1998年にシングル”つつみ込むように...”でメジャー・デビューすると、レコード店やラジオなどを中心に大ブレイク。同年に発表された初のアルバム『Mother Father Brother Sister』は250万枚を売り上げるヒット作になり、宇多田ヒカルや小柳ゆきともに、日本にR&Bブームを巻き起こした、長崎出身のシンガー・ソングライター、ミーシア。

その後も、”Everything”や”眠れぬ夜は君のせい”などのヒット曲を送り出す一方、2010年の南アフリカ・ワールド・カップでは”MAWARE MAWARE ”をオフィシャル・ソングとして提供。2017年に入ってからも、映画「シング」の日本語吹替え版で、内気な象の少女ミーナ役を担当し、劇中ではスティーヴィー・ワンダーの”Don't You Worry 'bout a Thing”などを歌い上げるなど、「歌」がメイン・テーマの同作を盛り上げた。

このアルバムは、2016年の『Love Bebop』以来、約1年半ぶりの新作。2016年に『Blue Note Jazz Festival in Japan 』で共演したトランペッターの黒田卓也を迎えて制作された、彼女にとってソウル・ジャズ・アルバム。実力に定評のある面々を揃えた、黒田率いるバンド・メンバーの演奏をバックに、彼女の持ち味であるパワフルなヴォーカルと豊かな表現力を惜しげもなく披露している。

アルバムのオープニングを飾るのは、99年にリリースされたシングル曲”BELIEVE”。彼女自身が作詞を、佐々木潤が作曲を担当したミディアム・ナンバーのリメイクは、原曲よりも重くゆったりとしたビートの上で、じっくりと歌い込む姿が印象的だ。年齢を重ねても声量や表現力が安定している点も驚きだが、オリジナルに比べて一つ一つの言葉を丁寧に歌う緻密さが増した点も見逃せない。華やかなホーン・セクションやキーボードの伴奏も、彼女のグラマラスな歌声の良さを引き出している。

続く”来るぞスリリング”は、本作が初出の新曲。キヨシが作詞、林田健司が作曲したこの曲は、ジャズ・ギタリストとしても活躍しているラウル・ミドンがゲスト参加したアップ・ナンバー。勇壮なホーン・セクションや荒々しいパーカッションを響かせるバック・バンドが格好良い、ラテン色の強い曲だ。ダイナミックな演奏にあわせて、緩急を効かせた歌声を響かせるミーシアの存在感が光っている。日本人の琴線を突く歌謡曲のメロディと、インコグニートを彷彿させるジャズやソウルが融合したサウンド、そしてミーシアの豊かな表現力が合わさった名演だと思う。

また、テレビゲーム「信長の野望・大志」のテーマ曲として作られた新曲”運命loop” は”来るぞスリリング”と同じキヨシ&林田健司のコンビが手掛けた作品。インコグニートを思い起こさせるジャズとソウルが融合したサウンドは”来るぞスリリング”とよく似ているが、こちらは明るく洗練された雰囲気の曲。戦国時代を舞台にしたテレビ・ゲームのテーマ曲だが、曲調は現代のUKソウルっぽい。マーカス・ミラーの演奏がソウルフルなアレンジを引き立てている点も見逃せない。

それ以外の曲では、甲斐バンドが77年に発表した”最後の夜汽車”のカヴァーが面白い。しっとりとしたメロディの歌謡バラードを、なめらかでふくよかな歌声を駆使して丁寧に歌い上げている。ビートは抑え気味の、ヴォーカルを強調したアレンジだが、歌謡曲っぽさはあまり感じない。上田正樹やオリトのような、黎明期のジャパニーズR&Bにも通じる、絶妙なバランスが光る佳曲だ。

今回のアルバムでは、彼女のヒット曲から往年の名曲のカヴァーまで、色々なタイプの演奏を収録しているが、散漫な印象は感じられない。彼女の高い歌唱力や、黒田卓也を中心としたバンド・メンバーの絶妙なアレンジ技術も大きいと思うが、それ以上に大きいのは、彼女の代表曲に多い壮大なスケールのバラードが収録されていないことだと思う。バラード自体は取り上げているものの、「キャリア発のソウル・ジャズ・アルバム」という本作のコンセプトに合致したものに留め、手を広げすぎなかったことが本作に統一感を与えているのだと思う。

高い歌唱力を活かしつつ、本格的なバンド・サウンドを取り入れることで、成熟した大人向けのソウル・ミュージックに仕立て上げた傑作。海外産のポップスを愛聴している人には日本産の音楽のレベルの高さを、邦楽が好きな人には、音楽の世界の奥深さを教えてくれる、魅力的なアルバムだと思う。

Track List
1. BELIEVE
2. 来るぞスリリングfeat.Raul Midon
3. 真夜中のHIDE-AND-SEEK
4. 運命loop feat.Marcus Miller
5. オルフェンズの涙
6. It's just love
7. The Best of Time
8. 陽のあたる場所
9. 最後の夜汽車





MISIA SOUL JAZZ SESSION
MISIA
アリオラジャパン
2017-07-26