ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

Epic

DJ Khaled - Grateful [2017 We The Best, Epic]

アラビア音楽のミュージシャンだった両親の間に生まれ、自身も早い時期から音楽に興味を持っていたという、ニューオーリンズ生まれマイアミ育ちのDJ兼プロデューサー、DJキャレドこと、カリッド・カリッド。

レコーディング・ストアで職を得た彼は、そこでブレイク前のリル・ウェインやマヴァドなどの知己を得る。また、マイアミを代表するプロデューサー、ルークと一緒にラジオ番組を担当するようにもなり、自身の知名度も上げていった。こうして、地元では知られた存在となった彼は、プロデューサーとしても活動するようになる。

ファビュラスやピットブル、ファット・ジョーなどの作品を手掛けるようになった彼は、ヒット・メイカーとしても知られるようになる。そして、2006年には初の自身名義のアルバム『Listennn... the Album』を発表。ピットブルやリル・ウェインなど、彼の人脈をフル活用した豪華なゲスト・ミュージシャンが名を連ね、DJ名義のアルバムながら、全米アルバム・チャートの12位まで上り詰めた。その後も、2016年までに8枚のアルバムを発売。そのほとんどを全米アルバム・チャートの10位以内に送り込み、2016年にリリースした『Major Key』は全米アルバム・チャートの1位とゴールド・ディスクを獲得。グラミー賞のベスト・ラップ・アルバムにもノミネートした。

本作は、そんな彼の通算10枚目のオリジナル・アルバム。今回のアルバムでは、リック・ロスやリル・ウェインといった、過去の作品にも参加していた面々に加え、アリシア・キーズやビヨンセなどの人気シンガーも登場。人気DJの新作に彩を添えている。

本作に先駆けて発表された”Shining”は、ビヨンセとジェイZをフィーチャーし、ソングライターにパーティネクストドアが参加した作品。詳しい説明は過去の記事でも行っているので簡単にまとめるが、オスンラダの”Dionnne”をサンプリングした、スタイリッシュなダンス・ナンバーだ。ファンクマスター・フレックスの”Good Life”やトニー・タッチの”I Wonder Why ? (He's The Greatest DJ)”、DJクルーの”Back 2 Life 2011”などに続く、DJ発のR&Bクラシックになりそうだ。

これに対し、リアーナブライソン・ティラーを起用した”Wild Thoughts”は、ワイクリフ・ジョンがソングライティングで参加、プロデューサーにナスティ・ビートメイカーズが名を連ねたミディアム・ナンバー。サンタナが99年に発表した”Maria Maria”のベース・ラインをサンプリングし、エレキ・ギターやフラメンコ・ギターの伴奏を追加した、ラテン・フレーバーの強い曲。バルバドス出身のリアーナによる、情熱的で艶めかしいヴォーカルと、ラップを織り交ぜながら、セクシーな歌声を響かせるブライソン・ティラーのコンビネーションが素晴らしい。

そして、本作の目玉といっても過言ではないのが、ジャスティン・ビーバーにチャンス・ザ・ラッパー、リル・ウェインにミーゴスのクアヴォを招いた”I'm the One”だ。クリス・ブラウンやショーン・キングストンなどに楽曲を提供しているニック・ナックが制作に参加したこの曲は、G-イージーとケラーニのコラボレーション曲、”Good Life”を彷彿させるゆったりとしたトラックの上で、各人が個性的なパフォーマンスを披露するキャッチーなミディアム・ナンバーだ。余談だが、ヒップホップ作品としてはエミネムの”Not Afraid”以来の、全米シングル・チャート初登場1位に輝いている。

それ以外の曲では、カルビン・ハリスとのコラボレーション作品で、トラヴィス・スコットとジェレミーが参加した”Don't Quit”も面白い。四つ打ちのビートを使いつつも、カルヴィンの作品と比べると大幅にテンポを落とし、ディム・ファンクタキシードのようなディスコ・ブギーっぽく聴かせている。ディスコ音楽の影響を強く受けた、太いベースや跳ねるようなビートをベースに、ヒップホップやエレクトロ・ミュージックの要素を組み合わせた、魅力的なダンス・ミュージックだ。

今回のアルバムでも、これまでの作品同様、ラジオDJやプロデューサーとしての経験で培われた流行を捉える目と、実績豊富なゲスト・ミュージシャンを組み合わせ、意外な一面を引き出すセンスが遺憾なく発揮されている。プロデューサー名義の作品であることを活かして、普段はあまりコラボレーションしない面々を繋ぎ合わせ、彼らの隠れた魅力に光を当てて新鮮な作品に落とし込むスキルは確かなものだ。

人気プロデューサーの幅広い人脈と、編集センスが生み出した明るく、楽しく、キャッチーなヒップホップ作品。これからの季節に欠かせない1枚になりそうだ。

Producer
Asahd Khaled, DJ Khaled, 808-Ray, Ben Billions, Calvin Harris etc

Track List
1. (Intro) I'm so Grateful feat. Sizzla
2. Shining feat. Beyonce & JAY-Z
3. To the Max feat. Drake
4. Wild Thoughts feat. Rihanna & Bryson Tiller
5. I'm the One feat. Justin Bieber, Quavo, Chance the Rapper & Lil Wayne
6. On Everything feat. Travis Scott, Rick Ross & Big Sean
7. It's Secured - feat. Nas & Travis Scott
8. Interlude (Hallelujah) feat. Betty Wright
9. Nobody feat. Alicia Keys & Nicki Minaj
10. I Love You so Much feat. Chance the Rapper
11. Don't Quit - DJ Khaled & Calvin Harris feat. Travis Scott & Jeremih
12. I Can't Even Lie feat. Future & Nicki Minaj
13. Down for Life feat. PARTYNEXTDOOR, Future, Travis Scott, Rick Ross & Kodak Black
14. Major Bag Alert feat. Migos
15. Good Man feat. Pusha T & Jadakiss
16. Billy Ocean feat. Fat Joe & Raekwon
17. Pull a Caper feat. Kodak Black, Gucci Mane & Rick Ross
18. That Range Rover Came With Steps feat. Future & Yo Gotti
19. Iced Out My Arms feat. Future, Migos, 21 Savage & T.I.
20. Whatever feat. Future, Young Thug, Rick Ross & 2 Chainz
21. Interlude feat. Belly
22. Unchanging Love feat. Mavado
23. Asahd Talk (Thank You Asahd) feat. Asahd Khaled



a

Grateful
Black Butter Int.l
2017-07-07

Big Boi ‎– Boomiverse [2017 Epic]

ジョージア州サバンナ生まれのラッパー、ビッグ・ボーイこと、アントワン・アンドレ・パットンは、アトランタのハイスクールに通っていたころ、同じクラスだったアンドレ3000と知り合い、ヒップホップ・デュオを結成。オーガナイズド・ノイズがリミックスを担当したTLCの”What About Your Friends” に客演したことで、一気に名を上げる。その後、彼らは、正式にヒップホップ・グループ、アウトキャストを結成。TLCも所属するラ・フェイスと契約する。

93年にアルバム『Southernplayalisticadillacmuzik』でデビューすると、2006年までに6枚のアルバムと、3曲の全米ナンバー・ワン・ヒット”Ms. Jackson”、”Hey Ya!”、”The Way You Move”を含む多くのシングルを発表。中でも、二人のソロ作品をセットにした2003年の2枚組のアルバム『Speakerboxxx/The Love Below』は、全世界で2000万枚以上売り上げ、ヒップホップのアルバムとしては史上初となる(そして2017年時点では唯一の)グラミー賞の主要4部門を獲得した作品となった。

しかし、2006年の『IdleWild』以降は活動が停滞。二人はソロ活動に軸足を移し始める。

ビッグ・ボーイも、2010年に初のソロ作品『Sir Lucious Left Foot: The Son of Chico Dusty』をデフ・ジャムから発表。アルバム・チャートで3位を獲得する成功を収めると、その後も複数のアルバムやミックステープを発表。その一方で映画にも出演するなど、活躍の場を広げてきた。

このアルバムは、2015年にエレクトロ・ミュージックのユニット、ファントグラムとのコラボレーション・ユニット、ビッグ・グラムス名義で発表した『Big Grams』以来、自身名義としては2012年の『Vicious Lies and Dangerous Rumors』以来となるオリジナル・アルバム。ダンジョン・ファミリーの盟友、オーガナイズド・ノイズを中心に、スコット・ストーチやマニー・フレッシュ、DJダヒなど、新旧の名プロデューサーとコラボレーションしながら、彼の個性を強く反映したポップで斬新なヒップホップを聴かせてくれる。

本作の収録曲で、異彩を放っているのはオーガナイズド・ノイズがプロデュースした”Kill Jill”だろう。日本人プロデューサー、アウラ・クオリックのトランス・ナンバー”DATA 2.0”をサンプリングしたこの曲は、初音ミクのヴォーカルを声ネタに使った異色の楽曲。初音ミクの透き通った歌声と、淡々と歌う姿、精巧な人形のような不気味さを感じさせる。映画「キル・ビル」をもじったタイトルやMVなど、日本を意識した要素の多い作品だが、日本人の目には奇異に映ってしまうのはご愛敬。こんな奇抜な曲でも、いつも通りコミカルなラップを聴かせるビッグ・ボーイの熟練の技にも注目してほしい。

これに対し、マルーン5のアダム・レヴィーンとスリーピー・ブラウンをフィーチャーした”Mic Jack”は、若き日のマーヴィン・ゲイやスティーヴィー・ワンダーが活躍していた、60年代のモータウンのソウル・ミュージックを彷彿させるアップ・ナンバー。軽快なビートをバックに、親しみやすいメロディを軽やかに歌うアダムやブラウンの存在が光っている。アウトキャストの名義で発売した彼のソロ曲”The Way You Move”にも通じる、往年のソウル・ミュージックのポップなサウンドとキャッチーなメロディを、現代風にアレンジした良曲だ。

一方、彼と同じアトランタ出身のラッパー、グッチ・メインが参加し、ピンプCの声を引用した”In The South”では、リル・ウェインやT.I.のように、トラップ・ビートに乗せて、ワイルドなラップを披露している。ロックやソウル・ミュージックのエッセンスを取り入れた奇想天外な曲が目立つビッグ・ボーイだが、この曲のような流行のトラックもきっちりと乗りこなしている。マイアミ生まれ、アトランタ育ちのプロデューサーTM88が作るビートも格好良い。

また、新作『Cannabis』も好調なエリック・ベリンガーを起用した”Overthunk”も見逃せない曲だ。オーガナイズド・ノイズが提供したビートは、ジャーメイン・デュプリが作りそうなバウンズ・ビート。その上で、ゆっくりと粘り強く歌うエリックと、トゥイスタを連想させる早口のラップを披露するビッグ・ボーイの対照的なパフォーマンスが光る佳曲。アウトキャストの作品でも、見せてくれた高速ラップのスキルが健在なことを再確認させてくれる。クリエイターとしての実力だけでなく、ラッパーとしてのスキルの高さもずば抜けている彼ならではの作品だ。

今回のアルバムでも、過去の作品同様、我々の想像の斜め上を行く奇想天外なサウンドと、トラップやバウンズ・ビートといったアメリカ南部出身のラッパーが得意とするスタイルを両立した、バラエティ豊かな楽曲を揃えている。相方のアンドレ3000が、斬新なサウンドで周囲を驚かせていたことを考えると、ビッグ・ボーイの作品は少々保守的にも映るが、流行のビートでさえ斬新な音楽に仕立て上げるられるのが、彼の面白いところだと思う。

40歳を超え、プロとしてのキャリアも24年目を迎えながら、常に進化を続け、ポップスの一ジャンルとして楽しめる、新鮮なヒップホップを聴かせてくれている。ヒップホップやラップに苦手意識を持っている人にこそ聴いてほしい、そんなアルバムだ。

Producer
Big Boi, Organized Noize, Dr. Luke, DJ Dahi, DJ Khalil, Mannie Fresh, Scott Storch etc

Track List
1. Da Next Day
2. Kill Jill feat. Jeezy & Killer Mike
3. Mic Jack feat. Adam Levine
4. In The South feat. Gucci Mane & Pimp C
5. Order Of Operations
6. All Night
7. Get Wit It feat. Snoop Dogg
8. Overthunk
9. Chocolate
10. Made Man feat. Killer Mike & Kurupt
11. Freakanomics feat. Sleepy Brown
12. Follow Deez feat. Curren$y & Killer Mike


a
a

Boomiverse
Big Boi
Epic
2017-06-16

Jidenna - The Chief [2017 Wonderland Records, EPIC]

会計士の母と、ナイジェリア地域のイボ人(アフリカ大陸西部に住む民族)を研究する学者の父の間に生まれ、彼自身も一時期はナイジェリアに住んでいたという、アメリカ中西部の小都市、ウィスコンシン・ラピッズ出身のシンガー・ソングライター、ジデーナことジデーナ・セオドア・モビソン。

アメリカに戻った後は、同じハイスクールに通う友人とラップ・グループ、ブラック・スペーズを結成。同グループでは、学校の卒業制作としてアルバム1枚を録音している。同校を卒業した後、彼はアイビー・リーグの一つであるスタンフォード大学へと進む。大学時代は、リチュアリスティック・アート(直訳すると「儀式主義の芸術」だが、おそらく宗教などの特定の文化や制度と結びついた形式の芸術のことだと思われる)を専攻する一方で、サウンド・エンジニアリングなどの制作技術を習得している。卒業後は、教師の仕事をしながら本格的な音楽活動を開始。そして、2012年にジャネル・モネイが設立したワンダーランド・レコードと契約する。

2015年にデビュー・シングル『Classic Man』をリリースすると、全米R&Bチャートの6位、総合チャートの22位を獲得。デビュー曲ながら、ダブル・プラチナ・ディスクを獲得する大ヒットになった。また、同年には初のEP『Wondaland Presents:The Eephus』を発売。こちらもR&Bチャートの5位、総合チャートの22位と、R&Bシンガーのデビュー作としては異例のヒットを記録した。そして、同年のソウル・トレイン・アワードやグラミー賞では、複数の部門にノミネート。このうち、ソウル・トレイン・アワードでは新人賞を獲得している。

今回のアルバムは、前作から約2年の間隔を経て発表された、彼にとって初めてのフル・アルバム。 前作の発売後に発表されたシングルの収録曲のうち、”Knickers”と”Extraordinaire”を除く4曲のほか、ナナ・クワベナやロマン・ジャンアーサーといったワンダーランド所属のアーティストを中心に、多くの人気ミュージシャンやプロデューサーが参加した新曲を収録。華々しいデビューを飾った彼にふさわしい、豪華な作品に仕上げている。

さて、収録曲に目を向けると、アルバムの2曲目に収められている”Chief Don't Run”が存在感を発揮している。ナナ・クワベナがプロデュースしたトラックはカニエ・ウエストの”Jisus Walk”を彷彿させる、重いドラムとベースの上に、ゴスペル・クワイアっぽい荘厳なコーラスが乗っかったもの。このビートの上で、カニエ・ウエストの近作やかつてのエイコンを彷彿させる、ラップのようなヴォーカルを聴かせるジデーナが、重々しい伴奏の曲を聴きやすいものにしている。ゲスト・シンガーにロマン・ジャンアーサーの名前が入っている点も見逃せない。

これに対し、彼自身がプロデュースを担当した”Bambi”は、アフリカの民謡っぽいメロディを引用したトラックが、エイコンっぽくも聴こえる曲。ほのぼのとした雰囲気のトラックは、彼のふくよかで柔らかく、温かい歌声との相性が抜群に良い。ナイジェリアに住み、アメリカの大学でアートを学んできた彼にしか作れない、視野の広さと引用の巧みさが光るミディアム・ナンバーだ。

一方、2015年にシングルで発売された”Long Live The Chief”は、ウェイルやライムフェストなどの作品を手掛けている、ワシントンD.C.を拠点に活動するプロダクション・クルー、ベスト・ケプト・シークレットが制作した楽曲。ブリブリと唸りを上げるシンセ・ベースがキモのトラックに乗せて、荒々しいラップを聴かせるヒップホップ・ナンバーだ。ワイルドな声と、言葉数を絞って一つ一つのフレーズをじっくり聴かせるライムは、彼が敬愛するKRSワンのスタイルを踏襲したもの。80年代から続くラップの手法と、現代のトレンドを取り込んだトラックが融合した、懐かしさと新鮮さが同居した楽曲だ。

そして、R&Bが好きな人にはぜひ聴いてほしいのが、ロマン・ジャンアーサーがペンを執った”Little Bit More”だ。レゲトンにも似たコミカルなビートが面白いアフリカのポピュラー・ミュージック、ハイライフを取り入れたトラックの上で、柔らかい歌声を響かせたダンス・ナンバーだ。シンセサイザーを多用したアップ・テンポの曲にもかかわらず、どこか牧歌的な音楽に聴こえるのは、パーカッションを織り交ぜた華やかなリズムと、彼の優しい歌声のおかげだろうか。

本作も、既発のシングルやEP同様、アメリカのヒップホップやR&Bに、アフリカや中南米のポップスの要素を盛り込んだ、軽妙で親しみやすい曲が目立っている。先鋭的で通好みのフレーズを織り交ぜながら、色々な人に親しまれるポップな作品に仕上がっているのは、キャッチーなメロディを生み出す彼のセンスと、親しみやすい歌声のおかげだと思う。

様々なリスナーを引き付ける大衆性と、コアな音楽好きを納得させる緻密さや斬新さを兼ね備えた、親しみやすく奥深いアルバム。彼が所属するレーベルのボス、ジャネル・モネイのような音楽が好きな人は是非きいて欲しい。

Producer
Fear & Fancy, Jidenna, Nana Kwabena, The Wondaland Arts Society

Track List
1. A Bull's Tale
2. Chief Don't Run feat. Roman GianArthur
3. Trampoline
4. Bambi
5. Helicopters / Beware
6. Long Live The Chief
7. 2 Pointt
8. The Let Out feat. Nana Kwabena
9. Safari feat. Janelle Monáe, Nana Kwabena, St. Beauty
10. Adaora
11. Little Bit More
12. Some Kind Of Way
13. White N****s
14. Bully Of The Earth





Chief
Jidenna
Wondaland Records
2017-02-17

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ