ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

自主制作

Glenn Lumanta - In My Element EP [2017 Glenn Lumanta]

フィリピン生まれ、オーストラリアのシドニー育ちのシンガー・ソングライター、グレン・ルマンタ。

2012年ごろから、SNSや動画投稿サイトに、フランク・オーシャンの”Super Rich Kids”やミュージックの”Half Crazy”、マックスウェルの”Pretty Wings”といった、男性R&Bシンガーによるヒット曲のカヴァーをアップロードする一方、ライブなども精力的に行ってきた。

そして、2016年には初のオリジナル曲となるシングル『What You Deserverd』を発表。翌年には本作にも収録されている『Silver』を発売。90年代のR&Bシンガーを思い起こさせる甘いメロディと柔らかい歌声で注目を集めた。そして、このアルバムは『In My Element』に続く彼の初のEPで、初のフィジカル・リリース作品でもある。

甘い歌声とロマンティックなトラックが印象的なイントロ”In My Element”に続く実質的な1曲目”Heart Strings”は”Half Crazy”を彷彿させる、。太く温かい音色の伴奏と滑らかな歌唱が魅力のミディアム・ナンバー。甘い歌声を活かして、悠々と歌うグレンの姿が耳に残るムーディーな楽曲だ。

一方、これに続く”Treat You Good (Your Mind)”は、ベイビーフェイスの”When I See You Again”を思い起こさせる、しっとりとしたメロディと甘酸っぱいヴォーカルが光るスロー・バラード。90年代のR&Bを連想させる、生楽器っぽい音色のシンセサイザーも当時の音楽の雰囲気を作るのに一役買っている。20代とは思えないR&Bへの造詣の深さと、高い歌唱力が堪能できる良曲だ。

そして、本作では希少なアップ・ナンバー”Know You Better”は、ジョンBの”Simple Melody”などを連想させる、洗練されたメロディとスマートな歌声が聴きどころ。他の曲とのバランスを考えたのか、ドラムの音圧を抑えているのは少し気になるが、耳元を駆け抜ける爽やかなヴォーカルは見逃せない存在だ。

また、キーボードとギターを軸にした伴奏に乗せて、一つ一つの言葉を丁寧に紡ぎ出す姿が印象的なミディアム・バラード”Imagination”は、ライブで演奏する姿が目に浮かぶ、生演奏っぽい伴奏が格好良い楽曲。多くの曲で使われているフィンガー・スナップが、切ない雰囲気を際立たせている。

だが、本作のクライマックスはアルバムの最後を飾る”Silver”だろう。本作に先駆けて配信限定でリリースされたされたこの曲は、ベイビーフェイスっぽい甘ずっぱいメロディと、ギターやキーボードを巧みに配置した、優しい雰囲気と繊細な音色が印象的な伴奏、恋人に語り掛けるように、優しく歌うグレンのヴォーカルが合わさった美しいミディアム・バラード。若き日のアッシャーの代表曲”Nice & Slow”や、テヴィン・キャンベルの”Can We Talk”にも通じる、爽やかな歌声とロマンティックなメロディの相乗効果が魅力的だ。

彼の楽曲を聴いて、真っ先に思い出したのはベイビーフェイスやトニー・リッチなどの90年代に一世を風靡した男性シンガー達の音楽。スマートで繊細な歌声と、それを活かすロマンティックなメロディ、そして絶妙なさじ加減でヴォーカルの良さを引き立てる伴奏が揃った音楽は、90年代に流行した美しいメロディのR&Bナンバーを彷彿させる。

自主制作の限られた環境で、使える機材を最大限駆使して、自分の持ち味である甘い歌声を活かした甘い雰囲気のR&Bを作り上げた才能は恐ろしい。90年代のブラック・ミュージックに慣れ親しんできた世代の人にこそ聴いてほしい、歌とメロディを思う存分堪能できる傑作だ。

Producer
Glenn Lumanta

Track List
1. In My Element (int.)
2. Heart Strings
3. Treat You Good (Your Mind)
4. Know You Better
5. Imagination
6. Silver






 

MAAD - Le Funk [2017 The VAMP]

ニューヨークを拠点に、シンガー・ソングライターやDJ、モデルなど、幅広い活動を展開するMAAD。数年前から、サウンドクラウドや配信サイトで自身のオリジナル曲を公開するなど、精力的に活動してきた彼女が、2017年3月に配信限定で初のEP『Le Funk』をリリースした。

彼女と一緒に多くの曲を制作してきた、クリエイターのヴァンプが全ての収録曲に参加。アリーヤやブランディにも通じる透き通った歌声と、R&Bやハウス・ミュージックのエッセンスを取り入れたトラックによる、モダンなR&Bナンバーを揃えている。

アルバムの1曲目を飾るのは2016年にシングル化された”Black Ice”。マスターピースやハイ・ファッションあたりのディスコ・グループを彷彿させる、ズンズンと響く太いベースの音色に乗せて、爽やかな歌声を響かせるミディアム・ナンバー。繊細なヴォーカルや起承転結が明確なメロディは、アリーヤなどの90年代に活躍したR&Bシンガーっぽくも聴こえる。

これに対し、シンセサイザーを駆使したディスコ・ミュージック、ディスコ・ブギーの手法を取り込んだのが”Satisfied”。ギターの演奏やストリングスっぽい音色のシンセサイザー等を取り入れた、洗練された音色が生み出す、躍動感たっぷりのビートが光るダンス・ナンバー。ヴォーカルの汗が飛んできそうな、エネルギッシュな歌唱も聴きどころ。

そして、2015年に発表された彼女のデビュー曲”Sweet & Low”は、プラッシュあたりの音楽を思い起こさせるダイナミックなシンセサイザーの伴奏と、スタイリッシュなビート、艶やかなヴォーカルが合わさった、ロマンティックなディスコ・チューン。ハウス・ミュージックを連想させるフィルターを使ったイントロやアクセントのように使われるギターのカッティングもいい味を出している。

一方、2016年にリリースされた”90s Love”は、ブランディやアリーヤあたりの90年代のR&B作品を連想させるシンプルなビートと、透き通った歌声を活かした美しいメロディが魅力のミディアム・バラード。使っている音色自体は、他の曲と同じだが、作曲やアレンジの技術で全く異なるタイプの曲に仕立て上げている。同じ機材でも、使い方ひとつで色々な楽曲を生み出せる楽曲制作の面白さを再確認させられる、本作の隠れた目玉ともいえる楽曲だ。シドの『Fyn』が好きだった人は、ぜひ耳を傾けてほしい。

それ以外の、本作が初収録となる新曲の中でも、特に注目を集めているのがアルバムの最後を締める”Touch Me”だ。2017年のグラミー賞にデビュー・アルバム『Eldrado』がノミネートしたことも話題になったシンガー・ソングライター、ロー・ジェイムスをフィーチャーしたこの曲は、本作の収録曲では珍しい、ハンド・クラップや太い音色のベース、ギターなどを組み合わせた、ロー・ジェイムスの作風に近い、今時のR&Bっぽい楽曲。決して派手な曲ではないが、セクシーな歌声で、恋人のように語り合う2人の姿など、聴きどころが盛り沢山の面白い曲だ。

アルバム全体を通して感じたことだが、このアルバムは、DJ、モデル、シンガー・ソングライターという異なる3つの分野で積み上げた経験が発揮された、「魅せる」ダンス・ミュージック作品だと思う。役者やモデルなどミュージシャン以外の仕事と2足(3足以上)の草鞋を履いているアーティストといえば、『8 Ounces』を発表したジャスティン・スカイ『Good Look For You EP』が好評のゲヴィン・トゥレックなど、有名無名関係なく多数いるが、彼女達同様、MAADの場合も、活動の幅を広げることで、「他人の目に映る自分のイメージを意識する感性」や「ダンス・ミュージックとして繰り返し聴かれる音楽を生み出すセンス」、「自分の持ち味を相手にきちんと伝える技術」など、ミュージシャンには欠かせない色々なスキルを習得したように見える。

アルバムの方向性は、タキシードの『Tuxed 2』ナイト・ファンクの『Nite-Funk EP』に近い、70年代後半から80年代初頭のソウル・ミュージックのスタイルを踏襲したものだと思う。だが、本作では、90年代の女性シンガーを彷彿させる彼女の繊細で透き通った歌声を念頭に作ることで、彼ら以上に当時のサウンドを大胆に取り込みつつ、オリジネーター達と差別化することに成功している。タキシードなどの作品が好きな人には是非お勧めしたい、2017年を代表するといっても過言ではない、本格的なディスコ・ミュージック・アルバム。アナログ盤で聴きたいけど、出てくれないかなー。

Producer
MAAD, VAMP

Track List
1. Black Ice
2. Satisfied
3. Sweet & Low
4. 90s Love
5. Lost Together
6. Stingy Lover
7. Touch Me feat. Ro James






 続きを読む

Fantastic Negrito - The Last Days Of Oakland [2016 Blackball Universe Records, Universal, P-Vine]

マサチューセッツ生まれのオークランド育ち、厳格なイスラム教徒の父の下で厳しく育てられたきたが、オークランド時代には麻薬の売人に手を染め、危険な経験もしてきたという、波乱万丈の人生を歩んできたシンガー・ソングライター、ファンタスティック・ネグリートこと、イグザヴィア・ディーフレッパレーズ。彼にとって、通算2枚目のアルバムにして、現在の名義では初のオリジナル・アルバム。

プリンスの『Dirty Mind』に出会ったことがきっかけで、ミュージシャンになることを決めた彼は、93年にプリンスのマネージャーも担当した人物と契約。その後、インタースコープとも契約を結び、96年にはイグザヴィアの名義でアルバム『The X Factor』を発表。日本の音楽雑誌でも取り上げられるなど、 音楽通に好まれるR&Bの隠れた名盤として高く評価されていた。

しかし、99年に彼は交通事故に見舞われてしまう。この事故で3週間の昏睡状態を経験した彼は、諸々の事情もあり、インタースコープを離れることになる。その後、一時期は売人に戻り、音楽もやめてしまうが、2014年にはルーツ・ミュージックの分野で音楽活動を再開。そして、同年に7曲入りのミニ・アルバム『Fantastic Negrito EP‎』をリリースすると、2016年までに4枚のシングルやEPを発売、インディー・レーベルから発売されたルーツ・ミュージックの新人という、商業的には不利な条件が揃っている中で、一定の成果を残してきた。

このような長く、複雑な歴史を経てリリースされた本作は、ユニヴァーサルが配給(日本盤はP-Vine)、LP、CD、配信という複数のフォーマットで販売されるなど、新人同然のミュージシャンとは思えないスタッフの気合が目立つ。また、制作スタッフも、マイケル・ジャクソンやメアリー.J・ブライジなどの作品に参加しているベースのコーネリアス・ミムスや、ドウェイン・ウィギンズや50セントなどの楽曲に携わっているライオネル・ホロマン、イグザヴィア時代の作品にも関わっている日本人ギタリストのマサ小浜など、演奏技術に定評のある面々がを揃えており、イグザヴィア達がこのアルバムに賭ける思いが窺えるものになっている。

さて、肝心の内容だが、アルバムの実質的な1曲目となる”Working Poor”は、本作からのリード・シングル。地鳴りのようなビートと、ジャック・マクダフを思い出させる華やかなオルガンの演奏、しゃがれた声を絞り出すように歌うヴォーカルや、哀愁を帯びたギターの音色が格好良いミディアム・ナンバーだ。

これに対し、4曲目の”Scary Woman”は、シュープリームスの"You Can't Hurry Love"やメイヤー・ホーソンの"Your Easy Lovin' Ain't Pleasin' Nothin'"を連想させる、軽快でポップなリズム&ブルースと、初期のマディ・ウォーターズやハウリン・ウルフなどの作品を思い起こさせる凄まじい音圧、指の運び方まで収録しような、レコーディング技術の3つが合わさったアップ・ナンバー。1960年代にタイム・スリップしたような感覚すら受ける、懐しさと新しさが入り混じった楽曲。

また、”The Nigga Song”と”In the Pines”の2曲は、重厚なビートやシンプルなフレーズから、多彩な表情を引き出す演奏者と、喜怒哀楽を全て曝け出したようなイグザヴィアの歌と演奏に威圧感さえ感じてしまう名曲。機材や演奏スタイルは少し違うが、マディ・ウォーターズの”Hoochie Coochie Man”を初めて聴いたときに感じた、スピーカー越しにも伝わる鬼気迫るものが、この曲からもひしひしと伝わってくる。

そして、本作のハイライトともいえるのがアルバムの最後を締める”Nothing Without You”。キーボードとオルガン中心になって生み出す温かい伴奏と、ステイプル・シンガーズなどを連想させる泥臭いコーラス。そして、彼のキャリアを総括するかのように、喜怒哀楽すべての感情を1曲に吹き込んでみせる。イグザヴィアの歌が一体化したバラード。オーティス・レディングが21世紀に転生したような、シンプルだが豊かな感情表現が光るスロー・ナンバーだ。

今回のアルバムは、演奏や作曲といった細かい要素単位で考えると、これ以上ないに保守的な作風だと思う。ただ、演奏技術、録音技術、歌唱力の一つ一つを突き詰め、楽曲ごとに色々な手法を取り入れることで、往年のブルースの持つ迫力と、現代のロックやソウルが持つ斬新さを両立していると思う。

昔からある手法を究めつつ、それを柔軟な発想で組み合わせたことで、新鮮さと懐かしさを両立した傑作。グラミー賞のベスト・コンテンポラリー・ブルース・アルバムを獲得したことも納得できる。21世紀のブルース・クラシックと呼ぶにふさわしい、現代の傑作だと思う。

Producer
Xavier Dphrepaulezz

Track List
1. Intro - The Last Da
2. Working Poor
3. About a Bird
4. Scary Woman
5. Interlude - What Would You Do?
6. The Nigga Song
7. In the Pines
8. Hump Through the Winter
9. Lost in a Crowd
10. Interlude 2 - El Chileno
11. The Worst
12. Rant Rushmore
13. Nothing Without You





The Last Days of Oakland
Fantastic Negrito
Blackball Universe
2016-06-03

 
記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ