ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

男性シンガー

Ephemerals - Egg Tooth [2017 Jalapeno Records]

イギリス出身のギタリスト、ニコラス・ヒルマンと、フランス系アメリカ人のサックス奏者、ウォルフガング・パトリック・ヴァルブルーナが中心になって結成したファンク・バンド、エフェメラルズ。60年代、70年代のブラック・ミュージックを取り込んだサウンドと、ヴァルブルーナのエネルギッシュな歌唱が話題になり、ジャイルズ・ピーターソンやクレイグ・チャールズなどのラジオ番組でヘビー・プレイ。2016年にはフランスのDJ、クンズのシングル『I Feel So Bad』に参加。フランスを中心に、複数の国でヒットチャートに入る、彼らにとって最大のヒット曲となった。

このアルバムは、2015年の『Chasin Ghosts』以来となる、通算3枚目のオリジナル・アルバム。本作でも楽曲制作とプロデュースをヒルマンが、ヴォーカルをヴァルブルーナが担当。ファンクやソウル・ミュージックの要素をふんだんに取り入れた楽曲を披露している。

アルバムの2曲目、本作に先駆けて発売されたシングル曲”The Beginning”は、ゆったりとしたテンポのバラード。分厚いホーンセクションを軸にしたバンドをバックに、思いっきり声を張り上げるヴァルブルーナの姿が格好良い。余談だが、彼の歌い方が”Don't Look Back in Anger”を歌っていた時の、オアシスのリアム・ギャラガーに少し似ていると思うのは自分だけだろうか。

一方、これに続く”In and Out”は、陽気な音色のキーボードと、柔らかい音色のホーン・セクションに乗せて、切々と言葉を紡ぎ出すミディアム・ナンバー。ビル・ウィザーズを彷彿させる、スタイリッシュだがどこか温かい雰囲気の歌声が心に残る。良質なポップ・ソングだ。

そして、本作からのもう一つのシングル曲『Astraea』は、ストリングスを取り入れた、切ない雰囲気のアップ・ナンバー。徐々にテンポを上げていく伴奏と、何かに追い立てられるように、せかせかと言葉を吐き出すヴァルブルーナのヴォーカルが印象的な楽曲だ。

また、同曲のカップリングとしてシングル化された”And If We Could, We’d Say”はハモンド・オルガンの音色で幕を開けるミディアム・ナンバー。ヒップホップのエッセンスを取り入れた伴奏に乗せ、ギル・スコット・ヘロンの作品を引用したポエトリー・リーディングを聴かせるという通好みの楽曲。大衆向けとは言い難い素材を集めつつ、アイザック・ヘイズが”Ain’t No Sunshine”や”Never Can Say Goodbye”のカヴァーで見せた、テンポを落として低音をじっくりと聴かせる、キャッチーで粘っこいファンク・サウンドを使ってポップに纏め上げた名演だ。

そして、黒人音楽が好きな人には見逃せない曲が、スティーヴィー・ワンダーの”AnotherStar”にも似た雰囲気のアップ・ナンバー”Get Reborn”だ。オルガンのキラキラとした音色を軸に、華やかな伴奏と軽妙なヴォーカルを組み合わせた楽曲。ライブで聴いたら盛り上がりそうだ。

英国出身のファンク・バンドというと、ジャミロクワイのような世界中で人気のグループから、ストーン・ファンデーションジェイムズ・ハンター・シックスのように、好事家達を唸らせる実力派ミュージシャンまで、あらゆる趣向の人々に対応する層の厚さが特徴的だ。その中で、彼らを他のグループと差別化しているのは、古今東西の色々なソウル・ミュージックを取り込むヒルマンの制作技術と、デーモン・アルバーンやリアム・ギャラガーにも通じる、ヴァルブルーナの存在感のある歌声によるものが大きいと思う。

60年代、70年代のソウル・ミュージックに軸足を置きつつ、その子孫ともいえる90年代以降のブリティッシュ・ロックのエッセンスを混ぜ込むことで、先人や現行の同業者とは違う独自の音楽性を確立した面白い作品。ロック、もしくはブラック・ミュージックをあまり聴かない人にこそ聴いてほしい、ジャンルの壁を越えた魅力的なバンドだ。

Producer
Hillman Mondegreen

Track List
1. Repeat All +
2. The Beginning
3. In and Out
4. Go Back to Love
5. The Omnilogue
6. Coming Home
7. And If We Could, We’d Say
8. Get Reborn
9. Cloud Hidden
10. If Love Is Holding Me Back
11. Astraea
12. Repeat All





Egg Tooth
Ephemerals
Jalapeno
2017-04-21


Glenn Lumanta - In My Element EP [2017 Glenn Lumanta]

フィリピン生まれ、オーストラリアのシドニー育ちのシンガー・ソングライター、グレン・ルマンタ。

2012年ごろから、SNSや動画投稿サイトに、フランク・オーシャンの”Super Rich Kids”やミュージックの”Half Crazy”、マックスウェルの”Pretty Wings”といった、男性R&Bシンガーによるヒット曲のカヴァーをアップロードする一方、ライブなども精力的に行ってきた。

そして、2016年には初のオリジナル曲となるシングル『What You Deserverd』を発表。翌年には本作にも収録されている『Silver』を発売。90年代のR&Bシンガーを思い起こさせる甘いメロディと柔らかい歌声で注目を集めた。そして、このアルバムは『In My Element』に続く彼の初のEPで、初のフィジカル・リリース作品でもある。

甘い歌声とロマンティックなトラックが印象的なイントロ”In My Element”に続く実質的な1曲目”Heart Strings”は”Half Crazy”を彷彿させる、。太く温かい音色の伴奏と滑らかな歌唱が魅力のミディアム・ナンバー。甘い歌声を活かして、悠々と歌うグレンの姿が耳に残るムーディーな楽曲だ。

一方、これに続く”Treat You Good (Your Mind)”は、ベイビーフェイスの”When I See You Again”を思い起こさせる、しっとりとしたメロディと甘酸っぱいヴォーカルが光るスロー・バラード。90年代のR&Bを連想させる、生楽器っぽい音色のシンセサイザーも当時の音楽の雰囲気を作るのに一役買っている。20代とは思えないR&Bへの造詣の深さと、高い歌唱力が堪能できる良曲だ。

そして、本作では希少なアップ・ナンバー”Know You Better”は、ジョンBの”Simple Melody”などを連想させる、洗練されたメロディとスマートな歌声が聴きどころ。他の曲とのバランスを考えたのか、ドラムの音圧を抑えているのは少し気になるが、耳元を駆け抜ける爽やかなヴォーカルは見逃せない存在だ。

また、キーボードとギターを軸にした伴奏に乗せて、一つ一つの言葉を丁寧に紡ぎ出す姿が印象的なミディアム・バラード”Imagination”は、ライブで演奏する姿が目に浮かぶ、生演奏っぽい伴奏が格好良い楽曲。多くの曲で使われているフィンガー・スナップが、切ない雰囲気を際立たせている。

だが、本作のクライマックスはアルバムの最後を飾る”Silver”だろう。本作に先駆けて配信限定でリリースされたされたこの曲は、ベイビーフェイスっぽい甘ずっぱいメロディと、ギターやキーボードを巧みに配置した、優しい雰囲気と繊細な音色が印象的な伴奏、恋人に語り掛けるように、優しく歌うグレンのヴォーカルが合わさった美しいミディアム・バラード。若き日のアッシャーの代表曲”Nice & Slow”や、テヴィン・キャンベルの”Can We Talk”にも通じる、爽やかな歌声とロマンティックなメロディの相乗効果が魅力的だ。

彼の楽曲を聴いて、真っ先に思い出したのはベイビーフェイスやトニー・リッチなどの90年代に一世を風靡した男性シンガー達の音楽。スマートで繊細な歌声と、それを活かすロマンティックなメロディ、そして絶妙なさじ加減でヴォーカルの良さを引き立てる伴奏が揃った音楽は、90年代に流行した美しいメロディのR&Bナンバーを彷彿させる。

自主制作の限られた環境で、使える機材を最大限駆使して、自分の持ち味である甘い歌声を活かした甘い雰囲気のR&Bを作り上げた才能は恐ろしい。90年代のブラック・ミュージックに慣れ親しんできた世代の人にこそ聴いてほしい、歌とメロディを思う存分堪能できる傑作だ。

Producer
Glenn Lumanta

Track List
1. In My Element (int.)
2. Heart Strings
3. Treat You Good (Your Mind)
4. Know You Better
5. Imagination
6. Silver






 

6LACK - Free 6LACK [2016 LoveRenaissance, Interscope]

メリーランド州ボルティモア生まれ、ジョージア州アトランタ育ちのシンガー・ソングライター、6LACK(どうやら「ブラック」と読むらしい)こと、ロドリゲス・バルデス・ヴァレンティン。2011年にインディペンデント・レーベルと契約したことをきっかけに、当時通っていた大学を中退して音楽活動に専念。サウンドクラウドに自作曲などをアップロードするなどして、新しい音に敏感な人々を中心に、少しずつ着実にファンを増やしてきた。

その甲斐もあって、2016年にはインタースコープと契約。同年7月にフューチャーの”Perkys Calling”をサンプリングしたシングル『Ex Calling』でデビューすると、同9月には2作目のシングル『PRBLMS』を発表。こちらは、ビルボードのホット100チャートで最高88位という、新人R&Bシンガーとしては上々の結果を残した。

このアルバムは、上の2枚のシングルを収録した、彼にとって初のフル・アルバム。2016年11月に発売されると、配信限定ながらアルバム・チャートの54位(R&Bのアルバム・チャートでは最高11位)まで上り詰め、翌年にはCD盤、LP盤も発売されるヒット作になった。

まず、本作の新録曲から目を向けると、2曲目に収められた”Rules”は、リュダクリスなどの作品を手掛け2017年にはキャリッドのデビュー作『American Teen』を手掛けたことでも話題になったシック・センスがプロデュースした作品。メロディを乗せやすい、起伏にとんだ変則ビートとトラックを巧みに乗りこなすブラックの歌唱力が光る、味わい深い楽曲だ。

これに対しミュージック・ビデオも制作された”Free””は、カナダ出身の女性ヒップホップ・アーティスト、ノヴァ・ロッカフェラがプロデューサーとして参加した楽曲。シンセサイザーを駆使した、ダークで重いビートに乗せて、切々と歌う彼の姿が印象的なミディアム・バラード。中盤でビートが変化して、楽曲にメリハリをつけるテクニックも面白い。シンガーらしい、トラックの特徴や展開に応じて、声をコントロール技術と、ラッパーのように言葉を上手につなぐスキルが見事に両立された佳曲だ。

一方、ジェイソン・デルーロやブリトニース・ピアーズにも曲を提供している、ブライアン・アイザックが手掛けた”Gettin' Old”は、ブラックの歌唱力にスポットを当てた本格的なヴォーカル曲。恋人に語り掛けるような優しいヴォーカルが心地よいミディアム・バラードだ。ドラムを軸にした、主役の歌声を引き立てる役に徹したシンプルなトラックも、楽曲の切ない雰囲気を盛り立てている。

だが、本作の目玉といえば、やっぱりシングル化された2曲だろう。アトランタ出身のラッパー、フューチャーのミックステープ『Purple Reign』に収められている楽曲のトラックを引用した"Ex Calling"は、原曲の制作もおこなっているアトランタ出身のプロデューサー、サウスサイドがプロデュースをを担当。バウンズ・ビートと哀愁を帯びたピアノの伴奏が印象的なトラックを活かした、切ない雰囲気のミディアム・ナンバーだ。R&Bシンガーというよりもラッパーに近いガラガラとした声で、淡々と言葉を紡ぎ出す姿が耳に残る、どこか悲しい雰囲気の楽曲だ。

そして、ノヴァをプロデューサーに招いたヒット曲”PRBLMS”は、シンセサイザーを使ったダークな雰囲気の伴奏とビートに乗せて、歌ともラップとも形容しがたい、絶妙な起伏のヴォーカルを聴かせてくれるミディアム・ナンバー。なんとなくだけど、 ドレイクパーティネクストドアの作風に似ている気がするのは自分だけだろうか。

アルバムをリリースした時点で24歳(パーティネクストドアの1歳年上で、ウィークエンドよりも2歳若い)と、若者らしい新鮮な視点を見せつけてくれる一方、シンガー・ソングライターとして5年以上活動してきた経験に裏付けられた、自身の感性を具体的な作品に落とし込む確かな技術も兼ね備えている。実力派シンガー、華やかさやスター性では見劣りする部分もあるが、それ以上に、聴き手の心を確実に惹きつける、存在感のある声とフロウが光っている。

同作がヒットした翌年には、ガラントのデビュー・アルバム『Ology』で強烈なパフォーマンスを聴かせてくれた、日系アメリカ人シンガーのジェーン・アイコとコラボレーションしたシングル『First Fuck』を発表するなど、1作目の結果に驕ることなく、素敵な新曲を生み出し続けている。アンダーソン・パックケラーニと並んで、これからのR&B業界をけん引する台風の目になるかもしれない。2010年代のR&Bの醍醐味が凝縮された、現代のR&Bを象徴する作品だと思う。

Producer

6LACK, Frank Dukes, Dot da Genius, Breyan Isaac etc

Track List
1. Never Know
2. Rules
3. PRBLMS
4. Free
5. Learn Ya
6. MTFU
7. Luving U
8. Gettin' Old
9. Worst Luck
10. Ex Calling
11. Alone / EA6





Free 6lack
6lack
Interscope Records
2017-03-17

 
記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ