ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

演奏者

Kamasi Washington - Harmony Of Difference [2017 Young Turks]

カリフォルニア州ロス・アンジェルス生まれ、イングルウッド育ちのサックス奏者、カマシ・ワシントン。

高校時代から音楽を学んでいた彼は、大学に進むと音楽民族学を専攻しながら、ジャズ・ミュージシャンとしても活動を開始。ケニー・バレルやビリー・ヒギンスといった大物とも共演してきた。その後、ハービー・ハンコック等のジャズ・ミュージシャン達と仕事をしながら、ローリン・ヒルやスヌープ・ドッグといった、ヒップホップやR&Bのミュージシャンともレコーディングをするようになった彼は、名うての演奏者として同業者の間では知られた存在となった。

その一方で、2000年代中頃から、自身の名義でも2000年代中頃から継続的に作品を録音するなど、精力的に活動していた彼。そんな彼は2014年から2015年にかけて、フライング・ロータスの『You're Dead! 』、ケンドリック・ラマーの『To Pimp A Butterfly 』、サンダーキャットの『The Beyond / Where The Giants Roam』という3枚の傑作に携わったことで注目を集める。これらの作品で印象的な演奏を残した彼は、2015年にフライング・ロータス等の作品を配給しているブレインフィーダーからアルバム『The Epic』をリリース。CD3枚組という大作ながら、壮大なスケールと先鋭的なアレンジ、緻密な構成で高く評価された。

このアルバムは、今年の4月に配信限定で発売した13分にも及ぶ大作シングル”The Truth”から約5か月という、短い間隔でリリースされたEP。同曲に5作の新録曲を加えた本作では、ベーシストのマイルズ・モズリーや、サンダーキャットの実兄としてもお馴染みのドラマー、ロナルド・ブルーナー、アルバム『Planetary Prince』も好評なキャメロン・グレイブスなど、彼と縁の深い人気ミュージシャン達が集結。高い演奏技術と豊かな表現力を惜しみなく聴かせている。

本作の1曲目は、艶めかしいサックスの音色が印象的な”Desire”。マイルス・モズリーのグラマラスなベースと、目立たないが安定した演奏で主役を引き立てるロナルド・ブルーナーのドラム。そして、各人が絶妙なタイミングで流麗なフレーズを挟み込む構成が魅力の作品だ。ミディアム・テンポで滑らかなメロディの楽曲ということもあり、過去の録音にはないくらい、ロマンティックな印象を受ける。

また、これに続く”Humility”は、前曲とほぼ同じ編成でダンス・サウンドに取り組んだ作品。カマシ・ワシントンを含む3人のホーン・セクションが奏でるダイナミックなメロディと、荒々しいアドリブ、脇を固めるリズム・セクションと鍵盤楽器のコンビネーションが光っている。60年代初頭、ハンク・モブレーやリー・モーガンが残したような、力強く躍動感に溢れるパフォーマンスが堪能できる佳作だ。

それ以外の曲では、サックスが奏でる滑らかなメロディが魅力の”Perspective”が目立っている。ヒップホップやファンクのビートを取り入れたミディアム・ナンバーは、スライ&ザ・ファミリーストーンの”Family Affair”を連想させるしなやかなグルーヴが格好良い曲だ。

そして、本作の収録曲では異彩を放っているのが、5曲目の”Integrity”だ。この曲で取り入れたのは、なんとボサノバのリズム。軽妙で洗練されたボサノバのグルーヴに乗って、艶っぽい演奏を披露している。キャノンボール・アダレイやスタン・ゲッツなど、ブラジル音楽のエッセンスを取り入れたジャズ・ミュージシャンは沢山いるが、彼のような極端にセクシーなパフォーマンスを披露した例はあまりないかもしれない。

今回のアルバムでは、前作の路線を踏襲しつつ、60年代のジャズに歩み寄った作品といえるかもしれない。ファンクやブラジル音楽など、ジャズ以外の音楽エッセンスを取り入れた音楽は、60年代から70年代にかけて流行したが、彼はそこにヒップホップやエレクトロ・ミュージックのミュージシャンとコラボレーションする中で培った、DJやトラックメイカーの編集技術を盛り込むことで、異なる音楽を混ぜることで生まれる違和感をコントロールし、楽曲に起伏を付けている。

DJやトラック・メイカーの柔軟な発想と、求める音を確実に具体化する演奏者としての高い技術が同居した魅力的な作品。昔のジャズに慣れ親しんだ人にも、ジャズをあまり聞かない人にも、親しみやすく新鮮な面白いアルバムだと思う。


Track List
1. Desire
2. Humility
3. Knowledge
4. Perspective
5. Integrity
6. Truth




Torii Wolf - Flow Riiot [2017 TTT]

80年代から2000年代前半にかけて、ヒップホップ・デュオ、ギャングスターの一員として活躍する一方、プロデューサーとしてノートリアスB.I.G.ジェイZからジャネット・ジャクソンやクリスティーナ・アギレラまで、多くの人気ミュージシャンを手掛けてきた、ヒューストン生まれニューヨーク育ちのDJでプロデューサー、DJプレミアことクリストファー・エドワード・マーティン。

近年もラッパーをフィーチャーした自身名義のアルバムをリリースしたり、バンド・メンバーを連れたツアーを行ったりするなど、精力的に活動している彼。そんな彼の全面的なバック・アップを受けてデビューしたのが、このトリイ・ウルフだ。

2016年に配信限定のシングル”1st”で表舞台に躍り出た彼女は、DJプレミアがプロデュースしたシンガーという話題性と、ビヨークを彷彿させる神秘的なヴォーカルで、音楽好きの度肝を抜いた。

その後も、DJプレミアらしい、サンプリングを多用したヒップホップのトラックに、しなやかで繊細なヴォーカルを組み合わせた独特のスタイルの楽曲で注目を集めてきた彼女、待望のフル・アルバムではその路線を踏襲しつつ拡大した、音楽ファンの期待を裏切らない音楽を聴かせてくれる。

彼女のデビュー曲”1st”は、DJプレミアがプロデュースしたディレイテッド・ピープルズの”Good As Gone”をサンプリングしたミディアム・ナンバー。ポロポロと鳴り響くピアノの音色が切ない、物悲しい雰囲気の作品だ。ラッパーの声をアクセントに使うことで、哀愁を帯びたメロディの曲を軽妙なヒップホップ・ソウルのように聴かせるテクニックが光っている。

これに続く”Big Big Trouble”は、同じくDJプレミアがプロデュースしたパプースの”The Plug”をサンプリングした作品。元ネタ(厳密にいえばシャーリー・ベッシーの”Light My Fire”の孫引きに当たるのだが)のフレーズを使った荘厳なストリングスの伴奏と、DJプレミアらしい精密なビートの上で、軽妙な歌唱を披露するスタイルが格好良いミディアム・ナンバー。本作で使われているビートの中では、DJプレミアがこれまでに制作したトラックに最も近い作風だが、歌い手の解釈で先鋭的なポップスに聴こえるから面白い。

また、マックルモア&ライアン・ルイスの名義で2枚のアルバムを残し、ケンドリック・ラマーを押しのけてグラミー賞を獲得したことも記憶に新しいシアトル出身のラッパー、マックルモアとDJプレミアが手掛けた”Free”は、レコードの音を組み合わせた緻密で温かいトラックに定評のあるDJプレミアと、ポップで軽快な作品を作らせたらアメリカ屈指の技術を持つマックルモアの良いところが合わさった、キャッチーでグラマラスなビートが格好良いアップ・ナンバー。DJプレミアらしい、古いレコードの音を巧みに引用した太くて温かい音を使って、シュガーヒルズ・ギャングやグランドマスター・フレッシュのような80年代のヒップホップ・ミュージシャンを彷彿させる軽やかなビートが印象的だ。このビートの上で、あえて音数を絞った流れるようなメロディを披露するトリイ・ウルフと、自身名義の作品同様、キャッチーで親しみやすいラップを披露するマックルモアの対照的なパフォーマンスが互いの長所を引き出している。全く違うスタイルの三者の個性が存分に発揮された作品にもかかわらず、それらが一体化して一つの音楽に落とし込まれている点は流石としか言いようがない。

そして、ドレイクDJキャリッドの作品に携わっているマイク・ゾンビが制作した”Pain Killer”は、ピアノっぽい音色を使った伴奏が光るスロー・ナンバー。ドラムの音を控えめにして、ふわふわとしたシンセサイザーの音色を使った幻想的なトラックの上で、丁寧にメロディを歌った作品。ポップスのバラードでありながら、エレクトロ・ミュージックやヒップホップの手法を混ぜ合わせることで、斬新な音楽に聴かせる手腕が光っている。

DJプレミアと言えば、ナズやラキムといった通好みのラッパーとのコラボレーション作品が知られる一方、ディアンジェロなどのヴォーカル曲も制作するなど、音楽に詳しくない人がイメージするヒップホップやR&Bを体現したような楽曲が多かった、そんな彼が手掛けたこのアルバムは、ディアンジェロやジャネット・ジャクソンとは全く異なる、ビヨークやトム・ヨークのような繊細な表現と先鋭的な感性が合わさった歌手とのコラボレーションという意外な組み合わせだ。しかし、様々なタイプのヒップホップを生み出してきたDJプレミアの感性と、それを独自の解釈で自身の音楽に組み替えるトリイ・ウルフの創造力が合わさったおかげで、90年代のヒップホップが持つ温かい空気と、サンダーキャットやフライング・ロータスのような斬新さが融合した、唯一無二の作品になっている。

60年代、70年代の音楽をサンプリングし、現代の音楽に再構築してきたDJプレミアの持ち味を残しつつ、現代の前衛的なクラブ・ミュージックに取り組んだ意欲作。斬新なビートと個性的なラッパーに心踊った90年代の彼を思い起こさせる、鋭い感性と高い技術が発揮されている充実の内容だ。

Producer
DJ Premier, King Of Chill, M araabMUZIK, Macklemore, Mike Zombie, Torii Wolf

Track List
1. Everlasting Peace
2. Meant To Do
3. 1st
4. Big Big Trouble
5. Body
6. I'd Wait Forever And A Day For You
7. Take It Up On Monday
8. Go From Here
9. Shadows Crawl
10. Nobody Around
11. You're Not There
12. Where We Belong
13. Free feat. DJ Premier, Macklemore
14. Pain Killer
15. Moscow






Peejay - Walkin’ Vol 2 [2017 Black Label, YG Entertainment]

歌謡曲中心だった韓国の音楽界に、ヒップホップやR&Bを持ち込んで成功を収めたセオ・タジ&ザ・ボーイズのメンバー、ヤン・ヒョンソクが96年に立ち上げたYGエンターテイメント。設立当初は韓国で着実にヒット曲を生み出していたが、2012年にPSYの”GANGNAM STYLE”とビッグバンの”Fantastic Baby”という二つのヒット曲を送り出したことで、世界から注目を集める。

同社は現在、ウィナーやアイコン、ブラックピンクといったヴォーカル・グループを売り出す一方、リル・ヨッティの作品に客演し、2017年のサマー・ソニックではブラック・アイド・ピーズのステージで共演したことも話題になった、アメリカを拠点に活動する女性ラッパーのCLや、ガラントとのコラボレーションも記憶に新しいタブロを擁するエピック・ハイのようなラップ・グループなど、個性豊かなタレントを抱える総合企業として存在感を示している。

そんな同社が、現在力を入れているのが二つのサブ・レーベル。なかでも、”Fantastic Baby”を含む多くのヒット曲を手掛けてきたテディ・パクが運営するブラック・レーベルは、YGエンターテイメント所属のタレントに楽曲を提供したり、彼らとコラボレーションしたりするなど、コアな音楽ファンを意識した作風の会社ながら、メジャーの音楽シーンを意識した活動が目立っている。

このアルバムを制作したピージェイも、ブラック・レーベル所属のクリエイターの一人。既にインディー・レーベルで多くの実績を上げていた彼は、同社でも2016年に移籍したザイオンTの『OO』を共同プロデュースし、YGの看板グループ、ビッグバンのリード・ヴォーカル、テヤンのソロ・アルバム『White Night』では、アルバムの最後を飾る”Tonight”を制作するなど、主にR&B作品で優れた仕事を残してきた。

今回のアルバムは、2014年の『Walkin’』の続編。ゲストにはテヤンやザイオンT、カッシュといったYGや系列レーベルに所属するアーティストのほか、ベーンジーノやB-フリーといった他社所属の実力派ラッパー、サッチャル・ユーンやジョーン・ユー・ジョンといった演奏家を招き、生演奏と電子楽器を組み合わせた独自の音楽に取り組んでいる。

インストゥメンタル作品のオープニング曲”After Summer Day”から続く”Stranger”は、ザイオンTとのコラボレーション曲”Just”や、少女時代のテヨンをフィーチャーした”Don't Forget”などがヒットしている男性シンガー、クラッシュを招いたアップ・ナンバー。ドラムとベースにシンセサイザーを使った太いグルーヴと、しなやかなメロディが心地湯良いアップ・ナンバー。しなやかなメロディと洗練されたバック・トラックはドネル・ジョーンズの”U Know What’s Up”やカール・トーマスの”She Is”を連想させるが、こちらの曲はクラッシュの甘い歌声を強調した優しい雰囲気に仕上がっている。

これに対し、ザイオンTを起用した”Na B Ya”は、ハウス・ミュージックを連想させる四つ打ちを軸にしたビートと、ザイオンTの繊細なヴォーカルを活かした緻密でキャッチーなメロディが魅力のアップ・ナンバー。線が細く、声質が固いザイオンの声を際立たせるため、シンセサイザー中心のシンプルな伴奏に纏め上げたピージェイのセンスが光っている。生演奏を多用した曲が多いアルバムの中で、電子楽器を駆使したこの曲を違和感なく聴かせる技術は、クラブ・ミュージック畑の本領発揮といったところか。

だが、本作の目玉は、なんといってもYGの看板グループ、ビッグバンのテヤンと、ブラック・レーベルの共同経営者で、音楽プロデューサーとしても活動しているカッシュを招いた”Warigari”だろう。 90年代のヒップホップを連想させる、太く温かいビートとジョーンの色っぽい音色のギターを組み合わせた伴奏をバックに、テヤンのダイナミックなヴォーカルを聴かせるミディアム・ナンバーだ。レゲエ・グループ、ストーニー・スカンク出身のカッシュの高揚感溢れるラップが、上品な雰囲気の楽曲を適度に盛り上げている。楽曲はピージェイが手掛けたテヤンの”Tonight”にも少し似ているが、キャッチーで陽気な雰囲気のこちらの方がテヤンのファンにはウケそうだ。

また、ラップものではベーンジーノを起用した”I Drive Slow”が特徴的。機械で作ったビートを軸に、生演奏を加えるスタイル自体は、珍しいものではないが、アドリブを盛り込みつつ、それがレコードからサンプリングされた音ネタのように機能している点は面白い。韓国の人気ラッパーでは珍しい太く硬い声質のベンジーが、歌とラップを使い分けながら、巧みにトラックを乗りこなす姿にも着目してほしい。90年代のヒップホップを踏襲した楽曲に、新しい技術や表現を埋め込んで新鮮な音に聴かせる二人の遊び心が光る作品だ。

今回のアルバムは、彼がこれまでに発表してきた作品同様、生楽器と電子楽器の音を組み合わせたものになっている。韓国のポップスといえば、ビッグバンの”Fantastic Baby”やBTSの”Blood Sweat Tears”に代表される、トラップやEDMといった電子音楽の印象が強いが(もちろん、シンブルーやAKMUのような例外もいる)、このアルバムはそれとは異なる、ジャジー・ジェフやミツ・ザ・ビーツのような生音をヒップホップと融合したサウンドで、音楽シーンの真ん中に挑戦している。彼のスタイルはYGエンターテイメントや、同社のサウンドを支えるテディ・パク達プロデューサー陣とは大きく異なるが、彼らとは異なるスタイルでありながら、きちんとヒットに結び付く作品を作っている点は、流石としか言いようがない。

このアルバムを聴くと、R&Bやヒップホップの世界で流行しているサウンドを取り入れながら、急成長を遂げた韓国の音楽市場が成熟し、多彩な作品を送り出す段階に入ったことを改めて感じさせる。彼のようなミュージシャンがどこまで通用するのか、韓国だけでなく、アジアの音楽シーンの転換点になりそうだ。

Producer
Peejay

Track List
01. After Summer Day feat. Yun Seok Cheol & Jeong Yoo Jong
02. Stranger feat. Crush
03. Na B Ya feat. Zion.T
04. Warigari feat. Kush & Taeyang
05. I Drive Slow feat. Beenzino
06. Stay feat. Kumapark
07. Say No feat. Masta Wu
08. Thinking About You feat. B-Free
09. Moonstruck feat. Qim Isle & Oh Hyuk
10. Outro





PEEJAY/ WALKIN’ VOL.2 (CD) 韓国盤 ピージェイ
PEEJAY/ WALKIN’ VOL.2 (CD) 韓国盤 ピージェイ
記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ