melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

ユニット

Tuxedo & Zapp – Shy [2018 Stones Throw]

2017年初頭に3曲入りのEP『Fun With The Tux』を発表。その後、同作に新曲を追加した『Tuxedo II』をリリース。8月には、ロック・フェスへの出演を含む来日公演を成功させたことも記憶に新しい、メイヤー・ホーソンとジェイク・ワンによる音楽ユニット、タキシード。

彼らの約1年ぶりとなる新曲は、トーク・ボックスと電気楽器を駆使した独特のスタイルで、今も多くのファンがいる、オハイオ出身のファンク・バンド、ザップとのコラボレーション作品。80年代から多くのヒット曲を世に送り出してきた彼らは、99年に稀代のフロント・マン、ロジャー・トラウトマンが亡くなった後も、残されたメンバーで新作を録音し、来日公演を含む多くのステージをこなしてきた。

両者のコラボレーション曲は、タキシードが得意とする四つ打ちのビートと、ザップのウリである電気楽器のグラマラスなサウンドを組み合わせたディスコ・ナンバー。モダンな音色の伴奏や、トーク・ボックスを使ったヴォーカルは、一回聴いただけでザップの作品とわかるものだが、ハウス・ミュージック寄りのビートや、メイヤー・ホーソンの甘い歌声が入る箇所は、きちんとタキシードの曲に聴こえるから面白い。

この曲の醍醐味は、ソウル・ミュージックやハウス・ミュージックに近いタキシードのスタイルと、ザップのファンクが合わさって、一つの作品になっていることだ。水と油のように音楽性の異なる両者の音楽が合わさって、双方の個性を残しつつ、両者の音楽が融合した斬新な楽曲になっているところだろう。

強烈な個性が魅力のミュージシャンが手を組み、両者の可能性を切り開いた、画期的なダンス・ナンバー。1+1が2に留まらず、3にも5にもなる可能性を秘めていることを僕らに教えてくれる素晴らしいコラボレーションだ。

Producer
Tuxedo & Zapp

Tracck List
1. Shy
2. Shy(Instrumental)



Shy [7 inch Analog]
Tuxedo
Stones Throw
2018-02-02

Precious Lo’s - Too Cool For Love [2018 P-Vine]

2000年代前半ごろから、ディム・ファンクなどの台頭によって注目を集め、近年はスヌープ・ドッグとディム・ファンクのコラボレーション作品や、メイヤー・ホーソンがヴォーカルを担当するタキシードのヒットも話題になっている、80年代テイストのソウル・ミュージック。2017年には日本人クリエイター、T-Grooveの『Move Your Body』が発売され、収録曲が複数の国のヒット・チャートに名を刻むなど、世界中のミュージシャンを巻き込んで盛り上がっているこのジャンルで、新たに頭角を現したのが、カナダ出身の二人組、プレシャス・ローズだ。

トロントを拠点に活動する、ニック・タイマーと日系カナダ人のギル・マスダによるこのユニットは、2000年ごろから、ヒップホップ・ユニット、サークル・リサーチの名義で複数の作品をリリースしている、経験豊富なベテラン。2017年には、後にイギリスのコンピレーション・アルバム『Roller Boogie Volume 3』にも収録される、T-Grooveのシングル”Roller Skate”にフィーチャーされたことでも話題になった。

今回のアルバムは、サークル・リサーチ名義の2008年作『Who?』以来、約11年ぶり、現在の名義では初となるスタジオ・アルバム。プロデュースはサークル・リサーチ名義で、ヴォーカルは二人が担当。ゲストとして、音楽とヴィジュアルの両分野で独創的な作品を残している、トロント出身のシンガー・ソングライター、メイリー・トッドなどが参加。ヒップホップの世界で培った経験と、ソウル・ミュージックへの深い造詣を活かした、本格的なソウル作品を披露している。

アルバムの1曲目は、タイトル・トラックの”Too Cool For Love”。ゆったりとしたビートと、ポロポロと鳴り響くピアノの音色を強調したトラックと、ラップのような抑揚のあるメロディは、ディスコ音楽というより、ディアンジェロやサーラ・クリエイティブ・パートナーズのような、ヒップホップを取り入れたソウル・ミュージックに近い。長い間、ヒップホップに取り組んできた彼ららしい曲だ。

この路線を突き詰めたのが、アルバムに先駆けてミュージック・ビデオが制作された”Right Time For Us”。太いシンセサイザーの音色を使ったビートが格好良いミディアム・ナンバー。ヴォーカルが入っている個所は少なめで、トラックのアレンジによって曲に起伏をつけているスタイルは、エイドリアン・ヤングの作品を彷彿させる。

また、”Older Now”との組み合わせで、7インチ・レコード化された”Small Town Girl”は、軽妙な伴奏とゆったりとしたメロディが心地よいスロー・ナンバー。ファルセットを多用した滑らかな歌唱は、メイヤー・ホーソンのそれを思い起こさせる。レゲエのエッセンスを盛り込んだ緩いビートとメロディも見逃せない。

そして、本作の隠れた目玉が”Older Now”。シカゴが生んだソウル界の巨匠、ジーン・チャンドラーの80年のヒット作”Does She Have A Friend?”のフレーズをサンプリングしたこの曲は、アナログ・シンセサイザーの音色を使ったスタイリッシュでグラマラスな伴奏の上で、メロディを崩すように歌う姿が心に残るミディアム・ナンバー。伴奏だけを聴くと”Does She Have A Friend?”のテイストが強いが、ヴォーカルのアレンジで現代のヒップホップのように聴かせている。

今回のアルバムの面白いところは、80年代のソウル・ミュージックと現代のヒップホップやR&Bの手法を組み合わせ、80年代の音楽の雰囲気を残しながら、現代のリスナーの琴線に響く作品に仕立てているところだ。音色選びやアレンジでは、随所にモダンな80年代のソウル・ミュージックの要素を取り入れつつ、メロディやアレンジに現代のブラック・ミュージックの先鋭さを盛り込むことで、80年代の洗練された雰囲気を残しつつ、過去の音楽とは一線を画した、現代的な新しいソウル・ミュージックに纏め上げている。

ヒップホップに慣れ親しんだ世代のミュージシャンによる、鋭い視点と斬新な解釈が面白いソウル・アルバム。サンプリング・ソースという形で結びつくことの多かった、80年代ソウルと現代のヒップホップの新しい関係を感じさせる良作だ。

Producer
Circle Research

Track List
1. Too Cool For Love
2. More Than Frends (feat. Maylee Todd)
3. Without You (feat.Tyler Smith)
4. Still The Same (feat.Tyler Smith)[Buscrates 16-Bit Ensebmle Remix]
5. Falling For You
6. Problems
7. Right Time For Us
8. This Is Love (Circle Research Remix)
9. Night Ridin’(feat. Tyler Smith)
10. Fly Away (Tyler Smith Remix)
11. Thinking
12. Small Town Girl
13. Older Now
14. U Turn Me Up





トゥ・クール・フォー・ラヴ
ザ・プレシャス・ローズ
Pヴァイン・レコード
2018-02-14

Rhye - Blood [2018 Hostess, Loma Vista]

トロント出身のシンガー・ソングライタ-、マイケル・ミロッシュと、デンマーク出身の音楽クリエイター、ロビン・ハンニバルによる音楽ユニット、ライ。

2000年代前半から活動している、実績豊富な二人によって、2010年に結成されたグループは、ハンニバルがミロッシュのヴォーカルに興味を持ったことをきっかけに活動を開始。

その後、ロス・アンジェルスに活動拠点を移した二人は、インターネット上に複数の楽曲を投稿。高い実力を持ちながら、正体を明かさない謎の音楽グループとして、音楽通の間で注目を集めた。

そして、2013年になるとユニバーサル・ミュージックから、初フル・アルバム『Woman』をリリース。シンセサイザーを多用した神秘的なサウンドと、シャーデーを彷彿させるスタイリッシュなヴォーカルが高い評価を受け、複数の国でヒット。この作品で正体を明かしたハンニバルは、ソングライターやプロデューサーとして、ケンドリック・ラマーやカルヴィン・ハリスなどの作品で起用されるようになり、2017年にはグラミー賞にもノミネートしている。

このアルバムは、彼らにとって5年ぶり2作目のスタジオ録音。ハンニバルがグループを離れ、ミロッシュのソロ・ユニットとなったものの、音楽性は前作のものを踏襲。様々な国のミュージシャンを招き、シンセサイザーと生音を巧みに組み合わせた、大人向けのR&Bを制作している。

アルバムに先駆けてリリースされたのは、キング・ヘンリーが鳴らすグラマラスなベース・ラインが、ファンクの名曲”Seven Minutes of Funk”っぽくも聴こえる”Taste”。ベースを軸にしたスタイリッシュな伴奏をバックに、セクシーなヴォーカルを披露するアップ・ナンバーだ。曲の途中でベースの音を抜き、ヴォーカルにフォーカスを当てるなど、凝った演出が面白い。

これに対し、もう一つのシングル曲である”Please”は、ミロッシュによるピアノの弾き語りを核にしたミディアム・ナンバー。静かにリズムを刻むドラムなどを組み合わせ、ミロッシュの歌とピアノを強調したシンプルな作品だ。ピアノの弾き語りというと、ノラ・ジョーンズやアリシア・キーズを連想するが、彼女らの音楽に比べると、ジャズやソウルのテイストを弱め淡々と歌うスタイルが印象的だ。

また、6曲目の”Song For You”は、ポロポロとつま弾かれるギターの音色と、キーボードを使った伴奏のコンビネーションがお洒落なミディアム。ギターやキーボードなど、繊細な音色の楽器を組み合わせながら、一つ一つの音をしっかりと聴かせるアレンジ技術と、丁寧な歌唱が心に残る曲だ。

そして、太いベースラインと、電子楽器の落ち着いた音色が心地良いミディアム・ナンバー”Stay Safe”は、シャーデーを連想させる重厚だけど洗練された演奏が心を揺さぶる作品。メロディや演奏は奇をてらわないシンプルなもので、歌と演奏をじっくりと聴かせることに重きを置いている。

5年ぶりの新作であり、ミロッシュのソロ・ユニットになって初のフル・アルバムとなる本作。しかし、新体制になって初のアルバムとなる作品だが、彼女らの音楽性はブレずに安定している。匿名で作品を発表し、多くの人に愛されていた初期のスタイルを大切にし、それを発展させたことが、この作品のクオリティを高めているのだろう。

シャーデーやミント・コンディションなど、多くのミュージシャンが、生演奏と電子楽器を組み合わせて洗練されたR&Bを生み出していた、90年代を思い起こさせる良質なアルバム。じっくりと歌やメロディを堪能したい人には、うってつけの佳作だ。

Producer
Michael Milosh, King Henry, Thomas Bartlett

Track List
1. Waste
2. Taste
3. Feel Your Weight
4. Please
5. Count To Five
6. Song For You
7. Blood Knows
8. Stay Safe
9. Phoenix
10. Softly
11. Sinful





Blood
Rhye
Loma Vista
2018-02-02

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ