ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

RocNation

Justine Skye – ULTRAVIOLET [2018 Republic, Roc Nation]

2008年にジェイZがライブ・ネイションとの合弁企業として設立すると、リアーナやザ・ドリーム、T.I.などの人気ミュージシャンの作品を配給し、近年は女性ラッパーのラプソディや、元2PMのジェイ・パクと契約するなど、猛烈な勢いで勢力を拡大しているロック・ネイション

ジャスティン・スカイは、2016年に21歳の若さで同社と契約したブルックリン出身のシンガー・ソングライター。アフリカ系とインド系のジャマイカ人をルーツに持つ彼女は、動画投稿サイトにアップロードしたパフォーマンスが注目を集め、2013年に18歳の若さでアトランティックと契約。配信限定ながら2枚のEPと1枚のミックス・テープを発表し、R&Bチャートに名を刻む一方、ケラーニやロジックとともに、フォーブス誌の「30Under30」で取り上げられるなど、気鋭の若手アーティストとして、高く評価されてきた。

このアルバムは、2016年末にリリースした移籍後初の録音作品『8 Ounces』以来、約1年ぶりとなる新作。彼女にとって初のフル・アルバムで初のフィジカル・リリースとなる本作は、前作同様、ユニヴァーサル傘下のリパブリックが配給を担当。プロデューサーにはフランク・デュークスやヒット・ボーイ、ケイジーベイビーなどのヒット・メイカーを中心に、バラエティ豊かな面々が参加。これまでの作品同様、彼女自身も制作にかかわった力作になっている。

本作の収録曲で目を引くのは、アルバムに先駆けて発表された”U Don't Know ”だ。カイリー・ミノーグやエミリー・サンデーなどを手掛けているイギリスの音楽プロデューサー、クリス・ロコが制作を担当、ナイジェリア出身のヒップホップ・アーティスト、ウィズキッドがゲストとして参加した国際色豊かなダンス・ナンバーだ。クリスが用意したトラックは、ウィズキッドの作品を思い起こさせるレゲトンの要素を含むアフロ・ビート。軽快なリズムが魅力のダンス・ナンバーを艶めかしいメロディと伴奏で、妖艶なダンス・ナンバーに仕立て上げている。

これに続く”Back For More”は、ニッキー・ミナージュやリル・ウェインなどの楽曲に携わっている、シカゴのプロデューサー、ヤング・バーグを制作に起用し、同じくシカゴ出身のシンガー、ジェレミーをフィーチャーしたアップ・ナンバー。エイコンやケヴィン・リトルを彷彿させる、ソカやダンスホール・レゲエのエッセンスを盛り込んだビートが、ラテン音楽が流行っている現代のアメリカっぽい。地声を使ったパワフルな歌唱から、滑らかな高声を使った美しいメロディまで、切れ目なく繋ぐジャスティンの歌唱力と、R.ケリーを思い起こさせるジェレミーのセクシーなヴォーカルのコンビネーションが聴きどころ。しっとりとしたメロディと、軽やかなトラックが一体化した面白い曲だ。

また、エミリー・サンデーやリトル・ミックス、ワン・ダイレクションなどに楽曲を提供しているプロダクション・チーム、TMSのメンバーがペンを執った”Don't Think About It”は、エムトゥーメイの”Juicy Fruit”を彷彿させるゆったりとしたトラックが心地よいミディアム・ナンバー。22歳とは思えない、大人の色気を感じさせるヴォーカルと、歌とラップを使い分けて曲にメリハリをつけるセンスが光っている。年齢以上に老練したヴォーカルを聴かせる彼女のスキルと、ポップス分野で多くの名曲を残してきた制作者のスキルが生み出した本作の目玉といっても過言ではない楽曲だ。

そして、本作の収録曲でも特に異彩を放っているのが、ロス・アンジェルス出身のプロデューサー、ビジネス・ボーイとカナダのミシサガ出身のグラミー賞アーティスト、パーティーネクストドアとジャスティンの3人で制作したのが”You Got Me”だ。重いビートの上で、歌とラップを織り交ぜたヴォーカルを聴かせるスタイルは、パーティーネクストドアの作品を思い起こさせるもの。しかし、この曲では、サビの部分で豊かな歌声を響かせるなど、ヒップホップ寄りのパーティーネクストドアの楽曲というより、クリセット・ミッシェルリーラ・ジェイムスに近い、本格的な女性ヴォーカルのR&B作品になっている。流行の音を積極的に取り込む鋭い感性と、力強いヴォーカルが合わさった。魅力的な佳曲だ。

今回のアルバムでは、彼女の持ち味である先鋭的な音を取り込むセンスを活かしつつ、より多くの人に受け入れられるような、ポップな楽曲が目立っている。ワン・ダイレクションなどを手掛けているイギリスのプロデューサーを起用し、アフロ・ビートやレゲトンのエッセンスを組み込んだ楽曲で、意外性を感じさせつつ、要所要所で20代前半とは思えない、セクシーな歌を披露する。この若い感性を生かした斬新な作風と、円熟した歌唱技術の同居が、この作品のウリだと思う。

初めてのフル・アルバムとは思えない高い完成度と、最初から最後まで新鮮さを感じさせる楽曲のラインナップが素晴らしい。2018年の初頭にリリースされた作品だが、今年一年を通して楽しめそうな密度の濃い作品だ。

Producer
Pete Kelleher, Ben Kohn, Tom Barnes, Frank Dukes, Hit-Boy, Bizness Boi,Yung Burg etc

Track List
1. Wasteland
2. Goodlove
3. U Don't Know feat. Wizkid
4. Back For More feat. Jeremih
5. Don't Think About It
6. You Got Me
7. Heaven
8. Push Ya
9. Lil' Boy
10. Best For Last






Vic Mensa - The Autobiography [2017 Roc Nation, Captol]

ガーナ出身の父と、ホワイト・アメリカンの母の間に生まれ育った、イリノイ州シカゴ出身ラッパー、ヴィック・メンサことヴィクター・クウェシ・メンサ。

ハイスクール時代に、後にチャンス・ザ・ラッパーとして活躍するチャンセラー・ベネットと知り合い、本格的に音楽に取り組むようになった彼は、2012年に初のミックス・テープ『Traphouse Rock』を発表。2013年には、ゴリラズなどの活動で知られるデーモン・アルバーンの公演でパフォーマンスを披露し、その高いスキルで話題となった。

その後も、ミックス・テープ『Innanetape』などをリリースし、音楽雑誌で気鋭の若手ラッパーとして取り上げられるなど、注目を集めた彼は、2016年にジェイZが率いるロック・ネイションと契約。同年にメジャー・デビュー作となるEP『There's Alot Going On』を発表した。

本作は、同月にリリースされたEP『The Manuscript』から、僅か3週間という短い間隔でリリースされた、初のフル・アルバム。同郷のノーI.D.を中心に、多くの人気プロデューサーを迎え、流行のビートを積極的に取り入れた豪華な作品になっている。

『The Manuscript』にも収録されている”Rollin' Like A Stoner”はロス・アンジェルスを拠点に活動する1500オア・ナッシンとノーI.Dの共同プロデュース作品。シンセサイザーを多用したビートは、チャンス・ザ・ラッパーの音楽にも少し似ている。太く、温かい声質を活かした軽妙なラップも格好良い。

これに対し、ジ・インターネットのシドを招いた”Gorgeous”は、ジェイZの”Girls Girls Girls”にも通じる、スロー・テンポのロマンティックな楽曲。1500オア・ナッシングとノーI.D.が共作したトラックは、シンセサイザーを駆使した近未来的な雰囲気のものだ。しかし、オーティス・レディングやバリー・ホワイトを連想させる太いバリトン・ヴォイスのおかげで、往年のソウル・ミュージックのような温かい雰囲気を醸し出している。シドの透き通った歌声と、ラップの要素を取り入れたヴォーカルも、トラックやヴィックのラップと一体化して面白い。

また、ファレル・ウィリアムスとソウル・ウィリアムス(この二人に血縁関係はない)を起用した本作からのリード・シングル”Wings”は、ファレル・ウィリアムスのプロデュース。ファレルらしい、乾いた音色のキーボードと、ゴムボールのように跳ねるビートを使ったトラックが光るスロー・ナンバー。ゆったりとしたテンポの曲だが、躍動感のあるラップのおかげで、最後まで退屈せずに楽しめる佳曲。後半部分でアップテンポになる展開に意外性を感じる。

そして、タイ・ダラ・サインが参加した”We Could Be Free”は1500オア・ナッシングが制作を担当。ギターの演奏をバックに、繊細な歌声を響かせるタイ・ダラ・サインと、次々と言葉を繰り出すヴィックのラップという、意外性に富んだ組み合わせが面白い作品だ。エド・シーランやジャスティン・ビーバーのアルバムに収められていても不思議ではない、爽やかなポップソングだ。

彼の音楽は、高いスキルに裏打ちされたワイルドなラップと、色々な音楽を研究し、そのエッセンスを取り込んだバラエティ豊かなビートが魅力だと思う。その作風は、ジェイZが『In My Lifetime, Vol. 1』で見せた、幅広い層の心に訴えるバラエティ豊かなサウンドと、ハードなラップの融合を、再現したようにも思える。この、大衆性と奥深さの両立が、彼の音楽の醍醐味だろう。

カニエ・ウエストやトゥイスタ、チャンス・ザ・ラッパーに続き、シカゴ発のヒップホップ・アーティストとして、私たちの耳を長い間、楽しませてくれそうなシンプルで分かりやすい作風と奥深さが魅力の佳作。ヒット曲を欠かさず耳にしている人なら、思わずニヤリとしてしまいそうな、凝った演出を楽しんでほしい。

Producer
No I.D., Vic Mensa, Kosine

Track List
1. Say I Didn't
2. Memories On 47th St.
3. Rollin' Like A Stoner
4. Homewrecker feat. Weezer
5. Gorgeous feat. Syd
6. Heaven On Earth feat. The Dream
7. Card Cracker (Skit)
8. Down For Some Ignorance (Ghetto Lullaby) feat. Chief Keef & Joey Purp
9. Coffee & Cigarettes
10. Wings feat. Pharrell Williams and Saul Williams
11. Heaven On Earth (Reprise)
12. The Fire Next Time
13. We Could Be Free feat. Ty Dolla $ign
14. Rage (Bonus Track)





The Autobiography
Vic Mensa
Roc Nation
2017-07-28

Jay-Z - 4:44 [2017 Roc Nation]

1996年にアルバム『Reasonable Doubt』でメジャー・デビュー。以後、多くの作品でプラチナ・ディスクを獲得。全米アルバム・チャートの1位に送り込むだけでなく、シンセサイザー主体のトラックが中心だった時代に、ソウル・ミュージックをサンプリングしたトラックで、ヒップホップ・シーンの流行を一変させた『The Blueprint』など、沢山の傑作を残してきた、ニューヨークのブルックリン出身のラッパーで実業家、ジェイZことショーン・カーター。

本作は彼にとって通算13枚目のオリジナル・アルバム。自身が経営するロック・ネイションからのリリースで、彼が経営陣に名を連ねるストリーミング・サイト「TIDAL」で1週間早く公開。その後、CDや配信で発売、という戦略を採用した作品だ。

過去の作品では、気鋭の若手を含む多くのプロデューサーを起用してきたジェイZだが、本作ではプロデュースを自身とシカゴ出身のプロデューサー、ノーI.Dの手で行っている。しかし、ゲストにはフランク・オーシャンやダミアン・マーリーなどが参加。ヒップホップ界のトップ・ランナーにふさわしい、斬新でキャッチーな作品を聴かせている。

アルバムに先駆けてMVが公開された”The Story of O.J.”は、ニーナ・シモンの”Four Women”とファンク・インクの”Kool Is Back”をサンプリングしたおどろおどろしいトラックが印象的な曲。ニーナ・シモンのピアノとヴォーカルを解体、引用したトラックはオーティス・レディングの楽曲をサンプリングした”Otis”にも匹敵するソウルフルなもの。肩の力を抜いてゆったりとラップを繰り出すジェイZの存在が、楽曲の不気味さに拍車をかけている。ソウル・ミュージックをサンプリングしつつ、過去の作品とは違うものを生み出すセンスに驚かされる。

それ以外の曲に目を向けると、フランク・オーシャンをフィーチャーした ”Caught Their Eyes”は、ニーナ・シモンの代表曲”Baltimore”をサンプリング。レゲエのゆったりとしたビートに、ニーナ・シモンの泥臭い歌声を組み合わせる手法は、予想外の一言。レゲエの要素を盛り込んだトラックでも、普段の荒々しいフロウで自分の音楽に染め上げるジェイZの姿が格好良い。曲の隙間を埋めるフランク・オーシャンのヴォーカルもいい味を出している。

また、本作のタイトル・トラックである”4:44”では、ハンナ・ウィリアムス&ザ・アファーメイションズの"Late Nights and Heartbreak"を引用。『The Blueprint』でも多用された、ヴォーカルを中心にソウル・ミュージックの印象的なフレーズを繰り返し使う手法を採用したトラックが印象的な作品。過去の作品では、テンポを変えるなど、色々と加工を施していたが、この曲では原曲のフレーズの切り取り方に工夫を凝らすことで、トラックに起伏を与える。ジェイZのラップも安定している。

そして、2002年の『The Blueprint 2: The Gift & The Curse』以降、多くの作品で共演している妻、ビヨンセとのコラボレーション曲”Family Feud”は、ゴスペル・グループ、クラーク・シスターズの”Ha-Ya”を引用。ゴスペル曲を引用したトラックといえば、カニエ・ウエストの”Jesus Walks"を思い起こさせる。また、ビヨンセのヴォーカルはこれまでの作品と比べると控えめで、ヴォーカルというよりは声ネタに近い扱い。ジェイZのダイナミックなフロウが堪能できる佳曲だ。

今回のアルバムは、4年ぶりの新作ということで、多くの期待を抱いた人も少なくないと思うが、そういう人からすると、物足りない作品かもしれない。ソウル・ミュージックやジャズをサンプリングしたトラックも、過去の楽曲とは一味違うが、音楽シーンの潮流を塗り替えるものではないと思う。しかし、どんなトラックもしっかりと乗りこなし、自分の色に染め上げるジェイZのパフォーマンスは、彼が紛れもないトップ・ランナーであることを裏付けていると思う。

ヒップホップ業界を揺るがし続けてきたトップ・ランナーのアルバムでは異色の、安定したパフォーマンスが光る佳作。彼の音楽を聴いて育った大人にこそ聴いてほしい、落ち着いた雰囲気の作品だ。

Producer
Jay-Z, No I.D.

Track List
1. Kill Jay Z
2. The Story of O.J.
3. Smile feat. Gloria Carter
4. Caught Their Eyes feat.Frank Ocean
5. 4:44
6. Family Feud feat. Beyoncé
7. Bam feat. Damian Marley
8. Moonlight
9. Marcy Me
10. 11.Adnis
12. We Family
13. MaNyfaCedGod



4:44
Jay-Z
Roc Nation
2017-07-07

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ