ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

RCA

Taylor Girlz - Who Are Those Girlz!? EP [2017 RCA]

アトランタ出身のデイシャ、タイ、タイニーのテイラー姉妹によるヒップホップ・グループ、テイラー・ガールズ。父親がラップをする姿を見て、ヒップホップに興味を持ったデイシャとタイは、自分達もラップに取り組むようになる。そして、腕を磨いた彼女達は、2013年にタイニーをダンサーとして加えた3人組のガールズ・グループとして活動を開始する。

2016年に配信限定のシングル”Watch Me”で表舞台に登場すると、TLCを思い起こさせるエネルギッシュなパフォーマンスとキュートな歌声で、耳の早い音楽ファンの注目を集めた。その後も、シングル”Wedgie”のミュージック・ビデオが、動画投稿サイトで1300万回以上再生されるスマッシュ・ヒットになるなど、ヒット曲を次々と発表し、一気に人気ミュージシャンの仲間入りを果たした。

本作は、そんな彼女達にとって初のEP。配信限定の作品なので、プロデューサー等は不明だが、既発曲同様、トラップやバウンズ・ビートを積極的に取り入れた、アトランタのグループらしい作品になっている。

アルバムのオープニングを飾る”Bang”は2000年代初頭にジャーメイン・デュプリが制作したような、太いベースとチキチキというシンバルの音が印象的なミディアム・ナンバー。重い音色のベースと、シンバルを核にしたシンプルなトラックは、色々な音色のシンセサイザーが多用される2017年に聴くと新鮮に映る。レフトアイを彷彿させる、キュートで弾けるような声のラップが跳ねるようなビートと上手く一体化している点も面白い。

彼女達の姉妹であるトリニティが参加した先行シングル”Steal Her Man”は、サイレンのような音色などを組み合わせたトラップ・ビートが格好良い曲。喉を振り絞って声を出すトリニティのラップが、楽曲のアクセントになっている。

また、本作でも特にインパクトの強い曲が、トリニティの激しいラップが印象的なヒット曲”Wedgie”だ。同郷の人気グループ、ミーゴスの作品を連想させるミステリアスな雰囲気のトラップに乗せて、荒々しいパフォーマンスを響かせるミディアム・ナンバー。甲高いシャウトが、変声期前の男の子ラッパーっぽくも聴こえる、不思議な曲だ。

それ以外の曲では、”Boop”の存在感が光っている。ベルの音を使った童謡のようなメロディを使い、ポップで可愛らしい雰囲気に纏め上げたとラックをバックに、キュートな声で言葉を繰り出すポップな作品。最初から最後まで愛らしい声でラップを続ける2人の姿が耳に残る。

彼女らの音楽を聴いて、真っ先に思い浮かんだのはアトランタからガールズ・グループの頂点へと駆け上がったTLCの存在だ。可愛らしい声で、力強いフロウを聴かせるディシャとタイのラップからは、レフトアイの影響が垣間見える。しかし、同時に彼女達はラッパーのみのグループのため、良くも悪くも、楽曲に統一感が出てしまっているのは気になる。実際、TLCのアルバムに比べると、収録曲のバラエティは乏しく、トラップとバウンズ・ビートが中心になってしまっているのは、ラップ・グループという性質を考えれば致し方ない部分もあるが、少し気になる点だろう。

しかし、純粋に女性ラッパー、もしくはラップ・グループの作品として、このアルバムを聴くと、ポップなようでハード、可愛らしいようでたくましい、絶妙なバランスの作品であることに気づかされる。ラップは怖い、とっつきにくい、というイメージを持っている人に聴いてほしい。キャッチーで楽しいアルバムだ。

Track List
1. Bang feat. Taylor Girlz
2. Bougie
3. Steal Her Man feat. Trinity Taylor
4. Wedgie feat. Trinity Taylor
5. Boop
6. Hater






Wizkid - Sounds from the Other Side [2017 Starboy, RCA, Sony]

子供のころからフェラ・クティやボブ・マーレーなどの音楽に慣れ親しみ、11歳の頃になるとレコーディング活動を開始。同時に、リル・プリンズの名義で多くのステージを経験してきた、ナイジェリアのラゴス出身のシンガー・ソングライター、ウィズキッドことアヨデジ・イブラヒム・バロガン。

2010年に初のフル・アルバム『Superstar』をリリースすると、アフロ・ビートとヒップホップやR&Bを融合した作風が評判を呼び、ナイジェリアの音楽賞でアルバム・オブ・ザ・イヤーを獲得。ナイジェリアを代表するアーティストの一人に上り詰めた。また、2014年には2枚目のアルバム『Ayo』を発表。フェミ・クティのようなナイジェリア出身のアーティストに加え、エイコンやウェイルのようなアメリカのミュージシャンも起用した本作も成功を収め、アフリカ地域を代表する人気ミュージシャンと称されるようになった。

3年ぶりの新作となる今回のアルバムは、RCAソニー(ただし、RCAはソニー系列)が配給を担当した世界デビュー作。サーズやスペルズといった、ナイジェリア出身のプロデューサーを起用しつつ、ドレイククリス・ブラウン、メジャー・レイザーなど、アメリカで人気のヒップホップ、R&Bアーティストを何人も招いた豪華な作品になっている。

ドレイクをフィーチャーした”Come Closer”は、サーズがプロデュースを担当。色々な音色を取り入れた色鮮やかなビートは、ドレイクの”Passionfruits”にも似ているが、こちらの方がビートは重い。声質が似ているだけでなく、歌うように言葉を繋ぐラップが特徴の両者のパフォーマンスは、一聴しただけでは判別できないくらいそっくりだ。そんな二人が、微妙な声質の違いを活かしてなめらかなマイク・リレーを行う姿は必見だ。

これに対し、メジャー・レイザーがプロデュースとパフォーマンスで参加した”Naughty Ride”は、アフロ・ビートとエレクトロ・ミュージックを融合した不思議なトラックが印象的なアップ・ナンバー。軽妙でリズミカルなビートに、アクセントとして電子音を加えたビートは新鮮だ。斬新なトラックの上で、流麗なメロディを響かせるヴォーカルも意外性があって面白い。

しかし、本作の斬新さを強く感じるのは、なんといってもクリス・ブラウンを招いた”African Bad Gyal”だろう。プロデュースはサーズだが、アフロビートにギターやサイレンの音を組み合わせたトラックは、ダンス・ホール・レゲエやトラップのようにも聴こえる。そんなビートをバックに、太い声で軽やかに言葉を繋ぐウィズキッドと、しなやかで色っぽい歌声を披露するクリス・ブラウンが個性豊かなパフォーマンスを披露する面白い曲だ。

そして、本作の最後を締めるのがトレイ・ソングスが客演した”Gbese”は、デルBが制作を担当した作品。低音を絞ったビートは、カリプソのようにも聴こえる新鮮なもの。その上で、滑らかな声質を活かした丁寧な歌唱がウリのトレイ・ソングスと、軽やかなラップを披露するウィズキッドのコンビネーションも見逃せない。

彼の音楽の面白いところは、アフロ・ビートをベースにしながら、アメリカのヒップホップやR&Bのトレンドを的確に押さえている点だろう。ヒップホップやR&Bがアフロ・アメリカン由来の音楽とはいえ、アフリカのポップスとは異なる点が数多くある。彼の音楽はその差異と正面から向き合い、アメリカの音楽をアフロ・ビートに多様性をもたらすパーツとして使いこなしている点が特徴的だと思う。

世界中の音楽市場に影響を与えてきたアメリカのブラック・ミュージックを丁寧に咀嚼し、母国のポピュラー音楽と組み合わせて、自身の音楽に落とし込んだ魅力的なアルバム。世界には魅力的なミュージシャンが沢山いることを再認識させてくれる良作だと思う。

Producer
Sarz, Del B, Major Razer, DJ Mastard etc

Track List
1. Sweet Love
2. Come Closer feat. Drake
3. Naughty Ride feat. Major Lazer
4. African Bad Gyal feat. Chris Brown
5. Daddy Yo feat. Efya
6. One for Me feat. Ty Dolla Sign
7. Picture Perfect
8. Nobody
9. Sexy
10. All for Love feat. Bucie
11. Dirty Wine feat. Ty Dolla Sign
12. Gbese feat. Trey Songz






SZA - Ctrl [2017 Top Dawg RCA]

2014年4月、ケンドリック・ラマーやスクールボーイQなどが所属する、トップ・ドッグ初の女性シンガーとして、デビュー作となるEP『Z』をリリースした、ミズーリ州セントルイス生まれ、ニュージャージー州メイプルウッド育ちのシンガー・ソングライター、SZA(シザ)ことソラーナ・イマーニ・ロウェ。

放送局のプロデューサーでムスリムの父と、大手通信会社勤務でクリスチャンの母の間に生まれた彼女は、一般のアメリカ人向けの教育と並行して、ムスリムとしての教育も受けてきた。そのため、9.11のテロ事件が起きた後には、身に着けていたヒジャブを巡って、いじめを受けたこともあるなど、苦労もしてきたようだ。

その後、進学した大学では海洋生物学を専攻。世界を股にかける科学者になることを夢見たが、資金の問題もあり一度断念。お金を稼ぐために音楽活動を始めたという。

そんな彼女は、2011年に、当時のボーイフレンドの会社が、ケンドリック・ラマーのライブのスポンサーをしていた縁で、レーベルのオーナーであるテレンス・ヘンダーソンの知己を得る。そして、彼のレーベルでレコーディングをする機会を得た彼女は、2012年には自身初のミックステープとなる『See.SZA.Run』を録音。ドレイクフランク・オーシャンにも匹敵する先鋭的な作風で、熱心な音楽ファンの間で注目を集めた。また、翌年には2枚目のミックステープ『S』を公開。こちらも高い評価を受けた。

今回のアルバムは、彼女にとって初のフル・アルバムで、メジャー・デビュー作でもある。ブライソン・ティラーカリードなどの作品を扱っているRCAからの配給で、ケンドリック・ラマーやスクールボーイQなどのレーベル・メイトのほか、ファレル・ウィリアムスやフランク・デュークスといった売れっ子プロデューサーが多数参加した、豪華な作品になっている。

アルバムの1曲目に入っている”Supermodel”は、ファレルとニコ・シーガルがプロデュースした作品。ファレルがかかわった曲では珍しい、爪弾くように演奏されるギターをバックに訥々と歌う姿が印象的な、フォーク・ソングっぽい作品。しかし、フォーク・ソングの要素を盛り込みながら、太いベースの音や力強いヴォーカルで、きちんとソウル・ミュージックに落とし込む技は流石の一言。シザの歌唱力と、ファレル達のプロデュース能力の高さを再確認させられる曲だ。

続く”Love Galore”は、2015年に”Ok Alright”で共演しているトラヴィス・スコットをフィーチャーしたミディアム・ナンバー。メンフィス出身のプロデューサー、サンクゴット4コディが制作を担当。90年代のR&Bを連想させる、柔らかい音色のシンセサイザーを使ったトラックと、シザのキュートな歌声が光るミディアムだ。ドレイクを彷彿させる、ラップのような歌い方も格好良い。脇を固めるトラヴィス・スコットのラップも存在感を発揮している。全体的に、インターネットのシドの作品とよく似た雰囲気の、90年代テイスト溢れる曲だ。

また、新作『Damn.』も好評なケンドリック・ラマーを招いた”Doves In the Wind”は、ラスヴェガス出身のキャメロン・オスティーンがプロデュース。古いレコードからサンプリングしたような、太く温かい音色のビートをバックに、可愛らしい歌声でラップをするように言葉を繋ぐミディアム・ナンバー。シザのヴォーカルにあわせて、高音を多用してゆっくりとラップをするケンドリック・ラマーの器用な一面も面白い。”Love Galore”同様、90年代の音楽の影響が垣間見えるが、ヒップホップ寄りのビートと、若き日のモニカやブランディを連想させるキュートな歌唱が印象的な曲だ。

そして、本作に先駆けて公開された”Drew Barrymore”は、彼女が客演したリアーナの”Consideration”を一緒に制作している、カーター・ラングやタイラン・ドナルドソンと共作したもの。スロー・テンポのトラックに乗せて、エネルギーを発散するかのように、自由かつ大胆に歌う彼女の姿が印象的な曲。ゆったりとしたテンポのトラックや、荒々しいメロディ、奔放なヴォーカルは”Consideration”とよく似ているが、こちらのほうがビートの音圧が低い分、リスナーの耳を歌に引き付けやすいと思う。

本作の面白いところは、90年代以降の色々なR&B作品のエッセンスを取り入れつつ、過去の楽曲とは違う独自色を打ち出しているところだ。その象徴ともいえるのが”Drew Barrymore”のような曲で、メロディやトラックにリアーナの”Consideration”の要素を盛り込みつつ、ヴォーカルに気を惹かせる編曲で、きちんと差別化を図っている。柔軟な発想で色々なスタイルを取り込みつつ、細部まで気を配ったアレンジが彼女の魅力だと思う。

ビリー・ホリデーからウータン・クランまで、色々な音楽に親しんできた豊かな感性が生み出す新鮮な音楽と、それを形にする豊かな表現力、そして、細部にまで気を配った演出が一体化した、懐かしいようで新鮮な作品。今時のR&Bが好きな人はもちろん、それ以前の時代のヴォーカル作品が好きな人にもお勧めできる、魅力的な作品だ。

Producer
Anthony "Top Dawg" Tiffith, Best Kept Secret, Frank Dukes, Pharrell Williams, Terrace Martin etc

Track List
1. Supermodel
2. Love Galore feat. Travis Scott
3. Doves In the Wind feat. Kendrick Lamar
4. Drew Barrymore
5. Prom
6. The Weekend
7. Go Gina
8. Garden (Say It Like Dat)
9. Broken Clocks
10. Anything
11. Wavy (Interlude) feat. James Fauntleroy II
12. Normal Girl
13. Pretty Little Birds feat. Isaiah Rashad
14. 20 Something





Ctrl
Sza
RCA
2017-06-09

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ