melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

Columbia

BTS - Love Yourself: Answer [2018 BigHit, Columbia, Def Jam]

2018年5月にリリースされた「Love Yourself: Tears」が、アジア系ミュージシャンとして史上初の全米アルバム・チャート1位を獲得したBTS。2018年には4万人規模のニューヨーク公演や2万人規模のロンドン公演を含む大規模な世界ツアーを敢行するなど、今やアジアを代表するヴォーカル・グループとなったBTS。

このアルバムは、前作から僅か3か月という短い間隔でリリースされた彼らの新作。『Love Yourself: Tear』と2017年の『Love Yourself: Her』の収録曲に、既発曲のリミックス版と新曲を加えたベスト盤のようなアルバムになっている。

本作の目玉は、何といっても先行シングルの”IDOL”だろう。彼らの楽曲の大半を手掛けてきたPdoggが制作を担当したこの曲は、韓国の伝統音楽、サムルノリの要素を盛り込んだトラックが格好良いダンス・ナンバー。ビートの組み方のせいか、東アジアの音楽というよりも、レゲエやレゲトンのような中南米の音楽っぽく聴こえる。変則ビートに強い女性ラッパー、ニッキー・ミナージュをフィーチャーしたバージョンでは、女性でありながら男性顔負けの攻撃的なラップを繰り出すニッキーの姿を堪能できる。

これに対し、”Best of Me”の共作者でもあるDJスウィベル達が制作に関わった”I'm Fine”は、エレクトリック・ミュージックを取り入れたビートと2010年頃の韓国のポップスのような、起承転結がはっきりしたメロディは、新しいサウンドを積極的に取り入れてきた彼らが歌うと新鮮に聴こえる。ファルセットを効果的に使ったロマンティックなポップスのメロディと、EDMを取り入れた躍動感のあるビートの組み合わせは、ビッグバンの”Haru Haru”にも似ている。

それ以外の曲では、スロウ・ラビットが手掛けたジンのソロ曲”Epiphany”も見逃せない。アコースティック・ギターを軸にした伴奏と、ジンの持ち味である甘い歌声と豊かな表現力を引き出すダイナミックなメロディが魅力の雄大なバラード。ソロ作品をリリースしているラップ担当の3人の存在感が大きいグループだが、彼らに見劣りしない優れたヴォーカリストがいることが、グループの魅力であることを再認識させてくれる良曲だ。

また、ディスク2に収められた既発曲のリミックスでは、”MIC Drop (Steve Aoki Remix)(Full Length Edition)”が一番の注目株。昨年末にリリースされ、アジア人歌手の楽曲としてはPSYの”Hangover”以来となる全米シングル・チャート25位を記録したこの曲。今回のアルバム版では、シングル版でデザイナーのラップに差し替えれていた冒頭のラップ・パートを、オリジナル版と同じJ-ホープとシュガのラップに戻した、ミュージック・ビデオや音楽番組で披露されているアレンジを採用している。前半のJ-ホープ&シュガによる韓国語によるラップ・パートから、英語のサビ、RMによる英語のラップまで、違和感なく繋ぐ、ヴォーカル・アレンジの巧みさは流石としか言いようがない。オリジナル版よりテンポが高く、歌い手の負荷が高いアレンジをシングルとしてリリースした度胸も恐ろしい。

余談だが、この曲は「オリジナルのトラックによる韓国語版」「オリジナルのトラックによる日本語版」「スティーヴ・アオキのトラックによる英語詞のリミックス版」「スティーヴ・アオキのトラックとデザイナーのラップを加えた英語版のリミックス版」と、複数のバージョンが作られ、その全てが別々の市場でヒットするという珍しい作品でもある。このことからも、彼らの音楽の汎用性の高さがうかがい知れる。

今回のアルバムは、2016年に『Wings』が各国のヒットチャートを席巻して以来、世界を相手に戦うようになった彼らの活動を総括したものになっている。

そして、本作を通して感じたのは、彼らの音楽の完成度と優れたバランス感覚だ。”Best Of Me”や”MIC Drop (Steve Aoki Remix)”のような欧米の尖ったクリエイターと組んだ曲や、”Airplane pt.2”や”IDOL”のような、アジアや中南米のサウンドを取り入れた曲に取り組む一方、”DNA”や”Fake Love”のように韓国のトレンドを踏襲した曲も多くを占めている。また、アルバムには、”Mic Drop”や”Tears”のようなラップが大部分を占める曲と、”The Truth Untold”や”Epiphany”のようなじっくりと歌を聴かせる曲がバランスよく配置されている。この、「アジアを代表する男性グループ」という自分達のポジションを踏まえつつ、欧米の音楽スタイルを積極的に取り入れる姿勢と、才能と人間的な魅力に恵まれたメンバーを揃え、全員の持ち味を引き出す姿勢。この二つを高いレベルで実現できたことが、彼らの独創的でバラエティ豊かな音楽を生み出している。

「7人が揃ってこそのBTS」であることを再確認させられる良作。とびぬけた個性を持つソロ・アーティスト達がしのぎを削る2018年。各メンバーが互いの個性を引き出し合うことで、表現の幅を広げる彼らの音楽は、2020年のトレンドを先取りするものと言っても過言ではないかもしれない。

Producer
Pdogg, Jordan "DJ Swivel" Young, Slow Rabbit, Andrew Taggart, "hitman" bang, Steve Aoki etc

Track List
1. Euphoria
2. Trivia 起 : Just Dance
3. Serendipity (Full Length Edition)
4. DNA
5. Dimple
6. Trivia 承 : Love
7. Her
8. Singularity
9. FAKE LOVE
10. The Truth Untold feat. Steve Aoki
11. Trivia 轉 : Seesaw
12. Tear
13. Epiphany
14. I'm Fine
15. IDOL
16. Answer : Love Myself

Disc 2
1. Magic Shop
2. Best Of Me
3. Airplane pt.2
4. Go Go
5. Anpanman
6. MIC Drop
7. DNA (Pedal 2 LA Mix)
8. FAKE LOVE (Rocking Vibe Mix)
9. MIC Drop (Steve Aoki Remix)(Full Length Edition)
10. IDOL feat. Nicki Minaj






The Internet - Hive Mind [2018 Columbia]

フランク・オーシャンタイラー・ザ・クリエイターといった、鋭いセンスと強烈な個性が魅力のアーティストを多数輩出し、アメリカのヒップホップ界に新しい風を吹き込んだ、カリフォルニア州のロス・アンジェエルス発のヒップホップ集団、オッド・フューチャー。

同クルーのサウンドを支えるプロデューサー、マット・マーシャンと、飛びぬけた個性が武器の女性シンガー、シド(2016年にクルーを脱退)、が中心になって2011年に結成した、ソウル・バンドが、ジ・インターネットだ。

シドとマットの音楽ユニットとして始まったこのグループは、後に彼らのツアーに帯同していたパトリック・ペイジなどのメンバーを加え、正式なバンドとして活動を開始。2011年にはフランク・オーシャンも制作に参加した『Purple Naked Ladies』を発表すると、スライ&ザ・ファミリー・ストーンを彷彿させる前衛的な音楽性と、ロータリー・コネクションのミニー・リパートンを彷彿させるシドの透き通った歌声が注目を集める。その後も、精力的にライブを行いながら2013年に『Feel Good』を、2015年には『Ego Death』を録音。後者はグラミー賞にノミネートするなど、高い評価を受けた。

本作は、彼らにとって3年ぶり4枚目となるスタジオ・アルバム。サンダーキャットの弟としても知られるジャミール・ブルーナがグループを離脱し、シドがクルーを離れる一方、シド、マット、スティーヴがソロ作品を発表するなど、前作よりもパワー・アップしたバンドの能力が遺憾なく発揮された作品になっている。

本作に先駆けて発表されたシングル曲”Roll (Burbank Funk)”は、リック・ジェイムスやスレイヴの作品を思い起こさせる、太いベースの音色とスタイリッシュなビートが心地よいアップ・ナンバー。洗練されたダンス・ナンバーと思いきや、随所でエフェクターを使用した幻想的なサウンドに意表を突かれる曲。朴訥としたスティーヴ・レイシーのヴォーカルが、スライ・ストーンっぽく聴こえるのも面白い。

続く”Come Over”はシドがリード・ヴォーカルを担当したミディアム・ナンバー。重いベースや乾いたギターの音色をバックに、透き通った歌声を響かせるシドの姿が光る良曲。繊細なメロディの楽曲だが、あえて荒っぽく演奏することで、ファンクやヒップホップにも通じるラフな雰囲気を醸し出している。

また、ブラジル音楽の要素を盛り込んだアップ・ナンバー”La Di Da”は、ブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アムがプロデュースしたセルジオ・メンデスの2006年作『Timeless』を彷彿させる軽妙なメロディとパンチの効いたビートが格好良い作品。エフェクトを効かせたギターや、荒っぽい演奏のホーンが、スライ&ザ・ファミリー・ストーンの作品を思い起こさせる。

そして、彼らの個性が最も発揮された曲が、マット・マーシャンとスティーヴ・レイシーが制作を主導した”Beat Goes On”だ。60年代後半のサイケデリック・ロックを彷彿させる、エフェクターを駆使した幻想的な演奏とヴォーカルに70年代初頭のジェイムス・ブラウンを思い起こさせる躍動感のあるビートが格好良いアップ・ナンバー。2分半で曲が終わったと思いきや、ドラムン・ベースの上でゆったりと歌うR&B作品に切り替わる奇抜な演出と高い演奏技術に驚かされる。

今回のアルバムは、前作の路線を踏襲しつつ、表現の幅を広げたものだ。R&Bやヒップホップを軸に、ファンクやサイケデリック・ロック、ブラジル音楽やエレクトロ・ミュージックなど、様々な音楽を取り込み、一つの作品に融合するスタイルは前作と変わらないものの、引用の斬新さと楽曲の完成度はこれまでの作品を大きく上回っている。この変化は、各人がソロ活動を通して自身の持ち味を磨き上げ、音楽の幅を広げたことによるものが大きいと思う。

様々なジャンルのミュージシャンが刺激し合い、新しい音楽を生み出していた70年代のソウル・ミュージックが持つ、刺激的な雰囲気を現代に蘇らせた稀有な存在である彼ら。、音楽はジャンルで括るようなものではなく、自由で楽しいものであることを教えてくれる良作だ。

Producer
The Internet

Track List
1. Come Together
2. Roll (Burbank Funk)
3. Come Over
4. La Di Da
5. Stay the Night
6. Bravo
7. Mood
8. Next Time / Humble Pie
9. It Gets Better (With Time)
10. Look What U Started
11. Wanna Be
12. Beat Goes On
13. Hold On





ハイヴ・マインド
ジ・インターネット
SMJ
2018-07-25


Leon Bridges - Good Thing [2018 Columbia]

2014年のアルバム『Coming Home』が注目を集め、グラミー賞にもノミネートしたテキサス州フォートワース出身のシンガー・ソングライター、リオン・ブリッジスこと、トッド・ミッチェル・ブリッジス。

サム・クックやオーティス・レディングを彷彿させる、適度な泥臭さと大衆性を兼ね備えたヴォーカルに、60年代のモータウンスタックスのレコードを思い起こさせる、生演奏を使ったリズミカルな伴奏。それに加えて、ヒップホップを聴いて育った世代らしい、重くパンチの効いたビートを使ったアレンジが心地よい音楽が武器の彼。そんな彼は、子供のころからギターを片手に自作曲を作り、成長すると多くのオープン・マイク(飛び入り参加のイベント)でパフォーマンスを披露。その時の演奏が目に留まり、2014年にコロンビアと契約を結んだという叩き上げのミュージシャンなのだ。 そして、『Coming Home』を発表した彼は、このあともマックルモア&ライアン・ルイスの”Kevin”に参加し、BBCのテレビ番組にも出演、デビュー直後の新人ながらフジ・ロック・フェスティバルにも出演するなど、世界中の音楽好きを魅了してきた。

このアルバムは、前作から約4年の間隔を挟んでリリースされた、2枚目のスタジオ・アルバム。プロデュースは前作に引き続きナイルス・シティ・サウンドトリッキー・リードが担当。楽曲制作には彼自身が積極的にかかわる一方、前作同様ゲスト・ヴォーカルは招かないなど、前回のアルバムで高く評価された、彼の歌にフォーカスを当てた作品になっている。

本作のオープニングを飾るのは、アルバムに先駆けて公開された”Bet Ain't Worth The Hand”。鍵盤楽器や弦楽器を組み合わせ、60年代末から70年代初頭にかけてシャイ・ライツやデルズが残したような、煌びやかで優雅なアレンジのソウル・ミュージックに仕立てている。優雅なサウンドの上で、オーティス・レディングや元インプレッションズのジェリー・バトラーを連想させる武骨な歌声を操って、甘くロマンティックな音楽を聴かせる姿が印象的だ。

これに続く”Bad Bad News”はしなやかなビートとメロディが心地よいダンス・ナンバー。ベースの音を強調して、ジャズやディスコ音楽の要素を盛り込みつつ、スタイリッシュに纏め上げる手法は、90年代に一世を風靡したブラン・ニュー・ヘヴィーズを思い起こさせる。ゴスペルのコール&レスポンスを盛り込む演出など、複数の音楽のエッセンスを取り込むことで、懐かしさと新鮮さを両立させている。

これに対し、4曲目の”Beyond”は、彼の音楽の原点であるギターの伴奏を盛り込んだスロー・ナンバー。ギターの演奏は、ナイル・シティ・サウンドの一員で、ブルースやカントリーの演奏に強いオースティン・マイケル・ジェンキンスによるもの。しかし、この曲ではヴォーカルと息の合った演奏を披露することで、リオンの弾き語りのように聴かせている。ギターの演奏をバックに歌う音楽といえば、ブルースやカントリー、フォーク・ソングのイメージが強いが、彼が生まれ育ったアメリカ南部の出身のミュージシャンには、ボビー・ウーマックを筆頭に、ギターの伴奏を取り入れるミュージシャンが少なくない。激しい人種差別で知られる一方、人種の壁を越えて音楽が混ざり合ってきた、アメリカの音楽文化の奥深さを感じさせる良曲だ。

そして、本作の収録曲でも特に印象的だったのが、アルバムの最後を締める”Georgia To Texas”。粗っぽい音色のベースの演奏をバックに、朗々と歌う姿が印象的なバラード。ウッド・ベースを中心に、ピアノやトランペットなどの楽器を配置したバンドは、60年代のソウル・ミュージックではお馴染みのスタイル。それを現代の音楽環境に合わせて再構築した編曲技術が聴きどころ。楽器の音数を絞ることで、主役の歌声が持つ、繊細さや力強さ、優しい雰囲気が引き立っている点も興味深い。

本作から感じた彼の魅力は、50年代から70年代にかけて流行したソウル・ミュージックから強い影響を受けつつ、当時の音楽をそのまま演奏するのではなく、現代のR&Bに落とし込んでいる点だろう。ギターやオルガンなどの音を使いながら、現代のポップスでも用いられる大人数のホーン・セクションや弦楽団などは取り入れず、60年代のモータウンやスタックスのレコードのような、シンプルで温かみのあるサウンドに仕上げている。しかし、当時の音楽に比べると、ギターの音は刺々しく、ドラムの音は重い。この、昔の音楽を取り入れつつ、単なる懐古趣味に終わらせない、現代の音楽として再構築する技術が面白い。プロデュースにかかわった面々が、昔のソウル・ミュージック以外の音楽、例えば現代のカントリーやブルースにも造詣が深く、彼自身もジニュワインのような90年代以降のR&Bに慣れ親しんできたことも大きいのだろう。

彼の音楽は「温故知新」を地で行っている。このアルバムを聴いていると「伝統を受け継ぐ」というのは、過去のやり方を静態保存することではなく、受け継ぐ対象が持つ豊かな歴史を理解し、現代を生きる自分達に合わせてアップデートすることだと教えてくれる。往年のソウル・ミュージックが好きな人にも、ヒップホップのような最近の音楽が好きな人にも聴いてほしい。広い音楽の世界を繋ぐ架け橋になる、貴重な作品だ。

Producer
Niles City Sound, Ricky Reed

Track List
1. Bet Ain't Worth The Hand
2. Bad Bad News
3. Shy
4. Beyond
5. Forgive You
6. Lions
7. If It Feels Good (Then It Must Be)
8. You Don't Know
9. Mrs.
10. Georgia To Texas








記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ