ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

Warner

They. - Nü Religion: HYENA [2017 Mind of Genius, Warner Bros. ]

その先進的な音楽性が評価され、グラミー賞の候補にも選ばれるなど、2016年を代表するアルバムの一つになった、ガラントの『Ology』。同作を配給している、ロス・アンジェルスのインディー・レーベル、マインド・オブ・ジニアスから、第2のガラントと呼んでも過言ではない、先鋭的な作風が魅力のデュオ、ゼイ.の初めてのフル・アルバムが配信限定でリリースされた。

このグループは、コロラド州デンバー出身のダンテ・ジョーンズと、テキサス州サンアントニオ生まれ、ワシントンD.C.育ちのドリュー・ラヴが、2015年にロス・アンジェルスで結成。同年には、本作にも収録されている”Motley Crew”、”Bad Habits”、”Back It Up”の3曲からなるEP『Nü Religion』をマインド・オブ・ジニアスからリリースして、新しい音に敏感なリスナーや批評家の間で注目を集めた。また、同じ年には、レーベル・メイトでもある音楽プロデューサーのズと、ロス・アンジェルスを拠点に活動する電子音楽家のスクリレックスの二人とコラボレーションしたシングル『Working for It』を発表。エレクトロ・ミュージックとR&Bを融合させた奇抜なサウンドで、イギリスやオーストラリアのヒットチャートにもその名を刻んだ。その後も、2017年までに4枚のシングルを発表。そのうち、”Working for It”を除く既発曲と新録曲を1枚のアルバムに纏めたのが、今回紹介する『Nü Religion: HYENA』だ。

彼らの音楽の特徴は、ジャンルに囚われず様々な音楽の要素を摂取する中で培われた視野の広さと柔軟性。2人へのインタビューによると、ジェイムズ・ブラウンやニュー・エディションの影響を受けている一方で、ニルヴァーナのカート・コヴァーンやシンガー・ソングライターのエド・シーランなどからも多くのインスピレーションをもらっているらしい。そして、そんな彼らの楽曲だが、大半が2人+外部のクリエイターという体制で作られている。

アルバムの実質的な1曲目、2人による書き下ろし曲である”Africa”は、カニエ・ウエストの近作を連想させる、色鮮やかな電子音を配したエレクトロ・トラックが面白いヒップホップ。歌うというよりも、言葉を投げると形容したほうが正確な、ラップとも歌とも異なる独特の言葉遣いが印象的だ。

一方、それに続く”Deep End”は2016年に発表された楽曲。変則ビートとマイク・エリゾンドのパワフルなギターを組み合わせたトラックと、喉がちぎれそうな勢いで切々と歌うヴォーカルが印象的な曲。ロックの世界では定番の組み合わせであるパワー・コードを使って、新鮮なトラックを作るセンスは、色々な音楽に慣れ親しんできた彼ららしさが発揮されたものだ。

そして、2015年のEPにも収録された”Motley Crew”は、ガラントの音楽にも似た、前衛的なトラックと、哀愁を帯びた歌声が切ない雰囲気を醸し出すミディアム・ナンバー。シンセサイザーとギター、そしてエフェクターを上手に組み合わせた、幻想的なトラックの上で、カート・コヴァーンやエド・シーランのような繊細さがウリのロック・シンガーを彷彿させる、ある種の暴力性すら感じさせる荒々しい歌声が物悲しいメロディを際立たせるミディアム・バラードだ。

それ以外にも、見逃せない曲はたくさんあるが、その中でも特に注目して欲しいのは、90年代から活躍する女性シンガー・ソングライター、ポーラ・コールが作曲で参加した”Dante's Creek”だ。ギターやエフェクターをアクセントに使ったサイケデリックなトラックは他の曲と同じだが、ポーラが参加することで流麗になったメロディに合わせて、その傾向は大幅に弱まっている。むしろ、チキチキ風のビートを取り入れつつも、最小限の加工を加えたギターの音色をじっくりと聴かせる伴奏をバックに、それに合わせてヴォーカルが切々と歌う、フォーク・ソングの弾き語りっぽいスタイルの曲で、ロックやポップスの要素とヒップホップやR&Bのエッセンスが高い次元で融合している。ヒップホップのミュージシャンによる、フォークソングの再解釈ともいえる名曲だ。

今回のアルバムを含め、彼らの残した録音を聴いていて感じるのは、近年流行しているオルタナティブR&Bをベースにしつつも、ストーンズ・スロウのミュージシャン、マッドリヴやメイヤー・ホーソンといったアーティストのように、ヒップホップやR&Bの要素を強く反映されているということだ。”Motley Crew”にしろ、”Dante's Creek”にしろ、ギターの演奏やガレージ・ロックのメロディを盛り込んでいるが、楽曲の土台となるビートは、一つのフレーズを繰り返すヒップホップの手法がベースになっているし、ビートに合わせて歌うときの節回しは、R&Bのマナーに従っている。その上で、ガレージ・ロックなどのメロディやアレンジを取り入れたり、シンセサイザーやエフェクターで各楽曲、およびアルバム全体に統一感を与えているのは大きい。

フランク・オーシャンやガラントにも言えることだが、彼らは音楽の趣味と人種や家庭環境が必ずしも一致しなくなった、21世紀のアメリカを象徴するアーティストだと思う。今回のアルバムは、アンダー・グラウンドのヒップホップが好きな人には魅力的な作品だと思うが、今後の方向性によっては、オッド・フューチャー一派やOVO勢を脅かす、コアなファンにも大衆にも愛されるミュージシャンに化ける可能性があると思う。そんな可能性を感じさせる斬新なR&B作品だ。

Producer
They., Mike Elizondo

Track List
1. Nü Religion: Hyena (Intro)
2. Africa
3. Deep End
4. Motley Crew
5. Truth Be Told
6. What You Want
7. Silence
8. Back Around
9. Bad Habits
10. Say When
11. All
12. Dante's Creek
13. Back It Up
14. U-RITE





Nü Religion: Hyena [Explicit]
Mind of a Genius/Warner Bros.
2017-02-24

PARTYNEXTDOOR - PARTYNEXTDOOR 3 [2016 OVO Sound, Warner]

2010年にドレイクがアルバム『Thank Me Later』でブレイクして以降、アメリカのヒップホップ、R&Bシーンで存在感を増し続けているカナダ出身のミュージシャン達。そのムーブメントを牽引する、ドレイクとノア・シャビブ率いるOVOサウンドの一員で、彼に次ぐ成功を期待されているのが、オンタリオ州ミシサガ出身のシンガーソングライター、パーティネクストドアことジャーロン・アンソニー・ブラスウェイトだ。

ジャマイカ系の母とトリニダード系の父の間に生まれた彼は、10代のころからシンセサイザーを使ってヒップホップやR&Bを作っていたらしい。その後、本名で発表した曲が音楽情報サイトで高い評価を受けた彼は、友人達と自身のウェブサイトを作成。同サイトで発表したミックス・テープが注目を集め、ワーナーと契約、OVOへの加入と至った。

OVOに加入した彼は、2013年にEP『PARTYNEXTDOOR』を、2014年にフル・アルバム『PartyNextDoor Two』を発表。この2作品では、ドゥー・ヒルの”Share My World”をサンプリングした”SLS”やリル・ジョン&イースト・サイド・ボーイズの”Who U Wit?”を引用した”Welcome to the Party”を収録するなど、ヒップホップのミックス・テープやダンスホール・レゲエを連想させる、既存のヒット曲から巧みに引用、アレンジしたフレーズを盛り込んだ、熱心な音楽ファンなら思わずニヤリとしてしまいそうな楽しい曲を聴かせてくれた。

前作から2年ぶりの新作となる、今回のアルバムでも、彼の音楽性に大きな変化はなく、色々な音楽のエッセンスを取り込みつつ、それに手を加え、自分の音楽として再編集した、新鮮だけど耳馴染みの良い音楽を聴かせている。

前作でも見せてくれた、巧みなサンプリング技術は、アルバムのオープニングを飾る”High Hopes”で既に発揮されている。スウェーデンの電子音楽家、ヴァルグの”Skaeliptom”を使ったこの曲は、陰鬱で繊細な電子音楽の特徴をうまく取り込んだ、音と音の隙間を活かしたダークなトラックが格好良い。その上に乗っかる、ドレイクのようなラップっぽい荒々しいヴォーカルが、突然ブラックストリートの”No Diggity”のフレーズを歌い出す演出も面白い。93年生まれの彼が96年のヒット曲を使って新しい音楽を作る姿に、時間の流れを感じずにはいられない。

それ以外にも、過去のヒット曲を引用した楽曲は複数収められており、T.O.K.が2001年に発表した”Eagles Cry”のトラックを再利用したレゲエ・ナンバー”Only U”や、アメリカのシンガー・ソングライター、デヴァンドラ・バンハートが2013年に公開した”Daniel”を使ったフォークソング風の楽曲”Joy”、ウェイルが2015年にリリースしたアルバム『The Album About Nothing』の収録曲”The Need to Know”のビートを、フィーチャーされたSZAのヴォーカルごと引用した”Nobody”など、色々なジャンルの新旧の名曲を使ったトラックが登場している。

だが、彼の一番の魅力は、多彩なトラックにキャッチーなメロディを乗せるソングライティングとヴォーカルの技術だろう。ドレイクをフィーチャー”Come and See Me”では、彼の作品を彷彿させるコンピュータを使ったチキチキと鳴るビートの上で、胸がキュンと締め付けられるような切ない歌を聴かせてくれるスロー・ナンバー。ラップっぽい歌唱のジャーロンと、メロディのついたドレイクのラップが、楽曲から重苦しい雰囲気を取り払い、切ない印象だけを残している。

また、本作からシングル・カットされた”Nobody”でも、トラックこそウェイルの曲を下敷きにしているが、そこから独特のメロディを紡ぎ出し、ドレイクとは異なるアプローチで、ヒップホップにもR&Bにも分類できない、彼独自の音楽を生み出している。

彼の音楽は、シンセサイザーを多用したシンプルなトラックや、ラップにも歌にも聴こえる明確なメロディを持ちながら音節数が異常に多いヴォーカルなど、ドレイクの影響を伺わせる要素が多いのは事実だと思う。だが、レゲエ作品やミックス・テープ文化からの影響を感じさせる、既存の曲からビートやメロディを引用して、自分の音楽に組み込むセンスや、ヴォーカルの表現の幅など、ドレイクにはない持ち味も数多く見受けられる。

本作には粗削りな部分もあるが、彼はまだ23歳。このアルバムが発表された後、リアーナの『Anti』やアッシャーの『Hard II Love』に起用されるなど、ポップ・スターの作品で着々と実績を積み上げながら、彼自身の音楽にも磨きをかけている。彼自身の将来性も含め、R&Bの今後を左右しそうな、とても面白い作品だ。

Producer
PARTYNEXTDOOR, Sevn Thomas, L8 Show etc

Track List
1. High Hopes
2. Don't Run
3. Nobody
4. Not Nice
5. Only U
6. Don't Know How
7. Problems & Selfless
8. Temptations
9. Spiteful
10. Joy
11. You've Been Missed
12. Transparency
13. Brown Skin
14. 1942
15. Come and See Me feat. Drake
16. Nothing Easy to Please





Partynextdoor 3
Partynextdoor
Warner Bros / Wea
2016-10-07

Gallant & Tablo & Eric Nam – Cave Me In [2017 Mind Of Genius, Warner Bros. Records]

2014年に配信限定でリリースしたEP『Zebra EP』が、大手ストリーミング・サイトのバイラル・チャートの上位に掲載され、ワーナー傘下のインディペンデント・レーベル、マインド・オブ・ジニアスからリリースした初のフル・アルバム『Ology』が、グラミー賞のベスト・オブ・アーバン・コンテンポラリー・アルバム部門にノミネートするなど、デビューからわずか数年の間に、急速な勢いで評価を上げているワシントンD.C.出身のシンガー・ソングライター、ガラント。彼の2017年に入って最初の作品が、この『Cave Me In』だ。

今回のシングルは、DJホンダやケロ・ワンの作品にも参加している、韓国のヒップホップ・グループ、エピック・ハイのフロントマンであるタブロや、アメリカを拠点に活動する韓国系アメリカ人のシンガーでタレントのエリック・ナムと一緒に録音したコラボレーション作品。プロデューサーは、ガラントと同じくロス・アンジェルスを拠点に活動するタイ・アコードと、彼の作品には珍しい、ちょっと異色の組み合わせによる楽曲だ。

タイ・アコードの手掛けるトラックは、アッシャーの『Looking 4 Myself』やトレイ・ソングス『Trigga』などの流れを汲む、コンピューターを駆使して作られた洗練されたもの。サンダーキャットの『Apocalypse』のように、幾重にも重ねられたシンセサイザーの伴奏や、ウィークエンドの”Starboy”を連想させる隙間の多いビートを、スタイリッシュなトラックに纏め上げた技術は、ロス・アンジェルスのアンダーグラウンド・シーンで活躍してきた彼の本領が発揮されたといっても過言ではない。そんなトラックの上で、マックスウェルのバラードを思い起こさせる繊細なメロディを、芯の太いバリトン・ヴォイスでじっくりと歌い上げるガラントと、スマートで甘いテナー・ヴォイスで歌い上げるエリックという、対称的なスタイルのヴォーカルが、裏声を織り交ぜながら色っぽく歌い上げている。

もっとも、個人的な感想だが、本作で一番面白いのはラップ担当のタブロだ。スヌープ・ドッグを彷彿させる、掴みどころのない飄々としたフロウで、ガラントの心がほっこりと温まる優しいバリトンと、エリック・ナムの甘くて繊細なテナーを繋ぐ、優れたバイ・プレイヤーになっている。

自分自身は、この曲はとても面白いと思う。ロス・アンジェルスを拠点に活動し、熱心な音楽ファンの厳しい目線に育てられてきたガラントが、ビルボードのHOT100に登場するようなヒット曲を意識しつつ、自分の経験や感性で、それを再解釈した。そういう視点で見ると、この曲はインディーズ作品の尖った雰囲気と、メジャー作品の聴きやすさが同居した、バランスの良い佳曲だと思う。だが、各アーティストの過去の作品と比較すると、ガラントの作品としては保守的だし、エリックやタブロの作品にしては斬新すぎるように映った。

もしかしたら、彼らはお互いに自分のパブリック・イメージを打ち破るために、あえて音楽性の異なる海外(まあ、エリックの活動拠点は半分がアメリカだけど)のミュージシャンと組んだのかな?と考えてしまう。だとすれば、彼らの目論見は見事に成功したと思う。ガラントにとって、メジャーの大衆性とアンダーグラウンドの先鋭性は両立できることを証明した曲であり、エリックとタブロにとっては、非英語圏のアジア人は、アメリカでR&Bやヒップホップをやっても成功しない、という固定観念を打ち破るきっかけになった。2017年のR&Bを語る上で外せない楽曲だと思う。

Producer
Ty Acord (Lophiile)

1.Cave Me In

 
Cave Me In
Mind of a Genius/Warner Bros.
2017-01-26

 
記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ