melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

BigHit

BTS - Love Yourself: Answer [2018 BigHit, Columbia, Def Jam]

2018年5月にリリースされた「Love Yourself: Tears」が、アジア系ミュージシャンとして史上初の全米アルバム・チャート1位を獲得したBTS。2018年には4万人規模のニューヨーク公演や2万人規模のロンドン公演を含む大規模な世界ツアーを敢行するなど、今やアジアを代表するヴォーカル・グループとなったBTS。

このアルバムは、前作から僅か3か月という短い間隔でリリースされた彼らの新作。『Love Yourself: Tear』と2017年の『Love Yourself: Her』の収録曲に、既発曲のリミックス版と新曲を加えたベスト盤のようなアルバムになっている。

本作の目玉は、何といっても先行シングルの”IDOL”だろう。彼らの楽曲の大半を手掛けてきたPdoggが制作を担当したこの曲は、韓国の伝統音楽、サムルノリの要素を盛り込んだトラックが格好良いダンス・ナンバー。ビートの組み方のせいか、東アジアの音楽というよりも、レゲエやレゲトンのような中南米の音楽っぽく聴こえる。変則ビートに強い女性ラッパー、ニッキー・ミナージュをフィーチャーしたバージョンでは、女性でありながら男性顔負けの攻撃的なラップを繰り出すニッキーの姿を堪能できる。

これに対し、”Best of Me”の共作者でもあるDJスウィベル達が制作に関わった”I'm Fine”は、エレクトリック・ミュージックを取り入れたビートと2010年頃の韓国のポップスのような、起承転結がはっきりしたメロディは、新しいサウンドを積極的に取り入れてきた彼らが歌うと新鮮に聴こえる。ファルセットを効果的に使ったロマンティックなポップスのメロディと、EDMを取り入れた躍動感のあるビートの組み合わせは、ビッグバンの”Haru Haru”にも似ている。

それ以外の曲では、スロウ・ラビットが手掛けたジンのソロ曲”Epiphany”も見逃せない。アコースティック・ギターを軸にした伴奏と、ジンの持ち味である甘い歌声と豊かな表現力を引き出すダイナミックなメロディが魅力の雄大なバラード。ソロ作品をリリースしているラップ担当の3人の存在感が大きいグループだが、彼らに見劣りしない優れたヴォーカリストがいることが、グループの魅力であることを再認識させてくれる良曲だ。

また、ディスク2に収められた既発曲のリミックスでは、”MIC Drop (Steve Aoki Remix)(Full Length Edition)”が一番の注目株。昨年末にリリースされ、アジア人歌手の楽曲としてはPSYの”Hangover”以来となる全米シングル・チャート25位を記録したこの曲。今回のアルバム版では、シングル版でデザイナーのラップに差し替えれていた冒頭のラップ・パートを、オリジナル版と同じJ-ホープとシュガのラップに戻した、ミュージック・ビデオや音楽番組で披露されているアレンジを採用している。前半のJ-ホープ&シュガによる韓国語によるラップ・パートから、英語のサビ、RMによる英語のラップまで、違和感なく繋ぐ、ヴォーカル・アレンジの巧みさは流石としか言いようがない。オリジナル版よりテンポが高く、歌い手の負荷が高いアレンジをシングルとしてリリースした度胸も恐ろしい。

余談だが、この曲は「オリジナルのトラックによる韓国語版」「オリジナルのトラックによる日本語版」「スティーヴ・アオキのトラックによる英語詞のリミックス版」「スティーヴ・アオキのトラックとデザイナーのラップを加えた英語版のリミックス版」と、複数のバージョンが作られ、その全てが別々の市場でヒットするという珍しい作品でもある。このことからも、彼らの音楽の汎用性の高さがうかがい知れる。

今回のアルバムは、2016年に『Wings』が各国のヒットチャートを席巻して以来、世界を相手に戦うようになった彼らの活動を総括したものになっている。

そして、本作を通して感じたのは、彼らの音楽の完成度と優れたバランス感覚だ。”Best Of Me”や”MIC Drop (Steve Aoki Remix)”のような欧米の尖ったクリエイターと組んだ曲や、”Airplane pt.2”や”IDOL”のような、アジアや中南米のサウンドを取り入れた曲に取り組む一方、”DNA”や”Fake Love”のように韓国のトレンドを踏襲した曲も多くを占めている。また、アルバムには、”Mic Drop”や”Tears”のようなラップが大部分を占める曲と、”The Truth Untold”や”Epiphany”のようなじっくりと歌を聴かせる曲がバランスよく配置されている。この、「アジアを代表する男性グループ」という自分達のポジションを踏まえつつ、欧米の音楽スタイルを積極的に取り入れる姿勢と、才能と人間的な魅力に恵まれたメンバーを揃え、全員の持ち味を引き出す姿勢。この二つを高いレベルで実現できたことが、彼らの独創的でバラエティ豊かな音楽を生み出している。

「7人が揃ってこそのBTS」であることを再確認させられる良作。とびぬけた個性を持つソロ・アーティスト達がしのぎを削る2018年。各メンバーが互いの個性を引き出し合うことで、表現の幅を広げる彼らの音楽は、2020年のトレンドを先取りするものと言っても過言ではないかもしれない。

Producer
Pdogg, Jordan "DJ Swivel" Young, Slow Rabbit, Andrew Taggart, "hitman" bang, Steve Aoki etc

Track List
1. Euphoria
2. Trivia 起 : Just Dance
3. Serendipity (Full Length Edition)
4. DNA
5. Dimple
6. Trivia 承 : Love
7. Her
8. Singularity
9. FAKE LOVE
10. The Truth Untold feat. Steve Aoki
11. Trivia 轉 : Seesaw
12. Tear
13. Epiphany
14. I'm Fine
15. IDOL
16. Answer : Love Myself

Disc 2
1. Magic Shop
2. Best Of Me
3. Airplane pt.2
4. Go Go
5. Anpanman
6. MIC Drop
7. DNA (Pedal 2 LA Mix)
8. FAKE LOVE (Rocking Vibe Mix)
9. MIC Drop (Steve Aoki Remix)(Full Length Edition)
10. IDOL feat. Nicki Minaj






BTSを起点に韓国のR&B、ヒップホップの重要アーティストを並べてみた。

2018年6月2日付のビルボード総合アルバム・チャート で、BTSの『Love Yourself: Tear』がアジア出身のアーティストとしては史上初、外国語作品としてはイル・ディーヴォの『Ancora』以来12年ぶりとなる1位を獲得した。この記録については色々な意見はあるけれど、ヒップホップやR&Bが好きな自分にとっては、彼らの記録は時間をかけて現代の形になった、韓国のヒップホップやR&Bの一つの到達点のように映った。そこで、今回は番外編として、韓国のヒップホップやR&Bの歴史で重要な役割を果たしたアーティストと楽曲を9組取り上げてみた。

選定基準は
1.韓国のヒップホップやR&Bに何らかの影響を与えた(と思う)アーティストであること
2.単純な売り上げだけでなく、後の時代に何らかの影響を与えた曲であること
この二つ。
それでは、一組ずつ紹介してみよう。


Seo Taiji & Boys – Come Get Some [1995]

韓国のR&B、ヒップホップを語るにあたって、避けて通れないのが90年代前半に一世を風靡した、3人組ダンス・ヴォーカル・グループ、セオ・タジ&ボーイズ。当時、アメリカで流行していたニュー・ジャック・スウィングを取り入れ、歌って踊れてラップもできた同グループは、歌謡曲が中心だった韓国の音楽市場にR&Bブームを巻き起こした。また、グループの解散後、メンバーのヤン・ヒュンソクは芸能事務所YGエンターテイメントを設立。後述するBIGBANGなどのヒップホップ・アクトを育て、韓国をアジア屈指のヒップホップ大国にした。

この曲は、95年にリリースされた4枚目のアルバム『Seo Taiji and Boys IV』に収録。前作『Seo Taiji and Boys III』でロックに取り組んで人々を驚かせた彼らは、このアルバムでDr.DreやIce-Tなどの成功によって注目を集めていた、アメリカ西海岸のヒップホップに挑戦。収録曲の大半が検閲(当時、韓国では検閲制度が存在した)に引っ掛かったという、ポップ・スターらしからぬ過激なリリックと、本場のギャングスタ・ラップにも見劣りしない重厚なサウンドが話題になった。余談だが、BTSは2016年に、セオ・タジの芸能生活25周年記念の企画で、この曲のリメイクにも挑戦している。原曲の雰囲気を残しつつ、21世紀を生きる彼らに合わせてリリックを書き直したラップは必聴。






1TYM – 1TYM [1998]

セオ・タジ&ボーイズ解散後、ヤン・ヒュンソクが立ち上げたYGエンターテイメントからデビューしたのが、4人組の男性グループ1TYM(ワンタイム)。曲の途中でラップを挟む、歌って踊れるヴォーカル・グループが主流の時代に、ラップを中心に据えた独自のスタイルで。後進に多くの影響を与えた。また、グループの解散後、中心人物のテディ・パクはプロデューサーに転身、BIGBANGの”Fantastic Baby”や2Ne1の”Fire”といったヒット曲を数多く手掛け、アジア屈指のヒット・メイカーとして歴史に名を残した。余談だが、BTSのラップ担当の3人は、オーディションの合格時に「1TYMみたいな(あまり踊らない)本格的なラップグループを作ろう」と口説かれたらしい(その後は言う由もがな)。


BTS - Love Yourself: Tear [2018 Big Hit Entertainment]

2016年にリリースしたアルバム『Wings』が世界的なヒットになったことで、その名を世界に知らしめた、韓国のボーイズ・グループBTS(漢字圏では「防弾少年団」表記)。

2017年には5作目のEP『Love Yourself: Her』を発表。全米総合アルバムチャートの7位に入り、63年に坂本九のベスト・アルバムが記録した14位を上回っただけでなく、アジア出身の歌手としては史上初のトップ10入りを達成するなど、アジアのポップス史に残る大きな成功を収めた。また、同作からのリカット・シングル”Mic Drop”スティーヴ・アオキによるリミックスは、全米総合シングル・チャートの25位に入り、ゴールド・ディスクを獲得。73年にピンクレディの”Kiss In The Dark”が残した37位を超えただけでなく、フィフス・ハーモニーの”Down”の44位を押さえて、ヴォーカル・グループ作品の同年最高位を記録するなど、多くの足跡を残した。

また、2018年に入るとラップ担当のJ-Hopeの初のソロ作品『Hope World』を公開。韓国出身のソロ・アーティストとしては最高記録となる、全米総合アルバム・チャートの38位に入っただけでなく、インターネット経由で無料ダウンロードも可能だったにも関わらず、初週だけで8000ユニットが購入されたことでーも話題になった。

そして、4月にはデフ・ジャム・ジャパンから発売されたシングル曲に新曲を加えた日本語アルバム『Face Yourself』を発表。外国人でありながら、男性グループの日本語作品で、初めて欧米のヒット・チャートに入るという珍しい記録も打ち立てた。

本作は、韓国語の録音作品としては『Love Yourself: Her』以来、約半年ぶりとなる新作。プロデュースは『Wings』同様、彼らの作品を数多く手掛けてきたビッグヒット所属のプロデューサー、Pドッグが大部分の曲を担当。それ以外にも”Mic Drop”のリミックスで腕を振るったスティーヴ・アオキや、タイラー・アコードといった海外のヒットメイカーが携わった曲や、メンバーのジョングクがプロデュースした曲も収めるなど、大きな成功を収めた後の作品とは思えない、堅実な構成のアルバムになっている。

アルバムからの先行シングル”FAKE LOVE”は、Pドッグのプロデュース作品。シンセサイザーを駆使してスタイリッシュに纏め上げたトラックと、滑らかなメロディの組み合わせは、アッシャートレイ・ソングスの近作を思い起こさせる。ミディアム・バラード向けのトラックで、テンポよく言葉を繰り出す3人のラップと、4人の色っぽい歌声の組み合わせが光る好曲だ。アメリカやヨーロッパで流行しているサウンドを取り入れつつ、きちんと韓国のポップスに落とし込んでいる。

続く、”The Truth Untold”は、スティーヴ・アオキとの2度目のコラボレーション曲。しかし、この曲が本作最大の曲者。伴奏にはシンセサイザーを多用しているものの、躍動感のあるビートも高揚感のあるフレーズも一切入っていない、切ない雰囲気のスロー・バラードなのだ。事前情報を一切入れずに聴いた人なら、まず、スティーヴの作品とは思わない、哀愁を帯びたメロディが魅力のバラード。だが、余計な情報を忘れて、純粋に音楽として聴くと、7人の個性豊かな歌声と、シンプルなメロディの相性が素晴らしいことに気づかされる。世界を相手に知恵と実力で戦ってきた両者らしい、意外性に富んだ発想と、高い実力が伺える楽曲だ。

また、それ以外の曲で見逃せないのは、Pドッグがプロデュースした”Airplane pt.2 ”だ。J-Hopeのソロ作品『Hope World』の収録曲の続編という位置づけだが、注目すべきはそのサウンド。レゲトンやサルサのエッセンスをふんだんに盛り込み、熱く妖艶な雰囲気のラテン・ポップスに落とし込んでいる。本場の歌手と比べても遜色のないエロティックなものになっている、ダディ・ヤンキーのスタイルを取り込んだRMやSugaのラップも堂に入っている。2017年にはルイス・フォンシの“Despacito”が世界的なヒットになり、2018年に入ってからも、韓国の男性グループ、スーパー・ジュニアがラシール・グレースをフィーチャーした“Lo Siento“をリリースするなど、北米を中心に世界の音楽市場で人気のある、中南米の音楽を取り入れた良曲だ。

そして、”The Truth Untold”以上に、異彩を放っているのがPドッグがプロデュースしたヒップホップ作品”Anpanman“だ。自らをアンパンマン(これは、グループ名の韓国語発音Bangtanに引っ掛けている)になぞらえ「僕には逞しい筋肉や特別な能力もないし、バットマンのような凄い自動車も持ってないけど、愛する君のところに直ぐに飛んでいくし、君のために全てを捧げるよ。だから(アンパンマンみたいに)僕の名前を呼んで(大意)」という、ウィットに富んだ歌詞と、レゲトンのリズムを取り入れた軽妙なサウンドの組み合わせが面白い曲だ。前作『Wings』でも、ケブ・モーの渋いブルース作品”Am I Wrong“をポップなダンス・ナンバーにリメイクしたことも記憶に新しい、彼らのセンスが遺憾なく発揮されている。

このアルバムの面白いところは、R&Bやヒップホップ、ラテン音楽のエッセンスをふんだんに取り入れながら、歌、ダンス、ラップを織り交ぜたパフォーマンスを繰り出す、ヴォーカル・グループの強みを遺憾なく発揮している点だ。平均年齢24歳(発売時点)という、若さを活かした爽やかな歌声と、厳しい鍛錬や年齢の割に豊富な音楽経験を活かした多彩な表現。様々なビートを乗りこなしてきたラッパー達の変幻自在なパフォーマンスが、個性豊かな楽曲の魅力を引き出しつつ「彼らの音楽」に落とし込むのに一役買っている。また、バラードを含むバラエティ豊かな楽曲が、ハードで複雑なパフォーマンスが魅力の彼らの手によって、ステージではどのように披露されるのか、想像を掻き立てるものになっている点も見逃せない。

スパイス・ガールズが「イギリス人らしさ」を、ジャスティン・ビーバーが「カナダ人らしさ」を打ち出すよりも、「自分らしさ」を前面に押し出して多くの人から愛されたように、「韓国人らしさ」よりも「BTSらしさ」を強くアピールすることで、流行のサウンドを自分達の音楽に昇華させた魅力的な作品。新しい音を取り込みながら、あくまでもポップスターであり続ける、センスの良さとバランス感覚が光る親しみやすさと奥深さが心に残る名盤だ。

Producer
Pdogg, Steve Aoki, lophiile, Jungkook, Hiss noise, ADORA etc

Track List
1. Intro : Singularity
2. FAKE LOVE
3. The Truth Untold feat. Steve Aoki
4. 134340
5. Paradise
6. Love Maze
7. Magic Shop
8. Airplane pt.2
9. Anpanman
10. So What
11. Outro : Tear




記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ