melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

自主制作

June's Diary - All of Us [2018 Music of Sound]

90年代から2000年代にかけて、4枚のスタジオ・アルバムと”Say My Name”や”Survivor”などのヒット曲を残し、スパイス・ガールズやTLC、シュープリームスに匹敵する偉大なガールズ・グループとして、多くの足跡を残してきたデスティニーズ・チャイルド。

そのメンバーは、ビヨンセを筆頭に、全員がソロでも大きな成功を収めているが、いち早くソロで結果を残したのが、ネリーとのデュエット曲”Dilemma”を全世界で700万枚以上売ったケリー・ローランドだ。

ジューンズ・ダイアリーは、彼女がプロデュースする5人組のガールズ・グループ。アメリカの黒人向け放送局、BET(ブラック・エンターテイメント・テレビジョンの略)のオーディション番組を勝ち上がった面々によって結成されたこのグループは、2016年に”All of Us”でレコード・デビュー。その後も、R.ケリーやエクスケイプのツアーに帯同し、シャンテ・ムーアのアルバムに客演するなど、地道に経験を積んできた。

このアルバムは、彼女達に取って初のEP。プロデュースはケリー・ローランドやプロ2ジェイ、ハーモニー・サミュエルズが担当。ゲストとしてトリナやジャシー・スモレットが参加した、豪華なものになっている。

1曲目は、プロ2ジェイが制作に参加した”Good Time”。フィンガー・スナップとホーンの音色を組み合わせたバック・トラックと息の合ったコーラス・ワークが光るミディアム・ナンバーだ。4人組時代に、美しいハーモニーで勝負した作品を何度も録音していたデスティニーズ・チャイルドのスタイルを踏襲しつつ、バラードではなくダンサブルな楽曲で勝負した面白い作品だ。

続く”Take Me”は、前の曲から一転、シンセサイザーの音色を効果的に使った軽妙なビートと、甘酸っぱいメロディ、キュートな歌声の組み合わせたアップ・ナンバー。2000年代前半には、3LWやドリームなど、多くのグループが取り入れて成功してきた、ヒップホップのサウンドとポップなメロディを組み合わせたスタイルを2018年に再現した良曲だ。アメリカよりも、日本や韓国といったアジア圏でウケそう。

また、彼女達のデビュー曲である”All of Us”はケリー・ローランドがプロデュースを担当、ゲスト・ミュージシャンとしてトリナが参加したミディアム・ナンバー。アイズレー・ブラザーズの”Between The Sheets”を彷彿させるシンセサイザーの伴奏と、ヒップホップのビートを組み合わせ、彼女達の爽やかな歌声を乗せたロマンティックなバラードだ。SWVやエクスケイプ、TLCやブラック・アイヴォリーなど、多くのガールズ・グループが取り組み、成功してきた、ヒップホップとバラードを融合させた作品だ。

そして、ジャシー・スモレットを招いた”Hurt People”は、彼が2018年にリリースした『Sum of My Music』に収められているシングル曲のリメイク。ジャシーがリード・ヴォーカルを担当し、5人が脇を固めた本格的なコーラス作品になっている。原曲以上のトラックをよりシンプルなものに作り替え、6人の歌声が織りなす精密なアレンジとダイナミックな表現を際立たせている。5人の可愛らしい歌声が、ニーヨの音楽を思い起こさせる、爽やかなメロディの良さを際立たせている。

彼女達のヴォーカルは、後見人のケリー・ローランドに近い、爽やかでスタイリッシュなものだ。しかし、ケリー同様、歌の安定感は抜群で、メロディの良さを丁寧に引き出している。この、新人らしい溌剌さと可愛らしさ、新人離れした完成度の高いパフォーマンスが彼女達の魅力だと思う。

今やアメリカでは稀少な存在になった「R&Bを歌うポップ・スター」の座を受け継ぐ貴重なガールズ・グループ、新しいサウンドが生まれても、人間の声が生み出す音楽の魅力は変わらないことが再確認できる、良質なアルバムだ。

Producer
Pro2Jay, Harmony Samuels, Kelly Rowland etc

Track List
1. Good Time
2. Take Me
3. Have You Ever
4. His Phone
5. All of Us feat. Trina
6. Hurt People with Jussie Smollett




All of Us
Music Of Sound LLC
2018-06-30

PJ Morton - Gumbo Unplugged (Recorded Live At Power Station Studios) [2018 Morton Music]

近年は自身名義の活動だけでなく、人気ロック・バンド、マルーン5のキーボード奏者として活躍している、ルイジアナ州ニューオーリンズ出身のシンガー・ソングライター、PJモートンことポール・モートンJr.

2017年には、自身の4年ぶりの新作『Gumbo』を発表。同作を引っ提げてツアーを敢行する一方、マルーン5の一員として『Red Pill Blues』を制作。前者はビルボード・チャートに入らない、通好みの作品でありながら、グラミー賞のベストR&B部門にノミネートし、後者は複数の国でゴールド・ディスクに認定される大ヒット作となった。

このアルバムは、本人名義では約1年ぶりのスタジオ・アルバム。新作の録音やツアーで多忙な日々の合間を縫って録音された本作は、オーケストラと組んで『Gumbo』の作品を再演した、スタジオ・ライブ作品だ。といっても、単なる既発曲の再演ではなく、収録曲の順序を替え、MCも盛り込むなど、スピーカーの向こうの観客を意識して演奏された、本格的なライブ録音になっている。

本作の1曲目は、『Gumbo』では3曲目に収録されている”Sticking to My Guns”。軽快なギターのカッティングに荘厳なストリングスを被せる演出は、これから始まるライブへの期待を掻き立てる。軽やかなリズム・セクションの上で、オルガンを演奏しながら歌うモートンの姿は、”Sir Duke”を歌っていたころのスティーヴィー・ワンダーによく似ている。楽しいライブの幕開けにふさわしい1曲だ。

続く”Claustrophobic”では、スピーカーの向こうの観客に語り掛けるところから始まるミディアム・ナンバー。オリジナル版でも印象的だった、年季を感じさせる音のシンセ・ベースを使いつつ、ヴォーカルはメロディを丁寧になぞるスタイルに切り替えている。原曲ではペルが歌っていたパートを、キーヨン・ハロルドのトランペットが担当してる点も見逃せない。

また、前作の最後を飾ったビージーズのヒット曲のカヴァー”How Deep Is Your Love”は、低音を抑え気味にして、軽妙なヴォーカルを強調している。ストリングスの音を控え、ハンド・クラップやオルガンの伴奏でリズムをとる演出からは、ゴスペルの影響も感じられる。ギターやコーラスのアレンジも含め、伴奏全体でグルーヴを生み出す手法は、ゴスペルからロックまで、あらゆるジャンルの音楽に取り組んできた彼の、音楽への深い造詣とセンスの良さを感じさせる。

そして、今作の最後を締めるのは、BJザ・シカゴ・キッドとハミルトンズをフィーチャーした ”Everything’s Gonna Be Alright”。『Gumbo』では6番目に入っていた曲だが、本作では一番最後に収録。多くの歌手に歌い継がれている名曲だが、本作ではライブのクライマックスを意識して、『Gumbo』版の泥臭さを残しつつも、高揚感のある演奏に仕立てている。コール&レスポンスなどのゴスペルで用いられる手法が、他の音楽でも通用することを教えてくれる。

このアルバムから感じるのは、多くのライブを経験してきたモートンの演奏能力の高さだ。難しいフレーズを正確に演奏するだけでなく、楽曲やライブ全体の展開を意識して緩急をつけたり、アレンジを加えたりする。この単なる手先の演奏技術を超えた、楽曲全体に目を配り、具体的なパフォーマンスに落とし込む技が、彼の魅力だと思う。

同じ楽曲でも、演奏の度に違った表情を見せる、ライブの醍醐味が思う存分楽しめる良質な録音。作品としての完成度が高さだけでなく、彼のステージを見てみたいと思わせる説得力もある名盤だ。

Producer
PJ Morton

Track List
1. Sticking to My Guns
2. Claustrophobic feat. Keyon Harrold
3. Religion feat. Lecrae
4. How Deep Is Your Love
5. First Began
6. Go Thru Your Phone
7. They Gon’ Wanna Come
8. Alright
9. Everything’s Gonna Be Alright feat.BJ the Chicago Kid & The Hamiltones




Xscape - Here For IT [2018 Redzone]

1993年に、ジャーメイン・デュプリが率いるソニー傘下のソー・ソー・デフから、アルバム『Hummin' Comin' at 'Cha』でメジャー・デビュー。総合アルバム・チャートの3位に入る華々しいデビューを飾った、4人組の女性ヴォーカル・グループ、エクスケイプ。

その後も、95年に『Off The Hook』、98年に『Traces of My Lipstick』 を発表。全ての作品で100万枚を売り上げるなど、TLCアン・ヴォーグSWVと並び称される、90年代を代表する人気ガールズ・グループとして大きな成功を収めた。

しかし、3作目の発表後に、ラトチャ・スコットがソロ活動のためにグループを離れると、キャンディもシンガー・ソングライターに転身。TLCの”No Scrubs”やディスティニーズ・チャイルドの”Bills, Bills, Bills”などのヒット曲を制作して人気ソングライターとしてグラミー賞を獲得すると、それ以外のメンバーも、歌手や俳優として個人の活動に打ち込むようになり、グループとしての活動は停滞していった。

このアルバムは、『Traces of My Lipstick』以来、実に20年ぶりとなる彼女達の新作。キャンディこそ不参加なものの、ラトチャを含む3人が参加。ほぼ全ての楽曲をトリッキー・スチュアートが手掛け、美しいメロディとセクシーな3人のパフォーマンスが存分に堪能できる、魅力的なR&B作品に仕上がっている。

本作の1曲目は、トリッキー・スチュアートとピエール・メドーがプロデュースした”Memory Lane”。トニ・ブラクストンからオマリオンまで、新旧の名シンガーを成功に導いてきた彼らが手掛ける曲は、『Traces of My Lipstick』の収録曲と勘違いしそうな、ヒップホップのビートを使ったスロー・バラード。尖ったサウンドの上で、艶めかしい歌声をじっくりと聴かせる手法は、 90年代に一世を風靡した彼女達の音楽を丁寧に再現している。

続く”Dream Killa”は、本作からの先行シングル。ソングライティングを3人が担当した楽曲は、90年代に流行した、メロディをじっくりと聴かせるタイプのスロー・バラード。しかし、バックトラックはチキチキ・ビートではなく、ジョーやR.ケリーの作品を思い起こさせる色っぽいサウンド。年を重ね、大人の色気を身に着けた3人の持ち味が、遺憾なく発揮された作品だ。

また、もう一つのシングル曲である”Wifed Up”は、ピエール・メドーが制作を主導したミディアム。跳ねるようなドラムと軽妙なメロディの組み合わせは、ジェイソン・デルーロやオマリオンの作風に近い。ポップなメロディと躍動感あふれるビートが心地よい、聴きなれない作風ではあるが、きちんと自分達の作品に落とし込んでいるのは、彼女達の経験と技術の賜物だろう。

そして、本作のタイトル・トラックである”Here For It”はトリッキー・スチュアートやピエール・メドーに加え、彼女達自身も制作に参加したミディアム。ダンスホール・レゲエの要素を取り込んだ作風は、フィフス・ハーモニーの”Down”にも少し似ている。フィフス・ハーモニーと比べると、経験を積んで重みを増した3人の歌声と、軽快なレゲエのビートを組み合わせる技術が素晴らしい良曲だ。

今回のアルバムは、全盛期のイメージを踏襲しつつ、年を重ねて老練さを身に着けた3人の表現が魅力の作品だ。ジャーメイン・デュプリからは離れたものの、彼と同じく90年代から活躍するトリッキー・スチュアートを多くの曲に起用。現在もコンスタントに新作を発表している彼の新鮮な感性と豊富な経験を活かして、90年代の音楽の雰囲気を盛り込んだ、現代向けのR&Bを録音している。また、3人のヴォーカルも「高い表現力とキュートな歌声を兼ね備えた少女」から「高い表現力で豊かな人生経験を音楽に吹き込む大人の女」へとアップデートし、昔の彼女達の魅力を残しつつ、現在のエクスケイプの表現に落とし込んでいる。この、「残せる部分は残しつつ、残せない部分は現代に合わせて作り直す」という方針を徹底したことが、彼女達の強いところだろう。

前作から20年以上の時を経ても、彼女達の輝きは衰えることがないことを再確認させてくれる良作。ここにキャンディが加わったらどんな音楽が生まれるのか、次の作品に期待が膨らむ充実の内容だ。

Producer
Tricky Stewart, Medor J Pierre, Xscape etc
Track List
1. Memory Lane
2. Dream Killa
3. Wifed Up
4. Here For It
5. Craving
6. Last Of Me




記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ