ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

女性シンガー・ラッパー

K. Michelle - Kimberly: The People I Used to Know [2017 Atlantic]

ヒップホップやエレクトロ・ミュージックに歩み寄ったサウンドと、歌とラップを混ぜ合わせた歌唱スタイルが流行の中心になっている、2010年代のR&Bシーン。その中で、流行りの音と適度に距離を置き、自身のスタイルを貫くことで存在感を発揮しているのが、K.ミッチェルこと、キンバリー・ミッチェル・ペイトだ。

テネシー州のメンフィスで生まれ育った彼女は、幼いころからギターやピアノに慣れ親しみ、ジャスティン・ティンバーレイクやブリトニー・スピアーズも指導したというトレーナーの下で、ヴォーカルの腕を磨いてきた実力派。

その後、フロリダの大学に進み、子育て期間を経て卒業した彼女は、ロースクールに進学しながら音楽活動を開始。2009年にジャイヴと契約すると、ミッシー・エリオットを招いた”Fakin’ It”でメジャー・デビューを果たす。また、2011年にはミッシーのほか、R.ケリーやアッシャーが参加した初のフル・アルバム『Pain Medicine』を録音するが、諸事情によりお蔵入り。ジャイヴから離れることになる。

そんな彼女は、VH1のリアリティー・ショーに出演したことから注目を集め、アトランティックと契約。2013年に初のフル・アルバム『Rebellious Soul』を発表すると、総合アルバム・チャートの2位、年間アルバム・チャートの167位という新人としては異例のヒット。その後も、2014年の『Anybody Wanna Buy a Heart?』や2016年の『More Issues Than Vogue』が商業的な成功を収め、賞レースの常連に名を連ねるなど、スターダムを駆け上がっていった。

このアルバムは、そんな彼女にとって約1年ぶり、通算4枚目となる新作。ほぼすべての曲で彼女がペンを執る一方、リル・ロニーやチャック・ハーモニーといった、主役の声を引き立てる美しいヴォーカル作品に定評のあるクリエイターが多数参加。現代では希少なものになった、本格的なR&B作品に仕上がっている。

アルバムに先駆けて公開された”Make This Song Cry”は、ジェイZの”Song Cry”をサンプリングしたミディアム・バラード。今も多くの人に親しまれている、彼の代表曲のフレーズに乗って、切々と言葉を紡ぐ彼女の姿が印象的な曲だ。有名名曲をサンプリングした作品には、原曲のイメージに縛られたものや、原曲の持ち味を壊してしまうものも少なくないが、この曲では元ネタの持ち味を残しつつ、本格的なソウル・バラードに換骨奪胎している。

また、クリス・ブラウンをフィーチャーした”Either Way ”は、シャンテ・ムーアやリル・モーを手掛けているダニエル・ブライアントが制作に参加したミディアム・ナンバー。おどろおどろしいストリングスの音色と、キンバリーのパワフルなヴォーカルが光る佳曲だ。メロディの部分で聴ける彼女のラップにも注目してほしい。

そして、同曲に続く”Birthday”は、シカゴ出身のプロデューサー、ヒットメイクを起用したバラード。シンセサイザーの音色を組み合わせ、ヒップホップのエッセンスを盛り込んだバック・トラックは、R.ケリーやメアリーJ.ブライジを彷彿させる。そんなトラックの上で、緩急織り交ぜたダイナミックな歌唱を聴かせる姿は、往年のチャカ・カーンやミリー・ジャクソンを思い起こさせる。電子楽器を多用した現代的なサウンドを取り入れつつ、歌唱力で勝負した異色の作品だ。

それ以外の曲では、マイケル・ジャクソンやマライア・キャリーなどに楽曲を提供しているロドニー・ジャーキンスと作った”Woman of My Word”の存在が光っている。ゴスペルのコール&レスポンスを思い起こさせる、ダイナミックなグルーヴに乗せて、パワフルな歌声を披露した雄大なバラード。現代的なヒップホップやR&Bの仕事が多いロドニーだが、この曲のようなヴォーカルで勝負するタイプの作品でも実力を発揮している。

本作の聴きどころは、随所で現代のR&Bの要素を取り入れつつ、あくまでも歌で勝負したところだろう。メアリーJ.ブライジやビヨンセなど、実力と人気を兼ね備えたシンガーは少なくないが、歌を強調したある意味保守的な作風で、高いクオリティの作品を残せる歌手はとても貴重だ。この、豊かな歌声と、それをコントロールする技術、歌の才能を活かす楽曲作りの才能は、アレサ・フランクリンのような、歴代の名歌手の流れを踏襲したものだが、尖った音が求められる現代では異色ではかえって新鮮に聴こえる。

現代では希少な、「歌」を存分に味わえる名シンガー。新しい音に抵抗感のある人にこそ聴いてほしい、大胆な表現と安定したパフォーマンスが光る名盤だ。

Producer
DJ Camper, Lil' Ronnie, Hitmaka, Louis Biancaniello, Darkchild etc

Track List
1. Welcome to the people I used to know
2. Alert
3. God, Love, Sex, and Drugs
4. Make This Song Cry
5. Crazy Like You
6. Kim K
7. Takes Two feat. Jeremih
8. Rounds
9. Either Way feat. Chris Brown
10. Birthday
11. Fuck Your Man (Interlude)
12. No Not You
13. Giving Up On Love
14. Help Me Grow (Interlude)
15. Heaven
16. Run Don't Walk
17. Industry Suicide (Interlude)
18. Talk To God
19. Brain On Love
20. Woman of My Word
21. Outro





Kimberly: People I Used to Know
K. Michelle
Atlantic
2017-12-15

Lalah Hathaway - Honestly [2017 Hathaway Entertainment]

90年に自身の名前を冠したアルバム『Lalah Hathaway』で表舞台に登場。それ以来、絹のように滑らかで繊細な歌声と、丁寧で緻密な歌唱を武器にファンを増やしてきた、イリノイ州シカゴ出身のシンガー・ソングライター、レイラ・ハザウェイ。

“A Song For You”や”The Ghetto”などのソウル・クラシックを残し、カーティス・メイフィールドやジーン・チャンドラーと並んで、シカゴを代表するシンガー・ソングライターとして今も愛されているダニー・ハザウェイを父に持つ彼女は、シカゴの芸術学校を卒業するとヴァージン・レコードと契約。バークリー音楽院で学びながら、プロとしてのキャリアをスタートする。

デビュー作である『Lalah Hathaway』で見せた、20代前半(当時)とは思えない落ち着いた歌唱と、洗練された演奏で音楽通を唸らせた彼女は、R&Bチャートの18位に入るなど一気にブレイク。その後は、2016年までに7枚のアルバムを録音する一方、メアリーJ.ブライジやチャカ・カーンなど、多くの有名ミュージシャンの作品に参加。中でも、2015年に発売されたケンドリック・ラマーの『To Pimp a Butterfly』や、2012年にリリースされたロバートグラスパーの『Black Radio』は、ヒット・チャートと音楽賞、両方で高い成果を上げる傑作となった。また、彼女自身も2015年のアルバム『Lalah Hathaway Live』と同作に収められている”Angel”や”Little Ghetto Boy”でグラミー賞など、複数の音楽賞を獲得。着実に成果を残してきた。

このアルバムは、彼女にとって『Lalah Hathaway Live』以来、約2年ぶりとなるフル・アルバム。スタジオ録音の作品としては『Where It All Begins』以来、実に7年ぶりのアルバムとなる本作は、ソランジュやジル・スコット、SiRなどを手掛けている、カリフォルニア州イングルウッド出身のシンガー・ソングライター、ティファニー・ガッシュがプロデューサーとして参加。ゲストの人数は最小限に抑え、彼女の歌にスポットを当てた、本格的なR&B作品を披露している。

アルバムのオープニングを飾る”Honestly”は、レイラとティファニーによる共作曲。重い低音とビヨビヨというシンセサイザーの音色を使ったトラックが、モダンな印象を与える曲だ。この曲の上で、繊細だがふくよかな歌声を駆使して、メロディを丁寧に歌う姿が光っている。起承転結のはっきりしたメロディは、父、ダニーや彼女が残してきた作品にも似た雰囲気を持っているが、電子楽器を多用することで、現代のR&Bとして聴かせている。

続く、”Don't Give Up”は、今年発売されたデビュー・アルバム『All Things Work Together』も記憶に新しい、ヒューストン出身のクリスチャン・ラッパー、レクレーがゲストとして参加した作品。 シンセサイザーの音を重ね合わせて、荘厳な雰囲気を醸し出したトラックの上で、低い声域を強調したヴォーカルを聴かせるレイラのパフォーマンスが光る曲だ。厳かな雰囲気のトラックに乗って、軽やかに言葉を繰り出すレクレーの姿も格好良い。厳粛な雰囲気とダイナミックなグルーヴが一体化した良曲だ。

また、ティファニー・ガッシュとのデュエット曲”What U Need”は、メアリーJ.ブライジの作品を彷彿させる、ヒップホップの要素を取り込んだ重厚なトラックが魅力的な楽曲。シンセサイザーを使った重いビートに乗って、艶めかしい歌声を響かせるミディアム・ナンバーだ。サビで聴かせる硬い声による荒っぽい歌唱が、メアリーJ.ブライジにそっくりなところも面白い。脇を固めるティファニーの歌唱が、彼女のパフォーマンスを引き立てている点も見逃せない。

そして、本作の収録曲では少し異色なのが”Won't Let It Go”だ。アコースティック・ギターの演奏を軸に据えたバック・トラックに乗せて、淡々と歌う彼女の姿が魅力のミディアム・バラード。しなやかなメロディはダニーの作品を思い起こさせるが、サビのところでヒップホップのライブのようなコール&レスポンスを盛り込んで見せるなど、ほかの曲とは一味違う演出が加わっていて面白い。21世紀を生きる彼女の感性と、往年のジャズやソウル・ミュージックのエッセンスがうまく混ざり合った佳曲だ。

今回のアルバムは、流麗なメロディに繊細さと強靭さを兼ね備えた歌声、きめ細やかな歌の表現が合わさった、シンプルで味わい深い楽曲が揃っている。そこに、シンセサイザーを駆使した現代的なサウンドを得意とするティファニー・ガッシュのプロダクション技術が加わり、70年代のソウル・ミュージックを彷彿させる美しいメロディと、2017年のR&B作品らしいモダンなサウンドが同居した、懐かしさと新しさが同居した作品に仕上がっているのが面白いところだ。この、往年のソウル・ミュージックをベースにしながら、新しい音を積極的に取り入れる姿勢が、彼女の魅力なのだろう。

リスナーに新鮮な印象を与えつつ、繰り返し聴きたいと思わせる普遍性も兼ね備えた面白い作品。ヒップホップに慣れ親しんだ若い人から、新しい音楽に抵抗のある年配の人まで、あらゆる世代の人に触れてほしい、2017年のクラシックだと思う。

Producer
Lalah Hathaway, Tiffany Gouche

Track List
1. Honestly
2. Don't Give Up feat. Lecrae
3. Change Ya Life
4. What U Need feat. Tiffany Gouche
5. Call On Me
6. Won't Let It Go
7. Storm
8. y o y
9. I Can't Wait



Honestly
Lalah Hathaway
8th Floor Production
2017-11-03

Sharon Jones & The Dap-Kings ‎– Soul Of A Woman [2017 Daptone]

アレサ・フランクリンやメイヴィス・ステイプルズを彷彿させる、ふくよかでダイナミックな歌唱が魅力のシャロン・ジョーンズを核に据え、名うてのミュージシャン達が脇を固めたスーパー・バンド、ダップ・キングス。 90年代中ごろから、ニューヨークを拠点に活動していた彼女達は、生演奏によるパワフルなパフォーマンスと、CD全盛期の時代に積極的にアナログ・レコードを発売するビジネス・スタイルが話題になり、徐々にファンを増やしていく。

また、バンドを支える演奏者の高いスキルは有名ミュージシャンの間でも注目を集め、エイミー・ワインハウスやマーク・ロンソンなどの作品に起用されたほか、バンドのメンバーが結成したメナハン・ストリート・バンドの”Make the Road by Walking”は、ジェイZなどのヒップホップの楽曲にサンプリングされるなど、様々なジャンルのアーティストから高い評価を受けてきた。

しかし、2013年にシャロン・ジョーンズの胆管癌が見つかると、その後は長い闘病生活と並行しての活動に突入する。そんな中でも、ホリデー・アルバムを含む複数の作品を発表し、病と闘いながら音楽活動を行うシャロンを題材にしたドキュメンタリー映画が発表をするなど、限られた時間の中で多くの足跡を残してきたが、2016年の11月に彼女はこの世を去ってしまう。

本作は、彼女が生前に録音した未発表曲を集めた編集盤。当初はアルバム2枚分の楽曲を作る予定だったが、本作では完成に至った11曲を収めている。

アルバムの1曲目は、本作からの先行シングルである”Matter Of Time”。ギターを担当しているビンキー・グリップタイトがペンを執ったこの曲は、三連符を効果的に使った優雅な雰囲気が魅力のミディアム・ナンバー。マヘリア・ジャクソンのゴスペル作品を思い起こさせる雄大なコール&レスポンスと、荒波のように強烈な音を繰り出すホーン・セクションのコンビネーションが面白い曲だ。

また、バンドの中心であるボスコ・マンが制作した”Just Give Me Your Time”は、60年代のジェイムズ・ブラウンを思い起こさせる激しい感情表現と、一つ一つのフレーズをじっくりと歌い込むシャロンの姿が光るスロー・ナンバー。絶妙なタイミングで彼女の歌を盛り立てる演奏が、ヴォーカルの豊かな表情を引き出した良曲だ。力技だけではない、彼女の多才な一面が垣間見れる魅力的な作品だ。

そして、ギターのジョー・クリスピアーノが提供した”Come And Be A Winner”は、軽やかなギターの伴奏が心地よいミディアム・ナンバー。ギターの音色を強調して爽やかな雰囲気を演出する手法は、スピナーズの”It’s A Shame”にも少し似ているが、この曲の演奏はもっと柔らかい。豊かな歌声を巧みに操って、リスナーに語り掛けるように歌うシャロンの姿が印象的な曲だ。

だが、本作のハイライトは何といっても彼女自身がペンを執った”Call On God”だろう。オルガンやコーラスを加えた本格的なゴスペル作品でもあるこの曲は、生演奏をバックに朗々と歌う姿が魅力的。 分厚いコーラスをバックに力強い歌声を聴かせる姿は、70年代にアレサ・フランクリンが発表したライブ録音を連想させる。闘病中とは思えない、力強さと生命力に溢れた歌唱が堪能できる名演だ。

今回のアルバムは、ふくよかで表情豊かなシャロンのヴォーカルと、ダップ・キングスの緻密な演奏が合わさった良質な作品だと思う。見方によっては、過去の路線を踏襲したようにも映るが、それをマンネリ化ではなく、バンドの一貫した作風だと思わせる説得力が、彼女達の凄いところだと思う。むしろ、病と闘いながらも、それ以前と変わらないパワフルなパフォーマンスを披露し続けている彼女と、それを普段の録音と同じような演奏で支えるバンドに、最後までブレることなく貫かれた、彼女達のチームワークと強い信念さえ感じられた。

音楽史に残る傑作を残してきた彼女達の最終作にふさわしい、充実した内容。今後、どんなシンガーを迎えても、本作みたいな音楽は作れないと思わせる力作だ。

Producer
Bosco Mann

Track List
1. Matter Of Time
2. Sail On!
3. Just Give Me Your Time
4. Come And Be A Winner
5. Rumors
6. Pass Me By
7. Searching For A New Day
8. These Tears (no Longer For You)
9. When I Saw Your Face
10. Girl! (you’ve Got To Forgive Him)
11. Call On God





SOUL OF A WOMAN [CD]
SHARON JONES & THE DAP-KINGS
DAPTONE RECORDS
2017-11-17

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ