ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

2017

Steve Aoki - Steve Aoki Presents Kolony [2017 Ultra Records, Sony]

2010年代以降、クラブ・ミュージックの主役になりつつあるEDM。ディプロやカルヴィン・ハリスのようなDJやクリエイターは、ウィル・アイ・アムやリアーナといったヒップホップ、R&B畑のミュージシャンを巻き込むことで、お茶の間にも進出。オーディオ機器のアイコンとして採用されるなど、クラブとは縁遠い人々の間も知られる存在となった。

スティーヴ・アオキも、このムーブメントを代表するクリエイターの一人。フロリダ州のマイアミに生まれ、カリフォルニア州のニューポートで育った彼は、ロッキー青木の名前でプロレスラーとして活躍し、のちに鉄板焼きレストラン「ベニハナ」を創業した青木廣彰を父に持つ日系人。大学生のころから、音楽活動をしていた彼は、96年に自身のレーベルを設立。アクロバティックなDJとキャッチーな作風で人気を集めてきた。

そんな彼は、2010年にウィル・アイ・アムとのコラボレーション曲”I'm in the House”を発表すると、イギリスのシングル・チャートにランクイン。2012年には初のアルバム『Wonderland』をリリース。LMFAOやリル・ジョンを招いた本作は、エレクトロ・ミュージックのアルバムとしては異例の全米アルバム・チャート入りを果たした。

その後も、DJやレコーディングを精力的にこなした彼は、現在では世界で五指に入る人気DJと称されるまでになった。

このアルバムは、2015年の『Neon Future』以来となる、通算4枚目のフル・アルバム。前作同様、多くのラッパーを招いた、ヒップホップ色の強い作品になっている。

本作の収録曲で最初に目を引いたのは、オランダを拠点に活動するDJチーム、イエロー・クロウとのコラボレーション・シングル”Lit”。オートチューンを使ったT-ペインのヴォーカルと、グッチ・メインの重いラップが格好良い作品。シンセサイザーを刺々しいビートと、T-ペインのロボット・ヴォイスがうまく噛み合った良作だ。

また、カナダのDJユニット、DVBBSやジョージア州出身のラッパー、2チェインズが参加した”Without You”は、サイレンのような音色が印象的なビートをバックに、泥臭いラップを聴かせる2チェインズの存在が光っている。2チェインズの作品同様、シンセサイザーを駆使したトラップ寄りの楽曲だが、エレクトロ・ミュージックの世界で育った面々がトラックを作ると、よりキャッチーで躍動感のあるものに聞こえるから不思議だ。

また、ミーゴスとリル・ヨッティをフィーチャーした”Night Call”は、本作の収録曲でも特にヒップホップ寄りの作品。チキチキという高音と、唸るような低音の組み合わせが心地よいビートに乗って軽妙なラップを聴かせている佳曲。リル・ヨッティやミーゴスのアルバムに入っていそうな作品だが、細かいところに工夫を凝らして、差別化を図っている点は流石の一言。

そして、バッド・ボーイに多くの作品を残しているメイスを招いた”$4,000,000”は、スティーヴ・アオキと同じ西海岸発のEDMユニット、バッド・ロイヤルが制作に携わり、ビッグ・ギガンティックのサックスやドラムの演奏を盛り込んだ作品。昔のソウル・ミュージックをサンプリングしたサウンドで一世を風靡したバッド・ボーイの音楽を彷彿させる部分と、EDMの手法を混ぜ合わせたトラックが新鮮に映る。

今回のアルバムは、彼の前作やディプロやカルヴィン・ハリスの近作同様、ヒップホップやR&Bのトレンドをエレクトロ・ミュージックに取り入れたものだ。その中でも、彼の音楽はEDMの高揚感とヒップホップの奇抜さを丁寧に取り入れたサウンドが印象的、EDM畑のクリエイターは、変則的なビートにも対応できる、アメリカ南部出身のラッパーや、海外のミュージシャンとコラボレーションが多いが、彼もその流れを踏襲している。

本格的なクラブ・ミュージックでありながら、自宅や通勤、通学中の鑑賞にも耐えうる良質なポップス作品。エレクトロ・ミュージックを聴いたことがない人にこそ、手に取ってほしいアルバムだ。

Producer
Steve Aoki, Yellow Claw, DVBBS, Bad Royale, Ricky Remedy

Track List
1. Kolony Anthem feat. Bok Nero, ILoveMakonnen
2. Lit feat. Gucci Mane, T-Pain
3. Without You feat. 2 Chainz
4. How Else feat. ILoveMakonnen, Rich The Kid
5. Been Ballin feat. Lil Uzi Vert
6. Night Call feat. Lil Yachty, Migos
7. $4,000,000 feat. Big Gigantic, Ma$e
8. If I Told You That I Love You feat. Wale
9. No Time feat. Jimmy October
10. Thank You Very Much feat. Sonny Digital







Bobby - Love and Fall [2017 YG Entertainment]

2015年にデビュー・シングル”My Type”を発表すると、韓国のシングル・チャートで1位を獲得。同年の新人賞を総なめにするなど、一気に人気グループの仲間入りを果たしたYGエンターテイメント発のボーイズ・グループ、アイコン。

ボビー(韓国ではバビと発音するらしい)こと、キム・ジウォンは、同グループの核となるラップ担当。ソウルの生まれだが、両親の仕事の関係でヴァージニア州のフェアファクスで育った彼は、16歳の時に現在の事務所のオーディションを受け、契約を結ぶ。

そんな彼は、2011年に現在のメンバーとグループを結成するも、デビューを賭けたオーディション企画で敗北。デビューは延期となる。その後、彼は、プロとアマチュアが真剣勝負を披露することで人気のラップ・バトル番組『Show Me The Money』に参加。同僚のB.I.を含む多くのラッパーを押しのけて優勝する一方、2014年にはエピック・ハイのシングル”Born Hater”に客演。ベテランのラッパーや、彼らに先駆けてデビューしたウィナーのミノとともに「自分を嫌う奴らへのメッセージ」というテーマのラップを披露。デビュー前ながら鮮烈な印象を残した。

この作品は、アイコンのメンバーでは初めてとなるソロ・アルバム。セオ・タジ&ザ・ボーイズで、韓国のお茶の間にR&Bを広めたYGエンターテイメントのCEO、ヤン・ヒュンソクが陣頭指揮を執り、ビッグバンのG-ドラゴンSOLの作品にも携わっているチョイス37や、グループが2017年に発表した”Bling Bling”を手掛けているミレニアムが制作を担当。ボビー自身も全ての曲でペンを執った力作になっている。

アルバムの1曲目は、本作からの先行シングル”I Love You”は、ウィナーの”Really Really”などを手掛けているカン・ウ・ジンがプロデュース。ウィズ・キッドワーレイの作品を思い起こさせる、アフロ・ビートを取り入れた爽やかなトラックが心地よい作品。硬い声質のテナー・ヴォイスを聴かせるサビから、荒々しいラップへと繋ぐボビーのヴォーカルもいい味を出している。ボビーの持ち味である、ワイルドなパフォーマンスを活かしつつ、ポップにまとめた良作だ。

続く”Runaway”は、チョイス37が制作に参加。ゆったりとしたテンポのビートの上で、攻撃的なラップとレイド・バックした歌を披露する姿が印象的な作品だ。のんびりとしたムードはビッグ・バンの”Looser”にも似ているし、ラップとヴォーカルを使い分けて雰囲気を切り替える手法は、同グループの”Fxxk It”に通じるものがある。歌とラップ、両方をこなせる彼の長所が遺憾なく発揮された佳作だ。

だが、本作のハイライトは、なんといってもミノを招いた”UP”だろう。チョイス37が提供したトラックは、ミーゴスや2チェインズを彷彿させる、シンセサイザーを多用した重々しい雰囲気のトラップ・ビート。その上で、ドスの効いたバリトン・ヴォイスが格好良いミノと、鋭利な刃物のようなテナー・ヴォイスが魅力のボビーが、熾烈なラップ・バトルを繰り広げている。若者に人気のボーイズ・グループに所属しながら、本職のラッパー顔負けのハードなパフォーマンスを披露する二人の姿が聴きどころだ。

それ以外の曲では、ミレニアムがプロデュースした”Swim”も捨て難い曲だ。アッシャークリス・ブラウンを彷彿させる、トラップやバウンズ・ビートの要素を取り入れたトラックに乗って、熱い歌声と高速ラップを披露したミディアム・ナンバー。アメリカのシンガーであればゲスト・ミュージシャンを招いて録音するような曲だが、歌とラップ、両方をこなせる彼は一人で歌い切っている。ラッパーでありながら、ヴォーカルを担当することも多い、彼の持ち味を活かした作品だ。

彼の音楽の魅力は、アメリカのトレンドを丁寧に取り込みつつ、きちんと自分の個性を盛り込んでいるところだと思う。YGエンターテイメントといえば、ディプロやミッシー・エリオットとコラボレーション作品を録音しているG-ドラゴン、スヌープ・ドッグをフィーチャーした曲をリリースしたPSY、アメリカを拠点に活躍し、ブラック・アイド・ピーズとの共演も記憶に新しいCLや、ガラントと組んだ”Cave Me In”も記憶に新しいエピック・ハイのタブロなど、韓国の芸能事務所の中でも、特に欧米の音楽に傾倒していることで有名だ。彼の作品は、その強靭な声質を活かして、先達の路線を踏襲しつつ、トラップなどのアメリカで流行っているサウンドを、アジア人向けに咀嚼することなく、本場の音に近い形で取り込んでいる点が特徴的だ。”Born Hater”で見せた新人離れしたハードなラップのような「本場に負けないヒップホップ」と、人気ボーイズ・グループで培った「本格的なR&B」を一人で両立できることが、彼の良さだと思う。

事務所の偉大な先輩であるG-ドラゴンとは異なるアプローチで、アメリカのブラック・ミュージックに取り組んだ魅力的な作品。ボーイズ・グループ出身というキャリアの彼にしか作れない、ヒップホップとR&Bが高いレベルで融合した音楽だと思う。

Producer
Yang Hyun-suk, Bobby, Choice37, Diggy, Kang Uk-jin

Track List
1. I Love You
2. Runaway
3. I Love You -KR Ver.-
4. Runaway -KR Ver.-
5. Alien -KR Ver.-
6. Tendae -KR Ver.-
7. UP feat. Mino -KR Ver.-
8. SECRET feat. Dk, Katie -KR Ver.-
9. IN Love -KR Ver.-
10. Swim -KR Ver.-
11. Firework -KR Ver.-
12. Lean on Me -KR Ver.-





LOVE AND FALL(DVD)(スマプラ対応)
BOBBY (from iKON)
YGEX
2017-11-29

XL Middleton - Things Are Happening [2017 Mofunk Records]

プロデューサーやソングライターとして活動する一方、自身の名義でも多くの作品を残している、カリフォルニア州パサデナ出身のミュージシャン、XLミドルトン。

地元の友人と結成したラップ・グループ、クラウン・シティ・キングスからキャリアをスタートした彼は、2003年にエクストラ・ラージの名義で、アルバム『...aka Matthew Middleton』を発表してソロに転向。以後、80年代のディスコ・ミュージックを彷彿させる、アナログ・シンセサイザーを多用したダンス・サウンドで徐々にファンを広げ、オーケイ・プレイヤーズのような音楽メディアのみでなく、ワシントン・ポストやLAウィークリーのような一般メディアにも取り上げられるようになる。また、自身のレーベル、モー・ファンクを設立すると、女性シンガーのモニーカなどのレコードを配給。魅力的なディスコ音楽のレコードを発表するレーベルとして、日本でも知られるようになった。

今回のアルバムは、自身名義の録音としては1年ぶり15枚目となる作品。すべての曲で、彼自身がプロデュースと演奏、ヴォーカルを担当。ゲストには、2017年にモー・ファンクから発表した『Blackwavefunk』も記憶に新しいモニーカなどが参加。シンセサイザーのクールな音色を生かしたクールなダンス・ミュージックを聴かせている。

アルバムの1曲目は、リック・ジェイムスを思い起こさせる鋭いサウンドが格好良い”Never Have Too Many Freaks”。きらびやかなキーボードの音色と、精密なビートが光る伴奏をバックに歌う、彼の姿が印象的なダンス・ナンバーだ。ドライブの時に聴いたら気持ちよさそうな、疾走感が魅力的だ。

これに続く”Never Have Too Many Freaks”は、ハンドクラップの乱れ打ちのインパクトが強いイントロから、スタイリッシュな演奏へとつながる展開が面白いアップ・ナンバー。荒っぽいヴォーカルと洗練されたサウンドのコンビネーションがかっこいい。80年代に数多く見られた、強烈なインパクトと洗練された演奏を両立したディスコ音楽を連想させる良曲だ。

また、アリゾナ州タクソン出身のシンガー・ソングライター、ザッキー・フォース・ファンクを招いた ”Paradise Of Pavement”は、ブリブリと唸るようなベースの音が光るダンス・ナンバー。メイン・ヴォーカルを担当するザッキーの荒々しいテナー・ヴォイスと、絶妙なタイミングで合いの手を入れるXLのコンビネーションが素敵な佳曲だ。ボコーダーを使って、曲にメリハリをつけている点も見逃せない。彼同様、80年代のディスコ音楽を取り入れた作風で大ブレイクした、ディム・ファンクの音楽にも少し似た曲だ。

そして、モニーカをフィーチャーした”Better Friend”は、彼女のアルバムに入っていそうな、シックで上品な雰囲気の作品。低音を強調した伴奏をバックに、淡々と歌うXLが魅力の佳作。軽妙な掛け合いを聴かせるモニーカのヴォーカルが、曲に軽妙な雰囲気を与えている。実際に彼らのライブを観てみたいと思わせる、不思議な魅力のある曲だ。

西海岸を拠点に、80年代のディスコ・ミュージックからインスピレーションを得た音楽を作るミュージシャンというと、ディム・ファンクのことを思い出すが、古い楽器の音色を強調して、往年のサウンドを取り入れようとしたディム・ファンクに対し、彼の音楽は当時の音楽が持つ近未来的な雰囲気を現代の音楽に組み入れようとしているように映る。だからこそ、彼の音楽は懐かしさと新鮮さが同居した、斬新だけど親しみやすい作品になっているのだと思う。

ヨーロッパや日本でも根強い人気のディスコ・ミュージック。その魅力を、本場アメリカの人間が、現代のポピュラー音楽の主役であるヒップホップと融合することで、21世紀に蘇らせた面白い作品。当時の音楽を知る人には解釈の斬新さを、当時の音楽を知らない人にはサウンドの新鮮さを楽しんでほしい良作だ。

Producer
XL Middleton

Track List
1. Never Have Too Many Freaks
2. Look Who's Talkin'
3. Ice Level
4. Purple Sheets
5. Paradise Of Pavement feat. Zackey Force Funk
6. Better Friend feat. Moniquea
7. Prelude To The Invasion
8. Enjoy The Ride
9. Gotta Let You Go
10. They Don't Wanna Leave Me





THINGS ARE HAPPENING (CD)
XL MIDDLETON
MOFUNK RECORDS
2017-10-06

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ