ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

韓国

BTS - Love Yourself: Her [2017 Big Hit Entertainment]

2013年に初のアルバム『2 Cool 4 Skool』をリリースすると、アメリカのR&Bを取り込んだスタイリッシュな作風と、メンバーの若い感性が発揮されたメッセージ性の強い歌詞で、韓国を代表する人気グループの一つとなったBTS。

そんな彼らは、2016年に発表したムーンバートンを取り入れたシングル”Blood Sweat Tears”が、アメリカやヨーロッパを中心に大ヒット。同作を収めたアルバム『Wings』は全米総合アルバム・チャートの26位に入り、翌年にはビルボード・ミュージック・アワードのトップ・ソーシャル部門を受賞するなど、アジアを代表するヴォーカル・グループとしてその名を世界に轟かせた。

本作は、前作『Wings』から約1年ぶりの新作となる11曲入り(配信版は9曲)のミニ・アルバム。2月には『Wings』に新曲を追加した再発盤『You Never Walk Alone』をリリースし、5月には”Blood Sweat Tears”の日本語版”血、汗、涙”を発表、7月には韓国がボーイズ・グループ大国になるきっかけを作った、セオ・タジ&ザ・ボーイズ(余談だが、同グループにはYGエンターテイメントの創業者、ヤン・ヨンソクも在籍している)のデビュー25周年企画として、彼らの”Come Back Home”をカヴァーするなど、精力的に活動していたBTS。だが、7人はその勢いを緩めることなく、今回のアルバムに有り余るエネルギーを注いでいる。

メンバーのラップ・モンスターがプロデュースしたオープニング・トラック”Intro : Serendipity”に続くのは、本作のリード・シングル”DNA”。『Wings』に収められているシングル曲”Not Today”を手掛けたシュープリーム・ボーイが制作を担当、小気味良いギターのカッティングと”Bloood Sweat Tears”を彷彿させるムーンバートンのフワフワとしたビートを融合したトラックが新鮮なアップ・ナンバーだ。曲の途中で”Not Today”を彷彿させる荒々しいEDMのサウンドを組み込むなど、色々な音楽のエッセンスを取り入れながら、一つの楽曲に落とし込む技術が光っている。ファルセットが中心の甘い歌声と、パワフルなラップのコンビネーションをアレンジの妙で活かしている。

だが、本作の目玉はなんといっても”Best Of Me”だろう。2017年のアルバム『Memories...Do Not Open』が各国のヒット・チャートを制覇したアメリカのプロダクション・ユニット、チェインスモーカーズとのコラボレーション曲だ。7人(といっても、うち2人はラップ担当だが)の滑らかな歌声で幕を開けるこの曲は、チェインスモーカーズの持ち味が発揮されたキャッチーな四つ打ちのトラックが格好良いダンス・トラックへと繋がっていくアップ・ナンバー。フランク・オーシャンジョン・レジェンドとコラボレーションしたカルヴィン・ハリスの『Funk Wav Bounces Vol. 1』を連想させる、エレクトロ・ミュージックとR&Bが融合した楽曲だ。

また、メンバーのラップ・モンスターと、彼らの作品を数多く手掛けてきたPドッグが制作を主導した”Pied Piper”は、ゆったりとしたテンポの”Bloood Sweat Tears”といった趣のミディアム・ナンバー。フワフワとしたシンセサイザーの音色が印象的なトラックに乗せて、しなやかなメロディをじっくりと聴かせるリラックスした雰囲気が心地よい曲だ。彼らの持ち味である、繊細で美しいテナー・ヴォイスが思う存分堪能できる。

そして、ラップ担当の二人にスポットを当てたのが、シュープリーム・ボーイをプロデューサーに起用した”Mic Drop”。ロック・ワイルダーやスコット・ストーチのプロデュース作品を思い起こさせる、シンセサイザーを多用したヒップホップのビートに乗ってワイルドなパフォーマンスを聴かせるミディアム・ナンバーだ。アメリカのR&Bやヒップホップを適度に取り入れつつ、彼らの声質に合わせて、軽妙なラップを取り入れた面白い作品だ。

今回のアルバムでは、『Wings』のスタイリッシュなR&B路線を踏襲しつつ、エレクトロ・ミュージック寄りの曲やギターの演奏を取り入れた曲など、新しい手法にも積極的にチャレンジしている。そのスタイルは、ボーイズIIメンのような本格的なヴォーカル・グループというよりも、プリティー・リッキーやマインドレス・ビヘイビヴァのような、ポップ・スターに近いものだ。しかし、ワン・ダイレクションが活動を休止するなど、ボーイズ・グループの勢いが衰えつつある欧米では、彼らのようにR&Bを取り入れながら、幅広い層をターゲットにしたヴォーカル・グループの需要は、意外に多いのかもしれない。

東アジア出身のポップ・グループがJ-ポップやK-ポップという枠組みを超えて、世界に通じる可能性を感じさせる魅力的な作品。彼らが韓国や日本、それ以外のアジア諸国のグループにどんな影響を与えるか、今から楽しみになる面白いアルバムだ。

Producer
P.Dogg, The Chainsmokers, Ashton Foster, Andrew Taggart etc

Track List
1. Intro : Serendipity
2. DNA
3. Best Of Me
4. Dimple
5. Pied Piper
6. Skit : Billboard Music Awards Speech
7. MIC Drop
8. Go Go
9. Outro : Her
10. Skit: Hesitation and Fear
11. Sea

a



Peejay - Walkin’ Vol 2 [2017 Black Label, YG Entertainment]

歌謡曲中心だった韓国の音楽界に、ヒップホップやR&Bを持ち込んで成功を収めたセオ・タジ&ザ・ボーイズのメンバー、ヤン・ヒョンソクが96年に立ち上げたYGエンターテイメント。設立当初は韓国で着実にヒット曲を生み出していたが、2012年にPSYの”GANGNAM STYLE”とビッグバンの”Fantastic Baby”という二つのヒット曲を送り出したことで、世界から注目を集める。

同社は現在、ウィナーやアイコン、ブラックピンクといったヴォーカル・グループを売り出す一方、リル・ヨッティの作品に客演し、2017年のサマー・ソニックではブラック・アイド・ピーズのステージで共演したことも話題になった、アメリカを拠点に活動する女性ラッパーのCLや、ガラントとのコラボレーションも記憶に新しいタブロを擁するエピック・ハイのようなラップ・グループなど、個性豊かなタレントを抱える総合企業として存在感を示している。

そんな同社が、現在力を入れているのが二つのサブ・レーベル。なかでも、”Fantastic Baby”を含む多くのヒット曲を手掛けてきたテディ・パクが運営するブラック・レーベルは、YGエンターテイメント所属のタレントに楽曲を提供したり、彼らとコラボレーションしたりするなど、コアな音楽ファンを意識した作風の会社ながら、メジャーの音楽シーンを意識した活動が目立っている。

このアルバムを制作したピージェイも、ブラック・レーベル所属のクリエイターの一人。既にインディー・レーベルで多くの実績を上げていた彼は、同社でも2016年に移籍したザイオンTの『OO』を共同プロデュースし、YGの看板グループ、ビッグバンのリード・ヴォーカル、テヤンのソロ・アルバム『White Night』では、アルバムの最後を飾る”Tonight”を制作するなど、主にR&B作品で優れた仕事を残してきた。

今回のアルバムは、2014年の『Walkin’』の続編。ゲストにはテヤンやザイオンT、カッシュといったYGや系列レーベルに所属するアーティストのほか、ベーンジーノやB-フリーといった他社所属の実力派ラッパー、サッチャル・ユーンやジョーン・ユー・ジョンといった演奏家を招き、生演奏と電子楽器を組み合わせた独自の音楽に取り組んでいる。

インストゥメンタル作品のオープニング曲”After Summer Day”から続く”Stranger”は、ザイオンTとのコラボレーション曲”Just”や、少女時代のテヨンをフィーチャーした”Don't Forget”などがヒットしている男性シンガー、クラッシュを招いたアップ・ナンバー。ドラムとベースにシンセサイザーを使った太いグルーヴと、しなやかなメロディが心地湯良いアップ・ナンバー。しなやかなメロディと洗練されたバック・トラックはドネル・ジョーンズの”U Know What’s Up”やカール・トーマスの”She Is”を連想させるが、こちらの曲はクラッシュの甘い歌声を強調した優しい雰囲気に仕上がっている。

これに対し、ザイオンTを起用した”Na B Ya”は、ハウス・ミュージックを連想させる四つ打ちを軸にしたビートと、ザイオンTの繊細なヴォーカルを活かした緻密でキャッチーなメロディが魅力のアップ・ナンバー。線が細く、声質が固いザイオンの声を際立たせるため、シンセサイザー中心のシンプルな伴奏に纏め上げたピージェイのセンスが光っている。生演奏を多用した曲が多いアルバムの中で、電子楽器を駆使したこの曲を違和感なく聴かせる技術は、クラブ・ミュージック畑の本領発揮といったところか。

だが、本作の目玉は、なんといってもYGの看板グループ、ビッグバンのテヤンと、ブラック・レーベルの共同経営者で、音楽プロデューサーとしても活動しているカッシュを招いた”Warigari”だろう。 90年代のヒップホップを連想させる、太く温かいビートとジョーンの色っぽい音色のギターを組み合わせた伴奏をバックに、テヤンのダイナミックなヴォーカルを聴かせるミディアム・ナンバーだ。レゲエ・グループ、ストーニー・スカンク出身のカッシュの高揚感溢れるラップが、上品な雰囲気の楽曲を適度に盛り上げている。楽曲はピージェイが手掛けたテヤンの”Tonight”にも少し似ているが、キャッチーで陽気な雰囲気のこちらの方がテヤンのファンにはウケそうだ。

また、ラップものではベーンジーノを起用した”I Drive Slow”が特徴的。機械で作ったビートを軸に、生演奏を加えるスタイル自体は、珍しいものではないが、アドリブを盛り込みつつ、それがレコードからサンプリングされた音ネタのように機能している点は面白い。韓国の人気ラッパーでは珍しい太く硬い声質のベンジーが、歌とラップを使い分けながら、巧みにトラックを乗りこなす姿にも着目してほしい。90年代のヒップホップを踏襲した楽曲に、新しい技術や表現を埋め込んで新鮮な音に聴かせる二人の遊び心が光る作品だ。

今回のアルバムは、彼がこれまでに発表してきた作品同様、生楽器と電子楽器の音を組み合わせたものになっている。韓国のポップスといえば、ビッグバンの”Fantastic Baby”やBTSの”Blood Sweat Tears”に代表される、トラップやEDMといった電子音楽の印象が強いが(もちろん、シンブルーやAKMUのような例外もいる)、このアルバムはそれとは異なる、ジャジー・ジェフやミツ・ザ・ビーツのような生音をヒップホップと融合したサウンドで、音楽シーンの真ん中に挑戦している。彼のスタイルはYGエンターテイメントや、同社のサウンドを支えるテディ・パク達プロデューサー陣とは大きく異なるが、彼らとは異なるスタイルでありながら、きちんとヒットに結び付く作品を作っている点は、流石としか言いようがない。

このアルバムを聴くと、R&Bやヒップホップの世界で流行しているサウンドを取り入れながら、急成長を遂げた韓国の音楽市場が成熟し、多彩な作品を送り出す段階に入ったことを改めて感じさせる。彼のようなミュージシャンがどこまで通用するのか、韓国だけでなく、アジアの音楽シーンの転換点になりそうだ。

Producer
Peejay

Track List
01. After Summer Day feat. Yun Seok Cheol & Jeong Yoo Jong
02. Stranger feat. Crush
03. Na B Ya feat. Zion.T
04. Warigari feat. Kush & Taeyang
05. I Drive Slow feat. Beenzino
06. Stay feat. Kumapark
07. Say No feat. Masta Wu
08. Thinking About You feat. B-Free
09. Moonstruck feat. Qim Isle & Oh Hyuk
10. Outro





PEEJAY/ WALKIN’ VOL.2 (CD) 韓国盤 ピージェイ
PEEJAY/ WALKIN’ VOL.2 (CD) 韓国盤 ピージェイ

SOL - White Night [2017 YG Entertainment]

2006年にEP『Always』でメジャー・デビュー。同年のファースト・アルバム『Bigbang Vol.1』がアルバム・チャートの1位を獲得して、同国を代表する人気アーティストの仲間入りをした、YGエンターテイメント発のダンス・ヴォーカル・グループ、ビッグ・バン。

そんな彼らは、2012年に発表したEP『Alive』と同作に収録されたシングル”Fantastic Baby”で、世界にその名を轟かせる。特に後者は、EDMとヒップホップやR&Bを融合した独特の音楽性と、色鮮やかで幻想的な世界観のMVが注目を集め、非英語圏のヴォーカル・グループでは唯一となる500万ダウンロードを記録(余談だが、2015年にリリースされた”Bang Bang Bang”も同記録を達成している)。”江南スタイル”が1000万ダウンロードを記録したレーベル・メイトのPSYとともに、韓国のポップスの存在を世界に知らしめた。

SOL(国によってはTaeyang表記)ことトン・ヨンベは、同グループのリード・ヴォーカル。11歳の頃から事務所に所属し、目標とする歌手にマイケル・ジャクソンを掲げてきた彼は、高い歌唱力とダンス技術でグループを牽引。また、ソロとしても2008年にEP『Hot』発表したほか、それ以外にも2枚のフル・アルバムをリリース。その全てを韓国チャートの1位に送り込み、2014年には単独でのアジア・ツアーを成功させるなど、着実に成果を上げてきた。

この作品は、彼にとって3枚目のフル・アルバム。過去作にも関わっていた同僚で盟友のG-ドラゴンは不参加だが、彼が所属するYGエンターテイメントのイン・ハウス・プロデューサーであるテディ・パクやチョイス37などが制作を担当。その一方で、彼自身も大半の曲に携わるなど、ミュージシャンとしてのテヤンを強く打ち出した作品になっている。

アルバムに先駆けて発表された”Wake Me Up”は、テディ・パクがYG傘下に設立したブラック・レーベルに所属するカッシュ、R.ティー、ジョー・リーの3人が手掛けた作品。荘厳さすら感じさせる重厚なトラックをバックに、パワフルな歌声を聴かせるミディアム・バラード。セクシーなファルセットを強調したアレンジや音響技術の妙が光っている。10年以上、音楽業界の一線で活躍してきた彼の円熟した歌声が堪能できる佳作だ。

また、テディ・パクやチョイス37に加え、フィフス・ハーモニーの”Work From Home”やDJスネークの”Let Me Love You”などを手掛けてきた韓国系アメリカ人のブライアン・リーが制作に参加した”Darling”は、ピアノの伴奏をバックに、泣き崩れるように歌う激しいヴォーカルが魅力スロー・ナンバー。ベイビーフェイスが90年代に作ったような、メロディの美しさと歌唱力で勝負した作品だ。6月に発売されたG-ドラゴンのEP『KWON JI YONG’』からシングル・カットされた”Untitled 2014”にも通じる本格的なバラードは、アジア市場を意識したものだろうか?

また、本作の収録曲では珍しいアップ・ナンバー”Ride”は、彼自身がペンを執った曲。2000年代初頭にネプチューンズが作っていたような、軽やかなビートをバックに、流れるようなヴォーカルを披露したダンス・チューン。しなやかなテナー・ヴォイスを器用に操る姿は、彼が目標とするマイケル・ジャクソンのスタイルにも似ている。ヒップホップを基調にしたトラックの上で、彼のスタイルを踏襲する姿は、アッシャーやジャスティン・ティンバーレイクのような、ポスト・マイケル・ジャクソンの系譜に立つものだと思う。

そして、本作の最後を締めるのがブラック・レーベル所属のプロデューサー、ピージェイが制作を担当した”Tonight”だ。古いレコードの音をサンプリングしたようなビートの上で、ダイナミックな歌唱を披露した壮大なミディアム・ナンバー。テヤンの指名で参加したブロックBのジコが切れ味の鋭い高速ラップで、雄大な楽曲に起伏を付けている点にも注目してほしい。

今回のアルバムは、収録曲の大半がミディアム・テンポやスロー・テンポの作品であり、「ヒップホップのビートをバックに激しく歌って踊るテヤン」を期待するファンにとっては意外なものかもしれない。しかし、力強い歌声と、経験を積んで磨かれた豊かな表現力、そしてヒップホップのトレンドを適度に取り入れた本作は、彼が憧れたマイケル・ジャクソンが生前最後のアルバム『Invincible』で見せてくれた、ポップなメロディとダンス・サウンド、そして円熟した歌唱が融合した絶妙なバランス感覚をしっかりと受け継いでいる。その姿は、2年の兵役というアーティストにとって長いブランクを控えた彼の微妙な立場と、兵役後に求められるだろう成熟した大人のテヤンの姿を見据えたものと言ってもいいかもしれない。

マイケル・ジャクソンやジャスティン・ティンバーレイクのように、ボーイズ・グループの枠を超え、一人の男性シンガーへと進化しつつある、彼の歌唱を楽しめる本格的なヴォーカル作品。30代のテヤンがどんな音楽を歌うのか、将来を期待させる良作だと思う。

Producer
Taeyang, Teddy Park, Kush, Choice37, Joe Rhee

Track List
1. White Nighrt
2. Wake Me Up
3. Darling
4. Ride
5. Amazin'
6. Empty Road
7. Naked
8. Tonight feat. Zico






記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ