ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

Warner

Plaza - Shadow [2017 OVO Sound, Warner]

ドレイクパーティネクストドアといった人気アーティストが所属し、世界中の音楽ファンの関心をカナダに向けさせた、トロントに拠点を置くOVOサウンド。彼らのほかにも、ロイ・ウッズやマジッド・ジョーダンなど、実力に定評のある若手を数多く擁する同レーベルが、新たに送り出したのがトロント出身のシンガー、プラザだ。

6月10日のラジオ番組で契約を発表。その二日後にデビュー作『Shadow』を発表した彼は、2016年2月に契約したdvsn以来の新人。本名や年齢など、細かい情報は不明だが、声やアーティスト写真を見る限り、かなり若い男性シンガーのようだ。

このアルバムは、彼のメジャー・デビュー作となる5曲入りのEP。2016年に自主制作で発表したEP『One』以来となる新作で、前作同様、彼の中性的で美しいテナーが堪能できるR&B作品になっている。

1曲目に収められている”Karma”は、ピアノにもオルゴールにも似ている、切ない音色を使った伴奏が印象的なミディアム・バラード。繊細なテナー・ヴォイスが楽曲の物悲しい雰囲気を強調している。甘酸っぱいヴォーカルはテヴィン・キャンベルにも似ているし、ファルセットはマックスウェルっぽくも聴こえる。また、シンセサイザーを使ってヒップホップの要素を盛り込んだトラックはレーベルの先輩、パーティネクストドアを彷彿させる。デビュー作の1曲目にふさわしい、初々しい歌唱が魅力的だ。

続く”Personal”は、ビートを強調したトラックと、中音域を多用した大人っぽいヴォーカルが素敵なミディアム・ナンバー。コンピューターを使って作った、ヒップホップのビートとシンセサイザーの伴奏を組み合わせたトラックはトレイ・ソングスなどの楽曲に、爽やかな中音域を多用したヴォーカルはソーモに少し似ている。

そして、3曲目の”Over”は”Personal”同様、ヒップホップ色の強いトラックが印象的なミディアム。シンセサイザーの音を重ねた上物は、シャーデーなどの作品を思い起こさせる神秘的なものだ。硬い声質でラップをするように歌う姿は、アンダーソン・パックに通じるものがある。

また、”Run This”はヒップホップ色の強いトラックだが、ファルセットを多用したロマンティックなヴォーカルが光るミディアム・バラード。柔らかい声で切々と歌う姿はBJザ・シカゴ・キッドやスモーキー・ロビンソンに通じるものがある。ポップで聴きやすいが、切ない雰囲気も醸し出している素敵な曲だ。

そして、アルバムの最後を飾る”Love You Again”は、重いビートと物悲しい雰囲気のメロディの組み合わせが印象的なミディアム。性別は違うが神秘的で繊細なヴォーカルはインターネットのシドにも似ている。メロディを丁寧に歌う姿が光る曲だ。

今回のEPを聴く限り、彼はドレイクやパーティネクストドアのような、歌とラップを使い分ける人ではなく、ロイ・ウッズのような歌だけで勝負していくアーティストのようだ。年齢などはわからないが、若さ溢れる爽やかな歌声と、色々な表情を見せる歌唱力は、スモーキー・ロビンソンやマイケル・ジャクソンにも通じる稀有なものを感じさせる。また、トラックは奇抜なものが少なくシンプルで、彼の歌唱力をアピールするのに一役買っている。ドレイクやパーティネクストドアを聴いた時の新鮮さと、トレイ・ソングスやエリック・ベネイのような本格的なヴォーカルを楽しめる本作は、歌とラップを使い分けるアーティストが増えた現代では、とても新しい音楽に聴こえる。

ラップと歌を使い分けるスタイルで、世界中のミュージシャンに新しい表現手法を提示したドレイクとは正反対のアプローチで、音楽の面白さを提案した佳作。次はどんな曲を聴かせてくれるのか、今から楽しみな気鋭の新人だ。

Track List
1. Karma
2. Personal
3. Over
4. Run This
5. Love You Again





a

OVO Sound/Warner Bros.
2017-06-12

PARTYNEXTDOOR - Colour 2 EP [2017 OVO Sound, Warner]

ジャマイカ系の母とトリニダード系の父の間に生まれ、10代の頃から音楽活動を行っていた、オンタリオ州ミンサガ出身のシンガー・ソングライター、パーティネクストドアことジャーロン・アンソニー・ブラストウェイト。

インターネット上に公開した自作曲やミックステープが高い評価を受け、彼と同じカナダ出身の人気ミュージシャン、ドレイクが率いるOVOと契約。同レーベルの作品を配給しているワーナーからのメジャー・デビューを果たした。

OVOと契約した後は、2016年までに2枚のフル・アルバムと2枚のEPをリリース。それ以外にも多くの曲にフィーチャリング・アーティストやソングライターとして参加してきた。なかでも、2016年に発売した2枚目のアルバム『PartyNextDoor 3』は、アメリカとイギリスのR&Bチャートを制覇(アメリカではヒップホップチャートでも1位)。同作からシングル・カットされた”Come and See Me”はグラミー賞やビルボード・ミュージック・アワードにもノミネートするなど、破竹の勢いで音楽業界の頂点へと昇り詰めていった。

今回のEPは、自身の名義では『PartyNextDoor 3』以来、約1年ぶりとなる新作。もっとも、今年に入ってからも、元ワン・ダイレクションのゼインのシングル”Still Got Time”や、ドレイクのアルバム『More Life』に収録されている”Since Way Back”に客演し、ビヨンセとジェイZをフィーチャーしたDJキャレドのシングル”Shining”にソングライターとして参加するなど、精力的に活動していた彼だけに、予想以上に短い間隔で作られた印象すらある。

プロデュースは、彼とG.ライを中心に、前作にも携わっているニーンヨや40、ドレイクの『More Life』にも起用されたウォリス・レインやマージなどが参加。OVOとゆかりの深い面々が揃った、小粒だが味わい深い作品になっている。

アルバムの1曲目に収められている”Peace of Mind”は、ジャーロンとG.ライに加え、オズが制作に参加。チキチキというビートに、幻想的なシンセサイザーの上物が加わったトラックが、不思議な雰囲気を醸し出しているミディアム・ナンバーだ。ジャーロンは歌に専念しているものの、まるでミュージカルのように歌と言葉を使い分け、ラップとは違った形で、楽曲に起伏をつけている。ディアンジェロの抽象的なソウル・ミュージックと、マックスウェルの滑らかなメロディ、ドレイクのキャッチーで斬新なヒップホップが融合した面白い曲だ。

続く”Freak In You”は、ニーンヨやトップ・フレアなどが制作に携わった曲。オルゴールのような音色など、ロマンティックな音を詰め込んだトラックと、ジョデシーの”Come And Talk To Me”など、色々なR&Bのヒット曲からフレーズを引用しながら、落ち着いたメロディでじっくりと歌を聴かせる姿が印象的。サビ以外の部分のメロディを、ラップのように崩して歌うことで、ヴォーカルの表現の幅を広げている。ドゥー・ヒルやジャギド・エッジのような、90年代に多くの足跡を残したR&Bシンガー達のスタイルを取り入れながら、しっかりと2017年の自分の音楽に落とし込んでいる佳曲だ。

そして、トップ・フレアとマージが携わっている”Low Battery”は、ドレイクの”Passionfluit”を思い起こさせる、ハウス・ミュージックのビートを使ったアップ・ナンバー。”Passionfluit”は色々な音色を使い分け、カリプソなどを連想させる陽気で華やかな作品に纏め上げていたが、こちらは引き締まった低音と、しなやかなメロディが印象的な、洗練された雰囲気の曲。シンプルなトラックで彼の歌声を引き立てる手法が格好良い。多彩なビートに対応しつつ、きっちりと自分の曲に落とし込む制作技術が光っている。

そして、アルバムの最後を飾る”Rendezvous”は、『More Life』で”Nothings Into Somethings”を担当したウィリス・レーンとの共作。この曲も”Nothings Into Somethings”同様、スローテンポの曲で、歌い手のセクシーな一面を引き出す、艶めかしいメロディが特徴的。声域の幅が広く、声も太いだけでなく、ファルセットを多用したメロディからラップまでこなせる器用さを兼ね備えた彼との相性は抜群で、要所要所で色っぽいヴォーカルを聴かせながら、ラップや地声でしっかりと曲を引き締めている。

今回のアルバムは、前作の路線を踏襲した、音数の少ないトラックと、所々にラップを挟み込んで、滑らかな歌を際立たせたメロディが印象的なものだ。そのスタイルは、直近の客演仕事やソングライターとして携わった作品とは異なるものだが、ヴォーカルとして恵まれた声と技術を持ち、ラップもこなせる彼にとっては、本作のような曲が最適だと思う。また、前作と比べると、メロディが流麗でしなやかになっている。このように、自分の持ち味を生かしつつ、それにあった曲を作る技術に磨きをかけたところが、本作の面白いところだろう。

曲作りから歌やラップまで、なんでもこなせるパーティネクストドアの、更なる成長を感じさせる作品。レーベルのボス、ドレイクと並んでカナダを代表するミュージシャンになる日も近いと感じさせる。魅力的なR&B作品だ。

Producer
PARTYNEXTDOOR, G. Ry, OZ, Neenyo, 40, Top FLR, M3rge, Wallis Lane

Track List
1. Peace of Mind
2. Freak In You
3. Low Battery
4. Rendezvous






COLOURS 2 [Explicit]
OVO Sound/Warner Bros.
2017-06-03


CDB - Tailored for Now [2017 Warner Music Australia]

91年に4人組のヴォーカル・グループとして結成。ピーター・アンドレのバック・コーラスとして、マドンナのツアーに帯同するなどして経験を積んだ後、95年にアルバム『Glide With Me』でメジャー・デビュー。”Hey Girl (This Is Our Time)”や、アース・ウィンド&ファイアのカヴァー”Let's Groove”が、ニュージーランドのチャートを制覇、オーストラリアの音楽賞を獲得するなど、一躍人気グループの仲間入りを果たした、メルボルン発の男性ヴォーカル・グループCDB。

97年にはメンバーのアンドリューがガンの治療のため脱退。ユダ・ニコラス加入して2枚目のアルバム『Lifted』をリリース。こちらもオーストラリアのヒット・チャートで46位に入るなど、一定の成果を残した。しかし、その後は各人が自身の活動に力を入れるため、99年にグループを解散してしまう。

その後、各人のソロ活動を経て2006年に再結成。2008年にマイケル・ジャクソンのカヴァー” P.Y.T. (Pretty Young Thing)”を発表すると、2010年には同曲を含むベスト・アルバムを発売している。

今回のアルバムは、彼らにとって実に20年ぶりとなる新作。彼らが活躍した90年代のR&Bを中心に、今も根強い人気のある曲を、原曲の雰囲気を活かしつつ、彼らのスタイルに合わせてアレンジ、カヴァーしている。

アルバムのオープニングを飾る”If I Ever Fall In Love”は、ゲフィンからデビューした、4人組男性ヴォーカル・グループ、シャイの93年のヒット曲のカヴァー。スロー・テンポのバラードを荘厳なアカペラに組み替えた発想の大胆さが光っている。90年代に活躍し、当時の空気を知る彼らのセンスと、長いキャリアで培われた実力が発揮された曲だ。

これに対し、ボビー・ブラウンの89年のヒット曲”Every Little Step”のカヴァーは、原曲を意識した明るくポップなダンス・ナンバー。ベイビーフェイス作の甘酸っぱいメロディと、跳ねるようなニュー・ジャック・スウィングのビートを忠実に再現するだけでなく、4人のヴォーカルも、当時の彼らを連想させるような、甘く爽やかな、ポップスのスタイルに寄せている。往年の名曲と彼らの輝きは、今も色あせていないことに気づかせてくれる名カヴァーだ。

また、この曲とは異なる手法でオリジナルを忠実に再現したのが、SWVが92年に発表した”Right Here ”のカヴァー。本作では、93年にリリースしたリミックス・ヴァージョンをベースにしているが、原曲でサンプリングしているマイケル・ジャクソンの”Human Nature”の音源は使わず、シンセサイザーなどを使ってイチから作っている。SWVのヴァージョンでは、ココ達の若く溌剌とした歌声が印象的だったが、今回のカヴァーでは成熟した4人の豊かな表現力と滑らかなハーモニーで、流麗なメロディの魅力を強調している。原曲ではマイケル・ジャクソンの声を使っているパートも、メンバーがマイケルそっくりに歌っているなど、凝った作りが面白い。

そして、本作の目玉といっても過言ではないのが、ボーイズIIメンが92年にリリース。総合チャートで13週連続1位を獲得し、92年のナンバー・ワン・ヒットになった”End of the Road”のカヴァーだ。ベイビーフェイスの手によるロマンティックなメロディと、メンバーの力強い歌声と高い技術力を生かしたダイナミックなアレンジが魅力のバラードを、原曲に忠実な形でカヴァーしている。オリジナル同様、キーボードなどを使ったきらびやかな伴奏と、年季を重ねてスケールが大きくなった4人のヴォーカルが堪能できる本格的なバラード。90年代の彼らを知る人が聴いたら、その進化に驚くと思う。

今回のカヴァー・アルバムは、彼ら自身も何度となく耳にしてきたであろう90年代の楽曲を中心に取り上げているだけあって、その完成度は非常に高い。しかも男性ヴォーカル・グループの作品だけでなく、男性ソロ・シンガーや女性グループ、キッズ・グループの作品も取り上げるなど、その守備範囲は生半可なものではない。これらの曲をアレンジも含め忠実に再現し、さらに自分達の色も盛り込めたのは、ロック・シンガーとして活躍していたゲイリーやアンドリュー達、各メンバーの努力の賜物だと思う。

90年代に活躍したポップ・グループの手によって、彼らが腕を磨き、飛躍していった時代の音楽を現代によみがえらせた。魅力的なカヴァー・アルバム。気にある曲があったら、ぜひ元ネタを検索して欲しい。豊かで奥深い、90年代のR&Bが思う存分堪能できると思う。

Producer

Gary Pinto, Andrew De Silva

Track List
1. If I Ever Fall In Love
2. She's Got That Vibe
3. Every Little Step
4. Right Here
5. The Floor
6. This Is How We Do It
7. End of the Road
8. Just Got Paid
9. I Want Her
10. All My Life
11. 90's Chill Medley [Can We Talk, That’s the Way Love Goes, I Like the Way (The Kissing Game), Candy Rain]





記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ