melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

Sony

Aretha Franklin - Sings The Great Diva Classics [2014 RCA, Sony]

力強い歌声とダイナミックな表現で、クイーン・オブ・ソウルと呼ばれ、1987年には女性初のロックの殿堂入りを果たしたアレサ・フランクリン。

メンフィス生まれ、デトロイト育ちの彼女は、高名な牧師である父と、有名なゴスペル歌手の母(ただし、彼女はアレサとは別居していた)を両親に持っていたこともあり、幼いころから頻繁に教会で歌っていた。

そんな彼女は、1961年にコロンビア・レコードからレコード・デビューを果たすが、当初はジャズやポップスなど、様々なスタイルに取り組んでいた。

そんな彼女の転機になったのは、1966年のアトランティック・レコードへの移籍。同社を率いるジェリー・ウェクスラーは、彼女の並外れたスケールのヴォーカルに着目し、その魅力を引き出す重厚なソウル・ミュージックに力を入れるようになる。

1967年の移籍第一弾アルバム『I Never Loved a Man the Way I Love You』が、ゴールド・ディスクを獲得するヒット作となった彼女は、その後も多くの作品を発表。今も多くのシンガーに歌い継がれ、2018年にはアカデミー賞を獲得したチリ映画「ナチュラル・ウーマン」でも使われた”(You Make Me Feel Like) A Natural Woman”を収めた『Lady Soul』や、ポール・マッカートニーが彼女に歌ってもらうことを念頭に制作したという、ビートルズの”Let It Be”のカヴァーを含む『This Girl's in Love with You』など、多くの名作を録音してきた。

このアルバムは、2012年の『Aretha: A Woman Falling Out of Love』以来となる、彼女の通算41枚目のスタジオ・アルバム。また、彼女にとって、生前最後に録音されたスタジオ作品でもある。

本作では、エッタ・ジェイムスやグラディス・ナイトといった、彼女とともに60年代の音楽シーンを盛り上げてきたアーティストの作品から、アリシア・キーズやアデルといった、親子ほどの年の差がある現代のミュージシャンまで、新旧の人気女性シンガーの楽曲をカヴァー。プロデュースはクライヴ・デイヴィスやベイビーフェイスといったヴォーカル作品に強い人から、アンドレ3000のような個性派まで、バラエティ豊かな面々が担当している。

1曲目は、エッタ・ジェイムスが60年に発表した”At Last”。2008年の映画「キャデラック・レコード」でビヨンセがカヴァーし、同じ年にはバラク・オバマの大統領就任記念イベントで歌われたことで、幅広い年代の人に知られるようになったバラードだ(余談だが、エッタ・ジェイムスは自分の代表曲を他の人が大統領の就任記念イベントで歌ったことに激昂したらしい)。

ベイビーフェイスがプロデュースした今回のカヴァーは、オーケストラや管楽器を盛り込んだ上品な伴奏が印象的。緩急、強弱とも振れ幅が大きく、高い歌唱力が求められる楽曲をしっかりと歌い切っているのは流石としか言いようのない。オーケストラの繊細な音を活かしつつ、ヴォーカルの良さを引き立てるベイビーフェイスの制作技術も凄い。

続く”Rolling In The Deep ”は、本作の収録曲では最も新しい、アデルの2011年の楽曲のカヴァー。ロック色の強いアデルの作品の良さを生かした、荒々しい演奏とパワフルなヴォーカルの組み合わせが強く心に残る。武骨な演奏とゴスペルを連想させる分厚いコーラスを組み合わせたアレンジは、粗削りで泥臭いサウンドが魅力の60年代のサザン・ソウルに通じるものがある。曲中でさりげなくマーヴィン・ゲイ&タミー・テレルの”Ain't No Mountain High Enough”を挟み込む演出も気が利いている。

また、グロリア・ゲイナーが78年にリリースしたディスコ・クラシックを歌った”I Will Survive”は、ジャズ畑のハーヴィー・メイソンJr.とハウス・ミュージックに強いテリー・ハンターがプロデュースを担当。洗練されたバック・トラックの上で、楽曲の優雅な雰囲気を守りつつ、パワフルな歌声を響かせる姿が聴きどころ。アレサを含め、多くのシンガーを苦しめていたディスコ音楽だが、この時点のアレサは、完全に自分の音楽にしている。余談だが、曲の途中で「Survivor」に引っ掛けて、デスティニーズ・チャイルドの”Survivor”のフレーズを挟み込む演出は、2曲の音楽性の違いを感じさせないアレンジも含め非常に面白い。

そして、個人的に面白いと思ったのが、アリシア・キーズが2007年に発売した”No One”のカヴァー。元々レゲエ色の強い楽曲を、より緩く、明るい音色を多用した演奏で本格的なレゲエ作品としてリメイクしている。アレサのような力強く、雄大な歌唱が魅力の歌手と、ゆったりとした雰囲気のレゲエは、あまり相性が良くないが、彼女は起用に乗りこなしている。プロとしてのキャリアも半世紀を超え老練なパフォーマンスを身に着けた彼女の演奏が堪能できる。

今回のアルバムの良いところは、原曲の魅力とアーティストの個性を絶妙なバランスで融合していることだ、エッタ・ジェイムスやグロリア・ゲイナー、アデルといった新旧の名シンガーが世に送り出した名曲を、原曲の良さを損ねることなく、自分の音楽に染め上げている。原曲を忠実になぞるわけでも、独創的なアレンジを聴かせるわけでもなく、大ベテランの経験を活かして、丁寧に歌い込む手法が本作の良さを生み出している。

アレサ・フランクリンという唯一無二の名歌手と、彼女を支える名プロデューサー達の技術によって、ソウル・ミュージックの可能性を広げた傑作。歌い手や演奏者の数だけ、色々な表情を見せるヴォーカル曲の醍醐味が堪能できる傑作だ。

Producer
André "3000" Benjamin, Antonio Dixon, Aretha Franklin, Clive Davis, Kenny "Babyface" Edmonds, Harvey Mason, Jr. etc

Track Listt (括弧内は原曲を歌ったアーティスト)
1. At Last (Etta James)
2. Rolling In The Deep (Adele)
3. Midnight Train To Georgia (Gladys Knight & the Pips)
4. I Will Survive (Gloria Gaynor)
5. People (Barbra Streisand)
6. No One (Alicia Keys)
7. I’m Every Woman (Chaka Kahn & Whitney Houston) / Respect (Aretha Franklin)
8. Teach Me Tonight (Dinah Washington)
9. You Keep Me Hangin’ On (The Supremes)
10. Nothing Compares 2 U (Sinead O'Connor)






CHEMISTRY – Heaven Only Knows/13ヶ月 - EP [2018 Sony]

2001年に、100万枚以上を売り上げたシングル”Pieces of Dream”で華々しいデビューを飾った、日本発の二人組男性ヴォーカル・グループ、ケミストリー。

モーニング娘。などを輩出した、テレビ番組「ASAYAN」の「男子ヴォーカリストオーディション」(余談だが、同企画の最終選考には、後にEXILEで活躍するATSUSHIやNESMITHの名前もあった)を勝ち上がった、東京都出身の川畑要と、広島県出身の堂珍嘉邦の二人からなるこのグループ。彼らは、各人の実力の高さと、デュオになったときに発揮される化学反応から、プロデューサーの松尾潔によってケミストリー(=化学反応)と名付けられた。

同年には初のスタジオ・アルバム『The Way We Are』を発売。300万枚を売り上げ、男性ヴォーカル・グループのデビュー・アルバムの最多セールスを記録し、年末の紅白歌合戦にも出場。翌年には日韓共催の2002年FIFAワールド・カップの公式テーマ・ソング”Let's Get Together Now”をリリース。名実ともに、日本を代表するヴォーカル・グループとして知られるようになった。

その後も、様々なプロデューサーを起用しながら、多くの楽曲を発表。日本のポピュラー・ミュージックを好む堂珍と、欧米のヒップホップやR&Bに傾倒する川畑の個性が絶妙なさじ加減で混ざりあった、日本人好みの美しいメロディとヴォーカルが魅力的な作品を残してきた。

本作は、2017のシングル”Windy/ユメノツヅキ”以来となる、彼らの36枚目のシングル。前作に引き続き、彼らの可能性を見出し、一流のアーティストに育て上げた、松尾潔がプロデュースと作詞を行っている。

1曲目の”Heaven Only Knows”は、”Let's get together now”などを制作した川口大輔が作曲を担当。ドラムを軸としたシンプルなトラックと、しなやかなメロディが心に残るアップ・ナンバーだ。流麗なメロディに豊かな表情を吹き込む二人のヴォーカルが聴きどころ。ヴォーカルを引き立てる洗礼されたトラックとスタイリッシュなメロディは、彼らのデビュー曲”Pieces of Dream”にも通じるものがある。

続く”13ヶ月”は、オーディションの最終選考の課題曲”最後の夜”のアレンジや、彼らの人気曲”You Go Your Way”の作曲を手掛けた豊島吉宏が作曲に参加したバラード。良曲の路線を引き継ぐ、しっとりとしたメロディが印象的な作品。

そして、本作の隠れた目玉が70年代、80年代のディスコ音楽を現代のクラブ・ミュージックと融合した作風で注目を集めている、八戸出身のクリエイター、T-Grooveがリミックスを担当した”Heaven Only Knows”だ。跳ねるようなベースの演奏や軽快にリズムを刻むギター、軽やかなパーカッションの音色が心地よいダンス・ナンバーだ。シンセサイザーを効果的に使った尖ったアレンジの多いT-Grooveの仕事では珍しい、生演奏の柔らかい音色を活かしたトラックは、山下達郎の”Sparkle”のような、ロックやソウル・ミュージック、歌謡曲の要素が程よく入り混じった、親しみやすさとお洒落な作品になっている。日本のレコード会社が制作したディスコ音楽のコンピレーション・アルバムを監修するなど、ディスコ音楽を中心に、色々な音楽に造詣が深いT−Grooveの持ち味が遺憾無く発揮された名リミックスだ。

本作から強く感じるのは、メロディや歌声を大切にするメンバーとプロデューサーの松尾潔氏の音楽への思い入れだ。音楽ライターからキャリアをスタートし、「美メロ」という言葉を生み出して、美しいメロディと、楽曲の魅力を引き出すシンガー達にスポットを当ててきた松尾氏らしい、美しいメロディと楽曲の世界観を引き立てるリリック。それを歌うシンガーの豊かな表現力が合わさった楽曲は、彼が90年代から紹介してきたルーサー・ヴァンドロスやR.ケリーのような、メロディが魅力のアメリカのR&Bを彷彿させる。また、そこに日本のポピュラー音楽が原点の堂珍と、アメリカのヒップホップを愛聴してきた川畑の解釈が加わることで、アメリカの歌手とは一味違う、彼ら独自の音楽になっている。この絶妙なバランスが、彼らの音楽の面白いところだろう。


三者の個性と、細部にまで心を配った曲作り、大胆かつ丁寧なヴォーカルが光る良作。80年代や90年代の黒人音楽が好きな人には懐かしい、現代の斬新なサウンドのR&Bに慣れ親しんだ人には新鮮に聴こえると思う。

Producer
松尾潔

Track List
1. Heaven Only Knows
2. 13ヶ月
3. Heaven Only Knows (T-Groove Remix)
4. Heaven Only Knows -Instrumental-
5. 13ヶ月 -Instrumental-






The Carters - Everything Is Love [2018 Roc Nation, Parkwood Entertainment, Sony Music]

総合エンターテイメント企業のロック・ネイションや、音楽ストリーミング・サービスのTIDALなどを経営しながら、コンスタントに新作を発表し、ヒップホップ界をけん引する、ジェイZことショーン・カーター。2003年に初のソロ・アルバム『Dangerously in Love』を発表して以来、稀代の名シンガー、エッタ・ジェイムスを演じきった映画「キャデラック・レコード」や、ストリーミング限定(後にダウンロード版やCD盤も発売)した『Lemonade』など、新しいことに挑戦し、成功してきた、ビヨンセことビヨンセ・ジゼル・ノウルズ-カーター。

このアルバムは、21世紀の音楽業界で最も成功している夫婦による、初のコラボレーション作品。

これまでにも、ビヨンセの”Crazy In Love”や”Déjà Vu”などで共演してきた二人だが、アルバム1枚を一緒に録音するのは今回が初。事前のプロモーションをほとんど行わず、『Lemonade』に続いてTIDALで先行配信されるなど、斬新な試みに挑んできた彼女達らしい作品になっている。

本作に先駆けて公開された”Apeshit”は、ファレル・ウィリアムスがプロデュースした楽曲。使われている楽器の音色こそ、ファレルが多用するシンセサイザーのものだが、彼が提供したビートはミーゴスグッチ・メインのアルバムに入っていそうなトラップ。その上では、ラップのような抑揚を抑えたメロディを歌うビヨンセと、普段通りのダイナミックなラップを繰り出すジェイZという、今までの作品ではなかったタイプのパフォーマンスを披露している。トラップのビートを取り入れているからか、ファレルのプロデュース作品にも関わらず、彼のかわりにミーゴスのクェーヴォとオフセットがコーラスで参加している点も新鮮だ。

これに対し、TLCメアリーJ.ブライジの作品にも携わっているD’マイルと、アーティストとソングライターの両方で活躍しているタイ・ダラ・サインを起用した”Boss”は、ヒップホップの要素を取り入れたスロー・バラード。タイ・ダラ・サインの端正なコーラスは、ヨーロッパの教会音楽にも少し似ている。ビヨンセのヴォーカル・パートは、滑らかなメロディとラップを組み合わせたもの。近年流行のスタイルを、自分の音楽に咀嚼したパフォーマンスに注目。

一方、ジェイZのラップに重きを置いた”713”はクール&ドレがプロデュースを担当。威圧的にも感じるキーボードの伴奏が印象的なビートに乗せて、パンチの効いたパフォーマンスを繰り出すジェイZの姿が聴きどころ。キーボードの伴奏を強調したトラックに引っ掛けて、Dr.ドレの”Still Dre”やコモンの”The Light”などのフレーズを引用した点も面白い。

それ以外では、内田裕也やジョー山中が在籍していた日本のサイケデリック・バンド、フラワー・トラベリング・バンドの”"Broken Strings”をサンプリングした”Black Effect”も見逃せない。昔のレコードから、ヴォーカルや楽器の演奏など、様々なフレーズを抜き出して組み合わせる手法は、ヒップホップではお馴染みのものだが、サンプルの組み合わせ方を変えることで新しい音楽に聴かせている。

本作の面白いところは、既に多くのアーティストが取り組んできた手法を用いながら、他の作品とは一線を画した独自の音楽に仕立て上げているところだろう。歌とラップを組み合わせる手法やサンプリング、トラップといった、流行のスタイルを盛り込みつつ、少し変化をつけることで、独自性を打ち出している。この引用とアレンジのセンスの良さが、二人の音楽の醍醐味だ。

音楽業界のトップをひた走る二人の、鋭い感性と作品に落とし込む技術が光る良作。「ヒップホップはみんな同じ」と思っている人にこそ聴いてほしい、流行のサウンドを用いながら、他のアーティストとは一味違う新鮮に聴こえるセンスと技術が楽しめると思う。

Producer
Beyoncé, Jay-Z, Cool & Dre, Pharrell Williams, D'Mile etc

Track List
1. Summer
2. Apeshit
3. Boss
4. Nice
5. 713
6. Friends
7. Heard About Us
8. Black Effect
9. Lovehappyt
t


EVERYTHING IS LOVE [Explicit]
Parkwood Entertainment/Roc Nation
2018-06-18


記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ