ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

eOne

Musiq Soulchild - Feel The Real [2017 eOne]

映画「ナッティー・プロフェッサー2」のサウンドトラックに収録された”Just Friends(Sunny)”で注目を集め、同曲を収録したファースト・アルバム『Aijuswanaseing』が全米R&Bアルバムチャートの4位に入り、プラチナ・ディスクにも認定された、ペンシルベニア州フィラデルフィア出身のシンガー・ソングライター、ミュージック・ソウルチャイルドことターリブ・ジョンソン。

その後も、2016年までに8枚のアルバムを発表。うち、2作目の『Juslisen』と4作目の『Luvanmusiq』は全米総合アルバム・チャートの1位を獲得。往年のソウル・ミュージックを現代の音楽に還元した作風が認められ、人気ミュージシャンの一人になった。

このアルバムは、前作から僅か1年という短い間隔で発表された9枚目のフル・アルバム。前作に引き続き、ワイクリフ・ジョンラトーヤなど、多くのベテラン・ミュージシャンのアルバムを配給しているeOneからのリリース作品。だが、何よりも驚くのはその曲数。彼のキャリアでは初の2枚組24曲という大作だが、マンネリに陥ることなく、彼の豊かな想像力と歌唱力を遺憾なく発揮している。

本作の1曲目は、マイケル・ジャクソンの”Butterfly”の作者としても知られているイギリスの女性デュオ、フロエトリーのマーシャ・アンブロジウスとコラボレーションした曲。”Butterfly”を思い起こさせるゆったりとしたテンポのトラックをバックに、朗々と歌う姿が印象的なミディアム・ナンバー。遅いテンポのトラックの上で敢えてメロディを崩して歌うミュージックの歌唱が格好良い。曲の途中、絶妙なタイミングで入り込み、素晴らしい掛け合いを聴かせるマーシャの存在も見逃せない。

これに対し、ベル・ヴィウ・デヴォーの新曲でもペンを執ったサイラス・デシールドが制作を担当した”Start Over”は、ストリングスを使ったスロー・テンポの伴奏に乗って、しなやかな歌声を響かせるバラード。太く柔らかいミュージックの歌声を際立たせる、流れるようなメロディと温かい音色のトラックの組み合わせは、彼の代表曲”Halfcrazy”を思い起こさせる。デビューから15年以上の時が経っても、変わらない彼の良さと、時間をかけて磨き上げたヴォーカル技術が光る良い曲だ。

また、2枚目の1曲目に収められている”Humble Pie”は、前作にも参加しているウィリー・ヒンと作ったミディアム・ナンバー。ダニー・ハザウェイやマーヴィン・ゲイを思い起こさせる、柔らかい音色を駆使した優雅な伴奏に乗って、軽やかな歌を聴かせるダンス・ナンバー。曲の途中にラップのようなメロディを挟み込み、メリハリをつけている点が面白い。2007年に発表したヒット曲”B.U.D.D.Y.”の手法を踏襲した、ヒップホップとソウル・ミュージックが融合したスタイルが魅力の佳曲だ。

そして、本作の最後を飾るのがアルバムからの先行シングル”Simple Things”だ。ギターとシンセサイザーを組み合わせたロマンティックな演奏に乗せて、ロマンティックなメロディを丁寧に聴かせるスロー・ナンバー。ミュージックのみずみずしい歌声が、流麗なメロディの良さを引き立てている。斬新なメロディも奇抜な演奏もない、シンプルな楽曲だが、それ故に彼の声と制作能力の高さが際立っている。

今回のアルバムには、過去のアルバムの2倍近い量の曲を収めている。それだけの曲を準備するエネルギーも凄いが、それ以上に意外なのは、奇抜な作品や実験的な楽曲を集めたものではなく、従来のスタイルを踏襲しつつ、それを磨き上げたものになっていることだ。だが、そんな作品でも最後まで聴き手を飽きさせることなく、楽しませることができるのは、彼の音楽がジョーブライアン・マックナイトのように、一つのスタイルを磨き上げ、確固たる個性を確立したものだからだろう。

ソウル・ミュージックとヒップホップを融合した独特の作風を突き詰め、一つの芸風として確立したことを感じさせる佳作。ノスタルジーとも目新しさとも違う、楽曲の魅力で勝負している稀有なアーティストだと思う。

Producer
Musiq Soulchild, BLAQSMURPH, Christopher Bradley, Phil Cornish, Gmjr, J'rell etc

Disc 1
1. Feel The Real feat. Marsha Ambrosius
2. Benefits
3. Serendipity feat. Willie Hyn
4. Sooner Or Later
5. My Bad feat. Willie Hyn
6. Start Over
7. Hard Liquor
8. Shudawudacuda
9. Broken Hearts
10. Love Me Back
11. I'm Good
12. Jussa Lil Bih feat. BLAQGxLD
Disc 2
1. Humble Pie
2. Party Life
3. One More Time feat. The Husel, Willie Hyn
4. Let Go
5. Test Drive
6. Like The Weather
7. Fact Of Love
8. Heaven Only Knows
9. The Moon feat. Neil deGrasse Tyson
10. We Go Together Now
11. Sunrise Serenade feat. BLAQGxLD, Chris Theory
12. Simple Things



a


Feel the Real
Musiq Soulchild
Ent. One Music
2017-09-15

Wyclef Jean - J'Ouvert [2017 eOne]

ハイチ共和国のクロワ・デ・ブーケ生まれ、ニューヨーク育ちのラッパー、ワイクリフ・ジョン。

80年代からヒップホップ・グループ、トランスレイター・クルーとして活動し、93年にコロンビアと契約。フージーズに改名すると、96年に発表した2枚目のアルバム『The Score』が全世界で1000万枚以上を売り上げる大ヒット。90年代を代表するヒップホップ・グループとなる。

その後、97年にグループが活動を休止すると、『 Wyclef Jean Presents the Carnival Featuring the Refugee All-Stars (generally called The Carnival)』でソロに転向。以後、2016年までに通算7枚のアルバムをリリース。2010年にはハイチの大統領選挙にも出馬を試みている(在留期間の関係で立候補は受理されず)。

今回のアルバムは、2010年の『If I Were President: My Haitian Experience』以来、約8年ぶりとなる新作。マデリン・ネルソンを中心に複数のプロデューサーを起用し、これまでの作品同様、ヒップホップやR&B、レゲエやカリブ海の音楽を混ぜ合わせた、バラエティ豊かな音楽になっている。

本作のオープニングを飾る”The Ring”は、フージーズの”Fu-Gee-La”を思い起こさせる、泥臭いビートと、歌うようなラップが印象的なミディアム・ナンバー。コーラスを効果的に使った荘厳な伴奏が心地よい曲だ。

これに対し、ヤング・サグを招いた”I Swear”は、シンセサイザーを多用した伴奏が心地よいアップ・ナンバー。カリプソの要素を取り入れたトラックは、ウィズキッドの作品にも少し似ている。しなやかなトラックをバックに、流麗な歌を響かせるワイクリフにも注目してほしい。

また、”Lady Haiti”は、色鮮やかな音色の伴奏が心地よいアップ・ナンバー。作風としては”I Swear”に近いが、こちらの曲は低音を抑え気味にして、パーカッションの華やかな雰囲気と軽快さを強調している。肩の力を抜いて、軽やかに歌うワイクリフの安定したパフォーマンスも見逃せないか曲だ。

そして、本作に先駆けて発表された”Hendrix”は、荒々しいギターの音色がサンタナを彷彿させる曲。 しゃがれたワイクリフの歌声が、哀愁を帯びた楽曲の魅力を引き出している面白い曲だ。

前作から長いブランクがあったものの、彼の作風は大きく変わることなく、ソウル、R&B、ヒップホップ、レゲエ、カリブ海音楽などを巧みに引用した、独創的な作品に落とし込んでいる。それにとどまらず、シンセサイザーを駆使したカラフルなトラックを用意することで、ムーンバートンなどの新しい音楽をしっかりと拾い上げているようにも見える。

ハイチとアメリカの2国を代表するミュージシャンとして、確固たる地位を築き上げた彼らしい、

Producer
Wyclef Jean, Madeline Nelson, John "Jube" Altino etc

Track List
1. The Ring
2. I Swear feat. Young Thug
3. Rear View
4. Holding On The Edge feat. Walk the Moon
5. Little Things feat.T-Baby and Allyson Casado
6. Lady Haiti
7. Party Started feat. Farina and Nutron
8. Hendrix
9. Life Matters
10. If I Was President 2016





J'ouvert
Wyclef Jean
Ent. One Music
2017-02-03

LeToya Luckett - Back 2 Life [2017 eOne]

子供のころに教会で歌を覚え、一時はオペラ歌手を目指して研鑽を積むが、音楽ビジネスに挑戦させたほうがいいという父の考えもあり、ポピュラー・ミュージックの歌手に転向。その後、同じ学校に通うビヨンセ達のグループ、デスティニーズ・チャイルドに加入。97年に、ワイクリフ・ジョンがプロデュースした”No, No, No Pt. 2”でメジャー・デビューを果たした、テキサス州ヒューストン出身のシンガー・ソングライター、ラトーヤ・ラケット。

1999年には、”Bills Bills Bills”や”Say My Name”などのヒット曲を含む2枚目のアルバム『The Writing's on the Wall』を発表するが、メンバー間の対立もあり、彼女とラタヴィアは脱退(余談だが、本作に収録されているシングル曲のうち、“Say My Name”と”Jumpin', Jumpin'”の2曲のMVには、2人の姿はなく、新メンバーのミシェル・ウィリアムズが出演している)。ラトーヤはソロに転向する。

サウンドトラックや客演などの仕事を経て、2006年のソロ・デビュー作『LeToya』を発表すると、全米総合チャートとR&Bチャートを制覇、プラチナ・ディスクを獲得し、収録曲の”Torn”もR&Bチャートの2位に入るなど、順当な滑り出しを見せる。また、2009年には『Lady Love』を発売。こちらは総合チャートで12位、R&Bチャートで1位と、本格的なR&B作品が苦戦を強いられるなかで、一定の成果を残した。それ以外にも、役者として映画などに挑戦。2017年にはディオンヌ・ワーウィックを題材にした映画で、主役として出演することが決まっている。

今回のアルバムは、『Lady Love』から約9年ぶりとなる通算3枚目のオリジナル・アルバム。SWVアフター7といった、多くのベテラン・シンガー達の作品を取り扱っているeOneの配給で、プロデューサーには、98ディグリーズやジャスティン・ビーヴァーなどを手がけている、ジョー・ブラックを中心に、ウォーリン・キャンベルやアンドレ・ハリスといった、歌手の声の魅力を引き出す技術に長けた名手が集結している。

アルバムからの先行シングル”B2L(Back 2 Life)”は、ジョー・ブラックのプロデュース作品。1989年にイギリスのソウル・バンド、ソウルIIソウルが発表した同名曲のフレーズをサビに引用したミディアム・ナンバーだ。原曲の有名なフレーズを、テンポを落としてじっくり粘り強く歌ったサビが印象的だが、それ以外のメロディを艶っぽく歌う姿も魅力的だ。メロディを崩して歌う彼女に合わせて、音の配置を崩しつつ、一音一音の「間」を強調した、シンプルなトラックを用意したアイディアも光っている。

この路線を踏襲したのが、もう一つの先行シングル”Used To”だ。ニューヨーク出身のラッパー、Jホワイトとジョー・ブラックの共同プロデュースによるこの曲は、メロディを崩して歌うラトーヤのスタイルに合わせて、タイプが異なる複数のビートを次々と繰り出したアレンジが格好良い曲。クラシック音楽の世界ではしばし見られる、曲の途中で拍子を変える演出を、異なるビートを使うことで、R&Bの世界に持ち込んだ発想が面白い。歌とトラックが一体になったことで、両者の魅力がより一層引き立っていると思う。

また、アルバム発売と同日にシングル化された”Grey”は、2009年のシングル”Regret”でも共演しているリュダクリスをフィーチャーしたミディアム・ナンバー。マイケル・ジャクソンの”Butterflies”や、アッシャーの”Caught Up”などを手掛けてきた、アンドレ・ハリスが参加したこの曲は、シンプルなビートの上で、滑らかな歌声を響かせた”Butterflies”のテンポを上げたような雰囲気の作品。流麗なメロディを丁寧に歌うヴォーカルが心地よい、ロマンティックな曲だ。脇を固めるリュダクリスのラップもいい味を出している。

だが、本作の隠れた目玉は、ウォーリン・キャンベルがペンを執った”In The Name”だろう。メアリー・メアリーやケリー・プライスなど、多くの歌手に作品を提供してきた売れっ子プロデューサーが手がけた曲は、ゆったりとしたトラックの上で、じっくりと歌を聴かせるスロー・ナンバー。裏声を巧みに混ぜ込んだラトーヤの歌声が、メロディやトラックの持つロマンティックな雰囲気を際立たせている。

今回のアルバムは、これまでの作品同様、ラトーヤの歌をじっくりと聴かせることに主軸を置いた作品だ。トラップやEDM、ディスコ・サウンドといった流行のサウンドとは距離を置き、シンガーの表現力を引き出すことに重きを置いたメロディや、メロディと一体になって、楽曲に豊かな表情を与えるトラックを揃えることで、主役の歌に光を当てている。また、各曲のメロディやアレンジは、歌手に配慮しつつも、現代的なフレーズや音色を用いてスタイリッシュに纏めることで、同時代の作品と並べても、聴き手に古臭さや陳腐さを感じさせないよう配慮している。この「歌を聴かせる」「新鮮に聴かせる」という2点がぶれてないことが、彼女の作品に安定感と、飽きの来ない面白さを与えていると思う。

類稀なる実力を備えた名シンガー、ラトーヤの歌を思う存分楽しめる、本格的なR&B作品。アレサ・フランクリンやオーティス・レディングのような往年のソウル・シンガーが好きな人には今時のR&Bを聴くきっかけとして、ビヨンセやドレイクのような今時のR&B、ヒップホップが好きな人には、歌の奥深さを知るきっかけとして、ぜひ手に取ってほしい。

Producer
Joseph "Jo Blaq" Macklin, D'Mile, @WarrynCampbell, YBZ, J White, First Born, Oh Gosh, Andre Harris

Track List
1. I'm Ready
2. B2L
3. Show Me
4. Used To
5. Middle
6. Grey feat. Ludacris
7. In The Name
8. My Love
9. Worlds Apart
10. Weekend
11. Higher
12. Loving You
13. Disconnected





Back 2 Life
Letoya Luckett
Ent. One Music
2017-05-12


記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ