク

Martha High - Tribute To My Soul Sisters [2017 Record Kicks]

ブーツィー・コリンズやメイシオ・パーカーなどの名手を輩出する一方、リン・コリンズやマーヴァ・ホイットニー、タミー・テレル(当時はタミー・モンゴメリー名義で在籍)など、多くの女性シンガーが所属していたジェイムズ・ブラウンのバンド。彼のバンドから巣立ち、今も一線で活躍している女性シンガーが、ワシントンDC出身のマーサ・ハイだ。

同じハイスクールに通う友人と結成したガールズ・グループ、フォー・ジュエルズがジェイムズ・ブラウンに認められ、バック・コーラスとして加入した彼女は、65年から2000年まで、実に35年もの間、彼のツアーに帯同。その一方で、72年には初の自身名義のシングル”Georgy Girl”をリリース、79年には初のソロ・アルバム『Martha High』を発売するなど、バンド活動と並行しながら着実に実績を積み上げてきた。

2000年以降は、主にソロとして活動。ヨーロッパのレーベルから作品を発表しつつ、日本を含む世界各国でライブを行ってきた。

本作は、2016年の『Singing For The Good Times』以来、約1年ぶりとなる新作。これまでにもイギリスのスピードメーターやフランスのシャオリン・テンプル・ディフェンダー、イタリア人プロデューサーのルーカ・サピオなど、ジェイムズ・ブラウンの音楽から多くの影響を受けてきたミュージシャンと組んできた彼女だが、今回のパートナーに選んだのは、日本のオーサカ=モノレール。近年はヨーロッパを含む海外でのライブも経験するなど、日本を代表するファンク・バンドとして知られている彼らと録音した本作は、ジェイムズのバンドから世に出た女性シンガー達の楽曲を取り上げた、トリビュート・アルバムになっている。

アルバムのオープニングを飾るのは、リン・コリンズが1972年に発表した”Think (about it)”のカヴァー。溌剌とした歌声が魅力のリンのヴォーカルを御年68歳(執筆時点)のマーヴァが忠実に再現している点が面白い。オーサカ・モノレールが生み出すグルーヴが、オリジナル以上にダイナミックな点も見逃せない。原曲を忠実に再現しつつ、その持ち味をオリジナル以上に強調したアレンジが魅力の佳曲だ。

これに対し、リズム&ブルース作品の”A little taste of soul”は、後にチェスからもレコードをリリースしているシュガー・パイ・デサンドが、1962年に発売したダンス・ナンバー。激しく歌う姿が印象的な原曲に比べると、グラマラスで貫禄溢れる歌唱が印象的な曲だ。唸るようなベースと軽妙なリズムも格好良い。ジェイムス・ブラウンといえば”Sex Machine”のようなファンク・ミュージックのイメージが強いが、この曲のような50年代、60年代に制作していたリズム&ブルース・ナンバーにも良曲が多い。エイミー・ワインハウスの登場以降、ヴィンテージ・ミュージックが見直されている今だからこそ聴きたい作品だ。

また、同じリズム&ブルースの作品では、ジェイムズ・ブラウンが63年に発表し、同じ年にタミー・テレル(当時はタミー・モンゴメリー名義)がカヴァーした”I cried”も見逃せない。泣き崩れるように歌うジェイムズのヒット曲を、タミーは可愛らしい声を活かした甘酸っぱい歌唱で歌いなおしたことでも有名な本作。マーサはふくよかな歌声と老練な歌唱で、両者の演奏とは一味違う、本格的なソウル・バラードに改変している。彼女の高度な表現力と、様々なアレンジに耐えうるジェイムズの作品の奥深さを感じさせる良曲だ。

そして、本作に”Sex Machine”のようなファンク作品を期待する人にお勧めしたいのが、リン・コリンズが1973年に録音した”Mama feel good”だ。ジェイムズ・ブラウンがサウンドトラックを担当した同年の映画「Black Caesar」で使われたこの曲は、乾いた音色のギターのカッティングと、重厚なドラムとベースが生み出すグルーヴが魅力のミディアム・ナンバーだ。ジェイムズ関連のファンク・ナンバーではしばし見られる、少し肩の力を抜いた演奏をじっくりと聴かせる作品だが、彼女は絶妙な匙加減で乗りこなしている。

このアルバムを聴いて強く感じるのは、マーサの高い歌唱力と、ジェイムズが残した楽曲の多彩さ、そして、彼のバンドから羽ばたいていったシンガー達の強い個性だ。ロックンロールにも通じる激しいリズム&ブルースから、リスナーの胸を揺さぶるダイナミックなバラード、腰を刺激するファンクまで、様々なスタイルの楽曲を色々なスタイルで演奏してきた名シンガー達。そんな彼女達の楽曲を、自分の音楽に染め上げるマーサの豊かな表現力と想像力が本作の醍醐味だろう。そして、彼女を支えるオーサカ・モノレールの高い演奏技術が、ジェイムズ・ブラウンが提供した曲のカヴァーという難解なお題を実現可能なものにしていると思う。

ジェイムズ・ブラウンが残した珠玉の名曲が持つ魅力を、余すことなく収めた良質なトリビュート・アルバム。マーサとオーサカ・モノレールの演奏をじっくりと楽しんでも良し、ジェイムズが手掛けた女性シンガーの作品を集めた『James Brown's Original Funky Divas』に入っているオリジナル・ヴァージョンと聴き比べても良し、一粒で二度おいしい企画盤だ。

Producer
Osaka Monaurail

Track List
1. Think (about it)
2. This is my story
3. A little taste of soul
4. Mama’s got a bag of her own
5. I cried
6. Don’t throw your love in the garbage can
7. Things got to get better
8. Put it on the line
9. Unwind yourself
10. You can make it if you try
11. Answer to mother popcorn
12. Mama feel good
13. Oh what a feeling






トリビュート・トゥ・マイ・ソウル・シスターズ
マーサ・ハイ
ディスクユニオン
2017-11-18



Sheila E. - Iconic: Message 4 America [2017 Stilettoflats Music]

プリンスのバンド・メンバーとして10年近く活動し、その後は安室奈美恵やビヨンセ、リンゴ・スターなど、様々な国のトップ・ミュージシャンと一緒に仕事をしてきた、カリフォルニア州オークランド出身のシンガー・ソングライターで演奏家の、シーラEことシーラ・セシリア・エスコヴェード。

ファンタジーやコンコードに録音を残しているパーカッショニストのピート・エスコヴェードを父に、サンタナやアズテカでも演奏していたコーク・エスコヴェードを叔父に持つ彼女は、10代の頃からレコーディングやステージを経験してきた。また、近年は自身のバンド、Eファミリーを結成し、ツアーやレコーディングを行うなど、バンドのリーダーとして、自身の音楽を世に送り出してきた。

本作は、2013年の『Icon』以来となる通算8枚目のオリジナル・アルバム。「メッセージ・フォー・アメリカ」というサブタイトルの通り、社会にメッセージを投げかけた作品で、ジェイムス・ブラウンやスライ&ザ・ファミリー・ストーン、かつて一緒に演奏していたプリンスなどの楽曲を、豊富な経験を活かした大胆な解釈でカヴァーしている。

アルバムのオープニングを飾るのは、ジェイムス・ブラウンの”Gonna Have A Funky Good Time”と、アメリカ国歌の”星条旗よ永遠なれ”を混ぜ合わせた”Funky National Anthem: Message 2 America”。父ピートや兄弟のユアン、ピーター・マイケルが参加したこの曲では、多くの打楽器を使ったダイナミックなグルーヴが堪能できる。曲の途中で、マーティン・ルーサー・キングの演説と、バラク・オバマの演説を挟み込むことで、時代が変わってもアメリカが抱え続ける課題と、それぞれの時代で問題へと立ち向かってきた人々の存在を浮き彫りした演出が面白い。

これに続くのはビートルズのヒット曲をメドレーで演奏した”Come Together / Revolution”。元ビートルズのリンゴ・スターがドラムで参加したこの曲では、彼女はヴォーカルも担当。マイケル・ジャクソンやシル・ジョンソンなど、多くの黒人ミュージシャンがカヴァーしてきたビートルズの有名曲を、彼女は原曲よりテンポを落とした、ドロドロとしたアレンジで演奏している。曲の途中で”All You Need Is Love”を盛り込んでいるのが心憎い。

また、スライ&ザ・ファミリーストーンの有名曲をカヴァーした”Everyday People”は、グループの初期から在籍していたフレディ・ストーンがギターとヴォーカルで参加。敢えて肩の力を抜いて、ラフに演奏したバンドが、爽やかなサウンドと軽妙なメロディが魅力であるスライ・ストーンの音楽をうまく再現している。

そして、彼女がブレイクするきっかけを生んだプリンスの曲からは”America” と”Free”の2曲をピックアップ。シンセサイザーを駆使した近未来的な雰囲気の伴奏をベースに、切れ味の鋭い歌と演奏が格好良い作品。ヴォーカルが粘っこい歌声のシーラEに変わったこと以外、オリジナルと大きく違わないのは、彼女の原点であるプリンスのバンドの音を大切にしたからだろうか。

このアルバムでは60年代から80年代まで、様々な時代の黒人ミュージシャンの作品を取り上げつつ、社会に向けたメッセージを盛り込んでいるのだが、彼女の凄いところは年代も作風も異なるミュージシャンの楽曲を、一つの作品に収めているところだと思う。おそらく、彼女自身が様々な音楽を経験できる環境で育ち、人一倍演奏技術への拘りが強いプリンスの下で腕に磨きをかけてきたことが大きいと思う。

黒人音楽の豊かな土壌をベースに、自身のスタイルと強いメッセージを打ち出した面白いアルバム。メッセージとは他人に押し付けるものではなく、投げかけるものだということを、彼女の音楽は教えてくれているように思う。

Producer
Gilbert Davison, Sheila E.

Track List
1. Funky National Anthem: Message 2 America
2. Come Together / Revolution
3. Everyday People
4. Inner City Blues / Trouble Man
5. It Starts With Us
6. Jesus Children Of America
7. James Brown Medley (Talkin' Loud And Sayin' Nothing, Mama Don't Take No Mess, Soul Power, Get Involved, Super Bad)
8. Blackbird
9. One Nation Under A Groove / Mothership Connection
10. Pusherman
11. Respect Yourself
12. I Am Funky
13. Yes We Can
14. America / Free
15. What The World Needs Now Is Love





ICONIC MESSAGE 4 AMERICA [LP] [Analog]
SHEILA E.
STILETTO FLATS MUSIC
2017-10-06

Trombone Shorty - Parking Lot Symphony [2017 Blue Note]

4歳のときに楽器を始め、十代の頃からスタジオ・ミュージシャンとして活動している、音楽の都、ルイジアナ州ニューオーリンズ出身のトロンボーン奏者、トロンボーン・ショーティことトロイ・アンドリューズ。自身の名義では11枚目、ブルー・ノートに移籍してからは初となるフル・アルバム。

スタジオ・ミュージシャンとしては、ドクター・ジョンやギャラクティックのようなニューオーリンズ出身の人気アーティストだけでなく、エリック・クラプトンやマーク・ロンソンのような他地域出身の大物ミュージシャンまで(余談だが、メイヴィス・ステイプルズの2016年作『 Livin' On A High Note』でも演奏している)、色々な人の作品に携わる一方、自身の名義でも2002年に初のリーダー作となる『Trombone Shorty's Swingin' Gate,』を発表。その後も、複数の名義で多くのアルバム(ライブ録音を含む)を残してきた。

彼が生まれ育ったニューオーリンズは、ジャズやスワンプ・ポップ、ニューオーリンズ・ファンクなど、色々な音楽を育んだ都市として知られている。そんな土地で育った彼の音楽も、同地の豊かな音楽シーンを反映したものだ。今回のアルバムでは、自作の曲に加えて、ミーターズやアーニーK.ドゥーといった地元出身のファンク・バンドやソウル・シンガーの曲もカヴァー。トロンボーンの他に、歌やピアノも披露した意欲作になっている。

肝心の内容だが、なにはともあれ、R&Bやソウル・ミュージックが好きな人にとって見逃せないのは、2つのカヴァー曲だろう。

ミーターズの74年作『Rejuvenation』に収められている”It Ain't No Use”のカヴァーは、11分に及ぶ大作だった原曲の魅力を、4分間に凝縮したミディアム・テンポのファンク・ナンバー。トロイのヴォーカルはオリジナル・ヴァージョンで歌っていたレオ・ネセントリのものと比べると、線が細く、退廃的な雰囲気すら感じさせる。だが、ニューオーリンズのファンク・ミュージックが持つ、一人一人の演奏者の音色を活かした奔放なサウンドと、のんびりとしているようで緻密で躍動感に溢れたグルーヴは、原曲を忠実に再現している。演奏者のキャラクターによって、同じ曲でも全く違う演奏に仕上がる、ニューオーリンズ音楽の特徴が反映された楽曲だ。

一方、アーニーK.ドゥーが70年に発表したヒット曲”Here Come The Girls”のカヴァーは、マーチング・バンドのエッセンスを取り込んだビートの上で、洗練された歌声を響かせるミディアム・ナンバー。セカンド・ライン(ニューオーリンズで死者を埋葬したあと演奏される陽気なダンス音楽)の要素を取り込んでおり、落ち着いた雰囲気の中にも、どこか陽気な部分が感じられる。

それ以外のオリジナル曲に目を向けると、彼自身がヴォーカルを担当した”Dirty Water”が特に魅力的な作品だ。トロンボーンをピアノとマイクに持ち替え、弾き語りスタイルで切々と言葉を紡ぎ出す姿がいとおしいミディアム・ナンバーだ。甘いヴォーカルはベイビーフェイスに、流麗なメロディはサム・スミスの作風を思い起こさせる。

また、本作では希少なスロー・ナンバー”No Good Time”は、彼自身がキーボードも担当。カシーフやフレディ・ジャクソンといった、80年代に活躍した著名なソウル・シンガーの作品を思い出す洗練されたメロディや伴奏に乗せて、甘い歌声を聴かせてくれる、ブラック・コンテンポラリーっぽい曲だ。曲の中盤でホーン・セクションによるロマンティック演奏が、ムーディーな雰囲気を掻き立てている。このアルバムの収録曲の中では、最もニューオーリンズっぽくない録音だが、確かな演奏技術で、あらゆる手法を自分達の音楽に取り込む作風は、間違いなくニューオーリンズの演奏家のスタイルだと思う。

近年のブルー・ノートは、ハンク・モブレイやアート・ブレイキーの録音を送り出してきた、ハード・バップやモダン・ジャズを探求するレーベルから、ノラ・ジョーンズやロバート・グラスパーに代表されるような、ジャズを軸に、色々な音楽を幅広く取り込もうとするミュージシャンを輩出する、総合音楽レーベルへと姿を変えようとしている。本作は、その方針をストレートに体現したもので、ニューオーリンズという、色々な音楽が生まれ、共存している街のミュージシャンらしい、ソウルやファンク、ポップスやロックの要素を取り込んだ、ごった煮のようなジャズ作品に仕上がっている。

「ジャズ」や「ソウル」という一つの枠にとらわれない、色々なジャンルの音楽のエッセンスを取り込んだ、雑駁なようで一本筋の通った良作。普段ジャズを聴かないorジャズしか聴かない人に手に取ってほしい。

Producer
Chris Seefried
Track List
1. Laveau Dirge No. 1
2. It Ain't No Use
3. Parking Lot Symphony
4. Dirty Water
5. Here Come The Girls
6. Tripped Out Slim
7. Familiar
8. No Good Time
9. Where It At?
10. Fanfare
11. Like A Dog
12. Laveau Dirge Finale





パーキング・ロット・シンフォニー
トロンボーン・ショーティ
ユニバーサル ミュージック
2017-05-03

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ