ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

Interscope

Ella Mai - Ready [2017 Interscope Records]

サウスウエスト・ロンドンに生まれ、12歳の時にニューヨークへ移住。高校卒業とともに再度渡英したという、異色の経歴を持つシンガー、エラ・マイ。高校卒業後は、3人組のヴォーカル・グループを結成。イギリスの人気オーディション番組「Xファクター」に挑戦するが、あえなく落選。その後は、グループを解散し、彼女はソロに転向。音楽配信サイトに自作曲を投稿するなど、地道な活動を続けていた。

そんな彼女の活動が、タイガの”Rack City”やジェレミーの”Don't Tell 'Em”などを手掛けてきた、ロス・アンジェルス出身のプロデューサー、DJマスタードの目に留まり、2016年に彼が経営する10サマーズと契約。同じ年に6曲入りのEP『10Times』を発表して、配信限定だがレコード・デビューを果たした。

今回のアルバムは、2016年に発表された2作目のEP『Change』から、僅か3か月という短い間隔でリリースされた、彼女にとって通算3枚目のEP。過去2作品同様、配信限定のリリースだが、ユニヴァーサル系列のインタースコープが配給し、プロデュースはDJマスタードが担当。ソングライターには、ブリトニー・スピアーズの作品にも携わっているタライ・ライリーや、ジル・スコットの曲も書いているジャミール・ロバーツが参加し、彼女も全ての曲でペンを執っているなど、有名アーティストのアルバムにも見劣りしない力作になっている。

アルバムのオープニングを飾る”Boo'd Up”は、80年代のベイビーフェイスの作品を思い起こさせる、煌びやかな音色のシンセサイザーを使ったトラックと、彼女の甘い歌声を活かしたロマンティックなメロディが印象的なミディアム・ナンバー。レコーディング時点で27歳だった彼女の若く溌剌とした歌声と、色っぽい歌唱が光っている。80年代、90年代っぽい音色を使いながら、現代風の爽やかなメロディを取り入れている点も面白い。

続く”Breakfast in Bed”は、リアーナやシャンテ・ムーア等の作品に携わってきた、ニック・アウディノが参加した作品。トラックに使っている音色は”Breakfast in Bed”と似ているが、伴奏の音数を絞って、ビートを強調した、ヒップホップに近い曲。DJマスタードのトラック制作技術と、ニック達の美しいメロディを生むスキルが合わさった、心地よいミディアム・ナンバーだ。

そして、”Nobody Else”は自身の声をサンプリングしたフレーズから始まるミディアム・ナンバー。地声を多用した落ち着いた雰囲気のヴォーカルが、メアリーJ.ブライジやリアーナを思い起こさせる。ゴードン・チェンバースの手による流麗なメロディも、彼女のしなやかな歌声の魅力を引き出している。

また、ロー・ジェイムズやマイリー・サイラスなどの作品にかかわってきた、サミュエル・ジーンがソングライターに名を連ねている”My Way”は、煌びやかなシンセサイザーの音色を使ったロマンティックなミディアム・ナンバー。一方、”Breakfast in Bed”でも作者に名を連ねている、ニック・アウディノがペンを執った”Makes Me Wonder”は甘酸っぱいメロディが印象的なミディアム・ナンバー。彼女の若々しい一面が堪能できる佳曲だ。

そして、本作のハイライトが、アッシャーやメアリーJブライジなどの作品にも参加してきた、ロナルド・コルソンが制作にかかわっている”Anymore”だ。ピアノの音色を効果的に使った切ない雰囲気のトラックと、激しい感情をむき出しにしたダイナミックなヴォーカルを組み合わせた、壮大なバラードだ。

今回のEPでも、過去の2作品同様、しなやかな歌声と、地声からファルセットまで、フルに使った表情豊かなヴォーカルが堪能できる。そのスタイルは、モニカやブランディのような、スマートな歌唱と、力強い歌声を売りにする女性シンガー達を連想させる。また、ソングライターにもゴードン・チェンバースのような、美しいメロディを生み出してきた作家を並べ、トラックもヴォーカルやメロディを引き立てることに気を配った、シンブルで洗練されたものになっている。この「しなやかな歌」を聴かせることに力を注いだことが、若手シンガーの作品でありながらロマンティックで落ち着いた雰囲気と、一本筋の通った軸のようなものを感じさせているのだと思う。

ビヨンセやリアーナとはスタイルが違うが、「歌の魅力」で勝負している稀有な作品。恵まれた容姿と強靭な歌声を兼ね備えた彼女。90年代のブランディやモニカ、2000年以降のジェニファー・ハドソンやクリセット・ミッシェルが好きな人はぜひ聞いて欲しい、クールなヴォーカルとビジュアルが魅力の女性シンガーだ。

Producer
DJ Mustard

Track List
1. Boo'd Up
2. Breakfast in Bed
3. Nobody Else
4. My Way
5. Makes Me Wonder
6. Anymore



Ready [Explicit]
Universal Music LLC
2017-02-26

Jacob Banks - The Boy Who Cried Freedom [2017 Darkroom, Interscope, Polydor]

アマチュア時代から、英国のポピュラー音楽向けラジオ・チャンネル、BBCレディオ1の人気プログラム「ライブ・ラウンジ」に、番組史上初のレコード会社と契約していないアーティストとして出演したり、MOBOやアディダスが主催するオーディションで優勝したりと、完成度の高いパフォーマンスと豊かな才能を発揮してきた、イギリスはバーミンガム出身のシンガー・ソングライター。ジェイコブ・バンクス。

2013年には、サウス・ヨークシャー州のシェフィールドに拠点を置くレナウンド・レコードから、初の録音作品となるEP『The Monologue』を発表。ジョン・レジェンドを彷彿させるふくよかで柔らかい歌声と、オーティス・レディングを思い起こさせる泥臭いサウンド、サム・スミスを連想させるポップなメロディで、配信限定の作品ながら、ソウル・ファン以外の人々の間でも話題になった。

その後、2015年には2枚目のEP『The Monologue』をリリース。こちらは前作の路線を踏襲した作風で、前作同様、多くのリスナーの耳目を引いた。また、自身名義でのリリースと並行して、エレクトロニック・アーツ社の人気サッカー・ゲーム『FIFA15』のサウンドトラックへの楽曲提供や、イギリスのエレクトロ・ミュージック・プロダクション、チェイス&ステイタスの楽曲”Alive”への客演など、ジャンルの枠を超えて活躍の場を広げていった。

今回のアルバムは、2016年に契約を結んだインタースコープから発売された、彼のメジャーデビュー作。しかし、新しい舞台に移っても環境に飲み込まれることなく、自身の持ち味が存分に発揮した、本格的なソウル・ミュージックを聴かせている。

アルバムのオープニングを飾る”Chainsmoking”は、本作に先駆けて発表されたシングル曲。映画音楽のように荘厳なバック・トラックの上で、アンソニー・ハミルトンを連想させる武骨な歌唱を聴かせるミディアム・バラード。オーケストラのような伴奏が、荒々しい音色を響かせるギターや、彼の声を重ね合わせたコーラスが、楽曲に重々しい雰囲気を与えている。

続く”Part Time Love”は、ギターやダブル・ベースなどを使ったシンプルな伴奏に乗せて、朗々と歌う姿が印象的なミディアム・ナンバー。伴奏がシンプルな分、彼の歌声の豊かさや表現力が目立っている。気のせいかもしれないが、他の曲と比べると少し声が甘く聴こえる。パワフルな歌唱だけでなく、優しい雰囲気のヴォーカルも聴かせられることを示した佳曲だ。

そして、3曲目に収められた”Mercy”は、スピーカを揺らすような重いビートの上で、地声を軸にした強く、硬い歌声を聴かせるミディアム・ナンバー。シンセサイザーを使った低音中心の伴奏が、彼の力強い歌声を強調している。

また、4曲目の”Unholy War”は、ミュージック・ビデオも制作された、このアルバムの看板といっても過言ではない楽曲。厳かな雰囲気のピアノの演奏で幕を開けるこの曲は、ボビー・ウーマックを彷彿させる荒々しい歌声と、重厚な伴奏が格好良いミディアム・ナンバー。力強いドラムの音や重々しいシンセサイザーの音色が、現代の楽器を使っているにも関わらず、アル・グリーンやアン・ピーブルズの音楽のような泥臭いサウンドに仕上がっている点が面白い。

そして、アルバムの最後を飾るのが”Photograph”だ。伴奏に使われるギターやキーボードの音色は柔らかく、ジェイコブの歌声は恋人に語り掛けるように優しい、本作の収録曲の中では少し毛色の異なるミディアム・ナンバー。音楽性は全く異なるが、甘い歌い方は、ルーベン・スタッダードに少し似ていると思う。

彼の音楽は、泥臭い歌声と、キャッチーなメロディ、ヒップホップの影響を強く受けたバック・トラックを組み合わせたもので、ジョン・レジェンドやアンソニー・ハミルトン、ライフ・ジェニングスといった、2000年代にアメリカで台頭したR&Bシンガーのスタイルを踏襲したものだ。だが、彼の面白いところは、その手法を突き詰めながら、メロディやトラックの幅を広げている点だと思う。極端な言い方をすれば、彼はソウル以外の音楽に触手を伸ばしながら、ソウル・ミュージックを究めようとしているように見えるのだ。

よく考えれば、オーティス・レディングがローリング・ストーンズの”Satisfaction”を自分の色に染め上げたように、ソウル・シンガーやR&Bシンガーの先人達は、色々な音楽を貪欲に吸収して、私達を驚かせる名曲を残してきた。彼の音楽は、その伝統を継承し、新しいソウル・ミュージックの一歩を切り開こうとしているように映る。イギリス出身のミュージシャンによる、配信限定の作品だが、R&Bの歴史を変える一歩になり得る魅力的な作品だと思う。できれば、アナログ盤で聴きたいけど、出してくれないかなあ。

Track List
1. Chainsmoking
2. Part Time Love
3. Mercy
4. Unholy War
5. Photograph






6LACK - Free 6LACK [2016 LoveRenaissance, Interscope]

メリーランド州ボルティモア生まれ、ジョージア州アトランタ育ちのシンガー・ソングライター、6LACK(どうやら「ブラック」と読むらしい)こと、ロドリゲス・バルデス・ヴァレンティン。2011年にインディペンデント・レーベルと契約したことをきっかけに、当時通っていた大学を中退して音楽活動に専念。サウンドクラウドに自作曲などをアップロードするなどして、新しい音に敏感な人々を中心に、少しずつ着実にファンを増やしてきた。

その甲斐もあって、2016年にはインタースコープと契約。同年7月にフューチャーの”Perkys Calling”をサンプリングしたシングル『Ex Calling』でデビューすると、同9月には2作目のシングル『PRBLMS』を発表。こちらは、ビルボードのホット100チャートで最高88位という、新人R&Bシンガーとしては上々の結果を残した。

このアルバムは、上の2枚のシングルを収録した、彼にとって初のフル・アルバム。2016年11月に発売されると、配信限定ながらアルバム・チャートの54位(R&Bのアルバム・チャートでは最高11位)まで上り詰め、翌年にはCD盤、LP盤も発売されるヒット作になった。

まず、本作の新録曲から目を向けると、2曲目に収められた”Rules”は、リュダクリスなどの作品を手掛け2017年にはキャリッドのデビュー作『American Teen』を手掛けたことでも話題になったシック・センスがプロデュースした作品。メロディを乗せやすい、起伏にとんだ変則ビートとトラックを巧みに乗りこなすブラックの歌唱力が光る、味わい深い楽曲だ。

これに対しミュージック・ビデオも制作された”Free””は、カナダ出身の女性ヒップホップ・アーティスト、ノヴァ・ロッカフェラがプロデューサーとして参加した楽曲。シンセサイザーを駆使した、ダークで重いビートに乗せて、切々と歌う彼の姿が印象的なミディアム・バラード。中盤でビートが変化して、楽曲にメリハリをつけるテクニックも面白い。シンガーらしい、トラックの特徴や展開に応じて、声をコントロール技術と、ラッパーのように言葉を上手につなぐスキルが見事に両立された佳曲だ。

一方、ジェイソン・デルーロやブリトニース・ピアーズにも曲を提供している、ブライアン・アイザックが手掛けた”Gettin' Old”は、ブラックの歌唱力にスポットを当てた本格的なヴォーカル曲。恋人に語り掛けるような優しいヴォーカルが心地よいミディアム・バラードだ。ドラムを軸にした、主役の歌声を引き立てる役に徹したシンプルなトラックも、楽曲の切ない雰囲気を盛り立てている。

だが、本作の目玉といえば、やっぱりシングル化された2曲だろう。アトランタ出身のラッパー、フューチャーのミックステープ『Purple Reign』に収められている楽曲のトラックを引用した"Ex Calling"は、原曲の制作もおこなっているアトランタ出身のプロデューサー、サウスサイドがプロデュースをを担当。バウンズ・ビートと哀愁を帯びたピアノの伴奏が印象的なトラックを活かした、切ない雰囲気のミディアム・ナンバーだ。R&Bシンガーというよりもラッパーに近いガラガラとした声で、淡々と言葉を紡ぎ出す姿が耳に残る、どこか悲しい雰囲気の楽曲だ。

そして、ノヴァをプロデューサーに招いたヒット曲”PRBLMS”は、シンセサイザーを使ったダークな雰囲気の伴奏とビートに乗せて、歌ともラップとも形容しがたい、絶妙な起伏のヴォーカルを聴かせてくれるミディアム・ナンバー。なんとなくだけど、 ドレイクパーティネクストドアの作風に似ている気がするのは自分だけだろうか。

アルバムをリリースした時点で24歳(パーティネクストドアの1歳年上で、ウィークエンドよりも2歳若い)と、若者らしい新鮮な視点を見せつけてくれる一方、シンガー・ソングライターとして5年以上活動してきた経験に裏付けられた、自身の感性を具体的な作品に落とし込む確かな技術も兼ね備えている。実力派シンガー、華やかさやスター性では見劣りする部分もあるが、それ以上に、聴き手の心を確実に惹きつける、存在感のある声とフロウが光っている。

同作がヒットした翌年には、ガラントのデビュー・アルバム『Ology』で強烈なパフォーマンスを聴かせてくれた、日系アメリカ人シンガーのジェーン・アイコとコラボレーションしたシングル『First Fuck』を発表するなど、1作目の結果に驕ることなく、素敵な新曲を生み出し続けている。アンダーソン・パックケラーニと並んで、これからのR&B業界をけん引する台風の目になるかもしれない。2010年代のR&Bの醍醐味が凝縮された、現代のR&Bを象徴する作品だと思う。

Producer

6LACK, Frank Dukes, Dot da Genius, Breyan Isaac etc

Track List
1. Never Know
2. Rules
3. PRBLMS
4. Free
5. Learn Ya
6. MTFU
7. Luving U
8. Gettin' Old
9. Worst Luck
10. Ex Calling
11. Alone / EA6





Free 6lack
6lack
Interscope Records
2017-03-17

 
記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ