melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

2018

H.E.R. - I Used to Know Her: The Prelude – EP [2018 RCA]

H.E.R.ことガブリエル・ウィルソンは、カリフォルニア州ヴァレーホ出身のシンガー・ソングライター。

出身地や本名、1997年生まれの21歳(本稿執筆時点)であること以外、自身に関する情報を殆ど公表していない彼女。あえて自身の素性を隠すことで、リスナーの関心を自身の音楽に向けさせてきた。

2016年から17年にかけて、2枚のEP『H.E.R. Vol. 1』『H.E.R. Vol. 2』を発表。2017年10月には、2作の収録曲を一枚に纏めた初のスタジオ・アルバム『H.E.R.』をリリース。配信限定の新人の作品ながら、エリカ・バドゥやシドを思い起こさせる、神秘的でモーダルな彼女の歌声と、ロバート・グラスパーやアンドレ・ハリスが制作に携わった楽曲で注目を集めてきた。

本作は、『H.E.R.』から約9か月の間隔で発売された彼女にとって3枚目のEP。制作は過去の作品にも関わっているスワッガー・シリアスらに加え、ドレイクなどのアルバムに参加しているウィリス・レーンや、タイ・ダラ・サインなどの楽曲を作っているD’マイルなどが担当。これまでの録音とは一味違う、新しいスタイルの楽曲に挑戦している。

アルバムの1曲目は、DJスクラッチをフィーチャーした”Lost Souls ”。ローリン・ヒルの名曲”Lost Ones”からインスピレーションを受けたというこの曲は、同曲のフレーズをサンプリングし、ローリンnのように歌とラップを織り交ぜたパフォーマンスを披露したミディアム・ナンバー。”Lost Ones”自体が、シスター・ナンシーが82年に発表したシスター・ナンシーの”Bam Bam”をサンプリングした泥臭いビートの楽曲ということもあり、この曲もDJプレミアやピート・ロックが作りそうな、 90年代のサンプリングを効果的に使ったヒップホップに落とし込まれている。

続く”Against Me”はウィリス・レーンが制作を主導したスロー・ナンバー。シンセサイザーを使った幻想的なサウンドの上で、丁寧に歌い込む彼女の姿が光っている。ドラムの音圧を抑え、低音の伴奏で重厚さを醸し出したトラックは、ドレイクの作品に少し似ている。前作までの彼女の作風を踏襲しつつ、切り口を変えた曲作りが魅力だ。

インターリュードを挟んだ後の”Could've Been”は、デビュー前から何度も共演してきたブライソン・ティラーとのデュエット曲のデュエット曲。エリック・ベリンガートレイ・ソングスの作品も手掛けているD’マイルズが作るトラックは、重いドラムの音を軸にしたしっとりとした雰囲気のもの。他の曲では、尖ったビートを取り入れることが多い両者が、ここでは滑らかな歌声で丁寧な歌を聴かせているのが新鮮だ。

そして、これに続く”Feel a Way”はリアーナアッシャーミゲルなどの楽曲に関わっているフリッパが手掛けた作品。ドレイクの”God’s Plan”を思い起こさせる、リズミカルなシンセサイザーの伴奏が印象的な曲だ。軽快な伴奏を含むトラックを、切ない雰囲気のメロディが魅力のミディアムに取り入れて、楽曲に軽妙な雰囲気を与える演出が面白い。

本作の最後を締めるのは、カリ・ウチスなどの作品を手掛けてきたジェフリー・ギトルマンがプロデュースした”As I Am”。ギターやフィンガー・スナップを用いた、フォーク・ソングっぽい演奏の上で、みずみずしい歌声を響かせるゆったりとした楽曲。透き通った歌声とR&Bのビート、ギターなどのアコースティックな伴奏を組み合わせたスタイルは、インディア・アリーにも少し似ているが、この曲では彼女の持つは少し陰鬱な雰囲気で独自性を打ち出している。

今回のEPは、ごく少数のクリエイターと制作してきたこれまでの作品から一転、色々なR&Bシンガーの曲に関わってきたプロデューサー達を起用し、流行のサウンドを積極的に取り入れたものになっている。しかし、多くのヒット・メイカーを起用しながら、流行の音をそのまま使うのではなく、自分の音楽性に合わせて咀嚼している。この一作品ごとに少しずつスタイルを変えて、リスナーを飽きさせず、次回作への期待を抱かせる手法が、彼女の音楽が注目される一因だと思う。

自身の音楽で勝負してきたH.E.R.の、第二章の幕開けを飾る作品といっても過言ではない、新しいスタイルに挑戦した良作。独創的な作風で周囲を驚かせてきた彼女が、次のステップに踏み出した新境地だ。

Producer
BassmanFoster, Cardiak, Dernst "D'Mile" Emile II, Flippa, Jeff Gitelman, Jeffrey Gitelman, Swagg R'Celious & Wallis Lane

Track List
1. Lost Souls feat. DJ Scratch
2. Against Me
3. Be On My (Interlude)
4. Could've Been feat. Bryson Tiller
5. Feel a Way
6. As I Am






Louis Cole - Time [2018 Brainfeeder]

フライング・ロータスやサンダーキャット、トキモンスタといった鋭い音楽センスと高い制作技術を武器に、音楽業界で独特の存在感を放っているロス・アンジェルスの音楽レーベル、ブレインフィーダー。同レーベルが新たに送り出したのが、ルイス・コールだ。

ロス・アンジェルスを拠点に活動する彼は、ドラムやキーボードなど、複数の楽器を使いこなし、ジャズや映画音楽、ゲーム音楽など、色々な音楽に造詣が深いという異色のクリエイター。2010年頃からジェネビーブ・アルタディとの音楽ユニット、ノーバディーで音楽好きの間で話題になっていた彼は、2017年にはサンダーキャットの『Drunk』に参加。その縁もあって、自身もブレインフィーダーと契約するに至った。

このアルバムは、自主制作で発表した既発曲に、新曲を加えた8年ぶり2枚目のアルバム。全曲を自身がプロデュースする一方、ゲストとしてジェネビーブ・アルタディが参加するなど、豪華なゲストが集結した作品になっている。

アルバムのオープニングを飾る”Weird Part of The Night”は、ニュー・ジャック・スウィングのビートを取り入れたダンス・ナンバー。80年代のコンピューター・ゲームを連想する、ピコピコという電子音とダイナミックなビートの組み合わせが面白い曲だ。先鋭的なサウンドがウリのブレインフィーダーでは珍しい、キャッチーな楽曲だが、随所に尖ったフレーズを盛り込んでいる点が心憎い。

続く”When You're Ugly”はジェネビーブ・アルタディが客演したミディアム・ナンバー。シンセサイザーを使った太いベースの音が印象的なスタイリッシュな伴奏は、オハイオ・プレイヤーズやファットバック・バンドにも似ている。おどろおどろしい雰囲気のルイス・コールのヴォーカルを、爽やかな歌声のジェネビーブが中和している点も面白い。

また、ジャズ・ピアニストのブラッド・メルドーと組んだ”Real Life”は、スレイヴやクリアーのような 80年代のディスコ音楽を思い起こさせるダンス・チューン。曲の随所に刺々しいフレーズを埋め込むことで、洗練されたメロディとアレンジのディスコ音楽と、前衛的な電子音楽を一つに融合している。先鋭的なディスコ・サウンドという難しい曲を上で、エレガントなピアノの演奏を披露するブラッド・メルドーの演奏技術にも注目。タキシードT-グルーヴのような音楽が好きな人ならきっとハマると思う。

そして、 サンダーキャットを招いた”Tunnels in The Air”は、ロックのビートを取り入れたミディアム・ナンバー。複数の電子楽器を組み合わせた、ゆったりとしたテンポの伴奏の上で、朗々と歌う姿は、ゴリラズの音楽に似ている。細かいフレーズの使い方で、新鮮な楽曲を演出する彼の個性が遺憾なく発揮されたアレンジも素晴らしい。

このアルバムの面白いところは、90年代のR&Bのポップなサウンドと、エレクトロ・ミュージックの斬新さを両立しているところだ。ビデオ・ゲームや映画の音楽のような、短いフレーズでその場の雰囲気を変える音楽や、モダン・ジャズのような奔放に見えて緻密に練り込まれた音楽の手法を盛り込む音で、キャッチーなR&Bのビートと、電子音楽の尖ったサウンドを同居させている。この、色々な音楽に慣れ親しんできた彼だから作れる、大胆で柔軟な発想が彼の音楽の聴きどころだろう。

R&B以外の音楽にも馴れ親しんだ彼だから作れた、2018年の感性で解釈された80年代、90年代のR&Bを楽しめる良作。昔のR&Bを愛聴している人にこそ聴いてほしい、懐かしさと新鮮さが同居した稀有なアーティストだ。

Producer
Louis Cole

Track List
1. Weird Part of The Night
2. When You're Ugly feat. Genevieve Artadi
3. Everytime
4. Phone
5. Real Life feat. Brad Mehldau
6. More Love Less Hate
7. Tunnels in The Air feat. Thundercat
8. Last Time You Went Away
9. Freaky Times
10. After The Load is Blown
11. A Little Bit More Time
12. Trying Not To Die feat. Dennis Hamm
13. Things 14. Night 15. They Find You (Bonus Track for Japan)






E-girls - My Way feat. FIRE BALL, MIGHTY CROWN & PKCZ® [2018 Rhythm Zone, avex]

EXILEを筆頭に、三代目J Soul BrothersやGenerations、Rampageなどの個性的なグループを輩出する一方、DOBERMAN INC(現在のDOBERMAN INFINITY)やm-flo、Crystal Kayといった、叩き上げのヒップホップ、R&Bアクトを巻き込んで拡大を続けるLDH。同エージェント初の女性グループがE-girlsだ。

「EXILEのDNAを受け継ぐガールズ・グループ」をコンセプトに結成された彼女達は、ヒップホップに根差したダンスやヴォーカルと、ファッション・モデルとして活躍するメンバーもいる端麗な容姿が強み。2013年に”Celebration!”(Cool & The Gangの同名作品とは別曲)でレコード・デビューすると、2017年までにリリースした4枚のスタジオ・アルバムが、オリコンのアルバム・チャートの1位を獲得し、ゴールド・ディスクに認定されるなど、LDHの看板グループのひとつとして活躍してきた。

本作は、2018年2月の”Pain, pain”以来となる、通算23枚目のシングル。彼女達にとって、初の配信限定作品であり、初のコラボレーション・シングルでもある。このシングルでは、99年のWorld Clash in NYを皮切りに、世界中のサウンド・クラッシュを制覇し、アジアを代表するサウンド・システムとして知られているMighty Crownと、同システムのメンバーからなるレゲエ・グループ、Fire Ball、m-floのVerbalや元EXILEのDJ MAKIDAIなどからなるヒップホップ・ユニット、PKCZ® と組んでいる。

タイトル・トラックの “My Way”は、ダブを連想させる強烈なエフェクトをかけた、ゆったりとしたテンポのリディムと、彼女達の妖艶な歌声から始まるダンス・ナンバー。Mighty Crownの手による高揚感のあるリディムと、荒々しいFIRE BALLのDJ、E-girlsのエネルギッシュなパフォーマンスが合わさった、格好良いダンスホール・レゲエ作品に仕上がっている。

これに対し ”Let’s Feel High”は、グラマラスなリディムの上で、FIRE BALLとPKCZ®の面々が個性豊かなパフォーマンスを繰り出す華やかな作品。フックを担当するE-girlsの荒々しいヴォーカルは、百戦錬磨のゲストたちのパフォーマンスにも見劣りしない迫力がある。どちらの作品も、Mighty Crownの作品と勘違いしそうな、尖ったリディムを採用している点も面白い。

このシングルを聴いてて感じたのは、彼女達とLDHの大胆で緻密な曲作りと戦略だ。男性DJを起用することが多いMighty Crownと組むことで、彼らの作品とも、彼女達の作品とも一線を画した、新鮮で独創的な曲を生み出している。また、配信限定の楽曲として尖ったレゲエ音の作品を発表することで、「CDの売り上げ」で判定される日本のヒット・チャートの呪縛から逃れつつ、世界中の音楽好きに向けて、彼女達の存在をアピールすることに成功していると思う。

ポップス界の一線で活躍するグループとは思えない、本格的なレゲエのサウンドと、彼女達の魅力であるキャッチーでスタイリッシュなR&Bが融合した、異色の作品。日本でも本格的なダンスホール・レゲエがポップスのいちジャンルとして受け入れられるのではないか?そんな期待を抱かせる良曲だ。

Producer
Mighty Crown

Track List
1. My Way feat. FIRE BALL, MIGHTY CROWN & PKCZ®
2. Let’s Feel High feat. FIRE BALL, MIGHTY CROWN & PKCZ®





記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ