ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

韓国

BIGBANG - FLOWER ROAD [2018 YG Entertainment]

2006年に、グループ名を冠したシングル”Bigbang”でレコード・デビュー。同年にリリースした初のスタジオ・アルバム『Bigbang Vol.1』が15万枚を売り上げるヒットになったことで、一気にブレイクしたYGエンターテイメント所属の5人組グループ、BIGBANG。

その後は、初のミリオン・ヒットとなった”Lies”や、北海道出身の日本人プロデューサー、Daishi・Danceが制作にかかわった”Haru Haru”(英題は”Day By Day”)、EDMとヒップホップを融合した独創的なサウンドと、奇抜なミュージック・ビデオが注目を集め、PSY(彼は5人の事務所の先輩でもある)の”Gangnam Style”とともに、韓国のポップスが欧米で注目されるきっかけとなった”Fantastic Baby”など、多くのヒット曲を発表。その一方で、各人のソロ活動やライブも精力的にこなし、フル・アルバムは3枚と寡作(ただし、EPを5枚発表している)ながら、2016年にはヴォーカル・グループとしてはワン・ダイレクションに次ぐ売り上げを叩き出し、世界屈指の人気ヴォーカル・グループとして、その名を知らしめた。

しかし、メンバーが30歳(注:韓国の男性は、特別な事情がない限り、30歳までに2年間の兵役に就く義務がある)を迎える2017年以降、最年長のT.O.P.(ただし、彼は後に諸事情により除隊)を皮切りに、順次に兵役に従事。入隊前のメンバーは、ソロ活動を中心に行っていたが、2018年の2月以降、彼らも順次軍務に就くため、音楽活動を休止している。

この曲は、2月にG-Dragon、3月にテヤンとデサンが従軍した直後、3月14日(日本では3月15日)にリリースされた、活動休止前最後のシングル。プロデューサーにはジェイソン・デルーロやフロー・ライダーなどの作品を手掛け、G-Dragonとテヤンのコラボレーション曲”Good Boy”をプロデュースしたことでも知られている、アメリカの音楽制作チーム、フリップトーンズを起用。また、ソングライターにはG-DragonとともにT.O.P.の名前も入るなど「5人が揃ってこそBIGBANG」というメンバーの強い意志と、ファンや音楽活動への強い思い入れを感じさせる作品になっている。

この曲を聴いて真っ先に驚いたのは、ネプチューンズの音楽を思い起こさせる独特の音質のドラムと、ギターの演奏を組み合わせた軽妙なサウンドを取り入れたことだ。しかし、癖のある音を組み合わせて、ストレートなヒップホップのビートを作る手法は、ネプチューンズというより、ファレルが2005年に発表した『In My Mind』の収録曲に近い。2016年のテディ・パクがプロデュースしたシングル”FXXK IT”でも使われた、彼らの作品では珍しいスタイルを、活動休止前のラスト・シングルに持ってくるセンスは大胆だ。

一方、主役である5人に目を向けると、一人一人の歌とラップをじっくりと聴かせる、絶妙な演出が光っている。”Loser”や”BAD BOY”、”FXXK IT”のように、ラップ担当とヴォーカル、全員の見せ場をきちんと作る、G-Dragonのソングライティング技術は流石としか言いようがない。

しかし、この曲の一番面白いところは、今までの作品以上に、尖ったサウンドを取り入れる一方、彼らの持ち味である、鋭いラップとパワフルなヴォーカルのコンビネーションをきちんと聴かせ、同時にしばしの別れとなるファンへのメッセージもしっかりと盛り込んでいるところだ。G-Dragonやテヤンがソロ作品で取り組んだ、アメリカのヒップホップやR&Bに傾倒したサウンドを取り入れて(といっても、T.O.P.の入隊日を考えると、ソロ作品の方が後に録音されていると思うが)、単なる記念作品ではない「彼らの新曲」として楽しませながら、ヴォーカル担当の3人が歌うサビでは「去りたいのなら見送って差し上げましょう」「あなたの通る道に花を撒いてあげましょう」「恋しくなったら戻ってきて」「その時はまた僕を愛して」「この花道を歩いて少し休んでいいから」「その場所で僕を待っていて」(歌詞の日本語訳は、日本盤を配給するYGEXのHPから引用)と、やんちゃな一面が魅力の5人らしい、器用な言葉遣いと不器用な愛情表現も見せている。この曲からは、兵役という大人への階段に挑む5人ではなく、年を重ねながらもヒップホップやR&Bを愛した続けた5人の少年が、ファンにしばしの別れと再会を約束をしているようにも映る。

アメリカのヒップホップやR&Bを咀嚼し、自分達の音楽に還元することで頭角を現し、最後には音楽市場のルールも書き換えてしまった彼ららしい、鋭い音楽センスと瑞々しい感性が光る良曲。ヒップホップを愛する5人の少年が再びファンのもとに戻ってきたとき、どんな音楽を聴かせてくれるのか、今から楽しみになる名曲だ。

Producer
G-Dragon, Flipnotes

Track List
1. Flower Road



J-Hope - Hope World [2018 Big Hit Entertainment‎]

2013年のメジャー・デビュー以降、着実に成果を積み上げ、2016年の『Wings』と2017年の『Love Yourself : Her』で、その名を世界に知らしめた、韓国発の7人組男性ヴォーカル・グループ、BTS(漢字圏では「防弾少年団」表記)。

2017年の終わりには、『Love Yourself : Her』に収録されている”Mic Drop”を、日系アメリカ人のDJ、スティーヴ・アオキがリミックスして再リリース。ビルボードのシングル・チャートで28位に入り、アジア地域発のヴォーカル・グループとしては、史上初となるゴールド・ディスクの認定を受けた。

本作は、同グループのラップ担当、J-Hopeの初のソロ作品。BIGBANGのV.I.やKARAのKoo Haraと同じ光州出身。彼らと同じ指導者の元でダンスの腕を磨いてきたという、ラッパーとしては異色の経歴の持ち主だ。デビュー前には、ストリート・ダンスの大会で何度も優勝しており、ラップ担当でありながら、ダンスの練習では、コーチの代わりにメンバーを牽引することもあるなど、BTSの特徴である、歌やラップと複雑なダンスを組み合わせる、独特のスタイルを確立するのに一役買ってきた。

今回のアルバムでは、楽曲の大半を彼自身がプロデュース。脇を固めるクリエイターには、ビッグヒットの看板プロデューサー、Pドッグや、BTSの数多く手掛けているシュープリーム・ボーイの他、エピック・ハイなどの作品に参加しているドックスキンなどを起用。ラップとダンスの両方でグループを支えてきた彼にとって初となる、本格的なヒップホップ作品になっている。

アルバムの1曲目は、ドックスキンがプロデュースを担当した”Hope World”。四つ打ちっぽいビートと、ギターやシンセサイザーを組み合わせた爽やかなトラックの上で、表情豊かなラップを聴かせる彼の姿が心に残るアップ・ナンバーだ。グループの曲では滅多に聴けない荒々しいラップから、軽やかなヴォーカルへと繋ぐ技術と、ワイルドなラップをポップに聴かせる演出が光っている。子供のころからヒップホップに傾倒する一方で、世界屈指の人気ポップ・グループの一員として経験を積んできた、彼の持ち味が発揮された良作だ。

続く”P.O.P (Piece Of Peace) pt.1”は、ソカを連想させる明るい音色と、ダディー・ヤンキーやピットブルの作品にも似た、陽気なビートが心地よいミディアム・ナンバー。ラテン音楽の要素を取り入れて、ポップにまとめつつ、地声を使った鋭いラップで楽曲を引き締める演出が心憎い。

また、本作に先駆けて発表された”Daydream”は、BTSのヒット曲でも辣腕を振るってきたPドッグのプロデュース作。ニュー・ジャック・スウィングを彷彿させる軽快なビートで幕を開けたと思いきや、カルヴィン・ハリスの『Funk Wav Bounces Vol. 1』を思い起こさせる、ディスコ音楽の要素を盛り込んだトラックに繋いでいく演出が面白い。ポップで軽快なビートに合わせて、緩急をつけたラップを聴かせるJ-Hopeの技術が光る佳曲だ。

そして、シュープリーム・ボーイをフィーチャーした”항상 (HANGSANG)”は、ミーゴスグッチ・メインのスタイルを取り入れた、電子楽器による跳ねるようなビートが格好良い曲。アメリカ南部のヒップホップを意識したトラックに合わせ、ドスの効いた声で攻撃的なラップを畳み掛ける姿が印象的。アメリカで流行しているスタイルをそのまま取り入れながら、人気ポップ・グループの一員らしい、大衆性を感じさせるパフォーマンスを聴かせてくれる良曲だ。

このアルバムを初めて聴いたとき、真っ先に思い浮かんだのはSKY-HIのアルバム『Marble』のことだ。AAAで様々な年代、趣向のファンと向き合いながら、様々な価値観を持つ人々の心を惹きつける表現を磨き上げ、自らの音楽の糧にしたSKY-HIと、BTSの一員として、ポップス市場の一線で活躍しながら、グループで積んだ経験を自分の音楽に還元したJ-Hope。ルーツも経歴も環境も違う二人だが、ポップスの世界で得た経験を盛り込んで、自身のヒップホップを確立した点はよく似ている。

ポップス畑での成功という稀有な経験を活かして、ほかの人には作れないヒップホップを作り上げた野心的なアルバム。欧米のアーティストの背中を追いかけてきたアジアのヒップホップ・ミュージシャンが、彼らにはない独自性を見出し、具体的な作品に落とし込んだ一つの成功例だと思う。

Producers
J-Hope, Pdogg, Adora, DOCSKIM, Hiss Noise, Supreme Boi

Track List
1. Hope World
2. P.O.P (Piece Of Peace) pt.1
3. Daydream (백일몽)
4. Base Line
5. 항상 (HANGSANG) feat. Supreme Boi
6. Airplane
7. Blue Side (Outro)



Taeyang - Louder [2018 YG Entertainment]

アンダーワールドを音楽監督に起用し、開会式や閉会式ではポール・マッカートニーやザ・フー、ディジー・ラスカルなどがパフォーマンスを披露したロンドン五輪以降、ポップ・カルチャーを意識した演出が目立つオリンピックのセレモニー。その後も、ロシアで行われたソチ五輪では、同国出身のタトゥーが、ブラジルで開催されたリオデジャネイロ五輪には、マルセロDやダニエル・ジョビンなどが出演。自国の文化を世界に向けてアピールしていた。

2018年の平昌五輪も、この流れを引き継ぎ、開会式の入場行進では、韓国の伝統的な大衆音楽と一緒に、PSYの”Gangnam Style”やBIGBANGの”Fantastic Baby”、防弾少年団の”DNA”といった、近年のポピュラー・ミュージックを使用。韓国発の国際的なヒット・ソングを使った演出で、会場を盛り上げた。

この”Louder”は、平昌五輪のオフィシャル・ソングとして使用された曲の一つ。BIGBANGのテヤンが歌うこの曲は、閉会式で上映された、同大会のハイライト映像のBGMにも使われていたので、耳にしている人も多いだろう。

プロデュースは、グループの作品を数多く手掛けてきたテディ・パクと、彼がYG傘下に設立したブラック・レーベルのクリエイターが担当。ソングライティングにはテヤン自身も参加している。

この曲は、パンチの効いたビートと、軽やかなエレキ・ギターのカッティングを強調した、爽やかなトラックをバックに、スタイリッシュなメロディを朗々と歌うテヤンの姿が印象的なアップ・ナンバー。テンポを一定に保ちつつ、曲の途中で何度もビートを切り替える演出と、アレンジが変わっても違和感を抱かせない、絶妙なメロディ。それを巧みに乗りこなすヴォーカルの組み合わせが光っている。

本作を聴いて気になったのは、欧米の流行を追いかけつつ、自分達のスタイルに合った音楽を作れるようになった、韓国のヒップホップ、R&Bミュージシャン達の存在だ。”Gangnam Style”や”Fantastic Baby”の時代には、流行のサウンドを取り入れつつ、ミュージック・ビデオやファッションの奇抜さで、リスナーの注目を集めていた彼らが、新しいサウンドを追いかけながら、それを自分達の持ち味を生かした楽曲に落とし込み、音楽で勝負できるようなった点は、大きな変化だろう。

「アジア人による個性的なポップス」として世界に知られるようになった韓国のR&Bが、長い時間をかけて「韓国の文化を取り込んで、独自の進化を遂げたR&B」になったことを再認識させられる良曲。世界各地に広まり、その地の文化を取り込みながら進化していくヒップホップやR&Bの影響力と、外国の音楽を意識しながら、自分達の音楽を磨き上げている各国のミュージシャンへの興味を搔き立ててくれる、面白い作品だ。

Produce
TEDDY, R. Tee, Joe Rhee, 24

Track List
1. Louder




記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ