ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

配信限定

Sky-Hi - Marble [2017 avex trax]

2005年にエイベックス主催のオーディションを勝ち上がったメンバーで結成、同年にシングル”BLOOD on FIRE”でメジャー・デビューを果たした、男女混成のダンス・ヴォーカル・グループ、AAA。

以後も、コンスタントに作品を発表し、2017年までに57枚のシングルと、11枚のフル・アルバムをリリース。複数の作品でゴールド・ディスクやオリコン・チャートの1位を獲得し、2016年と17年にはドーム・ツアーを敢行。2010年以降は7年連続で紅白歌合戦に出場(余談だが、彼らは紅白歌合戦の歴史で唯一、赤組と白組の両方で出演しているグループでもある)するなど、日本を代表するダンス・ヴォーカル・グループとして活躍してきた。

Sky-Hiこと日高光啓は、同グループでヴォーカルとラップを担当。メジャー・デビューの前からクラブ・イベントやMCバトルなどに出演し、デビュー曲の”BLOOD on FIRE”の頃からラップ詞を手掛けるなど、外部のソングライターを起用してきたグループの中で、早くからアーティストとしての才能を発揮してきた。また、2011年以降はSky-Hi名義でも活動を始め、これまでに14枚以上のシングルと3枚のフル・アルバムを発表。それ以外にも、餓鬼レンジャーやtofubeatsなど、様々なジャンルのミュージシャン達の作品に客演、ラッパーとしての実力をいかんなく発揮してきた。

本作は彼にとって初のデジタル・アルバム。2つの新曲と8つの既発曲からなる作品で、初の海外公演を控えた彼のキャリアを総括しつつ、新たなスタイルにも挑戦した意欲作になっている。

このアルバムでお披露目となった新曲”Marble”は、KMのプロデュース作品。ファイヤー・ホーンズのトランペット奏者、アツキ・ヤマモトを招いた曲は、ポロポロと爪弾かれるキーボードの演奏と、柔らかいトランペットの音色が、アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズのような洒脱さを感じさせる。軽やかなサウンドが魅力の上で、茶目っ気たっぷりのラップを聴かせるスカイ・ハイも面白い。畳み掛けるようにラップを繰り出すメロディ部分から、軽妙な歌を聴かせるサビへと繋ぐ展開は、ラップとヴォーカルを両方経験している彼ならではの演出だ。

続く”Bitter Dream”は、91ウエストがプロデュースを担当した作品。乾いた音色のギターの演奏が印象的なトラックに乗って、軽やかなラップを披露するアップ・ナンバー。ラテン音楽のような陽気で軽快なサウンドを活かしたリズミカルなラップが格好良い曲だ。

それ以外の曲では、2014年にリリースしたシングル曲のリメイク”Smile Drop’16”が印象的。敢えて押韻に拘らないスタイルを取り入れることで、AAAの作品ともスカイ・ハイ名義の作品とも異なる、歌とラップを織り交ぜた、荒々しい雰囲気とキャッチーなフレーズ、強いメッセージ性が一体化したパワフルなヴォーカル作品に仕上がっている。

また、キック・ザ・カン・クルーのクレヴァがプロデュースした”As A Sugar”は、クレヴァの持ち味である奇想天外なトラック・メイクのスキルが発揮された曲。ベートーヴェンの”運命”を彷彿させる畳み掛けるようなストリングスの演奏バックに、次々と言葉を放つスカイ・ハイのラップ技術が素晴らしい。

彼の魅力は「Sky-Hi」と「AAAの日高光啓」を切り分けることなく、一人のアーティストの中に同居させる絶妙なバランス感覚だと思う。「教室の人気者」や「近所の気さくなお兄さん(お姉さん)」のような華やかで親しみやすいグループの雰囲気を残しつつ、ウィットに富んだ言い回しと軽妙な表現で聴き手を唸らせる本格的なヒップホップを聴かせる技術は、マッチョなキャラクターをウリにするステレオタイプなラッパーとは一線を画していると思う。

また、歌とラップの両方が求められるグループで活動することで、場面に応じてスタイルを切り替える技を身に着けている点も彼の強みだと思う。歌とラップを使い分けるには人は、日本のAIや、カナダのドレイク、韓国のG-ドラゴンなど、高い評価と商業面での成功を収めた人も少なくないが、日本を拠点に活動する男性ラッパーに限れば、とても珍しい存在だと思う。

日本のポップスのトレンドを踏襲しつつ、それを通好みのヒップホップと融合するセンスと技術が光る面白い作品。マッチョなイメージやアンチ・メジャーをウリにするヒップホップ・アーティストが多い中、本格的なヒップホップをメインストリームのポップスのいちスタイルに昇華した彼の存在はとても貴重だと思う。

Producer
KM, 91 West, Sunny Boy ,UTA, KREVA etc

Track List
1. Marble
2. Bitter Dream(Colorful Urban Mix)
3. Double Down
4. Smile Drop’16
5. Nanairo Holiday
6. As A Sugar
7. Stray Cat
8. Limo
9. Tokyo Spotlight
10. Over The Moon






Torii Wolf - Flow Riiot [2017 TTT]

80年代から2000年代前半にかけて、ヒップホップ・デュオ、ギャングスターの一員として活躍する一方、プロデューサーとしてノートリアスB.I.G.ジェイZからジャネット・ジャクソンやクリスティーナ・アギレラまで、多くの人気ミュージシャンを手掛けてきた、ヒューストン生まれニューヨーク育ちのDJでプロデューサー、DJプレミアことクリストファー・エドワード・マーティン。

近年もラッパーをフィーチャーした自身名義のアルバムをリリースしたり、バンド・メンバーを連れたツアーを行ったりするなど、精力的に活動している彼。そんな彼の全面的なバック・アップを受けてデビューしたのが、このトリイ・ウルフだ。

2016年に配信限定のシングル”1st”で表舞台に躍り出た彼女は、DJプレミアがプロデュースしたシンガーという話題性と、ビヨークを彷彿させる神秘的なヴォーカルで、音楽好きの度肝を抜いた。

その後も、DJプレミアらしい、サンプリングを多用したヒップホップのトラックに、しなやかで繊細なヴォーカルを組み合わせた独特のスタイルの楽曲で注目を集めてきた彼女、待望のフル・アルバムではその路線を踏襲しつつ拡大した、音楽ファンの期待を裏切らない音楽を聴かせてくれる。

彼女のデビュー曲”1st”は、DJプレミアがプロデュースしたディレイテッド・ピープルズの”Good As Gone”をサンプリングしたミディアム・ナンバー。ポロポロと鳴り響くピアノの音色が切ない、物悲しい雰囲気の作品だ。ラッパーの声をアクセントに使うことで、哀愁を帯びたメロディの曲を軽妙なヒップホップ・ソウルのように聴かせるテクニックが光っている。

これに続く”Big Big Trouble”は、同じくDJプレミアがプロデュースしたパプースの”The Plug”をサンプリングした作品。元ネタ(厳密にいえばシャーリー・ベッシーの”Light My Fire”の孫引きに当たるのだが)のフレーズを使った荘厳なストリングスの伴奏と、DJプレミアらしい精密なビートの上で、軽妙な歌唱を披露するスタイルが格好良いミディアム・ナンバー。本作で使われているビートの中では、DJプレミアがこれまでに制作したトラックに最も近い作風だが、歌い手の解釈で先鋭的なポップスに聴こえるから面白い。

また、マックルモア&ライアン・ルイスの名義で2枚のアルバムを残し、ケンドリック・ラマーを押しのけてグラミー賞を獲得したことも記憶に新しいシアトル出身のラッパー、マックルモアとDJプレミアが手掛けた”Free”は、レコードの音を組み合わせた緻密で温かいトラックに定評のあるDJプレミアと、ポップで軽快な作品を作らせたらアメリカ屈指の技術を持つマックルモアの良いところが合わさった、キャッチーでグラマラスなビートが格好良いアップ・ナンバー。DJプレミアらしい、古いレコードの音を巧みに引用した太くて温かい音を使って、シュガーヒルズ・ギャングやグランドマスター・フレッシュのような80年代のヒップホップ・ミュージシャンを彷彿させる軽やかなビートが印象的だ。このビートの上で、あえて音数を絞った流れるようなメロディを披露するトリイ・ウルフと、自身名義の作品同様、キャッチーで親しみやすいラップを披露するマックルモアの対照的なパフォーマンスが互いの長所を引き出している。全く違うスタイルの三者の個性が存分に発揮された作品にもかかわらず、それらが一体化して一つの音楽に落とし込まれている点は流石としか言いようがない。

そして、ドレイクDJキャリッドの作品に携わっているマイク・ゾンビが制作した”Pain Killer”は、ピアノっぽい音色を使った伴奏が光るスロー・ナンバー。ドラムの音を控えめにして、ふわふわとしたシンセサイザーの音色を使った幻想的なトラックの上で、丁寧にメロディを歌った作品。ポップスのバラードでありながら、エレクトロ・ミュージックやヒップホップの手法を混ぜ合わせることで、斬新な音楽に聴かせる手腕が光っている。

DJプレミアと言えば、ナズやラキムといった通好みのラッパーとのコラボレーション作品が知られる一方、ディアンジェロなどのヴォーカル曲も制作するなど、音楽に詳しくない人がイメージするヒップホップやR&Bを体現したような楽曲が多かった、そんな彼が手掛けたこのアルバムは、ディアンジェロやジャネット・ジャクソンとは全く異なる、ビヨークやトム・ヨークのような繊細な表現と先鋭的な感性が合わさった歌手とのコラボレーションという意外な組み合わせだ。しかし、様々なタイプのヒップホップを生み出してきたDJプレミアの感性と、それを独自の解釈で自身の音楽に組み替えるトリイ・ウルフの創造力が合わさったおかげで、90年代のヒップホップが持つ温かい空気と、サンダーキャットやフライング・ロータスのような斬新さが融合した、唯一無二の作品になっている。

60年代、70年代の音楽をサンプリングし、現代の音楽に再構築してきたDJプレミアの持ち味を残しつつ、現代の前衛的なクラブ・ミュージックに取り組んだ意欲作。斬新なビートと個性的なラッパーに心踊った90年代の彼を思い起こさせる、鋭い感性と高い技術が発揮されている充実の内容だ。

Producer
DJ Premier, King Of Chill, M araabMUZIK, Macklemore, Mike Zombie, Torii Wolf

Track List
1. Everlasting Peace
2. Meant To Do
3. 1st
4. Big Big Trouble
5. Body
6. I'd Wait Forever And A Day For You
7. Take It Up On Monday
8. Go From Here
9. Shadows Crawl
10. Nobody Around
11. You're Not There
12. Where We Belong
13. Free feat. DJ Premier, Macklemore
14. Pain Killer
15. Moscow






Jhené Aiko - Trip [2017 ARTium, Def Jam]

2000年代初頭から、姉であるミラJ達と一緒に音楽活動を開始。姉妹で結成したガールズ・グループのほか、裏方やゲスト・ミュージシャンとしてB2Kなどの作品に携わってきた、カリフォルニア州ロス・アンジェルス出身のシンガー・ソングライター、ジェネイ・アイコことジェネイ・アイコ・エフル・キロンボ(余談だが、母方の祖先が日本人のため”アイコ”というミドルネームを使っている。また、姉のミラJにも”アキコ”というミドルネームがある)。

2011年には自主制作のアルバムながら、ドレイクやカニエ・ウエスト、ケンドリック・ラマーといった豪華なゲストが参加したミックス・テープ『Sailing Soul(s)』を発表。同作が高い評価を受け、2014年にはヒップホップの名門デフ・ジャムと契約する。また、同年にリリースした初のフル・アルバム『Souled Out』はアメリカ国内だけで15万枚を売り上げるヒットとなり、グラミー賞の3部門にノミネート。それ以外にも多くの音楽賞にノミネート、もしくは受賞するなど、一気にスターダムを駆け上がった。

その後も、2016年にはラッパーのビッグ・ショーンとコラボレーションしたアルバム『TWENTY88』を発売。その一方で、 スラックと共作した”First Fuck”や、クリス・ブラウンと共演した”Hello Ego”など、新曲を次々と発表。それ以外にも、チェインスモーカーズやガラント、カシミア・キャットやマリ・ミュージックなど、様々なスタイルのミュージシャンの録音に参加し、あらゆるジャンルに適応する引き出しの多さと高いスキルを見せつけてきた。

本作は、そんな彼女にとって自身名義では3年ぶり2枚目となるフル・アルバム。既発曲の大半は収録せず、3曲目の”While We're Young”以外は全て新曲という予想外の構成だが、その新曲も含め、多くの曲で彼女の持ち味が存分に発揮された、ハイ・レベルな作品に仕上がっている。

その、本作からの先行シングル”While We're Young”は、これまでにも彼女の曲を数多く手掛けているフィスティカフスのプロデュース作品。シンセサイザーを駆使したみずみずしい音色のトラックに乗って、ゆったりと歌う姿が印象的なミディアム・ナンバー。彼女の透き通った歌声が、シンセサイザーのひんやりとした音色と相性のよい佳曲だ。

これに対し、ビッグ・ショーンが客演した”OLLA (Only Lovers Left Alive)”は、ドナ・サマーなどの70年代終盤のディスコ音楽やニュー・オーダーのような黎明期のエレクトロ・ミュージックを思い起こさせる、リズム・マシーンやアナログ・シンセサイザーの音色が新鮮なアップ・ナンバー。ビッグ・ショーンの作品に数多く携わってきたアメイア・ジョンソンが制作に参加したこの曲は、ダフト・パンクの”Get Lucky”やマーク・ロンソンの”Uptown Funk”などで注目を集め、最近では、ブルーノ・マーズの”24K Magic”やウィークエンド”Starboy”などのヒット曲にも取り入れられている、ディスコ・ミュージックを取り入れた、モダンなトラックといなたいメロディが光っている。

一方、カシミア・キャットとフランク・デュークスが制作を担当し、ロス・アンジェルス出身のベテラン・ラッパー、クラプトを招いた”Never Call Me”は、電子音を多用しつつも従来の作風を踏襲したミディアム・テンポの作品。声質もスタイルも異なる、二人の歌唱をスムーズにつなげるアレンジが面白い。

そして、本作の最後を締めるのが、マリ・ミュージックと共作した”Trip”だ。マリ・ミュージックが用意したトラックは、彼の作品を彷彿させるゴム毬のように跳ねる音色が気持ち良いもの。その上で、アフリカの民族音楽を連想させる軽妙なメロディを歌うジェネイの存在が光っている。メロディを大きく崩して歌うマリが、楽曲をポップな雰囲気に仕上げている。

今回のアルバムでは、前作までのクールなイメージを残しつつ、それを発展、応用した楽曲が目立っている。その最たる例が”OLLA (Only Lovers Left Alive)”や”Trip”のような曲で、これまでの作品では見られなかった、ディスコ音楽やアフリカの音楽の要素をメロディやトラックにふんだんに取り入れている。これだけ色々なスタイルを取り上げながら、自分の音楽に違和感なく混ぜ込めるのは、若いころから音楽業界の一線で活躍していた、彼女の豊富な経験と鋭いセンスによるところが大きいと思う。

アリーヤを彷彿させる冷たく透き通った歌声を持ちながら、彼女やそのフォロワーとは一線を画した独特の音楽を聴かせている。現代的な音楽を作りながら、90年代からR&Bに慣れ親しんできた人には懐かしい、そうでない人には新鮮に聴こえる魅力的なアーティストだ。

Producer
Jhené Aiko, Ketrina "Taz" Askew, Fisticuffs, Amaire Johnson, Frank Dukes, Dot da Genius etc

Track List
1. LSD
2. Jukai
3. While We're Young
4. Moments feat. Big Sean
5. OLLA (Only Lovers Left Alive) feat. TWENTY88
6. When We Love
7. Sativa feat. Swae Lee
8. New Balance
9. Newer Balance (Freestyle)
10. You Are Here
11. Never Call Me feat. Kurupt
12. Nobody
13. Overstimulated
14. Bad Trip (Interlude)
15. Oblivion (Creation) feat. Dr. Chill
16. Psilocybin (Love In Full Effect) feat. Dr. Chill
17. Mystic Journey (Freestyle)
18. Picture Perfect (Freestyle)
19. Sing To Me feat. Namiko Love
20. Frequency
21. Ascension feat. Brandy
22. Trip feat. Mali Music

a

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ