melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

Whatitdo Archive Group - The Black Stone Affair [2021 Record Kicks]

ホワットイットドゥ・アーカイヴ・グループという、舌を噛みそうな名前の音楽集団。何者かと思ってアルバムを手に取ってみたら、どうやら、70年代にイタリア映画の音楽を手掛けたバンドらしい。

映画のフィルムは公開前に消失してしまったので、ストーリーを窺い知ることは叶わないが、残されたサウンド・トラックには、ノーマン・ホイットフィールドが作りそうな荒々しいファンクから、カーティス・メイフィールドの『superfly』を彷彿させる乾いた音色のソウル、アイザック・ヘイズが作りそうな甘いメロディのバラードなど、70年代前半に流行したブラックスプロイテーション・ムービーのサウンド・トラックを俯瞰したような、個性豊かなインストゥルメンタル作品がが収められている。

また、これらの音楽を手掛けるホワットイットドゥ・アーカイヴ・グループは、イタリアの無名のバンドだというから驚きだ。彼らはスタジオ・ミュージシャンのような職人集団だったのか、自身の演奏を主張することよりも楽曲の持ち味を引き出すことに重きを置いている。映画の各場面を盛り上げるための音楽という、サウンドトラックの本来の目的に忠実な演奏をすることで、作品全体の統一感と楽曲の個性、多彩なアレンジの両立という、難しい課題を高いレベルで両立しているのは面白い。

こんな音楽が流れる映画はどんなものだったのか、想像を掻き立てる充実の内容だ。

Track List

1. The Black Stone Affair (Main Theme)
2. Blood Chief
3. Ethiopian Airlines
4. Il Furto di Africo
5. Italian Love Triangle
6. Last Train To Budapest
7. L'Amour Au Centre De La Terre
8. The Black Stone Affair (Reprise)
9. Farewell Lola
10. Beaumont's Lament
11. The Return of Beaumont Jenkins feat. Alessandro Alessandroni Jr.
The Black Stone Affair
Whatitdo Archive Group
Record Kicks
2021-04-23


Yukika - Timeabout [2021 YG Plus]

個性的なビジュアルに「ユキカ」という韓国では珍しいアーティスト名。それもそのはず、彼女は日本生まれの日本人なのだ。

ユキカこと寺本來可(てらもとゆきか)は、10代のころから雑誌「ニコラ」のモデルとして活躍し、同誌のモデルを卒業した後は声優としても活動。2016年には拠点を韓国に移し、演技や音楽にも取り組んでいる才女だ。

本作は、彼女のマネージャーが設立したエージェント、ウブントゥ・エンターテイメントに移籍した後、初の作品となるEP。アルバムの配給はYGエンターテイメント傘下のYGプラスが担当するなど、前作が複数国の配信チャートを制覇した彼女への高い期待が伺えるものになっている。

韓国のポップスといえば、アメリカの流行を積極的に取り入れたヒップホップのイメージが強いが、本作で聴けるのは、80年代の山下達郎や角松敏生を彷彿させる、四つ打ちのビートとシンセサイザーの音色を使った楽曲。日本で生まれ育ち、韓国で鍛えられたユキカのスマートなヴォーカルの魅力は、このサウンドの上で遺憾なく発揮されている。

また、90年代生まれの彼女は、大胆な解釈である時はIUのように繊細に、あるときは竹内まりやのように力強く歌っている。若い彼女の感性によって、往年の日本のポップスの要素を取り入れた作品でありながら、2021年の新しい音楽にアップデートされている点も見逃せない。

世界各地で盛り上がっている日本のシティ・ポップを、日本人歌手と韓国人クリエイターの手で現代のK-POPとして再構築した良作。ある年代の人には、懐かしさすら感じさせると思う。

Producer
イム・スホ、ウン・キム

Track List
1. Leap Forward (Intro)
2. Insomnia
3. Lovemoth = 애월 (愛月)
4. Time Travel
5. Secret = 비밀리에
6. Pung! = 별방울





Izy- Irene [2021 Hopestreet Recording]

「Izy」と書いて、「アイ・ジー」と読む。この不思議な名前のバンドは、オーストラリア北部の都市、メルボルンを拠点に活動する3人組。

音楽一家に育ったギタリスト兼ヴォーカルのリョウ・モンゴメリーが兄弟と結成したグループが元となった彼らは、現在ではリョウに加え、ドラマーのマル・ニトー・ザマットロー、ギター、ベース、ヴォーカルとマルチな才能を発揮しているワリーゴ・ティレルの3人組でステージに立っている。

多彩なルーツを持つ彼らの音楽は、マックスウェルのようなネオソウルの技法と、ロビン・シックに代表されるソウル・ミュージックを経由したポップスのスタイルを融合したもの。そこに、ジャズフォークソング、ハワイや東南アジアのローカルな音楽のエッセンスを加えてバンドの個性にしている。彼らの鋭い感性と、それを具体化する高い演奏技術は、これらの音楽を融合し、どのジャンルにも当てはめられない、独特のアイジー・サウンドを生み出している。

ジャンルの枠に囚われず、ゆったりとした姿勢で向き合える良質なポピュラー・ミュージック。ヘッドフォンでなくスピーカーで、時間をかけて楽しみたい良作だ。

Producer
Ryo Montgomery

Track List
1. Moon (album version)
2. No Further Than You
3. Frantic v
4. Out The Door
5. Irene
6. They Don't Care
7. Not So Tall
8. Smile
9. Don't Turn Off Your Light 1
10. Treat Me Bad
Irene
Irene
HopeStreet Recordings
2021-03-26


記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    読者登録
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ