ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

配信限定

PJ Morton - Gumbo [2017 Morton Music]

カナダからアメリカに渡った牧師の父を持ち、2000年代半ばから、キーボーディストやソングライターとして活動している、ルイジアナ州ニューオーリンズ出身のシンガー・ソングライター、PJモートンことポール・モートンJr.。20代半ばの若さで、フェイス・エヴァンスの『A Faithful Christmas』や、モニカの『The Makings Of Me』にキーボーディストとして参加し、2010年からは、共通の友人であるアダム・ブラックストーンを介してマルーン5のツアーに帯同(後に正式加入)。それ以外にも、ロバート・グラスパーの『Radio 2』にソングライターとして携わるなど、ジャンルを超えた幅広い活動を見せてきた。

また、2005年に初のソロ作品『Emotions』を発表すると、その後は2016年までに多くのフル・アルバムやミックステープ、EPを発表。2010以降は、トラップ・ミュージックやEDMのような、コンピューターをフル活用した音楽がヒット・チャートを席巻するなか、人間の手による演奏と丁寧な歌唱に拘った、昔ながらのソウル・ミュージックのスタイルで、ソウル・ファンだけでなく、ロックやブルースなどのヴィンテージ音楽を愛する人も引き付けてきた。

今回のアルバムは、2013年の『New Orleans』から、約4年ぶりとなる通算5枚目のフル・アルバム。 といっても、この間にもミックステープやEPを発表し、マルーン5の一員としても、新作やツアーで多忙な日々を過ごしていたので、「久しぶりの新作」という印象はほとんどない。本作では、前作を配給していたユニヴァーサル系列のヤング・マネー、リパブリックを離れ、自身のレーベル、モートン・ミュージックから発売している。

アルバムの1曲目に入っている”First Began”は、彼のキーボードと歌を思う存分堪能できる、弾き語り形式のミディアム・バラード。敢えて爪弾くように演奏することで、繊細で滑らかなテナー・ヴォイスの良さを強調したアレンジが心憎い。余談だが、鍵盤楽器としなやかなテナーの組み合わせは、前作で共演しているスティーヴィー・ワンダーに少し似ている。

一方、それに続く本作の看板的な楽曲”Claustrophobic”は、ニューオーリンズ出身のラッパー、ペルをフィーチャーしたミディアム・ナンバー。太い音のシンセ・ベースや軽妙な音色のドラムを使った伴奏が、アース・ウィンド&ファイアの”That’s The Way Of The World”を思い起こさせる。高音が魅力のスマートなヴォーカルは、フィリップ・ベイリーにもよく似ているから、このタイプの曲と相性がいいのは当然かもしれない。ペルのパフォーマンスも粗削りだけどいい味を出している。

そして、本作の中でも異色なのが、有名なゴスペル曲のリメイク”Everything's Gonna Be Alright”だ。2016年のアルバム『In My Mind』が、大ヒットになったことも記憶に新しいBJザ・シカゴ・キッドと、アンソニー・ハミルトンの作品を脇から支える3人組ヴォーカル・グループ、ハミルトンズを迎えたこの曲は、厳かさと明るく楽しい雰囲気を両立した、ゴスペルの魅力を忠実に再現した作品。PJの繊細なヴォーカルとBJの軽妙な歌唱、それにハミルトンズの太く泥臭い歌声が混ざり合った後半部分は、各人の個性が合わさって色々な表情を映し出す、歌の面白さを再認識させてくれる。

また、本作の最後を締める”How Deep Is Your Love”は、ビージーズの77年のヒット曲のカヴァー。 原曲に比べると、跳ねるような伴奏が特徴的な、ファンク色の強いアレンジだ。しかし、主役の声質が、高音寄りの細くしなやかなビージーズに近いもののおかげで、原曲持つ、洗練されたイメージは崩されず、楽曲全体としてはカーティス・メイフィールドの”Trippin’ Out”のような、スタイリッシュなミディアム・ナンバーに仕上がっている。

今回のアルバムは、ソウル・ミュージックやR&B、ニューオーリンズへの深い造詣と、世界屈指の人気バンドで吸収した、様々な年代、国の人の心を掴むポップ・センスが融合した面白い作品だと思う。それを端的に示しているのが、ゴスペルの名曲や往年のポップス・ソングを現代的なR&Bにリメイクしたカヴァーで、両者で見せる演奏は、原曲を知らない若い人にクラシックスの魅力を伝えるだけでなく、原曲をよく知る世代にも、若い世代のミュージシャン(といっても、録音時点で30代後半だが)による新鮮な解釈と、現代の黒人音楽の面白さを伝えていると思う。

地道に鍛え上げた歌や演奏の技術と、自身の名義やバンド活動、外部のミュージシャンとの仕事で培われた、世界中のリスナーを引き付けるポップ・センスが同居した、シンプルなようで味わい深い作品。ソウル・ミュージックを古臭いと思う人や、最近のロックやポップスについていけないと思っている人にこそ聴いてほしい。個人的な思いをいえば、配信版だけでなく、レコードでも聴きたいなあ。

Producer
PJ Morton

Track List
1. First Began
2. Claustrophobic feat. Pell
3. Sticking to My Guns
4. Religion
5. Alright
6. Everything's Gonna Be Alright feat. BJ the Chicago Kid and The HamilTones
7. They Gon' Wanna Come
8. Go Thru Your Phone
9. How Deep Is Your Love



Gumbo
Morton Records
2017-04-21

Mansionz - Mansionz [2017 Bear Trap, LLC, Monster Mountain, LLC, Island Records]

ミシガン州デトロイト生まれ、同州サウスフィールド育ちのシンガー・ソングライター、マイク・ポスナーと、フロリダ州デイトナビーチ生まれ、カリフォルニア州ロス・アンジェルス育ちのシンガー・ソングライター兼プロデューサーのブラックベアこと、マシュー・タイラー・マスト。彼らが結成したヒップホップ・ユニット、マンションズの初のフル・アルバム。

マイクは、2010年にアイランド・レコードからアルバム『31 Minutes to Takeoff』でデビュー。現在までに2枚のアルバムと3枚のミックス・テープをリリースし、”Cooler than Me”や”I Took a Pill in Ibiza”などのヒット曲を残している。特に、2015年に発表した”I Took a Pill in Ibiza”は複数の国のヒットチャートを制覇。本国アメリカでも、ホット100の4位、2016年の年間チャートの15位に輝き、グラミー賞の主要4部門の一つ、ソング・オブ・ザ・イヤーにもノミネートした、彼の代表曲となった。

一方、マシューは2012年にジャスティン・ビーバーの”Boyfriend”の共作者としてデビューすると、同じ年には初のEP『Foreplay』を発表。その後は、2017年までに5枚のEPと2枚のスタジオ・アルバムをリリース。本作の発売直後、2017年4月には3枚目のフル・アルバム『Digital Druglord』の発表を控えている。多作なクリエイターだ。

実は、二人の関係は私達の想像以上に長い。マシューが携わった”Boy Friend”は、マイクのプロデュース作品だし、その後も、マイクがブラックベアの”Obvious”(2016年のEP『Drink Bleach』に収録)にフィーチャーされたり、2013年にはマシューがマイクの”Marauder Music”や”OshFest”(どちらもアルバム未収録)を制作したりと、頻繁ではないものの、コンスタントにコラボレーションを重ねてきた。

さて、そんな二人が作った本作は、R&Bとヒップホップの要素をバランスよく取り入れた、ポップで親しみやすい音楽性が特徴。楽曲提供も行ってきた二人だけあって、色々なジャンルの音楽のテクニックを持ち込みつつ、一つの作品に纏め上げる高い編集能力が発揮されている。

まず、2016年にアルバムに先駆けて公開された “Stfu”は、2012年にミックス・テープ『Syrup Splash』を発表して以来、熱心なファンを集めているラッパー、スパーク・マスター・テープを起用したスロー・ナンバー。ギターの伴奏に合わせて歌うマイクから、同じ伴奏に合わせて歌うように言葉を繋ぐマシューとスパークへと繋ぐ流れが格好良い。後半でがなるように歌うスパークのラップが、予想外の展開で面白い。

また、これ続く”Dennis Rodman”は、NBAを引退しても話題を振りまき続ける伝説の名プレイヤー、 デニス・ロッドマンをフィーチャーしたミディアム・ナンバー。電子楽器を使った変則ビートと、太いギターを組み合わせたに乗せて、リズミカルなラップを聴かせるマシューと、哀愁を帯びた歌声を聴かせるマイクのコンビネーションが聴きどころ。絶妙なタイミングで曲を盛り上げるデニスのダミ声もいい味を出している。

これに対し、ラッパーのG-イージーを招いた”Wicked”は、シンセサイザーを駆使したスタイリッシュなビートとしなやかなメロディが、ドネル・ジョーンズの”U Know What’s Up”や、カール・トーマスの”She Is”などを連想させるアップ・ナンバー。ファルセットを多用したヴォーカルは、ネプチューンズ名義で多くのヒット曲を残していたころの、ファレル・ウィリアムスを思い起こさせる。

そして、本作の目玉でもある”Rich White Girls”は、コンピュータを使ったビートと、ギターを使った弾き語りを組み合わせたスロー・ナンバー。ちょっと癖のある歌詞を、切々と歌うマイクと、彼の歌を引き立てるような、甘いラップを聴かせるマシューの相性が素晴らしい。ヒット曲を残してきた2人らしい、聴きやすく、耳に残るメロディが光る曲だ。

今回のアルバムは、R&Bやヒップホップを取り込んだポップな作風で、多くの実績を残してきた二人らしい、とっつきやすく、飽きがこない親しみやすい曲が目立っている。白人ミュージシャンがR&Bやヒップホップに取り組んで成功した例としては、最近ではジャスティン・ティンバーレイクやウィズ・カリファなどが有名だが、マンションズの作風は、ヒップホップなどの要素を取り入れつつ、それを自分達の方向性に合わせて、柔軟に引用、加工している点が大きく異なると思う。

黒人ではないミュージシャン達が、黒人音楽を取り入れて成功した例は、無数にあるが、ここまで柔軟な発想で取り入れたのは、ビートルズ以来かもしれない。ブルー・アイド・ソウルの新しい形を予感させる面白い作品だ。

Producer
blackbear, O.C., Mike Posner, MdL etc

Track List
1. Snoozefest
2. My Beloved
3. Stfu feat. Spark Master Tape
4. Dennis Rodman feat. Dennis Rodman
5. I'm Thinking About Horses
6. Nobody Knows
7. A Million Miles
8. Wicked feat. G-Eazy
9. Rich White Girls
10. Strip Club
11. White Linen feat. CyHi Da Prynce
12. Gorgeous
13. The Life Of A Troubadour






Organized Noize - Organized Noize [2017 Organized Noize]

92年にスリーピー・ブラウンことパトリック・ブラウン、リコ・ウェイド、レイ・マーレイの3人によって結成されたプロダクション・チーム、オーガナイズド・ノイズ。アトランタを拠点に、アウトキャストやグッディー・モブのメンバーとヒップホップ・クルー、ダンジョン・ファミリーとして活動する一方、プロデューサーとして多くの楽曲を制作。TLCの”Waterfalls”やアン・ヴォーグの”Don't Let Go (Love)”、アース・ウィンド&ファイアの”This Is How I Feel”など、多くのヒット曲を世に送り出していった。

また、1995年には彼ら自身もメンバーに名を連ねるヴォーカル・グループ、ソサエティ・オブ・ソウルの名義でアルバム『Brainchild』を発表。60年代のソウル・ミュージックを思い起こさせる泥臭いサウンドを、サンプリングや電子楽器を駆使したヒップホップの技術で現代に蘇らせた作品として、多くのブラック・ミュージック・ファンの記憶に残った。

本作は、オーガナイズド・ノイズの名義では初めてのアルバムとなる7曲入りのEP。ダンジョン・ファミリーやソサエティ・オブ・ソウルとして、傑作を残してきた彼らだが、プロダクション名義での作品は、1996年にリリースされた、同名の映画のサウンドトラックに収録されている”Set It Off”以来、実に21年ぶりとなる。

このアルバムでは、元グッディ・モブのシーロー・グリーンやアウトキャストのビッグ・ボーイといったダンジョン・ファミリーのメンバーのほか、プロデュースやバック・コーラスなどで一緒に仕事をすることが多い女性シンガーのジョイ、アトランタに近いカレッジ・パーク出身のラッパー、2チェインズなど、新旧様々なミュージシャンが集った、豪華なヴォーカル作品になっている。

本作の1曲目に収められている”Anybody out There”は、ジョイと、アウトキャストの”Morris Brown”などに携わってる、男性シンガーのスカーをフィーチャーしたミディアム・ナンバー。シンセサイザーを使った跳ねるようなトラック、いわゆるトラップ・サウンドの上で、ジョイがラップっぽい歌を聴かせている。男女二人のシンガーが絡む曲では、女性がフックを担当することが多い中、スカーがサビを担当しているのは面白い。

続く”We the Ones”は、ビッグ・ボーイにシーロー・グリーン、ビッグ・ルーベとダンジョン・ファミリーの面々が揃った楽曲。ハンド・クラップを交えた軽妙なビートと、重厚なシンセサイザーの音色を使った伴奏が、アウトキャストやグッディ・モブのヒット曲を連想させるアップ・ナンバーだ。メロディを口ずさむように言葉を繋ぐ、ダンジョン・ファミリー流のラップが思う存分堪能できる。彼らのスタイルは、デビューから20年以上経った今も色褪せないようだ。

一方、ジョージア州出身の気鋭のラッパー、2チェインズとジョイが参加した本作からのリード・シングル”Kush”は、1曲目の”Anybody out There”と同様、トラップ・ビートを取り入れたミディアム・ナンバー。複数のトラックを混ぜ合わせた変則ビートに乗って、荒々しい声でリズミカルなライムを叩き込む2チェインズと、妖艶な歌声を響かせるジョイのコンビネーションが素晴らしい。新しいサウンドを取り入れつつ、彼らの持ち味である泥臭く温かいサウンドに仕上げている点は流石だと思う。

そして、本作の隠れた目玉が、スリーピー・ブラウンがマイクを握った”Awesome Lovin'”だ。70年代のアイズレー・ブラザーズやワンウェイを彷彿させる、アナログ・シンセサイザーの音色を使った、モダンで柔らかい伴奏の上で、流麗なメロディを色っぽいファルセットを交えつつじっくりと歌ったバラード。間奏で流れるワイルドなギターの演奏が、アーニー・アイズレーっぽくて格好良い。彼らのルーツである、往年のソウル・ミュージックを現代の音楽として再構築した、ロマンティックな楽曲だ。

今回の作品は、ダンジョン・ファミリー名義の録音やプロデュース作品で見せた、生演奏のような温かい音色と、小技を交えた複雑なトラック、歌とラップを織り交ぜた、軽妙なフロウが揃った、絶頂期の彼らの音楽性を思い起こさせるアルバムになっている。作品の随所で、2010年以降のトレンドを取り込みつつ、自分達の作風に落とし込んだ楽曲は、ヒット曲を量産していた時代の作品を知る人には懐かしく、そうでない人には新鮮に映ると思う。

時代の変化に適応しつつ、自身の持ち味を存分に発揮した、アトランタを代表する名プロダクション・チームらしい密度の濃い作品。この勢いで、フル・アルバムも出してほしいなあ。

Track List
1. Anybody out There feat. Joi & Scar
2. We the Ones feat. Big Boi, CeeLo Green, Sleepy Brown & Big Rube
3. Chemtrails feat. Jimmy Brown & Sleepy Brown
4. Why Can't We feat. Sleepy Brown
5. Kush feat. 2 Chainz & Joi
6. Awesome Lovin' feat. Sleepy Brown
7. The Art of Organized Noize




記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ