ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

EMPIRE

Goapele - Dreamseeker EP [2017 Skyblaze, EMPIRE]

南アフリカでアパルト・ヘイトと戦っていた父と、イスラエルにルーツを持つユダヤ系の母を持つ、カリフォルニア州オークランド出身のシンガー・ソングライター、ゴアペレことゴアペレ・モーラバーン。

南アフリカからの亡命者が多い環境で育った彼女は、早くから音楽に強い興味を示し、様々な分野の芸術家と交友を重ねてきた。その一方で複雑な家庭環境で育ってきた彼女は、人種問題や性差別の問題にも早くから関心を持ち、学生時代には人権運動にもかかわっていた。そんな彼女は、ハイスクールを卒業するとアーティストを目指してバークリー音楽院に進学。ヴォーカルとソング・ライティングを専攻して、プロのシンガー・ソングライターへの道を歩み始める。

大学を卒業した彼女は、オークランドに戻り、自身にとって初の録音作品となるアルバム『Closer』を制作。自主制作の録音ながら、ジェフ・バクスターやソウライブといった、音楽通にはお馴染みのクリエイター達を集め、アレサ・フランクリンとプリンスの音楽を融合したような、前衛的でありながらヴォーカルを丁寧に聴かせたアルバムは、その独特の作風で、新しい音に敏感な人々の間で注目の的となった。

その後、彼女は自身のレーベル、スカイブレイズを設立。ソニーBMG(どちらもソニー系列)と配給契約を結んで4枚のアルバムを発表したほか、2003年にはMTVが企画した、HIV/AIDSの啓発キャンペーンにアヴリル・ラヴィーンやピンクなどと一緒に参加するなど、自身の個性を発揮しつつ、着実にファンを増やしていった。

この作品は、2014年の『Strong as Glass』以来、約3年ぶりの新作となる、彼女にとって6枚目のオリジナル・アルバム。10曲中4曲がインターリュードと、実質的な収録曲数は6曲だが、プロデューサーには、ベッドロックやマイク・タイガーのような、過去作にも携わっている面々に加え、リーラ・ジェイムスBJザ・シカゴ・キッドの作品で名を上げたコーネリオ・オースティンや、タイガの楽曲を手掛けたクラックウェブが参加した密度の濃い作品。本作で彼女は、時間をかけて築き上げた自身のイメージを大切にしつつ、新しいサウンドも積極的に取り入れた、独創的な音楽を聴かせている。

アルバムに先駆けて公開された”$ecret”は、クラックウェブのプロデュース作品。キラキラとした高音と、唸るような重低音が印象的なトラックは、電子楽器を多用し音数を絞ったトラップのスタイルを応用したものだ、抽象度の高いトラックに乗せて、シャーデー・アデューを彷彿させる神秘的な声を使い、じっくりとメロディを歌い上げるこの曲には、彼女の持ち味が凝縮されていると思う。

一方、本作の収録曲の中でもとりわけ異彩を放っているのは、コーネリオ・オースティンが制作に参加した”Power”だ。フェラ・クティの音楽を思い起こさせる華やかな打楽器の音色が乱れ飛ぶイントロから、ダイナミックなベース・ラインと変則ビートが格好良いヒップホップへと繋がっていくミディアム・ナンバー。アフリカ音楽のにぎやかなパーカッションとファンクの躍動感溢れる低音を組み合わせたアレンジに、アフリカ音楽の要素を取り入れたメロディを組み合わせるセンスの高さが光る曲だ。

また、これに続く”Take It Over”は気鋭の若手クリエイター、ネイト・ヘンドリックスがプロデュースを担当。レゲトンやダンス・ホール・レゲエを連想させる爽やかで軽妙なトラックをバックに、透き通った歌声を伸び伸びと響かせる姿が魅力のアップ・ナンバー。しなやかだが起承転結のはっきりしたメロディは、シャーデーにそっくりだが、シンセサイザーを駆使したトラックを取り入れることで、バンド・サウンドが中心のシャーデーと差別化を図っている。

そして、本作の目玉といっても過言ではないのが、2017年のグラミー賞にノミネートしたことも話題になった、BJザ・シカゴ・キッドをフィーチャーした”Stay”だ。重いビートとストリングスのように荘厳な伴奏が心地よいトラックの上で、大胆にメロディを崩して歌う二人の歌唱が光るスロー・ナンバー。実力を持った歌手から刺激を受けたかのように、メロディに解釈を加え合う二人の姿が心に残る作品。優れた才能を持つ二人が、互いの能力を引き出し合った名演だ。

3年ぶりの新作となる今回のアルバムは、EMPIREからのリリースということで、制作環境の変化が気になったが、大方の心配をよそに、これまでとは大きく変わらない、安定した音楽を聴かせている。初期の作品から、アフリカ音楽やジャズを取り入れてきた彼女らしく、トラップやアフロ・ミュージックも違和感なく乗りこなしている。こんな作品を生み出せるのは、音楽を体系的に学びつつ、幅広い交友関係を通して視野を広げてきた彼女の、高度な思考力と鋭い感性、それを具現化する技術によるところが大きいだろう。

色々な音楽を取り込み、編集し、自分の作品に落とし込む。単純だが難しいプロセスを丁寧に実行する能力がある彼女だからこそ生み出せる。緻密さと新鮮さを両立した作品。彼女の音楽は、往年のソウル・ミュージックを現代の音楽にアップデートするという、多くのミュージシャンが取り組み、苦戦してきた難題への一つの回答だと思う。

Producer
Mike Tiger, Crakwav, Cornelio Austin, Nate Hendrix, Bedrock

Track List
1. Dreamseeker Intro
2. $ecret
3. As Bright As The Sun (Interlude)
4. Power
5. Take It Over
6. Giving Me Life (Interlude)
7. Stay feat. BJ the Chicago Kid
8. Full Circle (Interlude)
9. Stand
10. Cool Breeze






Snoop Dogg - Never Left [2017 Doggystyle, Empire]

92年に、元NWAのドクター・ドレがプロデュースしたシングル『Deep Cover』でデビュー。同年にはドレのソロ・デビュー・アルバム『The Chronic』からの先行シングル『Nuthin' but a "G" Thang』にフィーチャーされ、ゆったりとした雰囲気で飄々と言葉を繋ぐラップと、独特の存在感が注目を集めた、カリフォルニア州ロングビーチ出身のラッパー、スヌープ・ドッグことカルバン・ブローダス。

翌93年には、自身の名義では初のアルバム『Doggystyle』を発表すると、P-ファンクなどから影響を受けた、シンセサイザーの音色を多用したスタイル、G-ファンクが大ヒット。ドレや2パックの作品ともに、ヒップホップ界に一大ブームを巻き起こした。その後は、複数のレーベルに移籍しながら、14枚のソロ・アルバムと7枚のユニット名義、コラボレーション作品をリリース。バトルキャットやディム・ファンクのような西海岸出身のミュージシャンだけでなく、ウォーリン・キャンベルのようなヒップホップ以外のジャンルを得意とするプロデューサー、ファレル・ウィリアムスやデヴィッド・ゲッタのような独創的なスタイルで業界を牽引するトレンド・セッターなど、様々なアーティストとコラボレーションしてきた。

今回のアルバムは、前作からわずか10か月という短い間隔で発表された、通算15枚目のソロ・アルバム。前作に引き続き、彼が設立したドギースタイル・レコードからのリリースだが、本作はエンパイアからの配給になっている。

本作を聴いて最初に驚かされるのは、ウータン・クランが93年に発表した有名曲”C.R.E.A.M.”をサンプリングしたタイトル・トラック”Neva Left”だ。チャルマーズの”As Long as I've Got You”のフレーズを引用したトラックは、ドレイクやザ・ゲームなど、多くのミュージシャンに使用され、2006年にはファンク・バンドのエル・ミッチェル・アフェアにカヴァーされている。このビートを、彼はいつもと同じ調子で軽々と乗りこなしている。『DoggyStyle』と同じ年に発表された、東海岸のヒップホップを代表する名曲を、自分の色に染め上げる姿からは、どんなトラックを前にしてもぶれない彼の確かな個性を伺わせる。

また、2016年のアルバム『Coolaid』では最後を締める”Revolution”に起用され、同年にリリースしたEP『Color Blind: Love』も注目を集めたシンガー、オクトーバー・ロンドンが参加した”Go On”も見逃せない曲だ。古いリズム・マシンっぽい音色を使った、ゴム毬のように跳ねるビートの上で、しなやかなファルセットを響かせるオクトーバー・ロンドンの姿が、”Sexual Healing”を歌うマーヴィン・ゲイを彷彿させる。楽曲の大部分をオクトーバー・ロンドンが歌っており、スヌープは脇役に徹しているが、期待の若手を引き立てつつ、しっかりと自分の存在をアピールするスヌープのラップに、ベテランの余裕と後進に向ける温かい目を感じる。

一方、本作で異彩を放っているのがカナダ出身の4人組ジャズ・バンド、バッドバッドノットグッドと、同国育ちのクリエイター、ケイトラナダのコラボレーション曲”Lavender(Nightfall Remix)”だ。といっても、実はこの曲、バッドバッドノットグッドが2016年にリリースしたアルバム『IV』に入っている同名曲を再構成して、スヌープのラップを乗せたもの。スマートで洗練された4人の演奏と、スヌープ・ドッグの飄々としたラップの相性が素晴らしい。なんとなくだが、バッドバッドノットグッドの出す音色と、G-ファンクのローファイで線の細いサウンドが、似ているように感じるのは自分だけだろうか。

そして、個人的には最も意外だった曲が、チャーリー・ウィルソンとティーナ・マリーをフィーチャーした”Vapors”のリミックス・ヴァージョンだ。96年のアルバム『Tha Doggfather』からシングル・カットされたこの曲は、DJバトルキャットの手によって、スクラッチなどの様々な音色が加えられ、複雑な作りのトラックが魅力の曲に仕上がっている。彼の滑らかなラップを活かしつつ、音数の少ないシンプルなビートの原曲とは真逆のトラックを提示したバトルキャットのテクニックが光っている。

今回のアルバムでも、近年の作品同様、様々なスタイルのトラックを揃えながら、どんなビートを前にしても調子を崩すことなく、何時もと同じラップで自分の色に染め上げている。どれだけ一つのスタイルにこだわっても、マンネリ化しないのは、ラッパーにとって難易度が高い、斬新なビートにも果敢に挑んでいるからだろう。

最早、彼のトレード・マークといっても過言ではない、独特のラップ・スタイルを使って、新しいトラックを自分の音楽に染め上げた作風が光る、ベテランらしい安定感と貫禄のある作品。90年代のスヌープを知る人には、新しい音楽に触れるきっかけとして、当時の彼を知らない人には、90年代のヒップホップを知る術として、最適な1枚だと思う。

Producer Dr. Evo, DJ Mustard, DJ Official, Dr. Dre, Musik MajorX, League Of Starz, Rick Rock, Snoop Dogg etc

Track List
1. Neva Left
2. Moment I Feared feat. Rick Rock
3. Bacc In da Dayz feat. Big Tray Deee
4. Promise You This
5. Trash Bags feat. K Camp
6. Swivel feat. Stresmatic
7. Go On feat. October London
8. Big Mouth
9. Toss It feat. Too Short and Nef the Pharaoh
10. 420 (Blaze Up) feat. Devin the Dude, Wiz Khalifa and DJ Battlecat
11. Lavender (Nightfall Remix) feat. BadBadNotGood and Kaytranada
12. Let Us Begin feat. KRS-One
13. Mount Kushmore feat. Redman, Method Man and B-Real
14. Vapors (DJ Battlecat Remix) feat. Charlie Wilson and Teena Marie
15. Still Here
16. Love Around the World feat. Big Bub





Neva Left [Explicit]
Doggystyle Records / EMPIRE
2017-05-19

B.O.B - Ether [2017 No Genre, Empire]

ノースカロライナ州ウィンストン・サラム生まれ、ジョージア州アトランタ郊外の都市ディケーター育ちのラッパーでプロデューサー、B.O.Bことボビー・レイ・シモンズJr.。子供のころからトランペットで才能を発揮し、13歳のころにはラップを始める。その後、ミュージシャンを目指すためハイスクールの9年生(日本の高校1年生に相当)の時に学校を中退。そして、18歳の時にアトランタ出身のラッパー、T.I.が経営するクラブでラップを披露したところ、そのスキルを評価され、ジム・ジョンシンのレーベル、レベル・ロックを介してアトランティックと契約する。

2007年に初のEP『Eastside』を発表すると、80年代のヒップホップやエレクトロ・ミュージックを取り入れたキャッチーな作風が注目を集める。また、その後に発表したEPやミックス・テープも、全ての作品で好評を得ている。そして、2010年に初めてのフル・アルバム『B.o.B Presents: The Adventures of Bobby Ray』をリリース。このアルバムは総合チャートとラップチャート、R&Bヒップホップ・チャートを制覇し、ダブル・プラチナ・ディスクにも認定。グラミー賞やソウル・トレイン・アワードなど、多くの音楽賞を獲得、またはノミネートする大ヒット作となった。

その後も、2012年に『Strange Clouds』を2013年に『Underground Luxury』を発売。それぞれ、プラチナ・ディスクとゴールド・ディスクに認定されるヒットになった。その一方で、彼は、多くのミックス・テープやEPを発表。それ以外にも、ジェシーJの”Price Tag”やT-ペインの”Up Down (Do This All Day)”など、様々なミュージシャンの曲に客演するなど、ヒップホップ界屈指のハード・ワーカーっぷりを見せていた。

前作から約4年ぶりとなる、通算4枚目のフル・アルバムとなる本作は、彼が2013年にアトランタに設立したレーベル、ノー・ジャンルから発表。エンパイアの配給でリリース。2015年にリリースした4本のミックス・テープや、それらを纏めた編集盤『Elements』などを送り出してきた同レーベルの、初めてのフィジカル・リリース作品でもある。

過去作では外部のプロデューサーとの共作が中心だったが、今回のアルバムでは、大半の曲をセルフ・プロデュース。残りの曲も、マイク・ウィル・メイク・イット率いるイヤー・ドラマーズ・エンターテイメント所属の30ロックや、デフ・ジャムと契約を結んでいるビッグ・クリットなど、話題の作品に多数関わっている実力派と組んで制作している。

アルバムからの先行シングル”4LiT”は、かつてのボスであるT.I.と、2015年にアルバム『Free TC』で大ブレイクを果たした、サウス・ロス・アンジェルス出身のラッパータイ・ダラ・サインをフィーチャーした豪華な作品。日本の公共放送が紀行番組で使いそうな、尺八っぽい音色を使ったシックなビートに乗せて、三者三様のフロウ(といってもタイ・ダラ・サインは歌に近いが)を聴かせている。曲の随所で、コーラスのように歌声を挟み込むタイ・ダラ・サインのセンスが光っている。

これに対し、ニュー・オーリンズ出身の大物ラッパー、リル・ウェインを招いた”E.T.”は、リル・ウェインの作風を意識した、シンセサイザーを多用したトラックが格好良い曲。血管が浮き出そうな勢いで、鬼気迫る勢いでラップを畳みかけるリル・ウェインのフロウが聴きどころ。彼を引き立てるように、淡々と言葉を繋ぐB.O.Bのラップと、彼の手による陰鬱で荒々しいトラックもいい味を出している。

一方、本作の翌週にアルバム『E.B.B.T.G.』のリリースを控えているアトランタ出身のラッパー、ヤング・サグと組んだ”Xantastic”は、キラキラとした音色のシンセサイザーと、サビで流れる甘い歌声が80年代のソウル・ミュージックを思い起こさせるスロー・ナンバー。プロデュースは30ロックだが、ソウル・ミュージックのエッセンスを大胆に取り入れる手法は、これまでのB.O.Bの作風に最も近いかも。ガラガラとした声で、荒々しいラップを披露するヤング・サグのスタイルが、甘い雰囲気の曲のアクセントになっている。

そして、本作の隠れた目玉が、アトランタ出身の超大物シンガー、シーロ・グリーンとアッシャーを招いた”Big Kids”だ。色々な音色のドラムと、ピアノのような音色を使った伴奏を組み合わせた、ロマンティックなミディアム・ナンバー。アッシャーのアルバムに収録されていそうな、流麗なメロディが印象的だが、プロデュースはB.O.B自身。都会的な作風のアッシャーと、奇抜さや泥臭さが魅力のシーロ、音楽性の異なる2人をうまくつなぎ合わせ、一つの曲に落とし込むB.O.Bの編集能力の高さが発揮された佳曲だ。

本作は、アトランティックを離れ、自身のレーベルから発表した、初めてのオリジナル・アルバム。 環境の変化は決して小さくないようで、有名なプロデューサーを多数起用した過去の作品と比べると、セルフ・プロデュースの割合が増え、外部のプロデューサーも比較的若い面々が中心だ。また、音楽性も、ソウル・ミュージックなどを大胆に取り込んだポップなものから、アトランタ出身のラッパーに多い、シンセサイザーを多用したバウンズ・ビートやトラップ寄りの作品が目立っている。しかし、流行の音を取り入れつつ、軽妙でポップな曲に仕立て上げる技術は、彼独自のものだと思う。

ポップだけど本格的なヒップホップで、多くの成功を収めてきた彼。本作はそのフィルターを通して、アトランタを含むアメリカ南部のヒップホップを編集し一つの作品に纏め上げた、キャッチーだけど奥が深い作品。ヒップホップは難しい、怖いってイメージを持っている人にこそ聴いてほしい、「初めてのヒップホップ」に最適な1枚。このアルバムを聴いて気になったアーティストがいたら、ぜひその人の作品も手に取ってほしい。

Producer
B.o.B, 30 Roc

Track List
1. Fan Mail
2. E.T. feat. Lil Wayne
3. Middle Man
4. Peace Piece feat. Big K.R.I.T.
5. Finesse
6. Xantastic feat. Young Thug
7. Tweakin feat. Young Dro
8. 4 LiT feat. T.I., Ty Dolla $ign
9. Substance Abuse
10. Avalanche
11. I Know feat. WurlD
12. Big Kids feat. Cee-Lo, Usher





Ether
B.O.B
No Genre
2017-05-12

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ