melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

Jalapeno

Gizelle Smith - Ruthless Day [2018 Jalapeno Records, Mocambo]

2014年に発表した、ドイツのファンク・バンド、マイティ・モカンボスとのコラボレーション・アルバム『This Is Gizelle Smith & The Mighty Mocambos』で、ヴォーカルを担当したことをきっかけに注目を集め、その後は、自身の名義でも複数のシングルをリリース。マーサ・リーヴスを彷彿させる、可愛らしさと力強さを両立した歌唱と、キュートなルックスで人気を博した、イギリスのマンチェスター出身のシンガー・ソングライター、ジゼル・スミス。

近年は積極的にライブをこなしているものの、新作のリリースがなかったので気になっていた彼女だが、このたび8年ぶりの新作を発表した。

このアルバムは、彼女自身の名義では初のスタジオ・アルバム。ハンブルクを拠点に活動し、マイティ・モカンボスの作品も手掛けている、デフ・ステッフことステファン・ワグナーがプロデュースを担当。曲作りにはジゼル自身も携わるなど、マイティ・モカンボスとのコラボレーション作品を意識した、ソウル色の強いアルバムになっている。

本作の1曲目は、2018年の頭にリリースされたシングル曲”Dust”。ブリブリとうなるダイナミックなベースと優雅なストリングスの伴奏が心地よいアップ・ナンバー。ダイナミックな演奏を聴かせるリズム・セクションと上品な上物の組み合わせが、彼女のキュートな歌声を引き立てている。 これに対し、2017年に発表された”Sweet Memories”は、流麗なコーラスと愛らしいヴォーカルの組み合わせが光る、甘酸っぱい雰囲気のミディアム・ナンバー。端正の取れたバック・コーラスを効果的に使った曲作りは、メイン・イングリディエントの"Let Me Prove My Love to You"をサンプリングした、アリシア・キーズの”You Don't Know My Name”にも少し似ている。しかし、サビに入ると、リズム・セクションが急に荒々しくなるなど、随所に遊び心を盛り込んでいるから油断できない。

また、ストーンズ・スロウからアルバムを発売したことも記憶に新しい、マイロン&Eのエリック・ボスをフィーチャーした”S.T.A.Y.”は、軽妙で爽やかなメロディが心に残るミディアム・ナンバー。鍵盤楽器とホーンを組み合わせた軽やかな伴奏の上で、繊細でキュートなジゼルと、芯が強いけど柔らかい歌声のエリックによる、対照的な個性を活かしたメリハリのあるパフォーマンスを披露している。両者の持ち味を巧みに引き出すアレンジ技術が聴きどころだ。

そして、本作の隠れた目玉が、日本盤限定のボーナス・トラックである”Dust”のリミックス版だ。マジンガーZの主題歌をリミックスするなど、日本のサブカルチャーにも造詣が深いことで知られるフランスのクリエイター、ディミトリ・フロム・パリが手を加えたこの曲は、彼が得意とする太く、柔らかい音色を使ったハウス・ナンバー。ダフト・パンクやマーク・ロンソンなど、多くの人気ミュージシャンが取り入れているディスコ・サウンドだが、同ジャンルに何十年も取り組んできた彼が作るトラックは一味違う。

今回のアルバムは、メアリー・ウェルズやブレンダ・ハロウェイの流れを汲む、キュートな声と力強いパフォーマンスが武器の、彼女の魅力を丁寧に引き出した、本格的なソウル・アルバムだ。ポップなメロディと軽やかなパフォーマンスは、60年代、70年代のモータウン・レコードが得意としていた音楽とよく似ている。しかし、彼女のスタイルは、ポップだけどどこから粗削りな、60年代のモータウン・サウンドというよりは、ジャクソン5やスモーキー・ロビンソンなどが活躍していた70年代のモータウン・サウンドに近い。おそらく、洗練されたサウンドが流行している現在の音楽シーンを意識したものだが、偶然にも父、ジョー・スミスが演奏でかかわっていた、70年代のフォー・トップスの音楽に歩み寄っているから面白い。

力強い歌声で勝負をするシンガーが多い時代に、可愛らしい声で勝負した潔いアルバム。歌手の数だけ異なる音楽がある、ヴォーカル作品の醍醐味を存分に堪能してほしい。

Produceer
Def Steff

Track List
1. Dust
2. Hero feat. Eric Boss
3. Scared of Something
4. Love Song
5. Sweet Memories
6. Around Again
7. S.T.A.Y. feat. Eric Boss
8. Ruthless Day
9. Hey Romeo
10. Twelve
11. Amen
12. Dust (Dimitri From Paris Remix) *Bonus Track





Ruthless Day
Gizelle Smith
Jalapeno
2018-03-30

Ephemerals - Egg Tooth [2017 Jalapeno Records]

イギリス出身のギタリスト、ニコラス・ヒルマンと、フランス系アメリカ人のサックス奏者、ウォルフガング・パトリック・ヴァルブルーナが中心になって結成したファンク・バンド、エフェメラルズ。60年代、70年代のブラック・ミュージックを取り込んだサウンドと、ヴァルブルーナのエネルギッシュな歌唱が話題になり、ジャイルズ・ピーターソンやクレイグ・チャールズなどのラジオ番組でヘビー・プレイ。2016年にはフランスのDJ、クンズのシングル『I Feel So Bad』に参加。フランスを中心に、複数の国でヒットチャートに入る、彼らにとって最大のヒット曲となった。

このアルバムは、2015年の『Chasin Ghosts』以来となる、通算3枚目のオリジナル・アルバム。本作でも楽曲制作とプロデュースをヒルマンが、ヴォーカルをヴァルブルーナが担当。ファンクやソウル・ミュージックの要素をふんだんに取り入れた楽曲を披露している。

アルバムの2曲目、本作に先駆けて発売されたシングル曲”The Beginning”は、ゆったりとしたテンポのバラード。分厚いホーンセクションを軸にしたバンドをバックに、思いっきり声を張り上げるヴァルブルーナの姿が格好良い。余談だが、彼の歌い方が”Don't Look Back in Anger”を歌っていた時の、オアシスのリアム・ギャラガーに少し似ていると思うのは自分だけだろうか。

一方、これに続く”In and Out”は、陽気な音色のキーボードと、柔らかい音色のホーン・セクションに乗せて、切々と言葉を紡ぎ出すミディアム・ナンバー。ビル・ウィザーズを彷彿させる、スタイリッシュだがどこか温かい雰囲気の歌声が心に残る。良質なポップ・ソングだ。

そして、本作からのもう一つのシングル曲『Astraea』は、ストリングスを取り入れた、切ない雰囲気のアップ・ナンバー。徐々にテンポを上げていく伴奏と、何かに追い立てられるように、せかせかと言葉を吐き出すヴァルブルーナのヴォーカルが印象的な楽曲だ。

また、同曲のカップリングとしてシングル化された”And If We Could, We’d Say”はハモンド・オルガンの音色で幕を開けるミディアム・ナンバー。ヒップホップのエッセンスを取り入れた伴奏に乗せ、ギル・スコット・ヘロンの作品を引用したポエトリー・リーディングを聴かせるという通好みの楽曲。大衆向けとは言い難い素材を集めつつ、アイザック・ヘイズが”Ain’t No Sunshine”や”Never Can Say Goodbye”のカヴァーで見せた、テンポを落として低音をじっくりと聴かせる、キャッチーで粘っこいファンク・サウンドを使ってポップに纏め上げた名演だ。

そして、黒人音楽が好きな人には見逃せない曲が、スティーヴィー・ワンダーの”AnotherStar”にも似た雰囲気のアップ・ナンバー”Get Reborn”だ。オルガンのキラキラとした音色を軸に、華やかな伴奏と軽妙なヴォーカルを組み合わせた楽曲。ライブで聴いたら盛り上がりそうだ。

英国出身のファンク・バンドというと、ジャミロクワイのような世界中で人気のグループから、ストーン・ファンデーションジェイムズ・ハンター・シックスのように、好事家達を唸らせる実力派ミュージシャンまで、あらゆる趣向の人々に対応する層の厚さが特徴的だ。その中で、彼らを他のグループと差別化しているのは、古今東西の色々なソウル・ミュージックを取り込むヒルマンの制作技術と、デーモン・アルバーンやリアム・ギャラガーにも通じる、ヴァルブルーナの存在感のある歌声によるものが大きいと思う。

60年代、70年代のソウル・ミュージックに軸足を置きつつ、その子孫ともいえる90年代以降のブリティッシュ・ロックのエッセンスを混ぜ込むことで、先人や現行の同業者とは違う独自の音楽性を確立した面白い作品。ロック、もしくはブラック・ミュージックをあまり聴かない人にこそ聴いてほしい、ジャンルの壁を越えた魅力的なバンドだ。

Producer
Hillman Mondegreen

Track List
1. Repeat All +
2. The Beginning
3. In and Out
4. Go Back to Love
5. The Omnilogue
6. Coming Home
7. And If We Could, We’d Say
8. Get Reborn
9. Cloud Hidden
10. If Love Is Holding Me Back
11. Astraea
12. Repeat All





Egg Tooth
Ephemerals
Jalapeno
2017-04-21


記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ