ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

配信限定

Mila J - 11.18 [2017 Silent Partner Entertainment, November Reign]

クリス・ストークスの下でキャリアを積み、若いころには妹のジェネイ・アイコらと組んだガールズ ・グループ、Gyrl(ギャル)としても活動してきた、カリフォルニア州ロス・アンジェルス出身のシンガー・ソングライター、ミラJことジャミーラ・アキコ・キロンボ。

妹達に先駆けてソロに転向した彼女は、オマリオンの作品に客演するなど、着実に実績を積み上げて、モータウンとの契約を獲得。2006年には自身名義のアルバム『Split Personality』を録音する。しかし、諸事情により同作はお蔵入りとなってしまう。

だが、制作体制を仕切りなおした2014年に初のEP『M.I.L.A.』を発表すると、配信限定の作品ながら、R&Bチャートの12位に食い込む健闘を見せる。その後も、2016年に2枚目のEP『213』を発表するなど、精力的に活動していたが、セールス面では苦戦。2017年に発表された『Dopamine』はインディー・レーベルのサイレント・パートナーからのリリースになっている。

このアルバムは、同作から僅か7月という短い間隔で発表された通算4枚目のEP。彼女の誕生日をタイトルに冠し、35歳の誕生日の2日前に発売された本作は、これまでの作品以上に彼女の内面に触れた楽曲を揃えている。プロデューサーには、これまでにも多くの作品を一緒に制作していたアイ・リッチに加え、シェイ・オン・ザ・ビートが参加。全ての楽曲で彼女がソングライティングに携わった、意欲作になっている。

本作の1曲目は、アイ・リッチがプロデュースを担当した”Dirt”。オルゴールを思い起こさせる繊細な音色のトラックをバックに、切々と歌う姿が心に残るミディアム・ナンバー。ドラムの音圧を抑えて、彼女の歌声を強調したアレンジが心憎い。誰かに語り掛けるように歌うミラJの姿が、どこか物悲しく見える曲だ。

これに続く”Drifting”も、ミラJとアイ・リッチのコンビで作られた作品。レゲトンなどで使われるような、鮮やかな音色のシンセサイザーを使いながら、シックに纏め上げた伴奏が不思議な雰囲気を醸し出している。このトラックの上で、朗々と歌う姿が印象的。”Dirt”より少し速いテンポの楽曲だが、より陰鬱な空気の楽曲だ。

また、本作で唯一シェイ・オン・ザ・ビートがプロデュースを担当した”Obsessive”は重いビートとハンドクラップなどの上物を巧みに組み合わせたビートが、クリス・ストークスの手掛けたイマチュアの作風に少し似ているミディアム・ナンバー。しかし、このようなビートの上で、気だるく歌うミラJのパフォーマンスは、90年代のR&Bではあまり見ないものだ。彼女の原点に回帰しつつ、現代の音楽シーンで戦う彼女の姿勢が反映された佳曲だ。

それ以外に目を向けると、4曲目の”Low Down Dirty Shame ”は、モニカを彷彿させる、キュートだけど力強いヴォーカルを際立たせたアレンジが光るミディアム・ナンバー。ギターなどの音色を使った繊細なサウンドが光るビートを使うことで、彼女の強くしなやかな歌声の魅力を引き出している。

そして、このアルバムを締めるのは”Switching Sides Lyric”。シンセサイザーの音を重ねたトラックと、強力なエフェクトをかけたヴォーカルが幻想的な雰囲気を演出している。電子楽器を多用したビートと、メリハリをつけたメロディの組み合わせは、90年代のR&Bにも少し似ているが、彼女の妖艶な歌声と過激なエフェクトが、斬新なイメージをもたらしている。

このアルバムは、クリス・ストークスの下でキャリアを開始し、ガールズ・グループやメジャー・レーベルからのリリースなどを経験してきた彼女のキャリアを統括しつつ、現代の彼女の生き方を見据えたものになっている。トラックやメロディには、イマチュアなどが大衆を魅了していた、90年代のR&Bのスタイルが反映されているが、その一方で、当時のR&Bではあまり使われていなかった、強烈なエフェクトを使った声の加工や、気だるいヴォーカルといった演出も加わっている。このように、新旧のR&Bの手法を組み合わせ、90年代から地道に活動してきた彼女らしさが反映された音楽に落とし込んだところが、この作品の面白いところだ。

妹、ジェネイ・アイコが活躍の場を広げる中で、伸び悩んでいる印象があった彼女の底力を感じさせる良作。90年代から現代に至るまで、継続的に活動してきた彼女の持ち味が発揮された、懐かしさと新鮮さを感じる音楽だと思う。

Producer
I Rich, Shay On The Beat

Track List
1. Dirt
2. Drifting
3. Obsessive
4. Low Down Dirty Shame
5. Switching Sides Lyric




11.18 [Explicit]
SILENT PARTNER ENTERTAINMENT/NOVEMBER REIGN
2017-11-16

Bruno Mars - Finesse(Remix) feat. Cardi B [2018 Atlantic]

本作に収録されている”24K Magic”や”That's What I Like”が立て続けにヒットし、2016年11月にリリースされた作品ながら、ケンドリック・ラマーの『DAMN.』に続く、2017年にアメリカで2番目に売れたアルバムとなったブルーノ・マーズの『24K Magic』。次々と新作が発表されるアメリカの音楽市場で、長く親しまれる作品となったこのアルバムから、新たにシングル化されたのが、この”Finesse”だ。

ブルーノが率いるプロダクション・チーム、シャンプー・プレス&カールとステレオタイプスがプロデュースしたこの曲は、ガイやベル・ビヴ・デヴォーなどを思い起こさせる、跳ねるようなビートと電子楽器の音色が格好良い、90年代初頭に流行したR&Bのスタイル、ニュー・ジャック・スウィングを連想させる、軽快なトラックとキャッチーなメロディが光るダンス・ナンバー。今回のリミックス版では、原曲のトラックやメロディは大きく弄らず、2017年のシングル”Bodak Yellow”がローリン・ヒル以来、約20年ぶりとなる女性ラッパーによる全米ナンバー・ワン・ヒットとなった、カルディBのパフォーマンスを加えたものになっている。

カルディBといえば、男性顔負けのハードなラップが持ち味。だが、この曲では彼女のアグレッシブな側面は残しつつ、ニュー・ジャック・スウィングを意識したビートに合わせ、リスナーを煽って見せるなど、いつもより軽やかで表情豊かな一面を見せている。また、そんな彼女のラップと呼応するように、ブルーノもしなやかで色っぽいヴォーカルを聴かせている。この曲で聴けるパンチの効いたラップとダイナミックなヴォーカルの組み合わせは、斬新なサウンドと、それに負けないパワフルなパフォーマンスで、多くの人の度肝を抜いた、デビュー当時のガイを思い起こさせるものだ。

この曲は、彼が『24K Magic』で見せた、80年代終盤から90年代初頭に流行したR&Bへの、強い傾倒を象徴する作品の一つだ。しかし、この曲が単なる当時の音楽の焼き直しに終わらないのは、共同制作者であるステレオタイプスの豊かな経験による部分が大きい。彼らはジェイソン・デルーロやオマリオンなどの作品を手掛ける一方、韓国のSHINeeやEXO、日本の赤西仁といった、アジアで絶大な人気を誇るミュージシャン達と多くの楽曲を作ってきた。テディ・ライリーがEXOに楽曲を提供し、ゴスペラーズや三代目J Soul Brothersなどがニュー・ジャック・スウィングの手法を取り入れた楽曲を発表するなど、現在も80年代や90年代に流行したスタイルのR&B作品がヒットしているアジアでの経験が、彼らの音楽を単なる当時のリメイクでは終わらない、現代の若いリスナーに向けた新鮮な作品にしていると思う。

各地の文化に合わせ、色々なスタイルの音楽が生まれ、他の地域に波及している2010年代を象徴するようなヒット曲。日本のリスナーには懐かしさすら感じさせるサウンドとメロディが心に残る良質なリミックスだ。

Producer
Shampoo Press & Curl, The Stereotypes

Track List
1. Finesse(Remix) feat. Cardi B




Skreally Boy – Lo<3 [2017 Hit2Def]

2017年の終わり、12月22日に突如リリースされた、フランスのシンガー・ソングライター兼ビート・メイカー、スクレリー・ボーイの新作。

自身のホームページを持たず、SNSのプロフィール欄には「あなたの心の中に住んでます」と書くなど、ロマンチストなのか、食わせ者なのかよくわからない謎の男。だが、サンダーキャットケイトラナダを思い起こさせる、シンセサイザーを多用した前衛的な音色を使いこなし、ジェイ・ディラを彷彿させる音と音の隙間を効果的に聴かせるビートを組み上げる。かと思いきや、マックスウェルやロビン・シックを連想させる滑らかで繊細なシルキー・ボイスに、ベイビーフェイスなどの流れをくむ90年代フレーバーの強い流麗なメロディを組み合わせるなど、他のアーティストとは一味違う、独自の作風を確立。2014年にアルバム『Karma』でデビューして以来、2017年までに4枚のフル・アルバムとEPを発表するなど、精力的に活動してきた。

このアルバムは、2017年の5月にリリースしたEP『+++』から約7か月という、短い間隔で制作された通算5枚目のアルバムにして2枚目のフル・アルバム。前作同様、フランスのビート・メイカー、プラチナム・ウェーブとの共同プロデュース作品で、彼自身もリッチー・ビーツの名義で制作を担当。彼らに加え、3010やクライシーといった、フランスで活動する実力派ミュージシャンが複数参加した、力作になっている。

アルバムのオープニングを飾る”XXX”は、ビートからヴォーカルまで、ほぼ全てを彼一人で作り上げたミディアム・ナンバー。ピアノを使った不協和音が不気味な印象を与えるイントロから、同じ音色を使った細やかな伴奏のトラックへと変化していく流れが面白い曲。これに続くヴォーカルは、クリス・ブラウンの新作を思い起こさせる、畳み掛けるように次々と言葉を繰り出すラップ寄りのもの。ラップのエッセンスを取り入れたヴォーカルは、粗削りなイメージを持たれがちだが、線は細いがしなやかなヴォーカルのおかげで、違った雰囲気に聴こえる。マックスウェルの声とクエヴォのフロウが融合し、トキモンスタのビートを乗りこなしたような、不思議な雰囲気の曲だ。

また、3010が客演した”Hype”は、トレイ・ソングスアッシャーの近作を彷彿させる、バウンズ・ビートを取り入れつつ、上品に纏め上げたトラックと、滑らかな歌声を活かして丁寧に歌う姿が印象的なミディアム・ナンバー。艶やかなテナー・ヴォイスから、武骨な地声を使ったヴォーカルを巧みに使い分ける姿が格好良い。楽曲の途中で挟まる軽妙なラップもいい味を出している。アメリカのR&Bのトレンドを踏襲しつつ、細かいアレンジに気を配ることで、彼らとは一味違う作品に仕立て上げられている。

そして、本作の発売1週間前にミュージック・ビデオが公開された”Asonzo ”は、レゲトンやアフリカのヒップホップのテイストを盛り込んだ陽気なトラックと、哀愁を帯びたメロディの組み合わせが面白いミディアム・ナンバー。明るいビートと切ないメロディを組み合わせた音楽といえば、ケヴィン・リトルの”Turn Me On”やウェイン・ワンダーの”No Letting Go”など、多くのヒット曲が作られている。だが、この曲では、音色こそ陽気なものの、それを組み合わせて作られたトラックはトレイ・ソングスやマーカス・ヒューストンを連想させるシックなもの、その上に乗るヴォーカルも、繊細なテナー・ヴォイスを活かしたスタイリッシュなものだ。中南米やアフリカの音楽の要素盛り込みつつ、あくまでも都会的で洗練された楽曲に纏め上げたセンスが光る楽曲だ。

それ以外の曲ではフランスのヒップホップ・アーティスト、クライシーと組んだ”06:00”も面白い。サックスやピアノの音を混ぜ合わせたトラックは、ヒップホップというよりジャズやシャンソンの香りすら漂う、退廃的で幻想的な雰囲気のもの。そこに、か細い歌声で切々と言葉を紡ぐ二人のヴォーカルが合わさった楽曲は、インターネット経由で流れるR&Bというより、場末のバーで流れる小洒落たポピュラー・ミュージックといった趣だ。

彼の音楽は、アメリカのR&Bの変遷に目を配りつつ、R&Bのトレンドとは微妙に距離を置いた、独特の作風が印象的だ。エレクトロ・ミュージックや往年のポピュラー・ミュージックといった、様々なジャンルの音楽のエッセンスを取り入れ、R&Bでありながら、先鋭的なサウンドと懐かしい雰囲気を両立している点も大きいだろう。この、雑駁さと一貫性を同時に実現する編集能力と、緻密な表現を可能とするヴォーカルの技術が、彼の音楽を作り上げていると思う。

マックスウェルやロビン・シックの系譜に立つヴォーカルと、ベイビーフェイスやトリッキー・スチュアートを連想させる美しいメロディを生み出す技術、そこに様々な音楽を取り入れる見識の広さとセンスが合わさったことで生まれた高い水準の作品。アメリカのミュージシャンとは異なるアプローチで、R&Bの可能性を広げた良作だと思う。

Producer
Platinumwav & Richie Beats etc

Track List
1. XXX
2. Hype feat. 3010
3. R.
4. 888
5. 02:22 (Freestyle)
6. J.Blues (skit1)
7. Asonzo
8. B.J (Boca Junior)
9. 06:00 feat. Krisy
10. U2
11. No Lov3 feat. Joke
12. Home Alone feat. Gracy Hopkins
13. J.Blues (Skit 2)
14. Bleu
15. I-Motion
16. Diamants






記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ