ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

フランス

Enois Scroggins & The Touch Funk ‎– Real-E [2017 Diggy Down Recordz]

オクラホマ州マスコギーの出身、49歳の時にフランスのディスコ・ミュージック専門レーベル、ブーギー・タイムズからアルバム『One For Funk And Funk For All 』でデビューした、異色の経歴のシンガー・ソングライター、エノイス・スクロギンス。その後も、オクラホマ州のタルサに拠点を構えながら、ウィンフリーやワズ・ザ・ファンクファザーといった、アメリカやフランスで活躍する、80年代のディスコ・ミュージックや、90年代前半にアメリカの西海岸で流行したヒップホップのような、アナログ・シンセサイザーとリズム・マシーンの音色を活用したモダンな作風を得意とするミュージシャン達とコラボレーションするなど、精力的に活動。多くの録音をファンキーサイズやディギー・ダウンといったファンク・ミュージックに力を入れているフランスのレーベルから発表してきた。

本作は、2015年の『On A Roll』以来、約2年ぶりとなる通算8枚目のオリジナル・アルバム。同時に、今回のアルバムは、これまでにも複数の楽曲で制作に参加してきたフランスのプロデューサー・ユニット、ザ・タッチ・ファンクとの初のコラボレーション作品でもある。

アルバムの1曲目に収められている、本作からのリード・シングル”I Just Wanna Sing”は、ロス・アンジェルスを拠点に活動する女性シンガー、Jマリーをフィーチャーしたアップ・ナンバー。プリンスやミント・コンディションに触発され、エレクトリック・サウンドを取り入れたR&B作品を録音してきたマリーの、クールな歌声が聴きどころ。彼女の歌声に呼応するかのように、グラマラスで流麗な歌を聴かせるエノイスや、シンプルで洗練されたトラックも見逃せない。

一方、ティスミジーが参加した”You Got To Boogie”は、乾いたギターの音色や様々なリズム・マシーンの音色を組み合わせた華やかなトラックが印象的な、ディスコ・ナンバー。アナログ・シンセサイザーの柔らかい音色と鋭い音色のシンセ・ベースが、スレイヴやワンウェイなどのディスコ・バンドを思い起こさせるキャッチーなダンス・ナンバーだ。

また、2015年にシングル盤で発表された”Steppin’ Out”は、ハウス・ミュージックに近い、テンポの速いビートに乗せて、流れるような歌声を披露する、力強い演奏の中にも優雅さを感じさせるダンス・ナンバー。疾走感は魅力的だが、個人的には同作のB面に収められている”What Can I Do ”の方がお勧めだ。こちらは、ゴリゴリとしたシンセ・ベースと、他の曲よりも控えめに鳴るシンセサイザーの伴奏が特徴的な、ファンク色の強い曲。パーカッションの使い方はエムトゥーメイに、ベースの使い方はリック・ジェイムズに少し似ている、先鋭的なサウンドが特徴的だ。80年代後半のソウル・ミュージックが好きな人なら、思わずニヤリとしてしまう演出が盛り沢山な点も心憎い。

だが、本作で一番の聴きどころといえば、やはりブラック・ロスを起用したミディアム・ナンバー“Let's Fall In Love Again Tonight”だろう。勇壮なホーンで幕を開けるこの曲は、メアリー・ジェーン・ガールズの”All Night Long”を思い起こさせる、重厚で落ち着いた雰囲気とポップさを兼ね備えたグルーヴに乗せて、エノイスが年季を重ねた声でしみじみと歌い上げる、ロマンティックな楽曲。電子楽器の音色を取り入れた楽曲も、甘い歌声が魅力の歌手も決して珍しくないが、酸いも甘いも嚙み分けてきたベテラン歌手が、生楽器とシンセサイザーを組み合わせたモダンで華やかなサウンドをバックにその実力を遺憾なく発揮する姿は、やはり格別のものがある。

本作はコラボレーション・アルバムと銘打っているものの、今までのエノイスの作品と基本路線は変わっていない。アナログ・シンセサイザーやリズム・マシンを使ったモダンだけど温かみのあるトラックの上で、ボコーダーやトークボックスを織り交ぜながら、バリー・ホワイトを彷彿させるふくよかで柔らかい歌声を響かせるスタイルは、本作でも健在だ。あえて違いを強調するなら、今回のアルバムでは、ヒップホップ畑のクリエイターと共同作業をすることで、ディスコ・ミュージック寄りの楽曲が増えた点だ。

メイヤー・ホーソンもメンバーに名を連ねるタキシードや、ディム・ファンクも一因であるナイト・ファンクなど、80年代のディスコ・ミュージックから多くの刺激を受け、現代の音楽として再構成しようとする試みが各所で見られる中、2000年代から一貫してディスコ・ミュージックに取り組んできたシンガーが、経験の差を見せつけた本格的なソウル作品。彼らやブルーノ・マーズなどの音楽が好きな人は、ぜひ一度耳を傾けてほしい。

Producer
The Touch Funk

Track List
1. I Just Wanna Sing feat. J Marie (Radio Edit)
2. Coody Funk feat. Lonnie Barker Jr.
3. You Got To Boogie feat. Tysmizzy
4. This is What I Do
5. Miracle Potion feat. Hic Box, Shawn Biel
6. You Whisper Another Man's Name
7. What Can I Do (Main Version)
8. Get Down (Interlude)
9. This is For The B-Boys
10. Rewind Time feat. MNMsta
11. Let's Fall In Love Again Tonight feat. Black Los
12. Steppin' Out (Main Version)





Real-E
Diggy Down Recordz
2017-03-15

 

FKJ (French Kiwi Juice) - French Kiwi Juice [2017 ROCHE MUSIQUE]

2000年代中盤に音楽活動を開始。2013年にシングル『Time For A Change』でレコード・デビューすると、その後はライブやDJといった表舞台での活動も精力的にこなしつつ、オリジナル曲やテンプテーションズの"Cloud Nine"やイーライ・ペイパーボーイ・リードの"WooHoo"などのリミックスをサウンドクラウド上で発表。電子音楽の手法を用いてR&Bやヒップホップに独自の視点からアプローチをしてきた、パリを拠点に活動するクリエイターのフレンチ・キウイ・ジュース。彼にとって、初のフル・アルバムが本作だ。

フランスの音楽シーンに目を向けると、ダフト・パンクやディミトリ・フロム・パリ、ステファン・ポンポニャックといったエレクトロ・ミュージック畑のミュージシャンや、レ・ヌビアンズやフィンガズ、ベン・ロンクル・ソウルなどのヒップホップ、R&Bに強いアーティストなど、日本にも負けず劣らずの(もしかしたら日本以上に)バラエティ豊かな市場がある。また、それ以外にも、マイルス・デイヴィスやアート・ブレイキーの魅力をアメリカ人より先に見出し、評価してきた鋭い審美眼と、人種に囚われず、良い音楽を評価する厳しくも温かいがある。そんなフランスの音楽シーンで磨かれ、育まれた彼の豊かな感性は、本作でも遺憾無く発揮されている。

アルバムの1曲目に入っている"We Ain't Feeling Time"はジミー・スミスを彷彿させる、激しい鍵盤楽器のアドリブで幕を開けるミディアム・ナンバー。そこからメロウな管楽器(多分サックス)と甘いコーラスが絡み合うイントロへと続き、絶妙なタイミングで彼のヴォーカルが展開されるミディアム・ナンバー。電子楽器と生楽器を組み合わせた、モダンだけど柔らかいサウンドと、マックスウェルやレミー・シャンドを連想させる繊細なファルセットが気持ち良い佳曲だ。

そして、同曲に続く"Skyline"はポロポロと鳴り響くキーボードやギターなどの音色と、フライング・ロータスやジェイムズ・ブレイクなどの作品を思い起こさせる、シンプルで音の隙間を強調したビートの組み合わせが、日本の「能」のように優雅で神秘的な雰囲気を醸し出すミディアム・ナンバー。演奏やヴォーカルで垣間見える、色々な音楽に触れてきた彼ならではの、絶妙な力加減、多彩なフレーズ選びが堪能できる良曲だ。

これに対し、(((o)))が参加した"Vibin' Out"は、アメール・ラリューを連想させるスタイリッシュな女性ヴォーカルをフィーチャーした、甘酸っぱい雰囲気のミディアム・バラード。ミニー・リパートンやシリータ・ライトのように繊細な表現を聴かせるヴォーカルが胆になった、清涼感のある楽曲だ。

そして、本作の中でも最初期に作られた曲の一つである”Lying Together”は、女性ヴォーカルやハンド・クラップを効果的に使った、インストゥルメンタル・ナンバー。ヒップホップの軽快なビートと、シンセサイザーを使った重厚なハーモニーが癖になる、軽妙なようで荘厳、温かいようでどこか冷たい、不思議な感覚を覚える作品だ。

全体を通して感じることは、豊かな感情表現や絶妙な揺らぎを含む歌や演奏のような、ソウル・ミュージックやR&Bの醍醐味とも言える要素をきちんと押さえている一方、テンプテーションズやオーティス・レディング、ジョン・レジェンドやビヨンセの曲を聴いたときに感じるような、泥臭さ、汗臭さ、迫りくるような威圧感といったR&B、ソウル・ミュージックのシンガーの魅力になっている要素を削り落とした、スタイリッシュで洗練された音楽になっている。おそらく、電子楽器と生楽器の両方を使いこなしてきた経験や、インストゥルメンタル作品とヴォーカル曲の両方を手掛けてきた経験が、彼の音楽を特定のジャンルに束縛されない、柔軟で個性的なものにしたのだと思う。

電子音楽畑の経験と、ブラック・ミュージックのリミックスを経験してきた彼独特の、鋭い視点と楽曲構築技術が光る良作。ジェイムズ・ブレイクやアンダーソン・パック、フランク・オーシャンのような、異ジャンルの音楽を取り入れるセンスが魅力のR&Bシンガーが好きな人にはたまらない。ジャンルを横断した作風が魅力の良作だ。

Producer
French Kiwi Juice

Track List
1. We Ain't Feeling Time
2. Skyline
3. Better Give U Up
4. Go Back Home
5. Vibin' Out feat. (((O)))
6. Canggu
7. Blessed
8. Die With A Smile
9. Lying Together (interlude)
10. Lying Together
11. Joy
12. Why Are There Boundaries





French Kiwi Juice
Fkj
Roche Musique
2017-03-03

 
記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ