ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

2017

Mr Jukes - God First [2017 Island]

2005年に結成。2009年に初のアルバム『I Had the Blues But I Shook Them Loose』でメジャー・デビューを果たした、イギリスのロンドン発の4人組ロック・バンド、ボンベイ・バイシクル・クラブ。

ロックやフォーク・ミュージックをベースに、エレクトロ・ミュージックや色々な国の音楽を混ぜ合わせた個性的な作風で注目を集めた彼らは、その後も多くのステージを経験し、コンスタントに新作を発表。2017年までに4枚のアルバムと複数のシングルをリリースし、うち3枚を全英アルバム・チャートの10位以内に送り込み、2014年の『So Long, See You Tomorrow』は同チャートの1位を獲得している。

このバンドでヴォーカルやギターの他、楽曲制作も担当しているのが、ジャック・ステッドマン。フォーク・ミュージックやエレクトロ・ミュージックだけでなく、ジャズやソウル・ミュージックにも造詣の深い彼が新たに立ち上げた音楽プロジェクトが、このミスター・ジュークスだ。

ブラック・ミュージックを含め、幅広い音楽に慣れ親しんできた彼が手掛ける楽曲には、2017年のグラミー賞で複数の部門にノミネートしたことも記憶に新しいBJザ・シカゴ・キッドや、ダップトーン一派の作品で有名なチャールズ・ブラッドリー、多くの作品をヒット・チャートの上位に送り込み、数多くの音楽賞を獲得してきたレイラ・ハザウェイなど、多くのゲスト・ミュージシャンが参加。イギリスのロック・シーンで成功を収めた彼のフィルターを通した、独特のソウル・ミュージックを披露している。

アルバムを再生して最初に目につくのは、BJザ・シカゴ・キッドをフィーチャーしたシングル”Angels / Your Love”だ。アーチー・シェップを思い起こさせる、渋い音色のサックスの演奏で幕を開けるこの曲は、三拍子のビートや子供の声のコーラスを絡めた演奏が不思議な雰囲気を醸し出す曲。色々な拍子のリズムを使い、コーラスを混ぜ込んだ作風はアーチー・シェップのアルバム『Attica Blues』にも似ている。中盤から登場する、マーヴィン・ゲイを連想させるBJの艶めかしいファルセットも格好良い。

これ以外の曲では、チャールズ・ブラッドリーをゲストに呼んだ”Grant Green”も面白い。ブルー・ノート・レコードに多くのヒット作を残しているギタリスト、グラント・グリーンによるジェイムズ・ブラウンの同名曲のカヴァー”Ain't It Funky Now”をサンプリングしたファンキーなアップ・ナンバーは、元ネタになったジェイムズ・ブラウンを彷彿させる、汗と熱気が飛び交うチャールズのダイナミックなパフォーマンスが格好良い曲。グラント・グリーンのヴァージョンを下敷きにした、スマートで洗練されたトラックのおかげで、ワイルドで力強いジェイムズのヴァージョンとは一味違う、スタイリッシュな演奏になっている。

また、ジャマイカのキングストン出身のホレス・アンディと、アメリカのニューヨーク出身のラップ・グループ、デ・ラ・ソウルを招いた”Leap of Faith”は、ドラムの乱れ打ちと、華やかな伴奏が格好良い、ヒップホップ色の強い曲。絹のように滑らかなファルセットを響かせるホレスのヴォーカルと、デ・ラ・ソウルの軽妙なラップのコンビネーションが魅力の、明るくゆったりとした雰囲気のミディアム・ナンバーだ。ヒップホップのビートやラヴァーズ・レゲエのヴォーカルを取り入れつつ、優雅なソウル・ナンバーに落とし込むセンスが面白い曲だ。

そして、レイラ・ハザウェイを起用した”From Golden Stars Comes Silver Dew”は、彼女の作品を思い起こさせるしなやかなメロディと、ヒップホップのトラックを組み合わせた、奇抜な作品。レコードから抜き出したような温かい音色のビートを使った、緩やかなビートと、しなやかな歌声の組み合わせが心地よいミディアム・ナンバーだ。レイラの父、ダニー・ハザウェイを連想させる力強く、洗練された歌声と、90年代以降のブラックミュージックに欠かせないものとなったヒップホップを組み合わせた発想が光っている。

今回のアルバムは、既に確固たる地位を確立している実力派シンガーを揃え、マーク・ロンソンやダフト・パンクの成功で、欧米を中心に再び注目を往年のソウル・ミュージックの雰囲気を現代に蘇らせた意欲作だと思う。しかし、彼の面白いところは、シンセサイザーやサンプラーなどの新しい楽器を取り入れつつ、それを使って、昔の音楽の雰囲気を演出しているところだろう。クラブミュージック畑出身のダフト・パンクやマーク・ロンソンに比べ、イギリスのロック・バンド出身という、アメリカの黒人音楽とは適度に距離を置ける立場にいること、ボビー・ウーマックをプロデュースしたデーモン・アルバーンのように、斬新な作品に拘らなくてもよい位置にいることが、斬新さと懐かしさ、現代的なサウンドとソウル・ミュージックのバランスを適度に取れた、絶妙な立ち位置に、彼の作品を落とし込んでいるのかもしれない。

ヒップホップ畑出身のメイヤー・ホーソンとは一味異なる、ロック畑出身のジャックの持ち味が発揮された、懐かしいようで新しいソウル作品。現代もブラック・ミュージックに多くの影響を与え続ける、ソウル・ミュージックの醍醐味を若者向けに咀嚼した、「初めての1枚」に最適の佳作だ。

Producer
Jack Steadman

Track List
1. Typhoon
2. Angels / Your Love feat. BJ The Chicago Kid
3. Ruby
4. Somebody New feat. Elli Ingram
5. Grant Green feat. Charles Bradley
6. Leap of Faith feat. De La Soul & Horace Andy
7. From Golden Stars Comes Silver Dew feat. Lalah Hathaway
8. Magic
9. Tears feat. Alexandria
10. When Your Lights Go Out feat. Lianne La Havas





GOD FIRST / LTD.DIGIPA
MR JUKES
ISLAN
2017-07-14

Taylor Girlz - Who Are Those Girlz!? EP [2017 RCA]

アトランタ出身のデイシャ、タイ、タイニーのテイラー姉妹によるヒップホップ・グループ、テイラー・ガールズ。父親がラップをする姿を見て、ヒップホップに興味を持ったデイシャとタイは、自分達もラップに取り組むようになる。そして、腕を磨いた彼女達は、2013年にタイニーをダンサーとして加えた3人組のガールズ・グループとして活動を開始する。

2016年に配信限定のシングル”Watch Me”で表舞台に登場すると、TLCを思い起こさせるエネルギッシュなパフォーマンスとキュートな歌声で、耳の早い音楽ファンの注目を集めた。その後も、シングル”Wedgie”のミュージック・ビデオが、動画投稿サイトで1300万回以上再生されるスマッシュ・ヒットになるなど、ヒット曲を次々と発表し、一気に人気ミュージシャンの仲間入りを果たした。

本作は、そんな彼女達にとって初のEP。配信限定の作品なので、プロデューサー等は不明だが、既発曲同様、トラップやバウンズ・ビートを積極的に取り入れた、アトランタのグループらしい作品になっている。

アルバムのオープニングを飾る”Bang”は2000年代初頭にジャーメイン・デュプリが制作したような、太いベースとチキチキというシンバルの音が印象的なミディアム・ナンバー。重い音色のベースと、シンバルを核にしたシンプルなトラックは、色々な音色のシンセサイザーが多用される2017年に聴くと新鮮に映る。レフトアイを彷彿させる、キュートで弾けるような声のラップが跳ねるようなビートと上手く一体化している点も面白い。

彼女達の姉妹であるトリニティが参加した先行シングル”Steal Her Man”は、サイレンのような音色などを組み合わせたトラップ・ビートが格好良い曲。喉を振り絞って声を出すトリニティのラップが、楽曲のアクセントになっている。

また、本作でも特にインパクトの強い曲が、トリニティの激しいラップが印象的なヒット曲”Wedgie”だ。同郷の人気グループ、ミーゴスの作品を連想させるミステリアスな雰囲気のトラップに乗せて、荒々しいパフォーマンスを響かせるミディアム・ナンバー。甲高いシャウトが、変声期前の男の子ラッパーっぽくも聴こえる、不思議な曲だ。

それ以外の曲では、”Boop”の存在感が光っている。ベルの音を使った童謡のようなメロディを使い、ポップで可愛らしい雰囲気に纏め上げたとラックをバックに、キュートな声で言葉を繰り出すポップな作品。最初から最後まで愛らしい声でラップを続ける2人の姿が耳に残る。

彼女らの音楽を聴いて、真っ先に思い浮かんだのはアトランタからガールズ・グループの頂点へと駆け上がったTLCの存在だ。可愛らしい声で、力強いフロウを聴かせるディシャとタイのラップからは、レフトアイの影響が垣間見える。しかし、同時に彼女達はラッパーのみのグループのため、良くも悪くも、楽曲に統一感が出てしまっているのは気になる。実際、TLCのアルバムに比べると、収録曲のバラエティは乏しく、トラップとバウンズ・ビートが中心になってしまっているのは、ラップ・グループという性質を考えれば致し方ない部分もあるが、少し気になる点だろう。

しかし、純粋に女性ラッパー、もしくはラップ・グループの作品として、このアルバムを聴くと、ポップなようでハード、可愛らしいようでたくましい、絶妙なバランスの作品であることに気づかされる。ラップは怖い、とっつきにくい、というイメージを持っている人に聴いてほしい。キャッチーで楽しいアルバムだ。

Track List
1. Bang feat. Taylor Girlz
2. Bougie
3. Steal Her Man feat. Trinity Taylor
4. Wedgie feat. Trinity Taylor
5. Boop
6. Hater






Vic Mensa - The Autobiography [2017 Roc Nation, Captol]

ガーナ出身の父と、ホワイト・アメリカンの母の間に生まれ育った、イリノイ州シカゴ出身ラッパー、ヴィック・メンサことヴィクター・クウェシ・メンサ。

ハイスクール時代に、後にチャンス・ザ・ラッパーとして活躍するチャンセラー・ベネットと知り合い、本格的に音楽に取り組むようになった彼は、2012年に初のミックス・テープ『Traphouse Rock』を発表。2013年には、ゴリラズなどの活動で知られるデーモン・アルバーンの公演でパフォーマンスを披露し、その高いスキルで話題となった。

その後も、ミックス・テープ『Innanetape』などをリリースし、音楽雑誌で気鋭の若手ラッパーとして取り上げられるなど、注目を集めた彼は、2016年にジェイZが率いるロック・ネイションと契約。同年にメジャー・デビュー作となるEP『There's Alot Going On』を発表した。

本作は、同月にリリースされたEP『The Manuscript』から、僅か3週間という短い間隔でリリースされた、初のフル・アルバム。同郷のノーI.D.を中心に、多くの人気プロデューサーを迎え、流行のビートを積極的に取り入れた豪華な作品になっている。

『The Manuscript』にも収録されている”Rollin' Like A Stoner”はロス・アンジェルスを拠点に活動する1500オア・ナッシンとノーI.Dの共同プロデュース作品。シンセサイザーを多用したビートは、チャンス・ザ・ラッパーの音楽にも少し似ている。太く、温かい声質を活かした軽妙なラップも格好良い。

これに対し、ジ・インターネットのシドを招いた”Gorgeous”は、ジェイZの”Girls Girls Girls”にも通じる、スロー・テンポのロマンティックな楽曲。1500オア・ナッシングとノーI.D.が共作したトラックは、シンセサイザーを駆使した近未来的な雰囲気のものだ。しかし、オーティス・レディングやバリー・ホワイトを連想させる太いバリトン・ヴォイスのおかげで、往年のソウル・ミュージックのような温かい雰囲気を醸し出している。シドの透き通った歌声と、ラップの要素を取り入れたヴォーカルも、トラックやヴィックのラップと一体化して面白い。

また、ファレル・ウィリアムスとソウル・ウィリアムス(この二人に血縁関係はない)を起用した本作からのリード・シングル”Wings”は、ファレル・ウィリアムスのプロデュース。ファレルらしい、乾いた音色のキーボードと、ゴムボールのように跳ねるビートを使ったトラックが光るスロー・ナンバー。ゆったりとしたテンポの曲だが、躍動感のあるラップのおかげで、最後まで退屈せずに楽しめる佳曲。後半部分でアップテンポになる展開に意外性を感じる。

そして、タイ・ダラ・サインが参加した”We Could Be Free”は1500オア・ナッシングが制作を担当。ギターの演奏をバックに、繊細な歌声を響かせるタイ・ダラ・サインと、次々と言葉を繰り出すヴィックのラップという、意外性に富んだ組み合わせが面白い作品だ。エド・シーランやジャスティン・ビーバーのアルバムに収められていても不思議ではない、爽やかなポップソングだ。

彼の音楽は、高いスキルに裏打ちされたワイルドなラップと、色々な音楽を研究し、そのエッセンスを取り込んだバラエティ豊かなビートが魅力だと思う。その作風は、ジェイZが『In My Lifetime, Vol. 1』で見せた、幅広い層の心に訴えるバラエティ豊かなサウンドと、ハードなラップの融合を、再現したようにも思える。この、大衆性と奥深さの両立が、彼の音楽の醍醐味だろう。

カニエ・ウエストやトゥイスタ、チャンス・ザ・ラッパーに続き、シカゴ発のヒップホップ・アーティストとして、私たちの耳を長い間、楽しませてくれそうなシンプルで分かりやすい作風と奥深さが魅力の佳作。ヒット曲を欠かさず耳にしている人なら、思わずニヤリとしてしまいそうな、凝った演出を楽しんでほしい。

Producer
No I.D., Vic Mensa, Kosine

Track List
1. Say I Didn't
2. Memories On 47th St.
3. Rollin' Like A Stoner
4. Homewrecker feat. Weezer
5. Gorgeous feat. Syd
6. Heaven On Earth feat. The Dream
7. Card Cracker (Skit)
8. Down For Some Ignorance (Ghetto Lullaby) feat. Chief Keef & Joey Purp
9. Coffee & Cigarettes
10. Wings feat. Pharrell Williams and Saul Williams
11. Heaven On Earth (Reprise)
12. The Fire Next Time
13. We Could Be Free feat. Ty Dolla $ign
14. Rage (Bonus Track)





The Autobiography
Vic Mensa
Roc Nation
2017-07-28

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ