ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

Atlantic

Sir The Baptist - Saint or Sinner [2017 Atlantic]

過去にはサム・クックやカーティス・メイフィールドなどの名シンガーを育て、近年はカニエ・ウエストやチャンス・ザ・ラッパーなどの人気ヒップホップ・アーティストを輩出している、イリノイ州最大の都市シカゴ。同地の出身で気鋭のラッパー兼プロデューサーとして注目を集めているのが、サー・ザ・バプティストこと、ウィリアム・ジェイムス・ストークスだ。

シカゴ近郊のブロンズビルで、バプテスト教会の牧師の父と宣教師の母の間に生まれた彼は、6歳のときにピアノを始め、10歳になるとドラムも叩くようになる。また、父親が運営する教会でゴスペルにも親しむなど、恵まれた環境でその才能を伸ばしてきた。そんな彼は、10代のころから映画やCM用の音楽などを制作するなど、その実力を発揮するようになる。

大学を卒業した後は、広告会社のマーケティング・ディレクターとして、音楽プロデューサーのロドニー・ジャーキンスと一緒にマクドナルドの案件を担当するなど、多くのプロジェクトに関わるようになる。しかし、26歳の時にミュージシャンに転身。2015年にチャーチPplをフィーチャーした自主制作のシングル”Raise Hell”を発表する。R&Bやヒップホップに、ゴスペルや説法の要素を盛り込んだ斬新なスタイルは音楽ファンの度肝の抜き、翌年のベット・アワードで「インパクト・トラック・オブ・ザ・イヤー(最もインパクトのあった曲)」にもノミネートした。

また、2016年には、アルバム未発売の新人ながら、多くの音楽フェスティバルやテレビ番組に出演。そこで知り合ったジェイZから高く評価され、彼が主催する音楽ストリーミングサイト「TIDAL」のイベントや、彼の妻であるビヨンセの公演のオープニング・アクトなどに起用されるなど、多くの人の目に留まる場へも進出するようになった。

本作は、そんな彼にとって初のフル・アルバム。彼の代表曲である”Rise Hell”を再録音したものや、2016年に発表したシングル”What We Got”を収録しているほか、ミシェル・ウィリアムズやキキ・ワイアット、キラー・マイクやレイJといった人気ミュージシャンがゲストに名を連ねる豪華なアルバムになっている。

さて、収録曲の中で一番最初に公開されたのが2曲目に入っている”Raise Hell”だ。アトランタ出身のラッパー、キラー・マイクが参加した新バージョンで、トラックもコーラスなどを追加し音のバランスを変えることで、ビートの躍動感やゴスペルのダイナミックさが強調されている。アウトキャストやオーガナイズド・ノイズの作品を彷彿させる、原曲のローファイなビートとロックの要素を盛り込んだアレンジのおかげで、キラー・マイクのラップが最初から入っていたように聞こえる点も面白い。

一方、カーク・フランクリンやクラーク・シスターズなどのゴスペル作品を手掛け、メアリーJ.ブライジやケリー・プライスなどのR&B作品にも携わってきた、シンガー・ソングライターでプロデューサーのドナルド・ロウレンスとコラボレーションした”Raise Hell”は、ギターの演奏やクワイア、コール・レスポンスなどを取り入れた、ゴスペル色の強い曲。曲の途中でビートを変え、歌とラップを違和感なく繋ぐアレンジ技術が光っている。

また、ミシェル・ウィリアムズをフィーチャーした”Southern Belle”は、ピアノの伴奏と、武骨な歌声が格好良いミディアム・ナンバー。ゆっくりとしたテンポのビートに乗って、ラップと歌をスムーズに繋ぐスタイルは、ドレイクとも少し似ているが、こちらの方がヴォーカルが太く、メロディもダイナミック。絶妙なタイミングで絡むミチェルのヴォーカルや、サビを盛り上げるクワイアも格好良い。歌詞がゴスペルのような内容のゴスペル・ラップという音楽はあるが、ゴスペルとヒップホップのが完全に融合した曲は珍しく、新鮮に聴こえる。

そして、本作では異色の、ディスコ音楽の要素を取り込んだ曲が、レイJトジョーダン・ミッチェルが参加した”Replay”だ。洗練されたビートと滑らかなヴォーカルはタキシードブルーノ・マーズの作品を思い起こさせる。曲の途中でビートを止めたり、ワザと粗っぽい声で歌ったりして、曲にメリハリをつけている点も面白い。ゴスペルの要素もきちんと盛り込みつつ、キャッチーでセクシーなディスコ音楽に纏め上げている。

今回のアルバムは、リル・ヨッティブライソン・ティラーのような、気鋭の若手と比べても見劣りしない斬新なトラックを土台に、ドレイクやパーティネクストドアのように歌とラップの両方を巧みに使い分けつつ、随所にゴスペルや説法の要素を盛り込んだ、クリスチャン・ミュージックが盛んなアメリカでも珍しい作品だ。こんな音楽を作れるのは、彼がマーケティングの仕事を通して、色々な要素を盛り込みつつ、要点を漏れなくリスナーに届ける編集技術を身に着けてきたのが大きいのではないかと思う。

音楽に関する豊富な経験と、ビジネスの場で磨かれた流行を読み解くセンス、両者を組み合わせて一つの作品に落とし込む実務能力の三つが揃ったことで完成した、新しいタイプのヒップホップ作品。カニエ・ウエストやチャンス・ザ・ラッパーのように、音楽界に新しい風を吹き込んでくれそうだ。

Producer
Sir the Baptist, Greg Peterca

Track List
1. Prayers on a Picket Sign
2. Raise Hell feat. Killer Mike & ChurchPpl
3. What We Got feat. Donald Lawrence & Co. and ChurchPpl
4. Southern Belle feat. Michelle Williams
5. Deliver Me feat. Brandy
6. God Is on Her Way
7. Dance With the Devil
8. Saint or Sinner
9. High With God feat. DC Young Fly
10. Marley's Son
11. Good Ole Church Girl feat. The Deacons
12. Replay feat. Ray J & Jordan Mitchell
13. Let It Move Yah
14. Second Line Ball
15. The Wall
16. Heaven feat. Donald Lawrence & Co, Keke Wyatt and ChurchPpl



a

Saint or Sinner [Explicit]
Atlantic/Tympa Chapel Records
2017-05-12

‎Wale - Shine [2017 Maybach Music Group, Atlantic]

2009年にアルバム『Attention Deficit』でメジャー・デビューすると、ラップ・チャートで2位、R&Bチャート3位を獲得。一気に人気ミュージシャンの仲間入りを果たし、その後は2016年までに6枚のアルバム(うち3枚はコラボレーション作品)を発表。全ての作品を総合チャートの5位以内に送り込み、ラップ・チャートとR&Bチャートでは1位に入っている、ワシントンD.C.出身のラッパー、ワーレイこと、ワーレイ・ビクター・フォーラリン。

ナイジェリア出身の両親を持ち、ヨルバ人の血を引く彼は、ワシントン発のダンス・ミュージック、ゴー・ゴーから多大な影響を受け、ハック・ア・バックスの”Sexy Girl”をサンプリングした曲を発表するなど、ラップの技術だけでなく、往年の黒人音楽への造詣も深かった。そんな彼はマーク・ロンソンが手掛けた、リリー・アレンの”Smile”のリミックスに客演したことをきっかけに、彼のレーベルと契約。その後、リック・ロス率いるメイバッハに移籍し、多くの作品を発表している。また、自身名義の作品だけでなく、ウェイク・フロッカ・フレイムの”No Hands”や、ミゲルの”Coffee”などに参加。存在感を発揮してきた。

本作は、オリジナル・アルバムとしては2015年の『The Album About Nothing』以来2年ぶり、ミックス・テープも含めると、2016年の『Summer on Sunset』以来、約10か月となる新作。前作同様、多くのヒット・メイカーにトラック制作を依頼し、豪華なゲストを集めている。

さて、収録曲に目を向けると、アルバムの2曲目に収められている”Running Back”は、トロント出身のプロデューサー、スピンズ・ビーツがトラックを作り、ニュー・オーリンズ出身の人気ラッパー、リル・ウェインが客演している。トラップのような隙間の多いビートを作りつつ、柔らかい音色のシンセサイザーを組み合わせることで、トラップとは一味違う雰囲気と、ドレイクやウィークエンドの作品のように、ポップでキャッチーな作品に纏め上げている。トラックの雰囲気を活かしつつ、ほかの曲と変わらないラップを聴かせる二人の姿も印象的だ。

また、映画「The Fate Of The Furious」のサウンドトラックに収録されている”Good Life”も好評なオークランド出身のラッパー、G-イージーを招いた”Fashion Week”は、ラテン音楽の要素を取り入れた躍動感あふれるアップ・ナンバー。シカゴ出身のプロダクション・チーム、クリスチャン・リッチが手掛けたこの曲では、ハンド・クラップやパーカッションの音色を組み合わせた軽妙なトラックに乗って、歌とラップを織り交ぜた、器用なパフォーマンスを聴かせてくれる。人気ミュージシャンの貫禄と高い技術が光る佳曲だ。

そして、クリス・ブラウンをフィーチャーした”Heaven on Earth”は、テキサス州アーリントン出身のプロデューサー、スーパー・マイルズの作品。”Fashion Week”同様、パーカッションなどを使った軽妙なビートだが、一緒にピアノの音色を取り入れるなど、よりクールで洗練されたサウンドになっている。クリス・ブラウンのセクシーなヴォーカルも、ロマンティックなトラックと上手く噛み合っている。ジャンルは少し違うがウェイン・ワンダーの”No Letting Go”を思い起こさせる、メロウでダンサブルな曲だ。

だが、本作の目玉はなんといっても”My PYT”だろう。ドープ・ボーイズがプロデュースしたこの曲は、マイケル・ジャクソンの”PYT”とマーヴィン・ゲイの”Sexual Healing”をサンプリング。シンセサイザーを多用したモダンなビートに、2曲のフレーズをうまく埋め込んで、モダンで甘い雰囲気のトラックに纏め上げている。この上で、歌うように言葉を繋ぐワーレイのラップも見逃せない。

これまでに発表してきた作品がすべてヒットしてきた彼だけあり、今回のアルバムでもキャッチーなトラックやラップの曲が目立っている。ただ、彼の場合はゴー・ゴーなどのダンス・ミュージックから多くの影響を受けてきたこともあり、あくまでもブラック・ミュージックの手法をベースにしている点が特徴的だと思う。その象徴ともいえるのが”My PYT”で、ブラック・ミュージックの歴史に残る名曲のフレーズを引用し、往年のソウル・ミュージックの雰囲気を取り入れつつ、現代風に落とし込んだ、面白い発想の曲だと思う。

2010年代を代表するヒップホップ・アーティストらしい、過去の音楽の手法を踏襲しつつ、現代の音楽に還元した、親しみやすさと奥深さを感じる佳作。

Producer
Rick Ross, Wale Folarin etc

Track List
1. Thank God
2. Running Back feat. Lil Wayne
3. Scarface Rozay Gotti
4. My Love feat. Major Lazer, WizKid & Dua Lipa
5. Fashion Week feat. G-Eazy
6. Colombia Heights (Te Llamo) feat. J Balvin
7. CC White
8. Mathematics
9. Fish n Grits feat. Travis Scott
10. Fine Girl feat. Davido & Olamide
11. Heaven on Earth feat. Chris Brown
12. My PYT
13. DNA
14. Smile feat. Phil Adé & Zyla Moon





Shine
Wale
Atlantic
2017-05-12

Niia - I [2017 Atlantic]

マサチューセッツ州のニードハム出身。幼いころからクラシック・ピアノと歌の教育を受け、13歳になると人前で歌うようになったという、シンガー・ソングライターでピアニストのニイアことニイア・ベルティーノ。イタリア出身で、オペラ歌手の娘という母の下で鍛えられた彼女は、ハイスクール時代からジュリアード音楽院やバークリー音楽大学のプログラムに参加し、腕を磨いていた。

高校卒業後は、ニューヨークのニュースクール大学に進学。同大学ではジャズ・ヴォーカルを専攻している。また、大学在学中には元フージーズのワイクリフ・ジョンと出会い、2007年には彼が発表したシングル『Sweetest Girl (Dollar Bill)』にフィーチャリング・ヴォーカルとして参加している。同曲は総合チャートで最高12位に登り詰め、プラチナ・ディスクに認定される大ヒットとなった。

同曲のヒットで知名度を上げた彼女は、MTVの企画で世界各地のステージを経験。帰国後は、ニューヨークでも大規模な公演を成功せさせている。

また、2013年には、自身の名義によるデビュー・シングル『Made For You』を発表。クールな歌声を活かした楽曲はもちろん、ヒストリーXなどの仕事で知られる、トニー・ケイトが制作したMVも注目を集めた。その翌年には、ロビン・ハンニバルのプロデュースで初のEP『Generation Blue』をリリース。洗練されたメロディと滑らかなヴォーカルで、若者の間だけに留まらず、幅広い年代の人々から高い評価を受けた。

そして、アトランティックと契約した彼女が、2017年に発表したのが本作。前作同様、Rhye(ライ)やケンドリック・ラマーなどを手掛けてきたロビン・ハンニバルが全曲をプロデュース。彼女の繊細な歌声と、流麗なメロディを生み出すセンスを活かした、スタイリッシュな作品に仕上げている。

イントロを挟んだアルバムの実質的な1曲目”Hurt You First”は、アイズレー・ブラザーズの”Between The Sheets”を思い起こさせる、シンセサイザーを使ったしっとりとした伴奏の上で、シャーデーのヴォーカリスト、シャーデー・アデュを彷彿させる透き通った歌声を響かせるミディアム・ナンバー。怪しげな雰囲気の演奏に乗って、爽やかなヴォーカルを聴かせる彼女の存在感が光る佳曲だ。

一方、キーボードやストリングスを使ったロマンティックな演奏が魅力のバラード”Sideline”は、丁寧な歌唱が心地よいスロー・ナンバー。生演奏っぽいドラムやキーボードの柔らかい音色と、優しく語り掛けるように歌うニイアの姿が心に残る名演だ。繊細な歌声を振り絞って力強く歌うサビの部分は、シェリル・クロウやジョニ・ミッチェルのような、女性フォーク・シンガーのパフォーマンスを思い起こさせる。

また、ジャズミン・サリヴァンが参加したリミックス・ヴァージョンでは、鋭い低音を強調したR&Bっぽいトラックに変更。曲の途中でジャズミンが地声のような低い声のラップを聴かせている。オリジナル・ヴァージョンと比べると、ヒップホップやR&Bに寄った作風が格好良い。

そして、見逃せないのは、スロー・ナンバーの”Last Night In Los Feliz”だ。シンセ・ドラムとピアノを核にしたシンプルな伴奏の上で、囁きかけるように歌う姿が美しいバラード。ピアノの演奏と、高音を軸にした繊細なヴォーカルの組み合わせは、アリシア・キーズの”Diary”にも少し似ている。

それ以外にもう一つ、是非きいてほしい曲が”Girl Like Me”だ。ギターとシンセサイザーを組み合わせた、シンプルなトラックに乗せて、しなやかな歌声を響かせるミディアム・ナンバー。こちらの曲も、”Sideline”のような、フォーク・ソングやジャズのエッセンスを取り入れたスタイリッシュな仕上がりが魅力的だ。

彼女の音楽性はライのそれを彷彿させる、洗練されたメロディと色っぽい歌声が光るものだ。だが、彼女の場合、そこにフォーク・ソングやジャズといった、色々な音楽の要素を取り込むことで、R&Bが好きな人だけに留まらない、色々な人の心に訴えかける大衆性も兼ね備えていると思う。

あらゆる音楽を飲み込み、スタイリッシュでセクシーなR&Bに還元するスタイルは、デビュー当時のシャーデーを彷彿させる。シャーデーやライのような、しなやかで美しいメロディのR&Bが好きな人にはぜひ聞いてほしい。洗練された作風が魅力のR&B作品だ。

Producer
Robin Hannibal

Track List
1. Prelude
2. Hurt You First
3. Sideline
4. Nobody
5. Last Night In Los Feliz
6. Girl Like Me
7. Day & Night
8. Constantly Dissatisfied
9. California
10. All I Need
11. Mulholland
12. Sideline feat. Jazmine Sullivan



a

I
Niia
Atlantic
2017-05-05

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ