ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

女性グループ

本年もよろしくお願いします。

少し遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
皆さんにとって、昨年はどんな年だったでしょうか。

私個人は、楽しいこともあり、つらいこともあり、環境の変化もありました。
個人的な事情で、やりたいことが十分にできなかったこともありましたが、
色々な出会いや経験を通して、少しでも前に進めたかな?と思える1年でした。

このブログでいえば、2017年には記事数が250を超え、「1000枚シングルやアルバムを紹介する」という目標の4分の1をなんとか達成できたのも、嬉しいことでした。特に、日本人アーティスト(T-Grooveの『Move Your Body』)や、日本語の作品(Sky-Hiの『Marble』)を、ほかの国のアーティストと差別することなく、取り上げることは、開設時点からの懸案だったので、その課題を乗り越えられたのは、一つの前進だと思っています。

まあ、本年も肩ひじ張ることなく、やめることもなく、マイペースに続けていきたいと思っていますので、どうか最後までお付き合いください。

本年もよろしくお願いします。

おまけ Pink Lady - Kiss In The Dark [1979 Victor]

実は、年末年始によく聞いていたのが、ピンク・レディーのアルバム。

2017年12月、防弾少年団のMic Drop(Remix)に抜かれるまで、アジア人グループによる最大のヒット曲だったのが、彼女達が79年にリリースした”Kiss In The Dark”だと知り、じっくりと聴いてみたいと思ったのがきっかけでした。

マイケル・ロイドが作詞と作曲を担当したこの曲は、当時流行していたディスコ音楽の手法がふんだんに使われた、良質なダンス・ナンバー。英語詞を取り入れたことで、海外のファンを増やしたものの、コミカルな日本語の歌詞が失われたことで、日本の市場からはあまり評価されていない曲のようです。

ただ、グルーヴ、伴奏、歌、そのすべてがハイレベルで、どこの国に出しても引けを取らない、本格的なダンス・ミュージックであることに違いはありません。特に、この曲を含む、彼女達がアメリカでリリースしたアルバム『Pink Lady In USA』では、アメリカのポピュラー・ミュージック界に深く根差した、ソウル・ミュージックのDNAをベースに、それを再解釈したスタイルで日本の音楽界を席巻したピンクレディが、彼女達の原点ともいえるディスコ音楽に取り組んだ良作であることに違いはありません。

ディスコ音楽が再び脚光を浴びている2018年、日本発のディスコ・クラシックとして再び流行してくれないかなあ。と思う素晴らしいアルバムのひとつです。レコードは結構高いですが、CDは簡単に買えるので、ぜひ手に取ってみてください。




Pink Lady in USA
ピンク・レディー
インディペンデントレーベル
2002-12-15

Fifth Harmony - Fifth Harmony [2017 Sony]

イギリスの人気オーディション番組「Xファクター」のアメリカ版に出場したアリー・ブルック、ノーマン・コーディ、ローレン・ハウレギ、ダイナ・ジェーン、カミラ・カベロの5人からなるガールズ・グループ、フィフス・ハーモニー。

2013年にリリースした初のEP『Better』が全米総合チャートを6位に入り、同作からのシングル曲”Miss Movin’ On”がゴールド・ディスクを獲得するなど、幸先のいいスタートを切った彼女達は、2015年に1枚目のフル・アルバム『Reflection』を発表。全米チャートの5位をはじめ、カナダとニュージーランドで8位に入るなど、各国のヒット・チャートにその名を刻んできた。その後も、2016年に発売した2枚目のアルバム『7/27』が複数の国のヒット・チャートでトップ10圏内に入るなど、アメリカを代表するガールズ・グループへの道を、着実に登って行った。

このアルバムは、グループにとって3枚目となるLP。2016年の終わりにカミラ・カベロがグループを脱退して、4人組として再スタートを切った彼女達にとって初めてのアルバムとなる。

アルバムに先駆けて発売されたシングル曲”Down”は、ビヨンセやジェイソン・デルーロの作品も手掛けている、ボルティモア出身のプロデューサー、アモことジョシュア・コールマンが制作を担当。チャッキー・トンプソンやドリームが作りそうな、シンセサイザーの音色を多用した爽やかなトラックと彼女達のキュートな歌声が印象的なアップ・ナンバー。軽快なビートとメロディを軸にしながら、曲の途中に挟み込まれたグッチ・メインのラップ・パートでトラックを変えるなど、随所に凝った演出を盛り込んでいる。

続く、もう一つのシングル曲”He LIke That”も、アモのプロデュース作品。こちらは、80年代のウェイン・ワンダーやUB40を思い起こさせる、ゆったりとしたトラックと軽妙なメロディが心地よいレゲエ風ナンバー。可愛らしい歌声の合間に、地声を使った力強い歌唱を挟み込むことで、楽曲に起伏を付けている。オーディション番組で鍛えられた彼女達らしい、豊かな表現力と親しみやすさが光る曲だ。

一方、エレクトロ・ミュージックのプロデューサー、スカイレックスと、アッシャーやクリス・ブラウンなどの楽曲に携わってきたプー・ベアのコンビによる”Angel”は、プー・ベアもペンを執ったアッシャーの”Burn”を連想させるチキチキ・ビートが印象的なミディアム・ナンバー。奇抜な楽曲を作ることが多いスカイレックスだが、この曲ではジャーメイン・デュプリを連想させる、シンセサイザーを多用したチキチキ・ビートに近いものを提供。彼女達の溌剌としたヴォーカルを引き立てている。2000年代前半にアッシャーやマライア・キャリーが発表していたような、親しみやすいメロディのR&Bが、現代のクリエイターのフィルターを挟むと新鮮に聴こえるのは面白い。

そして、もう一つ見逃せない曲が、ドリームラブが手掛けた”Messy”だ。セレーナ・ゴメスやニッキー・ミナージュなどに楽曲を提供してきたポップス畑の作家が用意したのは、甘酸っぱいメロディとそれを引き立てるシンプルなアレンジが光るミディアム・バラード。グラマラスな歌声や艶めかしいパフォーマンスは、”Touch My Body”などの楽曲でセクシーなヴォーカルを披露していたマライア・キャリーを彷彿させる。最年長のアリソンでさえ24歳と、全員が20代前半のグループとは思えない、大人っぽい歌唱が魅力的だ。

カミラの脱退を経た後の作品だが、各人の歌唱力がレベルアップしたこともあり、パワー・ダウンした印象はない。むしろ、経験を積んで各メンバーの個性が際立つようになり、メンバーの個性とグループとしての一体感を両立した音楽が増えたようにも思える。

デスティニーズ・チャイルドやTLCなどが活動を休止、もしくは縮小し、アメリカのポップス市場からガールズ・グループの存在感が薄れていく中、唯一無二の存在となりつつある彼女達の持ち味が遺憾なく発揮されている。TLCやスパイス・ガールズのように、世界を股にかける存在になると思わせる、高いスター性とヴォーカル・スキルが楽しめる佳作だ。

Producer
Ammo, DallasK, Poo Bear, Skrillex etc

Track List
1. Down feat. Gucci Mane
2. He LIke That
3. Sauced Up
4. Make You Mad
5. Deliver
6. Lonely Night
7. Don't Say Love Me
8. Angel
9. Messy
10. Bridges





Fifth Harmony
Fifth Harmony
Epic
2017-08-25

Taylor Girlz - Who Are Those Girlz!? EP [2017 RCA]

アトランタ出身のデイシャ、タイ、タイニーのテイラー姉妹によるヒップホップ・グループ、テイラー・ガールズ。父親がラップをする姿を見て、ヒップホップに興味を持ったデイシャとタイは、自分達もラップに取り組むようになる。そして、腕を磨いた彼女達は、2013年にタイニーをダンサーとして加えた3人組のガールズ・グループとして活動を開始する。

2016年に配信限定のシングル”Watch Me”で表舞台に登場すると、TLCを思い起こさせるエネルギッシュなパフォーマンスとキュートな歌声で、耳の早い音楽ファンの注目を集めた。その後も、シングル”Wedgie”のミュージック・ビデオが、動画投稿サイトで1300万回以上再生されるスマッシュ・ヒットになるなど、ヒット曲を次々と発表し、一気に人気ミュージシャンの仲間入りを果たした。

本作は、そんな彼女達にとって初のEP。配信限定の作品なので、プロデューサー等は不明だが、既発曲同様、トラップやバウンズ・ビートを積極的に取り入れた、アトランタのグループらしい作品になっている。

アルバムのオープニングを飾る”Bang”は2000年代初頭にジャーメイン・デュプリが制作したような、太いベースとチキチキというシンバルの音が印象的なミディアム・ナンバー。重い音色のベースと、シンバルを核にしたシンプルなトラックは、色々な音色のシンセサイザーが多用される2017年に聴くと新鮮に映る。レフトアイを彷彿させる、キュートで弾けるような声のラップが跳ねるようなビートと上手く一体化している点も面白い。

彼女達の姉妹であるトリニティが参加した先行シングル”Steal Her Man”は、サイレンのような音色などを組み合わせたトラップ・ビートが格好良い曲。喉を振り絞って声を出すトリニティのラップが、楽曲のアクセントになっている。

また、本作でも特にインパクトの強い曲が、トリニティの激しいラップが印象的なヒット曲”Wedgie”だ。同郷の人気グループ、ミーゴスの作品を連想させるミステリアスな雰囲気のトラップに乗せて、荒々しいパフォーマンスを響かせるミディアム・ナンバー。甲高いシャウトが、変声期前の男の子ラッパーっぽくも聴こえる、不思議な曲だ。

それ以外の曲では、”Boop”の存在感が光っている。ベルの音を使った童謡のようなメロディを使い、ポップで可愛らしい雰囲気に纏め上げたとラックをバックに、キュートな声で言葉を繰り出すポップな作品。最初から最後まで愛らしい声でラップを続ける2人の姿が耳に残る。

彼女らの音楽を聴いて、真っ先に思い浮かんだのはアトランタからガールズ・グループの頂点へと駆け上がったTLCの存在だ。可愛らしい声で、力強いフロウを聴かせるディシャとタイのラップからは、レフトアイの影響が垣間見える。しかし、同時に彼女達はラッパーのみのグループのため、良くも悪くも、楽曲に統一感が出てしまっているのは気になる。実際、TLCのアルバムに比べると、収録曲のバラエティは乏しく、トラップとバウンズ・ビートが中心になってしまっているのは、ラップ・グループという性質を考えれば致し方ない部分もあるが、少し気になる点だろう。

しかし、純粋に女性ラッパー、もしくはラップ・グループの作品として、このアルバムを聴くと、ポップなようでハード、可愛らしいようでたくましい、絶妙なバランスの作品であることに気づかされる。ラップは怖い、とっつきにくい、というイメージを持っている人に聴いてほしい。キャッチーで楽しいアルバムだ。

Track List
1. Bang feat. Taylor Girlz
2. Bougie
3. Steal Her Man feat. Trinity Taylor
4. Wedgie feat. Trinity Taylor
5. Boop
6. Hater






記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ