ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

Interscope

Maroon 5 - Red Pill Blues [2017 222 Records, Interscope]

2002年にアルバム『Songs About Jane』で表舞台に登場して以来、発売した5枚のアルバム全てが、アメリカでプラチナ・ディスクを獲得し、複数の国でゴールド・ディスクに認定されるなど、21世紀を代表するロック・バンドとして、多くの足跡を残してきたマルーン5。

ロス・アンジェルスの同じハイスクールに通っていた、4人によって結成されたバンド「カーラズ・フラワーズ」が前身である彼らは、メンバーの脱退や復帰、加入を経験しながら、レコーディングやライブを継続的に行ってきた。また、2010年以降は、オーディション番組で共演したことがきっかけに作られた、クリスティーナ・アギレラとのコラボレーション・シングル”Moves like Jagger”を皮切りに、ラッパーやR&Bシンガーとの共作にも積極的に取り組んできた。そして、2014年以降は、ソロ・アーティストとしても実績豊富な、PJモートンをキーボード奏者として迎え、これまで以上にR&B志向を強めるなど、着実にファン層を広げていた。

本作は、2014年の『V』以来となる、通算6枚目のスタジオ・アルバム。前作に引き続き、インタースコープから配給されたアルバムで、プロデュースはヴォーカルのアダムのほか、ディプロやジョン・ライアンといった、各ジャンルを代表するヒット・メイカーが担当。ゲストにはSZAケンドリック・ラマーなど、今をときめく面々が名を連ねた、トップ・ミュージシャンにふさわしい作品になっている。

まず、このアルバムの目玉といったら、なんといっても”What Lovers Do”だろう。キーボード担当のサム・ファーラーが制作を主導し、フィーチャリング・アーティストとしてSZAを招いたこの曲は、シンセサイザーと乾いた音色の生演奏を巧みに組み合わせたサウンドと、爽やかな歌声の組み合わせが心地良いミディアム・ナンバー。カラっとした音色と甘酸っぱいテナー・ヴォイスをフル活用した作風は、ファレル・ウィリアムスをフィーチャーしたカルヴィン・ハリスの”Feels”によく似ている。

これに対し、もう一つのシングル曲である”Wait”は、彼らの楽曲のほか、ワン・ダイレクションなどの作品に携わっているジョン・ライアンが制作に参加したミディアム・バラード。大部分の伴奏をシンセサイザーで録音した、R&B寄りの伴奏をバックに、アダムの甘い歌声を思う存分堪能できる。シンセサイザーを多用した伴奏と、スウィートな歌声の組み合わせは、ウィークエンドの音楽を連想させる。

そして、クラブDJの世界では常にトップクラスの人気を誇るディプロと、同分野を代表するシンガーの一人として、高い評価を受けているジュリア・マイケルズを起用した”Help Me Out”は、切ないメロディが印象的なアップ・ナンバー。甘い歌声のアダムと鋭い歌声のジュリアのコンビネーションが光る佳曲だ。ディプロ達が作る、洗練された伴奏も見逃せない。

しかし、アルバムの収録曲でも特に異彩を放っているのが、ケンドリック・ラマーを招いた”Don't Wanna Know”だろう。ジャスティン・ビーバーの”Love Yourself”や、映画「シング」の主題歌であるスティーヴィー・ワンダーの”Faith”などを手掛けている、ベニー・ブランコがプロデュースした、ウィズ・カリファやエイコンの作品を彷彿させる、陽気なビートが心地よいミディアム・ナンバーだ。カリプソやアフリカ音楽の要素を盛り込んだこの曲は、軽妙な歌を聴かせるアダムと、普段の攻撃的なイメージとは全く違う、リズミカルなラップを披露するケンドリック・ラマーのコンビネーションが面白い。ポップで洗練されたサウンドが魅力のロック・バンドと、ハードコアなラップをウリにするラッパーのコラボレーションとは思えない、意外性が魅力だ。

今回のアルバムでは、前作に引き続き、R&Bやヒップホップへの傾倒を深めた、スタイリッシュなメロディと伴奏の楽曲が並んでいる。シングル化された “What Lovers Do”や“Don’t Wanna Know”のように、ほとんどR&Bといっても過言ではない、電子楽器を駆使したモダンなビートを取り入れた作品も多い。にもかかわらず、R&Bシンガーやラッパーの作品と一線を画しているのは、甘酸っぱい歌声で爽やかに歌い上げる、アダムの存在が大きいと思う。黒人シンガーとは一味違うヴォーカルで、R&Bの手法を盛り込んだ楽曲を作り上げたことが、彼ら凄いところだろう。

現代のアメリカの音楽界のトレンドになっている、ヒップホップやR&Bを吸収しつつ、自分達の音楽に昇華した面白い作品。ビートルズ以降、色々な国のミュージシャンが取り組んできた、黒人音楽を取り込んだ演奏の、一つの完成形ともいえるアルバムだ。

Producer
Adam Levine, Jacob "J Kash" Hindlin, Jason Evigan, Diplo, John Ryan, Benny Blanco etc

Track List
(DISC 1)
1. Best 4 U
2. What Lovers Do feat. SZA
3. Wait
4. Lips On You
5. Bet My Heart
6. Help Me Out with Julia Michaels
7. Who I Am feat. LunchMoney Lewis
8. Whiskey feat. A$AP Rocky
9. Girls Like You
10. Closure
11. Denim Jacket
12. Visions
13. Don’t Wanna Know feat. Kendrick Lamar
14. Cold ft. Future

(DISC 2)
1. Moves Like Jagger
2. Dayllight
3. Maps
4. Stereo Hearts
5. This Love, with 6. Animals





レッド・ピル・ブルース(デラックス盤)
マルーン5
ユニバーサル ミュージック
2017-11-01

Eminem - Revival [2017 Aftermath, Shady, Interscope]

97年に発表した自主制作のアルバム『The Slim Shady EP』で表舞台に登場。同作のヒットを受けて出演した、ラジオ・ショーで披露したフリースタイルがDr.ドレに認められ、彼のレーベル、アフターマスと契約。99年に『The Slim Shady EP』に新曲を追加した『The Slim Shady LP』でメジャー・デビューすると、アメリカ国内だけで400万枚、全世界で600万枚を超える大ヒットとなった、ミズーリ州セントジョセフ生まれ、ミシガン州デトロイト育ちのラッパー、エミネムことマーシャル・ブルース・マーザーズ三世。

その後も彼は、『Marshall Marthers LP』や『The Eminem Show』などのヒップホップ・クラシックをリリース。特に前者は、発売初週の売り上げが179万枚、最終的にはアメリカ国内だけで1250万枚を売り上げ、ヒップホップのアルバムとしては史上最高となる売り上げ記録を残す。

また、彼の活動は音楽にとどまらず、自身の半生をもとにした映画『8 Mile』で主演俳優と音楽を担当。彼が歌う主題歌”Lose Yourself”がアカデミー賞を獲得するなど、高い評価を受けている。また、99年に立ち上げた自身が運営するレーベル、シェイディを本格的に始動し、50セントやオービー・トライスなどを世に送り出してきた。

そんな、2000年代にはトップ・ミュージシャンとして音楽業界をけん引してきた彼だが、2010年代に入ると活動は抑え気味に。ロイス・ダ59とのコラボレーション作品や自身名義の『Marshall Marthers LP 2』などを発表するなど、ゆっくりとしたペースで、着実にヒット作を残していった。

このアルバムは、彼にとって4年ぶりとなる9枚目のフル・アルバム。プロデュースは、デビュー前からのパートナー、Dr.ドレに加え、リック・ルービンやジャスト・ブレイズが担当。ゲスト・シンガーとしてビヨンセやエド・シーラン、ケラーニなどが参加した、ビック・ネームにふさわしい、豪華なものになっている。

アルバムの1曲目は、本作からのリード・シングル”Walk On Water”。多くのヒップホップ・ミュージシャンと仕事をしてきたリック・ルービンと、ホーリー・ブルック名義で複数のヒット作を残しているスカイラー・グレイがプロデュースを担当。ビヨンセの丁寧な歌唱が心を掻き立てるミディアム・ナンバーに仕上げている。Dr.ドレとエミネムのコラボレーション曲”I Need a Doctor”や、エミネムの”Asshole”にも関わっている、スカイラー・グレイの哀愁を帯びたメロディが光る良曲だ。

これに対し、彼自身がプロデュースした”Untouchable”は、唸るようなギターの音色が格好良い、ロック色の強い作品。サビで流れる威圧感のあるギターから、エミネムの軽妙なラップを引き立てるように、シンセサイザー中心のビートを組んだメロディ部分へとつながる展開も面白い。エミネムの武器である、コミカルでキャッチーなヒップホップが堪能できる作品。

また、エド・シーランをゲスト・ヴォーカルに招き、エミリー・ハインが制作を担当した”Rive”は、エドの物悲しい歌声が鳴り響くサビと、ギターの弾き語りを組み込んだ、フォークソングっぽいトラックの上で、荒っぽいラップを聴かせるエミネムの姿が印象的。ポップス畑のシンガーと組んだ作品には、他にイギリスのシンガー・ソングライター、ダイドを起用した”Stan”などがあるが、こちらの曲ではギターやベースの音を強調し、ポップス寄りの作品に仕上げている。

そして、ジャスト・ブレイズが制作に参加し、ゲスト・ヴォーカルとしてアリシア・キーズを招いた”Like Home”は、アリシア・キーズの楽曲を彷彿させる、ピアノの伴奏が光るロマンティックな作品。クラシック音楽の影響をうかがわせる荘厳なトラックに乗って、次々と言葉を繰り出すエミネムの姿が格好良い。ジェイZやナズ、ドレイクなど、個性豊かなラッパーとコラボレーションしながら、ブレる気配のない安定したアリシアの歌唱が、エミネムの個性を際立たせている。本作の目玉といっても過言ではない曲だ。

今回のアルバムは、前作同様、音楽業界の頂点を極めた後、自身の新しいアーティスト像を模索するエミネムの姿が姿が印象的な佳作だ。線の細い白人青年による、皮肉たっぷりのラップと、「スリム・シェイディ」という別人格を使い分けることで、成功への階段を駆け上がってきた彼。だが、今の彼は音楽界でもトップクラスの富豪であり、多くのヒット作を残しているトップスター。デビュー当初の異端児キャラとはミスマッチが起きているのも事実だ。それを乗り越えるため、色々なスタイルを取り入れて、新しい音楽を模索したのが今回のアルバムだろう。

反抗的な青年が大人になり、地位と名誉を掴んだあと、新たな目標を模索する。多くの大人が抱えている課題に、彼のスタイルで取り組んだ佳作。成長期から成熟期へと突入したエミネムの、「次」が楽しみになる面白い作品だ。

Producer
Dr. Dre, Rick Rubin, Just Blaze, Eminem, Emile Haynie, etc

Track List
1. Walk On Water feat. Beyonce
2. Believe
3. Chloraseptic feat. Phresher
4. Untouchable
5. Rive feat. Ed Sheeran
6. Remind Me (Intro)
7. Remind Me
8. Revival (Interlude)
9. Like Home feat. Alicia Keys
10. Bad Husband feat. X Ambassadors
11. Tragic Endings feat. Skylar Grey
12. Framed
13. Nowhere Fast feat. Kehlani
14. Heat
15. Offended
16. Need Me feat. Pink
17. In Your Head
18. Castle
19. Arose1.1.



a

Revival
Eminem
ユニバーサル ミュージック合同会社
2017-12-16


Lana Del Rey - Lust For Life [2017 Interscope, Polydor]

2008年にリジー・グラント名義のEP『Kill Kill』で鮮烈なレコード・デビューをした、ニューヨーク出身のシンガー・ソングライター、ラナ・デル・レイこと、エリザベス・ウールリッジ・グラント。

2012年にインタースコープと契約を結び、アルバム『Born To Die』を発表すると、全米アルバム・チャートで1位を獲得。全世界で700万枚を売り上げる大ヒット作となる。その後も2014年に『Ultraviolence』を、2015年には『Honeymoon』をリリース、両作品とも各国のヒット・チャートで上位に食い込み、ゴールド・ディスクを獲得するなど、華々しい成果を上げている。

また、2012年にはボビー・ウーマックの遺作となったアルバム『The Bravest Man in the Universe』に収録されている”Don't Let Me Be Misunderstood”に客演。2015年にはウィークエンドのアルバム『Beauty Behind the Madness』からシングル・カットされた”Prisoner”に参加、翌年にはアルバム『Starboy』からのシングル曲”Party Monster”にソングライターとして関わるなど、R&Bファンの間でも知名度を高めていった。

このアルバムは、彼女にとって2年ぶり4枚目のフル・アルバム。これまでの作品では、ポップス畑のクリエイターと一緒に作ることが多かった彼女だが、本作ではボーイ・ワン・ダやメトロ・ブーミンといったヒップホップやR&Bで実績のあるプロデューサーを多数起用。ゲスト・ミュージシャンにもウィークエンドやエイサップ・ロッキーなど、ヒップホップやR&Bが好きな人にはおなじみのアーティストが集まるなど、ブラック・ミュージックを積極的に取り入れた音楽に取り組んでいる。

本作の2曲目、ウィークエンドをフィーチャーした”Lust for Life”は、ブリトニー・スピアーズからウィークエンドまで、幅広いジャンルのミュージシャンと仕事をしてきたスウェーデン出身の名プロデューサー、マックス・マーティンが参加したミディアム・ナンバー。電子楽器を多用した幻想的なサウンドをバックに、繊細な歌声をじっくりと聴かせている。電子音を多用した伴奏と、高音を聴かせることに重きを置いたメロディ、ガラス細工のように繊細で透明な歌声活かしたヴォーカルの組み合わせはウィークエンドの”Starboy”を思い起こさせる。

これに対し、エイサップ・ロッキーとプレイボーイ・カルティの二人が参加し、ボーイ・ワン・ダがプロデュースを担当した”Summer Bummer”はピアノをバックに訥々と歌うという意外な幕開けが面白い曲。ここからパーティネクストドアドレイクを彷彿させる、シンセサイザーを多用したダークな雰囲気のヒップホップのトラックにつなぐ手法が新鮮だ。ゆったりとしたテンポのビートの上で、リズミカルに言葉を繋ぐ二人のラッパーと、あくまでも淡々と歌うラナ・デル・レイの対照的なパフォーマンスが光っている。

一方、エイサップ・ロッキーを招いたもう一つの楽曲” Groupie Love”はリック・ノウェルズら、ポップス畑のクリエイターが制作に携わっている楽曲。シンセサイザーの音色を重ね、ストリングスのように聴かせる伴奏に乗って、語り掛けるように歌う姿が印象的な曲。スロー・テンポのバラードに、あえてラップを組み込んで起伏をつけるセンスと、ポップスのバラードに溶け込むよう、抑揚を抑えたラップを披露するエイサップ・ロッキーの技術が聴きどころ。

そして、メトロ・ブーミンがプロデューサーに名を連ねる”God Bless America: And All the Beautiful Women in It”は、ヒップホップのビートを取り入れたミディアム・ナンバー。DJプレミアやピート・ロックが作っていたような、緻密でリズミカルなトラックを採用しつつ、じっくりとメロディを歌う姿が魅力的。パワフルなヴォーカルをウリにするソウル・ミュージックとは一味違うポップスのバラードだが、荘厳なメロディに軽妙な印象を持たせるアレンジが魅力の曲だ。

今回のアルバムでは、ヒップホップやR&Bのミュージシャンを起用して、新しいスタイルに挑戦しつつ、これまでの作品に慣れ親しんできたファンの期待を裏切らない絶妙なバランスの楽曲が目立っている。ウィークエンドやフランク・オーシャンなど、ヒップホップやR&Bとロックやポップスの要素を融合したスタイルのミュージシャンが流行る中で、彼らの手法をポップスの側から取り入れたように映る。

R&Bやソウル・ミュージックではないが、アメリカの音楽に黒人音楽が深く根差していることを感じさせる佳作。好き嫌いは別として、「時代の音」として触れてほしい。

Producer
Lana Del Rey, Rick Nowels, Benny Blanco, Boi-1da Emile Haynie etc

Track List
1. Love
2. Lust for Life feat. The Weeknd
3. 13 Beaches
4. Cherry
5. White Mustang
6. Summer Bummer feat. ASAP Rocky, Playboi Carti
7. Groupie Love feat. ASAP Rocky
8. In My Feelings
9. Coachella: Woodstock in My Mind
10. God Bless America: And All the Beautiful Women in It
11. When the World Was at War We Kept Dancing
12. Beautiful People Beautiful Problems feat. Stevie Nicks
13. Tomorrow Never Came feat. Sean Ono Lennon
14. Heroin
15. Change
16. Get Free





Lust For Life
Lana Del Rey
Interscope
2017-07-21

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ