ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

2017

Denai Moore - We Used To Bloom [2017 Because Music]

2013年に4曲入りのEP『Saudade』でレコード・デビュー。翌年にはイギリス出身の音楽プロデューサー、Sbtrktのアルバム『Wonder Where We Land』に収録された”The Light”に客演したことで注目を集め、2016年にはアメリカのソウル・ミュージシャン、クリスチャン・アンドリュー・ベリシャージによるユニットJMSNのアルバム『It Is.』に収められている”Fantasize”に客演したことも話題になった、ジャマイカ生まれロンドン育ちのシンガー・ソングライター、デナイ・ムーア。

2014年に初のフル・アルバム『Elsewhere』をリリースしている彼女にとって、3年ぶり2枚目のアルバムが本作。前作同様、収録曲のほぼ全てで彼女がペンを執った意欲作になっている。

本作に先駆けて公開された”Trickle”は、ドラムの音圧を抑え、シンセサイザーを中心に据えた伴奏の上で、訥々と歌い上げる姿が印象的なミディアム・ナンバー。使っている音色こそ違うが、シャーデーやインディア・アリーにも通じる、さわやかなメロディが光る佳曲だ。

これに対し、”Leave It Up To You”は、電子音を強調したトラックと、繊細なヴォーカルのコンビネーションが魅力的なミディアム・ナンバー。電子音楽とソウル・ミュージックを融合させた作品といえば、サンファケイトラナダを思い出すが、彼らの楽曲と比べると音数は少なくシンプルで、ヴォーカルを丁寧に聴かせている。電子音楽のエッセンスを巧みに取り込んで、先鋭的なサウンドとシンプルだが味わい深いメロディを両立した、面白いソウル・ミュージックだ。

そして、”Does It Get Easier?”はシンセサイザーを駆使した幻想的なサウンドと、彼女の透き通った歌声の組み合わせが心地よいミディアム・ナンバー。シンセサイザーを駆使して、涼しげな雰囲気のR&Bにまとめ上げたこの曲は、シザシドの作品にも少し似ている。R&Bやヒップホップが好きな人は、この曲から聴いてほしい。アメリカのR&Bを意識しつつ、彼女の持ち味を活かした楽曲に落とし込んでいる。

そして、本作の収録曲では唯一、フィーチャリング・アーティストを起用した”All The Way”はロンドン生まれのシンガー・ソングライター、クワブスを起用したスロー・ナンバー。シンセサイザーを多用した重厚で荘厳なサウンドの上で、細くしなやかな歌声を響かせるデナイと、ジェラルド・レバートを彷彿させる、太く柔らかいヴォーカルを披露するクワブスのコンビネーションが光っている。クワブスのグラマラスなヴォーカルが、デナイの繊細な声の魅力を引き出しつつ、楽曲にソウルフルな雰囲気を与えている。

彼女の音楽の面白いところは、ソウル・ミュージックやR&Bをベースにしつつ、ロックや電子音楽の手法を取り入れ、聴きやすさと斬新さを両立している点だと思う。その手法はR&Bやヒップホップを軸に、色々な音楽を取り込んで、独自の音楽を構築するインターネットに通じるものがある。

R&Bの可能性を切り開いた、新鮮さと普遍性を両立したアルバム。マックスウェルアリシア・キーズのように、幅広い年代の人々から長気に渡って親しまれそうな、味わい深い音楽だ。

Track List
1. Let It Happen
2. Desolately Devoted
3. Trickle
4. Twilight
5. Do They Care?
6. Leave It Up To You
7. Bring You Shame
8. Does It Get Easier?
9. Poor Person
10. All The Way feat. Kwabs





We Used to Bloom
Denai Moore
Because Music / Sire
2017-06-23

October London - Not Your Average Album [2017 October London, Cadillacc Music]

2016年に、スヌープ・ドッグのアルバムに起用されたことで注目を集め、同じ年に配信限定でリリースしたデビュー作『Color Blind: Love』が、往年のソウル・ミュージックと現代のR&Bを融合した作風で高く評価された、インディアナ州出身のシンガー・ソングライター、オクトーバー・ロンドンことジャレッド・サミュエル・アースキン。

2017年に入っても、彼の勢いは止まらず。スヌープ・ドッグのアルバム『Never Left』にシンガーとして参加する一方で、自身の名義でも4月に2枚目のEP『Color Blind: Hate & Happiness』を発表。精力的に活動している。

本作は、前作から僅か2か月という短い間隔で発売された、彼にとって初のフル・アルバム。1曲を除いてすべての曲をセルフ・プロデュース。収録曲のほぼすべてを自身の手で書いたもので、これまでの作品同様、新旧のブラック・ミュージックの美味しいところを凝集した、魅力的なヴォーカル作品に仕上がっている。

アルバムのオープニングを飾る”Late Nights”は、重いビートを軸にした泥臭いトラックと、哀愁を帯びた歌声が印象的なミディアム・ナンバー。ヒップホップのビートと荒々しいヴォーカルの組み合わせは、アンソニー・ハミルトンやライフ・ジェニングにも似ているが、彼の歌声の方がスマートで色っぽい。ソウル・ミュージックとR&B、両方に造詣の深い彼らしい作品だ。

これに対し、”Air to Traffic Control”は、ギターの演奏を強調したトラックをバックに、時に荒々しく、時にじっくりと歌う姿が印象的なミディアム・ナンバー。ギターの伴奏に乗せて、次々と言葉を放っていく彼の存在感は、”Like A Rolling Stone”を歌っていたころのボブ・ディランにも通じるものがある。彼の歌手としてのポテンシャルの高さを再確認させてくれる佳曲だ。

また、本作で唯一、外部のプロデューサーを起用した”Burnin'”は、トラップとフォーク・ソングのエッセンスを混ぜ合わせたミディアム・ナンバー。L.A.リードとペブルスの息子であるアーロン・リードが手掛けたトラックは、ソウル・ミュージックの武骨さとR&Bの洗練された雰囲気が同居した不思議なもの。ファルセットを多用して、アッシャーウィークエンドのような、色っぽさと聴きやすさを同居させたヴォーカル・アレンジも光っている。新しいサウンドを取り入れつつ、それをソウル・ミュージックと融合させる二人の技術が光る曲だ。

そして、本作の最後を締める”Im Winning”は、彼の作品では異色の本格的なヒップホップ・ナンバー。ミーゴスやリル・ヨッティのアルバムに入っていそうな、本格的なトラップ・ビートをバックに、ワイルドなラップを聴かせている。曲に応じてラップと歌を使い分けるアーティストといえば、ドレイクパーティネクストドアなどがいるが、彼のラップはドレイクに近い、歌とラップで違う声を使い分けたものだ。ラッパーとしての実力は成長途中だが、今後の進化を期待させるものだ。

今回のアルバムでは、スヌープ・ドッグこそ不参加だが、過去の2作品の路線を引き継ぎつつ、外部のクリエイターを招いて新しいスタイルに挑戦するなど、野心的な姿を見せている。しかし、知名度が高まり、色々なアーティストとコラボレーションをする機会を得ても、「往年のソウル・ミュージックと現代のR&Bを融合した作風」という彼の持ち味がブレていない点は素晴らしい。この、確固とした軸と、柔軟に新しいものを取り入れる感性の鋭さが、彼の音楽を魅力的にしていると思う。

新しいサウンドを貪欲に取り入れながら、往年のソウル・シンガーのように、じっくりと歌を聴かせてくれる希少な作品。ヴィンテージ・サウンドと流行の音が相反するものではなく、一つの作品に同居できることを証明してくれた希少な作品。CDやアナログ盤で発売してくれないかなー。

Producer
October Londonm, Aaron Lead

Track List
1. Late Nights
2. Drunk Irish Love
3. Air to Traffic Control
4. Oh Jackie
5. Im a Dog
6. Burnin'
7. Dancing With the Devil
8. Like a Bullet
9. We Can Change
10. Im Winning





Not Your Average Album [Explicit]
October London/Cadillacc Music
2017-06-07

Karriem Riggins - Headnod Suite [2017 Stones Throw]

90年代にコモンやジェイ・ディラといった、多くの人気ヒップホップ・ミュージシャンの作品を手掛けたことで名を上げ、近年はエリカ・バドゥやカニエ・ウエストなどの作品にも起用されている、ミシガン州デトロイト出身のドラマー兼プロデューサー、カリーム・リギンス。

そんな彼は、演奏者としてもオスカー・ピーターソンやダイアナ・クラールの作品に参加するなど、多くの実績を残していることで知られている。2016年には、カナダ出身のクリエイター、ケイトラナダのアルバム『99.9%』に収録されている”Bus Ride”にフィーチャーされたことも記憶に新しい。

本作は、そんな彼にとって、2012年の『Alone Together』以来となる通算2枚目のオリジナル・アルバム。前作同様、ヒップホップの制作手法とドラムの演奏を組み合わせた、彼らしい作品になっている。

アルバムの実質的な1曲目である”Other Side of the Track”は、ジュニー・モリソンの”Spirit”をサンプリングしたミディアム・ナンバー。DJシャドウとカット・ケミストのツアーでプレイされたことも話題になった”A Whole Lot Of Love”(原曲はレッド・ツェッペリン、シャドウ達はデニス・コフィーのカヴァー・ヴァージョンをプレイ)を彷彿させる、荒々しいギターのサウンドが格好良い楽曲。”Spirit”からサンプリングされたキーボードの音色が、刺々しい雰囲気のトラックをマイルドにしている。

これに対し、同じ”Spirit”をサンプリングしながら、”Other Side of the Track”全く違う雰囲気を醸し出しているのが、デトロイト出身の詩人、ジェシカ・ケア・ムーアをフィーチャーした”Suite Poetry”だ。キーボードの音色をサンプリングした前者に対し、こちらはピアノの演奏を中心に引用。ニッキ・ジョヴァンニを連想させる透き通った声と、重厚で存在感のある言葉が印象的。同じレコードを使いながら、対極の作品を生み出せる彼のスキルとセンスが光る曲だ。

また、ロックやソウルをサンプリングした本作では異色の、電子音楽を使った曲が”Pay.gio”だ、ジョエル・ヴァンドローゲンブロエックが81年に発表した”Computer Groove”を引用したこの曲は、80年代の電子音楽で多用されていたアナログ・シンセサイザーの音色を効果的に使った近未来的な雰囲気の曲。電子音楽をジャズやソウルと同じように、ヒップホップの素材として分解、再構築する姿は、彼とも縁の深いジェイ・ディラの作風を思い起こさせる。

だが、本作の目玉はなんといっても”Bahia Dreamin’”だろう。彼がプロデュースしたエルザイの”Two 16's”のトラックを組み替えた曲で、原曲の雰囲気を生かしつつ、打楽器などの音を追加したインストゥメンタル作品になっている。中盤以降にジャズのピアノトリオの演奏を挟み込み、混ぜ合わせるセンスは、ヒップホップのプロデューサーとジャズ・ドラマーという、二つの顔を持っている彼の持ち味が発揮された楽曲だ。

今回のアルバムでも、彼のビート・メイカーとしての高いセンスと、豊富な演奏経験が反映された正確無比、かつ躍動感溢れるグルーヴが堪能できる。これだけ確固たる作風を持ちながら、収録された29曲一つ一つに個性を与えられるのは、ヒップホップやR&B、ジャズの世界で、いろいろなスタイルのアーティストと一緒に作品を生み出してきたからだろう。

長いキャリアを通して、多くの音楽を見聞きし、経験してきた彼にしかつくれない、魅力的なインストゥメンタル作品。歌やラップが入っていない音楽は苦手な人、ヒップホップや電子音楽のようなコンピュータを使った音楽が苦手な人にこそ、ぜひ聞いてほしい。トラックメイカーの奥深い世界の一端を垣間見れると思う。

Producer
Karriem Riggins

Track List
1. Suite Intro
2. Other Side of the Track
3. Yes Yes Y’all
4. Invasion
5. Trombone Love
6. Crystal Stairs
7. Sista Misses
8. Detroit Funk
9. Oddness
10. Tandoor Heat
11. Chop Chop
12. My Reflection
13. Dirty Drum Warm Up
14. Pay.gio
15. Suite Poetry feat. Jessica Care Moore
16. 4Es’J
17. Joy and Peace
18. Cheap Suite 1
19. Cheap Suite 2
20. Cheap Suite 3
21. Cheap Suite 4
22. Never Come Close
23. Re-doze
24. Bahia Dreamin’
25. Cheap Suite 5
26. Cia
27. Keep It On
28. Fluture
29. Suite Outro – Hodge, Poyser, Riggins





Headnod Suite
Karriem Riggins
Stones Throw
2017-02-24

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ