ニューヨークを拠点に、シンガー・ソングライターやDJ、モデルなど、幅広い活動を展開するMAAD。数年前から、サウンドクラウドや配信サイトで自身のオリジナル曲を公開するなど、精力的に活動してきた彼女が、2017年3月に配信限定で初のEP『Le Funk』をリリースした。

彼女と一緒に多くの曲を制作してきた、クリエイターのヴァンプが全ての収録曲に参加。アリーヤやブランディにも通じる透き通った歌声と、R&Bやハウス・ミュージックのエッセンスを取り入れたトラックによる、モダンなR&Bナンバーを揃えている。

アルバムの1曲目を飾るのは2016年にシングル化された”Black Ice”。マスターピースやハイ・ファッションあたりのディスコ・グループを彷彿させる、ズンズンと響く太いベースの音色に乗せて、爽やかな歌声を響かせるミディアム・ナンバー。繊細なヴォーカルや起承転結が明確なメロディは、アリーヤなどの90年代に活躍したR&Bシンガーっぽくも聴こえる。

これに対し、シンセサイザーを駆使したディスコ・ミュージック、ディスコ・ブギーの手法を取り込んだのが”Satisfied”。ギターの演奏やストリングスっぽい音色のシンセサイザー等を取り入れた、洗練された音色が生み出す、躍動感たっぷりのビートが光るダンス・ナンバー。ヴォーカルの汗が飛んできそうな、エネルギッシュな歌唱も聴きどころ。

そして、2015年に発表された彼女のデビュー曲”Sweet & Low”は、プラッシュあたりの音楽を思い起こさせるダイナミックなシンセサイザーの伴奏と、スタイリッシュなビート、艶やかなヴォーカルが合わさった、ロマンティックなディスコ・チューン。ハウス・ミュージックを連想させるフィルターを使ったイントロやアクセントのように使われるギターのカッティングもいい味を出している。

一方、2016年にリリースされた”90s Love”は、ブランディやアリーヤあたりの90年代のR&B作品を連想させるシンプルなビートと、透き通った歌声を活かした美しいメロディが魅力のミディアム・バラード。使っている音色自体は、他の曲と同じだが、作曲やアレンジの技術で全く異なるタイプの曲に仕立て上げている。同じ機材でも、使い方ひとつで色々な楽曲を生み出せる楽曲制作の面白さを再確認させられる、本作の隠れた目玉ともいえる楽曲だ。シドの『Fyn』が好きだった人は、ぜひ耳を傾けてほしい。

それ以外の、本作が初収録となる新曲の中でも、特に注目を集めているのがアルバムの最後を締める”Touch Me”だ。2017年のグラミー賞にデビュー・アルバム『Eldrado』がノミネートしたことも話題になったシンガー・ソングライター、ロー・ジェイムスをフィーチャーしたこの曲は、本作の収録曲では珍しい、ハンド・クラップや太い音色のベース、ギターなどを組み合わせた、ロー・ジェイムスの作風に近い、今時のR&Bっぽい楽曲。決して派手な曲ではないが、セクシーな歌声で、恋人のように語り合う2人の姿など、聴きどころが盛り沢山の面白い曲だ。

アルバム全体を通して感じたことだが、このアルバムは、DJ、モデル、シンガー・ソングライターという異なる3つの分野で積み上げた経験が発揮された、「魅せる」ダンス・ミュージック作品だと思う。役者やモデルなどミュージシャン以外の仕事と2足(3足以上)の草鞋を履いているアーティストといえば、『8 Ounces』を発表したジャスティン・スカイ『Good Look For You EP』が好評のゲヴィン・トゥレックなど、有名無名関係なく多数いるが、彼女達同様、MAADの場合も、活動の幅を広げることで、「他人の目に映る自分のイメージを意識する感性」や「ダンス・ミュージックとして繰り返し聴かれる音楽を生み出すセンス」、「自分の持ち味を相手にきちんと伝える技術」など、ミュージシャンには欠かせない色々なスキルを習得したように見える。

アルバムの方向性は、タキシードの『Tuxed 2』ナイト・ファンクの『Nite-Funk EP』に近い、70年代後半から80年代初頭のソウル・ミュージックのスタイルを踏襲したものだと思う。だが、本作では、90年代の女性シンガーを彷彿させる彼女の繊細で透き通った歌声を念頭に作ることで、彼ら以上に当時のサウンドを大胆に取り込みつつ、オリジネーター達と差別化することに成功している。タキシードなどの作品が好きな人には是非お勧めしたい、2017年を代表するといっても過言ではない、本格的なディスコ・ミュージック・アルバム。アナログ盤で聴きたいけど、出てくれないかなー。

Producer
MAAD, VAMP

Track List
1. Black Ice
2. Satisfied
3. Sweet & Low
4. 90s Love
5. Lost Together
6. Stingy Lover
7. Touch Me feat. Ro James






 続きを読む