ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

Atlantic

Various Artist - The Fate Of The Furious: The Album [2017 Atlantic Records, Universal Music Group]

2001年に第1作が公開されると、本物の公道で繰り広げられるスリリングなレース・シーンと、自動車好きには堪らない、有名メーカーの人気車両を使ったダイナミックなカー・アクションが話題となり、あっという間に人気作品の仲間入りを果たした『Fast & Furious』(邦題『ワイルド・スピード』)。

派手なアクション・シーンと並んで、同シリーズの目玉になっているのが、劇中で使われている楽曲を収めたサウンドトラック。公道レースがテーマの作品ということもあり、ヒップホップやR&Bを中心に、ストリートを意識した人気のダンス・ミュージックや舞台になった都市にちなんだ楽曲を収録。2006年に公開された 『The Fast and the Furious: Tokyo Drift』では、舞台になった東京にちなんで、ドラゴン・アッシュやテリヤキ・ボーイズといった日本のアーティストの楽曲が取り上げられたことでも話題になった。

このアルバムは、2017年4月に公開された同シリーズの第8作『The Fate of the Furious / Fast & Furious 8』(邦題『ワイルド・スピード ICE BREAK』)のサウンドトラック。映画本編はアメリカ国内が舞台だが、サウンドトラックは西海岸出身のヒップホップ・アーティストからカナダ勢、ラテン・アメリカのアーティストまで、バラエティ豊かな面々を揃えている。

人気ミュージシャンが集結した企画盤だけあって、捨て曲は一つもないが、R&Bが好きな人に最初に聴いてほしい曲といわれたら 2017年にデビュー・アルバム『SweetSexySavage』を発表したケラーニとオークランド出身のラッパー、G-イージーのコラボレーション曲”Good Life”しかないだろう。トレイ・ソングスの”Touchin, Lovin”などを手掛けたフェザーストーンズが手掛けるこの曲は、レイド・バックしたメロディとケラーニのキュートな歌声が切ない雰囲気を醸し出すミディアム・ナンバー。G-イージーの華がある声と、シンセサイザーを多用した派手なトラックが、楽曲をポップで気軽に楽しめるものにしている点も見逃せない。

また、ヴォーカルもこなすルイジアナ州バトン・ルージュ出身のラッパー、ケヴィン・ゲイツが歌う”911”も面白い曲だ。LVやネイト・ドッグを彷彿させる。太く柔らかいバリトン・ヴォイスを駆使して、歌にラップに縦横無尽の活躍を見せる、切ない雰囲気のミディアム・ナンバー。フランク・デュークらが手掛ける、主役の声の魅力を巧みに引き出す味わい深いビートもこの曲の聴きどころ。

そして、同シリーズのサウンドトラックに収められている楽曲の中でも、五本の指に入る美しいメロディを堪能できるのが”Don't Get Much Better”だ。ジェレミー、タイ・ダラ・サイン、サーガ・ザ・ジェミニの三人がコラボレーションしたこの曲は、ジェイソン・デルーロの”Talk Dirty ”や”Wiggle”などを手掛けてきたリッキー・リードがプロデュースを担当。彼の作品らしいポップで切ないメロディの上で、甘酸っぱい歌声を響かせるジェレミーの存在感が光る佳曲。耳元で囁きかけるような、甘いラップを披露するタイ・ダラ・サインとサーガ・ザ・ジェミニのパフォーマンスが、楽曲にメリハリをつけている。

だが、本作の目玉は、英語とスペイン語の2ヴァージョンが収録された”Hey Ma”だろう。コロンビアのメデジン出身のレゲトン歌手Jバルヴィンとマイアミ出身のピットブル、キューバのハバナ出身で、フィフス・ハーモニーの元メンバーでもあるキャミリア・キャベーロと、出自も音楽性もバラバラの3人がコラボレーションしたこの曲は、レゲトンのビートをベースに、R&Bやポップス、ヒップホップの要素を織り込んだ切ない雰囲気のアップ・ナンバー。リッキー・マーティンを彷彿させる男の色気を見せつけるJバルヴィンと、R&Bグループ出身らしい妖艶なヴォーカルをを披露するキャミリアの個性が、互いの持ち味をうまく引き出している。

アルバムを通して聴いて抱いた印象は、隙のない作品だなということ。有名なアーティストやプロデューサーを起用し、流行のサウンドを取り入れながら、曲単位で聴いてもアルバム全体を通しても、第1弾のころから続く、一貫したスタイルのようなものが感じられる。おそらく、映画自体が「公道レース」という一つの軸を持っていて、サウンドトラックもそれを引き立てるストリート色と疾走感を重視しているからだと思う。

流行のダンス・ミュージックを1枚のアルバムに凝縮した、濃縮果汁のように密度の濃い作品だ。流行りものだと思って見逃していると、絶対に損をするよ。

Producer
Ricky Reed, 30 Roc, Frank Dukes, Murda Beatz etc

Track List
1. Gang Up - Young Thug, 2 Chainz, Wiz Khalifa & PnB Rock
2. Go Off - Lil Uzi Vert, Quavo & Travis Scott
3. Good Life – G-Eazy & Kehlani
4. Horses - PnB Rock, Kodak Black & A Boogie Wit Da Hoodie
5. Seize The Block - Migos
6. Murder (Remix) - YoungBoy Never Broke Again feat. 21 Savage
7. Speakerbox (F8 Remix) - Bassnectar feat. Lafa Taylor, Ohana Bam
8. Candy Paint - Post Malone
9. 911 - Kevin Gates
10. Mamacita - Lil Yachty feat. Rico Nasty
11. Don't Get Much Better - Jeremih, Ty Dolla $ign & Sage The Gemini
12. Hey Ma(Spanish Version) - Pitbull & J Balvin feat. Camila Cabello
13. La Habana - Pinto "Wahin" & DJ Ricky Lunafeat. El Taiger
14. Hey Ma - J Balvin & Pitbull feat. Camila Cabello






Fate of the Furious: The Album
Various Artists
Atlantic
2017-04-14


Trey Songz - Tremaine [2017 Songbook, Atlantic]

2005年にアルバム『I Gotta Make It 』でデビュー。エボニーズの”It's Forever”をサンプリングし、トゥウィスタを起用したミディアム・ナンバー”Gotta Make It”で、カニエ・ウエストやジャズト・ブレイズの成功でR&B界の一大ブームとなった「早回し」を自分の音楽に取り込む若々しい感性を見せる一方、21stセンチュリーの”Child”をサンプリングしたロマンティックなミディアム・バラード”Gotta Go”のような、歌唱力で勝負する曲もしっかり歌い切る高い表現力も兼ね備えたことで、幅広い世代から支持を集めたヴァージニア州ピーターズバーグ出身のシンガー・ソングライター、トレイ・ソングスことトレメイン・アルドン・ネヴァーソン。

その後も、スターゲイトが手掛けるふわふわとしたトラックと流麗なメロディが心地よいアップ・ナンバー”Can’t Help But Wait”と、リル・ウェインやジム・ジョーンズも手掛けているヤング・ヤニーをプロデューサーに起用した、トラップ・ビートとR.ケリーを彷彿させるセクシーなラップ風ヴォーカルが格好良い”Say Aah”、マイアミ出身のケイン・ビーツが手掛ける変則ビートの上で、ニッキー・ミナージュとポップでセクシーなコラボレーションを披露する”Bottoms Up”や、リコ・ラヴが手掛けるシンセサイザーを駆使したポップなトラックと壮大なメロディが印象的なミディアム”Heart Attack”など、多くのヒット曲を生み出してきた。

今回のアルバムは、2014年にリリースされた『Trigga』以来、約3年ぶりとなるオリジナル・アルバム。直近の2作品はラッパーを起用した楽曲と彼のヴォーカルを強調した楽曲をバランスよく配置した構成で、全米アルバム・チャートの1位を獲得していることもあり、本作への期待も非常に高かった。

そして今、彼の最新作を聴いているのだが、まず驚いたのは、彼の大胆な路線変更だ。これまでの作品ではラッパーを起用して流行のビートを乗りこなした、ヒップホップ色の強い曲を複数収録していたが、今回のアルバムでは、ゲストは”Game With Play”で客演しているマイク・エンジェルのみで、彼の参加曲も、ロマンティックなメロディを強調したバラードと、これまでのアルバムと比べて、ヴォーカルを聴かせることに重きを置いたR&B作品になっている。

アルバムの実質的な1曲目”Come Over”は、彼に数多くの楽曲を提供してきたトロイ・テイラー作のバラード。ドラムを基調にしたシックなビートの上で瑞々しい歌声を響かせる姿が美しいスロー・ナンバーだ。セクシーな女声を間に挟んだ色っぽいヴォーカルは、アル・グリーンやロナルド・アイズレーをスタイリッシュにしたような雰囲気さえ感じさせる。

これに対し、リコ・ラヴが楽曲を提供した”Playboy”は、ブライアン・マックナイトやジョーの作品を思い起こさせるシンプルなバック・トラックに乗せて、スマートな歌声を力いっぱい張り上げるスロー・バラード。フィンガー・スナップをアクセントに使った伴奏をバックに、今にも泣き崩れそうな勢いで、感情を剥き出しにしながら歌うトレイの姿が印象的だ。

一方、本作では希少なヒップホップ色の強い楽曲に”Nobody Else But You”がある。クリス・ブラウンの”Lonely Dancer”やトレヴァー・ジャクソンの”Mixtape”等を手掛けている、エレクトロ畑出身の気鋭のクリエイター、アレックス・アイザックが手掛けるこの曲は、リュダクリスのような南部出身のラッパーの音楽を連想させる、シンセサイザーを多用した軽妙なトラックの上で、ラップのように言葉を繋ぐ姿が光るミディアム・ナンバー。ゲスト・ミュージシャンを招かなくても、ヒップホップのビートを自分の音楽に取り込めるようになった、彼の進化が垣間見れる興味深い楽曲だ。

そして、本作で最も印象に残ったのはミュージック・ソウルチャイルドの”Radio”や『Trigga』に収録されたている”Y.A.S. (You Ain't Shit)”を制作しているプロダクション・チーム、L&Fの一員であるクリストファー・ウマナが手掛けたバラード”Song Goes Off”だ。シスコの”Incomplete”を思い起こさせるダイナミックで滑らかなメロディと、女声のような透き通った音色のシンセサイザーを含む、複数の電子音を上手に組み合わせたスタイリッシュなトラックが心地よいスロー・バラード。個人的な感想だが、彼のキャリアを代表する名曲だと思う。

最初にも書いたが、今回のアルバムは、トレンドを意識してはいるものの、全体としては彼自身の歌を聴かせることに徹した、これまでの作品以上にR&Bへとシフトしたアルバムだと思う。おそらく、過去の2作品が商業的に成功し、バラードのヒット曲も送り出せるようになったことが一番大きいが、アデルやビヨンセがミディアム、スローのヒット曲を送り出し、ジョーやブライアン・マックナイトなど、バラードに定評のあるベテランも活発な動きを見せるなど、一時期に比べてバラードを歌うシンガーにとって有利な環境ができたことも無関係ではないだろう。

50分弱のアルバムに流行のサウンドとヴォーカル作品の醍醐味を凝縮した、ヴォーカル好きのための本格的なR&Bアルバム。「2017年を象徴する男性ヴォーカルの作品は何か?」と聞かれたら、間違いなく本作が候補に挙がると思う。

Producer Troy Taylor, Dwayne Nesmith, Patrick Hayes etc

Track List
1. The Prelude
2. Come Over
3. Number 1 Fan
4. Nobody Else But You
5. Playboy
6. The Sheets... Still
7. Song Goes Off
8. She Lovin It
9. Animal
10. IXI
11. Priceless
12. What Are We Here For
13. Games We Play feat. MIKExANGEL
14. Picture Perfect
15. Break From Love





トレメイン・ジ・アルバム
トレイ・ソングス
ワーナーミュージック・ジャパン
2017-04-05

 

Missy Elliott - I'm Better (feat. Lamb) [2017 Goldmind, Atlantic]

ジョデシィのデヴァンテが後見人を担当したガールズ・グループ、シスタの一員としてデビューしたものの、肝心の作品は彼のトラブルでお蔵入り。その後、フェイス・エヴァンスの口添えもあって、裏方として再デビュー、702やSWVなどの作品に携わってきたヴァージニア州ポーツマス出身のラッパーでシンガー・ソングライターのミッシー・エリオット。

その後の彼女は、デヴァンテ門下のティンバランドと知り合い、彼が手がけるアリーヤのセカンド・アルバム『One In A Million 』にソングライターとして参加。その個性的なサウンドとメロディで一気に知名度を上げた。一方、彼女自身も、ラッパー兼シンガーとして"The Rain (Supa Dupa Fly)"でソロ・デビュー。その後も、"Sock It 2 Me"や"Hot Boyz"、"Get Ur Freak On"や"Work It"、"Lose Control"など、多くのヒット曲を残してきた。

今回の新作は、2015年の『WTF』、2016年の『Pep Rally』以来となる、彼女のニュー・シングル。直近の2作ではファレル・ウィリアムスがプロデュースを担当し、重いドラムを軸に据えつつ、軽快なハンド・クラップやスネアを使って軽妙なトラックにまとめあげた、ポップで癖のある楽曲を聴かせてくれたが、今回の新曲では、フロリダ州マイアミ出身の音楽プロデューサー、ケイノン・ラムがプロデュースと客演で参加。彼といえば、ビヨンセの"Countdowm"やジャズミン・サリヴァンの"Holding You Down (Goin' in Circles)"など、多くのヒット曲や、SWVの『I Missed Us』や『Still』、モニカの『New Life』など、ベテラン・シンガーの良質なアルバムを手がけてきた名手だ。

彼が提供したトラックは、ゾンビ・ネイションやトーマス・シューマッハが使うような、テクノやエレクトロ・ミュージックで使われる電子楽器を使ったもの。ブリブリと鳴り響く重低音の上でピコピコという電子音が合わさったトラックは、ミッシーの楽曲にふさわしい変則ビートで、曲調は全く異なるが、90年代に流行したマイアミ・ベースや、ティンバランドの作品の影響が垣間見えるものだ。そんな奇抜なトラックを器用に乗りこなすミッシーと、お世辞でも器用とは言えないが、要所要所で盛り上げるラムのラップを組み合わせ、キャッチーで個性的な楽曲に仕上げている。

これまで、新曲をリリースする度に、斬新なトラックでファンを唖然とさせてきたことを考えると、今回の新曲はどちらかといえば流行のサウンドを取り込んだ保守的な音楽に映る。だが、エレクトロ・ミュージックのサウンドを取り入れつつ、凡百のラッパーでは手も足も出ない奇抜なトラックを調達し、それを軽々と乗りこなしているあたりは、彼女の卓越したセンスと技術がなければできないものだと思う。

ファンの期待を大きく上回る内容ではないが、それでも毎年無数にリリースされる新曲の中では、屈指のレベルのクオリティと新鮮さを備えていると思う。今後リリースされるという新作アルバムへの期待を膨らませてくれる、魅力的なシングルだ。てか、ニューアルバムはいつになったら出るのだろう…。


Producer
Lamb, Bigg D





記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ