ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

2017

Mila J - 11.18 [2017 Silent Partner Entertainment, November Reign]

クリス・ストークスの下でキャリアを積み、若いころには妹のジェネイ・アイコらと組んだガールズ ・グループ、Gyrl(ギャル)としても活動してきた、カリフォルニア州ロス・アンジェルス出身のシンガー・ソングライター、ミラJことジャミーラ・アキコ・キロンボ。

妹達に先駆けてソロに転向した彼女は、オマリオンの作品に客演するなど、着実に実績を積み上げて、モータウンとの契約を獲得。2006年には自身名義のアルバム『Split Personality』を録音する。しかし、諸事情により同作はお蔵入りとなってしまう。

だが、制作体制を仕切りなおした2014年に初のEP『M.I.L.A.』を発表すると、配信限定の作品ながら、R&Bチャートの12位に食い込む健闘を見せる。その後も、2016年に2枚目のEP『213』を発表するなど、精力的に活動していたが、セールス面では苦戦。2017年に発表された『Dopamine』はインディー・レーベルのサイレント・パートナーからのリリースになっている。

このアルバムは、同作から僅か7月という短い間隔で発表された通算4枚目のEP。彼女の誕生日をタイトルに冠し、35歳の誕生日の2日前に発売された本作は、これまでの作品以上に彼女の内面に触れた楽曲を揃えている。プロデューサーには、これまでにも多くの作品を一緒に制作していたアイ・リッチに加え、シェイ・オン・ザ・ビートが参加。全ての楽曲で彼女がソングライティングに携わった、意欲作になっている。

本作の1曲目は、アイ・リッチがプロデュースを担当した”Dirt”。オルゴールを思い起こさせる繊細な音色のトラックをバックに、切々と歌う姿が心に残るミディアム・ナンバー。ドラムの音圧を抑えて、彼女の歌声を強調したアレンジが心憎い。誰かに語り掛けるように歌うミラJの姿が、どこか物悲しく見える曲だ。

これに続く”Drifting”も、ミラJとアイ・リッチのコンビで作られた作品。レゲトンなどで使われるような、鮮やかな音色のシンセサイザーを使いながら、シックに纏め上げた伴奏が不思議な雰囲気を醸し出している。このトラックの上で、朗々と歌う姿が印象的。”Dirt”より少し速いテンポの楽曲だが、より陰鬱な空気の楽曲だ。

また、本作で唯一シェイ・オン・ザ・ビートがプロデュースを担当した”Obsessive”は重いビートとハンドクラップなどの上物を巧みに組み合わせたビートが、クリス・ストークスの手掛けたイマチュアの作風に少し似ているミディアム・ナンバー。しかし、このようなビートの上で、気だるく歌うミラJのパフォーマンスは、90年代のR&Bではあまり見ないものだ。彼女の原点に回帰しつつ、現代の音楽シーンで戦う彼女の姿勢が反映された佳曲だ。

それ以外に目を向けると、4曲目の”Low Down Dirty Shame ”は、モニカを彷彿させる、キュートだけど力強いヴォーカルを際立たせたアレンジが光るミディアム・ナンバー。ギターなどの音色を使った繊細なサウンドが光るビートを使うことで、彼女の強くしなやかな歌声の魅力を引き出している。

そして、このアルバムを締めるのは”Switching Sides Lyric”。シンセサイザーの音を重ねたトラックと、強力なエフェクトをかけたヴォーカルが幻想的な雰囲気を演出している。電子楽器を多用したビートと、メリハリをつけたメロディの組み合わせは、90年代のR&Bにも少し似ているが、彼女の妖艶な歌声と過激なエフェクトが、斬新なイメージをもたらしている。

このアルバムは、クリス・ストークスの下でキャリアを開始し、ガールズ・グループやメジャー・レーベルからのリリースなどを経験してきた彼女のキャリアを統括しつつ、現代の彼女の生き方を見据えたものになっている。トラックやメロディには、イマチュアなどが大衆を魅了していた、90年代のR&Bのスタイルが反映されているが、その一方で、当時のR&Bではあまり使われていなかった、強烈なエフェクトを使った声の加工や、気だるいヴォーカルといった演出も加わっている。このように、新旧のR&Bの手法を組み合わせ、90年代から地道に活動してきた彼女らしさが反映された音楽に落とし込んだところが、この作品の面白いところだ。

妹、ジェネイ・アイコが活躍の場を広げる中で、伸び悩んでいる印象があった彼女の底力を感じさせる良作。90年代から現代に至るまで、継続的に活動してきた彼女の持ち味が発揮された、懐かしさと新鮮さを感じる音楽だと思う。

Producer
I Rich, Shay On The Beat

Track List
1. Dirt
2. Drifting
3. Obsessive
4. Low Down Dirty Shame
5. Switching Sides Lyric




11.18 [Explicit]
SILENT PARTNER ENTERTAINMENT/NOVEMBER REIGN
2017-11-16

Maroon 5 - Red Pill Blues [2017 222 Records, Interscope]

2002年にアルバム『Songs About Jane』で表舞台に登場して以来、発売した5枚のアルバム全てが、アメリカでプラチナ・ディスクを獲得し、複数の国でゴールド・ディスクに認定されるなど、21世紀を代表するロック・バンドとして、多くの足跡を残してきたマルーン5。

ロス・アンジェルスの同じハイスクールに通っていた、4人によって結成されたバンド「カーラズ・フラワーズ」が前身である彼らは、メンバーの脱退や復帰、加入を経験しながら、レコーディングやライブを継続的に行ってきた。また、2010年以降は、オーディション番組で共演したことがきっかけに作られた、クリスティーナ・アギレラとのコラボレーション・シングル”Moves like Jagger”を皮切りに、ラッパーやR&Bシンガーとの共作にも積極的に取り組んできた。そして、2014年以降は、ソロ・アーティストとしても実績豊富な、PJモートンをキーボード奏者として迎え、これまで以上にR&B志向を強めるなど、着実にファン層を広げていた。

本作は、2014年の『V』以来となる、通算6枚目のスタジオ・アルバム。前作に引き続き、インタースコープから配給されたアルバムで、プロデュースはヴォーカルのアダムのほか、ディプロやジョン・ライアンといった、各ジャンルを代表するヒット・メイカーが担当。ゲストにはSZAケンドリック・ラマーなど、今をときめく面々が名を連ねた、トップ・ミュージシャンにふさわしい作品になっている。

まず、このアルバムの目玉といったら、なんといっても”What Lovers Do”だろう。キーボード担当のサム・ファーラーが制作を主導し、フィーチャリング・アーティストとしてSZAを招いたこの曲は、シンセサイザーと乾いた音色の生演奏を巧みに組み合わせたサウンドと、爽やかな歌声の組み合わせが心地良いミディアム・ナンバー。カラっとした音色と甘酸っぱいテナー・ヴォイスをフル活用した作風は、ファレル・ウィリアムスをフィーチャーしたカルヴィン・ハリスの”Feels”によく似ている。

これに対し、もう一つのシングル曲である”Wait”は、彼らの楽曲のほか、ワン・ダイレクションなどの作品に携わっているジョン・ライアンが制作に参加したミディアム・バラード。大部分の伴奏をシンセサイザーで録音した、R&B寄りの伴奏をバックに、アダムの甘い歌声を思う存分堪能できる。シンセサイザーを多用した伴奏と、スウィートな歌声の組み合わせは、ウィークエンドの音楽を連想させる。

そして、クラブDJの世界では常にトップクラスの人気を誇るディプロと、同分野を代表するシンガーの一人として、高い評価を受けているジュリア・マイケルズを起用した”Help Me Out”は、切ないメロディが印象的なアップ・ナンバー。甘い歌声のアダムと鋭い歌声のジュリアのコンビネーションが光る佳曲だ。ディプロ達が作る、洗練された伴奏も見逃せない。

しかし、アルバムの収録曲でも特に異彩を放っているのが、ケンドリック・ラマーを招いた”Don't Wanna Know”だろう。ジャスティン・ビーバーの”Love Yourself”や、映画「シング」の主題歌であるスティーヴィー・ワンダーの”Faith”などを手掛けている、ベニー・ブランコがプロデュースした、ウィズ・カリファやエイコンの作品を彷彿させる、陽気なビートが心地よいミディアム・ナンバーだ。カリプソやアフリカ音楽の要素を盛り込んだこの曲は、軽妙な歌を聴かせるアダムと、普段の攻撃的なイメージとは全く違う、リズミカルなラップを披露するケンドリック・ラマーのコンビネーションが面白い。ポップで洗練されたサウンドが魅力のロック・バンドと、ハードコアなラップをウリにするラッパーのコラボレーションとは思えない、意外性が魅力だ。

今回のアルバムでは、前作に引き続き、R&Bやヒップホップへの傾倒を深めた、スタイリッシュなメロディと伴奏の楽曲が並んでいる。シングル化された “What Lovers Do”や“Don’t Wanna Know”のように、ほとんどR&Bといっても過言ではない、電子楽器を駆使したモダンなビートを取り入れた作品も多い。にもかかわらず、R&Bシンガーやラッパーの作品と一線を画しているのは、甘酸っぱい歌声で爽やかに歌い上げる、アダムの存在が大きいと思う。黒人シンガーとは一味違うヴォーカルで、R&Bの手法を盛り込んだ楽曲を作り上げたことが、彼ら凄いところだろう。

現代のアメリカの音楽界のトレンドになっている、ヒップホップやR&Bを吸収しつつ、自分達の音楽に昇華した面白い作品。ビートルズ以降、色々な国のミュージシャンが取り組んできた、黒人音楽を取り込んだ演奏の、一つの完成形ともいえるアルバムだ。

Producer
Adam Levine, Jacob "J Kash" Hindlin, Jason Evigan, Diplo, John Ryan, Benny Blanco etc

Track List
(DISC 1)
1. Best 4 U
2. What Lovers Do feat. SZA
3. Wait
4. Lips On You
5. Bet My Heart
6. Help Me Out with Julia Michaels
7. Who I Am feat. LunchMoney Lewis
8. Whiskey feat. A$AP Rocky
9. Girls Like You
10. Closure
11. Denim Jacket
12. Visions
13. Don’t Wanna Know feat. Kendrick Lamar
14. Cold ft. Future

(DISC 2)
1. Moves Like Jagger
2. Dayllight
3. Maps
4. Stereo Hearts
5. This Love, with 6. Animals





レッド・ピル・ブルース(デラックス盤)
マルーン5
ユニバーサル ミュージック
2017-11-01

Gregory Porter - Nat "King" Cole & Me [2017 Blue Note, Decca]

グレゴリー・ポーターはカリフォルニア州サクラメントに生まれ、同州のベイカーズで育ったシンガー・ソングライター。

牧師の母のもとに生まれた彼は、フットボールの実績を認められ、生活費を含む一切の面倒を見てもらえるフルブライト奨学金を得て大学に進むなど、将来を嘱望されていた。しかし、大学時代に負った怪我が原因でスポーツの道を断念。ニューヨークに移住し、料理人をしながら音楽の道を模索するようになる。

音楽活動を続ける中で、高いパフォーマンスの技術が周囲の耳目を引くようになった彼は、2010年に初のフル・アルバム『Water』をリリース。音楽ファンだけでなく、批評家からも高い評価を受け、グラミー賞にノミネートするなど、大きな成功を収める。その後も、ブルー・ノートを含む複数のレーベルから作品を発表した彼は、豊かな低音と滑らかな高音、それらを組み合わせた巧みな表現を武器に、2010年代を代表するジャズ・シンガーの一人に挙げられるまでになった。

このアルバムは、2016年にブルー・ノートから発売された『Take Me to the Alley』以来、約1年ぶりの新作となる通算5枚目のスタジオ・アルバム。収録曲の全てが1940年代から60年代にかけて、多くのヒット作を残した、シンガー・ソングライター、ナット・キング・コールの楽曲に取り組んだカヴァー集。配給元にジャズの名門、デッカが加わり、制作には6回もグラミー賞を獲得しているプロデューサーのヴィンス・メンドーサのほか、ベースのルーベン・ロジャースやドラムのユリシーズ・オーウェンズといった名うてのミュージシャンが参加。グレゴリーが敬愛するナットの名曲と真摯に向き合った、本格的なカヴァーを披露している。

アルバムの1曲目は、50年に発表された”Mona Lisa”。ドラムの音を抜きオーケストラをバックに、甘い歌声を響かせるスロー・ナンバー。羽毛布団のように柔らかい音色のオーケストラと、メロディをじっくり歌うグレゴリーのコンビネーションは、50年代の音楽の持つ上品で優雅な雰囲気を忠実に再現している。

続く”Smile”は、54年にリリースされた彼の代表曲。喜劇王チャップリンが作曲した映画『モダン・タイムズ』のテーマ曲に歌詞をつけたこの曲は、「笑っている限りは明るい明日が来る」という風刺映画のテーマ曲が元ネタとは思えない、前向きな歌詞と美しいメロディが多くのアーティストに愛され、カヴァーされてきた作品。今回の録音では、流れるようなストリングスの音色をバックに、恵まれた歌声を活かした、力強さと優しさを兼ね備えたヴォーカルを披露している。

また、彼のキャリアの絶頂期である64年にリリースされた”Love”はピアノ、ベース、ドラムの所謂ピアノ・トリオによる伴奏を取り入れた演奏。原曲よりシンプルな編成で、アップ・テンポにアレンジした演奏の上で軽やかな歌を聴かせる姿が印象的。メロディを崩して歌うグレゴリーのスタイルも、オリジナルのメロディを大きく弄らずに歌ったナットのバージョンとは一味違うものだ。ジョス・ストーンやダイアナ・クラールなど、様々なジャンルのミュージシャンが歌ってきた名曲に、大胆なアレンジを加えることで、新鮮な作品に聴かせた発想が光っている。

そして、キューバの作曲家、ファレス・オズヴァルドの作品をカヴァーした演奏が元ネタの”Quizás, Quizás, Quizás”は、パーカッションの音色を効果的に使った、妖艶なラテン・ナンバーをオーケストラの伴奏に乗ってしっとりと歌い上げた斬新なアレンジが光る曲。サビの一部に原曲の面影を感じる箇所もあるが、それ以外は、ラテン音楽がオリジナルとは思えない、ジャズやブルースのエッセンスを取り込んだ50年代風のスロー・ナンバーに仕上げた、ヴィンスのアレンジが功を奏した良曲だ。元々、色々なタイプの曲に対応できる歌手だが、グレゴリーはふくよかな歌声をじっくりと聴かせる曲がよく似合う。

今回のカヴァー集では、彼の持ち味であるふくよかで温かい歌声を活かし、シンプルだがよく練り込まれた演奏をバックに、丁寧な歌唱を聴かせる作品が目立っている。声の太さこそ違うものの、聴き手を包み込むような優しい歌声を武器に、多くの足跡を残してきたナット。彼の音楽を研究し、自分の声質や歌唱スタイルと似た部分を取り入れつつ、異なる部分については自分に合わせてアレンジしたグレゴリーの試みが、見事に成功していると思う。また、現代のジャズとは大きく違う、グルーヴよりも上品で洗練された伴奏の作品が多かった50年代の音楽を、当時のテイストを残しつつ、現代のリスナーの耳にも合うよう、細かい調整をかけている。この、歌と演奏、両方の視点から、当時の音楽を現代向けにアレンジしたことが、本作の面白い点だと思う。

ナットの音楽の普遍的な魅力を引き出しつつ、2017年を生きる彼の音楽に還元した良質なカヴァー集。60年代以降の音楽に比べ、目を向けられることの少ない50年代以前の音楽の良さを現代に伝える貴重な録音だと思う。

Producer
Vince Mendoza

Track List
1. Mona Lisa
2. Smile
3. Nature Boy
4. L-O-V-E
5. Quizas, Quizas, Quizas
6. Miss Otis Regrets
7. Pick Yourself Up
8. When Love Was King (arrangement of an original Gregory Porter composition from Liquid Spirit)
9. The Lonely One
10. Ballerina
11. I Wonder Who My Daddy Is
12. The Christmas Song





ナット・キング・コール&ミー
グレゴリー・ポーター
ユニバーサル ミュージック
2017-10-27


記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ