melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

Shanachie

Maysa - Love Is A Battlefield [2017 Shanachie]

大学在学中にスティーヴィー・ワンダーと知り合い、卒業後は彼のバック・コーラスに参加。『Jungle Fever』のサウンドトラックなどでコーラスを担当した後、イギリスのジャズ・ファンク・バンド、インコグニートに加入。スティーヴィーの大ヒット曲をカヴァーした”Don't You Worry 'Bout A Thing”や、96年のヒット曲”Out Of The Storm”等で美しい歌声を披露してきた、ボルティモア州メリーランド出身のシンガーソングライター、メイサ・リーク。

また、95年にアルバム『Maysa』でソロ・デビューを果たすと、2016年までに12枚のアルバムと多くのシングルを発表。メリーランドを拠点に、バンド活動と並行して、多くのレコーディングやステージをこなしてきた。

本作は、2015年の『Back To Love』以来、約2年ぶりとなる通算13枚目のオリジナル・アルバム。2006年の『Sweet Classic Soul』以来、全てのアルバムを配給しているシャナチーからのリリースで、同作以来となるカヴァー集でもある。

今回のアルバムのコンセプトは『メイサが愛聴し、刺激を受けた楽曲をカヴァー』ということだが、その選曲は意外性の塊。

アイズレー・ブラザーズの”Footsteps In The Dark”や、ナタリー・コールの”Inseparable”ような、ソウル・ミュージックの古典から、テヴィン・キャンベルの”Can We Talk”といった、90年代の大ヒット曲。はたまた、パット・ベネターの”Love Is A Battlefield”や、ジャスティン・ビーヴァーの”As Long As You Love Me”といった、ロック、ポップス畑の歌手による有名曲まで、古今東西の名曲を並べた、バラエティ豊かなものになっている。

そして、本作ではこれらの曲を、シャンテ・ムーアやフローシストの作品でも腕を振るっていたクリス”ビッグ・ドッグ”デイヴィスや、ルーサー・ヴァンドロスなどの楽曲を手掛けてきたジェイソン・マイルズらと一緒に、原曲とは一味違うアレンジで聴かせている。

ノーナ・ゲイが92年に発表した”The Things We Do For Love”に続くのは、テヴィン・キャンベルが93年に発表した大ヒット曲”Can We Talk”のカヴァー。ベイビーフェイスとダリル・シモンズの手による甘ずっぱいメロディと、変声期を迎える前後のテヴィンの歌声が魅力的なミディアム・バラードを、御年50歳(CDの発売日時点)のメイサが歌うという、果敢な試みを見せている。録音当時ティーンエイジャーだったテヴィンと比べると、一音一音を丁寧に歌う粘り強い声と、爽やかな曲調に合わせて、力を入れすぎない歌唱が印象的だ。キーボードの伴奏を強調した原曲のアレンジを、彼女の力強いヴォーカルに合わせて、ドラムやベースを軸にしたシンプルなものに変えた点も面白い。青年の心境を表現した歌を、大人のラブソングに生まれ変わらせた技術が光る佳曲。

一方、豊かな声量と表現力が魅力的な、ルーサー・ヴァンドロスの86年作『Give Me the Reason』に収められているスロー・バラードを歌った”Because It's Really Love”は、原曲を強く意識したシンプルでロマンティックなアレンジで演奏している。音数が少ない原曲のメロディを、ジャズの経験も豊かなメイサが、音程や強弱を細かく調整した、力強くも軽妙な歌唱を披露している。パワフルな歌声と、絶妙な力加減を両立する彼女の歌が思う存分堪能できる名演だ。

これに対し、バーニー・ウォレルらとファンク・バンド、スペース・キャデットを結成したこともある、スコットランド出身のシンガー・ソングライター、ジェシー・レイがファンク・バンド、オデッセイに提供した”Inside Out”のカヴァーは、シンセサイザーとギターを強調した原曲に近いアレンジ。オリジナルを歌うオデッセイの面々に比べて、芯が太く、パワフルな歌声のメイサが、楽曲の軽妙なメロディに合わせてリズミカルに歌う姿は、ちょっと意外。ジャズともR&Bとも違う、ファンクのメロディでもきちんと乗りこなせる技術力は、他の歌手とは一味違うものだ。

そして、本作の隠れた目玉が、アイズレー・ブラザーズが77年に発表したシングル『Groove with You』のカップリング曲で、A面の曲よりも有名になった”Footsteps In The Dark”だ。”Between The Sheets”などで滑らかな歌声を響かせていたロナルドの存在が肝だった同曲を、メイサは男性のバック・コーラスとのデュエット曲にアレンジすることで、自身の持ち味を殺すことなく、原曲に近い雰囲気でカヴァーしている。ホイットニー・ヒューストンを彷彿させる貫禄を身に着けたメイサの歌を活かしつつ、繊細な男性ヴォーカルが引き立て役として加わることで、ロナルドの滑らかでエロティックな雰囲気を再現した発想には、ひたすら驚くしかない。

今回のアルバムは、シルクミュージックといった、ベテランR&Bシンガーの作品を多数扱ってきたシャナチーからのリリースだけあって、70年代から2000年以降まで、色々な時代のソウル、R&B作品の手法を参照した、懐かしさと新鮮さを感じさせる良質なカヴァー集だと思う。一部の曲では大胆な改変を披露しているものの、それ以外の曲ではオリジナルのアレンジを尊重しつつ、主役の声質に合わせて、調整して見せるスキルは「流石」としか言いようがない。

一方、主役のメイサは、これまでのキャリアで培った、ジャズ、ファンク、ソウル、R&Bの経験を活かし、時に軽妙な、時に繊細なヴォーカルを聴かせてくれる。パワフルで芯の強い声質という確固たる個性が確立された歌手だけあって、ロナルド・アイズレーやジャスティン・ビーヴァーといった、スタイルの違う歌手の作品を歌うのは簡単ではないが、ヴォーカルや演奏のアレンジで自身の声質の弱点を補いつつ、自分の色に染め上げる手法は、経験豊かなベテランらしいものだと思う。

各時代の名曲が持つ魅力を活かしつつ、メイサ・リークの作品としても楽しめる、珍しいタイプのカヴァー集。収録曲の中で気になるものを見つけた人は、ぜひ原曲のアーティストにも目を向けてほしい。R&Bやソウル・ミュージックの奥深さだけでなく、ポピュラー・ミュージックの豊かな世界の一端に触れられると思う。

Producer
Chris "Big Dog" Davis, James Jones, Jamie Jones, Jack Kugell, Jason Miles, Monte Neuble, Tim Stewart

Track List
1. The Things We Do For Love
2. Can We Talk
3. Love Is A Battlefield
4. Because It's Really Love
5. Inside Out
6. Inseparable
7. As Long As You Love Me
8. Footsteps In The Dark
9. Am I Dreaming
10. Mr. Dream Merchant




Love Is a Battlefield
Maysa
Shanachie
2017-05-26


Silk - Quiet Storm [2016 Shanachie]

92年にキース・スウェットがプロデュースしたシングル”Happy Days”でデビュー。翌年には、彼が手掛けた”Freak Me”と、アルバム『Lose Control』が全米R&Bチャートで1位を獲得(前者はHot100も制覇)するなど、90年代を代表する男性ヴォーカル・グループの一つとして、華々しい実績を残してきたアトランタ出身の5人組、シルク(通称90年代のシルク)。その後のキャリアは、度重なるメンバー交替やレーベル移籍、制作に時間とお金がかかるヴォーカル・グループへの厳しい風当たりなど、決して順風満帆なものではなかったが、キース譲りの個性的な声質を活かした粘り強い歌唱と、緻密なコーラス・ワークで常にR&Bファンの注目を集めていた。

2006年のアルバム『Always And Forever』から10年ぶりとなる新作は、前作に引き続き、ニュージャージー州のニュートンに拠点を置く、シャナチーからのリリース。彼らの作品のほかにも、シャンテ・ムーアやミント・コンディション、シリーナ・ジョンソンといった、歌唱力をウリにしているR&Bシンガーやグループの作品を数多く手掛けている同レーベルだけあって、本作も往年のファンの期待を裏切らない、じっくりと歌を聴かせる作品に仕上がっている。

アルバムのタイトル・トラック”Quiet Storm”は、70年代後半から80年代に流行した、甘く洗練されたスタイルのソウル・バラードの総称を曲名に使ったスロー・バラード。インディー・レーベルを中心に、多くのソウル・シンガに楽曲を提供しているダレル・デライト・アランビーがペンを執ったこの曲は、90年代の作品を再現したようなシンセサイザーが主体の洗練されたトラックと、豊かな歌声を丁寧に重ね合う5人のチーム・ワークが光る良曲。個人的にはこの曲だけでもお腹いっぱいだ。

続く”Love 4 U To Like Me”は、本作からシングル・カットされた曲。ジョニー・ギルやシスコの作品にも携わっているウィーリー・モリスが携わった楽曲は、”Quiet Storm”とは打って変わって、しっとりとしたトラックとメロディを取り入れたバラード。ブライアン・マックナイトが作りそうな、切ない雰囲気のメロディのトラックの上で、肩の力を抜いたスマートな歌唱を聴かせるロマンティックな佳曲だ。路線が全く異なる2曲を乗りこなしつつ、きちんと自分達の色に染め上げる姿は、流石としか言いようがない。

それ以外にも、同じくウィリー・モリスが手掛ける”Billionaire”や、ケヴィン・マッカチョンが参加した”Baby Maker”なども絶対に聴き逃せない曲だ。前者は、ハイ・ファイブの代表曲”I Like the Way (The Kissing Game)”の2016年版といった趣の、軽快なビートと甘酸っぱいメロディが心を刺激するアップ・ナンバー。跳ねるようなビートなど、そのままの形では採用しづらい部分は、現代の機材に合わせてアレンジを変えつつ、90年代初頭に流行した明るくキャッチーなR&Bの面影はしっかり残した、懐かしさと新鮮さを感じる曲だ。一方、後者は、ファルセットを多用した、色っぽいコーラス・ワークが光るバラード。ファルセットの使い方やメロディの崩し方は、ディアンジェロの作風にも似ているけど、この曲ではそれをアクセントのレベルに留めることで、同じような方向に向かいがちなバラード曲に個性を吹き込んでいる。

もっとも、このアルバムのクライマックスは、”Only Takes One”だろう。ウィリー・モリス作の同曲は、ボーイズIIメンやジョーが歌いそうな、洗練されたメロディを、重心の低いシックなトラックが引き立てるバラード。他の曲では色々な表現を見せる彼らだが、この曲では自分達の本来の声(?)と無駄のないアレンジを使って、シンプルに纏め上げている。前作の録音時のアウトテイクといわれたら納得してしまいそうな、時代を越えて残る普遍性を感じさせる名曲だ。

本作の面白いところは、比較的若い(といっても10年選手が少なくないが)ソングライターやトラックメイカーを起用したことだろう。彼らのフィルターを通して80年代から90年代にかけて流行したR&Bを、現代のアーティストやリスナーに合わせて再構築したことで、ロマンティックなメロディや甘いコーラス、洗練された演奏を聴かせつつ、2016年の新録作品として、当時を知らない人にも楽しめるものに仕上げたことには、ただただ敬服するしかない。

実力と実績を兼ね備えたベテランならではの安定したパフォーマンスと、若いプロデューサーによって2016年の音楽に再解釈された80年代、90年代のR&B風の楽曲が揃ったことで生まれた。味わい深い佳作。当時の音楽が好きな人はもちろん、本格的なソウル・ミュージックに興味を持った初心者にもおすすめしたい。わかりやすさと聴きごたえを両立した名作だ。

Producer
Marcus Daheatmizer Devine, Wirlie Morris etc

Track List
1. Quiet Storm
2. Love 4 U To Like Me
3. Slow Grind
4. Baby Suit
5. She's The One
6. Billionaire
7. On My Mind
8. Baby Maker
9. I Love You
10. Only Takes One



Silk
Shanachie
2016-03-18

Musiq Soulchild & Syleena Johnson – 9ine [2013 Shanachie]

2001年のデビュー以来、フィラデルフィア発の次世代シンガーとして、”Just Friends(Sunny)”や”Half Crazy”などのヒット曲を立て続けに送り出してきたミュージック・ソウルチャイルド。かたやシカゴ・ブルース界の重鎮シル・ジョンソンの娘として、自身の名義でも7枚のアルバムを発表してきたシリーナ・ジョンソン。シカゴとフィラデルフィア、両都市を代表する新世代シンガーのコラボレーション作品が、2013年に発売された本作だ。

両者によるレコーディング作品での競演は、意外にもこれが初めて。だが、生バンドと機械を使ったトラックの両方に強く、ミディアム、スロー・テンポを中心にじっくりと歌い込む音楽スタイルという共通点を持っている、二人の歌の相性は想像以上に良い。そんな二人の作品は、カルヴィン・リチャードソンによるボビー・ウーマックのカヴァー集や、リーラ・ジェイムズによるエッタ・ジェイムズのカヴァー集など、本格的なソウル作品も手掛けてきたニュージャージーのシャナチー・レコードということもあり、主役の歌をじっくり聴かせるアルバムになっている。

物腰柔らかなミュージックと、逞しいシリーナの歌声を結びつけた本作の基調となるスタイルは、意外にもレゲエ。ルチアーノやジュニア・リードにもリディム(レゲエのトラックのこと)を提供している、DJフレヴァーによるトラックは、80年代の終盤、ベレス・ハモンドやウェイン・ワンダーなどの作品でよく見られた、チープな音色のシンセサイザーを使ったもので、高性能なDAWソフトが普及した21世紀の音楽に聴き慣れた耳には、新鮮に映るから面白い。レゲエのゆったりとした雰囲気と、インディー・レーベルらしいチャレンジ精神に溢れる楽曲で、2人の実力派シンガーの意外な一面を引き出している。

アルバムの看板となる”Feel The Fire”は、いかにもダンス・ホール・レゲエらしい、勇ましい雄叫びから始まるミディアム・ナンバー。いつもより色っぽいシリーナのヴォーカルが聴きどころだ。一方、ミュージックとシリーナが肩の力を抜いてゆったりと歌い上げる”Slow Love”や、まったりとしたトラックの上で、シリーナの母性を感じさせる柔らかい歌唱が光る”Pieces Of You”、のんびりとした演奏をバックに、普段の2人からは想像できない、肩の力を抜いたデュエットを披露する”Bring Me Down”など、DJフレヴァーが生み出す緩やかなビートをバックに、肩の力を張らない、リラックスした雰囲気の中で伸び伸びとソウルフルな歌声を響かせている。

作品全体を通して聞くと、少し単調に聞こえる部分もあるが、それは高い水準でまとまった本作の統一感の裏返しで、退屈さとは違うものだと思う。2人の実力派シンガーの、普段とは違う一面と、高い歌唱力が楽しめる。

Producer
Flava McGregor

Track List
1. Alright
2. Feel The Fire
3. The Hunger
4. Slow Love
5. So Big
6. Never Had
7. Pieces Of You
8. Bring Me Down
9. Promise
10. Feel The Fire (Dancehall Stylee)





9ine
Musiq Soulchild & Syleena Johnson
Shanachie
2013-09-24

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    読者登録
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ