ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

Motown

Kevin Ross - Awakeing [2017 Motown, Verve]

90年代の終わりごろからソングライターとして活動し、ジョニー・ギルの2010年作『Still Winning』に収録されている”2nd Place”や、SWVが2012年に発表した『I Missed You』に収録の”Time to Go”や”Use Me”などを提供したことでも知られる、ワシントンD.C.の出身のシンガー・ソングライター、ケヴィン・ロス。

そんな彼は、自身の名義でも2014年にモータウンからEP『Dialogue In the Grey』をリリース。配信限定のアルバムながら、ラッパーのT.I.やシンガー・ソングライターのニーヨなどをフィーチャーした、本格的なR&Bを聴かせてくれた。

本作は、2016年に発表した2枚目のEP『Long Song Away』以来となる新作。2003年にインディー・レーベルからアルバム『Pick Me』をリリースしているものの、メジャー・レーベルから発売されたオリジナル・アルバムは今回が初めてとなる。

今回のLPは『Long Song Away』に収録されている”Be Great (Intro) ”、”Long Song Away”、”Don't Go”、”Be Great (Remix) ”の4曲に新曲を加えたもの。もちろん、既発の4曲を含め、全ての曲で彼自身が制作にかかわっている。また、本作で追加された新曲は、前年に公開された4曲同様、シンプルで洗練されたトラックと、滑らかな歌声を活かした美しいメロディが魅力的な、大人向けのR&Bになっている。

アルバムのオープニングを飾る”Be Great (Intro) ”は同郷のラッパー、チャズ・フレンチをフィーチャーしたスロー・ナンバー。哀愁を帯びたケヴィンの歌声とピアノとドラムを核にしたシックなトラックの組み合わせがロマンティックな雰囲気を盛り上げる。絶妙な力加減で、楽曲を引き締めるチャズのラップも格好良い。

これ以外の曲ではEPにも収められている”Long Song Away”が独特の存在感を発揮している。心臓の鼓動のように正確なリズムを刻むバス・ドラムの上で、物悲しい音色のギターやハンド・クラップなどが鳴り響くシンプルなトラックに乗せて、レイド・バックしたメロディをじっくりと歌い上げるミディアム・ナンバー。この曲も含め、収録曲の大半でドラムのプログラミングを担当しているトロイ・テイラーの手腕が発揮された良質なミディアム・ナンバーだ。

一方、本作が初出の楽曲に目を向けると、トレイ・ソングスやケリー・ローランドなどの有名シンガーに、数多くの楽曲を提供してきたクリストファー・ウマナが参加した”Don't Go”のクオリティが素晴らしい。ドラムを主体にしたシンプルなトラックに載せて、流れるようにフレーズを口ずさむ。2000年代以降のR&Bのトレンドがベースになった曲だ。だが、この曲に対してもメロディを丁寧になぞった歌唱を披露し、流麗なメロディの中にある種の緊迫感と緻密さを埋め込んでいる。

そして、今回のアルバムの隠れた目玉が、ケネス・エドモンズ(=ベイビーフェイス)がソングライターと演奏で参加した”In The Name Of Your Love “だ。ゴムボールのように跳ねるドラムと、Aメロ、Bメロ、サビと展開していくメロディは、”For The Cool in You”等のヒット曲を生み出していた90年代のベイビーフェイスの作風に通じるものがある。2015年にベイビーフェイスが発表したアルバム『Return of the Tender Lover』や、彼が制作に参加したブルーノ・マーズの2016年作『24K Magic』に収録されている”Too Good to Say Goodbye”などを意識しながら、当時の音楽よりも滑らかなメロディを取り入れることで、2017年のトレンドに適応した現代の90年代風のR&Bといってもいいだろう。

今回のアルバムは、豊富な裏方仕事の経験と、彼の丁寧な歌唱が組み合わさったことで、ボビー・ヴァレンティノやトレイ・ソングスの録音のような、美しいメロディとヴォーカルの技術を同時に楽しめる、本格的なR&B作品になっている。一方、近年のメジャー・レーベル発のR&Bに目を向けると、パーティネクストドアのようにヒップホップに接近したものや、ソランジュのようにロックなどを取り入れたもの、ウィークエンドのように電子音楽との融合を図ったものなど、他のジャンルの要素を取り入れて、リスナーに新鮮な楽曲を聴かせようとする試みが目立つことに気づかされる。そんな状況で、トラック、メロディ、歌の三要素を徹底的に磨き上げることで、奇抜な演出を盛り込まなくても、魅力的な音楽が作れることを証明している。

レーベルのトップ、ニーヨの意向もあるのかもしれないが、近年のメジャー・レーベルの新作には珍しい、「歌」を前面に押し出したR&Bアルバム。変化を続けるR&Bの世界に疲れを感じた人は、ぜひ一度、本作の収録曲を聴いてほしい。彼の音楽を聴けば、黒人音楽に出会ったときの感動が蘇ってくると思う。

Producer
Kevin Ross, Antonio Dixon, Kenneth Edmonds, Jonathan Graves, Jeff Gitelman etc

Track List
1. Be Great (Intro) feat. Chaz French
2. Don't Forget About Me
3. O.I.L.
4. Long Song Away
5. Dream (Remix) feat. Chaz French
6. Genesis (Pt. 1)
7. Don't Go
8. Look Up feat. Lecrae
9. Pick You Up
10. Be Great (Remix) feat. BJ The Chicago Kid
11. Easier
12. Her Hymn
13. Genesis (Pt. 2)
14. In The Name Of Your Love
15. New Man





Awakening
Kevin Ross
Motown
2017-03-24

 

BJ the Chicago Kid – In My Mind [2016 Motown]

19歳の時にミュージシャンを目指してロス・アンジェルスに移住。その後は、スティーヴィー・ワンダーやメアリーJ.ブライジ、ドクター・ドレやチャンス・ザ・ラッパーなどの作品に参加しながら、3枚のミックス・テープと1枚のEPをリリース。新しい音に敏感なリスナーや、次世代のヒット・メイカーを探すミュージシャンの間で注目を集め、2012年にモータウンと契約した、シカゴ出身のシンガー・ソングライター、BJザ・シカゴ・キッドことブライアン・ジェイムズ・カレッジ。レーベルとの契約から4年、2014年に発表したミックス・テープ『The M.A.F.E. Project』から2年ぶりとなる新作で、彼にとって初のオリジナル・アルバムとなるのが、この『In My Mind』だ。

メジャー・デビューの前に発表したミックス・テープでは、昔の曲からサンプリングしたフレーズを効果的に使った、ヒップホップ色の強い曲を披露する一方、裏方としては、多くの人に受け入れられる作品が求められる有名ミュージシャンの曲に携わるなど、求められる音楽が異なるメジャーとアンダーグラウンドの両方のシーンを経験している彼。この作品では、その時の経験を活かした、先鋭的なのに大衆的なR&Bを聴かせてくれる。

まず、収録曲の中で特に気になるのは、同じシカゴ出身のチャンス・ザ・ラッパーをフィーチャーした”Church”だ。50セントやルーペ・フィアスコなどを手掛けてきた、フューチャリスティックス改めマイク&キーズがプロデュースしたこの曲は、 コンピューターを使って作った隙間の多いビートの上で、切々と歌い上げるミディアム・ナンバー。チャンス・ザ・ラッパーの曲にも通じる前衛的なトラックを使いながら、耳障りの良いメロディを埋め込むセンスはなかなかのものだ。

また、ミシシッピ州メリディアン出身のラッパー、ビッグ・クリットがゲストで参加した”The Resume”は、ドクター・ストレンジの名義の活動でも知られている、アイルランドのダブリン出身のプロデューサー、ショーン・クーパーが手掛けるバラード。トークボックスを使ったバック・コーラスとフィンガー・スナップを軸にしたトラックは、ドゥー・ワップとザップの音楽が混ざり合ったような、懐かしさと斬新さが入り混じった不思議なもの。その個性的なトラックの上で、落ち着いた雰囲気のバリトン・ヴォイスをじっくりと聴かせる姿は、聴けば聴くほど好きになる不思議な魅力を備えている。

この他にも、ウィークエンドやドレイクにも通じる、シンセサイザーの音色を駆使したモダンなトラックをバックに、ジェイミー・フォックスを彷彿させるセクシーなヴォーカルを披露する”Love Inside”や、ピアノっぽい音色のキーボードをバックに、ファルセットを多用した丁寧で色っぽい歌唱が光る”Shine”。ジーン・ナイトの”Mr. Big Staff”のフレーズと、90年代のヒップホップを思い起こさせるローファイなドラムを組み合わせたビートの上で、ディアンジェロを爽やかにしたようなヒップホップ色豊かなソウル・ミュージックを聴かせる”Turnin' Me Up”など、90年代のR&Bを連想させる曲から、近年のトレンドを押さえた曲まで、ファンの琴線を巧みに刺激するバラエティ豊かな楽曲が揃っている。

だが、なんといっても、この作品のハイライトは、ケンドリック・ラマーが参加した”The New Cupid”だろう。ラファエル・サディークの”Oh Girl”をサンプリングしたロマンティックな雰囲気のトラックの上で、ほかの曲では見られない、甘い歌声を響かせるミディアム・バラード。ケンドリック・ラマーも普段より柔らかい口調のラップを披露して、スウィートな楽曲に彩を添えている。自分だけかもしれないが、シカゴ出身のヴォーカル・グループ、シャイ・ライツの”Oh Girl”(ラファエル・サディークのものとは同名異曲)に通じる、優しい雰囲気が印象的だ。

このアルバムの面白いところは、90年代以降のヒット・チャートを賑わせた、色々なR&Bシンガーのスタイルを取り入れつつ、インターネットの普及で多くの人の耳に届くようになった、アンダーグラウンドのヒップホップやR&Bのエッセンスを随所に取り入れているところだろう。斬新なビートを耳馴染みのあるメロディと絡めたり、懐かしさを感じるトラックの上で、近年流行しているラップ風の歌唱を披露したりと、様々なタイプのR&Bの要素を組み合わせて、新鮮さと聴きやすさを両立しているところが面白い。おそらく、裏方仕事とアンダーグラウンド・シーンでの活動を両立していたことが、彼の音楽に絶妙なバランス感覚を与えたのだと思う。

スモーキー・ロビンソンやスティーヴィー・ワンダーにはじまり、リック・ジェイムスやエリカ・バドゥ、ベン・ロンクル・ソウルなど、大衆に受け入れられる名作を残しながら独創性を発揮してきたモータウンのミュージシャン達。彼らが作り上げてきたレーベルのカラーを、10年代のトレンドを踏まえつつ継承したのがBJザ・シカゴ・キッドだと思う。昔のモータウン・サウンドとは明らかに異なるが、往年のミュージシャンのように、新しいサウンドと商業的な成果を両立した、モータウンの歴史を継承する次世代のヒットメイカーの更なる飛躍に期待したい。

Producer
Ethiopia Habtemariam etc

Track List
1. Intro (Inside My Mind)
2. Man Down
3. Church
4. Love Inside
5. The Resume
6. Shine
7. Wait Til The Morning
8. Heart Crush
9. Jeremiah/World Needs More Love
10. The New Cupid
11. Woman's World
12. Crazy
13. Home
14. Falling On My Face
15. Turnin' Me Up




In My Mind
Bj the Chicago Kid
Motown
2016-02-19




Sebastian Kole – Soup [2016_Motown]

ジェニファー・ロペス feat. フロー・ライダーの”Goin' In”やアレシア・カラの”Here”などを手掛けてきた、アラバマ州バーミンガム出身のソング・ライター、セバスチャン・コールにとって初となるソロ・アルバム。

彼は、子供のころからゴスペルに親しみ、アラバマ大学では音楽技術を専攻してきたという、ソウル・シンガーの保守本流みたいな経歴を歩みながら、プロデビュー後はジェニファー・ロペスやマルーン・ファイブといった、幅広い層から親しまれているミュージシャンとも仕事をしてきたという異色の経歴の持ち主。この幅広い経験は、自身の作品でも存分に発揮されていて、2016年にモータウンからリリースされた本作では、50~60年代のソウル・ミュージックをベースにしつつ、R&Bなどの新しいブラック・ミュージックや、シンディー・ローパーやカーペンターズといった白人のポピュラー・ミュージックからエッセンスを取り入れた、ポップでありながら本格的なソウル・ミュージックを聴かせてくれる。

オープニングを飾る”Home”は、往年のドゥー・ワップ・グループを思い出させる重厚なアカペラのコーラスの上で、スモーキー・ロビンソンを彷彿させるしっとりとしたメロディが光るミディアム・ナンバー。洗練されたメロディにゴスペル仕込みのダイナミックなヴォーカル乗るスタイルは、初期のジョン・レジェンドにも似ているが、アレンジがシンプルな分、彼の方が歌の力強さが際立っているように思う。また、続く”Love Doctor”はロックっぽい荒々しいギターとシンセサイザーが光るアップ・ナンバー。R&Bというよりも、ブラッドオレンジやツイン・デンジャーなどのオルタナティブ・ロックに近いトラックだが、豊かな声量と表現力で本格的なソウルに纏め上げているところに、彼の実力の高さが伺える。

この他にも、R&Bのトラックの上にフォークソングを思い起こさせるギター・リフを織り込んだ”Carry On”や、アリシア・キーズを彷彿させるピアノの弾き語りと、ゴスペルで鍛え上げた強烈なヴォーカルを活かしたミディアム・バラード”Pour Me”など。色々なスタイルの音楽を取り入れた楽曲を揃えることで、表現の幅を広げつつ、幅広い層にアピールできる作品になっている点も心憎い。

ソウル・ミュージックをベースにしつつ、メロディ・ラインやトラックに新旧様々なジャンルのスタイルを取り入れたことで、音楽性の幅とファンの裾野を広げた面白い作品。ソングライターとしての能力も素晴らしいが、それ以上に魅力的な歌声と表現力を持つ、これからの成長が楽しみなアーティストだ。

Track List
1. Home
2. Love Doctor
3. Forgive Me For Trying
4. Carry On
5. Priceless
6. Choose You Again
7. Purple Heart Blvd
8. Pour Me
9. Love’s On The Way
10. Giants
11. Stay
12. Naked (Feat. Alessia Cara)



Soup
Sebastian Kole
Motown
2016-10-07

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ