melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

Republic

Drake ‎– Scorpion [2018 Young Money, Cash Money, Republic]

2016年のアルバム『Views』がアメリカ国内だけで160万枚を売り上げ、グラミー賞で2部門を獲得する一方、賞レースにおけるラップ作品とヴォーカル作品の区分けについて論争を巻き起こすなど、色々な形で音楽界に波紋を呼んだ、カナダのトロント出身のヒップホップ・アーティスト、ドレイク。

2017年には「プレイリスト」と銘打たれた配信限定の作品『More Life』を配信限定でリリースする一方、複数のシングルを発表しながら、欧州とオセアニアを舞台に大規模なツアーを敢行。2018年には”Nice For What”が、前週まで1位だった彼の”God's Plan”からトップをもぎ取り、ビルボードの総合シングル・チャートでは史上初となる、「同じアーティストの別の楽曲による2週連続1位」という大記録を打ち立てた。

このアルバムは、彼にとって2年ぶり通算5枚目のスタジオ作品。彼にとって初の2枚組作品で、プロデューサーにはマーダ・ビーツやボイ・ワン・ダなどのお馴染みの面々に加え、DJプレミアやDJポールといったアメリカの大物クリエイターも参加。ゲストにはジェイZタイ・ダラ・サインのほかに、マイケル・ジャクソンの名前も入った豪華なものになっている。

本作に先駆けて発表された”God’s Plan”は、2018年にリリースされ、全米総合シングル・チャートで11週連続1位を取った楽曲。シンセサイザーの伴奏とドロドロしたビートを組み合わせたトラックの上で、ヴォーカルともラップとも言い難い不思議なフロウを聴かせるアップ・ナンバー。2017年のグラミー賞で、ヒップホップとR&Bの区分について疑問を投げかけた彼が、両者の融合をさらに推し進めた面白い曲だ。

これに続く”I’m Upset”は、フィラデルフィアを拠点に活動する音楽プロデューサー、ウージー・メインを制作者に起用した作品。リル・ウジ・バートなどの楽曲をプロデュースしてきたウージーが作るビートは、華やかな音色を使ったトラップ。このあくの強いビートの上で、歌うようにラップするドレイクの姿が印象的。「歌うようにラップをする」という彼の芸風が、実は才能と努力の賜物であることに気づかされる曲だ。

また、マーダ・ビーツがプロデュースした”Nice For What”は、ローリン・ヒルの”Ex-Factor”をサンプリングした楽曲。原曲のフレーズを再生速度を上げてループさせた手法は、2000年代のカニエ・ウエストやジャスト・ブレイズを連想させる。メロディをつけず、次々と言葉を繰り出すラップは、彼の作品では珍しい分、新鮮に映る。

そして、本作の収録曲で異彩を放っているのが ”Don’t Matter To Me”だ。1983年に録音され、2014年にリリースされたマイケル・ジャクソン”Love Never Felt So Good”と同じ時期に作られた未発表曲に、ノアー・シャビブとナインティーン85がビートをつけ、ドレイクのヴォーカルを加えた仮想デュエット曲だ。現代では少なくなった起承転結のはっきりしたメロディに、現代の流行である、シンセサイザーの太い音色を使ったシンプルなトラックを組み合わせたミディアムだ。ニーヨマックスウェルのように、流麗なメロディを歌う姿は、本職のシンガーにも見劣りしない。

今回のアルバムでは、ジェイZ、2パック、アウトキャストなど、多くのアーティストが挑み、苦しんできたCD2枚組というフォーマットでありながら、最後まで間延びすることなく、クオリティの高い音楽を聴かせている。この中では、メロディを抑えたラップ作品から、ラップとヴォーカルを混ぜ合わせた作品、純粋な歌もの作品まで、多彩な表現を披露しており、正味1時間半の大作ながら、最後まで集中して楽しめる。また、トラックには、シンセサイザーを使ったモダンなサウンドと、サンプリングを利用したものの両方を揃え、音楽の幅を広げている。この、色々なスタイルを取り入れ、組み合わせるアレンジ能力と、高いスキルが彼の作品にバラエティをもたらしているのだ。

2010年代のヒップホップ・シーンをけん引してきた彼の、豊かな音楽性を存分に堪能できる傑作。彼の成功が偶然ではないことを確信させられる充実の内容だ。

Producer
Noah "40" Shebib, Boi-1da, DJ Paul, DJ Premier, Murda Beatz, No I.D. etc

Track List
Disc 1
1. Survival
2. Nonstop
3. Elevate
4. Emotionless
5. God’s Plan
6. I’m Upset
7. 8 Out Of 10
8. Mob Ties
9. Can’t Take A Joke
10. Sandra’s Rose
11. Talk Up feat. Jay-Z
12. Is There More

Disc 2
1. Peak
2. Summer Games
3. Jaded
4. Nice For What
5. Finesse
6. Ratchet Happy Birthday
7. That’s How You Feel
8. Blue Tint
9. In My Feelings
10. Don’t Matter To Me feat. Michael Jackson
11. After Dark feat. Static Major & Ty Dolla $IGN
12. Final Fantasy
13. March 14




Scorpion
Drake
Universal / Island
2018-07-13

The Weeknd - My Dear Melancholy, [2018 XO, Republic]

2016年にリリースしたアルバム『Starboy』が、アメリカ国内だけで200万枚を超える売り上げを記録し、フィンランドやオーストラリアなど、複数の国のヒット・チャートを制覇。ドレイクやジャスティン・ビーバーとともに、カナダ出身の世界的な人気アーティストとして知られるようになったウィークエンド。

2017年は、他のアーティストの作品への客演やプロデュース、自身名義のワールド・ツアーに力を注ぐなど、新作のリリースはなかったものの、2018年には映画「ブラック・パンサー」のサウンドトラックに参加。今後の動きが注目されていた。

本作は、3月末にリリースされた初のEP。事前の告知は一切なく、突然発表されたこのアルバムには、フランク・デュークスやサーキットといったおなじみの面々に加え、マイク・ウィル・メイド・イットやスクリレックスといったヒットメイカーが参加。『Starboy』の成功で高まった新作への期待に応えた、良作になっている。

アルバムのオープニングを飾るのは、フランク・デュークスがプロデュースした”Call Out My Name”、ヒップホップやソウル・ミュージックというより、イマジン・ドラゴンズやリンキン・パークのような黒人音楽の影響を受けたロック・ミュージシャンに近い、ダイナミックなメロディと伴奏が心に残るスロー・ナンバー。繊細なハイ・テナーを振り絞って、大胆な歌唱を披露する姿は、マックスウェルにも少し似ている。

続く、”Try Me”はマイク・ウィル・メイド・イットが制作に携わったスロー・ナンバー。マイクといえば、ケンドリック・ラマーの”HUMBLE.”やビヨンセの”Lemonade”などの有名名曲を手掛ける一方、グッチ・メインやレイ・シュリマーにもビートを提供している叩き上げのビート・メイカー。この曲では、甘酸っぱい歌声で切々とメロディを口ずさむウィークエンドの魅力を、バラードに合わせてシックに纏め上げたトラップのビートで丁寧に盛り立てている。エレクトロ・ミュージックと物悲しいメロディの組み合わせは、前作に収録されている彼の代表曲”Starboy”を思い起こさせる。

そして、収録曲の中でも異彩を放っているのが、フランク・デュークスとスクリレックスの二人がプロデュースした”Wasted Times”。ジャスティン・ビーバーをフィーチャーした”Where Are Ü Now”が世界的なヒットになり、コーンやダミアン・マーリーG-ドラゴンなど、活動地域も音楽ジャンルも異なるアーティスト達と組んできた、スクリレックスが参加したこの曲。エレクトロ・ミュージックのDJらしい、キャッチーなフレーズの引用と、ヴォーカルの魅力を引き出す絶妙なさじ加減が光っている。ミディアム・テンポの作品ではあるが、曲調は”Where Are Ü Now”にも少し似ている。個性豊かなアーティストと仕事をしてきた彼の鋭い視点と、制作技術が発揮された楽曲だ。

だが、本作の目玉は何かと聞かれたら、フランスのリヨン出身のDJ、ゲサフェルスタインを招いた2曲”I Was Never There”と“Hurt You”だと思う。モダンなシンセサイザーの音色を多用しながら、奇をてらわないシンプルなアレンジで、爽やかな雰囲気に纏め上げている。繊細でしなやかな歌声が魅力のウィークエンドの魅力を引き立てた手法は、『Starboy』で腕を振るったダフト・パンクにも通じるものがある。

今回のアルバムは、前作の音楽性をベースに、よりロックやポップスに歩み寄ったスタイルの作品だ。滑らかで繊細だけど豊かな歌声と、絶妙なコントロールが魅力の歌唱技術を活かしつつ、各曲では、R&Bの様式に拘らず、新しい音やアレンジを随所で取り入れている。このあらゆる音楽ジャンルのファンに目を配った音楽性が本作の醍醐味だと思う。

ブルーノ・マーズやアデルがヒット・チャートや音楽賞を制覇し、多くの国でR&Bをベースにしたヒット曲が生まれている2010年代。今や音楽市場の主役になった印象もあるR&Bに、ロックやエレクトロの表現技法を組み合わせて、このジャンルが持つ新鮮さと大衆性を際立たせた、現代のR&Bとポップス・シーンを象徴するような良作だ。

Producer
Frank Dukes, DaHeala, Mike Will Made It, Skrillex, Cirkut

Track List
1. Call Out My Name
2. Try Me
3. Wasted Times
4. I Was Never There feat. Gesaffelstein
5. Hurt You feat. Gesaffelstein
6. Privilege






Justine Skye – ULTRAVIOLET [2018 Republic, Roc Nation]

2008年にジェイZがライブ・ネイションとの合弁企業として設立すると、リアーナやザ・ドリーム、T.I.などの人気ミュージシャンの作品を配給し、近年は女性ラッパーのラプソディや、元2PMのジェイ・パクと契約するなど、猛烈な勢いで勢力を拡大しているロック・ネイション

ジャスティン・スカイは、2016年に21歳の若さで同社と契約したブルックリン出身のシンガー・ソングライター。アフリカ系とインド系のジャマイカ人をルーツに持つ彼女は、動画投稿サイトにアップロードしたパフォーマンスが注目を集め、2013年に18歳の若さでアトランティックと契約。配信限定ながら2枚のEPと1枚のミックス・テープを発表し、R&Bチャートに名を刻む一方、ケラーニやロジックとともに、フォーブス誌の「30Under30」で取り上げられるなど、気鋭の若手アーティストとして、高く評価されてきた。

このアルバムは、2016年末にリリースした移籍後初の録音作品『8 Ounces』以来、約1年ぶりとなる新作。彼女にとって初のフル・アルバムで初のフィジカル・リリースとなる本作は、前作同様、ユニヴァーサル傘下のリパブリックが配給を担当。プロデューサーにはフランク・デュークスやヒット・ボーイ、ケイジーベイビーなどのヒット・メイカーを中心に、バラエティ豊かな面々が参加。これまでの作品同様、彼女自身も制作にかかわった力作になっている。

本作の収録曲で目を引くのは、アルバムに先駆けて発表された”U Don't Know ”だ。カイリー・ミノーグやエミリー・サンデーなどを手掛けているイギリスの音楽プロデューサー、クリス・ロコが制作を担当、ナイジェリア出身のヒップホップ・アーティスト、ウィズキッドがゲストとして参加した国際色豊かなダンス・ナンバーだ。クリスが用意したトラックは、ウィズキッドの作品を思い起こさせるレゲトンの要素を含むアフロ・ビート。軽快なリズムが魅力のダンス・ナンバーを艶めかしいメロディと伴奏で、妖艶なダンス・ナンバーに仕立て上げている。

これに続く”Back For More”は、ニッキー・ミナージュやリル・ウェインなどの楽曲に携わっている、シカゴのプロデューサー、ヤング・バーグを制作に起用し、同じくシカゴ出身のシンガー、ジェレミーをフィーチャーしたアップ・ナンバー。エイコンやケヴィン・リトルを彷彿させる、ソカやダンスホール・レゲエのエッセンスを盛り込んだビートが、ラテン音楽が流行っている現代のアメリカっぽい。地声を使ったパワフルな歌唱から、滑らかな高声を使った美しいメロディまで、切れ目なく繋ぐジャスティンの歌唱力と、R.ケリーを思い起こさせるジェレミーのセクシーなヴォーカルのコンビネーションが聴きどころ。しっとりとしたメロディと、軽やかなトラックが一体化した面白い曲だ。

また、エミリー・サンデーやリトル・ミックス、ワン・ダイレクションなどに楽曲を提供しているプロダクション・チーム、TMSのメンバーがペンを執った”Don't Think About It”は、エムトゥーメイの”Juicy Fruit”を彷彿させるゆったりとしたトラックが心地よいミディアム・ナンバー。22歳とは思えない、大人の色気を感じさせるヴォーカルと、歌とラップを使い分けて曲にメリハリをつけるセンスが光っている。年齢以上に老練したヴォーカルを聴かせる彼女のスキルと、ポップス分野で多くの名曲を残してきた制作者のスキルが生み出した本作の目玉といっても過言ではない楽曲だ。

そして、本作の収録曲でも特に異彩を放っているのが、ロス・アンジェルス出身のプロデューサー、ビジネス・ボーイとカナダのミシサガ出身のグラミー賞アーティスト、パーティーネクストドアとジャスティンの3人で制作したのが”You Got Me”だ。重いビートの上で、歌とラップを織り交ぜたヴォーカルを聴かせるスタイルは、パーティーネクストドアの作品を思い起こさせるもの。しかし、この曲では、サビの部分で豊かな歌声を響かせるなど、ヒップホップ寄りのパーティーネクストドアの楽曲というより、クリセット・ミッシェルリーラ・ジェイムスに近い、本格的な女性ヴォーカルのR&B作品になっている。流行の音を積極的に取り込む鋭い感性と、力強いヴォーカルが合わさった。魅力的な佳曲だ。

今回のアルバムでは、彼女の持ち味である先鋭的な音を取り込むセンスを活かしつつ、より多くの人に受け入れられるような、ポップな楽曲が目立っている。ワン・ダイレクションなどを手掛けているイギリスのプロデューサーを起用し、アフロ・ビートやレゲトンのエッセンスを組み込んだ楽曲で、意外性を感じさせつつ、要所要所で20代前半とは思えない、セクシーな歌を披露する。この若い感性を生かした斬新な作風と、円熟した歌唱技術の同居が、この作品のウリだと思う。

初めてのフル・アルバムとは思えない高い完成度と、最初から最後まで新鮮さを感じさせる楽曲のラインナップが素晴らしい。2018年の初頭にリリースされた作品だが、今年一年を通して楽しめそうな密度の濃い作品だ。

Producer
Pete Kelleher, Ben Kohn, Tom Barnes, Frank Dukes, Hit-Boy, Bizness Boi,Yung Burg etc

Track List
1. Wasteland
2. Goodlove
3. U Don't Know feat. Wizkid
4. Back For More feat. Jeremih
5. Don't Think About It
6. You Got Me
7. Heaven
8. Push Ya
9. Lil' Boy
10. Best For Last






記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ