melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

Atlantic

Cardi B - Invasion Of Privacy [2018 Atlantic]

2017年のデビュー・シングル”Bodak Yellow”が、ローリン・ヒルの”Doo Wop (That Thing)”以来、実に20年ぶりとなる女性ラッパーの単独名義の楽曲による1位を獲得したことで、一躍時の人となった、カルディBことベルカリス・アルマンザー。

ニューヨーク市ブロンクスで、ドミニカ系の父とトリニダード系の母の間に生まれた彼女は、家庭内暴力から逃れるために10代後半の頃には家を出て、ストリップ・クラブで働いていたという。

そんな彼女はSNSに投稿した写真で注目を集め、2015年には 初の自作曲となるシャギーの”Boom Boom”のリメイク作品を発表。その後も継続的に作品をリリースする一方で、リアリティ番組の「Love & Hip Hop: New York」にレギュラー出演するなど、個性的なキャラクターで注目を集めてきた。また、2018年初頭には、ブルーノ・マーズの"Finesse"のリミックス版に客演し、全米R&Bシングル・チャートを制覇したことも話題になった。

本作は、彼女にとって初のスタジオ・アルバム。プロデュースはDJマスタードやフランク・デュークスといったヒット・メイカー担当し、チャンス・ザ・ラッパーやミーゴスといった人気ミュージシャンがゲストとして集結するなど、華々しいデビューを飾った彼女に相応しいものになっている。

アルバムの収録曲で、真っ先に目を惹いたのはミーゴスを招いた”Drip”だ。ミーゴスやグッチ・メインにビートを提供しているアトランタ出身のプロデューサー、カシアス・ジェイがトラックを担当した作品だ。ミーゴスにも多くのビートを提供してきた彼が用意したのは、彼らのアルバムを連想させる。電子音を多用したトラップ。この上で各人が個性的なラップを繰り広げる光景は、単なるフィーチャリング作品というより、対等な関係でコラボレーションした楽曲に近い。キャリアの浅い新人にもかかわらず、ゲストの得意なスタイルに取り組みつつ、自分の個性を打ち出している点が印象的だ。

これに対し、彼女のデビュー曲である”Bodak Yellow”はジェイムス・ホワイトがビートを手掛けた作品。”Drip”に比べると、耳に刺さるような高音を効果的に使った、軽やかなサウンドが印象的な作品。クリス・ブラウンからYGまで、多くのミュージシャンが取り入れているトラップだが、この曲では高い音を適度に強調することで、ポップな印象を与えているのが面白い。

また、ボイ・ワン・ダにフランク・デュークスという、カナダ出身のクリエイター2名を起用した”Be Careful”は、”Boom Boom”を彷彿させるソフトな音色のシンセサイザーを使ったトラックが印象的なミディアム・ナンバー。柔らかい音を取り入れたトラックに乗せて、歌とラップを混ぜ合わせたヴォーカルを披露する姿は、レゲエがベースになっているものの、どこかドレイクパーティーネクストドアを彷彿させる。彼女の多芸っぷりが遺憾なく発揮された良曲だ。

そして、本作の隠れた目玉といっても過言ではないのが、Jバルビンとバッド・バニーをフィーチャーした”I Like It”だ。この曲で採用されたのは、個性豊かなトラックが並ぶアメリカのヒップホップ界でも、滅多に使われることのないサルサのリズム。アメリカ国内ではアフリカ系よりも多いといわれている、中南米をルーツに持つ人々の間では人気のダンス・ミュージックを取り込んだビートは、シンセサイザーを多用したこともあり、個性的でありながら、他のジャンルの音楽と一緒に聴いても違和感がない。自身も中南米をルーツに持つカルディと、プエルトリコ出身のバッド、コロンビア出身のバルビンの3人が、英語とスペイン語を織り交ぜながら、激しさと色っぽさを兼ね備えたパフォーマンスを披露する姿が心に残る名演だ。

このアルバムの面白いところは、様々な音楽が楽しまれる現在のアメリカを反映した、個性豊かなビートと、それを自在に乗りこなすカルディのラップ技術だろう。アメリカ南部のトラップをそのまま踏襲したものから、それらを咀嚼してポップス作品に落とし込んだもの、レゲエを組み入れたものや、ラテン音楽を取り入れたものなど、本作に収められている楽曲のトラックは、色々なスタイルが流行するアメリカ音楽シーンを象徴するような、非常にバラエティ豊かなものだ。しかも、彼女はこれらのビートの上で、トラックごとに柔軟にスタイルを変えつつ、きちんと自分の作品だとわかるラップを繰り出している。このトレンドを貪欲に取り入れる姿勢と、様々なサウンドを自分の音楽に昇華する技術が、彼女の音楽の魅力だろう。

女性や人種というアイデンティティを活かしつつ、それに囚われない普遍性を兼ね備えた面白いアーティスト。様々な出自のアーティストが色々な音楽に取り組み、多くの人を魅了する2018年を象徴する佳作だ。

Producer
DJ Mustard, Andrew Watt, Frank Dukes, Murda Beatz, Vinylz etc

Track List
1. Get Up 10
2. Drip feat. Migos
3. Bickenhead
4. Bodak Yellow
5. Be Careful
6. Best Life feat. Chance the Rapper
7. I Like It feat. Bad Bunny & J. Balvin
8. Ring feat. Kehlani
9. Money Bag
10. Bartier Cardi
11. She Bad feat. YG
12. Thru Your Phone
13. I Do feat. SZA






Charlie Puth - Voicenotes [2018 Atlantic]

作曲家として活動していた父を持ち、自身も子供の頃から自作曲を売ってお金を得ていたという、ニュージャージー州ラムソン出身のシンガー・ソングライター、チャーリー・プースことチャーリー・オットー・プースJr。

動画投稿サイトにアップロードした、ヒット曲のカヴァーが注目を集めた彼は、2010年に初のオリジナル作品”These are My Sexy Shades”を公開。その後も複数の動画を発表し、その多くが高い評価を受けた彼は、2015年にアトランティックと契約。同年にシングル”Marvin Gaye”でメジャー・デビューを果たした。

そんな彼の転機となったのは、2015年に発表されたウィズ・カリファのシングル”See You Again”への参加。映画「Furious 7」のサウンドトラックに収録されたこの曲は、亡き友への思いを切々と歌ったバラード。この曲で、胸を切り裂くようなサビを歌い上げたチャーリーは、ジャスティン・ティンバーレイクやロビン・シックの系譜に連なる、ブルー・アイド・ソウルのシンガーとして名を高めた。

本作は、アメリカ国内だけで100万枚以上を売り上げた1枚目のアルバム『Nine Track Mind』から、約2年の期間を挟んで作られた2枚目のスタジオ・アルバム。全ての収録曲でペンを執り、プロデュースも担当するなど、前作以上に自身の個性を強く打ち出した作品になっている。

本作の収録曲で真っ先に目を惹いたのは、2017年4月に発表された先行シングル”Attention”だ。 太い音色のギターを使った軽妙なアルペシオと、モダンな音のシンセサイザーを組み合わせた伴奏の上に、繊細な歌声が乗っかったアップ・ナンバーだ。生楽器と電子楽器を組み合わせた洗練された伴奏や、チャーリーの甘く爽やかな歌声は、黒人のR&Bシンガーとは一味違う高貴な雰囲気さえ感じる。

だが、本作の目玉はもう一つの先行シングル”How Long”だろう。跳ねるようなベースの音色とハンド・クラップを組み合わせた伴奏は、60年代のモータウンのソウル・ミュージックを思い起こさせる軽快なもの。その上で、流麗なメロディを歌い上げるチャーリーの姿が光るアップ・ナンバーだ。壁や塀の上を、宙を舞うように歩く不思議な雰囲気のミュージック・ビデオも、楽曲の軽やかな雰囲気を上手く表現している。

それ以外の曲では、ケラーニを招いた”Done For Me”も格好良い。ローファイなシンセサイザーの音色を使った伴奏は、ダフト・パンクが参加したウィークエンドの"I Feel It Coming"にも通じる近未来的な雰囲気のトラックと、滑らかなファルセットを活かした美しいメロディの組み合わせが聴きどころ。黒人シンガーの中では珍しい淡白な表現がウリのケラーニと、白人シンガーの中では異色の豊かな感情表現が武器のチャーリーによるデュエットもいい味を出している。

そして、本作の収録曲でも異彩を放っているのが、ボーイズIIメンとコラボレーションした”If You Leave Me Now”だ。チャーリーがリードを取り、ボーイズIIメンの3人がコーラスを担当したこの曲は、4人の声とフィンガー・スナップの音だけで作られた本格的なアカペラ作品。チャーリーが手掛けた清涼感溢れるメロディと、柔らかい4人の歌声、じっくりとメロディを聴かせる編曲が聴きどころ。ソウル・ミュージック以外の音楽にも精通したチャーリーが制作を主導したからか、AZ YETによるシカゴの楽曲のアカペラ・カヴァー"Hard to Say I'm Sorry"のような、ポップス色の強い作品に仕上がっている。

今回のアルバムでは、様々なジャンルの音楽の表現技法を組み合わせて、ソウル・ミュージックを新しい音楽に組み替えるチャーリーの制作技術が光っている。メロディやヴォーカル表現、アレンジの随所にソウル・ミュージックのエッセンスが盛り込みつつ、楽曲全体を通して聴くと、ロックやポップスの手法をふんだんに取り入れた、上品なポップスに纏めている。既に多くのミュージシャンに取り入れられてきたソウル・ミュージックのテクニックを用いつつ、他のジャンルの音楽の手法を加えることで、独自性を打ち出している点が彼の音楽の特徴だ。また、他のミュージシャンがあまり使わない、白人向けのポップスの技術を用いることで、奇をてらうことなく、新鮮な作品として聴かせられている点も大きいだろう。

アメリカ北東部の中流家庭に生まれ育った白人という、他の歌手とは異なる出自を生かして、ソウル・ミュージックに新しい解釈を持ち込んでくれたチャーリー。ロビン・シックやメイヤー・ホーソンとは異なるアプローチで、ソウル・ミュージックの魅力を引き出した面白いアルバムだ。

Producer
Charlie Puth, Pharrell Williams
Track List
1. The Way I Am 2. Attention
3. LA Girls
4. How Long
5. Done For Me feat. Kehlani
6. Patient
7. If You Leave Me Now feat. Boyz II Men
8. BOY
9. Slow It Down
10. Change feat. James Taylor
11. Somebody Told Me
12. Empty Cups
13. Through It All





VOICENOTES [CD]
CHARLIE PUTH
ATLANTIC
2018-05-11

Janelle Monáe - Dirty Computer [2018 Bad Boy, LLC, Atlantic]

アウトキャストの2006年作『Idlewild』に客演したことで表舞台に登場。同グループのビッグ・ボーイの口添えで、ショーン・コムズの知己を得たことをきっかけに、彼が経営するバッド・ボーイと契約。2007年に配信限定のアルバム『Metropolis』でメジャー・デビューを果たした、カンザス州カンザスシティ出身のシンガー・ソングライター、ジャネール・モネイことジャネール・モネイ・ロビンソン。

同作に収録された”Many Moons”がグラミー賞にノミネートするなど、個性的な音楽性が評価された彼女は、2010年に初のフル・アルバム『The ArchAndroid』発表。その後は、コンスタントに新曲を発表しながら、エイミー・ワインハウスやメイヤー・ホーソンとツアーを行う一方、役者としても「ムーンライト」や「ドリーム」などのオスカー作品で、存在感を発揮してきた。

本作は、自身名義の作品としては2013年の『The Electric Lady』以来、実に5年ぶりとなる3枚目のスタジオ・アルバム。プロデュースは、彼女が率いる音楽レーベル、ワンダーランド・アーツ・ソサエティに所属するネイト・ワンダーやチャック・ライトニング、ナナ・クワベナなどが担当。その一方で、ゲスト・ミュージシャンには、「ドリーム」のサウンドトラックでコラボレーションしたことも記憶に新しいファレル・ウィリアムスや、ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンなどが名を連ねるなど、自社のクリエイターと外部のアーティストを上手に使い分けた作品になっている。

アルバムの収録曲で一番最初に公開されたのは、クワベナとワンダーの共同プロデュース作品である”Django Jane”。音数を絞ったシンプルなトラックの上で、ラップと歌を織り交ぜたパフォーマンスを披露するミディアム・ナンバーだ。ラップと歌を組み合わせる手法と、一音一音を丁寧に聴かせるミディアム・テンポのビートは、パーティーネクストドアの作風にも少し似ている。

また、同日に発表された”Make Me Feel”は、テイラー・スウィフトやブリトニー・スピアーズの曲を書いたこともある、スウェーデンのプロダクション・チーム、マットマン&ロビンが制作したミディアム・ナンバー。軽やかなギターのカッティングを盛り込んだ伴奏は、ジェイムス・ブラウンが活躍していた時代のファンク・ミュージックを彷彿させるが、ビートなど含めたアレンジ全体に目を向けると、ブリトニーの新作に入っていても不思議ではない、ポピュラー・ミュージック作品に落とし込まれているから面白い。ヒップホップの枠組みに囚われない彼女の絶妙なバランス感覚と、それを引き出すプロダクション技術が光っている。

そして、本作のリリース直前に発売されたシングル曲”Pynk”は、ワンダーとロス・アンジェスを拠点に活動する気鋭のクリエイター、ワイン・ベネットをプロデューサーに起用したミディアム・ナンバー。フィンガー・スナップとシンセベースを組み合わせて、ドゥー・ワップの軽妙さとヒップホップの躍動感を一つの曲に同居させた演出が面白い。他の曲ではあまり見られない繊細なヴォーカルや、サビの箇所で挿入されるハードなギターの音色など、色々な演出を盛り込んで、楽曲に起伏をつけつつ、ひとつのストーリーを持った作品に落とし込むアレンジ聴きどころだ。

それ以外の曲では、”I Got The Juice”も見逃せない。映画「ドリーム」のサウンドトラックでもタッグを組んだ、ファレル・ウィリウアムスをフィーチャーしたこの曲は、ワンダーランド・アーツ・ソサエティ所属のクリエイターがトラックを制作。ファレルの作品ではあまり耳にしない音色を使いつつ、彼が作りそうなビートを組み立てるセンスが面白い。ファンクやロック、レゲトンやカリプソのエッセンスを盛り込みつつ、ヒップホップに落とし込むファレルの手法を自分の音楽の糧にした良曲だ。

今回のアルバムでも、彼女の音楽性は変わることなく、ロックやファンク、ポップスやエレクトロ・ミュージックの要素を飲み込んだ、独創的な音楽を披露している。そんな彼女の音楽の面白いところは、経営者としてのしたたかさとバランス感覚を、奇抜で先鋭的な音楽性と両立しているところだ。楽曲制作は彼女を中心に、自身が率いるワンダーランド所属のクリエイターで行いつつ、楽曲に彩を添えるフィーチャリング・アーティストには、ファレルやブライアンといった有名ミュージシャンを起用する。この、自身の音楽性と、商業的な成功の両方を大切にできる意志の強さと狡猾さが、彼女の魅力だと思う。

多くのミュージシャンが鎬を削り、生き馬の目を抜くような厳しい競争にさらされながらも、自分の強みを見失うことなく、したたかに世を渡る彼女の強さが発揮された良盤。華やかなスポット・ライトを浴びるポップ・スターであると同時に、自分や後進のために、新たな光を灯し続ける彼女の姿が印象的だ。

Producer
Janelle Monae, Nate “Rocket” Wonder, Chuck Lightning, Mattman & Robin etc

Track List
1. Dirty Computer feat. Brian Wilson
2. Crazy, Classic, Life
3. Take A Byte
4. Jane's Dream
5. Screwed feat. Zoë Kravitz
6. Django Jane
7. Pynk feat. Grimes
8. Make Me Feel
9. I Got The Juice feat. Pharrell Williams
10. I Like That
11. Don't Judge Me
12. Stevie's Dream
13. So Afraid
14. Americans





DIRTY COMPUTER
JANELLE MONAE
ATLAN
2018-04-27

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ