melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

Caroline

Vivian Green - VGVI [2017 Make Noise, Caroline]

ヴィヴィアン・グリーンことヴィヴィアン・サキーヤ・グリーンは、ペンシルベニア州フィラデルフィア出身のシンガー・ソングライター。

子供のころからピアノを演奏し、自作曲を生み出していた彼女は、13歳の時に4人組の女性ヴォーカル・グループ、ユニーク(Younique)に加入。97年にはボーイズIIメンの97年作『Evolution』の収録曲”Dear God”でソングライターとしてデビューすると、その後はソング・ライターやバック・コーラスとして活動、ジル・スコットなどのツアーに帯同するなど、多くの仕事をこなすようになった。

このアルバムは、2015年の『Vivid』から約2年ぶりとなる、通算6枚目のスタジオ・アルバム。前作も扱っている自身のレーベル、メイク・ノイズからのリリースで、配給は前作に引き続き、クリセット・ミシェルやジョニー・ギルの作品を配給しているヴァージン傘下のキャロライン。プロデュースは彼女に加え、他の作品にも携わっているクワメ・ホランドやフィリップ・ランドルフが担当し、ゲストには ミュージック・ソウルチャイルドやシャリッサ・ザ・ヴァイオリンディーヴァが名を連ねた、本格的なソウル作品担っている。

アルバムの実質的な1曲目は、初期のカニエ・ウエスト作品を思い起こさせる、ソウル・ミュージックをサンプリングしたような伴奏が格好良い”Vibes”。声ネタなどを多用し、ヒップホップ色を強めたトラックと、その上でゆったりと歌うヴォーカルが心地よいミディアム。クリセット・ミッシェルシリーナ・ジョンソンなど、ヒップホップを取り入れたスタイルのソウル・ミュージックに取り組んでいる女性シンガーは少なくないが、この曲は他の人の作品よりもワイルドな印象。

また、本作に先駆けてリリースされた”I Don't Know”は、ウェイン・ワンダーやルシアーノなどのレゲエ・シンガーを彷彿させる甘酸っぱいメロディと歌声、陽気でまったりとした雰囲気のトラックが心に残るスロー・ナンバー。レゲエ歌手には伴奏に合わせて、柔らかく歌う歌手が多い中、所々で力強い歌声を響かせる姿が印象的。

だが、本作のハイライトは何といってもフィリップ・ランドルフが制作に参加した”Happy With You”だろう。シンセサイザーを軸にしたシンプルな伴奏をバックに、丁寧にメロディを歌う彼女の姿が印象的なスロー・ナンバー。ギターやドラムの生演奏が主体の50年代から、延々と使われてきた古典的なアレンジとメロディを、豊かな表現力と歌声で新鮮な音楽に聴かせる技は圧巻の一言だ。

そして、ミュージック・ソウルチャイルドを招いた “Just Like Fools”は、同曲の路線を踏襲したバラード、グラマラスで器用な歌が魅力のヴィヴィアンと、柔らかい声と武骨な歌唱が魅力のミュージックの個性がぶつかり合う、ダイナミックなバラード。高い技術とパワーを兼ね備えた両者の持ち味が遺憾なく発揮された名演だ。

彼女のアルバムは、シャンテ・ムーアレイラ・ハザウェイといった歌唱力をウリにした女性シンガーと比較しても保守的な作品に映る。緻密ではあるが、奇抜なアレンジは皆無で、彼女がキャリアをスタートした90年代のR&Bをベースに、ヴォーカルの表現を駆使して楽曲に様々な表情を与えている。その姿は、アレサ・フランクリンやエッタ・ジェイムスといった、ずば抜けた歌唱力を武器に、色々な曲に魂を吹き込んだ名シンガーを思い起こさせる。

「歌」の可能性を極限まで突き詰めた、高い実力を持つ歌手による本格的なヴォーカル作品。斬新なサウンドが次々と生まれる2018年では歌の持つ無限の可能性が堪能できる数少ないアルバムだ。

Producer
Vivian Green, Kwame Holland, Phillip "Phoe Notes" Randolph

Track List
1. Overture
2. Vibes
3. Promise
4. I Don't Know
5. That's What Love Can Do
6. 1st Time (Again)
7. Happy With You
8. Just Like Fools [Revisited] feat. Musiq Soulchild
9. Chances
10. Mutual Feelings feat. Charisa the Violindiva
11. Supa Dope Fresh Beat Show (Interlude)
12. Sunglasses
13. Stop Sleeping (See the Light)



Vgvi
Vivian Green
Make Noise Llc
2017-10-06

Mavis Staples - Mavis Staples: I'll Take You There: An All-Star Concert Celebration [2017 Caroline International]

メイヴィス・ステイプルズはイリノイ州シカゴ出身のシンガー・ソングライター。1950年に家族と結成したゴスペル・グループ(後のステイプル・シンガーズ)の一員として音楽活動を開始し、53年にシングル『These Are They / Faith And Grace』でレコード・デビュー。その後は”I’ll Take You There”や”Respect Yourself”、”Let's Do It Again”などの後世に語り継がれる名曲と、多くのアルバムを残し、2000年にはロックの殿堂入りも果たしている。

また、彼女自身は69年に初のソロ・アルバム『Mavis Staples』を発表。以後、2016年までに14枚のアルバムと30枚以上のシングルを発表。近年はベン・ハーパーやボン・イヴェールのジャズテン・ヴァーノンを起用したアルバムを発表したり、アーケード・ファイアやゴリラズの作品に客演したりするなど、70歳を超えた今も一線で活躍している。(余談だが、ゴリラズのツアーには映像で参加している)

このアルバムは、彼女の生誕75歳を祝って行われたコンサートを収めたライブ盤。多くの後輩ミュージシャン(といっても、現役のミュージシャンで、彼女より先にデビューした人は殆どいないが)が集結し、ステイプル・シンガーズやソロ名義で発表した名曲を披露している。

本作のトップ・バッターを飾るのは、ケンタッキー州出身のベテラン女性シンガー・ソングライターのジョーン・オズボーン。69年の初ソロ作『Mavis Staples』に収められている”You're Driving Me”に取り組んでいる。フレッド・ブリッジ作の泥臭いソウル・ミュージックを忠実に再現する歌唱力は圧巻の一言だ。

その後は、ケブ・モーやオーティス・クレイら、ベテラン・シンガー達が彼女のキャリアを祝福する名演奏を披露し、本日の主役、メイヴィスへと繋いで行く。

彼女のステージは、ステイプル・シンガーズの名義で71年に発表した”Respect Yourself”でスタート。ニューオーリンズを代表するR&Bバンド、ネヴィル・ブラザーズの一員であるアーロン・ネヴィルと披露したデュエットは、長いキャリアと豊富な実績が反映された、パワフルな歌唱と豊かな表現力が存分に発揮された名演だ。30年以上前にリリースされた曲を、現在の自分達に合わせてアレンジし直す技術が見どころだ。

これに対し、本作の収録曲では最も新しい、2013年のアルバム『We'll Never Turn Back』が初出の”Turn Me Around”は、御年67歳のベテラン・ブルース・シンガー、ボニー・レイットとのコラボレーション。ボニーが鳴らす荒々しいギターの音色をバックに、力強いヴォーカルを披露するメイヴィスの姿が印象的な名演だ。遥か昔に還暦を迎えたとは思えない二人の、パワフルなパフォーマンスを堪能してほしい。

そして、本作の最後を飾るのは、ザ・バンドが68年のアルバム『Music from Big Pink』で発表し、ステイプル・シンガーズが同年のアルバム『Soul Folk In Action』で取り上げた”The Weight”だ。原曲がザ・バンドの作品だけあって、ブルースやロックのミュージシャンが多数参加している本作のバンド・メンバーとは相性が良い。近年はロック畑のミュージシャンと共演することの多いこともあり、ステイプル・シンガーズ時代にはないロックの繊細な表現への適応力を見せている。

今回のステージでは、ブルースやソウル、ロックなど、色々な分野で活躍するベテランが集まり、老練した技で彼女のキャリアを総括、祝福している。だが、一番輝いているのは、豪華なゲストを前に、圧倒的な歌唱力を見せている主役のメイヴィスだと思う。何十年も前に発表した楽曲を、現在の声質や技術に合わせて巧みにアレンジし、現在の彼女の音楽に仕立て上げる技術は稀有なものだと思う。

豊富な実績を誇る名手たちによる、名シンガーへの最高の祝福。本作を堪能した後は、参加ミュージシャンや彼女のオリジナル・アルバムにも耳を傾けてほしい。ポピュラー音楽の奥深い世界を堪能できると思う。

Producer
Keith Wortman

Track List
Disc 1
1. Joan Osborne - You're Driving Me
2. Keb' Mo' - Heavy Makes You Happy
3. Otis Clay - I Ain't Raisin' No Sand
4. Buddy Miller - Woke Up This Morning
5. Patty Griffin - Waiting For My Child To Come Home
6. Emmylou Harris - Far Celestial Shore
7. Michael McDonald - Freedom Highway
8. Glen Hansard - People Get Ready
9. Mavis & Aaron Neville - Respect Yourself
10. Widespread Panic - Hope In A Hopeless World
11. Ryan Bingham - If You're Ready (Come Go With Me)
12. Grace Potter - Grandma's Hands
13. Eric Church - Eyes On The Prize
Disc 2
1. Taj Mahal - Wade In The Water
2. Gregg Allman - Have A Little Faith
3. Mavis & Bonnie Raitt - Turn Me Around
4. Gregg Allman, Taj Mahal, Aaron Neville, Bonnie Raitt, & Mavis Staples - Will The Circle Be Unbroken
5. Mavis, Win Butler & Régine Chassagne - Slippery People
6. Mavis & Jeff Tweedy - You Are Not Alone
7. Mavis Staples - I'll Take You There
8. Mavis & everybody: Encore: The Weight




Mavis Staples I'll Take You There: All-star Concert Celebration
オムニバス(コンピレーション)
Caroline
2017-06-01

Chrisette Michele - Milestone [2016 Caroline Records, Rich Hipster]

社会学者と父と心理学者の母の間に生まれ、彼女自身もマルーン5のアダム・レヴィンやフージーズのワイクリフ・ジョンを輩出したファイブ・タウン・カレッジでヴォーカル・パフォーマンスを専攻。卒業後には、プロのシンガーとして活動を開始し、レコード・デビュー前の新人にも関わらず、ジェイZの”Lost One”や、ナズの”Can't Forget About You”、ゴーストフェイス・キラーの”Slow Down”など、名だたる大物の楽曲にフィーチャーされてきた、ニューヨークのセントラル・アイスリップ地区出身のシンガー・ソングライター、クリセット・ミッチェルこと、クリセット・ミッチェル・ペイン。

2007年にデフ・ジャムから満を持してデビュー作『I Am』を発表すると、20代前半(当時)とは思えない、貫禄のある落ち着いた歌唱と妖艶な歌声を披露。おしゃれな音楽に敏感な人から、熱狂的なソウル愛好家まで、多くの人々から注目を集めた。中でも、アルバムのオープニングを飾る”Like A Dream”は、近年でもラジオやライブの開演前BGMなどでしばし耳にするR&Bクラシックとなっている。

その後も、2015年までにデフ・ジャムやモータウンなどから、3枚のフル・アルバムと3枚の1枚のEP、3作のミックス・テープを発表。その一方で、自身名義のツアーをこなしつつ、メアリーJ.ブライジやキーシャ・コールの公演にも携わるなど、多忙な日々を送ってきた。だが、激務の中でも作品の質は衰えることなく、2009年にはウィル・アイ・アムをフィーチャーした”Be OK”でグラミー賞を獲得。他の作品でも、グラミー賞やソウル・トレイン・アワードなど、多くの音楽賞にノミネート、好セールスを記録してきた。

今回のアルバムは2015年に発表したEP『The Lyricists' Opus』と同じく、自身のレーベル、リッチ・ヒップスターからのリリース。配給元がモータウンからキャロラインに変わったが、制作の指揮をデビュー作から彼女の録音に携わっているダグ・エリソンがプロデュースを担当するなど、新たな環境でもスタイルを大きく変えることなく、従来の路線を踏襲した、豪華でロマンティックな大人向けのR&B作品に纏め上げている。

アルバムに先駆けて発表されたシングル曲”Unbreakable”は、シンセサイザーの低音を効果的に使ったスタイリッシュな伴奏と、ミッチェルのセクシーな歌声が格好良いミディアム・ナンバー。地声を使って歌うメロディ部分から、喉の負担が心配になるほど強烈な裏声を響かせるサビへと続く難解なメロディ楽曲を作り、歌ってしまう彼女の作曲技術と歌唱力にはびっくりしてしまう。

一方、フレンチ・モンタナなどを手掛けてきた、アンソニー・ノリスが携わっている”To the Moon”は、重厚なビートの上で、喉を絞った荒々しい歌声を張り上げるミディアム・バラード。メロディ部分で多用される中~低音域の力強い歌声は、タイプこそ違うがビヨンセの声と少し似ている気がする。壮大なスケールのメロディと、それを引き立てる荘厳なトラックはアデルの”Hello”にも見劣りしない、高い完成度が光る楽曲だ。

これに対し、ヤング・ストークスが手掛けた”Soulmate”は、音量を抑えた繊細なシンセサイザーの伴奏に乗って、繊細な表現を聴かせるスロー・ナンバー。芯の太い声で囁きかけるように歌う彼女の姿が光る、ロマンティックな楽曲。デビュー当時から表現の幅は広い歌手だったが、この曲ではその技術に一層の磨きをかけたように見える。

そして、2014年のアルバム『Mali Is...』も記憶に新しいマリ・ミュージックとのデュエット曲”Reinvent the Wheel”は、ホセ・ジェイムスの『 Love in a Time of Madness』を手掛けているアンタリオ・ホルムズが手掛けたアップ・テンポよりのミディアム。ピットブルやエイコンの作品を彷彿させる、鮮やかな音色のシンセサイザーを使ったトラックをバックに、ラップと歌を織り交ぜたパフォーマンスを披露している。一つ一つの言葉を丁寧に紡ぎ出す真摯な姿勢が光るミッチェルを横目に、子供がボールで遊んでいるかのように、軽妙でリズミカルなラップを聴かせるマリの対照的な姿も面白い。

デビューから10年近く経ち、新しい流行が次々と生まれる中で発表された新作だが、今回のアルバムでも、彼女の作風はぶれることなく、少しずつだが着実に、磨き上げてられているように映った。彼女の音楽は、ビヨンセやリアーナのような爆発的なヒットや、トレンドをけん引する先進性には乏しいかもしれないが、発表から長い時間が経っても聴かれ続けているこれまでの作品のように、長きに渡って愛される求心力と普遍性があると思う。

シンプルだが味わい深い、スルメイカのようなR&B作品。新しい音楽を追いかけるのに疲れたとき、ふと手に取りたくなる隠れた名作だと思う。

Producer
Doug "Biggs" Ellison, Young Strokes, Blickie Blaze, Antario Holmes, Austin Powers

Track List
1. Diamond Letter
2. Steady
3. Meant to Be feat. Meet Sims
4. Soulmate
5. Unbreakable
6. To the Moon
7. Make Me Fall
8. Equal feat. Rick Ross
9. These Stones
10. Indy Girl
11. Us Against the World
12. Reinvent the Wheel feat. Mali Music





Milestone
Chrisette Michele
Rich Hipster
2016-06-10

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    読者登録
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ