ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

Warner

Majid Jordan - The Space Between [2017 OVO Sound, Warner]

2013年に、ドレイクが経営するOVOサウンドと契約。同社に所属する初の音楽ユニットになったマジッド・ジョーダン。

トロント大学の学生だったジョーダン・ウルマンとマジッド・アリ・マスカティが2011年に結成したこのグループは、最初ころは自宅で楽曲を制作し、インターネットの音楽配信サービスに公開することで名を上げてきた。

楽曲が評価され、OVOと契約した彼らは、2013年にドレイクのシングル”Hold On, We're Going Home”のソングライター兼ゲスト・ヴォーカルでレコード・デビュー。全米総合シングル・チャートの4位という華々しいデビューを飾ると、翌年には自身名義の”A Place Like This”を皮切りに、複数のシングルを発売。2016年には初のフル・アルバムとなる『Majid Jordan』をリリースしている。

このアルバムは、前作の発売から僅か1年半という短い間隔でリリースされた通算2枚目のフル・アルバム。マジッド・ジョーダン名義でプロデュースした作品が大半を占めていた前作に対し、本作ではほとんどの曲がジョーダン一人のプロデュースによるもの。それに加え、前作にも参加している40やナインティーン85などの、OVOに所属するプロデューサーが顔をそろえ、彼の持ち味であるスタイリッシュなR&Bの良さを引き立てている。

アルバムの目玉は、なんといってもスターゲイトが制作に参加した”Body Talk”だろう。ニーヨやリアーナの楽曲を手掛け、昨年はディズニー映画の主題歌でもペンを執るなど、多芸っぷりを発揮しているスターゲイトの才能が加わったこの曲は、レゲトンの要素を盛り込んだビートと、しなやかなメロディが印象的なダンス・ナンバー。洗練された歌唱が魅力の彼と、スターゲイトが得意とする流麗なメロディの相性は抜群だ。陽気で華やかなレゲトンを、洗練されたメロディのR&Bと一体化するセンスも素晴らしい。

また、同じレーベルに所属するパーティーネクストドアをフィーチャーした”One I Want”は、OVOらしいシンセサイザーを多用したトラックと、歌とラップを織り交ぜた歌唱が光るミディアム・ナンバー。彼らが得意とするスタイルをベースにしながら、聴き手に新鮮な印象を与えるアレンジが魅力の好曲だ。

それ以外の曲では、ドレイクからリンキン・パークまで、様々なジャンルのアーティストの作品に関わってきたイルセイ・ジューバーがソングライティングで参加した”Phases”が面白い。しっとりとした雰囲気のバラードから、80年代のディスコ・ミュージックを思い起こさせるモダンなダンス・ナンバーへと繋がっていく展開が面白い佳曲だ。80年代のダンス・ミュージックの極端に洗練されたサウンドを、現代のポップスに落とし込むスキルが素晴らしい。

そして、先日、2枚目のフル・アルバム『Morning After』をリリースしたレーベル・メイトの音楽ユニットdvsnとコラボレーションした“My Imagination”は、dvsnが制作に参加したアップ・ナンバー。シンセサイザーの音を重ね合わせたスタイリッシュなサウンドをバックに、みずみずしい歌声を響かせる姿が印象的な楽曲だ。甘酸っぱい歌声を引き立てる爽やかなメロディーが心地よい曲だ。

彼らの面白いところは、アッシャーやオマリオン、ジャスティン・ビーバーといった、人気シンガーにも通じる、甘く爽やかなヴォーカルを備えながら、その声を使って本格的なR&Bに取り組んでいるところだろう。ポップ・スターになりうるポテンシャルを持った声を用いて、繊細な表現が求められるシンプルで洗練されたR&Bを作ったことで、若い世代には親しみやすく、大人には若々しさと落ち着いた雰囲気に落とし込んでいる点は見逃せないと思う。

親しみやすいけど上品、新鮮だけど飽きの来ない魅力的な作品だ。

Producer
40, Jordan Ullman, Majid Jordan, Nineteen85, Stargate

Track List
1. Intro
2. Gave Your Love Away
3. OG Heartthrob
4. Body Talk
5. Not Ashamed
6. One I Want feat. PartyNextDoor
7. You
8. Phases
9. Asleep
10. What You Do to Me
11. My Imagination feat. Dvsn
12. The Space Between
13. Outro





Majid Jordan
Warner Bros / Wea
2017-12-15

dvsn - Morning After [2017 OVO Sound Warner Bros.]

2006年にドレイクが設立。当初は彼のミックス・テープを配給するためのレーベルだったが、2012年以降は、ワーナー・ミュージックと契約した彼が率いるレーベルとして多くの人気ミュージシャンやクリエイターを輩出しているOVOサウンド。当初はボイ・ワン・ダやT-マイナスといった、プロデューサーが主力だったが、2013年のパーティーネクストドアやマジッド・ジョーダンを皮切りに、シンガー・ソングライターや音楽ユニットとも契約するようになる。特に、パーティーネクストドアは2枚のアルバムを全米R&Bチャートの1位に送りこむなど、レーベル内でもドレイクに次ぐ華々しい成果を上げてきた。

dvsnはシンガー・ソングライターのダニエル・ディレイと音楽プロデューサーのナインティーン85によるユニット。2015年に同レーベルと契約すると、翌年に発表した1枚目のフル・アルバム『Sept. 5th』がR&Bチャートの17位となるスマッシュ・ヒット。マックスウェルを彷彿させる、ダニエルの繊細でしなやかなヴォーカルと、ナインティーン85が作り出す洗練されたトラックが話題になった。

このアルバムは、前作から約1年ぶりとなる2枚目のフル・アルバム。制作には2人に加えレーベル・メイトの40や、ドレイクの作品にも数多く携わっているマニーシュ、オランダの人気ソングライター、ロビン・ハンニバル等が参加。前作の手法を踏襲しつつ、それを拡大したスタイリッシュなR&Bを聴かせている。

アルバムに先駆けてリリースされたシングル曲”Think About Me”は、制作を2人、プロデュースをナインティーン85が担当したバラード。重い音を使ったビートを軸にしたトラックと、みずみずしいヴォーカルのコンビネーションが魅力のバラード。浮遊感が心地よい上物が彼の色っぽい歌声を引き立てている。

これに続く”Don't Choose”はパーティーネクストドアがソングライティングに参加したスロー・ナンバー。彼の作品を連想させる、チキチキという音を使ったヒップホップ寄りのビートの上で、語り掛けるように歌う姿が印象的な曲。流れるようなメロディでありながら、ラップのように多くの言葉を盛り込むパーティーネクストドアのスタイルと、ナインティーン85が手掛けるシンプルなトラックの組み合わせが新鮮だ。コーラスとして組み込んだ、アイザック・ヘイズの歌声がアクセントになっている。

また、マニーシュが制作に携わった”Mood”は、ファルセットを多用した美しいメロディとピアノやギターの音色を巧みに取り入れたトラックづくりのセンスが光るスロー・ナンバー。高音を多用したスタイルはマックスウェルの”Fortunate”や”I Wanna Know”などを思い起こさせる。電子楽器を中心に使いつつ、アコースティック楽器のような音色を盛り込んで70年代のソウル・ミュージックのように聴かせる手法は面白い。

だが、本作の目玉は、二人で制作したスロー・ナンバー”P.O.V.”だろう。R.ケリーがペンを執ったマックスウェルのバラード”Fortunate”をサンプリングしたこの曲は、90年代のR&Bを思い起こさせる温かい音色のトラックと、ダニエルの繊細な歌声の組み合わせが気持ち良い作品。楽曲の冒頭で使われているマックスウェルの歌声が、ダニエルのきめ細かで滑らかな歌声を際立たせている。

彼の音楽は、レーベル・メイトのR&Bミュージシャンであるマジッド・ジョーダンやロイ・ウッズ、プラザと比べると、繊細な歌声の魅力を引き立たせる、流麗なメロディをじっくりと聴かせる作風が特徴的だ。シンプルなトラックとしなやかなメロディという、90年代から現代にかけて、色々なミュージシャンが挑戦し、ヒット曲を残してきたR&Bの王道ともいえるスタイルを取り入れながら、新しい音楽のように聴かせているのは、音の配置や響きにも配慮した彼らの高いスキルによるものが大きいと思う。

新しい音を取り入れているにもかかわらず、どこか懐かしい雰囲気を感じる佳作。90年代にR&Bを聴いていた人にお勧めしたい本格的なR&Bグループだ。

Producer
Nineteen85, 40, Alpha, Maneesh, Noël, Robin, Hannibal

Track List
1. Run Away
2. Nuh Time / Tek Time
3. Keep Calm
4. Think About Me
5. Don't Choose
6. Mood
7. P.O.V.
8. You Do
9. Morning After
10. Can't Wait
11. Claim
12. Body Smile
13. Conversations in a Diner






PartyNextDoor - Seven Days [2017 OVO Sound, Warner Bros.]

2010年のデビュー・アルバム『Thank Me Later』がアメリカ国内だけで400万枚以上のセールスを記録し、その後に発売した3枚のアルバム全てがプラチナ・ディスクに認定されているドレイクを筆頭に、ロイ・ウッドやマジッド・ジョーダンといった個性豊かなシンガーや、ボイ・ワンダやノア・シェビブといったヒット・メイカーを擁するカナダのレーベル、OVOサウンド

同レーベルに所属するアーティストの中でも、ドレイクと並んで特に多くのヒット曲を残しているのが、ミンサガ生まれのシンガー・ソングライター、パーティーネクストドアことジャーロン・アンソニー・ウエストウェイトだ。

2013年に同レーベルの第1弾アーティストとして契約した彼は、同年のEP『PartyNextDoor』を皮切りに、2017年までに2枚のフル・アルバムと3枚のEPをリリース。うち、2枚のフル・アルバムが立て続けに全米R&Bチャートとヒップホップ・チャートを制覇し、2016年には彼が参加したドレイクの”Come & To See Me”がグラミー賞にノミネートするなど、カナダを代表するシンガーの一人に躍り出た。

この勢いは2017年に入ってからも変わらず、2月には3作目のEP『Colours』を発表。それ以外もDJキャリッドのアルバム『Grateful』にソングライターとして携わりながら、ドレイクの『More Life』やカルヴィン・ハリスの『Funk Wav Bounces Vol.1』にシンガーとして参加するなど、多くの作品を残している。

このアルバムは、『Colours』から僅か7か月という短い間隔でリリースされた4枚目のEP。プロデューサーには過去の作品にも携わっているフランク・デュークスや、レーベルメイトのT-マイナスのほか、ロック・ミュージシャンのアンドリュー・ワットのような、ちょっと意外な面々も参加。ゲストにはホールジーやリック・ロスが参加し、新しいスタイルに挑戦する彼を支えている。

本作の1曲目は、彼自身が作詞作曲とプロデュースを担当した”Bad Intentions”は、シンプルなトラックと柔らかい歌声が魅力のミディアム・ナンバー。ラップのように言葉数を増やしつつ、滑らかなメロディを聴かせる技術は流石としか言いようがない。歌手としてもソングライターとしても活躍している彼の持ち味が発揮された佳曲だ。

これに対し、ホールジーとコラボレーションした”Damage”は四つ打ちのビートを取り入れたアップ・ナンバー。フランク・デュークスとT-マイナスがプロデュースしたこの曲は、ヒップホップの太くて重い音色を使ったビートの上で、軽妙なメロディを聴かせるポップな曲だ。2017年に入ってからも、元ワン・ダイレクションのゼインやビッグバンのG-ドラゴンなど、世界各地のポップ・スターとヒット曲を作っているフランク・デュークスの経験が反映された、親しみさが光るダンス・ナンバーだ。

これに対し、リック・ロスをフィーチャーした”Better Man”は、デビュー作の頃から彼の作品に携わっているG.ライが制作に参加したミディアム・ナンバー。バス・ドラムの音を軸にしたシンプルなトラックをバックに、しっとりと歌うパーティーネクストドアの姿が印象的な作品だ。ラップの要素を排した流れるようなメロディを丁寧に歌う手法は、ジョーブライアン・マックナイトのような、90年代から活躍するベテラン・シンガーを彷彿させる。主役の歌を絶妙なタイミングで盛り立てるリック・ロスのラップもいい味を出している。

そして、本作の収録曲の中でも特に異彩を放っているのが、アンドリュー・ワットと共作した”The Right Way”だ。彼の作品では珍しい、ギターの演奏をバックに訥々と言葉を繋ぐフォーク・ソング寄りのミディアム・ナンバーは、テリー・キャリアーを彷彿させる温かく繊細な歌声が心地よい作品だ。シンセサイザーを駆使した現代的なトラックが多い彼だが、アコースティック・サウンドとの相性も素晴らしい。彼の意外な一面が垣間見える面白い曲だ。

今回のアルバムでは、四つ打ちを取り入れたポップな曲や、ギターの演奏をバックに歌った曲など、これまでの作品ではあまり見られなかったスタイルの曲にも取り組んでいる。しかし、本作を通して聴いた印象は、奇抜で斬新に聴こえる曲はむしろ少ないように思える。おそらく、彼が多くのレコーディングやステージを経験する中で、自身の軸となる音楽性を確立し、それを軸に作品を録音したからだと思う。

本作の発表時点で24歳にもかかわらず、色々な音楽を取り込んでもブレることのない確固とした音楽性と、新しい音楽を取り入れる柔軟さが発揮された味わい深い作品。鋭意制作中という3枚目のフル・アルバム『Club Atlantis』ではどんな音楽を聴かせてくれるのか、今から楽しみだ。

Producer
PartyNextDoor, Frank Dukes, Andrew Watt, T-Minus, G.Ry etc

Track List
1. Bad Intentions
2. Never Played Me
3. Damage with Halsey
4. Better Man feat. Rick Ross
5. Best Friends
6. The Right Way
7. Love Me Again





Seven Days [Explicit]
OVO Sound/Warner Bros.
2017-09-30

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ