melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

ポップス

BTS - Map of The Soul : 7 [2020 BigHit, Columbia, Virgin]

2016年の『Wings』が、韓国人アーティストの作品では当時の最高記録となるアルバム・チャート26位に入ったBTS。すると、2017年の『Love Yourself : Her』がアジア人歌手初のアルバム・チャート1桁順位となる7位に入るスマッシュ・ヒット。また、同作に収録されている”Mic Drop”スティーヴ・アオキが再構築したリミックス版は、坂本九、PSY以来となるアジア人による全米でのミリオン・セラーを達成。一躍人気アーティストの仲間入りを果たした。

その後も、2018年から2019年にかけて発表された3枚のアルバム『Love Yourself : Tear』『Love Yourself : Answer』『Map of The Soul : Persona』が立て続けに全米アルバム・チャートを制覇。シュープリームスやワン・ダイレクション、バックストリート・ボーイズといった、ポップス史を代表する名グループに並ぶ大記録を残し、同作を掲げたライブ・ツアーは欧州、南北アメリカ、アジア、中東の代表的なスタジアムを片っ端から満員にするという偉業を成し遂げた。また、2019年の『Map of The Soul : Persona』は韓国国内のアルバム・セールス記録を更新するとともに、アジア人歌手の作品としては史上初となる、全世界で1年間に最も売れたアルバムという大記録も打ち立てるなど、21世紀を代表するヴォーカル・グループ呼ぶにふさわしい輝かしい足跡を残してきた。

本作は『Map of The Soul : Persona』から約9ヶ月の間隔を経てリリースされた、彼らの通算4枚目のスタジオ・アルバム。前作の続編という位置づけだが、同作に収録された7曲のうち4曲を(うち1曲は前作のイントロ)を前半に配置し、後半に新曲を加えた構成になっており、むしろ前作を本作の予告編のように聴かせる構成になっている。

アルバムの実質的な1曲目となる”Boy with Luv”はフィーチャリング・アーティストにホールジーを招いたアップ・ナンバー。ブリトニー・スピアーズやチェイン・スモーカーズを手掛けてきたメラニー・フォンタナが制作に参加した楽曲は、彼らの若く溌溂とした声を活かした、さわやかでしなやかなメロディが心地よい。洗練されたトラックとみずみずしい歌声の組み合わせは、ドネル・ジョーンズの”U Know What’s Up”やラフ・エンズの”No More”にも少し似ている。ケミストリーやEXILEのプロデューサーとしても知られている松尾潔さんが得意とする「美メロ」の路線を踏襲した曲なので、彼らのファンはチェックすべきだろう。

また、エド・シーランが制作に参加した”Make It Right”は、両者の持ち味が遺憾なく発揮されたアップ・テンポ寄りのミディアム・ナンバー。短いフレーズに多くの言葉を詰め込みつつ、メロディをきちんと聴かせる、エドの作風と、シンプルで味わい深いサビを丁寧に聴かせるBTSのスタイルが融合した佳曲だ。2019年にエド・シーランはコラボレーション・アルバム『No.6 Collaborations Project』を発表しているが、こちらに収められていても違和感のない内容だ。個人的にはエドとのデュエット・ヴァージョンも聴いてみたいと思うのは自分だけだろうか。

これに対し、本作が初出となる”Black Swan”はクリス・ブラウンミュージック・ソウルチャイルドの作品も手掛けている。オーガスト・リゴがソングライティングに参加したバラード。表現を止めることを「1度目の死(2度目の死は生命の終わり)」と評したアメリカの舞踏家、マーサ・グレアムの言葉にインスパイアされた作品は、クラシック音楽で用いられるような繊細なギターの音色を効果的に使ったアレンジと、空気を切り裂くように激しい歌唱とラップの組み合わせが印象な作品。「そっとしてくれ」「もう逃してくれ」という言葉は、音楽業界の頂点に上り詰めてしまったことからくる重圧なのか、それとも、兵役(最年長のJinは2022年までに兵役に就かなければいけない)によって表現の機会が奪われてしまうことへの恐怖なのか、色々な解釈ができる曲だ。

そして、本作の発売と同時にシングル・カットされた”ON”は、ロック・マフィアの名義でジャスティン・ビーバーやマイリー・サイラスなどの曲を手掛けてきたアントニーナ・アルマートを制作者に招いたミディアム・バラード。マーチング・バンドのビートを取り入れたアレンジと、ゆったりとしたメロディの組み合わせが面白い曲。世界屈指のポップスターに上り詰めた彼らが、頂点に立ったからこそ感じる不安と、それに立ち向かおうとする意思を力強いドラムの上で歌ったものだ。ライブではどんな演出で披露されるのか、今から楽しみになる。

本作の大きな変化は、これまでの作品で見られた奇抜でインパクトの強い曲が減り、シンプルで味わい深い曲が増えていること。その一方で、歌詞の中身は過去の作品で見られた青年の葛藤のような要素が影を潜め、世界を股にかけるトップ・アーティストになったことに伴う苦悩を歌ったものが増えたことだ。もちろん、彼らのような経歴のアーティストは珍しいものではなく、有名なところでは「リアル・スリム・シェイディ」から2000年代を代表するミュージシャンに上り詰めたエミネムがいる。しかし、彼と大きく異なるのは、ブレイク後のエミネムのリリックが、従来通り皮肉の効いたものでありながら、核となるメッセージに迷いが見られたのに対し、BTSの歌詞には葛藤や苦悶はあっても迷いが見られないことだ。それは「防弾少年団」というグループ名が示す通り、彼らの作品が若い世代を守るための音楽という軸を持っているからだろう。その点は「俺はインシンクじゃないんだよ、俺に期待するな」(“The Way I Am”の歌詞より)と歌いながら、自身の軸となる価値観を表明できなかったエミネムのようなアーティストとの大きな違いだろう。

このアルバムで、アメリカの音楽史上、初めて4枚のアルバムをヒット・チャートの1位に送り込んだヴォーカル・グループという快挙を成し遂げた彼等。しかし、彼らがどれだけ年を重ねようとも、多くの記録を残そうとも、彼らの音楽は若い人々を世間の逆風から守る防弾チョッキであることは変わらないことを改めて表明してくれた名盤。ポップスの王道を走るサウンドと、彼らにしか書けない独創的な歌詞が組み合わさった唯一無二の傑作だ。

Producer
Pdogg, Hiss Noise, F. Gibson, Arcades, Bad Milk, McCoan, Suga, El Capitxn, Ghstloop, Tom Wiklund, Sleep Deez, Bram Inscore, Supreme Boi, Jimin

Track List
1. Intro : Persona
2. Boy With Luv Feat.Halsey
3. Make It Right
4. Jamais Vu
5. Dionysus
6. Interlude : Shadow
7. Black Swan
8. Filter
9. My Time
10. Louder than bombs
11. ON
12. UGH!
13. Zero O'Clock
14. Inner Child
15. Friends
16. Moon
17. Respect
18. We are Bulletproof : the Eternal
19. Outro : Ego





MAP OF THE SOUL : 7(輸入盤)
BTS(防弾少年団)
Dreamus
2020-02-26


Charlie Puth - Voicenotes [2018 Atlantic]

作曲家として活動していた父を持ち、自身も子供の頃から自作曲を売ってお金を得ていたという、ニュージャージー州ラムソン出身のシンガー・ソングライター、チャーリー・プースことチャーリー・オットー・プースJr。

動画投稿サイトにアップロードした、ヒット曲のカヴァーが注目を集めた彼は、2010年に初のオリジナル作品”These are My Sexy Shades”を公開。その後も複数の動画を発表し、その多くが高い評価を受けた彼は、2015年にアトランティックと契約。同年にシングル”Marvin Gaye”でメジャー・デビューを果たした。

そんな彼の転機となったのは、2015年に発表されたウィズ・カリファのシングル”See You Again”への参加。映画「Furious 7」のサウンドトラックに収録されたこの曲は、亡き友への思いを切々と歌ったバラード。この曲で、胸を切り裂くようなサビを歌い上げたチャーリーは、ジャスティン・ティンバーレイクやロビン・シックの系譜に連なる、ブルー・アイド・ソウルのシンガーとして名を高めた。

本作は、アメリカ国内だけで100万枚以上を売り上げた1枚目のアルバム『Nine Track Mind』から、約2年の期間を挟んで作られた2枚目のスタジオ・アルバム。全ての収録曲でペンを執り、プロデュースも担当するなど、前作以上に自身の個性を強く打ち出した作品になっている。

本作の収録曲で真っ先に目を惹いたのは、2017年4月に発表された先行シングル”Attention”だ。 太い音色のギターを使った軽妙なアルペシオと、モダンな音のシンセサイザーを組み合わせた伴奏の上に、繊細な歌声が乗っかったアップ・ナンバーだ。生楽器と電子楽器を組み合わせた洗練された伴奏や、チャーリーの甘く爽やかな歌声は、黒人のR&Bシンガーとは一味違う高貴な雰囲気さえ感じる。

だが、本作の目玉はもう一つの先行シングル”How Long”だろう。跳ねるようなベースの音色とハンド・クラップを組み合わせた伴奏は、60年代のモータウンのソウル・ミュージックを思い起こさせる軽快なもの。その上で、流麗なメロディを歌い上げるチャーリーの姿が光るアップ・ナンバーだ。壁や塀の上を、宙を舞うように歩く不思議な雰囲気のミュージック・ビデオも、楽曲の軽やかな雰囲気を上手く表現している。

それ以外の曲では、ケラーニを招いた”Done For Me”も格好良い。ローファイなシンセサイザーの音色を使った伴奏は、ダフト・パンクが参加したウィークエンドの"I Feel It Coming"にも通じる近未来的な雰囲気のトラックと、滑らかなファルセットを活かした美しいメロディの組み合わせが聴きどころ。黒人シンガーの中では珍しい淡白な表現がウリのケラーニと、白人シンガーの中では異色の豊かな感情表現が武器のチャーリーによるデュエットもいい味を出している。

そして、本作の収録曲でも異彩を放っているのが、ボーイズIIメンとコラボレーションした”If You Leave Me Now”だ。チャーリーがリードを取り、ボーイズIIメンの3人がコーラスを担当したこの曲は、4人の声とフィンガー・スナップの音だけで作られた本格的なアカペラ作品。チャーリーが手掛けた清涼感溢れるメロディと、柔らかい4人の歌声、じっくりとメロディを聴かせる編曲が聴きどころ。ソウル・ミュージック以外の音楽にも精通したチャーリーが制作を主導したからか、AZ YETによるシカゴの楽曲のアカペラ・カヴァー"Hard to Say I'm Sorry"のような、ポップス色の強い作品に仕上がっている。

今回のアルバムでは、様々なジャンルの音楽の表現技法を組み合わせて、ソウル・ミュージックを新しい音楽に組み替えるチャーリーの制作技術が光っている。メロディやヴォーカル表現、アレンジの随所にソウル・ミュージックのエッセンスが盛り込みつつ、楽曲全体を通して聴くと、ロックやポップスの手法をふんだんに取り入れた、上品なポップスに纏めている。既に多くのミュージシャンに取り入れられてきたソウル・ミュージックのテクニックを用いつつ、他のジャンルの音楽の手法を加えることで、独自性を打ち出している点が彼の音楽の特徴だ。また、他のミュージシャンがあまり使わない、白人向けのポップスの技術を用いることで、奇をてらうことなく、新鮮な作品として聴かせられている点も大きいだろう。

アメリカ北東部の中流家庭に生まれ育った白人という、他の歌手とは異なる出自を生かして、ソウル・ミュージックに新しい解釈を持ち込んでくれたチャーリー。ロビン・シックやメイヤー・ホーソンとは異なるアプローチで、ソウル・ミュージックの魅力を引き出した面白いアルバムだ。

Producer
Charlie Puth, Pharrell Williams
Track List
1. The Way I Am 2. Attention
3. LA Girls
4. How Long
5. Done For Me feat. Kehlani
6. Patient
7. If You Leave Me Now feat. Boyz II Men
8. BOY
9. Slow It Down
10. Change feat. James Taylor
11. Somebody Told Me
12. Empty Cups
13. Through It All





VOICENOTES [CD]
CHARLIE PUTH
ATLANTIC
2018-05-11

本年もよろしくお願いします。

少し遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
皆さんにとって、昨年はどんな年だったでしょうか。

私個人は、楽しいこともあり、つらいこともあり、環境の変化もありました。
個人的な事情で、やりたいことが十分にできなかったこともありましたが、
色々な出会いや経験を通して、少しでも前に進めたかな?と思える1年でした。

このブログでいえば、2017年には記事数が250を超え、「1000枚シングルやアルバムを紹介する」という目標の4分の1をなんとか達成できたのも、嬉しいことでした。特に、日本人アーティスト(T-Grooveの『Move Your Body』)や、日本語の作品(Sky-Hiの『Marble』)を、ほかの国のアーティストと差別することなく、取り上げることは、開設時点からの懸案だったので、その課題を乗り越えられたのは、一つの前進だと思っています。

まあ、本年も肩ひじ張ることなく、やめることもなく、マイペースに続けていきたいと思っていますので、どうか最後までお付き合いください。

本年もよろしくお願いします。

おまけ Pink Lady - Kiss In The Dark [1979 Victor]

実は、年末年始によく聞いていたのが、ピンク・レディーのアルバム。

2017年12月、防弾少年団のMic Drop(Remix)に抜かれるまで、アジア人グループによる最大のヒット曲だったのが、彼女達が79年にリリースした”Kiss In The Dark”だと知り、じっくりと聴いてみたいと思ったのがきっかけでした。

マイケル・ロイドが作詞と作曲を担当したこの曲は、当時流行していたディスコ音楽の手法がふんだんに使われた、良質なダンス・ナンバー。英語詞を取り入れたことで、海外のファンを増やしたものの、コミカルな日本語の歌詞が失われたことで、日本の市場からはあまり評価されていない曲のようです。

ただ、グルーヴ、伴奏、歌、そのすべてがハイレベルで、どこの国に出しても引けを取らない、本格的なダンス・ミュージックであることに違いはありません。特に、この曲を含む、彼女達がアメリカでリリースしたアルバム『Pink Lady In USA』では、アメリカのポピュラー・ミュージック界に深く根差した、ソウル・ミュージックのDNAをベースに、それを再解釈したスタイルで日本の音楽界を席巻したピンクレディが、彼女達の原点ともいえるディスコ音楽に取り組んだ良作であることに違いはありません。

ディスコ音楽が再び脚光を浴びている2018年、日本発のディスコ・クラシックとして再び流行してくれないかなあ。と思う素晴らしいアルバムのひとつです。レコードは結構高いですが、CDは簡単に買えるので、ぜひ手に取ってみてください。




Pink Lady in USA
ピンク・レディー
インディペンデントレーベル
2002-12-15

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    読者登録
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ