melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

日本

E-girls - My Way feat. FIRE BALL, MIGHTY CROWN & PKCZ® [2018 Rhythm Zone, avex]

EXILEを筆頭に、三代目J Soul BrothersやGenerations、Rampageなどの個性的なグループを輩出する一方、DOBERMAN INC(現在のDOBERMAN INFINITY)やm-flo、Crystal Kayといった、叩き上げのヒップホップ、R&Bアクトを巻き込んで拡大を続けるLDH。同エージェント初の女性グループがE-girlsだ。

「EXILEのDNAを受け継ぐガールズ・グループ」をコンセプトに結成された彼女達は、ヒップホップに根差したダンスやヴォーカルと、ファッション・モデルとして活躍するメンバーもいる端麗な容姿が強み。2013年に”Celebration!”(Cool & The Gangの同名作品とは別曲)でレコード・デビューすると、2017年までにリリースした4枚のスタジオ・アルバムが、オリコンのアルバム・チャートの1位を獲得し、ゴールド・ディスクに認定されるなど、LDHの看板グループのひとつとして活躍してきた。

本作は、2018年2月の”Pain, pain”以来となる、通算23枚目のシングル。彼女達にとって、初の配信限定作品であり、初のコラボレーション・シングルでもある。このシングルでは、99年のWorld Clash in NYを皮切りに、世界中のサウンド・クラッシュを制覇し、アジアを代表するサウンド・システムとして知られているMighty Crownと、同システムのメンバーからなるレゲエ・グループ、Fire Ball、m-floのVerbalや元EXILEのDJ MAKIDAIなどからなるヒップホップ・ユニット、PKCZ® と組んでいる。

タイトル・トラックの “My Way”は、ダブを連想させる強烈なエフェクトをかけた、ゆったりとしたテンポのリディムと、彼女達の妖艶な歌声から始まるダンス・ナンバー。Mighty Crownの手による高揚感のあるリディムと、荒々しいFIRE BALLのDJ、E-girlsのエネルギッシュなパフォーマンスが合わさった、格好良いダンスホール・レゲエ作品に仕上がっている。

これに対し ”Let’s Feel High”は、グラマラスなリディムの上で、FIRE BALLとPKCZ®の面々が個性豊かなパフォーマンスを繰り出す華やかな作品。フックを担当するE-girlsの荒々しいヴォーカルは、百戦錬磨のゲストたちのパフォーマンスにも見劣りしない迫力がある。どちらの作品も、Mighty Crownの作品と勘違いしそうな、尖ったリディムを採用している点も面白い。

このシングルを聴いてて感じたのは、彼女達とLDHの大胆で緻密な曲作りと戦略だ。男性DJを起用することが多いMighty Crownと組むことで、彼らの作品とも、彼女達の作品とも一線を画した、新鮮で独創的な曲を生み出している。また、配信限定の楽曲として尖ったレゲエ音の作品を発表することで、「CDの売り上げ」で判定される日本のヒット・チャートの呪縛から逃れつつ、世界中の音楽好きに向けて、彼女達の存在をアピールすることに成功していると思う。

ポップス界の一線で活躍するグループとは思えない、本格的なレゲエのサウンドと、彼女達の魅力であるキャッチーでスタイリッシュなR&Bが融合した、異色の作品。日本でも本格的なダンスホール・レゲエがポップスのいちジャンルとして受け入れられるのではないか?そんな期待を抱かせる良曲だ。

Producer
Mighty Crown

Track List
1. My Way feat. FIRE BALL, MIGHTY CROWN & PKCZ®
2. Let’s Feel High feat. FIRE BALL, MIGHTY CROWN & PKCZ®





SKY-HI - Free Tokyo [2018 avex]

AAAのメンバーとして、”恋音と雨空”や”逢いたい理由”などのヒット曲を残し、紅白歌合戦への出演や東京ドーム公演といった大舞台も経験する一方、一人のヒップホップ・アーティストとしても、Mother Ninjaや西風雲といったユニットを経て、着実に実績を残してきたのが、SKY-HIこと日高光啓だ。

ウィットに富んだ歌詞と、爽やかで耳当たりの良い声が魅力の彼は、ポップスの要素を取り入れた本格的なヒップホップ・アーティストとして、AAAのファンやヒップホップ好きに留まらない、様々な人々からの支持を集めてきた。また、2017年には上海や香港、ニューヨークやロンドン、パリでの公演を含むワールド・ツアーを成功させている。

そんな彼が、2018年8月7日から2週間限定で無料公開したのが、このミックス・テープ『Free Tokyo』(21日以降は有料で配信)だ。これまでにもアルバム『Marble』を600円で販売し、Ed Sheeranの”Shape of You”や、Logicの”1-800-273-8255”のトラックに自身のラップを乗せた作品を、自身のYouTubeのアカウントから発表するなど、大胆な発想と行動が話題になってきた彼。この作品は、日本のアーティストとしては史上初、海外でもBTSのJ-Hopeの『Hope World』くらいしか例のない、「無料で配布された商業作品」になっている。

アルバムの1曲目に収めらているタイトル・トラック”Free Tokyo”は、ピアノっぽい音色の演奏の伴奏に乗せて、自身の半生を綴ったラップが心に残る作品。「左耳の障害が俺にくれたフロウ&ライム」「AK(69)やAnarchy、Norikiyoにはなれないし、だからこそいつでも自分でいれることが大事」といったフレーズは、華やかな舞台で活躍し、新しい音楽と試みで周りを驚かせてきた彼の葛藤と、真摯に音楽に向きあってきた姿を反映している。

続く”Name Tag”は、”Free Tokyo”の曲中でも言及されていたSALUと、韓国のソウル出身、現在は大阪を拠点に活動するMoment Joonを招いた曲。リズム・マシーンを駆使した変則ビートと、日本のヒップホップ界では珍しい出自の三者による「出自ではなく、自分の実力で評価を勝ち得る」ことを綴ったリリックが面白い作品。なかでもMoment Joonのパートは「あ、銃の話?撃ったことのない癖に?」「俺の財布には札の代わりに在留カード、黙って働く、それが日本が提示する〇〇(聞き取れず「条件」などの意味か?)」など、日本に移住した韓国人という独特の立ち位置にいる彼にしか描けない、個性的なものになっている。

また、本作の収録曲では唯一、陽気な雰囲気の”I Think, I Sing, I Say”は、Paloalto率いるHi-Lite Records所属の韓国人ラッパーReddyを起用したもの。シンセサイザーの軽やかな伴奏に乗せて、「世界には色々な人がいるけど、俺はみんなを尊重するし、自分で考えて、歌うし、言葉を発するよ」(大意)という前向きなメッセージを打ち出した曲。日本語と韓国語、異なる言語で言葉を紡ぐ二人が、同じ方向を向いてメッセージを投げかける姿が印象的だ。

そして、本作の最後を締めるのが”The Story Of "J"”は、ホラー映画を思い起こさせるおどろおどろしい伴奏が心に残る楽曲。「全部聞かないとわからない、昔の話、覚えてない」というサビのフレーズの通り、最後まで聴かないと内容を誤解してしまう、細部まで作り込まれたラップが光る曲。Eminemの”Stan”にも通じる、起伏のあるストーリー性と、絶妙な言葉選びが光っている。

今回のアルバムは、これまでのソロ名義やグループでの活動を踏まえつつ、これらの活動と一線を画したものになっている。今年の3月に発売したベスト・アルバム『ベストカタリスト -Collaboration Best Album-』や、6月に発表したシングル”Snatchaway/Diver's High”では、バンドの演奏を盛り込んだトラックを取り入れ、2018年のツアー「SKY-HI TOUR 2018 -Marble the World-」では、大人数のバンドを帯同している。しかし、本作では、トラックの殆どをコンピュータで組み立てるなど、近年のスタイルとは大きく異なるものになっている。

また、私的な事柄を扱ったものや、複雑怪奇な表現を織り込んだリリック、通好みのラッパーを起用したゲスト陣などは、ヒップホップとポップス、両方の世界で活躍する彼の作品としては、非常にヒップホップ界寄りで、尖ったものになっている。この、過去の作品とは一線を画した独特の制作スタイルが、日本では異例の無料配信を実現したのだと思う。

発売日翌日の彼のブログでは、日本の音楽業界に対する危機意識が鋭い筆舌で語られていたが、この問題意識に対する一つの答えを、作品という形で表明した歴史的なアルバム。CD、テレビ、ラジオ、ライブ、そしてインターネット、あらゆるメディアを舞台に表現者として活躍してきた彼にしか生み出せない、作品の内容と配布方法、両方の視点から新しい音楽のビジネスの可能性を打ち出した歴史に残る名作だ。

Producer
Sky-Hi

Track List
1. Free Tokyo
2. Name Tag feat. SALU & Moment Joon
3. What are you talking about? feat. Hideyoshi & Novel Core
4. I Think, I Sing, I Say feat. Reddy
5. Dystopia
6. The Story Of "J"






赤西仁 – A la carte [2018 Go Good, Universal]

ジャクソン5のリード・シンガーからキャリアをスタートし、キング・オブ・ポップとして音楽史にその名を刻んだマイケル・ジャクソンを筆頭に、メヌードを経て中南米を代表するシンガーに上り詰めたリッキー・マーティンや、イン・シンクのリード・ヴォーカルから、大統領の前でパフォーマンスを披露する、アメリカ屈指のソウル・シンガーになったジャスティン・ティンバーレイクなど、世界各地で大きな足跡を残している、ボーイズ・グループ出身のアーティスト達。彼らのようにボーイズ・グループで経験を積み、ソロ・アーティストとして大きく飛躍した日本人の一人が、元KAT-TUNの赤西仁だ。

2001年にグループの一員として活動を開始すると、レコード・デビューの前でありながら、東京ドームでのライブを成功させるなど、規格外の活躍を見せる。その後、2006年にシングル”Real Face”でメジャー・デビュー。B'zの松本孝弘の手によるハードなロックのサウンドにダンス・ミュージックの要素を組み合わせた楽曲と、やんちゃな雰囲気の中にも大人の色気を感じさせるパフォーマンスが注目を集め、アメリカの音楽情報サイト、ローリング・ストーンが2013年に発表した「男性ヴォーカル・グループの名曲50選」に、日本のグループでは唯一選出された。また、シングル自体も100万枚を超える売り上げを記録するなど、華々しいデビューを飾った(余談だが、同作は2018年7月末現在、日本国内で100万枚以上の売り上げを記録した、最後のデビュー・シングルである)。

その後も、歌手や俳優として一線で活躍を続けるが、海外志向が強い彼は2010年にグループを脱退し、ソロに転向。翌年には念願のアメリカ・ツアーを決行し、海外向けのアルバムをリリースするなど、自身の夢に向かって歩み始める。また、2014年以降は個人事務所を設立。楽曲の配信を開始し、中国公演を成功させるなど、目標に向けて着実に結果を残してきた。

このアルバムは、彼にとって初のリアレンジ・アルバム。これまでにリリースした作品をアレンジし直した楽曲に、新曲を加えている。過去の作品同様、彼自身がプロデュースを担当。その一方で、共同制作者にDJスウィングを迎え、アルバムの発売に先駆けて収録曲をライブで披露するなど、2018年の彼のスタイルを強調した作品になっている。

本作の1曲目は、唯一の新曲である”Feelin'”。制作にDr.スウィングが参加したこの曲は、ジェイソン・デルーロやジャスティン・ビーバーの音楽を思い起こさせる、鮮やかな音色の上物と、跳ねるようなハウスのビートが格好良いアップ・ナンバー。流れるようなメロディを歌う、赤西のセクシーな歌声が聴きどころ。

続く”Go Higher”は、2013年のアルバム『#JustJin』の限定版に収録されている曲のリメイク。太い低音が印象的なR&B色の強い原曲を、鋭い高音の伴奏を強調したEDMの要素を含むヒップホップにリメイク。スマートでありながら、芯の強いヴォーカルと激しいダンスが魅力の彼にふさわしい、華やかでスタイリッシュなダンス・ナンバーに仕上がっている。

これに対し、2015年のアルバム『Me』の収録曲をリメイクした”Dayum”は、四つ打ちのビートにギターやハンド・クラップを乗せた賑やかなダンス・ナンバーの原曲を、重いドラムとピアノの音色の伴奏を組み合わせたトラックでスタイリッシュなR&Bに再構築した作品。複数のビートを組み合わせて、楽曲に起伏をつけるアレンジは、歌とダンスで勝負するライブを意識したものか。30代前半で20年近いキャリアを誇る彼の艶めかしい歌声にも注目してほしい。

そして、本作に先駆けてリリースされた”Baila”は2014年のEP『Mi Amor』の楽曲のリメイク。曲名の「Baila」を連呼するイントロでリスナーの期待を掻き立てる演出が心憎い。原曲ではホーンの音色などを盛り込んでいたが、今回のリアレンジ版では、ビートを強調したシンプルなアレンジに仕上げている。

このアルバムを聴いていて強く感じたことは、彼のアーティストとしての高い表現力だ。声量よりも繊細で色っぽい表現をウリにするヴォーカルと、複雑で激しいダンスを武器にする彼。このアルバムでは、そんな彼の持ち味が活きる、洗練されたメロディと、尖った音のトラック、複数のビートを組み合わせたアレンジの曲が並んでいる。

また、アルバムに先駆けて公開された、収録曲のライブ・パフォーマンス映像を観ると、アジア系シンガーの魅力であるスマートなヴィジュアルに、KAT-TUN時代のやんちゃ坊主のような雰囲気と、30代を迎えて際立つようになった大人の色気が合わさった、現在の彼の魅力を引き出すアレンジに仕上げていることに気づかされる。この、自身の魅力を理解しつつ、それに合った音や舞台を用意できる技術と人間関係が、彼の音楽を特別なものにしていると思う。

新しい音を取り入れつつ、あくまでも「赤西仁」であり続ける彼の現在の姿を象徴した一枚。音とビジュアルの両方で自分の魅力を引き出し、観客を魅了する姿は、マイケル・ジャクソンやリッキー・マーティンと並べても見劣りしない。現代のアジアを代表するポップ・スターだと思う。

Producer
Jin Akanishi

Track List
1. Feelin'
2. Go Higher (Rearranged)
3. Ain't Enough (Rearranged)
4. Slow (Rearranged)
5. Dayum (Rearranged)
6. Baila (Rearranged)
7. Mami Loca (Rearranged)
8. One Last Time (Rearranged)
9. Heart Beat (Rearranged)
10. Opaque (Rearranged)
11. Can't Get Enough (Rearranged)
12. Summer Loving (Rearranged)
13. Hey What's Up? (Rearranged)
14. Mi Amor (Rearranged)





A la carte(初回限定盤)(DVD付)
赤西仁
ユニバーサル ミュージック
2018-08-01

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ