ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

Sony

Minzy - Minzy Work 01 Uno [2017 Music Works, Sony Music Korea]

2009年に、15歳の若さでYGエンターテイメント発の4人組ガールズ・グループ、2NE1(トゥエニー・ワン)の最年少メンバーとしてデビュー。後にビッグバンのヒット曲を数多く手掛ける1TYME(ワン・タイム)のテディ・パクと、ビッグバンの中心人物G-ドラゴンのバックアップを受けた、本格的な女性R&Bグループとして、”I Am the Best”や”Ugly”などのヒット曲と、2枚のフル・アルバムを残した。また、2012年にはニューヨークやロス・アンジェルス、シンガポールを含むワールド・ツアーも行っている。

しかし2014年頃から活動が停滞。彼女自身も2016年にグループを脱退、YGエンターテイメントを離れる。

今回のアルバムは、新しい事務所、ミュージック・ワークスに移籍して初めての録音作品。同社では、アーティストとしての活動だけでなく、若手(といっても彼女自身も20代前半だが)の教育係や楽曲制作も担当し、多くの経験を積んで実力を蓄えてきた彼女。この作品では、スーパードッグやグルーヴィールームのような韓国のプロデューサーのほか、ステレオタイプスやメラニー・フォンタナといったアメリカのプロデューサーを起用し。グループ時代と変わらない尖ったR&Bを聴かせている。

アルバムの1曲目に収められている、本作からのリード・シングル”Ninano”は、アジア系アメリカ人によるラップ・グループ、アジアチックスの元メンバーである韓国系アメリカ人のラッパー、フロウシックをフィーチャーしたダンス・ナンバー。リアーナのデビュー曲”Pon de Replay”を思い起こさせるダンスホール・レゲエの要素を大胆に取り入れた躍動感溢れる曲。フロウシックの荒々しいラップも格好良い。アルバムの最後に収められている同曲の英語版でも、韓国語版と変わらないラップを聴かせる彼のスキルは、もっと注目されてもいいのではないか。

これに対し、2曲目の”Superwoman”は、シンセサイザーを多用したスタイリッシュなトラックと、流麗なメロディ、韓国や日本のポップスのような起承転結がはっきりとした展開が光るミディアム・ナンバー。2000年代初頭に、アシャンティの”Foolish”やアッシャーの”U Remind Me”などに夢中になった人は、きっと好きになると思う。

そして、本作の隠れた目玉が、ジャスティン・ビーバーの”Somebody To Love”や、ブルーノ・マーズの”24K”など、多くのヒット曲にその名を刻んできた(余談だが、赤西仁の”Sun Burns Down”も彼らの作品だ)人気プロダクション・チーム、ステレオ・タイプスと制作した”Ing”だ。”Ninano”同様、ダンスホール・レゲエのエッセンスを取り込み、電子音をふんだんに使ったトラックと、彼女の色っぽい歌声を引き出したメロディが、イギー・アゼリアやクリス・ブラウンを連想させる佳曲。彼女や赤西以外にも、BoAやEXO、元レーベル・メイトのセブンなど、多くのアジア人ミュージシャンに曲を提供してきた彼らだからできる、外国人シンガーの持ち味を引き出しつつ、アメリカのダンス・ミュージックと融合した曲だ。

また、元2PMのジェイ・パクがラップで参加した”Flashlight”はスーパードッグがプロデュースしたミディアム・ナンバー。”Superwoman”のテンポを落とし、甘くロマンティックに仕立て直したような曲だ。ジェイ・パクもフロウシック同様、アメリカ出身だけあって、彼女の繊細なヴォーカルを引き立てるラップの技術には確かなものがある。

これ以外に、本作で唯一のスロー・ナンバー”Beautiful Lie”は、ピアノっぽい音色をバックにじっくりと歌うスロー・バラード。アメリカのR&Bを意識したダンス・ナンバーが中心のアルバムでは珍しい、ドラマなどの主題歌でよく耳にするタイプの、韓国のポップスの王道を行くバラードだ。

今回のアルバムは、韓国の3大事務所の一つであるYGエンターテイメントを離れ、新天地から発表したソロ・デビュー作だが、本人のパフォーマンスはグループ時代よりも磨きがかかっている。また、楽曲制作にアメリカのクリエイターを積極的に起用するなど、同国の他の女性シンガーの曲に比べると、欧米のR&Bに近い印象を受ける。だが、その一方で、アメリカの音楽をキャッチ・アップしようとする余り、新鮮さに乏しい、どこかで聞いたような作品になっているようにも映った。

とはいえ、アメリカの流行をしっかりと分析し、自分の音楽の糧にした貪欲さと作品のクオリティは目を見張るものがある。5年後、10年後にどんなアーティストに成長しているか、今から楽しみになるデビュー作だ。

Producer
Superdog, Michel 'Lindgren' Schulz, Jon Asher, Stereotypes, GroovyRoom

Track Lust
1. Ninano feat. Flowsik
2. Superwoman
3. ING
4. Flashlight feat. Jay Park
5. Beautiful Lie
6. Ninano (English Rap Ver.) feat. Flowsik







Ycee - First Wave Ep [2017 Tinny Entertainment, Sony Music]

ナイジェリアのラゴス州にあるフェスタック・タウン出身。2015年に発表した、パトランキングをフィーチャーした配信限定のシングル『Condo』がヒット。ナイジェリア・エンターテイメント・アワードにもノミネートしたことで一気に知名度を高めた、ラッパーでソングライターの、ワイシーことオルデミラド・マーティン・アレージョ。

そんな彼が現在も所属する、ナイジェリアのタイニー・エンターテイメントと契約したのは2012年。だが、その頃は大学生だった彼は、音楽活動と学業(海洋生物学を専攻していた)を両立するため、積極的な活動は控えていた。しかし、大学を卒業すると、音楽活動を本格的に開始。2015年には『Condo』や『Jagaban』などが立て続けにヒットさせると、アフロ・ビートとトラップ・ミュージックの要素を融合した独特の音楽性で、人気ミュージシャンの仲間入りを果たした。

今回のアルバムは、2016年に契約したソニー・ミュージック・エンターテイメント(厳密には南アフリカに拠点を置くソニー・ミュージック・エンターテイメント・アフリカ)から発売された、彼にとって初のEP。本作では、彼とのコラボレーション経験もある、ナイジェリアの総合音楽レーベル、マーヴィン・レコード所属のプロデューサーやミュージシャンが多数参加した、本格的なナイジェリアの国産ヒップホップ作品になっている。

肝心のアルバムの中身はというと、まず、このアルバムを手にした人に、最初に聴いてほしいのがカリブリを起用した”Kill Nobody”だ。色々な音色の打楽器が絡み合う複雑で陽気なビートと、アフリカの民族音楽を思い起こさせる、伸び伸びとしたヴォーカルが印象的なアップ・ナンバー。アフリカ音楽や中南米音楽とアメリカのブラック・ミュージックを融合させたミュージシャンには、エイコンやワイクリフ・ジョンなど、多くの成功者がいるので、このアルバムもアメリカのヒップホップに馴染んだ人々に受け入れられると思う。

これに対し、同郷のシンガー・ソングライター、リーカド・バンクスをフィーチャーした”Link Up”は、パーカッションを多用した陽気なビートにファーサイドの”Passin' Me By”から引用したと思われる、シンセサイザーの伴奏を取り込んだ、ナイジェリア風のヒップホップ。軽快なビートに乗せて言葉を放った結果、歌なのかラップなのか判別不能な独特の音楽になっている点は面白い。

だが、今回のアルバムの核になる曲といえば、マリーク・ベリーをフィーチャーした”Juice”だろう。アデイがプロデュースしたこの曲は、シンプルなバスドラムの上に、パーカッションやハンドクラップをちりばめたソカっぽいトラックを採用。その上で、地声で歌うワイシーとオートチューンを使った個性的な声のマリークが絡み合うパフォーマンスが聴きどころだ。

そして、本作でも異色の楽曲だと思われるのが、女性シンガーのセイ・シャイをフィーチャーしたミディアム・バラード”Need To Know ”だ。R.ケリーの”Trapped in the Closet ”を彷彿させる、ミュージカル向けのシンプルなビートに乗せて、寸劇のような掛け合いを聴かせる面白い曲だ。セイ・シャイの歌声がブランディやタミアのような90年代から活躍するR&Bシンガーのスタイルにちょっと似ている点は見逃せない。

彼自身がインタビューで述べている通り、彼の音楽はリル・ウェインやケンドリック・ラマー、ビッグ・ショーンといった、メロディのついたフロウがウリのラッパーのスタイルを取り入れつつ、イギリスで流行しているグライムやアメリカ南部のクリエイターが得意とするトラップのような、電子楽器を使った変則ビートとアフロ・ビートを融合した、軽妙だが一癖も二癖もあるトラックのコンビネーションが大きな特徴だ。その中でも、アフロ・ビートの要素が本作の胆で、ビートに独特のうねりと起伏を与えて、歌うようにラップする彼のスタイルを際立たせている。

ナイジェリア発の実力派ラッパーに留まらず、ヴォーカル曲とラップ作品を同時にこなす、ポスト・ドレイクの有力候補になりそうな逸材。Okayプレイヤーのホームページでも大々的に紹介されているので、近い将来、世界的なヒット曲を生み出すことも夢ではないと思う。

Producer
Adey etc

Tracklist
1. Wavy
2. Kill Nobody feat. Calibri
3. Link Up feat. Reekado Banks
4. Juice feat. Maleek Berry
5. Bubbly feat. Falz
6. Don’t Need Bae
7. Need To Know feat. Seyi Shay
8. N.O.U.N feat. KLY




※各種配信サービスへのリンクは、レコード会社の特設サイトを参照
https://sonymusicafrica.lnk.to/YceeFirstWaveEP
記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ