melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

演奏者

Jamie Isaac - (04:30) Idler [2018 Marathon Artists]

ジェイミー・アイザックは、ロンドン南部のクロイドン出身のシンガー・ソングライター兼プロデューサー。

アデルやジェシーJ、フロエトリーの二人を輩出した芸術学校、ブリット・スクール時代に、後にキング・クルーとしてブレイクするアーチー・イヴァン・マーシャルと出会った彼は、多くの音楽プロジェクトを経験。その一方で、映像制作や脚本作りにも強い関心を抱くなど、好奇心旺盛な青年だった。

そんな彼は、2013年のEP『I Will Be Cold Soon』を皮切りに、年間1枚のペースで新作を発表。ビル・エヴァンスからビーチ・ボーイズまで、様々な音楽から触発された個性的な作風で、好事家から注目を集めてきた。

本作は、彼にとって2枚目のフル・アルバム。前作に引き続き、ヴォーカル、ソングライティング、プロデュースを彼自身が担当する一方、演奏にはルディ・クレスウィックやジェイク・ロングといった新しい面々も参加。電子音楽やジャズ、ロックやソウル・ミュージックを取り込み、融合させた独特のスタイルを深化させている。

本作の幕開けを飾る”Wings”は、ビル・エヴァンスを彷彿させるロマンティックなピアノと、ダニー・ハザウェイやロバータ・フラックのような、70年代のソウル・ミュージックを彷彿させる洗練されたリズム・セクション。ボサノバを取り入れたアレンジとメロディが心に残る、お洒落なミディアム・ナンバー。ジェイミーの繊細なヴォーカルを強調しつつ、スタイリッシュに纏め上げた曲作りが素敵。

続く”Doing Better”は、ヒップホップのビートと電子音楽のエッセンスを混ぜ合わせた、スロー・テンポのR&B作品。ごつごつとしたビートはディアンジェロの、電子音楽を組み合わせた抽象的なトラックはサンダーキャットの音楽性に近しいが、スマートで滑らかなヴォーカルはマックスウェルに似ているという不思議な作品。方向性の全く異なる演奏スタイルを吸収し、独創的な音楽に還元したジェイミーのセンスが光っている。

これに対し、3曲目の”Maybe”は、ボサノバと電子音楽の要素を強調した、優雅で前衛的な作風が印象的な曲。ソウル・ミュージックの要素は皆無だが、リスナーの琴線を刺激する哀愁を帯びたメロディと繊細なヴォーカルのコンビネーションは魅力的。ロックに強いミュージシャンを招いたことで、曲中にロック・ミュージシャンらしいアドリブを盛り込んでいる点も心憎い。

そして、本作の収録曲でも特に異彩を放っているのが”(04:30) Idler / Sleep”、ビル・エヴァンスのような優雅なピアノが心地よい伴奏に、声楽家のような女性の歌声や、壮年の男性による「Sleep」という声を挟み込んだ奇抜なアレンジと、ファルセットを多用した切ない雰囲気のヴォーカルを組み合わせが新鮮な曲だ。斬新な曲でありながら、緊張せず、リラックスして楽しめるのは、彼の美しい歌声と、優しい音色の楽器のおかげだろうか。

彼の音楽の魅力は、ジャズや電子音楽といった、多くの人を魅了する一方で、繊細さや複雑な表現に敷居の高さを感じるジャンルの手法を、わかりやすくかみ砕き、誰もが楽しめるポピュラー音楽として再構築しているところだ。テディ・ウィルソンやデイブ・ブルーベックのようなジャズ、ブライアン・ウィルソンのような先鋭的なポップス、クラシック音楽にも造詣の深い彼は、高度な演奏技術だけでなく、一つのスタイルを複数の視点から分析して、自分の楽曲に合わせた表現に組み替えている。この、多角的なものの見方と構成能力が、彼の音楽に独自性質をもたらしているのだろう。

高度で複雑な音楽を闇鍋のように一つの作品に放り込みながら、破綻させることなく、誰もが楽しめる魅力的なポップスとして楽しめる作品に落とし込んだ面白いアルバム。電子音楽ともロックとも異なる個性的なスタイルは、あらゆる人にとって新鮮な音楽に映るだろう。

Producer
Jamie Isaac

Track List
1. Wings
2. Doing Better
3. Maybe
4. (04:30) Idler / Sleep
5. Interlude (Yellow Jacket)
6. Eyes Closed
7. Slurp
8. Counts for Something
9. Melt
10. Drifted / Rope
11. Delight




04:30 IDLER/DIGIPAK
JAMIE ISAAC
MARA
2018-06-01


August Greene - August Greene [2018 Original Amazon Records]

92年にアルバム『Can I Borrow a Dollar? 』を発表して以降、サンプリングと電子楽器を効果的に組み合わせたトラックと、詩的でありながら随所にウィットに富んだ表現を盛り込んだラップで人気を博し、近年は俳優としても活動しているコモン。ジャズとヒップホップやR&Bを混ぜ合わせた独特の音楽性が注目を集め、2014年には、ジャズ・ピアニストでありながら、グラミー賞の最優秀R&Bアルバム部門を獲得したロバート・グラスパー。DJやラッパーとしても活動している経験を活かし、既存のジャズの形式には囚われない、多彩なビートを繰り出すスタイルで、多くのミュージシャンの作品を裏表から支えてきたカリーム・リギンス

独創的な作風で、確固たる地位を築いてきた3人が結成した音楽ユニットが、このオーガスト・グリーンだ。

ネットフリックスで放送され、アカデミー賞にもノミネートしたドキュメンタリー「13th -憲法修正第13条-」(「修正第13条」とは奴隷制度の廃止条項のこと)に提供し、エミー賞を獲得した”Letter to The Free”を一緒に制作したことをきっかけに、三人のコラボレーションはスタート。

2018年1月にお披露目のライブを行うと、3月には初のスタジオ・アルバムとなる本作を大手通販サイト、アマゾンの配信サービス限定でリリース。その後、他のサービスでも順次配給されるようになった。

このアルバムでは、サウンズ・オブ・ブラックネスの同名曲のリメイク”Optimistic”を除く、ほぼ全ての曲で3人がプロデュースとソングライティングを担当。ゲストには、ブランディのほか、キーボード奏者のサモーラ・ピンダーヒュージスが参加。実績と実力には定評のある面々によって、徹底的に練り上げられた作品になっている。

収録曲の中で最初に目を惹いたのは、2曲目の”Black Kennedy”。スネアの音をずらすことで、聴き手の心に微妙な違和感と強い印象を残すトラックに、リズミカルなラップやポロポロとつま弾かれるピアノの伴奏を組み合わせた作品だ。癖のあるサウンドとロマンティックな演奏を一つの楽曲に同居させる繊細な感性と高い技術が光っている。ロバートのヴォーカルが、ジョン・レジェンドに少し似ている点も面白い。

これに続く”Let Go”は、カリーム・リギンスやロバート・グラスパーの真骨頂ともいえる、生演奏で構成されたヒップホップのビートと、哀愁を帯びたフレーズが印象的な作品。派手なトラックで耳目を惹くことが多いヒップホップの世界では異色のトラックだが、ボビー・コールドウェルの”Open Your Eyes”をサンプリングした”The Light”などのヒット曲を残してきたコモンだけあって、派手さはないが味わい深いビートも、きちんとキャッチーなヒップホップに落とし込んでいる。

これに対し、3人の個性が強く打ち出されているのが”The Time”だ。ドラムンベースの要素を取り入れた癖のあるビートで聴き手を揺さぶるカリームに、複数の鍵盤楽器を用いた優雅な伴奏を鳴らすロバート、複雑かつ上品という、個性的なトラックに合わせて、言葉を選びつつ、器用にラップを繰り出すコモンという、三者の個性が上手く噛み合った良曲だ。

だが、本作の目玉はなんといってもサウンズ・オブ・ブラックネスが91年にリリースした”Optimistic”のカヴァー。原曲でリード・ヴォーカルを担当していたアン・ネスビーのパートを、この曲ではブランディ―が歌唱。サンプリングを多用した太いビートを生演奏で再現する演出や、楽曲の大半をブランディが歌うR&B作品に仕立てながら、絶妙なタイミングでラップを挟み込む構成など、細かい気配りが心に残る。90年代から活躍するアーティストや、当時の音楽に造詣の深い面々が揃ったことで実現した、懐かしさと新鮮さが入り混じった作品だ。

このアルバムの魅力は、生演奏やサンプリングを用いたヒップホップを得意としながら、異なるアプローチと手法で、自分の音楽を確立してきた3人の個性が一つの音楽に同居しているところだと思う。カリーム・リギンスが生み出すビートは、ヒップホップだけでなく、ジャズやドラムン・ベースなど、様々なジャンルの手法を取り込みつつ、ヒップホップのウリである腰を刺激するグルーヴになっているし、ロバート・グラスパーの伴奏は、音の配置や音色だけでなく、曲の展開に応じて音の強弱やテンポまで大きく変える、ピアニストならではのアレンジを披露している。また、この強烈な個性を持つトラックの上で、コモンは伴奏のリズムを崩すことなく、リズミカルかつ丁寧にコンシャスなメッセージ言葉を繰り出している。この3者の共通点を意識しながら、各人の持ち味がきちんと発揮される。

三者三葉のアプローチで、ヒップホップやR&Bの世界に多くの足跡を残してきた3人にしか作れない。ありそうでなかった独創的なアルバム。このプロジェクトを経験した3人が、次はどんな音楽を生み出してくれるのか期待が膨らむ充実の内容だ。

Producer

Karriem Riggins, Robert Glasper

Track List
1. Meditation
2. Black Kennedy
3. Let Go feat. Samora Pinderhughes
4. Practice feat. Samora Pinderhughes
5. Fly Away
6. Aya
7. Piano Interlude
8. No Apologies
9. The Time
10. Optimistic feat. Brandy
11. Swisha Suite







Childish Gambino - This Is America [2018 RCA]

2016年に発表したアルバム『Awaken, My Love!』が、アメリカ国内だけで50万枚を売り上げ、グラミー賞の最優秀アルバム部門にノミネートするなど、ミュージシャンとしても大きな成功を収めた、チャイルディッシュ・ガンビーノこと、ドナルド・グローヴァー。

その一方で、俳優としても、コメディ・ドラマ「アトランタ」で高い評価を受け、スター・ウォーズのスピンオフ作品や、実写版「ライオン・キング」に出演するなど、着実に実績を残していった。

この曲は、『Awaken, My Love!』以来となる新作。チャイルディッシュ・ガンビーノとしては最後のアルバムになると発表している、次回作に先駆けて公開された楽曲だが、同じ時期に「同作には収録されない」というコメントが出るなど、様々な情報が錯綜している。

今回のシングルは、これまでも彼の音楽を一緒に作ってきた、ルドヴィグ・ゴランソンとグローヴァーの共同制作、共同プロデュース作品。電子音の冷たく、刺々しい音色を使ったビートは、現在流行しているヒップホップやトラップのものだが、低音を抑え気味にして、パーカッションなどの音を強調することで、フェラ・クティや彼の息子、ショーン・クティが得意とするアフロ・ビートっぽく仕立てている点が面白い。曲の途中で、リズムを細かく変える演出を盛り込むことで、ヒップホップやエレクトロ・ミュージックの象徴である「中毒性のあるループ」と、アフリカ音楽やアメリカのブルースを含む、世界各地の土着の音楽が持つ「変幻自在のアレンジ」を同居させている点も見逃せない。

また、この上に乗るヴォーカルは、ラップやブルース、フォーク・ソングなど、様々な音楽の手法を用いて、「現代のアメリカ」を描写したもの。社会問題に切り込む作品自体は無数にあるが、この曲では、抽象的で比喩的な表現を採り入れることで、政治的な作品に芸術性と娯楽性を付け加えている。

この曲の魅力は、歌、トラック、振付、映像表現など、あらゆる手段を用いて「アメリカ社会」に切り込みつつ、きちんとエンターテイメント作品に落とし込んでいるところだろう。歌やトラック以外に目を向けると、本作のミュージック・ビデオでは、ミンストレル・ショウやアフロ・ビートの表現や、現代舞踏の手法を織り交ぜたパフォーマンスを披露する一方、映像そのものも、カメラワークから小物まで、細部にも気を配った作品になっている。おそらく、コメディから先鋭的な音楽まで、あらゆる表現の世界を経験してきた彼の感性によるものが大きいだろう。

コメディアン、俳優、ミュージシャンと、多彩な顔を持ちながら、全ての分野で高い成果を上げてきたドナルドの豊かな才能が凝縮された珠玉の一品。インターネットによって、映像作品を気軽に楽しめるようになった現代ならではの傑作だ。

Producer
Donald Glover Ludwig Göransson

Track List
1. This Is America



記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ