ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

Motown

Lil Yachty - Teenage Emotions [2017 Quality Control Music, Capitol, Motown]

2015年ごろに音楽活動を開始。多くのステージや客演を経験する一方で、ファッション・リーダーとして情報サイトにも登場するなど、様々な分野で活躍。若者の間で人気を博してきた、ジョージア州メイブルトン生まれ、アトランタ育ちのラッパー、リル・ヨッティこと、マイルス・パークス・マッコルン。

2015年に発表したEP『Summer Songs』が、自主制作による配信限定の作品ながら、キャッチーで斬新な作風で注目を集め、その後に発売された3枚のEPも一定の成果を残した。また、2016年にはカニエ・ウエストが経営するブランドでモデルを務める一方、モータウンキャピトル、クオリティ・コントロールと同時に契約(ただし、前2社はユニバーサル傘下)。同年には2枚のミックス・テープをリリースしてヒットさせた。そして、2017年には、アメリカの雑誌フォーブスが選ぶ「30歳以下の重要人物30人」に19歳の若さで選ばれるなど、早くから将来を嘱望されてきた(余談だが、10代のアーティストは、彼以外にラッパーのデザイナー、シンガー・ソングライターのデイヤがいる。また、20代のミュージシャンでは、ウィークエンドガラントブライソン・ティラーなどが取り上げられている)。

本作は、彼にとって待望のファースト・アルバム。プロデューサーには、ディプロやステレオタイプス、レックス・ルガーなどのヒット・メイカーが名を連ね、ゲスト・ミュージシャンとして、ミーゴスやYGなどが参加した、新人の作品としては異例の、豪華な面々が集結したものになっている。

アルバムに先駆けて発表された”Peek A Boo”は、アトランタ出身のリッキー・ラックスがプロデュース、グイネット群出身で、レーベルの大先輩でもあるミーゴスが客演した、ジョージア州の出身の3人による作品。90年代終盤、ジャーメイン・デュプリなどが頻繁に作っていた、ドラムのテンポを落としつつ、シンバルを通常の半分の間隔で刻むことで、アップ・テンポの音楽のように聴かせるトラック、いわゆるバウンズ・ビートと、対照的な声質を活かした二人のラップが格好良い曲。太いバリトン・ボイスのミーゴスがサビで煽ったあとに、ヨッティが荒々しい声で飄々と言葉を繋いでいくマイク・リレーを堪能してほしい。

これに対し、コンプトン出身のYGと、オークランド出身のカマイヤーを招き、レックス・ルーガーがトラックを制作した”All Around Me”は、ゆったりとした雰囲気のトラックと、三者三様のラップが印象的なミディアム・ナンバー。オートチューンで声を加工したヨッティがサビを担当し、YGのワイルドなラップと、カマイヤーのセクシーなフロウを引き立てている。シンセサイザーを駆使したトラックと、オートチューンで加工した声によるリラックスした雰囲気のヴォーカルは、T-ペインにも少し似ている。

彼がヴォーカルを披露した曲で、もう一つ見逃せないのが、バーミンガム出身の女性ラッパー、ステフロン・ドンを起用した ”Better”だ。エイコンの”Don’t Matter”を連想させる、レゲエとヒップホップを融合したトラックと、肩の力を抜いた歌声が心地よいミディアム・ナンバー。レゲエのリズムをきっちりと乗りこなすステフロンのラップも格好良い。ジャスティン・ビーバーやダニティ・ケインなど、多くの人気ミュージシャンに携わってきた、ステレオタイプスの手掛けるトラックも光っている。

そして、アルバムに先駆けて公開されたもう一つの楽曲”Bring It Back”は、フリー・スクールのプロデュース作品。デュラン・デュランやデイヴィッド・ボウイのような、80年代のロック・ミュージシャンのヒット曲を思い起こさせる、電子ドラムやシンセサイザーの音色を多用した、ロック寄りの楽曲。音数を絞った伴奏に乗って、朗々と歌う姿はカニエ・ウエストの『808s & Heartbreak』っぽくも聴こえる。

彼の面白いところは、飄々と言葉を繋ぐラップと、地声で歌うヴォーカルを使い分けながら、オートチューンも使いこなすという風に、変幻自在にスタイルを変えるヴォーカルと、バウンズ・ビートやトラップだけでなく、レゲエやロック、アフリカ音楽まで乗りこなす器用さだと思う。その手法は、まるでファッション・ショーに出演するモデルが、様々なデザインの服と一体になりながら、しっかりと自分の個性を表現する姿とダブって見える。

積極的に個性を主張しなくても、他人とは違う自分らしさを表現することは可能だということを証明したような、自然体のラップと、色々な音楽を取り入れる器用さが魅力の佳作。過剰なくらい個性を際立たせることが良しとされたヒップホップの世界に、新しい価値観を吹き込んでくれそうだ。

Producer
Digital Nas, Ricky Racks, Lex Luger, K Swisha, The Stereotypes, Diplo, Free School etc

Track List
1. Like A Star
2. DN Freestyle
3. Peek A Boo feat. Migos
4. Dirty Mouth
5. Harley
6. All Around Me feat. Kamaiyah, YG
7. Say My Name
8. All You Had To Say
9. Better feat. Stefflon Don
10. Forever Young feat. Diplo
11. Lady In Yellow
12. Moments In Time
13. Otha Sh*t (Interlude)
14. X-Men
15. Bring It Back
16. Running With A Ghost
17. FYI (Know Now)
18. Priorities
19. No More
20. Made Of Glass
21. Momma (Outro) feat. Sonyae Elise





Teenage Emotions
Lil Yachty
Quality Control
2017-05-26

La'Porsha Renae - Already All Ready [2017 Motown]

ファンタジアやルーベン・スタッダード、ジョーダン・スパークスといった実力派シンガーを輩出し、スターへの登竜門として注目を集めている、アメリカの人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」。同番組の第15シーズンで、力強い歌声とダイナミックな表現が審査員や視聴者の耳目を惹き、ファイナル・ステージでは2位を獲得した、ミシシッピ州マッコム出身のシンガー、ラポーシャ・ラナエ。彼女にとって初のオリジナル・アルバム。

オーディションでは、アデルの”Hello”やレディオヘッドの”Creep”のような、ポップスやロックの有名曲に加え、ビヨンセの”Halo”やリアーナの”Diamonds”といった人気R&Bシンガーのヒット曲、ティナ・ターナーの”Proud Mary”やディオンヌ・ワーウィックの”A House Is Not a Home”などのソウル・クラシックも披露。決勝ではマーヴィン・ゲイとキム・ウェストンのデュエット曲”It Takes Two”で勝負するなど、高い歌唱力が求められる楽曲が中心の選曲で、圧倒的な実力を見せつけていた。

そんな彼女のデビュー・アルバムは、マーヴィン・ゲイを含む、多くの名シンガーを送り出してきた黒人音楽の名門、モータウン・レコードからのリリース。レーベルの経営にも携わっているニーヨが、ソング・ライティングで参加するなど、新人の作品としては異例の、豪華な布陣で制作されている。

アルバムの1曲目に収められている”What Is Love”は、ジャスティン・ビーバーやアッシャーの曲を手掛けてきた、ジェイソン・ボイドが制作したミディアム・ナンバー。キラキラとした音色のシンセサイザーを使った伴奏に乗せて、思いっきり声を張り上げるラポーシャの姿が印象的なミディアム・ナンバー。アレサ・フランクリンの”Think”や”Respect”を思い起こさせる、シンプルでキャッチーだが、どこか荘厳さを感じさせるメロディが、彼女の豊かな歌声と高い歌唱力を引き出している。

続く”Good Woman”は、エッジ・エチエンヌやティファニー・フレッドなどがペンを執ったバラード。ストリングスや三連符を取り入れた優雅な伴奏の上で、時に妖艶な、時にダイナミックなパフォーマンスを披露している。ポップスの仕事が多い作家らしい、親しみやすいメロディの楽曲だが、彼女の恵まれた歌声のおかげで、ディープなソウル・ミュージックに聴こえるのが面白い。

また、3曲目に入っている”Somebody Does”は、キース・スウェットの2016年作『Dress to Impress』の収録曲”Say”などに関わっている、アンドラエ・アレクサンダーが参加した作品。ドラムとベースを中心にしたシンプルなトラックの上で、ギターをかき鳴らしたフォーク・ソング風の伴奏の上で、乙女心を切々と歌い上げたミディアム・ナンバー。ヴィジュアルや歌声から「強い女性」のイメージを抱かれがちな彼女だが、まだ23歳(本作の発売時点)のうら若き乙女らしく、この曲のような甘酸っぱいメロディも良く似合っている。

そして、ニーヨがソングライティングに携わっている”Hideout”は、電子楽器を多用した、リアーナやビヨンセの楽曲を連想させるモダンなトラックと、”Sexy Love”や”Closer”のような、ニーヨのヒット曲を思い起こさせる、爽やかで流麗なメロディが魅力のミディアム・ナンバー。ハンマー投げのハンマーのような、重く力強いラポーシャの歌声を、爽やかなメロディが中和して、絶妙なさじ加減に落とし込んでいる。

それ以外の曲でも、アデルやワン・ダイレクションに代表される、ポップ・シンガーのスタイルと、ビヨンセやリアーナのようなR&Bシンガーの手法、それにアレサ・フランクリンやエッタ・ジェイムスのような往年の名シンガー達の表現技法をうまく混ぜ合わせ。メロディやバック・トラックでは、黒人音楽好き以外の様々な人を意識しながら、ダイナミックな感情表現とパワフルな歌声の良さをきちんと引き出す、本格的なソウル・ミュージックを聴かせている。その作風は、アレンジ技術を含む総合的な歌唱力が問われる、同番組を勝ち上がった彼女の持ち味を生かしたものだ。

ファンタジアやルーベン・スタッダードに負けず劣らずの、類稀な歌唱力を持つ彼女の魅力を活かした、親しみやすいメロディと、高度なヴォーカル技術が合わさった本格的なR&B作品。アレサ・フランクリンやエッタ・ジェイムスから、ビヨンセやリアーナへと続く、力強い女性シンガーの系譜を継ぐ有望な新人のデビュー作だと思う。

Track List
1. What Is Love
2. Good Woman
3. Somebody Does
4. Hideout
5. When in Rome
6. Breathe
7. No Problem (Self Talk)
8. Already All Ready
9. Will You Fight
10. Lock You Down
11. Send Me Your Love
12. Stay
13. Cover Up





Already All Ready
La'Porsha Renae
Motown
2017-03-31

Kevin Ross - Awakeing [2017 Motown, Verve]

90年代の終わりごろからソングライターとして活動し、ジョニー・ギルの2010年作『Still Winning』に収録されている”2nd Place”や、SWVが2012年に発表した『I Missed You』に収録の”Time to Go”や”Use Me”などを提供したことでも知られる、ワシントンD.C.の出身のシンガー・ソングライター、ケヴィン・ロス。

そんな彼は、自身の名義でも2014年にモータウンからEP『Dialogue In the Grey』をリリース。配信限定のアルバムながら、ラッパーのT.I.やシンガー・ソングライターのニーヨなどをフィーチャーした、本格的なR&Bを聴かせてくれた。

本作は、2016年に発表した2枚目のEP『Long Song Away』以来となる新作。2003年にインディー・レーベルからアルバム『Pick Me』をリリースしているものの、メジャー・レーベルから発売されたオリジナル・アルバムは今回が初めてとなる。

今回のLPは『Long Song Away』に収録されている”Be Great (Intro) ”、”Long Song Away”、”Don't Go”、”Be Great (Remix) ”の4曲に新曲を加えたもの。もちろん、既発の4曲を含め、全ての曲で彼自身が制作にかかわっている。また、本作で追加された新曲は、前年に公開された4曲同様、シンプルで洗練されたトラックと、滑らかな歌声を活かした美しいメロディが魅力的な、大人向けのR&Bになっている。

アルバムのオープニングを飾る”Be Great (Intro) ”は同郷のラッパー、チャズ・フレンチをフィーチャーしたスロー・ナンバー。哀愁を帯びたケヴィンの歌声とピアノとドラムを核にしたシックなトラックの組み合わせがロマンティックな雰囲気を盛り上げる。絶妙な力加減で、楽曲を引き締めるチャズのラップも格好良い。

これ以外の曲ではEPにも収められている”Long Song Away”が独特の存在感を発揮している。心臓の鼓動のように正確なリズムを刻むバス・ドラムの上で、物悲しい音色のギターやハンド・クラップなどが鳴り響くシンプルなトラックに乗せて、レイド・バックしたメロディをじっくりと歌い上げるミディアム・ナンバー。この曲も含め、収録曲の大半でドラムのプログラミングを担当しているトロイ・テイラーの手腕が発揮された良質なミディアム・ナンバーだ。

一方、本作が初出の楽曲に目を向けると、トレイ・ソングスやケリー・ローランドなどの有名シンガーに、数多くの楽曲を提供してきたクリストファー・ウマナが参加した”Don't Go”のクオリティが素晴らしい。ドラムを主体にしたシンプルなトラックに載せて、流れるようにフレーズを口ずさむ。2000年代以降のR&Bのトレンドがベースになった曲だ。だが、この曲に対してもメロディを丁寧になぞった歌唱を披露し、流麗なメロディの中にある種の緊迫感と緻密さを埋め込んでいる。

そして、今回のアルバムの隠れた目玉が、ケネス・エドモンズ(=ベイビーフェイス)がソングライターと演奏で参加した”In The Name Of Your Love “だ。ゴムボールのように跳ねるドラムと、Aメロ、Bメロ、サビと展開していくメロディは、”For The Cool in You”等のヒット曲を生み出していた90年代のベイビーフェイスの作風に通じるものがある。2015年にベイビーフェイスが発表したアルバム『Return of the Tender Lover』や、彼が制作に参加したブルーノ・マーズの2016年作『24K Magic』に収録されている”Too Good to Say Goodbye”などを意識しながら、当時の音楽よりも滑らかなメロディを取り入れることで、2017年のトレンドに適応した現代の90年代風のR&Bといってもいいだろう。

今回のアルバムは、豊富な裏方仕事の経験と、彼の丁寧な歌唱が組み合わさったことで、ボビー・ヴァレンティノやトレイ・ソングスの録音のような、美しいメロディとヴォーカルの技術を同時に楽しめる、本格的なR&B作品になっている。一方、近年のメジャー・レーベル発のR&Bに目を向けると、パーティネクストドアのようにヒップホップに接近したものや、ソランジュのようにロックなどを取り入れたもの、ウィークエンドのように電子音楽との融合を図ったものなど、他のジャンルの要素を取り入れて、リスナーに新鮮な楽曲を聴かせようとする試みが目立つことに気づかされる。そんな状況で、トラック、メロディ、歌の三要素を徹底的に磨き上げることで、奇抜な演出を盛り込まなくても、魅力的な音楽が作れることを証明している。

レーベルのトップ、ニーヨの意向もあるのかもしれないが、近年のメジャー・レーベルの新作には珍しい、「歌」を前面に押し出したR&Bアルバム。変化を続けるR&Bの世界に疲れを感じた人は、ぜひ一度、本作の収録曲を聴いてほしい。彼の音楽を聴けば、黒人音楽に出会ったときの感動が蘇ってくると思う。

Producer
Kevin Ross, Antonio Dixon, Kenneth Edmonds, Jonathan Graves, Jeff Gitelman etc

Track List
1. Be Great (Intro) feat. Chaz French
2. Don't Forget About Me
3. O.I.L.
4. Long Song Away
5. Dream (Remix) feat. Chaz French
6. Genesis (Pt. 1)
7. Don't Go
8. Look Up feat. Lecrae
9. Pick You Up
10. Be Great (Remix) feat. BJ The Chicago Kid
11. Easier
12. Her Hymn
13. Genesis (Pt. 2)
14. In The Name Of Your Love
15. New Man





Awakening
Kevin Ross
Motown
2017-03-24

 
記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ