ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

韓国

Offonoff - Boy. [2017 HIGHGRAND]

2003年にヒップホップ・グループ、エピック・ハイの中心人物としてアルバム『Map of the Human Soul』でメジャー・デビュー。アメリカの音楽を意識した本格的なサウンドと、時代に鋭く切り込んだリリックで、韓国を代表するミュージシャンの一人に上り詰めた、韓国系カナダ人のラッパー兼プロデューサー、タブロことイ・ソンウン。2011年に、BIGBANGやPSYといった、世界を股にかける人気ミュージシャンが在籍しているYGエンターテイメントに移籍すると、これまで以上に斬新な作品を次々と発表。2017年に入ってからも、アメリカのR&Bシンガー、ガラントのシングル”Cave Me In”や、PSYのアルバム『4×2=8』に収録されている”Auto Reverse”に客演するなど、新しい音楽に挑戦している。

そんな彼が、YGエンターテイメントの傘下に設立したサブ・レーベルがハイグランドだ。ロック・バンドのヒョゴやブラック・スカーツなど、アメリカの音楽を踏襲した作風がウリのYGの中でも、特に先鋭的な音楽性のミュージシャンが所属していることで、音楽ファンから注目を集めているこのレーベル。今回、そこからアルバム・デビューを果たしたのが、韓国発の2人組のヒップホップ・グループ、オフオンオフだ。

素顔や年齢など、細かいプロフィールは不明だが、2015年ごろからインターネット上に作品を発表しており、2016年前後にハイグラウンドと契約。これまでに2枚のシングルをリリースしている。

本作は、それに続く彼らにとって初のフル・アルバム。ゲストにはタブロのほか、ジ・インターネットのシドとコラボレーションしたシングル”Love”が話題になったディーンや、ディーンの作品にも携わっているシンガー・ソングライターのミソ、韓国のプロダクション・チーム、ラド・ミュージアムが参加。クラブや音楽配信サービスを主戦場に、欧米のクラブ・ミュージックから多くの影響を受けたサウンドを武器に戦う、実力派ミュージシャン達が集結している。

アルバムのオープニングを飾る”In The Car”は、レミー・シャンドやドゥウェレの作品を連想させる、シンセサイザーを多用した抽象的なサウンドと、繊細でソウルフルなヴォーカル魅力的なミディアム・ナンバー。シルクのようにきめ細かいテナー・ヴォイスが心地よい曲だ。

これに対し、タブロとミソをフィーチャーした”Cigarette”は、DJスピナの音楽を連想させる、フワフワとしたトラックが印象的なミディアム・ナンバー。フロエトリーやレ・ヌビアンズ、ナオなどを思い起こさせる、華奢だけど存在感のあるミソのヴォーカルが光っている。タブロのラップがアクセントになって、楽曲に起伏を付けている点も面白い。

また、ディーンを起用した”Gold”は、ピアノ伴奏を引用したメロウなトラックが素敵なミディアム・ナンバー。ドレイクパーティーネクストドアを連想させる、ファルセットを織り交ぜた歌うようなラップが心地よい。脇を固めるディーンのテナー・ヴォイスにも注目してほしい。

そして、本作に先駆けて発表されたシングル曲”Photograph”は、シンセサイザーの伴奏を効果的に使ったロマンティックな作品。甘い歌声を活かした切ない雰囲気のメロディが素敵な曲だ。ゲストがいない分、彼らの歌やトラックの美しさが際立っていると思う。叩き上げの実力者である、二人のスキルが思う存分堪能できる良作だ。

彼らの音楽は、ファンキーDLやミツ・ザ・ビーツのような、ジャズのエッセンスを取り入れたヒップホップのトラックと、ロビン・シックやファレル・ウィリアムスのようなファルセットを駆使したヴォーカル、歌うようなラップを組み合わせたキャッチーで聴きやすいものだと思う。ガグルや瘋癲といった、ジャズの影響を受けたヒップホップ・グループが多い日本人の目には、ありふれた作品のようにも映るときがあるが、ドレイクなどを連想させる歌とラップを織り交ぜたパフォーマンスを取り入れることで、きちんと独自性を発揮していると思う。

韓国のヒップホップ、R&B界隈の人材の厚さと、高い実力を再認識させられる佳作。タブロのように、メジャーとアンダーグラウンド、両方のシーンで活躍する存在になってくれるのか、今から楽しみなアーティストだ。

Track List
1. In the Car
2. Cigarette feat. Tablo, Miso
3. Gold feat. Dean
4. Good2me feat. Punchnello
5. Boy
6. Photograph
7. Film Roll
8. Dance
9. Midnight
10. Noon 12:04am
11. Homeless Door feat. Rad Museum
12. Overthinking





OFFONOFF/ BOY -1集 <通常盤> (CD) 韓国盤 オフオンオフ ボーイ OFF ON OFF
OFFONOFF/ BOY -1集 <通常盤> (CD) 韓国盤 オフオンオフ ボーイ OFF ON OFF

G-Dragon - KWON JI YONG’ [2017 YG Entertainment]

2006年に5人組のヴォーカル・グループ、ビッグ・バンの一員として、グループ名を冠したシングル『Big Bang』で韓国のYGエンターテイメントからデビューした、G-ドラゴンことコン・ジヨン。同年に発表したファースト・アルバム『Big Bang』が韓国のヒット・チャートで1位を獲得すると、同国を代表する人気グループの一つになった。

そんな彼らの転機になったのは、2012年に発表したシングル”Fantastic Baby”。EDMとR&Bやヒップホップを組み合わせたサウンドと、個性的な映像が注目を集め、男性ヴォーカル・グループのMVとしては史上初めてYouTubeでの再生回数が2億回を突破。レーベル・メイトであるPSYの”江南スタイル”とともに、韓国のポップスが注目を集めるきっかけを作った。また、日本での3年連続のドーム・ツアーやアジア人初のウェンブリー・アリーナ公演など、ライブも精力的に行い。2016年と2017年には、フォーブス誌『最も稼ぐセレブリティ トップ100』で、アジア人ミュージシャンで唯一ランク・イン。2017年には同誌が選ぶ「30歳以下の重要人物30人」に、欧米以外の地域出身のミュージシャンでは唯一選ばれるなど、名実ともにアジアを代表するアーティストに上り詰めた(余談だが、彼ら以外で選ばれたミュージシャンには、ウィークエンドリル・ヨッティブライソン・ティラー、彼らと同じYGに所属するタブロとのコラボーレーションも記憶に新しいガラントなどがいる)。

G-ドラゴンは、パフォーマンスだけでなく、楽曲制作やライブの演出にも携わっている、同グループの中心人物。”Fantastic Baby”や”Bang Bang Bang”等のヒット曲を手掛ける一方、2009年には初のソロ・アルバム『Heartbreaker』を発表。また、2013年には2枚目のアルバム『Coup d'Etat』をリリース(それ以外に、メンバーのT.O.P.とのコラボレーション作品を1枚、SOLとのコラボレーション作品を1枚発売している)。商業的に一定の成功を収めただけでなく、アジア出身のミュージシャンによるヒップホップ作品として、一部の音楽専門サイトから批評された珍しい例となった。

今回の作品は、自身名義では4年ぶりの新作となる5曲入りのEP。これまでのアルバム同様、彼自身がソングライティングに関っている。その一方、制作にはテディ・パクやストーニー・スカンク等の、YGエンターテイメント所属のクリエイターや、フランク・デュークスやマーダ・ビーツ、ブライアン・リーといったアメリカやカナダで活躍するプロデューサーが参加。彼が傾倒しているアメリカのR&Bやヒップホップの手法を積極的に取り入れた作品に仕上げている。

アルバムの1曲目に入っている”Middle-Fingers-Up”は、彼の作品に初参加の24がトラック制作を担当。グウェン・ステファニなどのポップ・シンガーが使いそうな明るく華やかなトラックと、ジヨンのコミカルなラップが印象的な曲。おもちゃ箱をひっくり返したようなにぎやかなトラックは、彼の楽曲では珍しいが、しっかりと自分のものにしている。ポップ・スターとしての実力の高さを感じさせる佳曲だ。

これに続く”Bullshit”は、テディ・パクやフューチャー・バウンスなどが参加。リル・ジョンなどアルバムでよく耳にするクランクや、フューチャーやT.I.などの作品で使われるトラップのビートのエッセンスを取り入れた、ワイルドなヒップホップ・ナンバー。アメリカの音楽をしっかりと研究して、自分の声質やスタイルに合わせてアレンジする技術が光っている。色々なインタビューの場で、アメリカの黒人音楽への憧憬を口にしてきた彼らしく、しっかりとアメリカの音楽をキャッチアップしている。

そして、”Fantastic Baby”や”Bang Bang Bang”のプロデューサーであるテディ・パクが、アレンジにもかかわっている”Superstar”は、ドレイクの『More Life』を意識したような、陽気で軽妙なトラックが格好良い。カリプソのような明るいビートに合わせて、歌とラップを使い分ける姿は、ドレイクやパーティネクストドアのようなOVO所属のミュージシャンの楽曲を連想させる曲だ。歌とラップ、両方を高いレベルでこなせる彼の持ち味が発揮されている。

だが、本作からシングル・カットされたのは、意外にも唯一のバラード”Untitled 2014”だ。チョイス37などが制作に携わったこの曲は、ピアノの伴奏をバックにしっとりと歌う、日本や韓国のポップスによく見るタイプの曲。色々な国の幅広い年代から受け入れられてきた彼だけあって、こういう曲も卒なくこなしている。

しかし、本作の目玉はなんといっても”Divina Commedia”だろう。ドレイクやトラヴィス・スコット、元ワン・ダイレクションのゼインなどの作品を手掛けてきた、フランク・デュークスやマーダ・ビーツと共作したこの曲は、ドレイクやパーティネクストドアのアルバムに入っていそうな。音数の少ないトラックと、歌とラップを織り交ぜたヴォーカルが印象的な曲。声質が軽く、歌とラップを使い分ける技術を持った彼と、このタイプの曲の相性は抜群だと思う。

今回のEPも、これまでの作品同様、彼が目標としている、アメリカのヒップホップやR&Bを意識した曲が並んでいる。だが、本作で大きく変わったのは、ミッシー・エリオットとコラボレーションした”Niliria”やディプロが手掛けた”Coup d'Etat”など、変則ビートに多くの言葉を詰め込むスタイルのアーティストではなく、フランク・デュークスの作品ような、言葉数を絞って、丁寧に歌やラップを聴かせた曲にシフトした点だと思う。過去のインタビューでも「アメリカの音楽を取り入れながら、自分に合わせてアレンジしている(抜粋)」と述べてきた彼だけあって、これまでの作品でも、新しい音を取り入れるだけでなく、自分のスタイルと相性の良いサウンドを選別したり、自分向けにアレンジしたりしてきたが、今回のアルバムはその傾向が顕著になっていると思う。

また、収録曲の大半を手掛ける韓国のプロデューサーの作品が、アメリカのプロデューサーの作品のそれに近づいている点も見逃せない。もともと、欧米のヒップホップ、R&Bに傾倒していた人が多いYGエンターテイメントだったが、「ビック・バンのようなセルフ・プロデュースができるグループ」を掲げ、アメリカのR&Bを直訳したスタイルで世界的にブレイクしたBTSに触発されたかのように、アメリカの音楽を大胆に取り込んだ点は面白い。

動画投稿サイトや、サブスクリプション・サービスが普及し、欧米のポップスとアジアのポップスが同じ土俵に並べられるようになった2017年らしい作品。テイラー・スウィフトやジャスティン・ビーバーと並べても遜色のない、本格的なポピュラー・ミュージックだと思う。



Track List
1. Middle-Fingers-Up
2. Bullshit
3. Superstar
4. Untitled 2014
5. Divina Commedia




Minzy - Minzy Work 01 Uno [2017 Music Works, Sony Music Korea]

2009年に、15歳の若さでYGエンターテイメント発の4人組ガールズ・グループ、2NE1(トゥエニー・ワン)の最年少メンバーとしてデビュー。後にビッグバンのヒット曲を数多く手掛ける1TYME(ワン・タイム)のテディ・パクと、ビッグバンの中心人物G-ドラゴンのバックアップを受けた、本格的な女性R&Bグループとして、”I Am the Best”や”Ugly”などのヒット曲と、2枚のフル・アルバムを残した。また、2012年にはニューヨークやロス・アンジェルス、シンガポールを含むワールド・ツアーも行っている。

しかし2014年頃から活動が停滞。彼女自身も2016年にグループを脱退、YGエンターテイメントを離れる。

今回のアルバムは、新しい事務所、ミュージック・ワークスに移籍して初めての録音作品。同社では、アーティストとしての活動だけでなく、若手(といっても彼女自身も20代前半だが)の教育係や楽曲制作も担当し、多くの経験を積んで実力を蓄えてきた彼女。この作品では、スーパードッグやグルーヴィールームのような韓国のプロデューサーのほか、ステレオタイプスやメラニー・フォンタナといったアメリカのプロデューサーを起用し。グループ時代と変わらない尖ったR&Bを聴かせている。

アルバムの1曲目に収められている、本作からのリード・シングル”Ninano”は、アジア系アメリカ人によるラップ・グループ、アジアチックスの元メンバーである韓国系アメリカ人のラッパー、フロウシックをフィーチャーしたダンス・ナンバー。リアーナのデビュー曲”Pon de Replay”を思い起こさせるダンスホール・レゲエの要素を大胆に取り入れた躍動感溢れる曲。フロウシックの荒々しいラップも格好良い。アルバムの最後に収められている同曲の英語版でも、韓国語版と変わらないラップを聴かせる彼のスキルは、もっと注目されてもいいのではないか。

これに対し、2曲目の”Superwoman”は、シンセサイザーを多用したスタイリッシュなトラックと、流麗なメロディ、韓国や日本のポップスのような起承転結がはっきりとした展開が光るミディアム・ナンバー。2000年代初頭に、アシャンティの”Foolish”やアッシャーの”U Remind Me”などに夢中になった人は、きっと好きになると思う。

そして、本作の隠れた目玉が、ジャスティン・ビーバーの”Somebody To Love”や、ブルーノ・マーズの”24K”など、多くのヒット曲にその名を刻んできた(余談だが、赤西仁の”Sun Burns Down”も彼らの作品だ)人気プロダクション・チーム、ステレオ・タイプスと制作した”Ing”だ。”Ninano”同様、ダンスホール・レゲエのエッセンスを取り込み、電子音をふんだんに使ったトラックと、彼女の色っぽい歌声を引き出したメロディが、イギー・アゼリアやクリス・ブラウンを連想させる佳曲。彼女や赤西以外にも、BoAやEXO、元レーベル・メイトのセブンなど、多くのアジア人ミュージシャンに曲を提供してきた彼らだからできる、外国人シンガーの持ち味を引き出しつつ、アメリカのダンス・ミュージックと融合した曲だ。

また、元2PMのジェイ・パクがラップで参加した”Flashlight”はスーパードッグがプロデュースしたミディアム・ナンバー。”Superwoman”のテンポを落とし、甘くロマンティックに仕立て直したような曲だ。ジェイ・パクもフロウシック同様、アメリカ出身だけあって、彼女の繊細なヴォーカルを引き立てるラップの技術には確かなものがある。

これ以外に、本作で唯一のスロー・ナンバー”Beautiful Lie”は、ピアノっぽい音色をバックにじっくりと歌うスロー・バラード。アメリカのR&Bを意識したダンス・ナンバーが中心のアルバムでは珍しい、ドラマなどの主題歌でよく耳にするタイプの、韓国のポップスの王道を行くバラードだ。

今回のアルバムは、韓国の3大事務所の一つであるYGエンターテイメントを離れ、新天地から発表したソロ・デビュー作だが、本人のパフォーマンスはグループ時代よりも磨きがかかっている。また、楽曲制作にアメリカのクリエイターを積極的に起用するなど、同国の他の女性シンガーの曲に比べると、欧米のR&Bに近い印象を受ける。だが、その一方で、アメリカの音楽をキャッチ・アップしようとする余り、新鮮さに乏しい、どこかで聞いたような作品になっているようにも映った。

とはいえ、アメリカの流行をしっかりと分析し、自分の音楽の糧にした貪欲さと作品のクオリティは目を見張るものがある。5年後、10年後にどんなアーティストに成長しているか、今から楽しみになるデビュー作だ。

Producer
Superdog, Michel 'Lindgren' Schulz, Jon Asher, Stereotypes, GroovyRoom

Track Lust
1. Ninano feat. Flowsik
2. Superwoman
3. ING
4. Flashlight feat. Jay Park
5. Beautiful Lie
6. Ninano (English Rap Ver.) feat. Flowsik







記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ