ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

Atlantic

Ravyn Lenae - Crush [2018 323Music, Atlantic]

2015年に自主制作で発表したEP『Moon Shoes』が、音楽通の間で注目を集めたことをきっかけに、アトランティックと契約。2016年に同作をアトランティックから再発すると、音と音の隙間を効果的に使った構成と、繊細なヴォーカルで多くの人を魅了した、イリノイ州シカゴ出身のシンガー・ソングライター、ラヴィン・レネー・ワシントン。

シカゴで生まれ育った彼女は、教会で宣教師をしていた祖父の影響もあり、子供のころから教会で音楽に慣れ親しんでいた。そんな彼女は、シカゴのハイスクールでクラシック音楽を専攻。卒業後は自身の作品を作りながら、同郷のプロデューサー、モンテ・ブッカーや、セントルイス出身のラッパーのスミノなどとコラボレーションしてきた。また、それらの縁もあり、2015年にはモンテが制作を担当した、自身名義では初となるミニ・アルバム『Moon Shoes』を録音している。

そして、2017年には2枚目のEP『Midnight Moonlight』をリリース。モンテに加え、シーザの作品に携わっているカーター・ラングなどが参加したことが話題になる。また、同じ年に行われたシーザのツアーでは、オープニング・アクトとして起用されるなど、着実に知名度を上げてきた。

このアルバムは、そんな彼女にとって、1年ぶり3枚目のEP。プロデューサーには初のソロ作品『Steve Lacy's Demo』を発表して話題になった、ザ・インターネットのスティーヴ・レイシーが担当。本作でも、バンド名義やシドの作品で魅せた、泥臭いソウル・ミュージックと先鋭的なヒップホップが融合した、独創的な音楽に取り組んでいる。

アルバムの1曲目は、本作からの先行シングル”Sticky”。不気味な雰囲気を醸し出すオルガンのイントロから、スライ&ザ・ファミリー・ストーンの作品を彷彿させる乾いた音色のギターへと繋がる展開が面白い曲。少し早めのイントロから一転、ゆったりとしたテンポのビートの上で、ラップとも歌とも形容しがたい、個性的なパフォーマンスを披露するラヴィンの姿が光るっている。バック・トラックはエリカ・バドゥやシドの作品にも少し似ているが、ヒップホップのエッセンスを盛り込んだヴォーカルはドレイクっぽくも聴こえる不思議な音楽だ。

続く”Closer (Ode 2 U)”は、エフェクターを使って歪ませたギターの伴奏や躍動感あふれるビートが、サイケデリック・ロックとソウル・ミュージックを融合した、70年代初頭のファンカデリックやカーティス・メイフィールドを思い起こさせるアップ・ナンバー。バス・ドラムの音を強調して、現代のヒップホップっぽく纏め上げたトラックや、ラヴィンの繊細な歌声を際立たせた演出が、サイケデリックなソウル・ミュージックを、2018年のR&Bのように聴かせた異色の作品だ。

また、スティーヴをフィーチャーした”Computer Luv”は、彼の作品では珍しい、思いっ切りギターをかき鳴らすフォーク・ミュージック寄りのアレンジが新鮮な作品。複数のシンセサイザーの音色を組み合わせて、エフェクターを多用したサイケデリックなサウンドとは一味違う、幻想的なフォーク・ソングに仕立てた伴奏が聴きどころ。

そして、もう一つのコラボレーション曲”4 Leaf Clover”は、リズム・マシンを使った軽快なビートとパワフルなギターの音色が眩しいミディアム・ナンバー。70年代前半のロキシー・ミュージックやデイヴィッド・ボウイを連想させる、グラマラスな伴奏に乗って、爽やかなヴォーカルを披露する二人の姿が心に残る良曲だ。

今回の作品で彼女は、独創的なサウンドに定評のあるスティーヴを起用することで、自身の持ち味である尖ったR&Bを維持しつつ。それを新しい切り口で表現した作品を生み出すことに成功している。多くのバンド・メンバーを抱えるザ・インターネットの中でも一番若く、かつ個性的な作品を残しているスティーヴを相方に選ぶことで、ゴスペルやクラシック音楽から、最新のヒップホップやR&Bまで、色々なジャンルに取り組んできた彼女の強みが遺憾なく発揮されている。

恵まれた環境で色々なジャンルの音楽を吸収する一方、自身の作品では鋭いセンスを発揮してきた彼女の長所が、遺憾なく発揮された佳作。大ベテランのエリカ・バドゥを筆頭に、シーザやシドといった多くの名シンガーが鎬を削る、ネオ・ソウルの分野に新しい風を吹き込んだ良盤だ。

Producer
Steve Lacy

Track List
1. Sticky
2. Closer (Ode 2 U)
3. Computer Luv feat. Steve Lacy
4. The Night Song
5. 4 Leaf Clover feat. Steve Lacy





Crush EP [Explicit]
Atlantic Records/Three Twenty Three Music Group
2018-02-09

Bruno Mars - Finesse(Remix) feat. Cardi B [2018 Atlantic]

本作に収録されている”24K Magic”や”That's What I Like”が立て続けにヒットし、2016年11月にリリースされた作品ながら、ケンドリック・ラマーの『DAMN.』に続く、2017年にアメリカで2番目に売れたアルバムとなったブルーノ・マーズの『24K Magic』。次々と新作が発表されるアメリカの音楽市場で、長く親しまれる作品となったこのアルバムから、新たにシングル化されたのが、この”Finesse”だ。

ブルーノが率いるプロダクション・チーム、シャンプー・プレス&カールとステレオタイプスがプロデュースしたこの曲は、ガイやベル・ビヴ・デヴォーなどを思い起こさせる、跳ねるようなビートと電子楽器の音色が格好良い、90年代初頭に流行したR&Bのスタイル、ニュー・ジャック・スウィングを連想させる、軽快なトラックとキャッチーなメロディが光るダンス・ナンバー。今回のリミックス版では、原曲のトラックやメロディは大きく弄らず、2017年のシングル”Bodak Yellow”がローリン・ヒル以来、約20年ぶりとなる女性ラッパーによる全米ナンバー・ワン・ヒットとなった、カルディBのパフォーマンスを加えたものになっている。

カルディBといえば、男性顔負けのハードなラップが持ち味。だが、この曲では彼女のアグレッシブな側面は残しつつ、ニュー・ジャック・スウィングを意識したビートに合わせ、リスナーを煽って見せるなど、いつもより軽やかで表情豊かな一面を見せている。また、そんな彼女のラップと呼応するように、ブルーノもしなやかで色っぽいヴォーカルを聴かせている。この曲で聴けるパンチの効いたラップとダイナミックなヴォーカルの組み合わせは、斬新なサウンドと、それに負けないパワフルなパフォーマンスで、多くの人の度肝を抜いた、デビュー当時のガイを思い起こさせるものだ。

この曲は、彼が『24K Magic』で見せた、80年代終盤から90年代初頭に流行したR&Bへの、強い傾倒を象徴する作品の一つだ。しかし、この曲が単なる当時の音楽の焼き直しに終わらないのは、共同制作者であるステレオタイプスの豊かな経験による部分が大きい。彼らはジェイソン・デルーロやオマリオンなどの作品を手掛ける一方、韓国のSHINeeやEXO、日本の赤西仁といった、アジアで絶大な人気を誇るミュージシャン達と多くの楽曲を作ってきた。テディ・ライリーがEXOに楽曲を提供し、ゴスペラーズや三代目J Soul Brothersなどがニュー・ジャック・スウィングの手法を取り入れた楽曲を発表するなど、現在も80年代や90年代に流行したスタイルのR&B作品がヒットしているアジアでの経験が、彼らの音楽を単なる当時のリメイクでは終わらない、現代の若いリスナーに向けた新鮮な作品にしていると思う。

各地の文化に合わせ、色々なスタイルの音楽が生まれ、他の地域に波及している2010年代を象徴するようなヒット曲。日本のリスナーには懐かしさすら感じさせるサウンドとメロディが心に残る良質なリミックスだ。

Producer
Shampoo Press & Curl, The Stereotypes

Track List
1. Finesse(Remix) feat. Cardi B




K. Michelle - Kimberly: The People I Used to Know [2017 Atlantic]

ヒップホップやエレクトロ・ミュージックに歩み寄ったサウンドと、歌とラップを混ぜ合わせた歌唱スタイルが流行の中心になっている、2010年代のR&Bシーン。その中で、流行りの音と適度に距離を置き、自身のスタイルを貫くことで存在感を発揮しているのが、K.ミッチェルこと、キンバリー・ミッチェル・ペイトだ。

テネシー州のメンフィスで生まれ育った彼女は、幼いころからギターやピアノに慣れ親しみ、ジャスティン・ティンバーレイクやブリトニー・スピアーズも指導したというトレーナーの下で、ヴォーカルの腕を磨いてきた実力派。

その後、フロリダの大学に進み、子育て期間を経て卒業した彼女は、ロースクールに進学しながら音楽活動を開始。2009年にジャイヴと契約すると、ミッシー・エリオットを招いた”Fakin’ It”でメジャー・デビューを果たす。また、2011年にはミッシーのほか、R.ケリーやアッシャーが参加した初のフル・アルバム『Pain Medicine』を録音するが、諸事情によりお蔵入り。ジャイヴから離れることになる。

そんな彼女は、VH1のリアリティー・ショーに出演したことから注目を集め、アトランティックと契約。2013年に初のフル・アルバム『Rebellious Soul』を発表すると、総合アルバム・チャートの2位、年間アルバム・チャートの167位という新人としては異例のヒット。その後も、2014年の『Anybody Wanna Buy a Heart?』や2016年の『More Issues Than Vogue』が商業的な成功を収め、賞レースの常連に名を連ねるなど、スターダムを駆け上がっていった。

このアルバムは、そんな彼女にとって約1年ぶり、通算4枚目となる新作。ほぼすべての曲で彼女がペンを執る一方、リル・ロニーやチャック・ハーモニーといった、主役の声を引き立てる美しいヴォーカル作品に定評のあるクリエイターが多数参加。現代では希少なものになった、本格的なR&B作品に仕上がっている。

アルバムに先駆けて公開された”Make This Song Cry”は、ジェイZの”Song Cry”をサンプリングしたミディアム・バラード。今も多くの人に親しまれている、彼の代表曲のフレーズに乗って、切々と言葉を紡ぐ彼女の姿が印象的な曲だ。有名名曲をサンプリングした作品には、原曲のイメージに縛られたものや、原曲の持ち味を壊してしまうものも少なくないが、この曲では元ネタの持ち味を残しつつ、本格的なソウル・バラードに換骨奪胎している。

また、クリス・ブラウンをフィーチャーした”Either Way ”は、シャンテ・ムーアやリル・モーを手掛けているダニエル・ブライアントが制作に参加したミディアム・ナンバー。おどろおどろしいストリングスの音色と、キンバリーのパワフルなヴォーカルが光る佳曲だ。メロディの部分で聴ける彼女のラップにも注目してほしい。

そして、同曲に続く”Birthday”は、シカゴ出身のプロデューサー、ヒットメイクを起用したバラード。シンセサイザーの音色を組み合わせ、ヒップホップのエッセンスを盛り込んだバック・トラックは、R.ケリーやメアリーJ.ブライジを彷彿させる。そんなトラックの上で、緩急織り交ぜたダイナミックな歌唱を聴かせる姿は、往年のチャカ・カーンやミリー・ジャクソンを思い起こさせる。電子楽器を多用した現代的なサウンドを取り入れつつ、歌唱力で勝負した異色の作品だ。

それ以外の曲では、マイケル・ジャクソンやマライア・キャリーなどに楽曲を提供しているロドニー・ジャーキンスと作った”Woman of My Word”の存在が光っている。ゴスペルのコール&レスポンスを思い起こさせる、ダイナミックなグルーヴに乗せて、パワフルな歌声を披露した雄大なバラード。現代的なヒップホップやR&Bの仕事が多いロドニーだが、この曲のようなヴォーカルで勝負するタイプの作品でも実力を発揮している。

本作の聴きどころは、随所で現代のR&Bの要素を取り入れつつ、あくまでも歌で勝負したところだろう。メアリーJ.ブライジやビヨンセなど、実力と人気を兼ね備えたシンガーは少なくないが、歌を強調したある意味保守的な作風で、高いクオリティの作品を残せる歌手はとても貴重だ。この、豊かな歌声と、それをコントロールする技術、歌の才能を活かす楽曲作りの才能は、アレサ・フランクリンのような、歴代の名歌手の流れを踏襲したものだが、尖った音が求められる現代では異色ではかえって新鮮に聴こえる。

現代では希少な、「歌」を存分に味わえる名シンガー。新しい音に抵抗感のある人にこそ聴いてほしい、大胆な表現と安定したパフォーマンスが光る名盤だ。

Producer
DJ Camper, Lil' Ronnie, Hitmaka, Louis Biancaniello, Darkchild etc

Track List
1. Welcome to the people I used to know
2. Alert
3. God, Love, Sex, and Drugs
4. Make This Song Cry
5. Crazy Like You
6. Kim K
7. Takes Two feat. Jeremih
8. Rounds
9. Either Way feat. Chris Brown
10. Birthday
11. Fuck Your Man (Interlude)
12. No Not You
13. Giving Up On Love
14. Help Me Grow (Interlude)
15. Heaven
16. Run Don't Walk
17. Industry Suicide (Interlude)
18. Talk To God
19. Brain On Love
20. Woman of My Word
21. Outro





Kimberly: People I Used to Know
K. Michelle
Atlantic
2017-12-15

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ