ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

2017

Offonoff - Boy. [2017 HIGHGRAND]

2003年にヒップホップ・グループ、エピック・ハイの中心人物としてアルバム『Map of the Human Soul』でメジャー・デビュー。アメリカの音楽を意識した本格的なサウンドと、時代に鋭く切り込んだリリックで、韓国を代表するミュージシャンの一人に上り詰めた、韓国系カナダ人のラッパー兼プロデューサー、タブロことイ・ソンウン。2011年に、BIGBANGやPSYといった、世界を股にかける人気ミュージシャンが在籍しているYGエンターテイメントに移籍すると、これまで以上に斬新な作品を次々と発表。2017年に入ってからも、アメリカのR&Bシンガー、ガラントのシングル”Cave Me In”や、PSYのアルバム『4×2=8』に収録されている”Auto Reverse”に客演するなど、新しい音楽に挑戦している。

そんな彼が、YGエンターテイメントの傘下に設立したサブ・レーベルがハイグランドだ。ロック・バンドのヒョゴやブラック・スカーツなど、アメリカの音楽を踏襲した作風がウリのYGの中でも、特に先鋭的な音楽性のミュージシャンが所属していることで、音楽ファンから注目を集めているこのレーベル。今回、そこからアルバム・デビューを果たしたのが、韓国発の2人組のヒップホップ・グループ、オフオンオフだ。

素顔や年齢など、細かいプロフィールは不明だが、2015年ごろからインターネット上に作品を発表しており、2016年前後にハイグラウンドと契約。これまでに2枚のシングルをリリースしている。

本作は、それに続く彼らにとって初のフル・アルバム。ゲストにはタブロのほか、ジ・インターネットのシドとコラボレーションしたシングル”Love”が話題になったディーンや、ディーンの作品にも携わっているシンガー・ソングライターのミソ、韓国のプロダクション・チーム、ラド・ミュージアムが参加。クラブや音楽配信サービスを主戦場に、欧米のクラブ・ミュージックから多くの影響を受けたサウンドを武器に戦う、実力派ミュージシャン達が集結している。

アルバムのオープニングを飾る”In The Car”は、レミー・シャンドやドゥウェレの作品を連想させる、シンセサイザーを多用した抽象的なサウンドと、繊細でソウルフルなヴォーカル魅力的なミディアム・ナンバー。シルクのようにきめ細かいテナー・ヴォイスが心地よい曲だ。

これに対し、タブロとミソをフィーチャーした”Cigarette”は、DJスピナの音楽を連想させる、フワフワとしたトラックが印象的なミディアム・ナンバー。フロエトリーやレ・ヌビアンズ、ナオなどを思い起こさせる、華奢だけど存在感のあるミソのヴォーカルが光っている。タブロのラップがアクセントになって、楽曲に起伏を付けている点も面白い。

また、ディーンを起用した”Gold”は、ピアノ伴奏を引用したメロウなトラックが素敵なミディアム・ナンバー。ドレイクパーティーネクストドアを連想させる、ファルセットを織り交ぜた歌うようなラップが心地よい。脇を固めるディーンのテナー・ヴォイスにも注目してほしい。

そして、本作に先駆けて発表されたシングル曲”Photograph”は、シンセサイザーの伴奏を効果的に使ったロマンティックな作品。甘い歌声を活かした切ない雰囲気のメロディが素敵な曲だ。ゲストがいない分、彼らの歌やトラックの美しさが際立っていると思う。叩き上げの実力者である、二人のスキルが思う存分堪能できる良作だ。

彼らの音楽は、ファンキーDLやミツ・ザ・ビーツのような、ジャズのエッセンスを取り入れたヒップホップのトラックと、ロビン・シックやファレル・ウィリアムスのようなファルセットを駆使したヴォーカル、歌うようなラップを組み合わせたキャッチーで聴きやすいものだと思う。ガグルや瘋癲といった、ジャズの影響を受けたヒップホップ・グループが多い日本人の目には、ありふれた作品のようにも映るときがあるが、ドレイクなどを連想させる歌とラップを織り交ぜたパフォーマンスを取り入れることで、きちんと独自性を発揮していると思う。

韓国のヒップホップ、R&B界隈の人材の厚さと、高い実力を再認識させられる佳作。タブロのように、メジャーとアンダーグラウンド、両方のシーンで活躍する存在になってくれるのか、今から楽しみなアーティストだ。

Track List
1. In the Car
2. Cigarette feat. Tablo, Miso
3. Gold feat. Dean
4. Good2me feat. Punchnello
5. Boy
6. Photograph
7. Film Roll
8. Dance
9. Midnight
10. Noon 12:04am
11. Homeless Door feat. Rad Museum
12. Overthinking





OFFONOFF/ BOY -1集 <通常盤> (CD) 韓国盤 オフオンオフ ボーイ OFF ON OFF
OFFONOFF/ BOY -1集 <通常盤> (CD) 韓国盤 オフオンオフ ボーイ OFF ON OFF

Dizzee Rascal - Raskit [2017 Dirtee Stank Recordings, Island Records]

やんちゃな生活を送っていたハイスクール時代に音楽に目覚め、2000年代初頭にはドラムン・ベースのDJとして活動。2003年にXLレコードからアルバム『Boy in da Corner』でレコード・デビューを果たすと、グライム・シーンを代表するミュージシャンとして頭角を現した、ロンドンのカンバーウェル出身のMCでプロデューサー、ディジー・ラスカルことディラン・ミルズ。彼にとって、2013年の『The Fifth』以来、約4年ぶり6枚目となるオリジナル・アルバム。

本国での人気に比べ、日本での知名度が今ひとつな彼だが、ジャスティン・ティンバーレイクやN.E.R.D.と一緒にアメリカ・ツアーを行い、2012年のロンドン・オリンピックの開会式では、代表曲の”Bonkers”を大観衆の前で披露するなど、イギリスを代表するミュージシャンとして、音楽シーンを牽引してきた。

今回のアルバムでは、カルドやサルヴァといったアメリカ出身のクリエイターや、ジ・アーケイドやヘヴィー・トラッカーズなどのイギリス出身のプロデューサーを起用。彼のウリであるグライムを核にしつつ、トラップやクランクといった、彼らに影響を与えてきたアメリカのヒップホップを取り入れた作品になっている。

本作の2曲目に収められている”Wot U Gonna Do?”は、ロス・アンジェルス出身のDJ、ヴァレンティノ・カーンがプロデュース。リル・ジョンやミーゴスなどの作品で耳にするような、シンセサイザーを駆使したトラップ・ビートに乗って、畳み掛けるように言葉を繰り出すアグレッシブな作品だ。 数多くの変則ビートを乗りこなしてきた彼らしく、この曲でも、最初から最後までエネルギッシュなラップを聴かせてくれる。同じようなビートを使っても、MCの解釈で全く違う音楽に聴こえる点が面白い。

また、本作に先駆けてリリースされたシングル曲“Space”は、ロス・アンジェルス出身のクリエイター、サルヴァとの共作。この曲では、2ステップやグライムを彷彿させる小刻みに鳴らされるドラムを取り入れつつ、ウェイルやミーゴスのアルバムに入っていそうな、ミディアム・テンポの作品に落とし込んでいる。この曲では、畳み掛けるようなラップを披露し、グライムの疾走感を残しつつ、アメリカのヒップホップのようにも聴かせている点に注目してほしい。

一方、テル・アビブ出身のダン・ファーバーを起用した”Ghost”は、中東の音楽っぽい笛の音色を取り入れたリフと、グライムのビートを融合させたサウンドが印象的な曲だ。彼の持ち味である、エネルギッシュなラップと先鋭的トラックの融合が心地よい。過去の作品を踏襲しつつ、それを進歩させた佳曲だ。

また、スローテンポの楽曲では、ロンドン発のプロダクション・チーム、ジ・アーケイドが制作に参加、ゲスト・ヴォーカルにニコを起用した”The Way I Am”が存在感を発揮している。柔らかい音色のシンセサイザーを多用したロマンティックな伴奏と、ドラムの音が乱れ飛ぶ荒々しいビートの組み合わせが光るトラックと、野太いディジー・ラスカルのラップ。テヴィン・キャンベルを彷彿させるニコの甘酸っぱい歌声が一体化した魅力的な作品だ。サビをシンガーが担当していることもあり、本作の収録曲の中では最もアメリカのヒップホップに近い雰囲気を醸し出している。

10年以上に渡って、クラブ・シーンとヒット・チャートの両方で奮闘し、結果を残してきた彼だけあって、今回のアルバムも非常にクオリティが高い。しかし、本作は過去の録音に比べて、アメリカのヒップホップやR&Bに近しいように思える。恐らく、ファレル・ウィリアムスの”Happy”のような2000年代の黒人音楽よりもアップテンポな作品や、カルヴィン・ハリスなどのエレクトロ・ミュージック畑のクリエイターが黒人シンガーを起用するようになったことで、楽曲のテンポやトラックについて、聴き手側も柔軟な考えができるようになったからだろう。

時代を先取りし過ぎた名手の感性が、正しかったことを裏付ける佳作。10年以上前からヒップホップとエレクトロ・ミュージックの融合してきた彼の音楽を、心ゆくまで堪能してほしい。

Producer
Dizzee Rascal, Cardo, Darkness, Deputy, Dan Farber etc

Track List
1. Focus
2. Wot U Gonna Do?
3. Space
4. I Ain't Even Gonna Lie
5. The Other Side
6. Make It Last
7. Ghost
8. Business Man
9. Bop N' Keep It Dippin'
10. She Knows What She Wants
11. Dummy
12. Everything Must Go
13. Slow Your Roll
14. Sick A Dis
15. The Way I Am
16. Man Of The Hour




Raskit
Dizzee Rascal
Imports
2017-07-28

Tyler, The Creator - Scum Fuck Flower Boy [2017 Columbia]

フランク・オーシャンやジ・インターネットなどを輩出した、ロス・アンジェルス発の実力派ヒップホップ集団、オッド・フューチャー。その中心人物が、カリフォルニア州ラデラ・ハイツ出身のラッパーでプロデューサー、タイラー・ザ・クリエイターことタイラー・グレノリー・オコンマだ。

ナイジェリア系アメリカ人の父と、アフリカ系アメリカ人の母親の間に生まれた彼は、7歳の頃からジャケットのイラストを描くようになり、14歳になるとピアノも演奏するようになる。

16歳でオッド・フューチャーを結成した彼は、18歳の時に、自身の名義では初の録音作品となるミックステープ『Bastard』を発表。自主制作の作品ながら、音楽情報サイトの年間ランキングで32位を獲得するなど、高い評価を受けた。その後も、自身の名義で3枚を発表する一方、クルーの中心人物として多くの作品を収録。2017年に入ってからは、フランク・オーシャンの”Bikingに客演して話題になった。

そんな彼にとって、自身名義では4枚目のフル・アルバムにして、初のメジャー・レーベル配給作品となるのが本作。全ての曲を自らの手でプロデュースし、ゲストにはフランク・オーシャンやジ・インターネットのスティーヴ・レイシー(ただし、彼はオッド・フューチャーのメンバーではない)のようなオッド・フューチャーと縁の深い人のほか、エイサップ・ロッキーやリル・ウェインなどの人気アーティストが参加した意欲作になっている。

アルバムに先駆けて発表された”Who Dat Boy?”は、エイサップ・ロッキーをフィーチャーした楽曲。サイレンのようなシンセサイザーのリフが不気味な雰囲気を醸し出している。電子楽器を多用した作品だが、デビュー当初のウータン・クランを思い起こさせる、おどろおどろしいビートが格好良い。そんなトラックの上で、ワイルドなラップを聴かせる二人の存在も光っている。

これに対し、カップリング曲の”911/Mr. Lonely ”は、フランク・オーシャンとスティーヴ・レイシーがゲストで参加。バック・コーラスにはスクール・ボーイQやジャスパー・ドルフィンも加わるなど、オッド・フューチャー色の強い作品。前半部分の”911”は、多くのヒップホップ作品にサンプリングされてきたギャップ・バンドの”Outstanding”を使用したミディアム・ナンバーで、シンセサイザーの音色を効果的に使いながら、ビートの音圧を落としたトラックを用意することで、ロマンティックな曲に仕上げている。流れるように言葉を繋ぐ、歌うようなラップも、メロウなビートと合っている。また、後半の”Mr. Lonely”は90年代のジャーメイン・デュプリを連想させる、躍動感溢れるチキチキ・サウンドが格好良い曲。前半との流麗なトラックとのギャップもあり、強烈なインパクトを感じさせる。

また、もう一つのシングル曲”Boredom”は電子音楽畑のシンガー、レックス・オレンジ・カントリーとアンナ・オブ・ザ・ノースを招いた曲。電子楽器を多用しつつ、往年のソウル・シンガーの作品を彷彿させる、生演奏っぽいアレンジのトラックを作ることで、斬新さと親しみやすさを両立している。フィーチャリング・シンガー達の繊細な歌声が、太く荒々しいタイラーのラップを際立たせている点も見逃せない。

今回のアルバムは、彼にとってメジャー・デビュー作品だが、リスナーの目を意識したポップス志向や、豪華なゲストを集結させることもなく、あくまでもマイペースに、自身の音楽を貫いているように見える。既に、ソロ活動やプロデューサー、クルーの中心人物として多くの実績を上げてきた自信もあるのだろうが、フランク・オーシャンやジ・インターネット、そのメンバーであるシド(ただし、彼女はソロ・デビューの時点でクルーを離れている)やマット・マーシャンズが次々と成功を収めるなど、彼らのサウンドが注目を集めていることを踏まえて、敢えて自身の作風を貫いているようにも映る。

彼に先駆けてメジャー・デビューを果たした、クルーの面々にも負けず劣らずの先鋭的かつ緻密な作品。「大物は最後にやってくる」を体現したような、充実した内容と安定感が魅力の傑作だ。

Producer
Tyler, The Creator

‎ Track List
1. Foreword feat. Rex Orange County
2. Where This Flower Blooms feat. Frank Ocean
3. Sometimes...
4. See You Again feat. Kali Uchis
5. Who Dat Boy? feat. ASAP Rocky
6. Pothole feat. Jaden Smith
7. Garden Shed feat. Estelle
8. Boredom feat. Rex Orange County and Anna of the North
9. I Ain't Got Time!
10. 911 / Mr. Lonely feat. Frank Ocean and Steve Lacy
11. Dropping Seeds feat. Lil Wayne
12. November
13. Glitter
14. Enjoy Right Now Today






記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ