melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

FlightMaster

W-inds. - DoU -EP [2020 Flight Master, Pony Canyon]

安室奈美恵、SPEED、DA PUMP、三浦大知、きら星のように輝くスターを輩出し、日本のR&B界を牽引してきたライジング・プロダクション。同事務所の中でも一際強い個性を放っているのが、橘慶太、千葉涼平、緒方龍一からなる三人組、W-inds.だ。

ライジングのヴォーカル・グループには珍しい、全員が沖縄以外の出身者(橘が福岡、緒方 と千葉が北海道出身)という彼ら。2001年に”Forever Memories”でメジャー・デビューを果たすと、瞬く間に紅白歌合戦やレコード大賞の常連となる人気グループに上り詰めた。

また、2003年には台湾のチャートで日本人男性歌手として初の1位を獲得。2009年には当時から、アジア全域で絶大なる人気を博していたBIGBANGG-Dragonとのコラボレーション・シングル”Rain Is Fallin”’をリリース。アジアを代表する男性アーティストの夢の共演ということもあり、日本、韓国に留まらない話題曲となった。

そして、近年は橘がソング・ライティングやトラックメイクにも才能を発揮、本職にも負けないビート・メイクの技術で、世界でも珍しい、「セルフ・プロデュースができるダンス・ヴォーカル・グループ」として確固たる地位を築いている。

本作は昨年リリースされた”Get Down”以来、約半年ぶりとなる新作。作詞、作曲、編曲すべてが橘慶太の手による力作となっている。

タイトル曲の”DoU”は、90年代に流行したしなやかなメロディのR&Bと、トロピカル・ハウスを融合したダンス・ナンバー。色っぽいメロディやトラックに合わせて、地声からファルセットまでスムーズにつなぐヴォーカルの技術が聴きどころ。歌って踊るヴォーカルには難しいヴォーカル・アレンジを、敢えて取り入れる大胆さに驚かされる。

続く、”Candy”は彼らの真骨頂ともいえるミディアム・テンポのR&B、シンセサイザーのリフと軽快なビートが印象的なトラックはデビュー当時の彼らを彷彿させる。しかし、ヴォーカルのアレンジやそれぞれの楽器の音色は現代の彼らの音楽に合わせてアップデートされていて、過去の作品の焼き直しとは一線を画している。

そして、通常盤のみにおさめられている”We Dont’ You Talk Anymore...”は、彼らとも親交が深い、Sky-HiことAAAの日高光啓を起用したヒップホップ・チューン、Diploのサウンドを柔らかくしたような、ポップなEDMのビートの上で、ファルセットを多用した歌を聴かせる橘と、ゆったりとしたラップを披露する日高のコンビネーションが光る曲。EDMとヒップホップを組み合わせたポップスといえば、BIGBANGやBLACKPINKといった韓国の人気アーティストが得意にするスタイルだ。しかし、この曲では同じスタイルを取り入れながら、より軽妙なアレンジにすることできちんと差別化している。

本作から感じるのは、彼らの音楽に対する誠実さと探求する心の強さだ。歌やダンスのスキルに磨きをかけつつ、楽曲制作にも挑戦するメンバーのエネルギーは生半可なものではない。しかも、その制作技術も、本職のプロデューサーに師事し、細かな音の違いにも気を配るなど、人気アーティストの余技とは言えないものになっている。その一方で、本職のラッパーとの実力差が明確なラップ・パートについては、外部のラッパーを招聘することで対応するなど。きちんと他のミュージシャンとも協働している。この、「良いものを作るために、自分達で取り組むことと、外部のミュージシャンの協力を仰ぐ場面を使い分ける誠実さ」が、彼らの活躍の舞台を世界に広げ、息の長い活動を可能にしているのだと思う。

歌とダンスを高いレベルでこなし、周囲の人々と協力しながら自分たちの音楽を作る彼らの姿は、アイドルとアーティストの新しい形を示している。世界を席巻する韓国のボーイズ・バンドとは異なるスタイルで音楽の可能性を模索する、稀有なグループだ。

Producer
Keita Tachibana

Track List
1.DoU
2.Candy
3.We Don't Need To Talk Anymore... feat. Sky-Hi



DoU [初回盤][CD+DVD]
w-inds.
ポニーキャニオン
2020-01-22


W-inds. - 100 [2018 FLIGHT MASTER, PONY CANYON]

安室奈美恵やSPEED、三浦大知が在籍していたFOLDERなど、多くのダンス・ヴォーカル・アクトを輩出してきたライジング・プロダクション。同社の所属タレントの中でも、特に異彩を放っているのが、千葉涼平、橘慶太、緒方龍一の3人組、ウィンズだ。

2001年に”Forever Memories”でメジャー・デビューを果たした彼らは、本格的なダンスとヴォーカル、R&Bやヒップホップを取り入れつつ、それに囚われないポップな楽曲で一躍ブレイク。『w-inds.〜1st message〜』や『ageha』などのアルバムがオリコン・チャートの1位を獲得する一方、2000年代半ば以降は、東アジアを中心に海外でも活躍。台湾では4枚のアルバムを現地のヒット・チャートの1位に送り込み、日本出身のアーティストの最多記録を打ち立てるなど、日本を代表するダンス・ヴォーカル・グループとして認められてきた。

このアルバムは、彼らにとって1年ぶり、13枚目のスタジオ作品。発売時点の3人の年齢の合計(千葉:34歳,橘:33歳,緒方:33歳)からタイトルを取ったこのアルバムは、彼らにとって初の完全セルフ・プロデュース作品。本職のクリエイターに師事し、本格的な制作スペースを整備してきた橘を中心に、音楽に強い思い入れを持つ3人の熱意が感じられる力作になっている。

本作の1曲目、”Bring back the summer”は、乾いた音色のギターとシンセサイザーを組み合わせたトラック、ファルセットを多用したヴォーカルが、ファレル・ウィリアムスの音楽を彷彿させるミディアム。ファレルに比べると声量のある橘慶太のヴォーカルと、シンプルで洗練されたビートが印象的。バック・トラックの微妙な響きの違いにも気を配る、彼の良さが発揮された佳作だ。

続く”Dirty Talk”は2018年3月にリリースされた本作からの先行シングル。テディ・ライリーやベイビーフェイスが採用し、90年代初頭に一世を風靡したR&Bのスタイル、ニュー・ジャック・スウィングを取り入れたアップ・ナンバーだ。甘く爽やかな歌声を引き立てる甘酸っぱいメロディと、テディ・ライリーが90年代半ばに結成したヴォーカル・グループ、ブラックストリートの1作目を連想させる、ヒップホップのアレンジを盛り込んだニュー・ジャック・スウィングのトラックが面白い。音楽に対する造詣の深さと鋭い感性、高い表現力が生み出した魅力的な曲だ。

また、本作のリリースと同時にミュージック・ビデオが公開された”Temporary”は、華やかで高揚感のあるサウンドが魅力の電子音楽、EDMの要素を盛り込んだミディアム・バラード。甘い歌声とロマンティックなメロディ聴かせるメロディ部分から、派手なシンセサイザーの伴奏に続く手法は、アッシャーの”Love In This Club”や、ジャスティン・ビーバーを招いたジャックUの”Where Are U Now”に通じるものがある。欧米のエレクトリック・ミュージックと日本のポップスのバラードをうまく混ぜ合わせた、彼らのバランス感覚が光る作品。

そして、本作の収録曲では一番最初にリリースされた”Time Has Gone”は、限界まで音数を絞ったシンプルなアレンジと、繊細なファルセットが魅力のミディアム・ナンバー。90年代後半のイギリスのR&Bを思い起こさせる、洗練されたトラックと味わい深いメロディが魅力的な作品だが、低音の響きやヴォーカルの聴かせ方は今時のアメリカのR&Bっぽい。日本人の琴線に訴えるメロディと欧米のサウンドを融合した良曲だ。

彼らの音楽の凄いところは、日本のポップスの魅力と、アメリカやヨーロッパのヒップホップの心地よいところを、一つの音楽に同居させているところだ。それは、プロダクションの技術を基礎から身に着けた橘慶太の制作能力と、10年以上、歌とダンスに心血を注いできた3人の高いパフォーマンス・スキルがあるから可能だったと思う。

アメリカやヨーロッパの音楽とは一味違う、「日本のR&B」の個性を確立した貴重な作品。1枚のアルバムをじっくり聴き込んでも、各国の個性豊かなアーティストの作品と聴き比べても面白い、細部にまで気を配った曲作りが面白い良盤だ。

Producer
W-inds. Keita Tachibana etc

Track List
1. Bring back the summer
2. Dirty Talk
3. Temporary
4. I missed you
5. Celebration
6. We Gotta Go
7. Time Has Gone
8. Stay Gold
9. The love
10. All my love is here for you
11. Drive All Night
12. Sugar





100(初回限定盤)(Blu-ray Disc付)
w-inds.
ポニーキャニオン
2018-07-04

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    読者登録
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ