melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

SMentertainment

NCT127 - Neo Zone [2020 SMentertainment, Caroline, Universal]

メンバーの脱退や、兵役によるブランクを乗り越え、ベテラン・グループの新たなロール・モデルを築き上げた東方神起。メンバーのソロとグループ活動を両立し、ブレイクした後は卒業という、従来のガールズ・グループとは異なるキャリアの積み方を提示した少女時代。アイドル・グループの保守本流を歩みつつ、新しい音を積極的に取り入れることで、国内外に幅広いファンを獲得したEXOなど、多くの人気グループを輩出してきた韓国エンターテイメント界のガリバー、SMエンターテイメント

同社が2016年に送り出したNCTは、「開放と拡張」をコンセプトに掲げ、タイや日本、ドイツやカナダなど、多くの国から採用した個性豊かなメンバーと、コンセプトに合わせてメンバーを選抜した多彩な派生ユニットで、短い期間に多くの金字塔を打ち立ててきた。

NCT127は同グループの派生プロジェクトを代表するユニット。韓国系カナダ人のマーク、日本人のユウタ、中国人のウィンウィンなど、メンバーの約半数が外国出身という多様性と、ステレオタイプスやLDNノイズといった海外のヒットメイカーを起用した本格的なR&Bで一躍ブレイク。2019年に発売されたEP『We Are Superhuman』は全米総合アルバムチャートで11位という大記録を残した。

本作は『We Are Superhuman』から約10ヶ月の間隔を挟んでリリースされた、彼らにとって通算3枚目のスタジオ・アルバム。また、このアルバムは、マークとテヨンが事務所の先輩達と結成したSuperMとして、ウィンウィンはNCTの中国系メンバーで結成されたWay Vの一員として活動していた、多忙な時期に録音された作品でもある。

本作の1曲目である”Elevator (127F)”は、チェイン・スモーカーズやジョナス・ブラザーズの作品を手掛けているシルベスターが制作を主導した作品。四つ打ちに近いしなやかなビートと流れるようなメロディは、ドネル・ジョーンズの”U Know What’s Up”やカール・トーマスの”She Is”のような、2000年前後のR&Bに似ている。しかし、サビの箇所をシンセサイザーの演奏で埋める手法など、R&Bを土台にしつつ、近年のポップスのトレンドを取り込んだアレンジが心憎い。

続く”Kick It”は本作からの先行シングル。Dr.ドレの『Compton』で辣腕を振るい、NCTにも”Cherry Bomb”などのヒット曲を提供してきた、ディム・ジョインツが手掛けたミディアム・ナンバー。ギターのような音色のノイズを使った、トラップともEDMとも異なる独特のビートが格好良い。歌とラップを上手く混ぜ込み、観客を煽るサビも盛り込んだ構成も面白い。楽曲自体の完成度が高いのはもちろんのこと、ライブで聴いたら盛り上がりそうな高揚感も気になるところだ。

また、本作の隠れた目玉といっても過言ではないのが、ロス・アンジェルスを拠点に活動するイアン・ジェフリー・トーマスが制作を主導した”Day Dream”だ。デビュー5年目、メンバーの大多数が20代前半という若い力を活かした、甘酸っぱいメロディと柔らかいトラックが心地よい作品だ。みずみずしい歌声と爽やかなメロディ、耳ざわりのよいトラックの組み合わせはアッシャーの代表作『8701』に通じるところがある。

そして、本作の最後を締めるのが、”Dreams Come True”。ロンドンを拠点に活動し、韓国人アーティストにも多くの楽曲を提供しているプロダクション・ユニットLDNノイズの作品だ。シンセサイザーの音色を組み合わせて作ったヒップホップのビートと、なめらかなメロディ、低声を強調して年齢以上に大人っぽい表情を見せるヴォーカルが印象的な曲だ。若くしてベテランの貫禄と大人の色気を見せる9人の成長を感じられる良作だ。

本作の魅力は、世界の大舞台を経験し、飛躍的に成長した9人の表現力と、欧米のトレンドを取り入れつつ、あくまでもヒップホップやR&Bに軸足を置いた楽曲の組み合わせだ。グループとしての活動はもちろん、Super MやWayVでも、海外の大舞台を経験してきたメンバー達の高い技術と、EDMやトラップといった海外で人気のサウンドを取り入れて、アジアでは根強い人気のあるR&Bやヒップホップを現代の音楽として磨き上げた姿勢が、彼らの個性になっている。この、アジア特有のトレンドに対応しつつ、欧米を意識した音作りと、楽曲の魅力を引き出す高い技術が彼らの武器だと思う。

厳しい環境で鍛えられた9人の個性と、欧米の実力派クリエイターを9人と結びつけ、一つの作品に導いたプロデューサー達の采配が合わさったことで生まれた良作。歌手、作家、マネジメントの三者が高いレベルのスキルと明確な方針を共有したことで生まれたハイ・クオリティなアルバムだと思う。

Producer
Lee Soo-man (exec.), Dem Jointz,Yoo Young-jin, The Stereotypes, LDN Noise etc

Track List
1. Elevator (127F)
2. Kick It
3. Boom
4. Pandora's Box
5. Day Dream
6. Interlude: Neo Zone
7. MAD DOG
8. Sit Down!
9. Love Me Now
10. Love Song
11. White Night
12. Not Alone
13. Dreams Come True




NCT#127 Neo Zone(輸入盤)
NCT127
DREAMUS
2020-03-16

BTSを起点に韓国のR&B、ヒップホップの重要アーティストを並べてみた。

2018年6月2日付のビルボード総合アルバム・チャート で、BTSの『Love Yourself: Tear』がアジア出身のアーティストとしては史上初、外国語作品としてはイル・ディーヴォの『Ancora』以来12年ぶりとなる1位を獲得した。この記録については色々な意見はあるけれど、ヒップホップやR&Bが好きな自分にとっては、彼らの記録は時間をかけて現代の形になった、韓国のヒップホップやR&Bの一つの到達点のように映った。そこで、今回は番外編として、韓国のヒップホップやR&Bの歴史で重要な役割を果たしたアーティストと楽曲を9組取り上げてみた。

選定基準は
1.韓国のヒップホップやR&Bに何らかの影響を与えた(と思う)アーティストであること
2.単純な売り上げだけでなく、後の時代に何らかの影響を与えた曲であること
この二つ。
それでは、一組ずつ紹介してみよう。


Seo Taiji & Boys – Come Get Some [1995]

韓国のR&B、ヒップホップを語るにあたって、避けて通れないのが90年代前半に一世を風靡した、3人組ダンス・ヴォーカル・グループ、セオ・タジ&ボーイズ。当時、アメリカで流行していたニュー・ジャック・スウィングを取り入れ、歌って踊れてラップもできた同グループは、歌謡曲が中心だった韓国の音楽市場にR&Bブームを巻き起こした。また、グループの解散後、メンバーのヤン・ヒュンソクは芸能事務所YGエンターテイメントを設立。後述するBIGBANGなどのヒップホップ・アクトを育て、韓国をアジア屈指のヒップホップ大国にした。

この曲は、95年にリリースされた4枚目のアルバム『Seo Taiji and Boys IV』に収録。前作『Seo Taiji and Boys III』でロックに取り組んで人々を驚かせた彼らは、このアルバムでDr.DreやIce-Tなどの成功によって注目を集めていた、アメリカ西海岸のヒップホップに挑戦。収録曲の大半が検閲(当時、韓国では検閲制度が存在した)に引っ掛かったという、ポップ・スターらしからぬ過激なリリックと、本場のギャングスタ・ラップにも見劣りしない重厚なサウンドが話題になった。余談だが、BTSは2016年に、セオ・タジの芸能生活25周年記念の企画で、この曲のリメイクにも挑戦している。原曲の雰囲気を残しつつ、21世紀を生きる彼らに合わせてリリックを書き直したラップは必聴。






1TYM – 1TYM [1998]

セオ・タジ&ボーイズ解散後、ヤン・ヒュンソクが立ち上げたYGエンターテイメントからデビューしたのが、4人組の男性グループ1TYM(ワンタイム)。曲の途中でラップを挟む、歌って踊れるヴォーカル・グループが主流の時代に、ラップを中心に据えた独自のスタイルで。後進に多くの影響を与えた。また、グループの解散後、中心人物のテディ・パクはプロデューサーに転身、BIGBANGの”Fantastic Baby”や2Ne1の”Fire”といったヒット曲を数多く手掛け、アジア屈指のヒット・メイカーとして歴史に名を残した。余談だが、BTSのラップ担当の3人は、オーディションの合格時に「1TYMみたいな(あまり踊らない)本格的なラップグループを作ろう」と口説かれたらしい(その後は言う由もがな)。


NCT127 - Chain EP [2018 SM Entetainment, avex]

2年間のブランクを終えた2017年に、60万人規模のスタジアム・ツアーを成功させた東方神起や、平昌オリンピックの閉会式で、ダイナミックなパフォーマンスを披露したEXOなど、多くの人気アーティストを輩出している韓国最大手の芸能プロダクション、SMエンターテイメント。同社から2016年にデビューしたのが、「開放と拡張」をテーマに掲げる音楽プロジェクト、NCTだ。

NCT127は、同プロジェクトのメンバーで結成された9人組のダンス・ヴォーカル・グループ。プロジェクト名の由来である「Neo Culture Technology」の頭文字と、彼らの活動拠点であるソウル市の経度127から名前を取ったこのグループは、韓国以外にも、日本、中国、アメリカ、カナダの出身者が在籍する国際色の豊かさと、メンバーが流動的であることをコンセプトに掲げる同プロジェクトでは唯一、メンバーを固定している点が特徴だ。

2016年7月にEP『NCT #127』でメジャー・デビューを果たすと、10万枚以上を売り上げ韓国のアルバム・チャートを制覇。同年にはNCTとして事務所主催のツアーで海外公演を経験し、年末の音楽賞では新人賞を総なめにするなど、華々しい活躍を見せた。

また、2017年に入ると2枚のEP『Limitless』と『Cherry Bomb』を立て続けに発表。後者のタイトル・トラックは、Dr.ドレの2015年作『Compton』で腕を振るったデム・ジョインズをプロデューサーに起用。エミネムや50セントにも通じる陰鬱でハードなサウンドと、平均年齢21歳の若手グループとは思えない、切れ味の鋭いラップとセクシーなヴォーカル、緻密なダンスで海外でも注目を集めた。

本作は、グループ名義の作品としては2017年の『Cherry Bomb』以来となる4枚目のEP。3月にNCT名義のスタジオ・アルバムをリリースしている彼らの新作は、初の外国語作品。本作には4曲の新曲に加え、2作目のタイトル・トラック”Limitless”の日本語版も収めるなど、彼らのファンにも、それ以外の人にも嬉しい内容になっている。

アルバムの1曲目”Dreaming”は、B2Kの”Uh Huh”などを手掛けた、トリッキー・スチュアートの音楽を連想させる。軽やかなヒップホップのビートと、爽やかなヴォーカルが格好良いダンス・ナンバー。低音を響かせたビートの上で、甘酸っぱい歌声を響かせる彼らの姿が光る好曲だ。パンチの効いたラップが楽曲にメリハリをつけている。

続く”Chain”は、クリス・ブラウンやジャスティン・ビーバーなどのアルバムで頻繁に使われる、トラップやEDMを取り入れたアップ・ナンバー。シンセサイザーを多用したヒップホップのビートは、世界各地のミュージシャンが取り入れているが、彼らは曲の途中でビートを切り替えて楽曲に起伏をつけるアレンジと、声質や歌い方も異なる各人の個性を活かしたマイク・リレーで差別化を図っている。ローリング・ストーン誌に「アメリカのR&Bのプロデューサーが韓国に活路を見出している」という記事があったが、その流れを象徴するアメリカの尖ったサウンドと、ヴォーカルを大切にする韓国のポップスの良さが上手く合わさった良曲だ。

また、本作では唯一、既発曲がもとになった”Limitless”は、メアリーJ.ブライジジャスティン・ティンバーレイクのアルバムにも参加しているアンダードッグスが制作に携わったミディアム・ナンバー。チキチキというハットの音色と、低音を効果的に使ったビートと、地声からファルセットまで、メンバーの声をフルに活用したダイナミックなパフォーマンスが光る曲。他の曲に比べ、歌のパートが多いこの曲は、既発曲の中でも飛びぬけて日本語との相性が良いと思う。

そして、4曲目の”Come Back”は、本作でも異色の軽快なビートが格好良いダンス・ナンバー。事務所の先輩、SHINeeが得意とする90年代に流行したR&Bのスタイル、ニュー・ジャック・スウィングを取り入れたものだ。現代のR&Bよりテンポが速く、メロディも複雑なこのスタイルを、柔らかいテナー・ヴォイスで、ファルセットを織り交ぜながら、軽やかに乗りこなしている。軽妙なメロディに乗せて、言葉を多く詰め込む90年代初頭のラップを忠実に再現している点も見逃せない。偉大な先輩が光を当てたサウンドを、彼らの持ち味と組み合わせて進化させた点が聴きどころだ。

また、アルバムの最後を締めるのは、本作唯一のバラード”100”。一つ一つの言葉を大切にしたメロディや起承転結の明確な構成、サビに焦点を置いた曲作りは、アメリカのR&Bよりも、東方神起が得意とするような、日本のポップスに近いスタイル。新しいサウンドを積極的に取り入れるだけでなく、日本のファンにもなじみ深いスロー・ナンバーにも取り組んでいるのは面白い。若さやポテンシャルだけではなく、実力で勝ち上がってきたことを再認識させられる曲だ。

彼らの魅力は、「開放と拡張」というコンセプトを体現した、一つの国や地域に捉われない大胆な曲作りと、SMエンターテイメント出身のグループらしい、緻密なパフォーマンスだ。ニュー・ジャック・スウィングが再び光を浴びるきっかけを使ったSHINeeや、ヒップホップやレゲエを取り入れた作品を残しているEXOなど、海外のプロデューサーを起用して、欧米の黒人音楽を韓国のポップスを取り込む手法に長けているSMエンターテイメントだが、このグループでは西海岸のヒップホップやトラップのような、現在アメリカで流行しているサウンドを積極的に取り込み、それらを韓国のポップスに昇華している。この、海外の音楽を吸収し、自分達の音楽に還元できる点が彼らの強みだろう。

また、彼らのもう一つの大きな特徴は、各人の個性を引き出しながら、あくまでも「NCT127」というチームして纏まっているところだろう。複数の国や地域の出身者を集めたグループながら、ステージや作品を通して、メンバーの出自を意識することは少ない。初の日本語作品であるこのアルバムでも、日本人メンバーのパートを増やすような戦略は採らず、韓国語作品と同じように各メンバーに割り振っている。この、多様なバック・ボーンを持つメンバーを受け入れながら、彼らの出自ではなく個性に着目して「NCT127」というグループを組み立てている点が、彼らの音楽を唯一無二のものにしているのだろう。

世界各国から集めたメンバーをソウルで鍛え、そのメンバーでチームを組み立て、海外のクリエイターを交えて自分達の音楽を作り上げたNCT127。出身地も活動拠点も異なる人々が混ざり合って、一つの音楽を生み出してきた彼らは、人種や国境以上に「個人」が重視される、21世紀を象徴するグループだと思う。

Producer
Soo-Man Lee

Track List
1. Dreaming
2. Chain
3. Limitless
4. Come Back
5. 100






記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    読者登録
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ