ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

Polydor

Lana Del Rey - Lust For Life [2017 Interscope, Polydor]

2008年にリジー・グラント名義のEP『Kill Kill』で鮮烈なレコード・デビューをした、ニューヨーク出身のシンガー・ソングライター、ラナ・デル・レイこと、エリザベス・ウールリッジ・グラント。

2012年にインタースコープと契約を結び、アルバム『Born To Die』を発表すると、全米アルバム・チャートで1位を獲得。全世界で700万枚を売り上げる大ヒット作となる。その後も2014年に『Ultraviolence』を、2015年には『Honeymoon』をリリース、両作品とも各国のヒット・チャートで上位に食い込み、ゴールド・ディスクを獲得するなど、華々しい成果を上げている。

また、2012年にはボビー・ウーマックの遺作となったアルバム『The Bravest Man in the Universe』に収録されている”Don't Let Me Be Misunderstood”に客演。2015年にはウィークエンドのアルバム『Beauty Behind the Madness』からシングル・カットされた”Prisoner”に参加、翌年にはアルバム『Starboy』からのシングル曲”Party Monster”にソングライターとして関わるなど、R&Bファンの間でも知名度を高めていった。

このアルバムは、彼女にとって2年ぶり4枚目のフル・アルバム。これまでの作品では、ポップス畑のクリエイターと一緒に作ることが多かった彼女だが、本作ではボーイ・ワン・ダやメトロ・ブーミンといったヒップホップやR&Bで実績のあるプロデューサーを多数起用。ゲスト・ミュージシャンにもウィークエンドやエイサップ・ロッキーなど、ヒップホップやR&Bが好きな人にはおなじみのアーティストが集まるなど、ブラック・ミュージックを積極的に取り入れた音楽に取り組んでいる。

本作の2曲目、ウィークエンドをフィーチャーした”Lust for Life”は、ブリトニー・スピアーズからウィークエンドまで、幅広いジャンルのミュージシャンと仕事をしてきたスウェーデン出身の名プロデューサー、マックス・マーティンが参加したミディアム・ナンバー。電子楽器を多用した幻想的なサウンドをバックに、繊細な歌声をじっくりと聴かせている。電子音を多用した伴奏と、高音を聴かせることに重きを置いたメロディ、ガラス細工のように繊細で透明な歌声活かしたヴォーカルの組み合わせはウィークエンドの”Starboy”を思い起こさせる。

これに対し、エイサップ・ロッキーとプレイボーイ・カルティの二人が参加し、ボーイ・ワン・ダがプロデュースを担当した”Summer Bummer”はピアノをバックに訥々と歌うという意外な幕開けが面白い曲。ここからパーティネクストドアドレイクを彷彿させる、シンセサイザーを多用したダークな雰囲気のヒップホップのトラックにつなぐ手法が新鮮だ。ゆったりとしたテンポのビートの上で、リズミカルに言葉を繋ぐ二人のラッパーと、あくまでも淡々と歌うラナ・デル・レイの対照的なパフォーマンスが光っている。

一方、エイサップ・ロッキーを招いたもう一つの楽曲” Groupie Love”はリック・ノウェルズら、ポップス畑のクリエイターが制作に携わっている楽曲。シンセサイザーの音色を重ね、ストリングスのように聴かせる伴奏に乗って、語り掛けるように歌う姿が印象的な曲。スロー・テンポのバラードに、あえてラップを組み込んで起伏をつけるセンスと、ポップスのバラードに溶け込むよう、抑揚を抑えたラップを披露するエイサップ・ロッキーの技術が聴きどころ。

そして、メトロ・ブーミンがプロデューサーに名を連ねる”God Bless America: And All the Beautiful Women in It”は、ヒップホップのビートを取り入れたミディアム・ナンバー。DJプレミアやピート・ロックが作っていたような、緻密でリズミカルなトラックを採用しつつ、じっくりとメロディを歌う姿が魅力的。パワフルなヴォーカルをウリにするソウル・ミュージックとは一味違うポップスのバラードだが、荘厳なメロディに軽妙な印象を持たせるアレンジが魅力の曲だ。

今回のアルバムでは、ヒップホップやR&Bのミュージシャンを起用して、新しいスタイルに挑戦しつつ、これまでの作品に慣れ親しんできたファンの期待を裏切らない絶妙なバランスの楽曲が目立っている。ウィークエンドやフランク・オーシャンなど、ヒップホップやR&Bとロックやポップスの要素を融合したスタイルのミュージシャンが流行る中で、彼らの手法をポップスの側から取り入れたように映る。

R&Bやソウル・ミュージックではないが、アメリカの音楽に黒人音楽が深く根差していることを感じさせる佳作。好き嫌いは別として、「時代の音」として触れてほしい。

Producer
Lana Del Rey, Rick Nowels, Benny Blanco, Boi-1da Emile Haynie etc

Track List
1. Love
2. Lust for Life feat. The Weeknd
3. 13 Beaches
4. Cherry
5. White Mustang
6. Summer Bummer feat. ASAP Rocky, Playboi Carti
7. Groupie Love feat. ASAP Rocky
8. In My Feelings
9. Coachella: Woodstock in My Mind
10. God Bless America: And All the Beautiful Women in It
11. When the World Was at War We Kept Dancing
12. Beautiful People Beautiful Problems feat. Stevie Nicks
13. Tomorrow Never Came feat. Sean Ono Lennon
14. Heroin
15. Change
16. Get Free





Lust For Life
Lana Del Rey
Interscope
2017-07-21

Mura Masa ‎– Mura Masa [2017 Anchor Point, Interscope, Universal Music, Polydor UK]

ギターやベース、ドラムやヴォーカルまで何でもこなし、パンクからゴスペルまで、色々な音楽に取り組んできた、イギリスのガーンジー島出身のDJでプロデューサー、ムラ・マサことアレックス・クロッサン。彼にとって待望のフル・アルバムが本作だ。

ハドソン・モーホークの作品を聴いてエレクトロ・ミュージックに開眼。動画投稿サイトなどを通して、ジェイムス・ブレイクやSBTRKT、ゴリラズなどの音楽を研究した彼は、自身もエレクトロ・ミュージックを作るようになる。そして、2014年に初の作品”Lotus Eater”を音楽配信サイトに投稿すると、ラジオ番組に取り上げられるなど話題を呼ぶ。その後、大学進学のため、サセックス州ブライトンに移り住むと、ステージにも立つようになり、現地ではレコード・デビュー前ながらチケットが完売するほどの人気だった。

そんな実績が買われ、ドイツのジャカルタ・レコードと契約した彼は、2015年に初のEP『Someday Somewhere』を発表。BBCのプレイリストに入るなど、高い評価を受ける、そして、自身のレーベル、アンカー・ポイントを立ち上げた彼は、ポリドールインタースコープとも配給契約を結ぶ。また、2016年にはエイサップ・ロッキーとのコラボレーション曲”Love$ick”を発表。2017年には、イギリスのラッパー・ストームジーの”First Things First”をプロデュース。同じ年には、イギリスの女性シンガー、ナオのリミックス・アルバム『For All We Know - The Remixes』で”In the Morning”を担当して話題になった。

本作は、彼にとって初のフル・アルバム。アサップ・ロッキーやナオのほか、ブラーやゴリラズでおなじみのデーモン・アルバーンも参加するなど、気鋭の新人のメジャー・デビュー作にふさわしい、豪華な顔ぶれが集結している。

アルバムに先駆けて発表された”Love$ick”は、エイサップ・ロッキーをフィーチャーしたヒップホップ色の強い曲。スティール・パンやトイ・ピアノの音色を使った色鮮やかなトラックと、荒々しいラップの組み合わせが面白い曲。電子音楽を中心に、色々な音楽への造詣が深いムラ・マサの柔軟な発想が光っている。

続く”1 Night”は、イギリス出身の女性シンガー、チャーリーXCXとコラボレーションした、前曲同様、カラフルなトラックが魅力のアップ・ナンバー。”Love$ick”はヒップホップのビートを取り入れていたが、こちらの曲はカリプソやレゲトンの要素を盛り込んだポップで軽妙なサウンドが印象的。チャーリーXCXの爽やかで甘酸っぱいヴォーカルと、陽気なトラックの相性も素晴らしい。

また、アイルランド出身、ロンドン在住の女性クリエイター、ボンザイを起用した楽曲。感情をむき出しにしたワイルドなヴォーカルと、精密なリズムを刻む電子音楽の対称的な音のコンビネーションが光る佳曲。エレクトロ・ミュージックでありながら、どこか生演奏のような雰囲気を感じさせるアレンジが格好良い。

そして、本作の収録曲では最も早く公開された”Firefly”はナオがゲストで参加。妖精のような可愛らしい歌声で、軽快な電子音の上を舞うように歌う姿が魅力的。彼女のアルバムでも感じたことだが、ナオの歌声はポップなトラックと組み合わせると最も輝くと思う。

今回のアルバムでは、既に公開されてる作品同様、R&Bやカリプソなど、色々な音楽の要素を取り入れつつ、音色を選別に工夫を凝らすことで、一貫性のある独自の音楽を構築している。このような作品を生み出す、音楽に対する造詣の深さと、鋭い聴覚が彼の持ち味なのだと思う。

弱冠21歳(本作の発表時点)でこのクオリティ。今後、どんな進化を遂げてくれるのか楽しみな、期待の若手による傑作だ。

Producer
Mura Masa

Track List
01. Messy Love
02. Nuggets feat. Bonzai
03. Love$ick feat. A$AP Rocky
04. 1 Night feat. Charli XCX
05. All Around The World feat. Desiigner
06. give me The ground
07. What If I Go feat. Bonzai
08. Firefly feat. Nao
09. NOTHING ELSE! feat. Jamie Lidell
10. helpline feat. Tom Tripp
11. Second 2 None feat. Christine & The Queens
12. Who Is It Gonna B feat. A. K. Paul
13. Blu feat. Damon Albarn





Mura Masa
Mura Masa
Imports
2017-07-14

Jacob Banks - The Boy Who Cried Freedom [2017 Darkroom, Interscope, Polydor]

アマチュア時代から、英国のポピュラー音楽向けラジオ・チャンネル、BBCレディオ1の人気プログラム「ライブ・ラウンジ」に、番組史上初のレコード会社と契約していないアーティストとして出演したり、MOBOやアディダスが主催するオーディションで優勝したりと、完成度の高いパフォーマンスと豊かな才能を発揮してきた、イギリスはバーミンガム出身のシンガー・ソングライター。ジェイコブ・バンクス。

2013年には、サウス・ヨークシャー州のシェフィールドに拠点を置くレナウンド・レコードから、初の録音作品となるEP『The Monologue』を発表。ジョン・レジェンドを彷彿させるふくよかで柔らかい歌声と、オーティス・レディングを思い起こさせる泥臭いサウンド、サム・スミスを連想させるポップなメロディで、配信限定の作品ながら、ソウル・ファン以外の人々の間でも話題になった。

その後、2015年には2枚目のEP『The Monologue』をリリース。こちらは前作の路線を踏襲した作風で、前作同様、多くのリスナーの耳目を引いた。また、自身名義でのリリースと並行して、エレクトロニック・アーツ社の人気サッカー・ゲーム『FIFA15』のサウンドトラックへの楽曲提供や、イギリスのエレクトロ・ミュージック・プロダクション、チェイス&ステイタスの楽曲”Alive”への客演など、ジャンルの枠を超えて活躍の場を広げていった。

今回のアルバムは、2016年に契約を結んだインタースコープから発売された、彼のメジャーデビュー作。しかし、新しい舞台に移っても環境に飲み込まれることなく、自身の持ち味が存分に発揮した、本格的なソウル・ミュージックを聴かせている。

アルバムのオープニングを飾る”Chainsmoking”は、本作に先駆けて発表されたシングル曲。映画音楽のように荘厳なバック・トラックの上で、アンソニー・ハミルトンを連想させる武骨な歌唱を聴かせるミディアム・バラード。オーケストラのような伴奏が、荒々しい音色を響かせるギターや、彼の声を重ね合わせたコーラスが、楽曲に重々しい雰囲気を与えている。

続く”Part Time Love”は、ギターやダブル・ベースなどを使ったシンプルな伴奏に乗せて、朗々と歌う姿が印象的なミディアム・ナンバー。伴奏がシンプルな分、彼の歌声の豊かさや表現力が目立っている。気のせいかもしれないが、他の曲と比べると少し声が甘く聴こえる。パワフルな歌唱だけでなく、優しい雰囲気のヴォーカルも聴かせられることを示した佳曲だ。

そして、3曲目に収められた”Mercy”は、スピーカを揺らすような重いビートの上で、地声を軸にした強く、硬い歌声を聴かせるミディアム・ナンバー。シンセサイザーを使った低音中心の伴奏が、彼の力強い歌声を強調している。

また、4曲目の”Unholy War”は、ミュージック・ビデオも制作された、このアルバムの看板といっても過言ではない楽曲。厳かな雰囲気のピアノの演奏で幕を開けるこの曲は、ボビー・ウーマックを彷彿させる荒々しい歌声と、重厚な伴奏が格好良いミディアム・ナンバー。力強いドラムの音や重々しいシンセサイザーの音色が、現代の楽器を使っているにも関わらず、アル・グリーンやアン・ピーブルズの音楽のような泥臭いサウンドに仕上がっている点が面白い。

そして、アルバムの最後を飾るのが”Photograph”だ。伴奏に使われるギターやキーボードの音色は柔らかく、ジェイコブの歌声は恋人に語り掛けるように優しい、本作の収録曲の中では少し毛色の異なるミディアム・ナンバー。音楽性は全く異なるが、甘い歌い方は、ルーベン・スタッダードに少し似ていると思う。

彼の音楽は、泥臭い歌声と、キャッチーなメロディ、ヒップホップの影響を強く受けたバック・トラックを組み合わせたもので、ジョン・レジェンドやアンソニー・ハミルトン、ライフ・ジェニングスといった、2000年代にアメリカで台頭したR&Bシンガーのスタイルを踏襲したものだ。だが、彼の面白いところは、その手法を突き詰めながら、メロディやトラックの幅を広げている点だと思う。極端な言い方をすれば、彼はソウル以外の音楽に触手を伸ばしながら、ソウル・ミュージックを究めようとしているように見えるのだ。

よく考えれば、オーティス・レディングがローリング・ストーンズの”Satisfaction”を自分の色に染め上げたように、ソウル・シンガーやR&Bシンガーの先人達は、色々な音楽を貪欲に吸収して、私達を驚かせる名曲を残してきた。彼の音楽は、その伝統を継承し、新しいソウル・ミュージックの一歩を切り開こうとしているように映る。イギリス出身のミュージシャンによる、配信限定の作品だが、R&Bの歴史を変える一歩になり得る魅力的な作品だと思う。できれば、アナログ盤で聴きたいけど、出してくれないかなあ。

Track List
1. Chainsmoking
2. Part Time Love
3. Mercy
4. Unholy War
5. Photograph






記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ