ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

Sony

Boyz II Men - Under The Streetlight [2017 MasterWorks, Sony]

これまでに6000万枚以上のレコードを売り上げ、ボーイズ・グループとしては歴代トップ10、黒人男性だけで構成されたグループとしてはジャクソン5に次ぐ2位という記録を残しているフィラデルフィア出身のヴォーカル・グループ、ボーイズIIメン。

85年に同じハイスクールに通う5人によって結成されたこのグループは、当時流行していたニュー・エディションを意識したスタイルで活動を始めると、たちまち地元で話題になる。その後、公演でフィラデルフィアを訪れていたベル・ヴィヴ・デヴォー(ニュー・エディションのメンバーで構成されたグループ)の前で演奏を披露したことをきっかけにプロへの道を歩み始め、91年にモータウンからアルバム『Cooleyhighharmony』でメジャーデビュー。アメリカ国内だけで900万枚を売り上げる大ヒットとなる。

また、翌年には映画「ブーメラン」のサウンドトラックに収録されている”End of the Road”が全米総合シングル・チャートで13週連続1位という大記録を残すと、94年にはアルバム『II』をリリース。アメリカ国内だけで1200万枚を売り上げるなど、こちらも大きな成功を収める。また、同作からシングル・カットされたシングル”I'll Make Love to You”が全米総合シングル・チャートで連続14周1位という記録を残している。

そして、95年にはマライア・キャリーとのコラボレーション曲”One Sweet Days”をリリース。この曲は全米総合シングル・チャートの1位を16週間守り抜き、2017年にルイス・フォンスイの”Despacito”が同じ記録を樹立するまで、唯一無二の記録としてその名を残した。

しかし、2000年代に入ると周囲の人々との音楽性の食い違いや、ファンから求められる音楽と自分達のスタイルのギャップなどに苦しみ、活動が停滞するようになる。

そんな中でリリースされたがこのアルバム。2014年の『Collide』以来、約3年ぶり通算12枚目のLPとなる本作では、「クラシカルで、ハーモニーを大切にしたサウンド」をコンセプトに掲げ、50年代、60年代のソウル・クラシックのカヴァーを中心に収録。ゲストとしてテイク6やブライアン・マックナイト、ジミー・マーチャントのような実力派シンガーを招いた、本格的なヴォーカル・アルバムに仕上げている。

アルバムの1曲目を飾るのは、50年代に一世を風靡したヴォーカル・グループ、フランキー・ライモン&ティーンエイジャーズが56年に発表した大ヒット曲”Why Do Fools Fall In Love”のカヴァー。今回はジミー・マーチャントを招き、10代半ばの少年たちが世に放った名曲を円熟した歌声と正確無比なハーモニーで歌い直している。シンプルな編成のバンドをバックに、ポップなメロディを軽やかに歌い上げるリード・シンガーと、息の合ったコーラス・ワークのコンビネーションが光っている。変声期前後の少年達が歌っていたオリジナルとは一味違う、老練なパフォーマンスが素敵な作品。

続く”A Thousand Miles Away ”は、ニューヨークのクイーンズ発のコーラス・グループ、ハートビートが57年にリリースした作品のリメイク。美しいコーラスに拘ったスタイルで30年以上活動し、日本にも多くのファンがいるアラバマ州ハンツビル出身のヴォーカル・グループ、テイク6とのコラボレーション。ボーイズIIメンの3人とテイク6の6人、合計9人による荘厳なコーラスが心地よいスロー・ナンバー。ソウル・ミュージックと言えば、パワフルなヴォーカルが魅力の作品が多いが、この曲では9人の高い歌唱力を活かした、緻密なコーラス・ワークで勝負している。

また、リトル・アンソニー&インペリアルズが58年に発表した”Tears On My Pillow”のカヴァーは、90年代から活躍しているバラーディア、ブライアン・マックナイトを招いた作品。この曲もオリジナルは少年グループによる録音だが、こちらはブライアン・マックナイトの滑らかな歌声を軸にした上品なバラードに纏め上げている。この曲や”Why Do Fools Fall In Love”のような、キッズ・グループの作品を、声域も技術も異なる大人が歌うのは一筋縄にはいかないが、彼らは曲に応じてコラボレーション相手を変えることで、楽曲の隠れた魅力を引き出しながら、自分達の音楽に染め上げている。

そして、本作の収録曲では唯一、女性シンガーを起用した”Anyone Who Knows What Love Is”は、ニューオーリンズ出身の歌姫、アーマ・トーマスが64年にリリースした作品のカヴァー。アメリカの 人気テレビ・ドラマ「グリー」のメルセデス・ジョーンズ役でも有名な女優のアンバー・ライリーを招き、アメリカの音楽史に残るディーヴァの作品に正面から取り組んだ、本作の収録曲では異色の録音だ。ほかの作品では見られない、パワフルな歌唱を披露する3人も素晴らしいが、若き日のアーマが降臨したような、堂々とした歌いっぷりのアンバーの存在が輝いている。彼女が担当したパートが、本作のハイライトといっても過言ではない。

今回のアルバムでは、50年代から60年代のソウル・ミュージックを数多く取り上げているが、収録曲に耳を傾けると、往年のサウンドを忠実に再現したものとも、現代風にアレンジしたものとも異なる、独創的な解釈に驚かされる。伴奏を生演奏にすることで、往年のソウル・ミュージックを彷彿させるシンプルだけど温かく、ポップでコミカルなものにまとめられている。しかし、現代のシンガーに合わせてヴォーカルは艶やかで洗練されたものになっているのは、2017年に本作をリリースする彼らのバランスが発揮されたものといっても過言ではないだろう。

その実力で、ポピュラー・ミュージック界に多くの足跡を残してきたヴォーカル・グループが、豊かな経験と高い技術をフルに活かして、自分達のルーツ・ミュージックに取り組んだ意欲作。今時のR&Bやヒップホップが好きな人にこそ聴いて欲しい、それぞれの時代に個性豊かな作品を残してきた、黒人音楽の世界の一端を垣間見れる面白いアルバムだと思う。

Track List
1. Why Do Fools Fall In Love feat. Jimmy Merchant
2. A Thousand Miles Away feat. Take 6
3. Stay
4. I Only Have Eyes For You
5. Up On The Roof
6. I’ll Come Running Back To You feat. Brian McKnight
7. Tears On My Pillow feat. Brian McKnight
8. A Sunday Kind Of Love feat. Brian McKnight
9. Anyone Who Knows What Love Is feat. Amber Riley
10. Ladies Man



a

Under the Streetlight
Masterworks
2017-10-20

Wyclef Jean - Carnival III:The Fall And Rise Of A Refugee [2017 Heads Music, Legacy]

ローリン・ヒルやプラス・ミッチェルと結成したヒップホップ・グループ、フージーズとして93年にアルバム『Blunted on Reality』でメジャー・デビュー。中南米やアフリカの音楽を取り入れた独特のスタイルで注目を集め、1996年にリリースした2作目『The Score』はアメリカ国内だけで600万枚も売れた大ヒット作となった、ハイチ共和国のクロワ・デ・ブーケ生まれ、アメリカのニューヨーク育ちのラッパー、ワイクリフ・ジョン。

また、ソロ・アーティストとして2016年までに7枚のフル・アルバムを発表し、プロデューサーとしても、サンタナの『Supernatural』やデスティニーズ・チャイルドの”No No No”を手掛けるなど、多くのヒット作を残している。

このアルバムは、今年の2月にリリースしたEP『J'ouvert』以来7か月ぶり、フル・アルバムとしては2009年の『From the Hut, To the Projects, To the Mansion』以来8年ぶりとなる新作。自身のレーベル、ヘッズ・ミュージックが制作、フージーズや彼のソロ作品を取り扱ってきたソニー系列のレガシーが配給を担当している。

本作の収録曲で、最初に目を惹くのが3曲目の”Borrowed Time”だ。フレンチ・モンタナなどの作品を手掛けているアルベルト・ヴァッカリーノが共同プロデューサーとして参加した曲。シンセサイザーを使ったシンプルなトラックの上で、ラッパーらしい硬い声で淡々と歌ったアップ・テンポの作品。音数を絞った伴奏としなやかで流れるようなメロディのおかげで、カリブ海の音楽の要素を取り入れつつも洗練された印象を与える良曲だ。

だが、一番の目玉は、その次に収められている本作からの先行シングル”Fela Kuti”だろう。アフリカの民族音楽とアメリカの黒人音楽を融合した、アフロ・ビートというスタイルで音楽の歴史に名を残したナイジェリア出身のミュージシャン、フェラ・クティの名を冠したこの曲は、ドレイクの”Ice Melts”などを作ったスーパー・マリオ(この名前も凄い)のプロデュース作。華やかな打楽器の音色が心を掻き立てるアップ・テンポのトラックが格好良い。カリブ海に浮かぶ島国ハイチ出身のワイクリフだが、同地にもカリプソのような明るくキャッチーなビートが魅力の音楽が沢山あるので、違和感はあまりない。ルーツ・ミュージックを咀嚼して現代の音楽のように聴かせる、ワイクリフの持ち味が発揮されている。

一方、この曲とは違う意味で目立っているのが、エレクトロ・ミュージックの分野で有名なプロダクション・チーム、ザ・ノックスが制作に携わり、マイアミ出身のラッパー、ランチマネー・ルイスがゲスト・ミュージシャンとして参加した”What Happened To Love”だ。四つ打ちのビートにバキバキというシンセサイザーの伴奏を組み合わせたEDMのトラックに乗せて、朴訥とした声を響かせるダンス・ナンバー。ヴォーカル曲も多いワイクリフだが、この曲ではメロディ部分のラップを担当、サビをランチマネー・ルイスが歌っている。EDMの要素を取り入れたり、サビの部分をゲストのラッパーに歌ってもらったりと、色々な工夫を凝らすことで、新しい取り組みを自分の音楽に纏め上げる彼のコーディネート技術が光っている。

もちろん、それ以外の曲には従来の作風を踏襲した曲もたくさんある。例えばテディ・ライリーを招いた”Trapicabana”では、ギターなどの楽器の音色と、コンピューターを使ったヒップホップのビートを組み合わせて、ソウル・ミュージックの温かい雰囲気と、ヒップホップやR&Bの現代的な雰囲気を一つの作品に同居させている。このようなアコースティック楽器と電子楽器を共存させたサウンドは、彼の真骨頂と言ってもいいだろう。

今回のアルバムは『J'ouvert』から間を挟まずにリリースされた作品だが、彼の音楽は過去の作品を踏襲しつつ、今までの作品以上に新しいスタイルを積極的に取り入れている。EDMやアフロ・ビートを取り入れたのは、その最たるものだが、どれだけ新しい音を取り入れても、一聴しただけで「彼の音」とわかるのは、カリブ系の音楽やソウル・ミュージックなど色々な音楽の要素が混ざり合った、彼のスタイルがベースになっているからだろう。

往年のソウル・ミュージックや中南米の音楽など、色々なジャンルの音楽を混ぜ合わせ一つにすることで、唯一無二の音楽性を確立した、彼のスタイルを2017年仕様にアップ・デートした佳作。アメリカの豊かな音楽を基本にしつつ、新曲を発表するたびに新しい音を取り込んできた、彼の個性が遺憾なく発揮されていると思う。

Producer
Wyclef Jean, Madeline Nelson, Alberto Vaccarino, Supah Mario, The Knocks etc

Track List
1. Slums feat. Jazzy Amra, H1DaHook Marx Solvila
2. Turn Me Good
3. Borrowed Time
4. Fela Kuti
5. Warrior feat. T-Baby
6. Shotta Boys feat. STIX
7. Double Dutch feat. D.L. Hughley, Eric Nimmer
8. What Happened To Love feat. Lunch Money Lewis, The Knocks
9. Carry On feat. Emeli Sandé
10. Concrete Rose feat. Hannah Eggan, Izolan
11. Trapicabana feat. Riley
12. Thank God For The Culture feat. Marx Solvila, J’Mika, Leon Lacey






Fifth Harmony - Fifth Harmony [2017 Sony]

イギリスの人気オーディション番組「Xファクター」のアメリカ版に出場したアリー・ブルック、ノーマン・コーディ、ローレン・ハウレギ、ダイナ・ジェーン、カミラ・カベロの5人からなるガールズ・グループ、フィフス・ハーモニー。

2013年にリリースした初のEP『Better』が全米総合チャートを6位に入り、同作からのシングル曲”Miss Movin’ On”がゴールド・ディスクを獲得するなど、幸先のいいスタートを切った彼女達は、2015年に1枚目のフル・アルバム『Reflection』を発表。全米チャートの5位をはじめ、カナダとニュージーランドで8位に入るなど、各国のヒット・チャートにその名を刻んできた。その後も、2016年に発売した2枚目のアルバム『7/27』が複数の国のヒット・チャートでトップ10圏内に入るなど、アメリカを代表するガールズ・グループへの道を、着実に登って行った。

このアルバムは、グループにとって3枚目となるLP。2016年の終わりにカミラ・カベロがグループを脱退して、4人組として再スタートを切った彼女達にとって初めてのアルバムとなる。

アルバムに先駆けて発売されたシングル曲”Down”は、ビヨンセやジェイソン・デルーロの作品も手掛けている、ボルティモア出身のプロデューサー、アモことジョシュア・コールマンが制作を担当。チャッキー・トンプソンやドリームが作りそうな、シンセサイザーの音色を多用した爽やかなトラックと彼女達のキュートな歌声が印象的なアップ・ナンバー。軽快なビートとメロディを軸にしながら、曲の途中に挟み込まれたグッチ・メインのラップ・パートでトラックを変えるなど、随所に凝った演出を盛り込んでいる。

続く、もう一つのシングル曲”He LIke That”も、アモのプロデュース作品。こちらは、80年代のウェイン・ワンダーやUB40を思い起こさせる、ゆったりとしたトラックと軽妙なメロディが心地よいレゲエ風ナンバー。可愛らしい歌声の合間に、地声を使った力強い歌唱を挟み込むことで、楽曲に起伏を付けている。オーディション番組で鍛えられた彼女達らしい、豊かな表現力と親しみやすさが光る曲だ。

一方、エレクトロ・ミュージックのプロデューサー、スカイレックスと、アッシャーやクリス・ブラウンなどの楽曲に携わってきたプー・ベアのコンビによる”Angel”は、プー・ベアもペンを執ったアッシャーの”Burn”を連想させるチキチキ・ビートが印象的なミディアム・ナンバー。奇抜な楽曲を作ることが多いスカイレックスだが、この曲ではジャーメイン・デュプリを連想させる、シンセサイザーを多用したチキチキ・ビートに近いものを提供。彼女達の溌剌としたヴォーカルを引き立てている。2000年代前半にアッシャーやマライア・キャリーが発表していたような、親しみやすいメロディのR&Bが、現代のクリエイターのフィルターを挟むと新鮮に聴こえるのは面白い。

そして、もう一つ見逃せない曲が、ドリームラブが手掛けた”Messy”だ。セレーナ・ゴメスやニッキー・ミナージュなどに楽曲を提供してきたポップス畑の作家が用意したのは、甘酸っぱいメロディとそれを引き立てるシンプルなアレンジが光るミディアム・バラード。グラマラスな歌声や艶めかしいパフォーマンスは、”Touch My Body”などの楽曲でセクシーなヴォーカルを披露していたマライア・キャリーを彷彿させる。最年長のアリソンでさえ24歳と、全員が20代前半のグループとは思えない、大人っぽい歌唱が魅力的だ。

カミラの脱退を経た後の作品だが、各人の歌唱力がレベルアップしたこともあり、パワー・ダウンした印象はない。むしろ、経験を積んで各メンバーの個性が際立つようになり、メンバーの個性とグループとしての一体感を両立した音楽が増えたようにも思える。

デスティニーズ・チャイルドやTLCなどが活動を休止、もしくは縮小し、アメリカのポップス市場からガールズ・グループの存在感が薄れていく中、唯一無二の存在となりつつある彼女達の持ち味が遺憾なく発揮されている。TLCやスパイス・ガールズのように、世界を股にかける存在になると思わせる、高いスター性とヴォーカル・スキルが楽しめる佳作だ。

Producer
Ammo, DallasK, Poo Bear, Skrillex etc

Track List
1. Down feat. Gucci Mane
2. He LIke That
3. Sauced Up
4. Make You Mad
5. Deliver
6. Lonely Night
7. Don't Say Love Me
8. Angel
9. Messy
10. Bridges





Fifth Harmony
Fifth Harmony
Epic
2017-08-25

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ