ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

R&B

blackbear - Digital Drug Lord [2017 bearTrap TrafficEntertainment]

フロリダ州デイトン・ビーチ生まれ、カリフォルニア州ロス・アンジェルス育ちのシンガー・ソングライター兼プロデューサー、ブラックベアーことマシュー・タイラー・マスト。

ガレージ・ロックのバンドから音楽に入った彼は、コンパウンド・エンターテイメントから誘いを受け、18歳の時にアトランタへ移住。ニーヨのようなソングライターとして活躍することを期待され、プロ・ミュージシャンとしての活動を開始する。

そんな彼が頭角を現したのは2012年。カナダ出身のシンガー・ソングライター、ジャスティン・ビーバーの”Boyfriend”にソングライターとして参加したときだ。同曲は、アメリカ国内だけでトリプル・プラチナム(300万ダウンロード)という大ヒットになり、彼も一躍ヒット・メイカーの仲間入りを果たす。

その後も、G-イージーやフーディー・アレンなど、様々なジャンルの人気ミュージシャンの作品に携わる一方、2012年にソロ名義では初作品となるミックス・テープ『Sex, The Mixtape』をリリース。同じ年に初のEP『Foreplay』を発表すると、以後、毎年1作のペースで作品を発売。自主制作による配信限定の作品ながら、新しい音に敏感な音楽ファンの間で高い評価を受けた。

また、2015年には自身のレーベル、ベアートラップから初のフル・アルバム『Deadroses』を発表すると、同年には2作目『Help』をリリース。どちらの作品も、若いヒット・メイカーらしい斬新でキャッチーな音楽を聴かせてくれた。

そして、このアルバムは前作から約2年ぶりとなる、通算3枚目のオリジナル・アルバム。本作の発売1か月前に、シンガー・ソングライターのマイク・ポンサーとコラボレーション・アルバム『Mansionz』を発表し、同時期にはリンキン・パークのアルバム『One More Time』の”Sorry for Now”を手掛けるなど、多忙な日々を送る中で発表された新作だけに、我々の度肝を抜いた。

今回も過去の2作品同様、本作も自身のレーベル、ベアートラップからのリリース。しかし、デジタル版の配信をインタースコープが、CDやアナログ盤の配給をトラフィック・エンターテイメントが担当するなど、実質的なデビュー作となっている。また、外部のソング・ライターを積極的に招聘し、収録曲にバラエティを持たせた作品になっている。

アルバムの2曲目に収められている”moodz”はアトランタ出身のラッパー24アワーズこと、ロイス・リジーをフィーチャーしたミディアム・ナンバー。パーティネクストドアの作品に何度も参加しているショーン・シートンをソングライターに起用したこの曲は、ゆったりとしたテンポのトラックの上で、なめらかで甘酸っぱい歌声を駆使して、ラップのような歌を聴かせる、パーティーネクストドアっぽい作品。24アワーズのパートでは、ドレイクを彷彿させる荒っぽい声で歌うようなラップを披露している点も面白い。R.ケリーに始まり、ドレイクやパーティーネクストドアによって音楽業界の中心に躍り出た「歌うようなラップ」をうまく取り入れた佳作だ。

この路線を踏襲したのが本作からシングル・カットされた”do remi”だ。後にグッチ・メインを招いた新ヴァージョンも制作されたこの曲は、ニーヨの”Incredible”やフィフス・ハーモニーの”Big Bad Wolf”のようなR&B作品のほか、リンキン・パークの”Sorry for Now”やワン・オク・ロックの”Bedroom Warfare”のようなロック・ミュージシャンの録音まで、幅広く手掛けてきたアンドリュー・ゴールドスタインとの共作だ。こちらの曲はファルセットを多用し、メロディを強調したヴォーカル曲寄りの作品だ。R.ケリーやマーカス・ヒューストンを思い起こさせる、ヒップホップの要素をうまく取り入れたスロー・バラードになっている。

また、メンフィス出身のラッパー、ジューシーJとコラボレーションした”juicy sweatsuits”は、ジャスティン・ビーバーの”Boyfriend”を思い起こさせるしなやかなメロディのアップ・ナンバー。”Boyfriend”ではジャスティンが歌とラップを使い分けていたが、この曲では歌をマシューがラップをジューシーJが担当している。マシューが歌うなめらかで聴きやすいメロディを聴くと、彼のソングライティング技術が確かなものだと再認識させられる。本作の隠れた目玉と言っても過言ではない良曲だ。

そして、本作では珍しい正統派バラードが”if i could i would feel nothing”だ。語り掛けるように歌うマシューのヴォーカルは、トレイ・ングスやマーカス・ヒューストンのようなR&Bシンガーよりも、エド・シーランやジャスティン・ビーバーのようなポップ・シンガーに近いもの。シンプルなメロディを丁寧に歌う姿が印象的だ。

彼の音楽の面白いところは、R&Bやヒップホップをベースにしながら、高度でマニアックな技術に頼ることなく、色々な趣味趣向の人に受け入れられる、キャッチーで親しみやすい作品に仕立て上げているところだろう。おそらく、彼のキャリアがガレージ・ロックという、R&Bやヒップホップとは客層が大きく異なるジャンルから始まったことが大きいのだと思う。

ロックやエレクトロ・ミュージックと並行して、R&Bやヒップホップに慣れ親しんできた世代の人間らしい、柔軟な発想と鋭い感性が光る佳作。R&Bが人種の壁を越えて、アメリカ社会に定着したことを感じさせる面白い作品だ。

Track List
1. hell is where i dreamt of u and woke up alone
2. moodz feat. 24hrs
3. i miss the old u
4. do remi
5. wish u the best
6. juicy sweatsuits feat. Juicy J
7. double
8. if i could i would feel nothing
9. chateau
10. make daddy proud






G.Rina - 想像未来 feat. 鎮座DOPENESS[2017 plusGROUND, Victor]

2003年に、アルバム『サーカスの娘』でレコード・デビュー。その後は、自身名義でも作品を発表する一方、2008年にはビクター・エンターテイメントからカヴァー集『The Nightbird ~ Goodings RINA NONSTOP COVERS~』をリリース。それ以外にも、トーフビーツの”No. 1”やドリアンの”Natsu No Owari”、土岐麻子”Fools Fall In Love”や坂本冬美の”秋まつり、お月さま”で、制作やヴォーカルを担当するなど、幅広いジャンルで活躍している東京出身のシンガー・ソングライター、G.リナ。彼女が2017年に発売したアルバム『Live & Learn』からのリカット・シングルが本作だ。

アルバムのオープニングを飾ったこの曲は、東京出身のラッパー、鎮座ドープネスをフィーチャーしたアップ・ナンバー。乾いたギターとアナログ・シンセサイザーの音色を駆使したモダンなサウンドが、リック・ジェイムスを思い起こさせるクールな楽曲だ。

しかし、本作の目玉は何といっても、フランスのディギー・ダウンからリリースされた初のソロ・アルバム『Move Your Body』好評な、青森県八戸市出身のプロデューサー、T-グルーヴこと高橋佑貴がトラックを担当したリミックス・ヴァージョンだ。

記憶違いでなければ、T-グルーヴがメジャー・レーベル発の日本語曲に携わるのは今回が初めて。しかも、これまでの作品でコラボレーションしてきた、エノイス・スクロギンスやウィンフリーのような、豊かな声量と表現力がウリの歌手とは対極の、透き通った歌声と繊細な表現が魅力の女性シンガーへのトラック提供という、一筋縄にはいかないお題に取り組んでいる。

そんな彼女の楽曲に対し、彼は普段の作品よりも少しだけベースの音を強調したトラックを提供。彼女のモダンな音楽としなやかなヴォーカルの良さを引き出している。

G.リナのヴォーカルは、ビヨンセよりもアリーヤに近い、日本でいえば、矢野顕子やカヒミカリイのようなタイプの歌手だと思う。端的に言えば、あらゆるトラックを力強い歌声で自分の色に染め上げる人ではなく、歌の持つ個性をうまく取り込むタイプのシンガーだ。そんな彼女の個性を活かし、キーボードやベースなどの演奏を少しだけ強調したトラックを制作するセンスの高さは圧巻の一言。

また、演奏者には、彼の作品では欠かせない存在であるナカシマ・タカオやドゲット・ブラザーズのグレッグ・ドゲットなどの名手を集め、グルーヴや音色は欧米向け作品と変わらないものにしている点も見逃せない。この拘る点と調整すべき点を選別する編集能力の高さが、楽曲に往年のディスコ音楽の雰囲気と、日本人ミュージシャンが作るポピュラー・ソングの繊細さを両立しているのだと思う。

確固たる個性を持ちながら、演歌歌手やアイドル、海外アーティストとの仕事でコミュニケーション・スキルを磨き上げてきた、彼女達にしか作れない本格的なダンス・ナンバー。複数のミュージシャンによる、コラボレーション作品の一つの理想形といっても過言ではないと思う。

Track List
1. 想像未来 feat. 鎮座DOPENESS
2. 想像未来 feat. 鎮座DOPENESS (T-Groove Remix)
3. 想像未来 feat. 鎮座DOPENESS (Inst)
4. 想像未来 feat. 鎮座DOPENESS (T-Groove Remix Inst)




Various Artist - Despicable Me 3: Original Motion Picture Soundtrack [2017 Columbia, Sony]

90年代以降、プロダクション・チーム、ネプチューンズの一員として多くのヒット曲を送り出し、2014年には各国のヒット・チャートを制覇したシングル”Happy”を含むアルバム『GIRL』が大ヒット。2016年には映画「Hidden Figures(邦題:ドリーム)」の音楽を手掛けている、シンガー・ソングライターのファレル・ウィリアムス。2017年に入ってからも、サンダーキャットの”The Turn Down”や、カルヴィン・ハリスの”HeatStroke”など、多くのヒット作に携わっている彼にとって、約1年ぶりとなる自身名義での新作。

「Despicable Me」は、「怪盗グルー・シリーズ」として知られるアメリカの人気アニメーション映画。 ファレルはスピンオフ作品の「ミニオンズ」を除く、同シリーズの全ての作品に楽曲を提供しており、彼の代表曲である”Happy”も、元々は2013年に公開された「怪盗グルーのミニオン危機一髪」のサウンド・トラックに収められていたものだった。

本作は、同シリーズの3作目「怪盗グルーのミニオン大脱走」のサウンドトラック。ファレルはこのアルバムで、マイケル・ジャクソンの”Bad”などの既発曲と、ミニオンズによるキャラクター・ソングを除くほぼ全ての曲を制作している。

アルバムに先駆けて公開された”Yellow Light”は、ネプチューンズがバスタ・ライムズに提供した”What It Is”を連想させる、ピコピコという電子音が印象的なミディアム・ナンバー。80年代のゲーム音楽のようなトラックをバックに、軽快な歌声を聴かせるファレルの姿が光っている。曲の途中でビートを変える演出は、ヒップホップとポップスの両分野で活躍してきたファレルらしいものだ。

それ以外の曲では、本作で悪役、バルタザール・ブラットを演じているトレイ・パーカー(日本でもヒットしたコメディ・アニメ「サウスパーク」の作者としても有名だ)とのコラボレーション曲”Hug Me”も気になるところだ。歌手の経験もあるトレイだけあって、ファレルの作る奇抜な曲もきちんと乗りこなしている。劇中と同じ声色で歌っているのかは未確認だが、両者の持ち味が発揮されたポップ・ナンバーだと思う。

一方、ファレルのソロ曲である”Doowit”は、”Happy”を彷彿させる躍動感溢れるトラックと軽妙なメロディが印象的なアップ・ナンバー。本作には”Bad”や”Take On Me”など、ポップスの名曲が数多く収録されているが、それらの流れを汲んだ楽しくキャッチーな曲だ。

また、今年の5月に亡くなった伝説のロック・ミュージシャンから名前を貰った”Chuck Berry”は、ファレルの得意なサウンドを使いつつロックンロールに挑戦した、本作でも異色の楽曲。ゴム毬のように跳ねるビートを核に据え、女性コーラスや太いエレキギター、ホーンの音色やハンド・クラップなどを組み合わせて、ポップでダイナミックなロックンロールの雰囲気を再現した作風は新鮮だ。R&Bやヒップホップで使われる機材で、多彩な楽曲を生み出すセンスは流石としか言いようがない。

今回のアルバムはアニメーション映画のサウンド・トラックだが、子供向けの音楽という印象は感じられない。N.E.R.D.や自身名義の作品では、ヒップホップやR&B、ソウル・ミュージックをベースにしながら、多彩なアレンジを施した楽曲で私達を楽しませてきたファレルだけあって、本作のポップな世界観にマッチしつつ、楽曲単体でも十分に楽しめる素晴らしい音楽を作り上げている。このセンスと技術が、彼を音楽業界のトップに導いたのだろう。

ポピュラー・ミュージック界の鬼才が、その能力を遺憾なく発揮した佳作。子供から大人まで、あらゆる年代の人にブラック・ミュージックの魅力を伝えてくれそうだ。

Producer
Pharrell Williams etc

Track List
1. Yellow Light - Pharrell Williams
2. Hug Me - Pharrell Williams & Trey Parker
3. Bad - Michael Jackson
4. Take On Me - A-Ha
5. Papa Mama Loca Pipa - The Minions
6. There's Something Special - Pharrell Williams
7. Tiki Tiki Babeloo - The Minions
8. Freedom - Pharrell Williams
9. Doowit –Pharrell Williams
10. 99 Luftballons - Nena
11. Into The Groove - Madonna
12. Chuck Berry - Pharrell Williams
13. Fun, Fun, Fun - Pharrell Williams
14. Despicable Me - Pharrell Williams
15. Despicable Me 3 Score Suite - Heitor Pereira
16. Malatikalano Polatina - The Minions






Despicable Me 3
Various
DESPICABLE ME 3
2017-06-23

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ