melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

配信限定

Childish Gambino - This Is America [2018 RCA]

2016年に発表したアルバム『Awaken, My Love!』が、アメリカ国内だけで50万枚を売り上げ、グラミー賞の最優秀アルバム部門にノミネートするなど、ミュージシャンとしても大きな成功を収めた、チャイルディッシュ・ガンビーノこと、ドナルド・グローヴァー。

その一方で、俳優としても、コメディ・ドラマ「アトランタ」で高い評価を受け、スター・ウォーズのスピンオフ作品や、実写版「ライオン・キング」に出演するなど、着実に実績を残していった。

この曲は、『Awaken, My Love!』以来となる新作。チャイルディッシュ・ガンビーノとしては最後のアルバムになると発表している、次回作に先駆けて公開された楽曲だが、同じ時期に「同作には収録されない」というコメントが出るなど、様々な情報が錯綜している。

今回のシングルは、これまでも彼の音楽を一緒に作ってきた、ルドヴィグ・ゴランソンとグローヴァーの共同制作、共同プロデュース作品。電子音の冷たく、刺々しい音色を使ったビートは、現在流行しているヒップホップやトラップのものだが、低音を抑え気味にして、パーカッションなどの音を強調することで、フェラ・クティや彼の息子、ショーン・クティが得意とするアフロ・ビートっぽく仕立てている点が面白い。曲の途中で、リズムを細かく変える演出を盛り込むことで、ヒップホップやエレクトロ・ミュージックの象徴である「中毒性のあるループ」と、アフリカ音楽やアメリカのブルースを含む、世界各地の土着の音楽が持つ「変幻自在のアレンジ」を同居させている点も見逃せない。

また、この上に乗るヴォーカルは、ラップやブルース、フォーク・ソングなど、様々な音楽の手法を用いて、「現代のアメリカ」を描写したもの。社会問題に切り込む作品自体は無数にあるが、この曲では、抽象的で比喩的な表現を採り入れることで、政治的な作品に芸術性と娯楽性を付け加えている。

この曲の魅力は、歌、トラック、振付、映像表現など、あらゆる手段を用いて「アメリカ社会」に切り込みつつ、きちんとエンターテイメント作品に落とし込んでいるところだろう。歌やトラック以外に目を向けると、本作のミュージック・ビデオでは、ミンストレル・ショウやアフロ・ビートの表現や、現代舞踏の手法を織り交ぜたパフォーマンスを披露する一方、映像そのものも、カメラワークから小物まで、細部にも気を配った作品になっている。おそらく、コメディから先鋭的な音楽まで、あらゆる表現の世界を経験してきた彼の感性によるものが大きいだろう。

コメディアン、俳優、ミュージシャンと、多彩な顔を持ちながら、全ての分野で高い成果を上げてきたドナルドの豊かな才能が凝縮された珠玉の一品。インターネットによって、映像作品を気軽に楽しめるようになった現代ならではの傑作だ。

Producer
Donald Glover Ludwig Göransson

Track List
1. This Is America



Cardi B - Invasion Of Privacy [2018 Atlantic]

2017年のデビュー・シングル”Bodak Yellow”が、ローリン・ヒルの”Doo Wop (That Thing)”以来、実に20年ぶりとなる女性ラッパーの単独名義の楽曲による1位を獲得したことで、一躍時の人となった、カルディBことベルカリス・アルマンザー。

ニューヨーク市ブロンクスで、ドミニカ系の父とトリニダード系の母の間に生まれた彼女は、家庭内暴力から逃れるために10代後半の頃には家を出て、ストリップ・クラブで働いていたという。

そんな彼女はSNSに投稿した写真で注目を集め、2015年には 初の自作曲となるシャギーの”Boom Boom”のリメイク作品を発表。その後も継続的に作品をリリースする一方で、リアリティ番組の「Love & Hip Hop: New York」にレギュラー出演するなど、個性的なキャラクターで注目を集めてきた。また、2018年初頭には、ブルーノ・マーズの"Finesse"のリミックス版に客演し、全米R&Bシングル・チャートを制覇したことも話題になった。

本作は、彼女にとって初のスタジオ・アルバム。プロデュースはDJマスタードやフランク・デュークスといったヒット・メイカー担当し、チャンス・ザ・ラッパーやミーゴスといった人気ミュージシャンがゲストとして集結するなど、華々しいデビューを飾った彼女に相応しいものになっている。

アルバムの収録曲で、真っ先に目を惹いたのはミーゴスを招いた”Drip”だ。ミーゴスやグッチ・メインにビートを提供しているアトランタ出身のプロデューサー、カシアス・ジェイがトラックを担当した作品だ。ミーゴスにも多くのビートを提供してきた彼が用意したのは、彼らのアルバムを連想させる。電子音を多用したトラップ。この上で各人が個性的なラップを繰り広げる光景は、単なるフィーチャリング作品というより、対等な関係でコラボレーションした楽曲に近い。キャリアの浅い新人にもかかわらず、ゲストの得意なスタイルに取り組みつつ、自分の個性を打ち出している点が印象的だ。

これに対し、彼女のデビュー曲である”Bodak Yellow”はジェイムス・ホワイトがビートを手掛けた作品。”Drip”に比べると、耳に刺さるような高音を効果的に使った、軽やかなサウンドが印象的な作品。クリス・ブラウンからYGまで、多くのミュージシャンが取り入れているトラップだが、この曲では高い音を適度に強調することで、ポップな印象を与えているのが面白い。

また、ボイ・ワン・ダにフランク・デュークスという、カナダ出身のクリエイター2名を起用した”Be Careful”は、”Boom Boom”を彷彿させるソフトな音色のシンセサイザーを使ったトラックが印象的なミディアム・ナンバー。柔らかい音を取り入れたトラックに乗せて、歌とラップを混ぜ合わせたヴォーカルを披露する姿は、レゲエがベースになっているものの、どこかドレイクパーティーネクストドアを彷彿させる。彼女の多芸っぷりが遺憾なく発揮された良曲だ。

そして、本作の隠れた目玉といっても過言ではないのが、Jバルビンとバッド・バニーをフィーチャーした”I Like It”だ。この曲で採用されたのは、個性豊かなトラックが並ぶアメリカのヒップホップ界でも、滅多に使われることのないサルサのリズム。アメリカ国内ではアフリカ系よりも多いといわれている、中南米をルーツに持つ人々の間では人気のダンス・ミュージックを取り込んだビートは、シンセサイザーを多用したこともあり、個性的でありながら、他のジャンルの音楽と一緒に聴いても違和感がない。自身も中南米をルーツに持つカルディと、プエルトリコ出身のバッド、コロンビア出身のバルビンの3人が、英語とスペイン語を織り交ぜながら、激しさと色っぽさを兼ね備えたパフォーマンスを披露する姿が心に残る名演だ。

このアルバムの面白いところは、様々な音楽が楽しまれる現在のアメリカを反映した、個性豊かなビートと、それを自在に乗りこなすカルディのラップ技術だろう。アメリカ南部のトラップをそのまま踏襲したものから、それらを咀嚼してポップス作品に落とし込んだもの、レゲエを組み入れたものや、ラテン音楽を取り入れたものなど、本作に収められている楽曲のトラックは、色々なスタイルが流行するアメリカ音楽シーンを象徴するような、非常にバラエティ豊かなものだ。しかも、彼女はこれらのビートの上で、トラックごとに柔軟にスタイルを変えつつ、きちんと自分の作品だとわかるラップを繰り出している。このトレンドを貪欲に取り入れる姿勢と、様々なサウンドを自分の音楽に昇華する技術が、彼女の音楽の魅力だろう。

女性や人種というアイデンティティを活かしつつ、それに囚われない普遍性を兼ね備えた面白いアーティスト。様々な出自のアーティストが色々な音楽に取り組み、多くの人を魅了する2018年を象徴する佳作だ。

Producer
DJ Mustard, Andrew Watt, Frank Dukes, Murda Beatz, Vinylz etc

Track List
1. Get Up 10
2. Drip feat. Migos
3. Bickenhead
4. Bodak Yellow
5. Be Careful
6. Best Life feat. Chance the Rapper
7. I Like It feat. Bad Bunny & J. Balvin
8. Ring feat. Kehlani
9. Money Bag
10. Bartier Cardi
11. She Bad feat. YG
12. Thru Your Phone
13. I Do feat. SZA






Eric Bellinger - Eazy Call [2018 YFS Empire]

ジャクソン5が歌ったことでも有名な、”Rockin’ Robin”の作者としても知られるボビー・デイを祖父に持ち、自身もソングライターとして活躍しているエリック・ベリンガー。

音楽グループAKNU(A Kind Never Understoodの略)の一員として、音楽の世界に足を踏み込んだ彼は、その後、ソングライターに転身して多くの楽曲を制作、ジャスティン・ビーバーからタイリースまで、様々なスタイルのミュージシャンに曲を提供してきた。

本作は、2017年4月にリリースされた『Cannabliss』以来、約1年ぶりとなる新作。前作の発表後も、テイマー・ブラクストンの『Bluebird Of Happiness』やラポーシャ・ラナエ『Already All Ready』‎に携わるなど、多忙な日々を送っていた彼。本作では「未発表曲によるグレイテスト・ヒッツ」をテーマに掲げ、多作な彼が厳選した新曲を収めている。

アルバムを聴いて最初に興味を持ったのは、メイスをフィーチャーした”Not a Love Song”。シンセサイザーを使ったスタイリッシュなビートの上で、歌ともラップとも形容しがたい、独特の節回しのメロディを繰り出す姿が魅力のミディアム・ナンバー。ドレイクを筆頭に多くのミュージシャンが用いている、現代のR&B、ヒップホップ界隈ではお馴染みのスタイルだが、力強い歌声と器用な歌唱技術を兼ねそなえた彼が披露すると違ったものに聴こえる。2018年の流行に合わせてトラックを用意し、流行の歌唱法を取り入れたエリックに対し、あくまでも自分が得意なスタイルで臨むメイスの姿に、ベテランの矜持を感じる。

これに続く”Main Thang”は、ロス・アンジェルスを拠点に活動するラッパー、ドン・ケネディをフィーチャーした作品。電子楽器を組み合わせてヒップホップのビートを作る手法や、しっとりとしたメロディを甘酸っぱい声で歌うスタイルは、クリス・ブラウンとよく似ている。もっさりとしたバリトン・ヴォイスでラップを披露するドン・ケネディの存在が、エリックのテナーの魅力を引き出している点も見逃せない。

また、本作に先駆けて発表された”Goat 2.0”は、2016年のアルバム『Eric B for President: Term 1』に収録されている同名曲のリメイク。ワシントンD.C.出身のナイジェリア系アメリカ人ラッパー、ウェイルを招いて、彼の代表曲を再録している。楽曲自体は、曲の途中で音を止めるなど、トラックを微妙に弄っているものの、大部分は原曲と同じ。低く、太い声を使って歌うようにラップを繰り出すウェイルの存在が、高い声で甘く歌うエリックのパート合わさって楽曲にメリハリをつけている。

そして、本作の収録曲で異彩を放っているのが、ニーヨと共演した”Dirty Dancin'”。エリックの作品では珍しい、カリプソのビートを取り入れたアップ・ナンバー。甘く爽やかなヴォーカルが魅力の二人による共演は、声域の違いを意識して聴かないと、どっちが歌っているか判別できないくらい一体感がある。ソングライターとして頭角を現し、自身名義の作品でも成功を収めるという経歴を歩んだ二人による、面白いコラボレーションだ。

今回のアルバムは、従来の作風を踏襲した、手堅い作品が目立つ。コンピュータを多用し、ミディアム・テンポのトラックをバックに歌とラップを織り交ぜたパフォーマンスを繰り広げる。また、バラエティ豊かなゲストも、彼のスタイルに大きな影響を与えるものではなく、楽曲の一部とした作品としている。この、一歩間違えればマンネリ化とも捉えられかねない方法で、50分を超えるアルバムを最後まで楽しませる手腕には唯々驚くしかない。

30代前半と比較的若い年齢ながら、自身名義の曲も含め、多くの録音作品にかかわってきた、彼の豊かな経験と老練な作曲、歌唱技術が遺憾なく発揮された佳作。人の声が生み出す豊かな音楽表現を存分に味わえる充実した内容のアルバムだ。

Producer
Ayo The Producer, Blast, Keyzbaby, London On Da Track, Nic Nac, Qorey, Scootie & Sleep Deez etc

Track List
1. Legs
2. Not a Love Song feat. Ma$e
3. Main Thang feat. Dom Kennedy
4. She feat. AD
5. Role Play feat. Scootie
6. Silent Treatment
7. Goat 2.0 feat. Wale
8. Dirty Dancin' feat. Ne-Yo
9. Y.A.K. feat. Chevy Woods & Sammie
10. Ain't Ya Ex feat. Mila J & Tink
11. Money Float
12. By Now
13. Luck
14. Bagged
15. Eric Bellinger





Eazy Call [Explicit]
YFS (Your Favorite Song) / EMPIRE
2018-04-06

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ