melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

SilentPartner

Mila J - 11.18 [2017 Silent Partner Entertainment, November Reign]

クリス・ストークスの下でキャリアを積み、若いころには妹のジェネイ・アイコらと組んだガールズ ・グループ、Gyrl(ギャル)としても活動してきた、カリフォルニア州ロス・アンジェルス出身のシンガー・ソングライター、ミラJことジャミーラ・アキコ・キロンボ。

妹達に先駆けてソロに転向した彼女は、オマリオンの作品に客演するなど、着実に実績を積み上げて、モータウンとの契約を獲得。2006年には自身名義のアルバム『Split Personality』を録音する。しかし、諸事情により同作はお蔵入りとなってしまう。

だが、制作体制を仕切りなおした2014年に初のEP『M.I.L.A.』を発表すると、配信限定の作品ながら、R&Bチャートの12位に食い込む健闘を見せる。その後も、2016年に2枚目のEP『213』を発表するなど、精力的に活動していたが、セールス面では苦戦。2017年に発表された『Dopamine』はインディー・レーベルのサイレント・パートナーからのリリースになっている。

このアルバムは、同作から僅か7月という短い間隔で発表された通算4枚目のEP。彼女の誕生日をタイトルに冠し、35歳の誕生日の2日前に発売された本作は、これまでの作品以上に彼女の内面に触れた楽曲を揃えている。プロデューサーには、これまでにも多くの作品を一緒に制作していたアイ・リッチに加え、シェイ・オン・ザ・ビートが参加。全ての楽曲で彼女がソングライティングに携わった、意欲作になっている。

本作の1曲目は、アイ・リッチがプロデュースを担当した”Dirt”。オルゴールを思い起こさせる繊細な音色のトラックをバックに、切々と歌う姿が心に残るミディアム・ナンバー。ドラムの音圧を抑えて、彼女の歌声を強調したアレンジが心憎い。誰かに語り掛けるように歌うミラJの姿が、どこか物悲しく見える曲だ。

これに続く”Drifting”も、ミラJとアイ・リッチのコンビで作られた作品。レゲトンなどで使われるような、鮮やかな音色のシンセサイザーを使いながら、シックに纏め上げた伴奏が不思議な雰囲気を醸し出している。このトラックの上で、朗々と歌う姿が印象的。”Dirt”より少し速いテンポの楽曲だが、より陰鬱な空気の楽曲だ。

また、本作で唯一シェイ・オン・ザ・ビートがプロデュースを担当した”Obsessive”は重いビートとハンドクラップなどの上物を巧みに組み合わせたビートが、クリス・ストークスの手掛けたイマチュアの作風に少し似ているミディアム・ナンバー。しかし、このようなビートの上で、気だるく歌うミラJのパフォーマンスは、90年代のR&Bではあまり見ないものだ。彼女の原点に回帰しつつ、現代の音楽シーンで戦う彼女の姿勢が反映された佳曲だ。

それ以外に目を向けると、4曲目の”Low Down Dirty Shame ”は、モニカを彷彿させる、キュートだけど力強いヴォーカルを際立たせたアレンジが光るミディアム・ナンバー。ギターなどの音色を使った繊細なサウンドが光るビートを使うことで、彼女の強くしなやかな歌声の魅力を引き出している。

そして、このアルバムを締めるのは”Switching Sides Lyric”。シンセサイザーの音を重ねたトラックと、強力なエフェクトをかけたヴォーカルが幻想的な雰囲気を演出している。電子楽器を多用したビートと、メリハリをつけたメロディの組み合わせは、90年代のR&Bにも少し似ているが、彼女の妖艶な歌声と過激なエフェクトが、斬新なイメージをもたらしている。

このアルバムは、クリス・ストークスの下でキャリアを開始し、ガールズ・グループやメジャー・レーベルからのリリースなどを経験してきた彼女のキャリアを統括しつつ、現代の彼女の生き方を見据えたものになっている。トラックやメロディには、イマチュアなどが大衆を魅了していた、90年代のR&Bのスタイルが反映されているが、その一方で、当時のR&Bではあまり使われていなかった、強烈なエフェクトを使った声の加工や、気だるいヴォーカルといった演出も加わっている。このように、新旧のR&Bの手法を組み合わせ、90年代から地道に活動してきた彼女らしさが反映された音楽に落とし込んだところが、この作品の面白いところだ。

妹、ジェネイ・アイコが活躍の場を広げる中で、伸び悩んでいる印象があった彼女の底力を感じさせる良作。90年代から現代に至るまで、継続的に活動してきた彼女の持ち味が発揮された、懐かしさと新鮮さを感じる音楽だと思う。

Producer
I Rich, Shay On The Beat

Track List
1. Dirt
2. Drifting
3. Obsessive
4. Low Down Dirty Shame
5. Switching Sides Lyric




11.18 [Explicit]
SILENT PARTNER ENTERTAINMENT/NOVEMBER REIGN
2017-11-16

Mila J - Dopamine [2017 Silent Partner]

後にイマチュアを成功に導く、同郷の音楽プロデューサー、クリス・ストークスが率いるダンス・グループで音楽業界入りのチャンスを掴み、幼いころからプリンスの”Diamonds & Pearls”などのミュージック・ビデオに出演。その一方で、姉妹と結成した女性版イマチュアのガールズ・グループGyrl(ギャル)の一員としても活動してきた、カリフォルニア州ロス・アンジェルス出身の日系アメリカ人のシンガー・ソングライター、ミラJことジャミーラ・アキコ・キロンボ。

ギャルの一員としては、イマチュアのツアーに帯同したほか、グループの名義でもシングル”Play Another Slow Jam”や”Get Your Groove On”などをヒットさせている。その後、彼女はデイム・フォーという別のグループに移籍。こちらでもシングル”How We Roll”などを残している。

そんな彼女は、2000年代初頭にソロへと転向。オマリオンなどの作品に客演しながら、マーカス・ヒューストンなどが参加した初のソロ作品『Split Personality』を制作するも、諸々の事情でお蔵入りとなる。しかし、2012年にジャパロニアの名義でミックス・テープを発表。その後、自身の名義でも作品を公開し70万ダウンロードを達成するヒット作となる。

その後、彼女はモータウンと契約、2014年にメジャー・レーベル作となるEP『M.I.L.A.』をリリースする。このアルバムは、DJマスタードやK.E.オン・ザ・トラックなどが制作を担当し、B.O.B.やタイ・ダラ・サインなどがゲストとして参加し、配信限定のデビュー作とは思えない豪華なもので、全米R&B/ヒップホップ・チャートの22位に入った。また、2016年には2作目のEP『213』を発表。クリス・ストークスやマーカス・ヒューストンとともに、彼女自身もプロデュースに携わり、R&Bが好きな人の間で高い評価を受けた。

このアルバムは、前作から約1年ぶりとなる、彼女にとって3枚目のEP。インディー・レーベルのサイレント・パートナーから発売された作品だが、収録曲のほぼすべてを、彼女の楽曲に携わってきたアイリッチことイマニュエル・ジョーダン・リッチがプロデュース。ソングライティングを彼女自らが手掛けた、アーティストとしてのミラJにスポットを当てたものになっている。

アルバムのオープニングを飾る”No Fux”はピアノの演奏をバックにしっとりと歌う姿が魅力的なスロー・ナンバー。低音を強調した艶めかしい歌声が、大人の色気を醸し出している。ピアノとヴォーカルを組み合わせた本格的なバラードを最初に持っていくスタイルは、バラードの表現力で名を上げたマーカス・ヒューストンを連想させる。

これに対し、”New Crib”はシンセサイザーを多用したヒップホップ寄りのトラックと、ゆったりとしたミラJのヴォーカルが心地よいミディアム・ナンバー。バラードにヒップホップの要素を取り入れたスタイルは、トレイ・ソングスやオマリオンの音楽によく似ている。大人の色気と表現力が発揮された佳作だ。

また、ヒップホップ色の強い作品としては”Move”が面白い。トラップやクランクを取り入れた高揚感のあるトラックに、ラガマフィンを取り入れた荒々しいヴォーカルが格好良いミディアム・ナンバーだ。地声を織り交ぜたワイルドな歌唱はリル・キムやフォクシー・ブラウン、ニッキー・ミナージュといった人気女性ラッパーの手法を踏襲したものだ。ハードなヒップホップとセクシーなR&Bを混ぜ合わせるスキルが光っている。

そして、本作の収録曲でも異彩を放っているのが”Fuckboy”だ。一度発表された曲をリミックスして再リリースした、彼女の思い入れの強さを感じさせる曲。90年代のヒップホップを連想させる。古いレコードからサンプリングしたような太く温かい音色を使ったビートをバックに、軽妙なヴォーカルを聴かせるミディアム・ナンバーだ。ヒップホップの要素を取り入れたミディアム・テンポのトラックと、グラマラスなヴォーカルの組み合わせはメアリーJ.ブライジの『My Life』の収録曲を思い起こさせる。

今回のアルバムは、モータウンを離れ、気心の知れたプロデューサーと二人三脚で制作した、彼女の個性が強く反映されたアルバムだ。しかし、その作風は流行の音を適度に取り入れつつ、歌とラップを上手に使い分けた、バランスの取れたものになっている。自らが制作の主導権を握り、持ち味を存分に発揮しつつも、流行の音をしっかりと取り入れて、リスナーの心を掴むスタイルは、若いころから流行のサウンドに触れてきた彼女の本領が発揮されたものといっても過言ではないだろう。

妹、ジェーン・アイコがガラントの作品に起用されるなど、注目を集める中、経験も実績も豊富な姉の存在感をアピールした面白いアルバムだと思う。本作をきっかけに彼女が再び注目を集め、表舞台に返り咲いてくれたらいいなと思わせる、高いクオリティの作品だ。

Producer
iRich

Track List
1. No Fux
2. La La Land
3. Transform U
4. I Do Love You feat. IRich
5. New Crib
6. Lit
7. Doomed
8. Longway
9. Move
10. Fuckboy
11. Drippin
12. Body
13. Bonfire





Dopamine
SILENT PARTNER ENTERTAINMENT/NOVEMBER REIGN
2017-04-07

Marques Houston – Complete Me [2016 Silent Partner Entertainment]

1992年にイマチュア(後にIMXに改名)のリード・シンガーとしてデビュー。2003年以降はソロ・シンガーとしても6枚のアルバムを残している、ロス・アンジェルス出身のシンガー、マーカス・ヒューストン。甘酸っぱい歌声と大人びたメロディが共存したイマチュア時代から、半裸のジャケット写真が象徴するような大人の色気が漂うヴォーカリストへと脱皮を遂げた彼の、新しいアルバム『White Party』からの先行シングル『Complete Me』が配信限定で発表された。

この曲を聴いて、まず驚かされるのは、一気に豊かになった彼の声量だ。これまでの彼は、どちらかといえば線の細い、柳の枝のようにしなやかな歌声を聴かせる、セクシーな歌手という印象だった。ところが、この曲では、逞しい歌声を張り上げ、シスコ(ドゥー・ヒル)やジョーといった、2000年前後に一世を風靡した力強い歌声が魅力のバラーディアの影響が垣間見える、本格的なソウル・シンガーに成長したことがうかがえる。

また、忘れてはならないのが、大きく成長した彼の歌声の魅力を引き出している、プロデューサーのイマニュエル・ジョーダン・リッチの存在。シャナチーから発売された前作『Famous』でも辣腕を振るっていた彼は、本作でもその実力をいかんなく発揮している。

ピアノの伴奏をバックに、物悲しいメロディを歌うところから始まり、ハリウッド映画のサウンドトラックを彷彿させる重厚なオーケストレーションを挟んで、再びピアノと歌の演奏に戻る。最近のブラック・ミュージック界隈では珍しい、オーソドックスでシンプルな構成の作品だが、リッチは、それぞれの場面を主役の歌を引き立てるための道具として活用し、各場面にマーカスの見せ場を用意することで、壮大でロマンティックなバラードに仕立て上げている。

本作とはだいぶ曲調が異なるが、この曲を聴くと、シスコの”Incomplete ”や、ジョーの”Thank God I Found You”に次ぐ、名バラードをマーカスが生み出すのではないかと期待してしまう。

過去の音楽へのオマージュや、前衛音楽や実験音楽に触発された斬新な試みを行うミュージシャンが目立つ中、歌一本で勝負できるシンガーがまた一人登場した。早く新作が聴きたいなあ。

Producer
Immanuel Jordan Rich



記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    読者登録
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ