melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

Universal

6lack - East Atlanta Love Letter [2018 LoveRenaissance, Interscope]

ドレイクのように新しいサウンドを乗りこなし、歌とラップを織り交ぜたスタイルを繰り出すアーティストや、トレイ・ソングスのように、シンプルなトラックの上で、歌声とメロディを丁寧に聴かせるスタイルのシンガー、はたまた、ボーイズIIメンのように往年のソウル・ミュージックの良さを現代に蘇らせる手法がウケているベテランなど、様々なスタイルのシンガーが凌ぎを削るアメリカのR&B市場。その中で、独特のスタイルで頭角を現しているのが、ジョージア州アトランタ出身のシンガー・ソングライター、スラックこと、ロドリゲス・バルデス・ヴァレンティン。

フロー・ライダーが経営するレーベルと2011年に契約すると、大学を中退し、音楽ビジネスを学びながら、楽曲を制作。一時期はマイアミで自身の音楽レーベルも経営していた。

そんな彼は、2015年にインタースコープ参加のラブルネッサンスと契約。2016年にアルバム『Free 6lack』をリリースすると全米総合アルバム・チャートの34位に入り、ゴールド・ディスクを獲得。収録曲の”Prblms”はダブル・プラチナに認定され、グラミー賞にノミネートするなど、気鋭のシンガー・ソングライターとして高い評価を受けた。

このアルバムは前作から2年ぶりとなる彼にとって2枚目のスタジオ・アルバム。2017年にリリースされた、タイ・ダラ・サインカリードが客演した”OTW”などは未収録なものの、多くの新録曲を収録、フューチャーやミーゴスのオフセットやJ.コールなどの豪華なゲストが参加し、T-マイナスやStwoなどが制作に関わった力作になっている。

本作の1曲目は、フランスのプロデューサーStwoが制作に携わった”Unfair”。ケイトラナダやジョルジャ・スミスの作品も手掛けているStwoの繊細なバック・トラックと、スラックの物悲しい歌声の組み合わせが心地よいミディアム・ナンバー。エレクトロ・ミュージックやヒップホップと、マックスウェルやディアンジェロのような現代のソウル・シンガーの音楽を融合した面白い曲だ。

これに対し、ジャスティン・ビーバーやドレイクなどを手掛けているカナダのクリエイター、T-マイナスが制作に関与した”Pretty Little Fears”は、語り掛けるようなJ.コールのラップと、ささやきかけるような歌声が絡みあう切ない雰囲気のミディアム・バラード。極端に音数の少ないトラックは、電子音楽のクリエイターの作品かと錯覚させる。

また、本作に先駆けて発売されたシングル曲”Switch”は、サム・スミスやカリッドなどのキャッチーなR&Bを作ってきた、ニュージーランドの作家、ジョー・リトルを起用した楽曲。90年代中期のヒップホップのような、粗削りな音を使った伴奏と、派手ではないが味わい深いメロディを丁寧に歌い込むヴォーカルが心に残るミディアム・ナンバー。音数を絞り込み、音と音の隙間を効果的に聴かせるスタイルは、ジェイ・ディラやディアンジェロの音楽にも似ている。90年代に一世を風靡した手法を、現代向けにアップデートした技術が光っている。

そして、本作のリリース直前に発表された”Nonchalant”は、Stwoがトラック・メイクを主導した作品。電子音を組み合わせたトラックはFKJムラ・マサの音楽にも似た神秘的な雰囲気を醸し出している。その上に乗る、歌ともラップとも詩の朗読とも形容しがたい、微妙な抑揚で紡がれる言葉が心に残る良曲だ。

今回のアルバムは、前回の路線を踏襲しつつ、トラックやヴォーカルのアレンジを前作以上に練り込んだ印象がある。音楽投稿サイトで話題になるような、尖った作風の電子音楽やヒップホップのエッセンスを盛り込みつつ、大衆向けのキャッチーで洗練されたR&Bに落とし込む、この新鮮さと安心感の絶妙なバランスが本作の良さだと思う。

YouTubeや大規模な音楽フェスの隆盛によって、「リスナーにどれだけ新鮮な印象を与えるか?」ということに重きを置くミュージシャンが多い中、細部にまで気を配った曲作りと、丁寧なパフォーマンスでリスナーの耳目を惹いた個性的な作品。歌で勝負するR&Bの原点に立ち返りつつ、楽曲全体で新鮮さを感じさせる曲作りが光る佳作だ。

Producer
Stwo, T-Minus, JT Gagarin, Bobby Johnson, DJDS, Joel Little etc

Track List
1. Unfair
2. Loaded Gun
3. East Atlanta Love Letter feat. Future
4. Let Her Go
5. Sorry
6. Pretty Little Fears feat. J. Cole
7. Disconnect
8. Switch
9. Thugger's Interlude
10. Balenciaga Challenge feat. Offset
11. Scripture
12. Nonchalant
13. Seasons feat. Khalid
14. Stan






赤西仁 – A la carte [2018 Go Good, Universal]

ジャクソン5のリード・シンガーからキャリアをスタートし、キング・オブ・ポップとして音楽史にその名を刻んだマイケル・ジャクソンを筆頭に、メヌードを経て中南米を代表するシンガーに上り詰めたリッキー・マーティンや、イン・シンクのリード・ヴォーカルから、大統領の前でパフォーマンスを披露する、アメリカ屈指のソウル・シンガーになったジャスティン・ティンバーレイクなど、世界各地で大きな足跡を残している、ボーイズ・グループ出身のアーティスト達。彼らのようにボーイズ・グループで経験を積み、ソロ・アーティストとして大きく飛躍した日本人の一人が、元KAT-TUNの赤西仁だ。

2001年にグループの一員として活動を開始すると、レコード・デビューの前でありながら、東京ドームでのライブを成功させるなど、規格外の活躍を見せる。その後、2006年にシングル”Real Face”でメジャー・デビュー。B'zの松本孝弘の手によるハードなロックのサウンドにダンス・ミュージックの要素を組み合わせた楽曲と、やんちゃな雰囲気の中にも大人の色気を感じさせるパフォーマンスが注目を集め、アメリカの音楽情報サイト、ローリング・ストーンが2013年に発表した「男性ヴォーカル・グループの名曲50選」に、日本のグループでは唯一選出された。また、シングル自体も100万枚を超える売り上げを記録するなど、華々しいデビューを飾った(余談だが、同作は2018年7月末現在、日本国内で100万枚以上の売り上げを記録した、最後のデビュー・シングルである)。

その後も、歌手や俳優として一線で活躍を続けるが、海外志向が強い彼は2010年にグループを脱退し、ソロに転向。翌年には念願のアメリカ・ツアーを決行し、海外向けのアルバムをリリースするなど、自身の夢に向かって歩み始める。また、2014年以降は個人事務所を設立。楽曲の配信を開始し、中国公演を成功させるなど、目標に向けて着実に結果を残してきた。

このアルバムは、彼にとって初のリアレンジ・アルバム。これまでにリリースした作品をアレンジし直した楽曲に、新曲を加えている。過去の作品同様、彼自身がプロデュースを担当。その一方で、共同制作者にDJスウィングを迎え、アルバムの発売に先駆けて収録曲をライブで披露するなど、2018年の彼のスタイルを強調した作品になっている。

本作の1曲目は、唯一の新曲である”Feelin'”。制作にDr.スウィングが参加したこの曲は、ジェイソン・デルーロやジャスティン・ビーバーの音楽を思い起こさせる、鮮やかな音色の上物と、跳ねるようなハウスのビートが格好良いアップ・ナンバー。流れるようなメロディを歌う、赤西のセクシーな歌声が聴きどころ。

続く”Go Higher”は、2013年のアルバム『#JustJin』の限定版に収録されている曲のリメイク。太い低音が印象的なR&B色の強い原曲を、鋭い高音の伴奏を強調したEDMの要素を含むヒップホップにリメイク。スマートでありながら、芯の強いヴォーカルと激しいダンスが魅力の彼にふさわしい、華やかでスタイリッシュなダンス・ナンバーに仕上がっている。

これに対し、2015年のアルバム『Me』の収録曲をリメイクした”Dayum”は、四つ打ちのビートにギターやハンド・クラップを乗せた賑やかなダンス・ナンバーの原曲を、重いドラムとピアノの音色の伴奏を組み合わせたトラックでスタイリッシュなR&Bに再構築した作品。複数のビートを組み合わせて、楽曲に起伏をつけるアレンジは、歌とダンスで勝負するライブを意識したものか。30代前半で20年近いキャリアを誇る彼の艶めかしい歌声にも注目してほしい。

そして、本作に先駆けてリリースされた”Baila”は2014年のEP『Mi Amor』の楽曲のリメイク。曲名の「Baila」を連呼するイントロでリスナーの期待を掻き立てる演出が心憎い。原曲ではホーンの音色などを盛り込んでいたが、今回のリアレンジ版では、ビートを強調したシンプルなアレンジに仕上げている。

このアルバムを聴いていて強く感じたことは、彼のアーティストとしての高い表現力だ。声量よりも繊細で色っぽい表現をウリにするヴォーカルと、複雑で激しいダンスを武器にする彼。このアルバムでは、そんな彼の持ち味が活きる、洗練されたメロディと、尖った音のトラック、複数のビートを組み合わせたアレンジの曲が並んでいる。

また、アルバムに先駆けて公開された、収録曲のライブ・パフォーマンス映像を観ると、アジア系シンガーの魅力であるスマートなヴィジュアルに、KAT-TUN時代のやんちゃ坊主のような雰囲気と、30代を迎えて際立つようになった大人の色気が合わさった、現在の彼の魅力を引き出すアレンジに仕上げていることに気づかされる。この、自身の魅力を理解しつつ、それに合った音や舞台を用意できる技術と人間関係が、彼の音楽を特別なものにしていると思う。

新しい音を取り入れつつ、あくまでも「赤西仁」であり続ける彼の現在の姿を象徴した一枚。音とビジュアルの両方で自分の魅力を引き出し、観客を魅了する姿は、マイケル・ジャクソンやリッキー・マーティンと並べても見劣りしない。現代のアジアを代表するポップ・スターだと思う。

Producer
Jin Akanishi

Track List
1. Feelin'
2. Go Higher (Rearranged)
3. Ain't Enough (Rearranged)
4. Slow (Rearranged)
5. Dayum (Rearranged)
6. Baila (Rearranged)
7. Mami Loca (Rearranged)
8. One Last Time (Rearranged)
9. Heart Beat (Rearranged)
10. Opaque (Rearranged)
11. Can't Get Enough (Rearranged)
12. Summer Loving (Rearranged)
13. Hey What's Up? (Rearranged)
14. Mi Amor (Rearranged)





A la carte(初回限定盤)(DVD付)
赤西仁
ユニバーサル ミュージック
2018-08-01

The Temptations - All The Time [2018 Universal]

1961年にシングル”Oh Mother of Mine”でレコード・デビューを果たして以来、”My Girl”や”Cloud Nine”、”Papa Was a Rollin' Stone”や”Treat Her Like a Lady”など、今も多くの人に愛される名曲を数多く残している、デトロイト発のヴォーカル・グループ、テンプテーションズ。

現在は、デビュー当時からバリトンを担当しているオーティス・ウィリアムスを中心に、若いメンバー(といっても全員40歳以上だが)と一緒に活動。日本を含む世界各地のステージに立ち続けるなど、今も現役の人気グループとして、音楽業界の一線で活躍している。

このアルバムは、2010年の『Still Here』以来、約8年ぶりの新作となるスタジオ・アルバム。ブルーノ・マーズサム・スミスといった、現代のR&Bシンガーのヒット曲のカヴァーと、彼らのオリジナル曲を収めた、バラエティ豊かな作品になっている。

本作の1曲目は、2014年にロンドン出身の白人のソウル・シンガー、サム・スミスが発表した”Stay With Me”。全英、全米のシングル・チャートを制覇した切ない雰囲気のスロー・ナンバーを、5人の温かい歌声で、優しい雰囲気のバラードに仕立て直している。原曲のミュージック・ビデオでも、曲中で聖歌隊が登場するなど、ゴスペルの影響を匂わせる演出があったが、今回のカヴァーはその要素を強調したものになっている。

続く”Earned It”は、イギリスの同名の官能小説を題材にした、2015年のアメリカの映画 「Fifty Shades Of Grey」のサウンドトラックに収められている、ウィークエンドの楽曲のカヴァー。ストリングスを効果的に使った威圧感のある伴奏や、往年のリズム&ブルースを彷彿させるスウィング、ゴスペルでは頻繁に用いられるコール&レスポンスなど、昔の黒人音楽のエッセンスと現代のポピュラー音楽の要素を組み合わせた楽曲は、当時の音楽を熟知した彼らによって、本格的なソウル・ミュージックに生まれ変わっている。伴奏をギターやベースを用いたシンプルなバンド・サウンドに変え、コール&レスポンスを強調したアレンジは、60年代初頭の彼らの音楽を彷彿させる、ポップでダイナミックなものだ。

また、マックスウェルが2009年にリリースした”Pretty Wings”のリメイクは、繊細さと大胆さを兼ね備えた彼の歌唱を忠実に再現した作品。メロディやアレンジは原曲のものを活かしつつ、声域の異なる5人のヴォーカルを巧みに使い分けることで、楽曲に起伏をつける演出が光っている。

そして、彼らのオリジナル曲である”Waitin’ On You”は、5人のしなやかなヴォーカルを活かした、流麗なメロディが心地よいスロー・ナンバー。変則的なリズムを刻むベースとドラムの伴奏と洗練されたメロディのおかげか、他のアーティストの作品のカヴァー以上に、現代のR&Bっぽく聴こえる。

このアルバムの面白いところは、高いヴォーカル・スキルを使って、既存の音楽を新鮮な音楽に聴かせているところだろう。そして、彼らの音楽が新鮮に映るのは、若いアカペラ・グループのように大胆な改変を行わず、あくまでも原曲の良さを生かしつつ、それに合ったヴォーカル・アレンジを施していることが大きい。この、アカペラの原点に立ち返りつつ、現代の楽曲を意識したアレンジが、ソロ・アーティストがヒット・チャートの大半を占める現代のポップス・シーンでは新鮮に映るのだろう。

アジア出身のヴォーカル・グループを中心に、個性豊かなメンバーのマイク・リレーを武器にしたグループが主流の時代に、美しい歌声と精密なヴォーカル技術を活かした巧妙なアレンジで勝負した意欲作。DAWソフトのような、高機能が機材がなかった時代、自分達の声を駆使して多彩な音楽を生み出してきたベテランの豊かな経験が遺憾なく発揮されている。

Producer
Otis Williams, Dave Darling

Track List
1. Stay With Me
2. Earned It
3. Pretty Wings
4. Thinking Out Loud
5. Waitin’ On You
6. Remember The Time
7. Be My Wife
8. Still Feel Like Your Man
9. When I Was Your Man
10. Move Them Britches



All the Time
Temptations
Ume
2018-05-04




記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ