ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

自主制作

Skreally Boy – Lo<3 [2017 Hit2Def]

2017年の終わり、12月22日に突如リリースされた、フランスのシンガー・ソングライター兼ビート・メイカー、スクレリー・ボーイの新作。

自身のホームページを持たず、SNSのプロフィール欄には「あなたの心の中に住んでます」と書くなど、ロマンチストなのか、食わせ者なのかよくわからない謎の男。だが、サンダーキャットケイトラナダを思い起こさせる、シンセサイザーを多用した前衛的な音色を使いこなし、ジェイ・ディラを彷彿させる音と音の隙間を効果的に聴かせるビートを組み上げる。かと思いきや、マックスウェルやロビン・シックを連想させる滑らかで繊細なシルキー・ボイスに、ベイビーフェイスなどの流れをくむ90年代フレーバーの強い流麗なメロディを組み合わせるなど、他のアーティストとは一味違う、独自の作風を確立。2014年にアルバム『Karma』でデビューして以来、2017年までに4枚のフル・アルバムとEPを発表するなど、精力的に活動してきた。

このアルバムは、2017年の5月にリリースしたEP『+++』から約7か月という、短い間隔で制作された通算5枚目のアルバムにして2枚目のフル・アルバム。前作同様、フランスのビート・メイカー、プラチナム・ウェーブとの共同プロデュース作品で、彼自身もリッチー・ビーツの名義で制作を担当。彼らに加え、3010やクライシーといった、フランスで活動する実力派ミュージシャンが複数参加した、力作になっている。

アルバムのオープニングを飾る”XXX”は、ビートからヴォーカルまで、ほぼ全てを彼一人で作り上げたミディアム・ナンバー。ピアノを使った不協和音が不気味な印象を与えるイントロから、同じ音色を使った細やかな伴奏のトラックへと変化していく流れが面白い曲。これに続くヴォーカルは、クリス・ブラウンの新作を思い起こさせる、畳み掛けるように次々と言葉を繰り出すラップ寄りのもの。ラップのエッセンスを取り入れたヴォーカルは、粗削りなイメージを持たれがちだが、線は細いがしなやかなヴォーカルのおかげで、違った雰囲気に聴こえる。マックスウェルの声とクエヴォのフロウが融合し、トキモンスタのビートを乗りこなしたような、不思議な雰囲気の曲だ。

また、3010が客演した”Hype”は、トレイ・ソングスアッシャーの近作を彷彿させる、バウンズ・ビートを取り入れつつ、上品に纏め上げたトラックと、滑らかな歌声を活かして丁寧に歌う姿が印象的なミディアム・ナンバー。艶やかなテナー・ヴォイスから、武骨な地声を使ったヴォーカルを巧みに使い分ける姿が格好良い。楽曲の途中で挟まる軽妙なラップもいい味を出している。アメリカのR&Bのトレンドを踏襲しつつ、細かいアレンジに気を配ることで、彼らとは一味違う作品に仕立て上げられている。

そして、本作の発売1週間前にミュージック・ビデオが公開された”Asonzo ”は、レゲトンやアフリカのヒップホップのテイストを盛り込んだ陽気なトラックと、哀愁を帯びたメロディの組み合わせが面白いミディアム・ナンバー。明るいビートと切ないメロディを組み合わせた音楽といえば、ケヴィン・リトルの”Turn Me On”やウェイン・ワンダーの”No Letting Go”など、多くのヒット曲が作られている。だが、この曲では、音色こそ陽気なものの、それを組み合わせて作られたトラックはトレイ・ソングスやマーカス・ヒューストンを連想させるシックなもの、その上に乗るヴォーカルも、繊細なテナー・ヴォイスを活かしたスタイリッシュなものだ。中南米やアフリカの音楽の要素盛り込みつつ、あくまでも都会的で洗練された楽曲に纏め上げたセンスが光る楽曲だ。

それ以外の曲ではフランスのヒップホップ・アーティスト、クライシーと組んだ”06:00”も面白い。サックスやピアノの音を混ぜ合わせたトラックは、ヒップホップというよりジャズやシャンソンの香りすら漂う、退廃的で幻想的な雰囲気のもの。そこに、か細い歌声で切々と言葉を紡ぐ二人のヴォーカルが合わさった楽曲は、インターネット経由で流れるR&Bというより、場末のバーで流れる小洒落たポピュラー・ミュージックといった趣だ。

彼の音楽は、アメリカのR&Bの変遷に目を配りつつ、R&Bのトレンドとは微妙に距離を置いた、独特の作風が印象的だ。エレクトロ・ミュージックや往年のポピュラー・ミュージックといった、様々なジャンルの音楽のエッセンスを取り入れ、R&Bでありながら、先鋭的なサウンドと懐かしい雰囲気を両立している点も大きいだろう。この、雑駁さと一貫性を同時に実現する編集能力と、緻密な表現を可能とするヴォーカルの技術が、彼の音楽を作り上げていると思う。

マックスウェルやロビン・シックの系譜に立つヴォーカルと、ベイビーフェイスやトリッキー・スチュアートを連想させる美しいメロディを生み出す技術、そこに様々な音楽を取り入れる見識の広さとセンスが合わさったことで生まれた高い水準の作品。アメリカのミュージシャンとは異なるアプローチで、R&Bの可能性を広げた良作だと思う。

Producer
Platinumwav & Richie Beats etc

Track List
1. XXX
2. Hype feat. 3010
3. R.
4. 888
5. 02:22 (Freestyle)
6. J.Blues (skit1)
7. Asonzo
8. B.J (Boca Junior)
9. 06:00 feat. Krisy
10. U2
11. No Lov3 feat. Joke
12. Home Alone feat. Gracy Hopkins
13. J.Blues (Skit 2)
14. Bleu
15. I-Motion
16. Diamants






Talib Kweli - Radio Silence [2017 Javotti Media]

98年にモス・デフと組んだラップ・グループ、ブラック・スターの名義のアルバム『Mos Def & Talib Kweli Are Black Star』で華々しいデビューを飾ると、詩的な表現と哲学者を彷彿させる深い思索が光るラップで、注目を集めたタリブ・クウェリ。

ニューヨーク州ブルックリン出身の彼は、社会学者の父と言語学者の母の間に生まれ、後に大学教授として教鞭を執る弟を持つなど、アカデミックな家庭環境で育ってきた。そんな彼は、デ・ラ・ソウルの作品に触れたことで音楽へと興味を持ち、90年代中頃から、シカゴのラップ・グループ、ムードなどの作品に参加。レコーディングやライブを通して実力を蓄えてきた。

また、2002年に初のソロ・アルバム『Quality』を発表すると、その後はコンスタントに数多くのソロ作品やコラボレーション・アルバムを発表。マーリー・マールやKRSワンが活躍していた、90年代初頭のニューヨークのヒップホップ・シーンを思い起こさせる、サンプリングを効果的に使ったトラックと、現代社会やそこで生きる人々が抱える、様々な問題に鋭く切り込んだラップで評価を高めていった。

このアルバムは、今年4月に発売したニューヨーク出身のラッパー、スタイルスPとのコラボレーション・アルバム『The Seven』以来、自身名義の作品としては2015年の『Fuck the Money』以来となる、通算8枚目のフル・アルバム。前作同様、自身のレーベル、ジャヴォッティ・ミュージックからのリリースとなる本作は、プロデューサーとしてケイトラナダやオー・ノーが参加し、ゲスト・ミュージシャンとしてロバート・グラスパーアンダーソン・パックが名を連ねるなど、斬新なサウンドで音楽シーンを盛り上げてきた面々が集結した、新しい音へと挑戦する彼の野心を感じさせる作品になっている。

本作の収録曲の中でも、特に異彩を放っているのは2曲目の”Traveling Light”だろう。カナダ出身のケイトラナダがプロデュースを担当し、カリフォルニア州出身のアンダーソン・パックをフィーチャーしたこの曲は、60年代のソウル・ミュージックを連想させる勇壮なホーンの音色と、現代的な電子オルガンの伴奏を組み合わせたトラックが印象的な曲。ホーンの音色を使ったトラックは、多くのヒップホップ作品で見られるものだが、電子オルガンの音色を組み合わせることで新鮮な印象を与えている。アンダーソン・パックの歌も、タリブの切れ味鋭いラップをうまく盛り立てている。育った環境も世代も異なる、三人の持ち味が上手く噛み合った面白い曲だ。

これに対し、マッドリブの弟としても知られる、オー・ノーがプロデュースした”She's My Hero”は、古いレコードから引用した音を活かしたトラックが光る作品。オランダのプログレッシブ・ロック・バンド、スコープが74年に発表した”Kayakokolishi”をサンプリングした、アクション・ブロンゾンの”Bonzai”のトラックを再構築したこの曲。滑らかな管楽器の音色を効果的に使った、物悲しい雰囲気のビートは、ジャスト・ブレイズのプロデュース曲にも似ているが、こちらの方がよりレコードの質感を強調している。このトラックの上で、攻撃的なラップを聴かせるタリブ・クウェリの姿は、常に社会と闘ってきた、彼の孤独さを映しているようだ。

また、BJザ・シカゴ・キッドを招いた”The One I Love”は、サンファの”Can’t Get Close”をサンプリングした電子音楽のテイストが強い作品。泥臭いヴォーカルとモダンなサウンドを組み合わせた音楽性で、グラミー賞にもノミネートしたBJザ・シカゴ・キッドのスタイルを取り込んだ、懐かしさと新鮮さが入り混じった不思議な曲だ。立て続けに言葉を繰り出すタリブのラップと、シャイ・ライツのユージン・レコーズを思い起こさせる、艶めかしいBJのヴォーカルが心を掻き立てる良作。

そして、Jローズがトラックを制作し、リック・ロスとヤミー・ビンガムが客演した”Heads Up Eyes Open”は、本作のハイライトと呼んでも過言ではない作品。ジャスト・ブレイズや9thワンダーが作りそうな、70年代のソウル・ミュージックっぽい音色を使ったトラックが印象的だが、クレジットを見る限り、昔のレコードをサンプリングしたものではないようだ。このソウルフルなビートの上で、個性豊かなラップを披露するタリブとリックのコンビネーションが格好良い。サビでキュートな歌声を聴かせるヤミーの存在が、切れ味の鋭い二人のラップを聴きやすいものにしている。

これまでのアルバムでも、色々なスタイルのトラックに取り組んできた彼。だが、本作から感じるのは、往年のソウル・ミュージックやジャズに触発された音楽で知られる、若い世代の完成を取り込んだところだと思う。ソウル・ミュージックやファンク、ジャズの音を引用してきた彼が、それらの音楽に独自の解釈を加え、新しい音楽として聴かせている若いミュージシャンと組むことで、自分の軸を残しつつ、斬新な作品に仕上げている点が面白いと思う。

知的なリリックで、独創的な世界を組み立ててきた彼が、フレッシュな感性を取り込んで、その世界観を深めた良作。ヒップホップにはまだまだ進化できる可能性があると感じさせる、魅力的なアルバムだ。

Producer
The Alchemist, J Rhodes, KAYTRANADA, LordQuest, Oh No etc

Track List
1. The Magic Hour
2. Traveling Light feat. Anderson .Paak
3. All Of Us feat. Jay Electronica & Yummy Bingham
4. Let It Roll
5. Chips feat. Waka Flocka
6. Knockturnal
7. Radio Silence feat. Amber Coffman & Myka 9
8. She's My Hero
9. The One I Love feat. BJ The Chicago Kid
10. Heads Up Eyes Open feat. Rick Ross & Yummy Bingham
11. Write At Home feat. Datcha, Bilal & Robert Glasper






RADIO SILENCE
TALIB KWELI
JAVOTTI MEDIA/3D
2017-12-01

Lalah Hathaway - Honestly [2017 Hathaway Entertainment]

90年に自身の名前を冠したアルバム『Lalah Hathaway』で表舞台に登場。それ以来、絹のように滑らかで繊細な歌声と、丁寧で緻密な歌唱を武器にファンを増やしてきた、イリノイ州シカゴ出身のシンガー・ソングライター、レイラ・ハザウェイ。

“A Song For You”や”The Ghetto”などのソウル・クラシックを残し、カーティス・メイフィールドやジーン・チャンドラーと並んで、シカゴを代表するシンガー・ソングライターとして今も愛されているダニー・ハザウェイを父に持つ彼女は、シカゴの芸術学校を卒業するとヴァージン・レコードと契約。バークリー音楽院で学びながら、プロとしてのキャリアをスタートする。

デビュー作である『Lalah Hathaway』で見せた、20代前半(当時)とは思えない落ち着いた歌唱と、洗練された演奏で音楽通を唸らせた彼女は、R&Bチャートの18位に入るなど一気にブレイク。その後は、2016年までに7枚のアルバムを録音する一方、メアリーJ.ブライジやチャカ・カーンなど、多くの有名ミュージシャンの作品に参加。中でも、2015年に発売されたケンドリック・ラマーの『To Pimp a Butterfly』や、2012年にリリースされたロバートグラスパーの『Black Radio』は、ヒット・チャートと音楽賞、両方で高い成果を上げる傑作となった。また、彼女自身も2015年のアルバム『Lalah Hathaway Live』と同作に収められている”Angel”や”Little Ghetto Boy”でグラミー賞など、複数の音楽賞を獲得。着実に成果を残してきた。

このアルバムは、彼女にとって『Lalah Hathaway Live』以来、約2年ぶりとなるフル・アルバム。スタジオ録音の作品としては『Where It All Begins』以来、実に7年ぶりのアルバムとなる本作は、ソランジュやジル・スコット、SiRなどを手掛けている、カリフォルニア州イングルウッド出身のシンガー・ソングライター、ティファニー・ガッシュがプロデューサーとして参加。ゲストの人数は最小限に抑え、彼女の歌にスポットを当てた、本格的なR&B作品を披露している。

アルバムのオープニングを飾る”Honestly”は、レイラとティファニーによる共作曲。重い低音とビヨビヨというシンセサイザーの音色を使ったトラックが、モダンな印象を与える曲だ。この曲の上で、繊細だがふくよかな歌声を駆使して、メロディを丁寧に歌う姿が光っている。起承転結のはっきりしたメロディは、父、ダニーや彼女が残してきた作品にも似た雰囲気を持っているが、電子楽器を多用することで、現代のR&Bとして聴かせている。

続く、”Don't Give Up”は、今年発売されたデビュー・アルバム『All Things Work Together』も記憶に新しい、ヒューストン出身のクリスチャン・ラッパー、レクレーがゲストとして参加した作品。 シンセサイザーの音を重ね合わせて、荘厳な雰囲気を醸し出したトラックの上で、低い声域を強調したヴォーカルを聴かせるレイラのパフォーマンスが光る曲だ。厳かな雰囲気のトラックに乗って、軽やかに言葉を繰り出すレクレーの姿も格好良い。厳粛な雰囲気とダイナミックなグルーヴが一体化した良曲だ。

また、ティファニー・ガッシュとのデュエット曲”What U Need”は、メアリーJ.ブライジの作品を彷彿させる、ヒップホップの要素を取り込んだ重厚なトラックが魅力的な楽曲。シンセサイザーを使った重いビートに乗って、艶めかしい歌声を響かせるミディアム・ナンバーだ。サビで聴かせる硬い声による荒っぽい歌唱が、メアリーJ.ブライジにそっくりなところも面白い。脇を固めるティファニーの歌唱が、彼女のパフォーマンスを引き立てている点も見逃せない。

そして、本作の収録曲では少し異色なのが”Won't Let It Go”だ。アコースティック・ギターの演奏を軸に据えたバック・トラックに乗せて、淡々と歌う彼女の姿が魅力のミディアム・バラード。しなやかなメロディはダニーの作品を思い起こさせるが、サビのところでヒップホップのライブのようなコール&レスポンスを盛り込んで見せるなど、ほかの曲とは一味違う演出が加わっていて面白い。21世紀を生きる彼女の感性と、往年のジャズやソウル・ミュージックのエッセンスがうまく混ざり合った佳曲だ。

今回のアルバムは、流麗なメロディに繊細さと強靭さを兼ね備えた歌声、きめ細やかな歌の表現が合わさった、シンプルで味わい深い楽曲が揃っている。そこに、シンセサイザーを駆使した現代的なサウンドを得意とするティファニー・ガッシュのプロダクション技術が加わり、70年代のソウル・ミュージックを彷彿させる美しいメロディと、2017年のR&B作品らしいモダンなサウンドが同居した、懐かしさと新しさが同居した作品に仕上がっているのが面白いところだ。この、往年のソウル・ミュージックをベースにしながら、新しい音を積極的に取り入れる姿勢が、彼女の魅力なのだろう。

リスナーに新鮮な印象を与えつつ、繰り返し聴きたいと思わせる普遍性も兼ね備えた面白い作品。ヒップホップに慣れ親しんだ若い人から、新しい音楽に抵抗のある年配の人まで、あらゆる世代の人に触れてほしい、2017年のクラシックだと思う。

Producer
Lalah Hathaway, Tiffany Gouche

Track List
1. Honestly
2. Don't Give Up feat. Lecrae
3. Change Ya Life
4. What U Need feat. Tiffany Gouche
5. Call On Me
6. Won't Let It Go
7. Storm
8. y o y
9. I Can't Wait



Honestly
Lalah Hathaway
8th Floor Production
2017-11-03

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ