melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

City Champs - Luna ’68 [2021 Big Legal Mess Records]

かつてはスタックスやゴールドワックスといった、ソウル・ミュージックの名門レーベルが拠点を構え、近年はジャスティン・ティンバーレイクやヨー・ガッディといった、ヒップホップR&Bアーティストの出身地としても注目を集めているメンフィス。同地を拠点に活動するソウル・バンドが、シティ・チャンプスだ。

オルガン、ギター、ドラムの3人にサポートのベースを加えた4人という編成は、偶然にも同郷の名バンド、ブッカー・T&The M.G.sと同じ。しかし、両者が決定的に違うのは演奏スタイル。息の合った演奏で、グループの一体感を大切にするM.G.sに対し、各人のテクニックを思いっきり強調するのがシティ・チャンプスのやり方なのだ。

ジミー・スミスのようにダイナミックなオルガン、デイヴィッド・ウォーカーを彷彿させる艶かしいギター、アート・ブレイキーを連想させる軽妙なドラムなど、三者が三様の持ち味を遺憾なく発揮した演奏は、始めから終わりまでクライマックス。また、これだけ各人の個性が強いバンドでありながら、一つの作品として完成している点も見逃せない。

個性豊かなタレントを送り出してきたメンフィスの歴史を踏襲する、ダイナミックな演奏が魅力の名グループだ。

Producer
Scott Bomar

Track List
1. Luna '68
2. Lockdown City
3. Mack Lean
4. A-Meld-A-Marcos
5. Hanzo
6. Skinny Mic
7. Freddie King for Now
8. Thinking of You
9. Voyage to Vega (For Felix)




Luna '68
The City Champs
Big Legal Mess
2021-03-19


NBDY - Tunnel Vision [2021 NBDY]

NBDYという記号のような名前のアーティスト。どうやら「エヌビーディーワイ」と読むらしい。

ニュージャージー州のエセックス近郊で育った彼は、まだ20代でありながら、自らを「一匹狼」と表現するように、トラック制作からコーラスまでを一人で完結できる万能選手なようだ。

彼が生み出す音楽は、シンセサイザーを駆使して組み立てた、シンプルな構成のトラックに、トレイ・ソングスやパーティーネクストドアのような、ゆったりとしたメロディに乗せて、ラッパーのように多くの言葉を畳み掛けるというもの。先達と比べること、声質が少し硬いが、そのおかげで、一つ一つの言葉がはっきりと伝わってくる。

また、ソングライティングから録音まで、全ての工程を一人で手がけているので、歌詞、メロディ、トラック、ヴォーカルが一つになって、楽曲のテーマを明確に描き出している。

多人数で一つの曲を作ることが当たり前になった現代、彼のように一人で楽曲を完成させられるクリエイターは、非常に個性的に見える。 最小限の機材と自身の歌で勝負する姿勢は、マイク一本、ギター一本で勝負してきた往年のミュージシャンを彷彿させる。今後が気になる逸材だ。

Producer
NBDY

Track List
1. F.O.E
2. Another Luv Song
3. Missing Sumthin'
4. Surrender
5. Toxic (Interlude)
6. Situationship
7. Believe Me
8. Tunnel Vision

 
 

 

Whee In - Redd [2021 RBW]

ママムーと言えば、多くのガールズ・グループがしのぎを削る韓国の音楽シーンで、ハイレベルなパフォーマンスを売りに強い存在感を発揮してる4人組だ。

その実力は、デビュー直後の2014年、ヒップホップ・アーティストを発掘するオーディション番組「Show Me The Money」にフィーチャリング・ヴォーカルとして参加。新人とは思えない貫禄で、ステージを盛り上げたことからもわかるだろう。

同グループのメンバー、フィインのソロ作では、グループでも披露している高い歌唱力が遺憾無く発揮されている。

時にアシャンティのように可愛らしい、時にエイメリーのようにクールな歌を聴かせるスタイルは、2000年代初頭のR&Bが好きな人にはたまらない。また、ジェイ・パク率いるハイヤー・ミュージックに所属するph-1やGソウルといった、クラブで鍛えられた叩き上げのミュージシャンとのコラボでは、ゲストと対等の立場で歌う姿を披露しており、実力派グループのメンバーという周囲の期待を裏切らないところも見せている。

また、グループの曲も手がけているパク・ウジンは、シンプルなトラックと、随所にキュートなフレーズを盛り込んだメロディで主役の持ち味を丁寧に引き出している。

実力とスター性、その両方が揃ったポップなR&Bアルバム。アイドルの作品と思って無視するのはもったいないよ。

Producer
Park Woo-sang

Track List
1. water color
2. TRASH feat.pH-1
3. OHOO
4. Butterfly feat.GSoul
5. Spring time
6. NO THANKS
7. water color (English Ver.)
 


 

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    読者登録
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ