ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

Columbia

Syd - Always Never Home [2017 The Internet, Columbia]

フランク・オーシャンタイラー・ザ・クリエイターなどを擁するオッド・フューチャーの一員として活動し、同クルーのメンバーでもあるマット・マーシャンと結成したバンド、ジ・インターネットでグラミー賞にもノミネートしているロス・アンジェルス出身のシンガー・ソングライター、シドことシド・バレット。

2017年には、ソロ名義では初のフル・アルバムとなる『Fin』コロンビアからリリース。全ての曲で彼女自身がペンを執る一方、ジ・インターネットの中でも特に先進的な作風で注目を集めているスティーヴ・レイシーや、ヒットメイカーのアンソニー・キルホッファーやヒット・ボーイなど、バラエティ豊かなクリエイターを起用。新しい音楽に敏感なファンや批評家から高く評価された。

その後も、シカゴ出身のラッパー、ヴィック・メンサや韓国のR&Bシンガー、ディーンの作品に客演するなど、様々なミュージシャンとコラボレーションを重ねてきた彼女。本作は、そんな彼女にとって前作から7ヶ月ぶりの新作となる3曲入りのEPだ。

このEPでも、過去の作品同様、彼女自身が全ての曲の制作に関わっている。しかし、共作者の顔ぶれは大きく変わっており、アムステルダム在住のクリエイター、フル・クレイトやジ・インターネットの元メンバーで、サンダーキャットの兄弟としても知られているジャミール・ブルーナなどが参加、新しいサウンドを積極的に取り入れている。

本作の1曲目は、ニッキーミナージュの”Anaconda”や モニカの”Call My Name”などを手掛けているブルックリン出身のプロデューサー、アノニマスを起用した”Moving Mountains”。アノニマスが手掛けてきた、モニカやシアラの作品のような、キラキラとしたシンセサイザーの音色を使ったトラックと、シドの語り掛けるような歌唱のコンビネーションが魅力のミディアム・ナンバーだ。流行のサウンドを使ったトラックは彼女の作品ではそれほど多くなかったので、逆に新鮮に感じられる。

続く、”Bad Dream / No Looking Back”は、ジョデシーの”What About Us”をサンプリングしたミディアム・ナンバー(余談だが、同曲はザップの”Computer Love”をサンプリングしているため、この曲のソングライターにはロジャー・トラウトマン達の名前も入っている)。ゾなどの作品に携わっているグウェン・バンとケンドリック・ラマードレイクを手掛けているリッチ・リエラの二人がプロデュースしたこの曲は、これまでの彼女の楽曲以上に抽象的なメロディが印象的。彼女が透き通った声で囁きかけるように歌う摩訶不思議なメロディと、随所に小技を仕込んだ陰鬱なトラックが光る佳曲だ。

そして、本作の最後を飾る”On the Road”は、フル・クレイトとジャミール・ブルーナが制作にかかわっている曲。テルミンのようなフワフワとした音色のシンセサイザーを使った浮遊感のあるトラックに乗って、地声を多用した重々しいヴォーカルを聴かせるダークな雰囲気のミディアム・ナンバー。曲の途中でビートを変えることで楽曲に起伏を付けつつ、曲の雰囲気に一貫性を持たせるヴォーカルとアレンジのテクニックは流石としか言いようがない。

この作品では、今まで組んだことのないプロデューサー(といってもジャミールはジ・インターネットの同僚だが)を迎えて、自身のスタイルをベースにしつつ、新しい曲調に挑戦している。シアラやモニカのようなシンセサイザーを多用した現代的なR&Bのサウンドに、ケンドリック・ラマーやドレイクが採用するような電子楽器を駆使したヒップホップ色の強いトラック、ケイトラナダやサンダーキャットのようなエレクトロ・ミュージック色の強いビートなど、色々な音を積極的に取り入れながら、しっかりと自分の色に染め上げる技術は、強烈な個性でのし上がった彼女にしかできないものだと思う。

ビヨンセやメアリーJ.ブライジとは違うアプローチで、自身の個性を確立した彼女の持ち味を発揮しつつ、新しい一面をしっかりとみせてくれた魅力的なEP。これは次回作も期待できそうだ。

Producer
Anonxmous, Gwen Bunn, Ricci Riera, Full Crate, Jameel "Kintaro" Bruner

Track List
1. Moving Mountains
2. Bad Dream / No Looking Back
3. On the Road






Tyler, The Creator - Scum Fuck Flower Boy [2017 Columbia]

フランク・オーシャンやジ・インターネットなどを輩出した、ロス・アンジェルス発の実力派ヒップホップ集団、オッド・フューチャー。その中心人物が、カリフォルニア州ラデラ・ハイツ出身のラッパーでプロデューサー、タイラー・ザ・クリエイターことタイラー・グレノリー・オコンマだ。

ナイジェリア系アメリカ人の父と、アフリカ系アメリカ人の母親の間に生まれた彼は、7歳の頃からジャケットのイラストを描くようになり、14歳になるとピアノも演奏するようになる。

16歳でオッド・フューチャーを結成した彼は、18歳の時に、自身の名義では初の録音作品となるミックステープ『Bastard』を発表。自主制作の作品ながら、音楽情報サイトの年間ランキングで32位を獲得するなど、高い評価を受けた。その後も、自身の名義で3枚を発表する一方、クルーの中心人物として多くの作品を収録。2017年に入ってからは、フランク・オーシャンの”Bikingに客演して話題になった。

そんな彼にとって、自身名義では4枚目のフル・アルバムにして、初のメジャー・レーベル配給作品となるのが本作。全ての曲を自らの手でプロデュースし、ゲストにはフランク・オーシャンやジ・インターネットのスティーヴ・レイシー(ただし、彼はオッド・フューチャーのメンバーではない)のようなオッド・フューチャーと縁の深い人のほか、エイサップ・ロッキーやリル・ウェインなどの人気アーティストが参加した意欲作になっている。

アルバムに先駆けて発表された”Who Dat Boy?”は、エイサップ・ロッキーをフィーチャーした楽曲。サイレンのようなシンセサイザーのリフが不気味な雰囲気を醸し出している。電子楽器を多用した作品だが、デビュー当初のウータン・クランを思い起こさせる、おどろおどろしいビートが格好良い。そんなトラックの上で、ワイルドなラップを聴かせる二人の存在も光っている。

これに対し、カップリング曲の”911/Mr. Lonely ”は、フランク・オーシャンとスティーヴ・レイシーがゲストで参加。バック・コーラスにはスクール・ボーイQやジャスパー・ドルフィンも加わるなど、オッド・フューチャー色の強い作品。前半部分の”911”は、多くのヒップホップ作品にサンプリングされてきたギャップ・バンドの”Outstanding”を使用したミディアム・ナンバーで、シンセサイザーの音色を効果的に使いながら、ビートの音圧を落としたトラックを用意することで、ロマンティックな曲に仕上げている。流れるように言葉を繋ぐ、歌うようなラップも、メロウなビートと合っている。また、後半の”Mr. Lonely”は90年代のジャーメイン・デュプリを連想させる、躍動感溢れるチキチキ・サウンドが格好良い曲。前半との流麗なトラックとのギャップもあり、強烈なインパクトを感じさせる。

また、もう一つのシングル曲”Boredom”は電子音楽畑のシンガー、レックス・オレンジ・カントリーとアンナ・オブ・ザ・ノースを招いた曲。電子楽器を多用しつつ、往年のソウル・シンガーの作品を彷彿させる、生演奏っぽいアレンジのトラックを作ることで、斬新さと親しみやすさを両立している。フィーチャリング・シンガー達の繊細な歌声が、太く荒々しいタイラーのラップを際立たせている点も見逃せない。

今回のアルバムは、彼にとってメジャー・デビュー作品だが、リスナーの目を意識したポップス志向や、豪華なゲストを集結させることもなく、あくまでもマイペースに、自身の音楽を貫いているように見える。既に、ソロ活動やプロデューサー、クルーの中心人物として多くの実績を上げてきた自信もあるのだろうが、フランク・オーシャンやジ・インターネット、そのメンバーであるシド(ただし、彼女はソロ・デビューの時点でクルーを離れている)やマット・マーシャンズが次々と成功を収めるなど、彼らのサウンドが注目を集めていることを踏まえて、敢えて自身の作風を貫いているようにも映る。

彼に先駆けてメジャー・デビューを果たした、クルーの面々にも負けず劣らずの先鋭的かつ緻密な作品。「大物は最後にやってくる」を体現したような、充実した内容と安定感が魅力の傑作だ。

Producer
Tyler, The Creator

‎ Track List
1. Foreword feat. Rex Orange County
2. Where This Flower Blooms feat. Frank Ocean
3. Sometimes...
4. See You Again feat. Kali Uchis
5. Who Dat Boy? feat. ASAP Rocky
6. Pothole feat. Jaden Smith
7. Garden Shed feat. Estelle
8. Boredom feat. Rex Orange County and Anna of the North
9. I Ain't Got Time!
10. 911 / Mr. Lonely feat. Frank Ocean and Steve Lacy
11. Dropping Seeds feat. Lil Wayne
12. November
13. Glitter
14. Enjoy Right Now Today






Various Artist - Despicable Me 3: Original Motion Picture Soundtrack [2017 Columbia, Sony]

90年代以降、プロダクション・チーム、ネプチューンズの一員として多くのヒット曲を送り出し、2014年には各国のヒット・チャートを制覇したシングル”Happy”を含むアルバム『GIRL』が大ヒット。2016年には映画「Hidden Figures(邦題:ドリーム)」の音楽を手掛けている、シンガー・ソングライターのファレル・ウィリアムス。2017年に入ってからも、サンダーキャットの”The Turn Down”や、カルヴィン・ハリスの”HeatStroke”など、多くのヒット作に携わっている彼にとって、約1年ぶりとなる自身名義での新作。

「Despicable Me」は、「怪盗グルー・シリーズ」として知られるアメリカの人気アニメーション映画。 ファレルはスピンオフ作品の「ミニオンズ」を除く、同シリーズの全ての作品に楽曲を提供しており、彼の代表曲である”Happy”も、元々は2013年に公開された「怪盗グルーのミニオン危機一髪」のサウンド・トラックに収められていたものだった。

本作は、同シリーズの3作目「怪盗グルーのミニオン大脱走」のサウンドトラック。ファレルはこのアルバムで、マイケル・ジャクソンの”Bad”などの既発曲と、ミニオンズによるキャラクター・ソングを除くほぼ全ての曲を制作している。

アルバムに先駆けて公開された”Yellow Light”は、ネプチューンズがバスタ・ライムズに提供した”What It Is”を連想させる、ピコピコという電子音が印象的なミディアム・ナンバー。80年代のゲーム音楽のようなトラックをバックに、軽快な歌声を聴かせるファレルの姿が光っている。曲の途中でビートを変える演出は、ヒップホップとポップスの両分野で活躍してきたファレルらしいものだ。

それ以外の曲では、本作で悪役、バルタザール・ブラットを演じているトレイ・パーカー(日本でもヒットしたコメディ・アニメ「サウスパーク」の作者としても有名だ)とのコラボレーション曲”Hug Me”も気になるところだ。歌手の経験もあるトレイだけあって、ファレルの作る奇抜な曲もきちんと乗りこなしている。劇中と同じ声色で歌っているのかは未確認だが、両者の持ち味が発揮されたポップ・ナンバーだと思う。

一方、ファレルのソロ曲である”Doowit”は、”Happy”を彷彿させる躍動感溢れるトラックと軽妙なメロディが印象的なアップ・ナンバー。本作には”Bad”や”Take On Me”など、ポップスの名曲が数多く収録されているが、それらの流れを汲んだ楽しくキャッチーな曲だ。

また、今年の5月に亡くなった伝説のロック・ミュージシャンから名前を貰った”Chuck Berry”は、ファレルの得意なサウンドを使いつつロックンロールに挑戦した、本作でも異色の楽曲。ゴム毬のように跳ねるビートを核に据え、女性コーラスや太いエレキギター、ホーンの音色やハンド・クラップなどを組み合わせて、ポップでダイナミックなロックンロールの雰囲気を再現した作風は新鮮だ。R&Bやヒップホップで使われる機材で、多彩な楽曲を生み出すセンスは流石としか言いようがない。

今回のアルバムはアニメーション映画のサウンド・トラックだが、子供向けの音楽という印象は感じられない。N.E.R.D.や自身名義の作品では、ヒップホップやR&B、ソウル・ミュージックをベースにしながら、多彩なアレンジを施した楽曲で私達を楽しませてきたファレルだけあって、本作のポップな世界観にマッチしつつ、楽曲単体でも十分に楽しめる素晴らしい音楽を作り上げている。このセンスと技術が、彼を音楽業界のトップに導いたのだろう。

ポピュラー・ミュージック界の鬼才が、その能力を遺憾なく発揮した佳作。子供から大人まで、あらゆる年代の人にブラック・ミュージックの魅力を伝えてくれそうだ。

Producer
Pharrell Williams etc

Track List
1. Yellow Light - Pharrell Williams
2. Hug Me - Pharrell Williams & Trey Parker
3. Bad - Michael Jackson
4. Take On Me - A-Ha
5. Papa Mama Loca Pipa - The Minions
6. There's Something Special - Pharrell Williams
7. Tiki Tiki Babeloo - The Minions
8. Freedom - Pharrell Williams
9. Doowit –Pharrell Williams
10. 99 Luftballons - Nena
11. Into The Groove - Madonna
12. Chuck Berry - Pharrell Williams
13. Fun, Fun, Fun - Pharrell Williams
14. Despicable Me - Pharrell Williams
15. Despicable Me 3 Score Suite - Heitor Pereira
16. Malatikalano Polatina - The Minions






Despicable Me 3
Various
DESPICABLE ME 3
2017-06-23

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ