ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

日本

Misia - MISIA SOUL JAZZ SESSION [2017 Ariola, Sony]

1998年にシングル”つつみ込むように...”でメジャー・デビューすると、レコード店やラジオなどを中心に大ブレイク。同年に発表された初のアルバム『Mother Father Brother Sister』は250万枚を売り上げるヒット作になり、宇多田ヒカルや小柳ゆきともに、日本にR&Bブームを巻き起こした、長崎出身のシンガー・ソングライター、ミーシア。

その後も、”Everything”や”眠れぬ夜は君のせい”などのヒット曲を送り出す一方、2010年の南アフリカ・ワールド・カップでは”MAWARE MAWARE ”をオフィシャル・ソングとして提供。2017年に入ってからも、映画「シング」の日本語吹替え版で、内気な象の少女ミーナ役を担当し、劇中ではスティーヴィー・ワンダーの”Don't You Worry 'bout a Thing”などを歌い上げるなど、「歌」がメイン・テーマの同作を盛り上げた。

このアルバムは、2016年の『Love Bebop』以来、約1年半ぶりの新作。2016年に『Blue Note Jazz Festival in Japan 』で共演したトランペッターの黒田卓也を迎えて制作された、彼女にとってソウル・ジャズ・アルバム。実力に定評のある面々を揃えた、黒田率いるバンド・メンバーの演奏をバックに、彼女の持ち味であるパワフルなヴォーカルと豊かな表現力を惜しげもなく披露している。

アルバムのオープニングを飾るのは、99年にリリースされたシングル曲”BELIEVE”。彼女自身が作詞を、佐々木潤が作曲を担当したミディアム・ナンバーのリメイクは、原曲よりも重くゆったりとしたビートの上で、じっくりと歌い込む姿が印象的だ。年齢を重ねても声量や表現力が安定している点も驚きだが、オリジナルに比べて一つ一つの言葉を丁寧に歌う緻密さが増した点も見逃せない。華やかなホーン・セクションやキーボードの伴奏も、彼女のグラマラスな歌声の良さを引き出している。

続く”来るぞスリリング”は、本作が初出の新曲。キヨシが作詞、林田健司が作曲したこの曲は、ジャズ・ギタリストとしても活躍しているラウル・ミドンがゲスト参加したアップ・ナンバー。勇壮なホーン・セクションや荒々しいパーカッションを響かせるバック・バンドが格好良い、ラテン色の強い曲だ。ダイナミックな演奏にあわせて、緩急を効かせた歌声を響かせるミーシアの存在感が光っている。日本人の琴線を突く歌謡曲のメロディと、インコグニートを彷彿させるジャズやソウルが融合したサウンド、そしてミーシアの豊かな表現力が合わさった名演だと思う。

また、テレビゲーム「信長の野望・大志」のテーマ曲として作られた新曲”運命loop” は”来るぞスリリング”と同じキヨシ&林田健司のコンビが手掛けた作品。インコグニートを思い起こさせるジャズとソウルが融合したサウンドは”来るぞスリリング”とよく似ているが、こちらは明るく洗練された雰囲気の曲。戦国時代を舞台にしたテレビ・ゲームのテーマ曲だが、曲調は現代のUKソウルっぽい。マーカス・ミラーの演奏がソウルフルなアレンジを引き立てている点も見逃せない。

それ以外の曲では、甲斐バンドが77年に発表した”最後の夜汽車”のカヴァーが面白い。しっとりとしたメロディの歌謡バラードを、なめらかでふくよかな歌声を駆使して丁寧に歌い上げている。ビートは抑え気味の、ヴォーカルを強調したアレンジだが、歌謡曲っぽさはあまり感じない。上田正樹やオリトのような、黎明期のジャパニーズR&Bにも通じる、絶妙なバランスが光る佳曲だ。

今回のアルバムでは、彼女のヒット曲から往年の名曲のカヴァーまで、色々なタイプの演奏を収録しているが、散漫な印象は感じられない。彼女の高い歌唱力や、黒田卓也を中心としたバンド・メンバーの絶妙なアレンジ技術も大きいと思うが、それ以上に大きいのは、彼女の代表曲に多い壮大なスケールのバラードが収録されていないことだと思う。バラード自体は取り上げているものの、「キャリア発のソウル・ジャズ・アルバム」という本作のコンセプトに合致したものに留め、手を広げすぎなかったことが本作に統一感を与えているのだと思う。

高い歌唱力を活かしつつ、本格的なバンド・サウンドを取り入れることで、成熟した大人向けのソウル・ミュージックに仕立て上げた傑作。海外産のポップスを愛聴している人には日本産の音楽のレベルの高さを、邦楽が好きな人には、音楽の世界の奥深さを教えてくれる、魅力的なアルバムだと思う。

Track List
1. BELIEVE
2. 来るぞスリリングfeat.Raul Midon
3. 真夜中のHIDE-AND-SEEK
4. 運命loop feat.Marcus Miller
5. オルフェンズの涙
6. It's just love
7. The Best of Time
8. 陽のあたる場所
9. 最後の夜汽車





MISIA SOUL JAZZ SESSION
MISIA
アリオラジャパン
2017-07-26

G.Rina - 想像未来 feat. 鎮座DOPENESS[2017 plusGROUND, Victor]

2003年に、アルバム『サーカスの娘』でレコード・デビュー。その後は、自身名義でも作品を発表する一方、2008年にはビクター・エンターテイメントからカヴァー集『The Nightbird ~ Goodings RINA NONSTOP COVERS~』をリリース。それ以外にも、トーフビーツの”No. 1”やドリアンの”Natsu No Owari”、土岐麻子”Fools Fall In Love”や坂本冬美の”秋まつり、お月さま”で、制作やヴォーカルを担当するなど、幅広いジャンルで活躍している東京出身のシンガー・ソングライター、G.リナ。彼女が2017年に発売したアルバム『Live & Learn』からのリカット・シングルが本作だ。

アルバムのオープニングを飾ったこの曲は、東京出身のラッパー、鎮座ドープネスをフィーチャーしたアップ・ナンバー。乾いたギターとアナログ・シンセサイザーの音色を駆使したモダンなサウンドが、リック・ジェイムスを思い起こさせるクールな楽曲だ。

しかし、本作の目玉は何といっても、フランスのディギー・ダウンからリリースされた初のソロ・アルバム『Move Your Body』好評な、青森県八戸市出身のプロデューサー、T-グルーヴこと高橋佑貴がトラックを担当したリミックス・ヴァージョンだ。

記憶違いでなければ、T-グルーヴがメジャー・レーベル発の日本語曲に携わるのは今回が初めて。しかも、これまでの作品でコラボレーションしてきた、エノイス・スクロギンスやウィンフリーのような、豊かな声量と表現力がウリの歌手とは対極の、透き通った歌声と繊細な表現が魅力の女性シンガーへのトラック提供という、一筋縄にはいかないお題に取り組んでいる。

そんな彼女の楽曲に対し、彼は普段の作品よりも少しだけベースの音を強調したトラックを提供。彼女のモダンな音楽としなやかなヴォーカルの良さを引き出している。

G.リナのヴォーカルは、ビヨンセよりもアリーヤに近い、日本でいえば、矢野顕子やカヒミカリイのようなタイプの歌手だと思う。端的に言えば、あらゆるトラックを力強い歌声で自分の色に染め上げる人ではなく、歌の持つ個性をうまく取り込むタイプのシンガーだ。そんな彼女の個性を活かし、キーボードやベースなどの演奏を少しだけ強調したトラックを制作するセンスの高さは圧巻の一言。

また、演奏者には、彼の作品では欠かせない存在であるナカシマ・タカオやドゲット・ブラザーズのグレッグ・ドゲットなどの名手を集め、グルーヴや音色は欧米向け作品と変わらないものにしている点も見逃せない。この拘る点と調整すべき点を選別する編集能力の高さが、楽曲に往年のディスコ音楽の雰囲気と、日本人ミュージシャンが作るポピュラー・ソングの繊細さを両立しているのだと思う。

確固たる個性を持ちながら、演歌歌手やアイドル、海外アーティストとの仕事でコミュニケーション・スキルを磨き上げてきた、彼女達にしか作れない本格的なダンス・ナンバー。複数のミュージシャンによる、コラボレーション作品の一つの理想形といっても過言ではないと思う。

Track List
1. 想像未来 feat. 鎮座DOPENESS
2. 想像未来 feat. 鎮座DOPENESS (T-Groove Remix)
3. 想像未来 feat. 鎮座DOPENESS (Inst)
4. 想像未来 feat. 鎮座DOPENESS (T-Groove Remix Inst)




T-Groove - Move Your Body [2017 Diggy Down Recordz]

2014年に、ソフィスティケイテッド・ファンクの名義で発表したシングル”Move Your Body”(本作のタイトル・トラックとは同名異曲のインストゥメンタル作品)を皮切りに、多くの楽曲をリリース。トム・グラインドの”Soul Life”をリミックスして、大手クラブ・ミュージック配信サイトで1位を獲得したほか、マックレイの”Show Me”や、サン・ソウル・オーケストラの”Can't Deny It”、レネ・ローズの”Funky Attitude”などのリミックスをUKソウル・チャートの2位に送り込み、自身の名義の作品でも、ソーシー・レディーをフィーチャーした”Spring Rain”や、ダイアン・マーシュが参加した”Everybody Dance”などが、ヨーロッパのラジオ番組でヘビー・プレイされている、青森県八戸市出身、東京在住のプロデューサー、T-グルーヴこと高橋佑貴。彼の待望のフル・アルバムが本作だ。

5月にリリースされたフランスの音楽ユニット、トゥー・ジャズ・プロジェクトとのコラボレーション作品『Cosmos 78』から、僅か1か月という短い間隔で発売された今回のアルバム。”Spring Rain”こそ入っていないが、それ以外の既発曲は全て収録。配給は、エノイス・スクロギンスなどのディスコ・ミュージック、ファンク作品を扱っていることで知られている、フランスの名門、ディギー・ダウン・レコーズで、ゲスト・ミュージシャンには、レーベル・メイトのエノイスやブライアン・トンプソンのほか、日本やヨーロッパで人気のある、オハイオ州トレド出身のトーク・ボクサー、ウィンフリーや、『Cosmos 78』での共演も記憶に新しいトゥー・ジャズ・プロジェクト。ボストンを拠点に活動しているプロデューサー兼マルチ・プレイヤーのモノローグこと金坂征広や、ゴスペル・ギタリストの上条頌、T-グルーヴの作品には欠かせない存在となっている、なかしまたかおベイベーらが集結。実力派ミュージシャンを惹きつけて止まない、彼の魅力が遺憾なく発揮された本格的なソウル作品になっている。

アルバムのオープニングを飾るのは、ブライアン・トンプソンを起用したタイトル・トラック”Move Your Body”。グレッグ・ドジェット(from ドジェット・ブラザーズ)のボコーダーと、ブーツィー・コリンズを彷彿させる、なかしまたかおのグルーヴィーなベースが心地よいダンス・ナンバー。ボコーダーを駆使したスタイリッシュなサウンドは、ダフト・パンクの”Get Lucky”を思い起こさせるが、こちらの曲では、ブライアン・トンプソンが恵まれた歌声を惜しげもなく披露して、ソウルフルに纏めている点が大きく異なる。

これに対し、ウィンフリーをフィーチャーした”I'll Be Right Here”は、セオ・パリッシュやムーディマンを連想させる、洒脱な雰囲気が印象的なアップ・ナンバー。ハウス・ミュージックと生演奏を融合したモダンなトラックの上で、トーク・ボックスが武器のウィンフリーに、そのままの声で歌わせる発想の柔軟さと、それを形にする各人の高い技術力が光る佳曲だ。

また、エノイス・スクロギンスを招いた”Let Your Body Move”は、エノイスの作品ではあまり聴けないディスコ・ブギー。ストリングスのような音色のシンセサイザーを使い、音数を絞ったメロディで彼のバリトン・ヴォイスをじっくりと聴かせている。ストリングスっぽい音を使った流麗な伴奏と、一音一音をじっくり聴かせるヴォーカルはバリー・ホワイトを連想させる。バリーが今も生きていたら、こんな曲を歌っていたんじゃないかという想像が膨らむエレガントなディスコ音楽だ。

そして、本作では珍しいハウス・ミュージックのシンガーを起用した”Everybody Dance (Gotta Get Up & Get Down Tonight)”は、ダイアン・マーシュがヴォーカルを担当したミディアム・ナンバー。煌びやかな音色を散りばめたトラックと、ダイナンのキュートな歌声が心地よい。フランキー・ナックルズのハウス・ミュージックのような華やかで緻密な音作りと、ダイアンのソウルフルなヴォーカルを思う存分堪能できる。

このアルバムを聴いて真っ先に思い出したのは、ディー・ライトの一員としてデビューしたテイ・トウワの存在だ。留学先のニューヨークでデビューしたテイと、インターネットの音楽投稿サイトから火が付いたT-グルーヴでは、経歴も音楽性も全く異なる。だが、欧米のポピュラー・ミュージックに自身の解釈を加え、本場のミュージシャンと互角に戦える独創性な作品を生み出すT-グルーヴの作品からは、ディー・ライトの一員として国籍や人種の壁を感じさせない音楽で大きな足跡を残したテイの姿がダブって見える。

また、日頃、色々な国のミュージシャンの作品を聴いていて感じることだが、日本人ミュージシャンの最大の弱みは「日本人であること」に固執していることだと思う。ヒップホップやR&Bでは特に顕著だが、「ジャパニーズ〇〇」に固執するあまり、自身の実像や音楽シーンの潮流からかけ離れた、独り善がりな作品に陥ることが少なくない。フランク・デュークスやミッシー・エリオットと組んで、アメリカのヒップホップをアジア人向けにカスタマイズした韓国G-ドラゴンや、スーダンアメリカイギリスの3ヵ国で過ごした経験をフルに活かした作風がウリのシンケイン、アメリカのヒップホップを意識しつつ、時刻アフロ・ビートを取り入れて独自性を発揮したナイジェリアワイシーのような、「人種や国籍などのアイデンティティ」「ミュージシャンとしての個性や技術」「時代の変化を嗅ぎ取る嗅覚」のバランスが取れた人は、日本人では非常に希少だと思う。

東京の雑駁さなど、日本人的な要素を随所に盛り込みながら、人種や国籍を意識させない普遍性も兼ね備えた唯一無二の作品。ソウル・ミュージックが好きな人からクラブ・ミュージックが好きな人まで、あらゆる人の琴線に引っ掛かりそうな面白い作品だ。

Producer
Yuki "T-Groove" Takahashi

Track List
1. Move Your Body feat. B. Thompson
2. Roller Skate feat. The Precious Lo's
3. I'll Be Right Here feat. Winfree
4. Family feat. Jovan Sammy
5. Let Your Body Move feat. Enois Scroggins
6. Everybody Dance (Gotta Get Up & Get Down Tonight) feat. Diane Marsh
7. Let's Get Close feat. –Ice
8. Why Oh Why feat. Winfree
9. Call It Love feat. B. Thompson
10. Stuck Like Glue feat. Maddam Mya
11. All Night Long "T-Groove Remix" feat. B. Thompson
12. Do You Feel The Same? Feat. Leon Beal
13. Move Your Body (Rob Hardt Remix) feat. B. Thompson






記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ