melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

女性グループ

Xscape - Here For IT [2018 Redzone]

1993年に、ジャーメイン・デュプリが率いるソニー傘下のソー・ソー・デフから、アルバム『Hummin' Comin' at 'Cha』でメジャー・デビュー。総合アルバム・チャートの3位に入る華々しいデビューを飾った、4人組の女性ヴォーカル・グループ、エクスケイプ。

その後も、95年に『Off The Hook』、98年に『Traces of My Lipstick』 を発表。全ての作品で100万枚を売り上げるなど、TLCアン・ヴォーグSWVと並び称される、90年代を代表する人気ガールズ・グループとして大きな成功を収めた。

しかし、3作目の発表後に、ラトチャ・スコットがソロ活動のためにグループを離れると、キャンディもシンガー・ソングライターに転身。TLCの”No Scrubs”やディスティニーズ・チャイルドの”Bills, Bills, Bills”などのヒット曲を制作して人気ソングライターとしてグラミー賞を獲得すると、それ以外のメンバーも、歌手や俳優として個人の活動に打ち込むようになり、グループとしての活動は停滞していった。

このアルバムは、『Traces of My Lipstick』以来、実に20年ぶりとなる彼女達の新作。キャンディこそ不参加なものの、ラトチャを含む3人が参加。ほぼ全ての楽曲をトリッキー・スチュアートが手掛け、美しいメロディとセクシーな3人のパフォーマンスが存分に堪能できる、魅力的なR&B作品に仕上がっている。

本作の1曲目は、トリッキー・スチュアートとピエール・メドーがプロデュースした”Memory Lane”。トニ・ブラクストンからオマリオンまで、新旧の名シンガーを成功に導いてきた彼らが手掛ける曲は、『Traces of My Lipstick』の収録曲と勘違いしそうな、ヒップホップのビートを使ったスロー・バラード。尖ったサウンドの上で、艶めかしい歌声をじっくりと聴かせる手法は、 90年代に一世を風靡した彼女達の音楽を丁寧に再現している。

続く”Dream Killa”は、本作からの先行シングル。ソングライティングを3人が担当した楽曲は、90年代に流行した、メロディをじっくりと聴かせるタイプのスロー・バラード。しかし、バックトラックはチキチキ・ビートではなく、ジョーやR.ケリーの作品を思い起こさせる色っぽいサウンド。年を重ね、大人の色気を身に着けた3人の持ち味が、遺憾なく発揮された作品だ。

また、もう一つのシングル曲である”Wifed Up”は、ピエール・メドーが制作を主導したミディアム。跳ねるようなドラムと軽妙なメロディの組み合わせは、ジェイソン・デルーロやオマリオンの作風に近い。ポップなメロディと躍動感あふれるビートが心地よい、聴きなれない作風ではあるが、きちんと自分達の作品に落とし込んでいるのは、彼女達の経験と技術の賜物だろう。

そして、本作のタイトル・トラックである”Here For It”はトリッキー・スチュアートやピエール・メドーに加え、彼女達自身も制作に参加したミディアム。ダンスホール・レゲエの要素を取り込んだ作風は、フィフス・ハーモニーの”Down”にも少し似ている。フィフス・ハーモニーと比べると、経験を積んで重みを増した3人の歌声と、軽快なレゲエのビートを組み合わせる技術が素晴らしい良曲だ。

今回のアルバムは、全盛期のイメージを踏襲しつつ、年を重ねて老練さを身に着けた3人の表現が魅力の作品だ。ジャーメイン・デュプリからは離れたものの、彼と同じく90年代から活躍するトリッキー・スチュアートを多くの曲に起用。現在もコンスタントに新作を発表している彼の新鮮な感性と豊富な経験を活かして、90年代の音楽の雰囲気を盛り込んだ、現代向けのR&Bを録音している。また、3人のヴォーカルも「高い表現力とキュートな歌声を兼ね備えた少女」から「高い表現力で豊かな人生経験を音楽に吹き込む大人の女」へとアップデートし、昔の彼女達の魅力を残しつつ、現在のエクスケイプの表現に落とし込んでいる。この、「残せる部分は残しつつ、残せない部分は現代に合わせて作り直す」という方針を徹底したことが、彼女達の強いところだろう。

前作から20年以上の時を経ても、彼女達の輝きは衰えることがないことを再確認させてくれる良作。ここにキャンディが加わったらどんな音楽が生まれるのか、次の作品に期待が膨らむ充実の内容だ。

Producer
Tricky Stewart, Medor J Pierre, Xscape etc
Track List
1. Memory Lane
2. Dream Killa
3. Wifed Up
4. Here For It
5. Craving
6. Last Of Me




En Vogue - Electric Café [2018 En Vogue, eOne]

80年代にクラブ・ヌーヴォなどを手掛けていた、フォスター&マッケルロイが主催するオーディションの合格者で結成。1990年にアルバム『Born to Sing』で華々しいデビューを飾った、カリフォルニア州オークランド発の4人組ガールズ・グループ、アン・ヴォーグ。

メンバー全員がリード・ヴォーカルを執れる高い技術とスター性、曲の途中でリードとコーラスを切り替える大胆で緻密なアレンジ。往年のドゥー・ワップ・グループを思い起こさせる端正の取れたヴォーカルと、有名ファッション誌から貰った「Vogue」の名前にふさわしい、洗練されたヴィジュアルが魅力の彼女達。ストリート色の強いファッションと、ヒップホップを取り入れた華やかな音楽性で人気を集めたTLCとは対極の、大人っぽい雰囲気がウリのグループとして、多くの人の記憶にその名を刻んだ。

しかし、2000年以降はメンバーの脱退やソロ転向などで、グループの活動は停滞。2002年には初のクリスマス・アルバム『The Gift of Christmas」を発表し、2004年にはアルバム『Soul Flower』を発売するが、商業面では苦戦。その後は、ライブや各人の活動に軸足を移すようになる。

このアルバムは、そんな彼女達にとって14年ぶりとなる通算7枚目のフル・アルバム。残念なことに、2011年に収録曲の一部が公開されたものの、後にお蔵入りになったEP『Rufftown Presents En Vogue』に入る予定だった楽曲は収められていない。だが、新たに録音された作品は、彼女達のヒット曲を生み出してきたフォスター&マッケルロイを中心に、元サムシン・フォー・ザ・ピープルのカーティス・ウィルソン、元メンバーのドーン・ロビンソンと組んだ音楽ユニット、ルーシー・パールも話題になったラファエル・サディークなど、彼女達と一緒に90年代のR&Bシーンを盛り上げてきた面々が参加。それ以外にも、ドクター・ドレの『Compton』で辣腕を振るっていたディム・ジョインズを起用するなど、西海岸出身の新旧の敏腕クリエイターが顔を揃えた力作になっている。

収録曲で最初に目を惹くのは、フォスター&マッケルロイがプロデュースした”Deja vu”だ。ロドニー・ジャーキンスのプロデュースで、2001年にソロ歌手としてデビュー、後にグループに加入したローナ・ベネットと、ソロ作品の発売経験もあるテリー・エリスがペンを執ったアップ・ナンバーだ。ピート・ロックやマーリー・マールを仕事を彷彿させる軽快なヒップホップのトラックの上で、艶めかしい歌声を響かせる3人の姿が印象的。複雑なヒップホップのグルーヴを巧みに乗りこなす、絶妙なさじ加減のメロディも見逃せない。

これに続く”Rocket”は、プロデュースをカーティス・ウィルソン、曲作りにニーヨとウィルソンが担当したスロー・ナンバー。電子楽器を多用したスタイリッシュなトラックと、みずみずしい歌声をじっくりと聴かせるスタイルは、カーティスが在籍していたサムシン・フォー・ザ・ピープルの音楽そのもの。その一方で、一聴したら忘れない、シンプルでキャッチーなメロディでは、ニーヨの持ち味がきちんと発揮されている。カーティスの色っぽいサウンドと、ニーヨの親しみやすいメロディ、透き通った歌声で精密なコーラスを聴かせる三人のヴォーカルがうまく噛み合った、良質なバラードだ。

また、スヌープ・ドッグが客演した”Have a Seat”は、キッド・モンローが制作に参加。ブリブリと唸るベースは、レイクサイドやオハイオ・プレイヤーズが70年代に録音したファンク・ミュージックを連想させる。ディスコ・サウンドをバックに、軽やかなメロディと息の合ったコーラスを披露する3人の姿は、70年代に一世を風靡したエモーションズにも少し似ている。2005年にスティーヴィー・ワンダーの『Time to Love』で軽妙なコーラスを披露していた彼女達らしい、ソウル・ミュージックとの相性の良さを感じさせる良曲だ。

そして、オークランドが世界に誇る名シンガー・ソングライター、ラファエル・サディークが手掛けた”I'm Good”は、本作に先駆けて公開された楽曲。生のバンドを使ったと思われる、太く荒々しい音色の伴奏をバックに、囁きかけるような歌声を聴かせる3人のパフォーマンスが魅力のバラード。一音一音の間に隙間を置いたメロディや、抽象的なフレーズを盛り込みながら、流麗なR&Bに纏めた構成は、トニ・トニ・トニの代表作『House of Music』を連想させる。

本作の聴きどころは、高いコーラス技術を活かした3人のパフォーマンスと、現代の流行を融合した曲作りだ。いまや、欧米のヒット・チャートではヴォーカル・グループが少数派になり、その希少なヴォーカル・グループも、ラッパーを交えたメンバー間の掛け合いがウリの、ソロ・アーティストの集合体のようなものになっている。その中で、彼女達は昔ながらのハーモニーで勝負している点は驚きだ。

また、本作は往年の輝きを懐かしむに留まらず、ディム・ジョーンズのような若いクリエイターを起用し、あくまでも「2018年の新作」として仕上げている。この前例や先駆者のいない作品に取り組んでいる点も、このアルバムの面白いところだろう。

「複数人の声を組み合わせることで、楽曲に色々な感情を吹き込む」という、言葉に起こすとシンプルだが、実践するのは難しい表現技法でポップスの歴史に名前を残した彼女達の新作にふさわしい、充実の内容。高いレベルの歌の技術と制作技術の両方が揃ったことで生まれた、味わい深い作品だ。


Producer
Foster & McElroy, Dem Jointz, Raphael Saadiq, Curtis "Sauce" Wilson etc

Track List
1. Blue Skies
2. Deja vu
3. Rocket
4. Reach 4 Me
5. Electric Cafe
6. Life
7. Love the Way
8. Oceans Deep
9. Have a Seat feat. Snoop Dogg
10. I'm Good
11. So Serious
12. Have a Seat (No Rap Ver)





ELECTRIC CAFE
EN VOGUE
EONE
2018-04-06

Chloe x Halle - The Kids Are Alright [2018 Parkwood Entertainment, Columbia]

ビヨンセが率いるコロンビア傘下の音楽レーベル、パークウッド。彼女の作品を中心に、録音物だけでなく映像作品も送り出している同社からデビューしたのが、クロイとハリーのベイリー姉妹による音楽ユニット、クロイ&ハリーだ。

ジョージア州アトランタ出身の二人は、動画投稿サイトにアップロードしたパフォーマンスをきっかけにレーベルと契約。2016年に『Sugar Symphony』でレコード・デビューを果たした。といっても、姉のクロイは子供のころから役者として活動しており、ビヨンセが主演した映画「The Fighting Temptations」にも出演するなど、遠からぬ縁はあったという。

本作は、彼女達にとって初のスタジオ・アルバム。ディズニー映画「A Wrinkle In Time」や、コメディ番組「Grown-ish」のサウンドトラックに収録された楽曲も含め、ほぼ全ての作品を二人で制作。インターネット経由で色々なジャンルのヒット曲のカヴァーを披露してきた、本記事の執筆時点でクロイが19歳、ハリーが17歳という、10代の若い感性と高い技術を惜しげもなく披露した、新鮮なR&Bを聴かせている。

まず、アルバムに先駆けてリリースされたタイトル曲”The Kids Are Alright”は、シンプルなトラックの上で悠々と歌う二人の姿が印象的なミディアム・ナンバー。ドラムの音は後半まで入らず、後半のビートも音圧を抑えたスタイルは、ヒップホップを経由したR&Bというより、アカペラ作品のようにも聴こえる。二人の歌と伴奏だけで、豊かな表現を聴かせる彼女達のスキルに驚かされる良曲だ。

これに対し、ジョーイ・バッドアスが参加した”Happy Without Me”は、カルディBの”Bodak Yellow”やグッチ・メインの”I Got A Bag”を思い起こさせるトラップのビートが格好良い、ヒップホップ色の強い曲。人気ラッパーを起用した作品でありながら、メロディ部分も二人が担当し、あくまでもR&Bとして聴かせている点が面白い。ジョーイのラップが入る箇所で、ビートが微妙に変化する演出も光っている。

また、 ディズニー映画のサウンドトラック向けに作られた”Warrior”は、R&Bをベースにしつつ、荘厳な雰囲気で纏め上げた伴奏と、二人の歌唱力を活かしたダイナミックなメロディが光るスロー・ナンバー。「ライオンキング」の主題歌として知られるエルトン・ジョンの”Can You Feel the Love Tonight”にも通じる、シンプルだが味わい深い楽曲と、二人の高いヴォーカル技術が堪能できる佳作だ。

そして、本作のボーナス・トラックとして収録されたデビュー曲”Drop”は、シドジャミラ・ウッズの作品を連想させる、泥臭いビートとメロディが心に残るミディアム・ナンバー。トラックを構成する楽器の音を厳選し、音と音の隙間を効果的に使うスタイルは、ディアンジェロの”Brown Sugar”にも通じる。

このアルバムを聴いて真っ先に思い浮かんだのは、マイケル・ジャクソンのヒット曲”Butterfly”を制作したイギリスの女性デュオ、フロエトリーの存在だ。ヒップホップやR&B、映画音楽を飲み込み、多彩な表現を聴かせてくれる彼女達は、往年のソウル・ミュージックと現代のヒップホップを融合した作風や、グラマラスな歌声と繊細な表現で私達を魅了したフロエトリーとよく似ている。しかし、最大の違いは、新しい音楽への向き合い方で、彼女達は、昔のソウル・ミュージックにとらわれず、ポップスや新しいヒップホップの表現技法を盛り込んで、現代のポップスに落とし込んでいる。その点が、ヒップホップを取り入れつつ、ソウル・ミュージックにベースを置いたフロエトリーとは大きく異なる点で、彼女達の持ち味にもなっている。

多くのゲストを侍らせたソロ・シンガーが主流である、現代の欧米の音楽市場では貴重になった、シンガー二人による息の合ったパフォーマンスが楽しめる良作。二人組というシンプルな編成でも多彩な表現が可能なことを証明した、ヴォーカル・グループのお手本のようなアルバムだ。

Producer
Chloe Bailey, Halle Bailey

Track List
1. Hello Friend (Intro)
2. The Kids Are Alright
3. Grown (From Grown-ish)
4. Hi Lo feat. GoldLink
5. Everywhere
6. FaLaLa (Interlude)
7. Fake feat. Kari Faux
8. Baptize (Interlude)
9. Down
10. Galaxy
11. Happy Without Me feat. Joey Bada$$
12. Babybird
13. Warrior (From "A Wrinkle in Time")
14. Cool People
15. Baby on a Plane
16. If God Spoke
17. Drop
18. Fall





The Kids Are Alright
Parkwood Entertainment/Columbia
2018-03-23

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ