ブラック・ミュージック千本ノック~SoulとR&Bと色々な音楽~

管理人が手に入れたR&Bのアルバム、1000枚の紹介文を書き続けるブログ その先に見えるものは天国か地獄か・・・

eOne

LeToya Luckett - Back 2 Life [2017 eOne]

子供のころに教会で歌を覚え、一時はオペラ歌手を目指して研鑽を積むが、音楽ビジネスに挑戦させたほうがいいという父の考えもあり、ポピュラー・ミュージックの歌手に転向。その後、同じ学校に通うビヨンセ達のグループ、デスティニーズ・チャイルドに加入。97年に、ワイクリフ・ジョンがプロデュースした”No, No, No Pt. 2”でメジャー・デビューを果たした、テキサス州ヒューストン出身のシンガー・ソングライター、ラトーヤ・ラケット。

1999年には、”Bills Bills Bills”や”Say My Name”などのヒット曲を含む2枚目のアルバム『The Writing's on the Wall』を発表するが、メンバー間の対立もあり、彼女とラタヴィアは脱退(余談だが、本作に収録されているシングル曲のうち、“Say My Name”と”Jumpin', Jumpin'”の2曲のMVには、2人の姿はなく、新メンバーのミシェル・ウィリアムズが出演している)。ラトーヤはソロに転向する。

サウンドトラックや客演などの仕事を経て、2006年のソロ・デビュー作『LeToya』を発表すると、全米総合チャートとR&Bチャートを制覇、プラチナ・ディスクを獲得し、収録曲の”Torn”もR&Bチャートの2位に入るなど、順当な滑り出しを見せる。また、2009年には『Lady Love』を発売。こちらは総合チャートで12位、R&Bチャートで1位と、本格的なR&B作品が苦戦を強いられるなかで、一定の成果を残した。それ以外にも、役者として映画などに挑戦。2017年にはディオンヌ・ワーウィックを題材にした映画で、主役として出演することが決まっている。

今回のアルバムは、『Lady Love』から約9年ぶりとなる通算3枚目のオリジナル・アルバム。SWVアフター7といった、多くのベテラン・シンガー達の作品を取り扱っているeOneの配給で、プロデューサーには、98ディグリーズやジャスティン・ビーヴァーなどを手がけている、ジョー・ブラックを中心に、ウォーリン・キャンベルやアンドレ・ハリスといった、歌手の声の魅力を引き出す技術に長けた名手が集結している。

アルバムからの先行シングル”B2L(Back 2 Life)”は、ジョー・ブラックのプロデュース作品。1989年にイギリスのソウル・バンド、ソウルIIソウルが発表した同名曲のフレーズをサビに引用したミディアム・ナンバーだ。原曲の有名なフレーズを、テンポを落としてじっくり粘り強く歌ったサビが印象的だが、それ以外のメロディを艶っぽく歌う姿も魅力的だ。メロディを崩して歌う彼女に合わせて、音の配置を崩しつつ、一音一音の「間」を強調した、シンプルなトラックを用意したアイディアも光っている。

この路線を踏襲したのが、もう一つの先行シングル”Used To”だ。ニューヨーク出身のラッパー、Jホワイトとジョー・ブラックの共同プロデュースによるこの曲は、メロディを崩して歌うラトーヤのスタイルに合わせて、タイプが異なる複数のビートを次々と繰り出したアレンジが格好良い曲。クラシック音楽の世界ではしばし見られる、曲の途中で拍子を変える演出を、異なるビートを使うことで、R&Bの世界に持ち込んだ発想が面白い。歌とトラックが一体になったことで、両者の魅力がより一層引き立っていると思う。

また、アルバム発売と同日にシングル化された”Grey”は、2009年のシングル”Regret”でも共演しているリュダクリスをフィーチャーしたミディアム・ナンバー。マイケル・ジャクソンの”Butterflies”や、アッシャーの”Caught Up”などを手掛けてきた、アンドレ・ハリスが参加したこの曲は、シンプルなビートの上で、滑らかな歌声を響かせた”Butterflies”のテンポを上げたような雰囲気の作品。流麗なメロディを丁寧に歌うヴォーカルが心地よい、ロマンティックな曲だ。脇を固めるリュダクリスのラップもいい味を出している。

だが、本作の隠れた目玉は、ウォーリン・キャンベルがペンを執った”In The Name”だろう。メアリー・メアリーやケリー・プライスなど、多くの歌手に作品を提供してきた売れっ子プロデューサーが手がけた曲は、ゆったりとしたトラックの上で、じっくりと歌を聴かせるスロー・ナンバー。裏声を巧みに混ぜ込んだラトーヤの歌声が、メロディやトラックの持つロマンティックな雰囲気を際立たせている。

今回のアルバムは、これまでの作品同様、ラトーヤの歌をじっくりと聴かせることに主軸を置いた作品だ。トラップやEDM、ディスコ・サウンドといった流行のサウンドとは距離を置き、シンガーの表現力を引き出すことに重きを置いたメロディや、メロディと一体になって、楽曲に豊かな表情を与えるトラックを揃えることで、主役の歌に光を当てている。また、各曲のメロディやアレンジは、歌手に配慮しつつも、現代的なフレーズや音色を用いてスタイリッシュに纏めることで、同時代の作品と並べても、聴き手に古臭さや陳腐さを感じさせないよう配慮している。この「歌を聴かせる」「新鮮に聴かせる」という2点がぶれてないことが、彼女の作品に安定感と、飽きの来ない面白さを与えていると思う。

類稀なる実力を備えた名シンガー、ラトーヤの歌を思う存分楽しめる、本格的なR&B作品。アレサ・フランクリンやオーティス・レディングのような往年のソウル・シンガーが好きな人には今時のR&Bを聴くきっかけとして、ビヨンセやドレイクのような今時のR&B、ヒップホップが好きな人には、歌の奥深さを知るきっかけとして、ぜひ手に取ってほしい。

Producer
Joseph "Jo Blaq" Macklin, D'Mile, @WarrynCampbell, YBZ, J White, First Born, Oh Gosh, Andre Harris

Track List
1. I'm Ready
2. B2L
3. Show Me
4. Used To
5. Middle
6. Grey feat. Ludacris
7. In The Name
8. My Love
9. Worlds Apart
10. Weekend
11. Higher
12. Loving You
13. Disconnected





Back 2 Life
Letoya Luckett
Ent. One Music
2017-05-12


After 7 – Timeless [2016_eOneMusic]

80年代から90年代にかけて、多くのヒット曲を生み出してきた、シンガー・ソングライター、プロデューサーのベイビーフェイス。彼の兄弟達によるヴォーカル・グループ、アフター7の実に21年ぶりとなるオリジナル・アルバムが本作だ。

プロデューサーに、ベイビーフェイスや彼の右腕であるダリル・シモンズが名を連ね、SWVやフェイス・エヴァンスの近作を配給した、eOneが配給している本作。この前情報だけでも、90年代に一世を風靡した、ベイビーフェイスの流麗でキャッチーなR&Bが現代に蘇ることを期待してしまう人は少なくないだろう。このアルバムでは、そのような往年のファンの期待に応えるかのように、90年代の彼らのスタイルを踏襲した、美しいメロディの楽曲をたっぷりと収めている。

アルバムのオープニングを飾る”Runnin’ Out”は、ベイビーフェイスの”Every Time I Close My Eyes”を思い起こさせる、シンプルで落ち着いたトラックの上で、一つ一つの言葉をシックなメロディに乗せて、丁寧に紡ぎ出してみせるロマンティックなバラード。この曲だけでも、90年代のR&Bが好きな人なら買って損はないと断言できるほど、クオリティが高いスロー・ナンバー。また、数少ないミディアム・ナンバーの一つで、ベイビーフェイスもセルフ・カヴァーした”I Want You”は、テヴィン・キャンベルの”Can We Talk”が好きだった人にはたまらない、甘酸っぱい雰囲気のメロディを軽やかに歌う4人の姿が魅力的な、本作を代表する楽曲だ。それ以外にも、”If I”や”Lovin’ You All My Life”、”More Than A Woman”など、ベイビーフェイスがボーイズ II メンやトニ・ブラクストンに提供してきた、大人の色気を感じさせる、ロマンティックなメロディを踏襲したスロー・ナンバーやミディアム・ナンバーが続く。いずれの曲も、ベイビーフェイス、エドモンズ兄弟の持ち味が存分に発揮された、美しいメロディと、シンプルだが味わい深いトラックが上手い具合に融合した、大人向けのR&Bに仕上がっている。

デビュー・アルバムのタイトルに引っ掛けた、2015年の『Return To The Tender Lover』では、80年代の跳ねるようなリズムの上で、華麗なメロディを泳ぐように歌い、当時のソウル・ミュージックが持つ、煌びやかな雰囲気を現代に復活させたベイビーフェイス。これに対し、90年代風の重く、落ち着いたビートの上で、流れるようなメロディを大切に歌い、当時のR&Bの持つロマンティック雰囲気が、21世紀の音楽シーンでも通じることを証明したAfter7。エドモンズ兄弟が牽引した、20世紀のR&Bが持つ美しいメロディが、長い時を経ても色褪せない、「タイムレス」なものであることを、このアルバムが証明した。ボーイズ・II・メンやテヴィン・キャンベルのヒット曲に心を奪われた世代なら見逃せない、2016年の隠れた最高傑作だろう。

Track List
1. Runnin' Out
2. Let Me Know
3. More Than Friends
4. I Want You
5. Too Late
6. Lovin' You All My Life
7. If I
8. Everything
9. Betcha By Golly Wow
10. Home

Executive Producer
Babyface, Daryl Simmons, Kevon Edmonds




Timeless
After 7
Ent. One Music
2016-10-14

SWV - Still [2016_eOneMusic]

90年代には、”Right Here”や”Weak”などのヒット曲で、歴史にその名を刻んできた3人組ガールズ・グループ、SWVが2016年にリリースした、5枚目のオリジナル・アルバム。

2012年に発売された、彼女達にとって再結成後初めてのフル・アルバム『I Missed You』では、ケイシア・コールの”Let It Go”やジャズミン・サリヴァンの”Need U Bad”などをヒットさせたCainon Lambをプロデューサーに迎え、90年代のR&Bを彷彿させる親しみやすいメロディと、2000年以降の楽曲制作では欠かせない存在になったシンセサイザーの鋭いサウンドを巧みに融合して、往年のR&Bファンの期待に応えつつ、懐古趣味では終わらせない、21世紀のR&B像を提示してくれた。

4年ぶりとなる本作では、ケイノン・ラムに加え、新たにヒップホップのプロデューサーとして活躍しているビッグ・Dが制作を担当。前作の路線を踏襲しつつ、流行も適度に取り入れた2016年のSWVを披露している。

アルバムに先駆けて発表された”Ain’t No Man”は、しっとりとしたメロディを、可愛らしいコーラスと、ジャーメイン・デュプリの影響を伺わせる打ち込みのビートでポップに聴かせるミディアム・バラード。また、もう一つの先行リリース曲”MCE(Man Crush Everyday)”は、”Weak”と”Use Your Heart”を混ぜた合わせたような、切ないメロディと気怠い雰囲気が合わさったスロー・バラードを聴かせてくれる。どちらの曲も、彼女らの持ち味である口ずさみやすいメロディを大切にしつつ、新しいサウンドを確実に取り入れた、良質なR&Bだ。

また、それ以外の収録曲では、”Right Here”や”I’m So Into You”を意識したフレーズが飛び出すタイトル曲”Still”や、”Anything”の2016年版といった趣のミディアム”Love Song”ような曲がある一方、パトリス・ラッシェンの”Never Gonna Give You Up”をサンプリングした、四つ打ちのダンス・ナンバー”On Night”や、ハロルド・メルビン&ブルー・ノーツの”I Miss You”をサンプリングした爽やかなバラード”Miss You”など、マーク・ロンソンの”Uptown Funk”以降、再び盛り上がっているディスコ・ミュージックや往年のソウル・ミュージックを取り入れた曲が登場している。

90年代のキャッチーなメロディを大切にしながら、流行のサウンドを積極的に取り入れた本作は、往年のR&Bファンを納得させつつ、新しい世代に彼女達や90年代R&Bの魅力を伝える橋渡し役になりそうだ。


Track List
1. Still
2. MCE (Man Crush Everyday)
3. On Tonight
4. Let's make music
5. Ain't No Man
6. Love Song
7. When Love Didn't Hurt
8. Miss You
9. Leaving You Alone
10. What We Gonna Do





スティル
SWV
ビクターエンタテインメント
2016-02-10


記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ