melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

Hostess

Jorja Smith - Lost & Found [2018 FAMM]

2016年に、ディジー・ラスカルの”Sirens ”をサンプリングした”Blue Lights”を公開して表舞台に登場。シャーデー・アデューやエンディア・ダヴェンポートを彷彿させる透き通った歌声と、ムラ・マサやナオの音楽を思い起こさせる、エレクトロ・ミュージックの要素を取り入れたサウンドで、カナダのドレイクや、イギリスのストームジー、アメリカのカリ・ウチスなど、様々な国のアーティストから絶賛された、イギリスのウエスト・ミッドランズにあるウォルソール出身のシンガー・ソングライター、ジョルジャ・アリシア・スミス。

彼女は子供の頃からトロージャンのレゲエ作品や、カーティス・メイフィールドなどのソウル・ミュージックを聴いて育ったという。また、父がソウル・バンドで活動していたこともあり、早くから音楽への強い興味を示していた。

そんな彼女は2016年に、音楽投稿サイト経由で”Blue Lights”を発表。同年にマーヴェリック・セイブルをフィーチャーした”Where Did I Go?”を公開。その後も、4曲入りのEP『Project 11』をリリースし、ドレイクのUKツアーに帯同するなど、一気にブレイクを果たした。

また、2017年に入るとドレイクのアルバム『More Life』に参加する一方、国際女性デーに”Beautiful Little Fool”を発売、年末にはMOBOアワードやブリット・アワードにノミネートし、後者を獲得するなど、華々しい活躍を見せてきた。

本作は、そんな彼女の初のフル・アルバム。自身のレーベル、FAMMからの配給だが、CD盤やアナログ盤も作られた力作。全ての収録曲で彼女自身がソングライティングを主導し、プロデューサーには、既発曲を一緒に作ったチャーリー・ペリーに加え、アメリカ出身のジェフ・クレインマンや、オーケストラで活動するマーキー・キト・リビングなど、世界各地で活躍する個性的なクリエイターが参加。21歳の瑞々しい歌声と若い感性を最大限引き出した良作になっている。

まず、本作に先駆けてリリースされた彼女のデビュー曲”Blue Lights”は、ディジー・ラスカルの”Sirens”のフレーズを引用し、ガイ・ボネット&ロナルド・ロマネリの”Amour, Émoi... Et Vous” の演奏をサンプリングしたトラックのミディアム・ナンバー。シンセサイザーを多用した哀愁を帯びた上ものが印象的なトラックは、ジャンルも作風も違うがロジックの”1-800-273-825”に似た雰囲気。事前情報がなければディジー・ラスカルの曲を借用したとはわからないジョルジャの歌唱は、歌とラップを織り交ぜた、ドレイクに近いもの。しかし、エリカ・バドゥから泥臭さを抜いたような、滑らかな歌声のおかげで、繊細なR&Bに聴こえる。

また、同じ年にリリースされた”Where Did I Go?”は、ペリーがプロデュースした作品。太く柔らかい音色のベースを強調したトラックは、エリカ・バドゥやエスペランザ・スポルディングのようなジャズの要素を取り込んだミディアム・ナンバー。彼女達に近しい声質の持ち主とはいえ、より爽やかなヴォーカルの彼女が歌うと、ポップで聴きやすい音楽に映る。

これに続く”February 3rd”は、プロデューサーにフランク・オーシャンケヴィン・アブストラクトの作品にも関わっているジェフ・クレインマンを招いた楽曲。オルゴールのような音色を取り入れて、繊細で神秘的、だけど少しポップな雰囲気を演出したミディアム・ナンバーだ。高音に軸足を置いて、丁寧に歌い込むスタイルは、ミニー・リパートンにも少し似ている。

そして、本作の隠れた目玉がオーストラリア在住のエレクトロ・ミュージックのプロデューサー、マーキー・キト・リビングを起用した”On Your Own”。バス・ドラムを強調したビートは、ヒップホップのスタイルだが、それに組み合わせる複雑な構成の伴奏はドラムン・ベースの手法という個性的な作品。ムラ・マサナオのような、エレクトロ・ミュージックとヒップホップを組み合わせたアレンジが印象的だ。

彼女の面白いところは、エンディア・ダヴェンポートやシャーデー・アデューのような、大胆なヴォーカル・アレンジと洗練された歌唱を使い分ける技術と、透き通った歌声を持ちながら、バック・トラックではエレクトロ・ミュージックの新しい手法を積極的に取り入れているところだ。アメリカのR&Bシンガーにも、電子音楽の技法を組み入れた作風の人は一定数いるが、彼女の場合は、他のイギリスのR&Bシンガー同様、より電子音楽に歩み寄ったサウンドを取り入れている。この、懐かしい歌声と、現代的なアプローチが彼女の個性を確立するのに一役買っていると思う。

アメリカやカナダとは一線を画した、独自の進化を遂げたイギリスのR&Bの現在を象徴するようなアルバム。電子音楽が好きな人には、ヴォーカルの多彩な表現が、R&Bが好きな人には電子音楽の柔軟な発想が新鮮に感じられる面白い作品だ。

Track Data
1. Lost & Found
2. Teenage Fantasy
3. Where Did I Go?
4. February 3rd
5. On Your Own
6. The One
7. Wandering Romance
8. Blue Lights
9. Lifeboats (Freestyle)
10. Goodbyes
11. Tomorrow
12. Don't Watch Me Cry





LOST & FOUND
JORJA SMITH
COOKI
2018-06-08

Rhye - Blood [2018 Hostess, Loma Vista]

トロント出身のシンガー・ソングライタ-、マイケル・ミロッシュと、デンマーク出身の音楽クリエイター、ロビン・ハンニバルによる音楽ユニット、ライ。

2000年代前半から活動している、実績豊富な二人によって、2010年に結成されたグループは、ハンニバルがミロッシュのヴォーカルに興味を持ったことをきっかけに活動を開始。

その後、ロス・アンジェルスに活動拠点を移した二人は、インターネット上に複数の楽曲を投稿。高い実力を持ちながら、正体を明かさない謎の音楽グループとして、音楽通の間で注目を集めた。

そして、2013年になるとユニバーサル・ミュージックから、初フル・アルバム『Woman』をリリース。シンセサイザーを多用した神秘的なサウンドと、シャーデーを彷彿させるスタイリッシュなヴォーカルが高い評価を受け、複数の国でヒット。この作品で正体を明かしたハンニバルは、ソングライターやプロデューサーとして、ケンドリック・ラマーやカルヴィン・ハリスなどの作品で起用されるようになり、2017年にはグラミー賞にもノミネートしている。

このアルバムは、彼らにとって5年ぶり2作目のスタジオ録音。ハンニバルがグループを離れ、ミロッシュのソロ・ユニットとなったものの、音楽性は前作のものを踏襲。様々な国のミュージシャンを招き、シンセサイザーと生音を巧みに組み合わせた、大人向けのR&Bを制作している。

アルバムに先駆けてリリースされたのは、キング・ヘンリーが鳴らすグラマラスなベース・ラインが、ファンクの名曲”Seven Minutes of Funk”っぽくも聴こえる”Taste”。ベースを軸にしたスタイリッシュな伴奏をバックに、セクシーなヴォーカルを披露するアップ・ナンバーだ。曲の途中でベースの音を抜き、ヴォーカルにフォーカスを当てるなど、凝った演出が面白い。

これに対し、もう一つのシングル曲である”Please”は、ミロッシュによるピアノの弾き語りを核にしたミディアム・ナンバー。静かにリズムを刻むドラムなどを組み合わせ、ミロッシュの歌とピアノを強調したシンプルな作品だ。ピアノの弾き語りというと、ノラ・ジョーンズやアリシア・キーズを連想するが、彼女らの音楽に比べると、ジャズやソウルのテイストを弱め淡々と歌うスタイルが印象的だ。

また、6曲目の”Song For You”は、ポロポロとつま弾かれるギターの音色と、キーボードを使った伴奏のコンビネーションがお洒落なミディアム。ギターやキーボードなど、繊細な音色の楽器を組み合わせながら、一つ一つの音をしっかりと聴かせるアレンジ技術と、丁寧な歌唱が心に残る曲だ。

そして、太いベースラインと、電子楽器の落ち着いた音色が心地良いミディアム・ナンバー”Stay Safe”は、シャーデーを連想させる重厚だけど洗練された演奏が心を揺さぶる作品。メロディや演奏は奇をてらわないシンプルなもので、歌と演奏をじっくりと聴かせることに重きを置いている。

5年ぶりの新作であり、ミロッシュのソロ・ユニットになって初のフル・アルバムとなる本作。しかし、新体制になって初のアルバムとなる作品だが、彼女らの音楽性はブレずに安定している。匿名で作品を発表し、多くの人に愛されていた初期のスタイルを大切にし、それを発展させたことが、この作品のクオリティを高めているのだろう。

シャーデーやミント・コンディションなど、多くのミュージシャンが、生演奏と電子楽器を組み合わせて洗練されたR&Bを生み出していた、90年代を思い起こさせる良質なアルバム。じっくりと歌やメロディを堪能したい人には、うってつけの佳作だ。

Producer
Michael Milosh, King Henry, Thomas Bartlett

Track List
1. Waste
2. Taste
3. Feel Your Weight
4. Please
5. Count To Five
6. Song For You
7. Blood Knows
8. Stay Safe
9. Phoenix
10. Softly
11. Sinful





Blood
Rhye
Loma Vista
2018-02-02

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    読者登録
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ