ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

TopDawg

SZA - Ctrl [2017 Top Dawg RCA]

2014年4月、ケンドリック・ラマーやスクールボーイQなどが所属する、トップ・ドッグ初の女性シンガーとして、デビュー作となるEP『Z』をリリースした、ミズーリ州セントルイス生まれ、ニュージャージー州メイプルウッド育ちのシンガー・ソングライター、SZA(シザ)ことソラーナ・イマーニ・ロウェ。

放送局のプロデューサーでムスリムの父と、大手通信会社勤務でクリスチャンの母の間に生まれた彼女は、一般のアメリカ人向けの教育と並行して、ムスリムとしての教育も受けてきた。そのため、9.11のテロ事件が起きた後には、身に着けていたヒジャブを巡って、いじめを受けたこともあるなど、苦労もしてきたようだ。

その後、進学した大学では海洋生物学を専攻。世界を股にかける科学者になることを夢見たが、資金の問題もあり一度断念。お金を稼ぐために音楽活動を始めたという。

そんな彼女は、2011年に、当時のボーイフレンドの会社が、ケンドリック・ラマーのライブのスポンサーをしていた縁で、レーベルのオーナーであるテレンス・ヘンダーソンの知己を得る。そして、彼のレーベルでレコーディングをする機会を得た彼女は、2012年には自身初のミックステープとなる『See.SZA.Run』を録音。ドレイクフランク・オーシャンにも匹敵する先鋭的な作風で、熱心な音楽ファンの間で注目を集めた。また、翌年には2枚目のミックステープ『S』を公開。こちらも高い評価を受けた。

今回のアルバムは、彼女にとって初のフル・アルバムで、メジャー・デビュー作でもある。ブライソン・ティラーカリードなどの作品を扱っているRCAからの配給で、ケンドリック・ラマーやスクールボーイQなどのレーベル・メイトのほか、ファレル・ウィリアムスやフランク・デュークスといった売れっ子プロデューサーが多数参加した、豪華な作品になっている。

アルバムの1曲目に入っている”Supermodel”は、ファレルとニコ・シーガルがプロデュースした作品。ファレルがかかわった曲では珍しい、爪弾くように演奏されるギターをバックに訥々と歌う姿が印象的な、フォーク・ソングっぽい作品。しかし、フォーク・ソングの要素を盛り込みながら、太いベースの音や力強いヴォーカルで、きちんとソウル・ミュージックに落とし込む技は流石の一言。シザの歌唱力と、ファレル達のプロデュース能力の高さを再確認させられる曲だ。

続く”Love Galore”は、2015年に”Ok Alright”で共演しているトラヴィス・スコットをフィーチャーしたミディアム・ナンバー。メンフィス出身のプロデューサー、サンクゴット4コディが制作を担当。90年代のR&Bを連想させる、柔らかい音色のシンセサイザーを使ったトラックと、シザのキュートな歌声が光るミディアムだ。ドレイクを彷彿させる、ラップのような歌い方も格好良い。脇を固めるトラヴィス・スコットのラップも存在感を発揮している。全体的に、インターネットのシドの作品とよく似た雰囲気の、90年代テイスト溢れる曲だ。

また、新作『Damn.』も好評なケンドリック・ラマーを招いた”Doves In the Wind”は、ラスヴェガス出身のキャメロン・オスティーンがプロデュース。古いレコードからサンプリングしたような、太く温かい音色のビートをバックに、可愛らしい歌声でラップをするように言葉を繋ぐミディアム・ナンバー。シザのヴォーカルにあわせて、高音を多用してゆっくりとラップをするケンドリック・ラマーの器用な一面も面白い。”Love Galore”同様、90年代の音楽の影響が垣間見えるが、ヒップホップ寄りのビートと、若き日のモニカやブランディを連想させるキュートな歌唱が印象的な曲だ。

そして、本作に先駆けて公開された”Drew Barrymore”は、彼女が客演したリアーナの”Consideration”を一緒に制作している、カーター・ラングやタイラン・ドナルドソンと共作したもの。スロー・テンポのトラックに乗せて、エネルギーを発散するかのように、自由かつ大胆に歌う彼女の姿が印象的な曲。ゆったりとしたテンポのトラックや、荒々しいメロディ、奔放なヴォーカルは”Consideration”とよく似ているが、こちらのほうがビートの音圧が低い分、リスナーの耳を歌に引き付けやすいと思う。

本作の面白いところは、90年代以降の色々なR&B作品のエッセンスを取り入れつつ、過去の楽曲とは違う独自色を打ち出しているところだ。その象徴ともいえるのが”Drew Barrymore”のような曲で、メロディやトラックにリアーナの”Consideration”の要素を盛り込みつつ、ヴォーカルに気を惹かせる編曲で、きちんと差別化を図っている。柔軟な発想で色々なスタイルを取り込みつつ、細部まで気を配ったアレンジが彼女の魅力だと思う。

ビリー・ホリデーからウータン・クランまで、色々な音楽に親しんできた豊かな感性が生み出す新鮮な音楽と、それを形にする豊かな表現力、そして、細部にまで気を配った演出が一体化した、懐かしいようで新鮮な作品。今時のR&Bが好きな人はもちろん、それ以前の時代のヴォーカル作品が好きな人にもお勧めできる、魅力的な作品だ。

Producer
Anthony "Top Dawg" Tiffith, Best Kept Secret, Frank Dukes, Pharrell Williams, Terrace Martin etc

Track List
1. Supermodel
2. Love Galore feat. Travis Scott
3. Doves In the Wind feat. Kendrick Lamar
4. Drew Barrymore
5. Prom
6. The Weekend
7. Go Gina
8. Garden (Say It Like Dat)
9. Broken Clocks
10. Anything
11. Wavy (Interlude) feat. James Fauntleroy II
12. Normal Girl
13. Pretty Little Birds feat. Isaiah Rashad
14. 20 Something





Ctrl
Sza
RCA
2017-06-09

Kendrick Lamar - Damn. [2017 Top Dawg Entertainment]

2000年代初頭に音楽活動を開始。2004年にK-ドットの名義で発表したミックス・テープ『Youngest Head Nigga in Charge (Hub City Threat: Minor of the Year)』が、現在も所属するトップ・ドッグ・エンターテイメントのオーナー、アンソニー・ティフスの目に留まり、同レーベルと契約。ザ・ゲームなどの、西海岸出身のヒップホップ・アーティストのオープニング・アクトなどを務めながら、自身の作品をレコーディングしてきた、カリフォルニア州コンプトン出身のラッパー、ケンドリック・ラマーことケンドリック・ラマー・ダックワーズ。

2010年に配信限定で発表したミックス・テープ『Overly Dedicated』が, ビルボードのヒップホップ・R&Bアルバム・チャートに入ると、往年のギャングスタ・ラップを彷彿させるリリックと、様々なビートを自在に乗りこなすスキルが注目を集め、ドクター・ドレが率いるアフターマスと契約。2011年に初のフル・アルバム『Overly Dedicated』をトップ・ドッグから発売すると、気鋭の新人ヒップホップ・アーティストとして多くのメディアに取り上げられる。翌年にはアフターマスからメジャー・デビュー・アルバムとなる『good kid, m.A.A.d city』をリリース。2015年には2枚目のフル・アルバム『To Pimp a Butterfly』を発売。2作連続でプラチナ・セールスを獲得する一方、多くのメディアや愛好家のコミュニティから絶賛され、2016年にはヒップホップ・アーティストでは史上最多となる、グラミー賞11部門にノミネートする快挙を成し遂げた。

本作は、前作から約2年ぶりの新作となる通算3枚目のオリジナル・アルバム。といっても、前回のアルバムが発売されたあとも、編集盤『Untitled Unmastered.』やマルーン5とのコラボレーション・シングル『Don’t Wanna Know』など、多くの作品をリリースしていたので、どちらかと言えば「まだ3作目なのか」という印象を抱いてしまう。

今回のアルバムは、演奏者やゲスト・ミュージシャンが多数参加していた前作に比べると、本作のゲストは少なく、主役のラップとトラックにスポットを当てたシンプルなもの。だが、それ故に彼の実力の高さと、メジャー・デビュー後に更なる進化を遂げたラップのスキルが明確になったように思える。

アルバムの実質的な1曲目”DNA”は前作でも演奏しているギタリストのマット・シェファーが参加した楽曲。マイク・ウィル・メイド・イットがプロデュースしたトラックは、2000年代初頭のジャーメイン・デュプリやリル・ジョンが手掛けたようなバウンズ・ビートだが、ケンドリックは滑らかなラップで軽やかに乗りこなしている。曲の前半と後半で異なるビートを採用している点も面白い。決して斬新な曲ではないのだが、彼の手にかかると新鮮に聞こえるのはなぜだろうか。

これに対し、ドクター・ドレやエミネムの作品にも携わっている、ベーコンことダニエル・タンネンバウムがプロデュースを担当した”Element”はキッド・カプリがヴォーカルで、ジェイムズ・ブレイクがソングライティングで参加している。ウータン・クランの楽曲を彷彿させる不気味なピアノやキーボードの音色が鳴り響き、声ネタやスクラッチを使っているが、特定の楽曲をサンプリングしたものではないらしい。おどろおどろしいトラックに乗せて、言葉を畳みかけるスタイルは、ウータン・クランの一員として華々しいデビューを飾ったころのRZAを思い起こさせる。

一方、本作の中で異彩を放っているのは、リアーナをフィーチャーした”Loyalty”。DJダーヒらが手掛けたトラックは、ブルーノ・マーズの”24K Magic”をサンプリングしたものだ。原曲を知る人にはお馴染みのフレーズを、テンポを落としてループさせたトラックの上で、歌うようにラップする2人の姿が印象的。高揚感が魅力のダンス・ナンバーを陰鬱な雰囲気のヒップホップに組み換える発想の豊かさと、それを具体的な楽曲に落とし込む各人のスキルが光っている。

そして、本作のハイライトともいえるのが、マイク・ウィル・メイド・イットがプロデュースした”Humble”だ。シンセサイザーとギターによるシンプルな変則ビートに乗せて、リズミカルに言葉を繋ぐ姿が格好良い曲。かつてはポップな印象を与えていたバウンズ系のビートを、緊迫感あふれるヒップホップ・ナンバーに生まれ変わらせるケンドリック・ラマーの個性を再認識させられる楽曲だ。

今作は、シンセサイザーを使ったトラックが多く、ゲスト・ミュージシャンも少なくなっているなど、前作や『Untitled Unmastered.』で彼の音楽を知った人には少し地味に映るかもしれない。だが、あらゆるトラックを器用に乗りこなすだけでなく、ダークでスリリングな、ストリートの雰囲気を楽曲に吹き込む彼のスキルは、トラックで使われる音色に関係なく、本作でも堪能できる。

流行の変化に抵抗することも、過剰に順応することもなく、独自の解釈を加えて自身の音楽に染め上げるスキルは、現役のミュージシャンの中では頭一つ抜けている。このアルバムは2017年のヒップホップ・シーンを代表する作品の一つになると思う。

Producer
Anthony "TopDawg" Tiffith, Dr. Dre, Dave "miyatola" Free etc

Track List
1. Blood
2. DNA
3. Yah
4. Element
5. Feel
6. Loyalty feat. Rihanna
7. Pride
8. Humble
9. Lust
10. Love feat. Zacari
11. XXX feat. U2
12. Fear
13. God
14. Duckworth



Damn
Kendrick Lamar
Aftermath
2017-04-14

 

SiR – Her Too [2017 Top Dawg Entertainment]

インターネット上で発表した自作曲が注目を集め、ジル・スコットの『Woman』やタイリースの『Black Rose』にソングライターとして抜擢。2014年にはアンダーソン・パックのアルバム『Venice』に収録されている”Already”にフィーチャーされるなど、音に拘りのあるミュージシャンやファンから高く評価されている、カリフォルニア州イングルウッド出身のシンガー・ソングライター、サーことダリル・ファリス。彼の、2016年作『Her』の続編となる新作EPがこのアルバムだ。

自主制作だった過去の作品から一転、ケンドリック・ラマーやスクールボーイQなどの作品を扱っているトップ・ドーグからリリースされた本作。だが、エフェクターを効果的に使った、繊細で色っぽいヴォーカルと、Qティップやディアンジェロの作品を彷彿させる、古いレコードから取り出したような温かい音色を使った抽象的なビートという作風は変わっていない。本作には収録されていないが、今年の頭にインターネット上で公開した、ドネル・ジョーンズの”Where I Wanna Be”のカヴァーが象徴するような、柳腰の歌声と洗練されたメロディを90年代のイースト・コースト・ヒップホップと融合した、しなやかなヒップホップ・ソウルを聴かせてくれる。

本作のトラック・リストを見て、最初に気になったのは、アルバムの1曲目を飾る”New LA”だ。アンダーソン・パックとキング・メズという、ドクター・ドレの『Compton』でも辣腕を振るっている2人をフィーチャーしたこの曲は、 ハウス・ミュージックっぽい四つ打ちのビートとYMOの”東風”を思い起こさせるアジアン・テイスト溢れる伴奏が不思議な雰囲気を醸し出すダンス・ナンバー。トラックの上をふわふわと揺蕩うコーラスが心地よい曲だ。

それ以外の曲では、ジョージ・アン・マルドロウっぽいしゃがれ声と、ポロポロとつま弾かれるキーボードの伴奏が格好良いヒップホップ・ソウル”Don’t Call My Phone”も面白い。過去にジェイ・ディラのビートを使ったR&B作品をインターネット上で公開していたが、その路線の延長にあるような、抽象的なビートをリズミカルに乗りこなした、軽妙で味わい深いヴォーカルが印象的だ。

また、本作に先駆けてリリースされたマセーゴが客演しているミディアム”Ooh Nah Nah”も捨てがたい、ジャーメイン・デュプリがバウンズ・ビートを使ってリミックスを施した、マックスウェルの”Lifetime”を思い起こさせる、現代的な変則ビートと柔らかい歌声の組み合わせに心が温まる佳曲だ。

この他にも、美しい音色のキーボードを使った伴奏と、ピート・ロックが使いそうな重く、温かいビートを使ったトラックの上で、しゃがれた声を振り絞って語り掛けるように歌うミディアム”The Canvas”や、ヘヴィーなビートと繊細なギターの対照的な個性が光るトラック乗せて、ディアンジェロの”Brown Sugar”のように、リズミカルに言葉を紡ぎ出すヴォーカルが光る”SUGAR”、シンセサイザーを駆使したスペーシーなトラックにエフェクトをかけたヴォーカルの組み合わせが、昔のSF映画のように近未来的な雰囲気を演出する”W$ Boi”など、収録されたどの曲も魅力的で捨て難い、素敵なものばかりだ。

彼の音楽を端的に語るなら、フランク・オーシャンの『Blondie』アンダーソン・パックの『Malib』で取り組んだ、2020年のR&Bを先取りした先進的なサウンドと、ディアンジェロの『Black Messiah』やマット・マーシャンズの『The Drum Chord Theory』が披露した60年代、70年代のソウル・ミュージックの現代的な解釈を両立したものと言っていいと思う。新しいサウンドに挑戦しつつ、昔のブラック・ミュージックの要素を随所に盛り込むことで、奇抜なだけに留まらない、何度も繰り返し聴きたくなる味わい深さを備えているんだと思う。

演奏スタイルもフォーマットも、レーベルの規模も全て違うが、そのクオリティはシドの『Fin』に匹敵する2017年のR&B界にとって重要な作品の一つだと思う。フル・アルバムの発売が今から待ち遠しくなる、充実した内容のEPだ。

Track List
1. New LA feat. Anderson. Paak & King Mez
2. The Canvas
3. Don’t Call My Phone
4. Ooh Nah Nah feat. Masego
5. SUGAR
6. W$ Boi




Her Too [Explicit]
Top Dawg Entertainment
2017-02-10


 
記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ