ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

フランス

Skreally Boy – Lo<3 [2017 Hit2Def]

2017年の終わり、12月22日に突如リリースされた、フランスのシンガー・ソングライター兼ビート・メイカー、スクレリー・ボーイの新作。

自身のホームページを持たず、SNSのプロフィール欄には「あなたの心の中に住んでます」と書くなど、ロマンチストなのか、食わせ者なのかよくわからない謎の男。だが、サンダーキャットケイトラナダを思い起こさせる、シンセサイザーを多用した前衛的な音色を使いこなし、ジェイ・ディラを彷彿させる音と音の隙間を効果的に聴かせるビートを組み上げる。かと思いきや、マックスウェルやロビン・シックを連想させる滑らかで繊細なシルキー・ボイスに、ベイビーフェイスなどの流れをくむ90年代フレーバーの強い流麗なメロディを組み合わせるなど、他のアーティストとは一味違う、独自の作風を確立。2014年にアルバム『Karma』でデビューして以来、2017年までに4枚のフル・アルバムとEPを発表するなど、精力的に活動してきた。

このアルバムは、2017年の5月にリリースしたEP『+++』から約7か月という、短い間隔で制作された通算5枚目のアルバムにして2枚目のフル・アルバム。前作同様、フランスのビート・メイカー、プラチナム・ウェーブとの共同プロデュース作品で、彼自身もリッチー・ビーツの名義で制作を担当。彼らに加え、3010やクライシーといった、フランスで活動する実力派ミュージシャンが複数参加した、力作になっている。

アルバムのオープニングを飾る”XXX”は、ビートからヴォーカルまで、ほぼ全てを彼一人で作り上げたミディアム・ナンバー。ピアノを使った不協和音が不気味な印象を与えるイントロから、同じ音色を使った細やかな伴奏のトラックへと変化していく流れが面白い曲。これに続くヴォーカルは、クリス・ブラウンの新作を思い起こさせる、畳み掛けるように次々と言葉を繰り出すラップ寄りのもの。ラップのエッセンスを取り入れたヴォーカルは、粗削りなイメージを持たれがちだが、線は細いがしなやかなヴォーカルのおかげで、違った雰囲気に聴こえる。マックスウェルの声とクエヴォのフロウが融合し、トキモンスタのビートを乗りこなしたような、不思議な雰囲気の曲だ。

また、3010が客演した”Hype”は、トレイ・ソングスアッシャーの近作を彷彿させる、バウンズ・ビートを取り入れつつ、上品に纏め上げたトラックと、滑らかな歌声を活かして丁寧に歌う姿が印象的なミディアム・ナンバー。艶やかなテナー・ヴォイスから、武骨な地声を使ったヴォーカルを巧みに使い分ける姿が格好良い。楽曲の途中で挟まる軽妙なラップもいい味を出している。アメリカのR&Bのトレンドを踏襲しつつ、細かいアレンジに気を配ることで、彼らとは一味違う作品に仕立て上げられている。

そして、本作の発売1週間前にミュージック・ビデオが公開された”Asonzo ”は、レゲトンやアフリカのヒップホップのテイストを盛り込んだ陽気なトラックと、哀愁を帯びたメロディの組み合わせが面白いミディアム・ナンバー。明るいビートと切ないメロディを組み合わせた音楽といえば、ケヴィン・リトルの”Turn Me On”やウェイン・ワンダーの”No Letting Go”など、多くのヒット曲が作られている。だが、この曲では、音色こそ陽気なものの、それを組み合わせて作られたトラックはトレイ・ソングスやマーカス・ヒューストンを連想させるシックなもの、その上に乗るヴォーカルも、繊細なテナー・ヴォイスを活かしたスタイリッシュなものだ。中南米やアフリカの音楽の要素盛り込みつつ、あくまでも都会的で洗練された楽曲に纏め上げたセンスが光る楽曲だ。

それ以外の曲ではフランスのヒップホップ・アーティスト、クライシーと組んだ”06:00”も面白い。サックスやピアノの音を混ぜ合わせたトラックは、ヒップホップというよりジャズやシャンソンの香りすら漂う、退廃的で幻想的な雰囲気のもの。そこに、か細い歌声で切々と言葉を紡ぐ二人のヴォーカルが合わさった楽曲は、インターネット経由で流れるR&Bというより、場末のバーで流れる小洒落たポピュラー・ミュージックといった趣だ。

彼の音楽は、アメリカのR&Bの変遷に目を配りつつ、R&Bのトレンドとは微妙に距離を置いた、独特の作風が印象的だ。エレクトロ・ミュージックや往年のポピュラー・ミュージックといった、様々なジャンルの音楽のエッセンスを取り入れ、R&Bでありながら、先鋭的なサウンドと懐かしい雰囲気を両立している点も大きいだろう。この、雑駁さと一貫性を同時に実現する編集能力と、緻密な表現を可能とするヴォーカルの技術が、彼の音楽を作り上げていると思う。

マックスウェルやロビン・シックの系譜に立つヴォーカルと、ベイビーフェイスやトリッキー・スチュアートを連想させる美しいメロディを生み出す技術、そこに様々な音楽を取り入れる見識の広さとセンスが合わさったことで生まれた高い水準の作品。アメリカのミュージシャンとは異なるアプローチで、R&Bの可能性を広げた良作だと思う。

Producer
Platinumwav & Richie Beats etc

Track List
1. XXX
2. Hype feat. 3010
3. R.
4. 888
5. 02:22 (Freestyle)
6. J.Blues (skit1)
7. Asonzo
8. B.J (Boca Junior)
9. 06:00 feat. Krisy
10. U2
11. No Lov3 feat. Joke
12. Home Alone feat. Gracy Hopkins
13. J.Blues (Skit 2)
14. Bleu
15. I-Motion
16. Diamants






Two Jazz Project & T-Groove - COSMOS 78 [2017 LAD Publishing & Records]

探偵小説などを書いている、マルセイユ出身の小説家でデザイナーのエリック・ハッサンと、ベースやギターの演奏家であるクリスチャン・カフィエロによる音楽ユニット、トゥー・ジャズ・プロジェクト。そして、八戸出身、東京在住の音楽プロデューサー、ユウキ・タカハシによる音楽プロジェクト、T-グルーヴ。両者によるコラボレーション作品。

結成から10年を超え、『Hot Stuff』や『Experiences』といった、ジャズや電子音楽、ソウル・ミュージックなどを融合した、独創的なスタイルの傑作を残してきたトゥー・ジャズ・プロジェクトと、日本在住の若いクリエイターでありながら、UKソウル・チャートの2位を獲得したトム・グライドの“Party People”や、サン・ソウル・オーケストラの”Can't Deny It”のアレンジやリミックスに携わり、自身の名義でもソーシー・レディをフィーチャーした”Spring Fever”などのヒット曲を残しているT-グルーヴ。

これまでにも、いくつかの作品を一緒に録音してきた彼らのEPは、「ファンタスティック・レトロ・フューチャリスト・ファンク・オデッセイ」をテーマにしたコンセプト・アルバム。制作にはトゥー・ジャズ・プロジェクトの楽曲でも素敵なパフォーマンスを披露してきた、女性シンガーのマリー・メニーとサックス奏者のディダーラ・ラ・レジー、T-グルーヴの作品で躍動感溢れるベースを聴かせてくれたタカオ・ナカシマも参加。隙の無い強力な布陣でクールなダンス・ミュージックを作り上げている。

本作に先駆けて発表された”Night Flight”は、オクラホマ州出身のシンガー、エノイス・スクロギンスをフィーチャーした曲。フランスのディスコ音楽レーベル、ブーギー・タイムスからデビューするなど、ヨーロッパでの知名度が高い彼は、これまでにも2016年のシングル『Soho Sunset 』、2017年のシングル『Funky Show Time』などで共演している旧知の間柄。自身の作品ではグラマラスでファンキーな歌唱が魅力のエノイスだが、この曲ではバリー・ホワイトを彷彿させる優雅な歌声を聴かせてくれる。マリーの透き通った歌声と絶妙なタイミングで入り込むディダーラのサックスも格好良い。

これに続く”Space Machine”は、マリーがメイン・ヴォーカルを担当。ハウス・ミュージックのような四つ打ちのビートや、シンセサイザーを多用した伴奏は、ドナ・サマーの”I Feel Love”のような、黎明期のテクノ・ミュージックを彷彿させる楽曲。ディム・ファンクやダフト・パンクなど、70年代や80年代のディスコ音楽を咀嚼した作品を発表しているミュージシャンは少なくないが、ハイ・エナジーの要素を取り入れた曲は珍しい。

また”Passion”は、ピアノっぽい音色のキーボードを活かしたトラックが、ロリータ・ハロウェイのようなハウス・ミュージック寄りのディスコ音楽を連想させる佳曲。涼しげな声でメロディを歌いながら、曲間では急に色っぽい声を出すマリーの意外な一面が面白い。

そして、本作唯一のインストゥルメンタル作品”Cosmos 78”はニュー・オーダーの”Blue Monday”を思い起こさせるロー・ファイな電子音が格好良いテクノ色の強い曲。電子音とファンク寄りの太いベースを一つの音楽に組み合わせる技術が光っている。

アルバムの最後を飾るのは、マリーがヴォーカルを担当した”You Are My Universe”。温かい音色のキーボードやサックスを効果的に使ったサウンドは、ディミトリ・フロム・パリのような、きらびやかでおしゃれな雰囲気のハウス・ミュージックの影響も垣間見える。マリーの豊かな声量と表現力も見逃せない。

彼らの音楽の醍醐味は、機械を使った精密なビートと、ギターやキーボード、パーカッションといった人間が演奏する楽器を組み合わせながら、それを一つの音楽に落とし込むセンスだと思う。それが可能なのは、各人の技術の高さと感性の鋭さによる部分が大きいが、その中でも、ギターやベースを担当する、クリスチャン・カフィエロやタカオ・ナカシマによるダイナミックかつ緻密な演奏が、機械を使ったビートと人の手による生演奏を一体化するのに大きく貢献していると思う。また、各人の演奏を一つの作品に纏め上げる、録音、編集技術の妙も大きいだろう。

ダフトパンクやマークロンソンなど、70年代、80年代のディスコ音楽を意識した作品を発表するアーティストがひしめき合うなか、楽器の演奏と機械のビートを組み合わせた、モダンでファンキーな作風で、彼らとは一味違う「21世紀のディスコ音楽」を提示してくれた傑作。ディスコ音楽やクラブ・ミュージックが好きな人なら、思わずニヤリとしてしまう演出が盛り沢山の面白いアルバムだ。一つでも気になる曲があったら、ほかの作品も手に取ってほしい。そのクオリティの高さに驚くと思う。

Producer
Yuki T-Groove Takahashi & Two Jazz Project

Track List
1. Night Flight feat. Enois Scroggins & Marie Meney & Didier La Regie
2. Space Machine feat. Marie Meney & Didier La Regie
3. Passion feat. Marie Meney & Didier La Regie
4. Cosmos 78
5. You Are My Universe feat. Marie Meney & Didier La Regie




COSMOS 78
LAD Publishing & Records
2017-05-12

Enois Scroggins & The Touch Funk ‎– Real-E [2017 Diggy Down Recordz]

オクラホマ州マスコギーの出身、49歳の時にフランスのディスコ・ミュージック専門レーベル、ブーギー・タイムズからアルバム『One For Funk And Funk For All 』でデビューした、異色の経歴のシンガー・ソングライター、エノイス・スクロギンス。その後も、オクラホマ州のタルサに拠点を構えながら、ウィンフリーやワズ・ザ・ファンクファザーといった、アメリカやフランスで活躍する、80年代のディスコ・ミュージックや、90年代前半にアメリカの西海岸で流行したヒップホップのような、アナログ・シンセサイザーとリズム・マシーンの音色を活用したモダンな作風を得意とするミュージシャン達とコラボレーションするなど、精力的に活動。多くの録音をファンキーサイズやディギー・ダウンといったファンク・ミュージックに力を入れているフランスのレーベルから発表してきた。

本作は、2015年の『On A Roll』以来、約2年ぶりとなる通算8枚目のオリジナル・アルバム。同時に、今回のアルバムは、これまでにも複数の楽曲で制作に参加してきたフランスのプロデューサー・ユニット、ザ・タッチ・ファンクとの初のコラボレーション作品でもある。

アルバムの1曲目に収められている、本作からのリード・シングル”I Just Wanna Sing”は、ロス・アンジェルスを拠点に活動する女性シンガー、Jマリーをフィーチャーしたアップ・ナンバー。プリンスやミント・コンディションに触発され、エレクトリック・サウンドを取り入れたR&B作品を録音してきたマリーの、クールな歌声が聴きどころ。彼女の歌声に呼応するかのように、グラマラスで流麗な歌を聴かせるエノイスや、シンプルで洗練されたトラックも見逃せない。

一方、ティスミジーが参加した”You Got To Boogie”は、乾いたギターの音色や様々なリズム・マシーンの音色を組み合わせた華やかなトラックが印象的な、ディスコ・ナンバー。アナログ・シンセサイザーの柔らかい音色と鋭い音色のシンセ・ベースが、スレイヴやワンウェイなどのディスコ・バンドを思い起こさせるキャッチーなダンス・ナンバーだ。

また、2015年にシングル盤で発表された”Steppin’ Out”は、ハウス・ミュージックに近い、テンポの速いビートに乗せて、流れるような歌声を披露する、力強い演奏の中にも優雅さを感じさせるダンス・ナンバー。疾走感は魅力的だが、個人的には同作のB面に収められている”What Can I Do ”の方がお勧めだ。こちらは、ゴリゴリとしたシンセ・ベースと、他の曲よりも控えめに鳴るシンセサイザーの伴奏が特徴的な、ファンク色の強い曲。パーカッションの使い方はエムトゥーメイに、ベースの使い方はリック・ジェイムズに少し似ている、先鋭的なサウンドが特徴的だ。80年代後半のソウル・ミュージックが好きな人なら、思わずニヤリとしてしまう演出が盛り沢山な点も心憎い。

だが、本作で一番の聴きどころといえば、やはりブラック・ロスを起用したミディアム・ナンバー“Let's Fall In Love Again Tonight”だろう。勇壮なホーンで幕を開けるこの曲は、メアリー・ジェーン・ガールズの”All Night Long”を思い起こさせる、重厚で落ち着いた雰囲気とポップさを兼ね備えたグルーヴに乗せて、エノイスが年季を重ねた声でしみじみと歌い上げる、ロマンティックな楽曲。電子楽器の音色を取り入れた楽曲も、甘い歌声が魅力の歌手も決して珍しくないが、酸いも甘いも嚙み分けてきたベテラン歌手が、生楽器とシンセサイザーを組み合わせたモダンで華やかなサウンドをバックにその実力を遺憾なく発揮する姿は、やはり格別のものがある。

本作はコラボレーション・アルバムと銘打っているものの、今までのエノイスの作品と基本路線は変わっていない。アナログ・シンセサイザーやリズム・マシンを使ったモダンだけど温かみのあるトラックの上で、ボコーダーやトークボックスを織り交ぜながら、バリー・ホワイトを彷彿させるふくよかで柔らかい歌声を響かせるスタイルは、本作でも健在だ。あえて違いを強調するなら、今回のアルバムでは、ヒップホップ畑のクリエイターと共同作業をすることで、ディスコ・ミュージック寄りの楽曲が増えた点だ。

メイヤー・ホーソンもメンバーに名を連ねるタキシードや、ディム・ファンクも一因であるナイト・ファンクなど、80年代のディスコ・ミュージックから多くの刺激を受け、現代の音楽として再構成しようとする試みが各所で見られる中、2000年代から一貫してディスコ・ミュージックに取り組んできたシンガーが、経験の差を見せつけた本格的なソウル作品。彼らやブルーノ・マーズなどの音楽が好きな人は、ぜひ一度耳を傾けてほしい。

Producer
The Touch Funk

Track List
1. I Just Wanna Sing feat. J Marie (Radio Edit)
2. Coody Funk feat. Lonnie Barker Jr.
3. You Got To Boogie feat. Tysmizzy
4. This is What I Do
5. Miracle Potion feat. Hic Box, Shawn Biel
6. You Whisper Another Man's Name
7. What Can I Do (Main Version)
8. Get Down (Interlude)
9. This is For The B-Boys
10. Rewind Time feat. MNMsta
11. Let's Fall In Love Again Tonight feat. Black Los
12. Steppin' Out (Main Version)





Real-E
Diggy Down Recordz
2017-03-15

 
記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ