ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

Sony

Misia - MISIA SOUL JAZZ SESSION [2017 Ariola, Sony]

1998年にシングル”つつみ込むように...”でメジャー・デビューすると、レコード店やラジオなどを中心に大ブレイク。同年に発表された初のアルバム『Mother Father Brother Sister』は250万枚を売り上げるヒット作になり、宇多田ヒカルや小柳ゆきともに、日本にR&Bブームを巻き起こした、長崎出身のシンガー・ソングライター、ミーシア。

その後も、”Everything”や”眠れぬ夜は君のせい”などのヒット曲を送り出す一方、2010年の南アフリカ・ワールド・カップでは”MAWARE MAWARE ”をオフィシャル・ソングとして提供。2017年に入ってからも、映画「シング」の日本語吹替え版で、内気な象の少女ミーナ役を担当し、劇中ではスティーヴィー・ワンダーの”Don't You Worry 'bout a Thing”などを歌い上げるなど、「歌」がメイン・テーマの同作を盛り上げた。

このアルバムは、2016年の『Love Bebop』以来、約1年半ぶりの新作。2016年に『Blue Note Jazz Festival in Japan 』で共演したトランペッターの黒田卓也を迎えて制作された、彼女にとってソウル・ジャズ・アルバム。実力に定評のある面々を揃えた、黒田率いるバンド・メンバーの演奏をバックに、彼女の持ち味であるパワフルなヴォーカルと豊かな表現力を惜しげもなく披露している。

アルバムのオープニングを飾るのは、99年にリリースされたシングル曲”BELIEVE”。彼女自身が作詞を、佐々木潤が作曲を担当したミディアム・ナンバーのリメイクは、原曲よりも重くゆったりとしたビートの上で、じっくりと歌い込む姿が印象的だ。年齢を重ねても声量や表現力が安定している点も驚きだが、オリジナルに比べて一つ一つの言葉を丁寧に歌う緻密さが増した点も見逃せない。華やかなホーン・セクションやキーボードの伴奏も、彼女のグラマラスな歌声の良さを引き出している。

続く”来るぞスリリング”は、本作が初出の新曲。キヨシが作詞、林田健司が作曲したこの曲は、ジャズ・ギタリストとしても活躍しているラウル・ミドンがゲスト参加したアップ・ナンバー。勇壮なホーン・セクションや荒々しいパーカッションを響かせるバック・バンドが格好良い、ラテン色の強い曲だ。ダイナミックな演奏にあわせて、緩急を効かせた歌声を響かせるミーシアの存在感が光っている。日本人の琴線を突く歌謡曲のメロディと、インコグニートを彷彿させるジャズやソウルが融合したサウンド、そしてミーシアの豊かな表現力が合わさった名演だと思う。

また、テレビゲーム「信長の野望・大志」のテーマ曲として作られた新曲”運命loop” は”来るぞスリリング”と同じキヨシ&林田健司のコンビが手掛けた作品。インコグニートを思い起こさせるジャズとソウルが融合したサウンドは”来るぞスリリング”とよく似ているが、こちらは明るく洗練された雰囲気の曲。戦国時代を舞台にしたテレビ・ゲームのテーマ曲だが、曲調は現代のUKソウルっぽい。マーカス・ミラーの演奏がソウルフルなアレンジを引き立てている点も見逃せない。

それ以外の曲では、甲斐バンドが77年に発表した”最後の夜汽車”のカヴァーが面白い。しっとりとしたメロディの歌謡バラードを、なめらかでふくよかな歌声を駆使して丁寧に歌い上げている。ビートは抑え気味の、ヴォーカルを強調したアレンジだが、歌謡曲っぽさはあまり感じない。上田正樹やオリトのような、黎明期のジャパニーズR&Bにも通じる、絶妙なバランスが光る佳曲だ。

今回のアルバムでは、彼女のヒット曲から往年の名曲のカヴァーまで、色々なタイプの演奏を収録しているが、散漫な印象は感じられない。彼女の高い歌唱力や、黒田卓也を中心としたバンド・メンバーの絶妙なアレンジ技術も大きいと思うが、それ以上に大きいのは、彼女の代表曲に多い壮大なスケールのバラードが収録されていないことだと思う。バラード自体は取り上げているものの、「キャリア発のソウル・ジャズ・アルバム」という本作のコンセプトに合致したものに留め、手を広げすぎなかったことが本作に統一感を与えているのだと思う。

高い歌唱力を活かしつつ、本格的なバンド・サウンドを取り入れることで、成熟した大人向けのソウル・ミュージックに仕立て上げた傑作。海外産のポップスを愛聴している人には日本産の音楽のレベルの高さを、邦楽が好きな人には、音楽の世界の奥深さを教えてくれる、魅力的なアルバムだと思う。

Track List
1. BELIEVE
2. 来るぞスリリングfeat.Raul Midon
3. 真夜中のHIDE-AND-SEEK
4. 運命loop feat.Marcus Miller
5. オルフェンズの涙
6. It's just love
7. The Best of Time
8. 陽のあたる場所
9. 最後の夜汽車





MISIA SOUL JAZZ SESSION
MISIA
アリオラジャパン
2017-07-26

Various Artist - Despicable Me 3: Original Motion Picture Soundtrack [2017 Columbia, Sony]

90年代以降、プロダクション・チーム、ネプチューンズの一員として多くのヒット曲を送り出し、2014年には各国のヒット・チャートを制覇したシングル”Happy”を含むアルバム『GIRL』が大ヒット。2016年には映画「Hidden Figures(邦題:ドリーム)」の音楽を手掛けている、シンガー・ソングライターのファレル・ウィリアムス。2017年に入ってからも、サンダーキャットの”The Turn Down”や、カルヴィン・ハリスの”HeatStroke”など、多くのヒット作に携わっている彼にとって、約1年ぶりとなる自身名義での新作。

「Despicable Me」は、「怪盗グルー・シリーズ」として知られるアメリカの人気アニメーション映画。 ファレルはスピンオフ作品の「ミニオンズ」を除く、同シリーズの全ての作品に楽曲を提供しており、彼の代表曲である”Happy”も、元々は2013年に公開された「怪盗グルーのミニオン危機一髪」のサウンド・トラックに収められていたものだった。

本作は、同シリーズの3作目「怪盗グルーのミニオン大脱走」のサウンドトラック。ファレルはこのアルバムで、マイケル・ジャクソンの”Bad”などの既発曲と、ミニオンズによるキャラクター・ソングを除くほぼ全ての曲を制作している。

アルバムに先駆けて公開された”Yellow Light”は、ネプチューンズがバスタ・ライムズに提供した”What It Is”を連想させる、ピコピコという電子音が印象的なミディアム・ナンバー。80年代のゲーム音楽のようなトラックをバックに、軽快な歌声を聴かせるファレルの姿が光っている。曲の途中でビートを変える演出は、ヒップホップとポップスの両分野で活躍してきたファレルらしいものだ。

それ以外の曲では、本作で悪役、バルタザール・ブラットを演じているトレイ・パーカー(日本でもヒットしたコメディ・アニメ「サウスパーク」の作者としても有名だ)とのコラボレーション曲”Hug Me”も気になるところだ。歌手の経験もあるトレイだけあって、ファレルの作る奇抜な曲もきちんと乗りこなしている。劇中と同じ声色で歌っているのかは未確認だが、両者の持ち味が発揮されたポップ・ナンバーだと思う。

一方、ファレルのソロ曲である”Doowit”は、”Happy”を彷彿させる躍動感溢れるトラックと軽妙なメロディが印象的なアップ・ナンバー。本作には”Bad”や”Take On Me”など、ポップスの名曲が数多く収録されているが、それらの流れを汲んだ楽しくキャッチーな曲だ。

また、今年の5月に亡くなった伝説のロック・ミュージシャンから名前を貰った”Chuck Berry”は、ファレルの得意なサウンドを使いつつロックンロールに挑戦した、本作でも異色の楽曲。ゴム毬のように跳ねるビートを核に据え、女性コーラスや太いエレキギター、ホーンの音色やハンド・クラップなどを組み合わせて、ポップでダイナミックなロックンロールの雰囲気を再現した作風は新鮮だ。R&Bやヒップホップで使われる機材で、多彩な楽曲を生み出すセンスは流石としか言いようがない。

今回のアルバムはアニメーション映画のサウンド・トラックだが、子供向けの音楽という印象は感じられない。N.E.R.D.や自身名義の作品では、ヒップホップやR&B、ソウル・ミュージックをベースにしながら、多彩なアレンジを施した楽曲で私達を楽しませてきたファレルだけあって、本作のポップな世界観にマッチしつつ、楽曲単体でも十分に楽しめる素晴らしい音楽を作り上げている。このセンスと技術が、彼を音楽業界のトップに導いたのだろう。

ポピュラー・ミュージック界の鬼才が、その能力を遺憾なく発揮した佳作。子供から大人まで、あらゆる年代の人にブラック・ミュージックの魅力を伝えてくれそうだ。

Producer
Pharrell Williams etc

Track List
1. Yellow Light - Pharrell Williams
2. Hug Me - Pharrell Williams & Trey Parker
3. Bad - Michael Jackson
4. Take On Me - A-Ha
5. Papa Mama Loca Pipa - The Minions
6. There's Something Special - Pharrell Williams
7. Tiki Tiki Babeloo - The Minions
8. Freedom - Pharrell Williams
9. Doowit –Pharrell Williams
10. 99 Luftballons - Nena
11. Into The Groove - Madonna
12. Chuck Berry - Pharrell Williams
13. Fun, Fun, Fun - Pharrell Williams
14. Despicable Me - Pharrell Williams
15. Despicable Me 3 Score Suite - Heitor Pereira
16. Malatikalano Polatina - The Minions






Despicable Me 3
Various
DESPICABLE ME 3
2017-06-23

TLC - TLC [2017 852 Musiq, Sony Music Red, Warner, Cooking Vinyl]

1992年、ニュー・ジャック・スウィングを取り込んだダイナミックなサウンドと、個性的な歌声を持つT-ボスとチリのヴォーカル、そして、レフト・アイのエネルギッシュなラップが一つの音楽の中で炸裂したダンス・ナンバー”Ain't 2 Proud 2 Beg”で、華々しいデビューを飾り、続く”Baby-Baby-Baby”では一転、ロマンティックなバラードを披露してR&Bチャートを制覇した、T-ボス、レフト・アイ、チリによるアトランタ発の3人組ガールズ・グループ、TLC。

上の2曲を含むデビュー・アルバム『Ooooooohhh... On the TLC Tip』が、アメリカ国内だけで400万枚以上のセールスを上げ、SWVやアン・ヴォーグと並ぶアメリカを代表するガールズ・グループの一つになった彼女らは、94年に2枚目のアルバム『CrazySexyCool』を発表。同郷のプロダクション・チーム、オーガナイズド・ノイズが制作した”Waterfalls”や、当時所属していたラ・フェイスの共同経営者で、アメリカを代表するヒット・メイカーの一人だったベイビーフェイス作のバラード”Diggin' on You”などを収めた同作は、アメリカ国内だけで1100万枚以上を売り上げ、女性ヴォーカル・グループ初のダイアモンド・ディスクを獲得。「史上最も売れた女性グループのアルバム」として、ポピュラー・ミュージックの歴史にその名を刻んだ。

紆余曲折を経て、99年には3枚目のアルバム『FanMail』を発表。アメリカ国内だけで600万枚、日本でも100万枚を売り上げるなど、健在っぷりをアピールしたが、2002年にレフト・アイが事故死。以後、ステージには何度か立っているものの、グループとしての活動は停滞する。

本作は、レフト・アイの没後に発表された2002年の『3D』から、実に15年ぶりとなる5枚目のアルバム。有名なプロデューサーを起用して、レフト・アイが生前に録音した音源を使った前作に対し、本作はT-ボスとチリの2人が中心になって制作している。

アルバムに先駆けてリリースされた“Way Back”は、今回が初共演となるスヌープ・ドッグをフィーチャー。アッシャーの”Mind Of Man”やラトーヤの”I'm Ready”などを手掛けてきたD’マイルがプロデュース。ミディアム・テンポのトラックに乗せて、甘くゆったりと歌う姿は”Diggin' on You”や”Baby-Baby-Baby”を彷彿させる。ミディアム・バラードの途中でラップを挟むスタイルは”Waterfalls”を思い起こさせるが、この曲でラップを披露しているのは、どんな曲でもアグレッシブなラップを聴かせるレフト・アイではなく、柳のように飄々と言葉を繋ぐスヌープ。TLCとスヌープの相性の良さに驚かされると同時に、レフト・アイの存在の大きさを再確認させられる。

また、今回のアルバムで異彩を放っているのがブラック・アイド・ピーズの”Where Is The Love”などに携わってきた、ロン・フェアのプロデュース作品。アース・ウィンド&ファイアの”September”やボビー・ヘブの”Sunny”のフレーズを引用したアップ・ナンバー。往年の名曲を引用したトラックは過去の作品でもあったが、メロディに取り込んだ楽曲はこれが初めて。新録曲を手掛けながら、再発ビジネスにも関わっているロンの持ち味が発揮されたキャッチーな曲だ。

また、本作の収録曲では一番最初に公開された”Hater”は、シャキーラやピンクに楽曲を提供しているマイケル・バスビーが手掛けた作品。彼女達が得意とするミディアム・テンポの楽曲だが、これまでのアルバムには少なかった明るい雰囲気に仕上げている。レフト・アイのかわりにラップ・パートも担当する二人の姿が印象的。二人の対称的な声質を活かしたポップでキャッチーなものだ。

そして、クリス・ブラウンなどの楽曲を手掛けているコリー・マークスが制作を担当したシングル”Joy Ride”は、彼女らの持ち味を活かした粘り強いメロディが魅力のミディアム。ヒップホップのビートをベースに、ギターやホーンの伴奏を盛り込んだトラックは『CrazySexyCool』の収録曲を連想させる。

今回のアルバムでは、彼女達の代表曲に多いミディアム・テンポの作品を中心に揃えつつ、時代の変化に合わせて新しい音色やフレーズを盛り込み、2017年のTLCの音楽として楽しめるものに纏めている。また、2人のヴォーカルも往時の雰囲気を残しつつ、経験を重ねてしなやかさを増していると思う。しかし、90年代の雰囲気を残している分、レフト・アイが欠けた穴の大きさが目立っており、素晴らしいパフォーマンスでありながら、どこか物足りなさを感じさせる。シュープリームスに始まり、ディスティニーズ・チャイルドやフィフス・ハーモニーまで、メンバーが入れ替わったり脱退したりしたグループは少なくないが、一人が欠けただけで大きく雰囲気が変わってしまうのは、三人全員がグループにとって欠かせない存在だった彼女達だけだと思う。

ポピュラー・ミュージックの歴史に残る名グループの集大成にふさわしい、充実した作品。ヴォーカル・グループの歴史上数少ない、全員が際立った個性を持っていた3人の偉大さを再確認させてくれる佳作だと思う。

Producer
Dunlap Exclusive, D'Mile etc

Track List
1. No Introduction
2. Way Back feat. Snoop Dogg
3. It’s Sunny
4. Haters
5. Perfect Girls
6. Interlude
7. Start a Fire
8. American Gold
9. Scandalous
10. Aye Muthafucka
11. Joy Ride
12. Way Back feat. Snoop Dogg (Extended Version)




TLC
TLC
ワーナーミュージック・ジャパン
2017-06-30

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ